ファン
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ

2017年03月16日

例文の質がクライアントのリピート率を決める

こんにちは!
フリーランス日本語教師のTomomiです。
このブログを読んでくださりありがとうございます。

みなさんは、導入した文法を使って生徒に例文を作らせること、ありますか?

意味の理解度や使い方を確認するためにも、例文を作らせるのはとても大切なことですよね。

でも、使い方が正しければそれでいいかというと、そうではありません。

今日、「なら」を導入していたのですが、例文を作らせてみると
「日本料理は作れませんが、フランス料理なら作れます。」
うん。バッチリ。

でもこの方、日本料理作れるんです。
文型を守ることに必死になって、事実とは違う文が出来上がってしまいました。

事実と違うということは、使わないということです。

そこで私が持ち出したのが、
『日本人の奥さんのお父様が家に遊びに来る』という場面です。
実際にお父様は月に1回のペースでお孫さんに会いに来るそうで、そんな時は彼(私のクライアント)が料理を振る舞うんだそうです。

で、作った例文がこれです。
父「Sくん、七味ある?」
S 「七味はないんですが、タバスコとワサビならあります。」

ありそうですよね?

私がいつも意識するのは、
その例文の中に自分を登場させることです。

その文型を使っている自分をリアルにイメージできる場面を設定するようにしています。

言語というのは、状況とセットで覚えるものだと思っているからです。

例文はバンバン作れる。
テストでもいい得点が取れる。
でも話せない。

こんな人が多いのは、文型を正しく使うことだけにフォーカスしてしまっているからだと思います。

クライアントとの何気ない会話の中に、リアルな場面を作るヒントがたくさん隠れています。

使える例文は、リアルな場面があってこそ!

そういう場面ありそう
あ、あった!
あ、使えた!

そんな経験が多ければ多いほどクライアントの満足度が高くなり、自ずとリピート率や継続率が高まっていくのです。

最後まで読んで頂きありがとうございございます!
今日は新丸ビルきらきら
IMG_1943.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6058178
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【フリーランス日本語教師って、どうやって活動をしているの?】 フリーランスになりたいと考えていらっしゃる大勢の先生方に出会い、たくさんの質問を頂くことから、何かお役に立てることはないかとブログを書くことにしました。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 私も以前はそんな不安でいっぱいでした。 大学も出ていないし、 日本語学校に就職したこともないし、 海外で日本語を教えた経験もない。 日本語学校に入りたくないという単純な考えで始めてしまったフリーランスとしての活動は、難しいことばかりでした。 そんな私が大使館や企業と契約ができるようになようになったのはなぜか?フリーランス日本語教師として活躍されている人たちに共通点はあるのか? 本やセミナーで学んできことはもちろん、現役のフリーランス日本語教師の方々に実際にお会いしてインタビューを行い教えて頂いた知識と情報をみなさんにお伝えします。 時間的にも、経済的に自由なフリーランス日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール