ファン
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

2017年05月19日

◆上達を意図的に感じさせる方法

語学学習をしていて上達を感じるのは、どのような時ですか?

人によっても様々かもしれませんが、多くの方は『できないことができるようになった時』にそれ感じるのではないでしょうか?

しかし、できるようになったことに気がついていなかったり、見逃していたりしたとしたらどうでしょうか?

せっかく上達していても、実感がなければ時間を割いてお金を払ってレッスンをすることに意味を感じられなくなってしまいます。

ではどのようにすれば、上達したことを実感できるようになるのでしょうか?

私が意識することは2つあります。

1つ目は『学習者本人に最近不便に感じたことを思い出させ、自分はそこに不便を感じているということを自覚させる』ことです。

それも、「仕事で使う時に困った」という漠然としたものはなく、「取引先に〇〇を催促するメールの書くときの書き出しがわからなくて、送るまでにすごく時間がかかった」など、困った状況を細かく思い出させるんです。

一度苦手意識を持ってしまうと、メールを打つのが嫌になってしまうかもしれません。
でも、苦手なことを自覚しなければ、克服したいという意欲がわかないだけでなく克服したことにさえ気がつくことができません

これができないと自覚していたから、できたことに気がつくことができる

そう感じているので、できないことを明確にして自覚させることはとても大切なことだと思っています。

意識することの2つ目は、学習者に聞いた不便をしっかり覚えておくこと。そしてしばらくしてから同じような状況があったかどうか質問して確認することです。

この場合で言えば、レッスンで催促のメールの書き出しを勉強した数ヶ月後に、職場で催促のメールを打つ機会があったどうかを聞いてみるんです。

こちらが聞く前に本人が気がついて報告してくれればいいのですが、そうじゃないこともしばしば…

そんな時はこちらから聞いてしまいます。
もし「ある」ということであればこちらも安心できるし、学習者側もそれを思い出すことでレッスンの効果を改めて実感してくれるはずです。

「ない」という場合も、こちらがそのような質問をすると聞かれた学習者の脳は自然とレッスンが役立ったと感じた瞬間を探そうと働いてくれるので、「それはなかったけど、こんな時にこれが役に立ったよ」と
話してくれると思います。

できないことを自覚させ、できるようになったという実感や経験を意図的に思い出させるようにする!

レッスンの内容が学習者のニーズに合っているか、学習者は上達を感じているかを確認する手段の一つです。

ぜひ試してみてください。

今日はマンションの共有スペースでレッスン!
いいところだなぁきらきら
IMG_2635.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6280859
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール