広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

黒猫ニコライ
 葉巻スキィなオタクです。  タバコ類は20歳未満の方の購入が法令により禁止されております。  当ブログは20歳以上の閲覧者に限定したブログですのでご了承願います。
リンク集
ブログ広告ならブログ広告.com


 アクセス数が増えますよ|*ω*)

<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2016年07月30日
CAO La Traviata Ninfas
 CAOよりLa Traviata Ninfas
 ニカラグアで製造され、ラッパーとバインダーはホンジュラス、フィラーにはニカラグア、イタリア、ペルーの葉を使用。

 着火前は熟成された表面香とコーヒーの様なフット香。
image2.JPG


 着火直後はスパイスと共にアーシーな喫味。
 それに甘みのないコーヒーだろうか。
 スパイスは標準〜控えめ、くらいの印象。
 そこにレーズンの様な酸味が加わり、気がつけばナッツらしさも少し感じられ、2cm程の間に印象が変わる複雑な喫味。
image3.JPG
 タンニンさや僅かな甘みもあり、印象は良い。 
 スパイスが薄めなのか、煙が妙に柔らかくクリーミーに感じる。
 中盤からは甘みのないエスプレッソの様な喫味に。
 そこから僅かにカフェオレ的な柔らかさが加わり、徐々にコクを増す。
 柔らかく穏やかで、それでいてコクのある、尚且つ香水の様な香りの混ざった煙が続く。
 終盤はエスプレッソの苦味が強まり、増さないながらもタンニンさが続く。
 そこからカフェオレの様な柔らかい味になり、カフェオレ+香水、という印象で終了。

 強烈な重さや濃さはなく、最初から最後まで吸いやすい、という印象の一本だった。
 そして着火前着火後と香りが良い。

 ――以上

 非常に好印象でしたが、以前試したCriolo Pampasほどではありませんでした。
 まぁ、あれは特殊な一本という気もしますが。
 基本的にこれくらいのサイズが好みではありますが、以前ほどの探究心も無いので1898Half Coronasがあれば良いんじゃないか、という今日この頃。
 tabaqueriaのサイトがやけに重いのが気になる処ですが…。





商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

コジット ぐり押し棒 >>マッサージ棒,足つぼマッサージ
価格:302円(税込、送料別) (2016/7/30時点)







2016年07月17日
El Credito War of Flavors El Perrito
 気になって購入したまま忘れ去られていた葉巻、El Credito War of Flavors El Perrito

 今の処国内販売は無し。
 5 1/2 x 38と、短いLanceroの様なサイズ表記だが、形や太さにバラつきがある、ヘッドにキャップがない特殊なシェイプ。
 ミニシガリロをそのまま巨大化させた様な印象でイタリアンシガーにも似ている。

image1.JPG

 ラッパーからはレザーな表面香。ドローは若干タイトに感じるが吸えない程ではなさそう。


 着火してみると思いの外味が薄い。
 着火前に確かめた以上にドローがタイトだった様だ。
 ナッツ系のテイストの様で、スパイスは殆ど感じられない。
 1cm程燃え進んだ頃にようやく強いスパイスやレザー感、アーシーさ等が感じられる。
 この辺で本来なら強い部類の葉巻なんだろうなぁ、と思うもののドローがタイトすぎて未だ薄い。
 決して悪い味ではないと思うもののドローがタイトすぎてわかりづらい。

image2.JPG
 燃え進むこと3cm。濃いカフェオレの様な味があるようなないような…。
 ヘッド側を5mm程カットしても変わらず。
 5cm程燃え進むとエスプレッソの様なコクのある喫味が感じられるが少々吸い疲れた。
 そのまま中盤へ。
 タンニンさを含む強くて濃い喫味がタイト過ぎるドローで控えめに届き、殆ど棒だったあるキューバンを思い出す。
 8cm程残ったが、疲れたのでやめる。
 まだ2本残っているので改めて。



 2本目。購入したうち最も太い物を選択。着火前のドローはスムーズ。

image3.JPG

 着火直後は強いスパイスとカフェオレの様なビター感に焦がし砂糖の様な甘み。
 微妙に土っぽさも感じられ、序盤から好印象。
 2.5cm程燃え進むとブラックコーヒー&レザー&アーシー、という感じでスパイスと甘みが引っ込む。
 更に1cm程燃え進むと濃い目のカフェオレとアーシーという印象になり、落ち着いた印象に。
 序盤からここまで味はかなり濃い口じゃないだろうか。
 中盤に入ると薄くは無いが落ち着いた感じになり、のんびりとした印象へ。
 暫くするとハーブ系の香りが混ざり、焦がし砂糖の様な甘みも感じられる。
 後半はブラックコーヒー+焦がし砂糖+タンニンさ、だろうか。
 そして残り5cm程でストップ。
 雑味も出ず、味も悪くないがちょっと濃すぎて疲れた。

image4.JPG

 ――以上

 箱入りで50本。単価が安くデイリーシガーという印象の強いEl Perritoでしたが、ドロー外れがどれくらいあるのかが気になりました。
 味は、とにかく濃い。ニカラグアやコスタリカの強い葉巻が好きな人には向いていると思います。
 自分にはちょっと濃すぎましたが、箱で買って5年くらい保存する分にはいい感じになるんじゃないかと。

 そういえば、先日Vegas de Santiagoからニュースレターが届き、8/31迄D8の30%オフ($100以上の購入に限る)が実施されている様です。
 ディスカウントコードは2016D8。
 日本でもRuedaはまきやさんで取り扱いがあり、少ない購入ならわざわざ国外から買う必要もなくなっておりますが、まとめ買いをする分には非常にお得なディスカウントキャンペーンになっています。










2016年03月24日
Quesada 40th Anniversary Petites
 Serious Cigarsより。

 4x25というサイズでヘッドはちゃんと閉じており、印象としてはVegas de SantiagoのChiquititosにそっくり。
 箱の表には”HAND MADE LONG FILLER”の文字。

image1.JPG

 着火直後はスパイスは控えめで穏やか。杉の様な香り。
 味は薄いが香りは上品で良い。
 1cm程燃え進むときめ細かいスパイスが強まる。それと共に干し草と鰹節系のテイストが感じられる。
 そこから更に燃え進むとナッツとカラメル系の味に転じ、ハーブと松脂の中間の様な香りも感じられる様に。スパイスは再び落ち着いた。
 穏やか且つ上品でとても吸いやすい。難を言えば少し味が薄いだろうか。
 中盤を超えても特に濃くなる事もなく、上品な香りと味が続く。
 悪くないけれど微妙に物足りない…。 
 終盤には蜂蜜の様な甘みが加わり、穏やかながら良いテイストが愉しめる。
 そのまま爪で持てなくなるまで燻らせて終了。

 香りと味は良い。だが少々物足りない。ダビドフのエクスクイジトスを吸った時を思い出す、そんな一本だった。

 ――以上

 上品で、雑味がなく、味香り共に素晴らしい、にも関わらず何処か物足りなさを感じる一本でした。
 軽い小さな葉巻をシガリロ以外で愉しみたい時には優れた一本になると思います。
 ダビドフのエクスクイジトスよりは大きく、価格もお手頃(個人輸入限定ですが)ですので。
 とはいえ、個人的にこれとVegas de SantiagoのChiquititosのどちらかを選べと云われたら、Chiquititosを選ぶんじゃないかと。
 そういえば、久しく買っていませんねぇ…。









 


小堀酒造 萬歳楽 加賀梅酒 720ml

小堀酒造 萬歳楽 加賀梅酒 720ml
価格:1,594円(税込、送料別)








2016年03月23日
だらしなく燻らせる為の葉巻
 税関から問い合わせがあり、数日してこれが届きました。

image2.JPG

 以前は50本でワンセット送料サービス、だったんですが、今は30本でワンセット送料サービスに。
 缶が10本入りから6本入りに変わった為です。
 味わいはココア、アーシー、鰹節系の強めのニカラグアンでVegas de SantiagoのDon Luis Habanoシリーズに通じる処もあり、なかなか重いです。 
 一本吸いきる頃にはヤニクラを起こす事もしばしば。
 ストロングマニアかというとそうでもなく、むしろミディアムくらいの安定して燻らせれる葉巻の方が好みでは有ります。
 では何故過去に若干持て余していたこれを60本も購入したかというと、3〜4cm程吸った後換気扇の下に放置し、その後シガレット一本分くらいの時間火を付け直して吸い、の繰り返しをする分には極めて満足度が高いからです。
 細身のシガリロしか消費していなかった頃にアジオでよくやっていたんですが、この方法だと1日1本前後で済みます。

image3.JPG

 さて、Short Panatela並に厚みのある缶を開くと保湿用のヒュミディティが登場。
 1缶に必ず一個入っており、10本入りだった頃よりサービスが良い模様。
 取り敢えず30本のビニールを剥ぎ、残りはビニールのまま、

image4.JPG

 ヒュミに収納。
 この葉巻、1年くらい熟成させると1本吸ってもヤニクラを起こさない、物凄く美味い葉巻に化けるんですが、多分そこまで持たないでしょう(  ̄- ̄)トオイメ
 ちなみに手前の自己主張の激しい箱入りはこれです。
 ちょっと気になったので何れレビューしようかと思います。









2016年03月23日
野村タバコのCAOクリオロパンパス
0.JPG
 久々に「棒」を経験したので口直しに野村タバコで1月?に買ったCAO Criolo Pampasをいただく事に。

 葉巻の状態は非常によく、包装していたビニールは茶色く変色している。
 
image2.JPG

 ラッパーからは熟成香が漂い、フットはチョコレートの様な甘い香り。
 Pig Taleが好印象の小型ビトラ。

image3.JPG

 着火直後はカフェオレとココアを足した様な喫味にかなり控えめなスパイス。
 が、5mmも進まないうちにスパイスが激しくなる。
 そしてコクのあるナッツ系の喫味に。程よく甘い。
 1.5cm程で更にナッツ感がましたというか、湯がいた栗の様なテイストに。なかなか良い。 
 2.5cm程燃え進んだあたりでナッツとココア、に変化。スパイスは随分納まった印象。
 中盤にさしかかると味が強くなり、ココアとカフェオレにタンニンが加わった様な喫味に。控えめに花の香も感じられる。
 そこからレーズンとワインの様なタンニン全開の味になり、甘みは前半程ではなくなる。
 そしてそれが終わると今度はドッシリとしたココアとアーシーな喫味へ…と思いきや、しばらくしてすぐにナッツと甘みがやってきた。
 そこからコーヒー、アーシー、ナッツ、控えめなタンニン、微かなレザー、と様々な味が感じられ、穏やかに終了。
 極めて当たりな一本だった。 

image4.JPG

 ――以上

 五反田の野村タバコに初めて訪れた時に購入した物でしたが、スティック売りでどれもビニールが真っ茶色。
 既に終売済みの商品で北米でも見かけない為、自分が知る限り野村タバコでしか買えません。
 極めて好感触でしたが、それも野村タバコにて長期間熟成された故の代物でしょうね。
 個人輸入で購入直後にこのテイストは無理でしょうから。
 その野村タバコ、見たことないビニールが真っ茶色な葉巻もあり、なかなかおもしろい場所です。
 カマチョのプリトスサイズ時代のMachitosなんかもありました。
 ただ、その界隈に用事がある事が稀にしか無いので次に行けるのはいつになるやら。










小堀酒造 萬歳楽 加賀梅酒 720ml

小堀酒造 萬歳楽 加賀梅酒 720ml
価格:1,594円(税込、送料別)



木の実ひろい[16個]【タルト クッキー】

木の実ひろい[16個]【タルト クッキー】
価格:2,450円(税込、送料別)




2016年03月23日
シガリロ2種類
kopi.JPG

 10本550円。100%TOBACCOの文字。
 箱を開けた時の香りはTabacalera Cigarillosに似ている。あのプレミアムなシガリロというか、妙に生っぽい感じ。といっても、現在入手不可能なそもそも日本で売られていない葉巻なので喩えとして出すのもどうかと思うが…。

 シガリロにしてはタイトなドローでスパイスはマイルド。枯れ草の香りにフルーティな酸味。花の香も感じられる。
 白い灰は固く、タイトなドロー故かのんびりとした印象。
 1cm程燃え進むとスパイスが強まり、酸味も増すものの、すぐにまったりとした枯れ葉と花の香に戻る。
 プレミアムの葉巻を作っている高温多湿な環境で一緒に作られているドライじゃないシガリロという印象で、ドローはタイトだが個人的には気に入った。
 中盤以降はスパイス、ウッド、アーシーという印象で味は濃い口。ナッツも感じられる様になる。
 取り敢えず唇が熱く感じられる処まで吸って終了。

 ドライシガーというよりジャワ系のプレミアムシガーのミニチュア、という印象で特に期待もせずに試しに買った代物だったが思いの外良い買い物だったと思う。
 10年物のキューバやブラジル葉をブレンドした800円版もあるので何れ試してみようかと。


 その後何本か燻らせるも、二本目がココア系の喫味、三本目がレーズンとアーシーからココアへ、と随分な変わりようで、ドローも1本目程タイトな物は無し。
 鰹節の様な風味が感じられる事も。
 全体的に落ち着いた印象は変わらず、感触は良いものの妙にピリッとした何かが舌に残る印象。
 そして5本目にて、熟成不足有り。個人輸入で買った葉巻を封を開けてすぐ吸った時にある失敗に似ている。
 このシガリロは少し熟成させてからの方が良さそうだ。

 Griffin Griffinos

gri.JPG

 昔はまきやさんで購入した事があるものの、どんな味かさっぱり忘れたので購入。
 サイズはアメスピと同じ程度の太さに、同じ程度の長さ。 
 

 着火直後からコネチカットラッパーのドミニカンの味と香り。そこへ鰹節系の味が少し感じられる。 
 スパイスはきめ細かく、序盤からしっかりとした旨味が感じられた。
 そこから徐々にナッツ系の喫味が加わり、ウッドの香りも感じられる様に。
 いい感じの甘みもあり、極めて好感触。
 ダビドフのシガリロ程の強さは無いが、クォリティの高い濃い喫味を提供してくれている。
 後半は香水の様な香りと甘みの落ち着いたナッツとウッドの中間のような喫味。
 そのまま指が熱くなるまで吸って終了。

 ダビドフのミニシガリロより良いかと云われると何とも云えないが、しっかりとしたドミニカンの喫味が愉しめる素晴らしいシガリロなので良いかもしれない。

 ――以上

 普段吸いのシガリロとしてKOPIは良いかと思ったんですが、ちょっと時間が要りますね、これ。
 グリフィノスは数本吸っても印象が全くぶれない均一なクォリティという印象でした。













2016年03月15日
Davidoff Mini Cigarillos Nicaraguaその3
image1.JPG

 ヒュミで長く寝かせると、かなりスパイスが薄まりました。
 香りと味の濃さはそのままにマイルドになった印象で、ヒュミに放り込みっぱなしのノーブル・プティ・ハバナフィラーの当たり分に近い印象があるものの、それよりも深い喫味でした。
 ではコィーバ・ミニシガリロやクラブよりお勧めか? と云われると、どちらとも云えず。
 確実にクォリティの高いミニシガリロでは有りますが、他の選択肢を排除する程とはいえず、しかし、TATUAJEにミニシガリロがあったらこんな感じかな、という好感触が素晴らしいシガリロです。
 個人的にはこの辺りで悩みましたが、懐事情が厳しいので当面は見送ります。



 ↑これは…気になりますねぇ









2016年01月31日
La Rica Serie 2000 Corona Junior
 個人輸入を初めて暫くした頃に何度かメールを送ってみたHorizon Cigars。
 日本で販売されていないLa RicaやChinchareroが目当てだったが梨の礫で、その後サイトも消失。
 と、そんな感じで当時入手できなかったLa RicaのSerie2000シリーズを日本で発見。
 いつの間に販売開始したのか。ありがとうフカシロ(  ̄- ̄)トオイメ …と思ったものの帰宅してフカシロのサイトを覗いてもSerie2000が無い。何処が輸入しているのだろう?

001.JPG
(右隣は現在360円になってしまわれたノーマルLa Ricaのテュビトス)

 それはともかくフィラーからはしっかりとした熟成香。
 なんだか似たような薫りを感じた記憶があるな、と思い返すもBenchmadeだった様なそうでは無いような判然としない。
 いや多分Benchmadeのロブストのフィラーがこんな香りじゃなかったかな、と。

002.JPG

 着火直後はきめ細かいスパイスとナッツや木質、花の蜜の様な甘みが強い。
 特濃、という感じではなく、のんびりとした喫味が続く印象で割りと吸いやすい。
 鼻腔を抜ける香りも何処かもっちりとした、懐かしいのんびり感。
 そして3cmを過ぎた辺りで土っぽさやカフェオレの様なテイストが混ざり始める。
 そこから地味に変化して甘めのダークチョコレートの様な味が感じられる様になり、4cm過ぎにして灰がポトリと落ちる。
 序盤のインパクトは薄かったがここまでの印象は個人的に良い。
 中盤を超えると薄い花の香と共にビターなコーヒーの様な喫味に。
 この辺りから一気にコクが出てきた印象。
 メインはビターなコーヒーの様な喫味なのだが、甘い花の蜜の様な味わいが舌の奥に残り続ける不思議な展開。
 この甘味、Chinchareroのペティ・ロブストに近いだろうか? と思ったものの、香りはそれよりもしっかりしているんじゃなかろうかと。
 残り5cmを切るとドッシリとしたコクのある強さへ。

003.JPG

 この辺りで、序盤は気にならなかった片燃えが割りと大きな差に。
 終盤はビターコーヒー、ココア、アーシー、に控えめなタンニンと甘み。感触が良いだけに派手な片燃えが気になる。
 序盤ののんびり感とはかけ離れた強さを感じ、若干ヤニクラがあるものの、全体の流れというか感触は極めて良い印象。
004.JPG
 終盤も特に味の崩れやエグみも無く、片燃え部分で指が熱くなった頃合いを見て終了。
 序盤から終盤まで極めて印象がよく、満足の一本だった。
 感覚的にはロブストを一本消費した感じに近いだろうか?



005.JPG
 そして数年ぶりのテュビトス。

 相変わらずラッパーが滑らかで、着火直後はきめ細かい強めのスパイスとグラッシーな喫味。
 すぐにレーズンの様なタンニン系の酸味が出始め、花のような香り。
 流石に細いだけあってはじめから味が濃く、旨味が口いっぱいに広がる。
 燃え進むとナッツらしさも僅かに感じられる。
 中盤まで味の変化はあまり感じられないが、のんびりと吸えて良い。
 後半になるとアーシーさやココアの様なテイストが感じられ、更にコクが増す。
 そして唐突にレーズン系の味が強まる。
 そこからココアやアーシーっぽさが出たり消えたりと、美味いけどこんな味だったろうか? 昔はもっとココア寄りだった気がする。
 …が、ココア寄りの感想の主は今はなきミヌートス・フルフレーバー(缶入り1本180円だったロングフィラープリトス)ではないかと思い直す。
006.JPG
 そのまま熱くて持てなくなるまで吸って終了。
 雑味無し。最後までおいしく味わえた。


 ――以上


 比較のつもりでテュビトスも購入していたのですが、特に何も考えずに普通に吸ってしまいました。
 まぁ、サイズが不釣り合いなので比較するならコロナが良かったかもしれません。ベストは同サイズのNo4ですが、これは日本では販売されず…。
 ただ両者に共通して口腔内に残る香りが良いですね。
 久々にテュビトスを吸ってみて、実はミヌートス・フルフレーバーより味の変化が深かったんじゃないだろうか、などと思いましたが、今はもう比較出来ないのでなんとも。
 久々に吸ってみて「こんなに良かったのか」と思えたのは良い収穫でした。

 そしてSerie2000。なかなか満足感の強い一本でした。
 しかし、喫了後暫くしてから気付くヤニクラの強さ。
 今回は購入翌日に試してみたのですが、暫くヒュミに寝かして置くのがいいかもしれません。
 というか折を見て数本、ヒュミに寝かせておこうかと思います。

 このSerie2000、はまきやさんのブログを漁ってみたらやはりフカシロでした。

 ありがとうフカシロ(  ̄- ̄)トオイメ
 もう一種類フィギュラドがある様で、そちらも面白いかもしれませんね。

 で、なんとなしに昔の様にHorizon Cigars製の葉巻を欧州圏のサイトで見てみたんですが、

  Chinchaleroで当時売れ筋のビトラがNovillo(4x60)であった事を思い出し、そういえばDon LuisのNubs以来4x60ビトラを全く吸っていない事を思い出したり。
 まぁ、煙量が豊富すぎて吸える機会がかなり限られてしまいますが。
 そして当時存在していたRa LicaのCIgarillosが何処のサイトにも見当たりませんね。
 Minutos(ミヌートス・フルフレーバー)と共に消滅したんですかねぇ…。

 そういえば、ChinchaleroのPicadillos(日本で云う処のペティ・ロブスト)の Fuerte Maduroも気になっていたんですが、こちらもまだ日本には無いんですかね。

 取り敢えずHorizon Cigarsの葉巻はかなり久々でしたが、Serie2000を発見しなければテュビトスを再び吸う機会も無く、ありがたい出会いでした。
 また折を見てChinchaleroも買いますかねぇ。
 












2016年01月17日
Arturo Fuente Gran Reserva Cubanitos
 珍しくバラで売っている店があったので一本購入。缶プリトスで1本480円はちと高いのでは? と思ったものの、気にはなっていたのでありがたい。
 このCubanitos、同じArturo Fuente Gran ReservaのExquisitosより評価が高い様子。
 同じ様なサイズで片や缶入り、片や木箱入り、で名前が違う。
 以前北米版RyJでも見かけたが(久々に見に行ったら消えていた)、木箱入りプレミアムがロングフィラーで缶入りがショート〜ミディアムフィラーなのだろうか?
 

 さて、ボディは葉脈の浮いたゴツゴツとした触り心地で、着火前の薫りは良い。

image2.JPG

 きめ細かいスパイスと甘みのあるもっちりとした喫味。
 フルーツ寄りの酸味のあるテイスト、だろうか? 1cm程燃え進むとレーズンの様な濃い口の喫味になる。
 そのままハーブ系の薫りとレーズン、ナッツ、の濃い喫味が続く。非常に旨い。
 後半はナッツ主体にカフェオレの様な甘み。
 味の崩れやエグみは一切感じられず、極めてクォリティが高い印象。
 強さはRyJのプリトスやパルタガス・チコと同等くらいだろうか?
 残り4cm程でハーブ感が強まる。残り3cm頃にはハーブ感全開であり、甘みはほぼなくなる。
 喫味と相まって濃い杉の薫りを吸っている様な感覚になり、残り2cm程で終了。

 ――以上

 強くてクォリティの高い良い一本でした。
 ちょっと他のプリトスには無い味わいで、これは缶で欲しいですね。
 強さなんかは他のプリトスでも近いものは結構ありますが、レーズン〜タンニン系の濃い喫味のプリトスとなると他にあんまり無いんじゃないかと。

 そういえば、過去に個人輸入で購入したものだと

 Romeo y Julieta Habana Reserve Amores

 H Upmann 1844 Reserve Demi Tasse

 この辺りをいつか再ストックしたい処。
 双方共に強めで、熟成とともに深みが増していくタイプでした。
 
 





2016年01月17日
CAO Italia Piccoro

 ラ・パズ・ワイルドシガリロスを買いに行った店で偶然見つけた一本。
 「それ、レアですよ。もう日本に入って来ないですからね」
 と云われて何となく買ってしまった。
 ラッパーとバインダーはホンジュラス葉、フィラーにはイタリア、ニカラグア、ペルーの三種類の葉が使われているらしい。
 店のヒュミドールには一本しか入っておらず、CAO Short Panatelaシリーズ(4x38)特有の5本入るあの缶は無かった。
 まぁ、これだけ売れ残っていたのだろう。

 しっかりとした作りで、同ブランドの同サイズGold Karatsより若干硬いボディ。
 フィラーからはかなりしっかりとした熟成香。
 どれくらいの期間保存されていたのだろうか?

image1.JPG

 開幕から甘みのある干し草系の濃い喫味。スパイスは適度というかきめ細かく落ち着いた印象。
 すぐにコクが出始めるが、どうも片燃えが激しい…。
 アーシーでコクのある、甘みを含んだ濃い喫味は良いのだけれど、片燃えに加えて灰が2つに裂けて外側に歪曲する奇妙な展開。
 仕方なく灰を折っておく。
 3〜4cm程燃え進むと甘みのないレーズンの様なタンニン系の喫味が加わる。
 中盤頃には片燃えが解消され、ナッツ系の喫味に転じる。
 そこから焦がした砂糖の様なコクのある甘みが追加され、いつの間にかアーシー+焦がし砂糖という感じの喫味に変化。
 もう少しナッツテイストが続くかと思ったのだが。
 と、思いきやすぐに戻ってくるナッツテイスト。どうやらナッツ、アーシー、焦がし砂糖、の三種類の味が交互に主張しあっている様だ。
 そして後半は濃いエスプレッソの様な苦味と焦がし砂糖。えらい濃いなこれ…。
 残り4cmになってもバランス崩れや雑味は全く感じられない。しかしなんというか強い。
 そして残り3cm程で干し草とナッツの中間の様な喫味にキッツい苦味のエスプレッソが混ざった様なテイストに。
 この辺りで苦味がキツくなりすぎたのでギブアップ。

 ――以上

 悪くはなかったんですが自分には少し強すぎた印象。

 CAOの缶Short Panatelaと云えば、ドルが安かった頃にGold Karatsを馬鹿みたいに消費していました。
 ミディアム且つナッティで安定した印象。
 その頃他に気になっていた同サイズのCAOがLa Traviata Ninfas。買ってませんが。
 懐かしくなって久々に調べて見たところ現在はSeriousCigarsでも扱いがある様子。
 逆に今回レビューしたItalia Piccoroの姿は見えず。Cigarplaceにも無いので製造が無くなったとか?

 取り敢えず現状日本から楽に買えそうな缶入りCAO Short PanatelaのSeriousCigarsでの取り扱いを見てみると、

 CAO Gold Karats
 CAO Mx2 Daggers
 CAO Brazillia Cariocas
 CAO La Traviata Ninfas

 となっており、CAO Criolo PampasはCrioloごと消えている模様。
 確かブランド廃止の話を昔見たような…。曖昧な記憶なので定かではありませんが。
 ついでに他社ブランドのShort Panatelaを見てみると、

 Punch Classic Bolos
 5缶で送料無料(日本宛の場合送料一部負担)と手頃で買いやすく、スパイシー且つナッティで安定した味の一本。

 Cohiba Red Dot Pequenos
 同じく5缶で送料無料(日本宛の場合送料一部負担)。悪くは無いんですが、ハバノスのCohibaとは全く何の関係も感じられない味というか、名前で損をしている感が否めず。

 La Gloria Cubana Serie R Pequenos
 10缶で送料無料(日本宛の場合送料一部負担)。気になったまま、気にしていた事を忘れて今に至る。どうなんですかねぇ、これ。

 Perdomo Reserve 10 Year Puritos

 10缶で送料無料(日本宛の場合送料一部負担)。同じく、気になっry

 Davidoff Classic Primeros
 Davidoff Classic Primeros(Maduro)
 Davidoff Nicaragua Primeros
 Davidoff Nicaragua Primeros(Maduro)

 おなじみのDavidoff。旨いんですが、やはり高いすなぁ…。

 Partagas Black Label Prontos

 5缶で送料無料(日本宛の場合送料一部負担)。吸った様な吸わなかった様な…。

 Oliva Serie G Cigarillos
 Oliva Serie O Cigarillos
 送料補正が無いのが残念。

 そして、
 Romeo y Julieta 1875 Cigarros Petite Bully
 ふむ、これはちょっと気になりますな…。

 とまぁ、そんな感じで見てみましたが、SeriousCigarsのサイトは昔の方が見やすかった印象。







>> 次へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。