ファン
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2019年09月04日

◆依頼のお話

最近ワクワクするご依頼を2件も頂きましたっきらきら

一つはインタビューの依頼、もう一つは教師と学習者を繋ぐためのコラボレーションの依頼です。

どっちもワクワク!
そしてどちらも見てくださる方のためになるお話で嬉しいですきらきら

子どもがいても変わらずお仕事のお話が頂けることは本当にありがたいです。

“子どもが生まれたら仕事は減るものだ”

と思っていたけれど、やっぱり何事も自分次第かなぁ。

“子どもが生まれたから仕事を減らしたい”

という気持ちもある。
多いにある。

“でも仕事に関わっていたい”

という気持ちもとても強い。

そしてよく考えると、なんだかそれが叶っているような気がしています。

娘を預けないと仕事ができない!
自分の予定が夫の予定によって決まるのが嫌!
家で仕事ができるのは娘が寝てからの時間だけなんて眠いし辛いしどうにかしたい!

と感じていたけど…

文句、イライラ、不機嫌で夫に当たってばかりいたけど…

実際は以前ほど忙しくはないけれど、好きな仕事は続けさせてもらえているし、家族との時間もある。


なんで人はこう、不満に感じていることばかりに気を取られてしまうんですかね。

事実を冷静に見れば、そんなにプリプリする必要もないのに。


こうして書き出して気づくことができてよかったです♪


さて、今日はくしゃみを連れてご依頼くださった方とお話ししてきます。
マスク持ってかなきゃ!

ベストスマイル♡
D25CE183-97DC-4E43-B2F3-F3930BD8FC1A.jpeg
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9154680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール