検索
カテゴリーアーカイブ
「3年我慢しろ」は3年離職率を気にする企業側の言葉! 今の職場は違うかな?と思ったら転職サイトで話を聞くだけでも参考になりますよ。
タグクラウド
プロフィール
ハチマキさんの画像
ハチマキ
ハチマキといいます。 薬剤師国家試験やCBTで役立つ薬理ゴロや服薬指導時に疑問を感じ調査した内容などを記事にしていきたいと思います。 気になることがあれば、コメント欄にて気軽に質問ください。私質問に対して勉強し、私なりの回答をさせていただきます。 よろしくお願いします。
プロフィール
ファン
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年09月23日

[薬理ゴロ]抗てんかん薬

今回は抗てんかん薬についてです。
代表的な抗てんかん薬の薬理作用をまとめたいと思います。

【ゴロなど】


[ベンゾジアゼピン系薬]
弁当頑張る、株で苦労。そんな人に「無力な境遇」は禁句。
「弁当」ベンゾジアゼピン系 
「頑張る」GABAA受容体の(ベンゾジアゼピン系結合部位)に結合
「株」過分極(を促進)
「苦労」Clの流入で
「無力な境遇は禁忌」重症筋無力症、急性狭隅角緑内障が禁忌

・クロナゼパム(先:リボトリール、ランドセン)
・ジアゼパム(先:ダイアップ)
・クロバザム(先:マイスタン)
・ミダゾラム(先:ミダフレッサ)⇒てんかん重積時の第一選択薬

バルビツール系は、結合部位がバルビツール結合部位であるだけで、「Cl-の流入による過分極の促進」はベンゾジアゼピン系と共通。

[GABAトランスアミナーゼ阻害薬]
バールでなかなか頑張っとるぜ、分解させない。
「バール」バルプロ酸(先:デパケン、セレニカ)
「なかなか」NaチャネルやCaチャネル抑制作用ももつ
「頑張っとるぜ、分解させない」GABAトランスアミナー阻害し、GABAの分解抑制

[Naチャネル遮断]
納豆を変にまぜるのはよせ
「納豆〜よせ」Naチャネルの抑制
「変に」フェニトイン(先:アレビアチン、ヒダントール)
「まぜる」カルバマゼピン(先:テグレトール)
※ゾニサミド(先:エクセグラン)やバルプロ酸(先:デパケン、セレニカ)はNaチャネルもCaチャネルも抑制する。

[T型Caチャネル遮断]
てか母ちゃん、スクミズ(スクール水着)はよせ
「てか母ちゃん〜よせ」T型Caチャネルの抑制
「スクミズ」エトスクシミド(先:エピレオプチマル、ザロンチン)
※ゾニサミド(先:エクセグラン)やバルプロ酸(先:デパケン、セレニカ)はNaチャネルもCaチャネルも抑制する。

[新世代薬]
新世代の薬は、作用をゴロにまとめられませんでした。ガチ暗記です。

・ガバペンチン(先:ガバペン)
⇒作用機序は確立していない。以下の2つの作用が推測されている。
1:興奮神経系のCaチャネル抑制によりグルタミン酸などの遊離を抑制
2:GABAトランスポーターを活性化することでGABA神経系を活性化
(ゴロ)ペンチで神経系を調整
「ペンチ」ガバペンチ
「神経系を調整」てんかんは、過剰興奮の状態。それを正常に戻すのでグルタミン酸などの興奮系を抑制で、GABAは活性化

・トピラマート(先:トピナ)
⇒抗てんかん作用は電位依存性Naチャネル抑制作用、電位依存性L型Caチャネル抑制作用、グルタミン酸受容体機能抑制作用、GABA 存在下における GABAA 受容体機能増強作用及び炭酸脱水酵素阻害作用に基づくと推定されている。
※なんでもありって感じです

・ラモトリギン(先:ラミクタール)
Naチャネルを頻度依存的かつ電位依存的に抑制することによって神経膜を安定化させ、グルタミン酸等の興奮性神経伝達物質の遊離を抑制することにより抗痙攣作用を示すと考えられている。なお、双極性障害に対して効果を示す機序は明らかになっていない

レベチラセタム(先:イーケプラ)
神経伝達物質放出の調整に関すると考えられるシナプス小胞蛋白2A(SV2A)への結合、N型Caチャネル阻害作用、細胞内Ca遊離抑制作用、GABAおよびグリシン作動性電流に対するアロステリック阻害の抑制作用、神経細胞間の過剰な同期化の抑制作用
※薬理作用のクセが強い・・・
(ゴロ)レベチの商法つええ
「レベチ(レベル違い)」レベチラセタム
「商法つええ」シナプス小胞蛋白2Aに結合

ベランパネル(先:フィコンパ)
AMPA型グルタミン酸受容体に選択的な非競合的拮抗剤

ラコサミド(先:ビムパット)
⇒従来のNaチャネルブロッカーとは異なる機序により、Naチャネルの緩徐な不活性化を選択的に促進させることで、活性化できるNaチャネルの割合を減少させ、ニューロンの過剰な興奮を抑制すると考えられている。

基本的にてんかんは興奮している状態なので、抗てんかん薬は、
・興奮系のグルタミン酸はSTOP、興奮がはじまるNaチャネルやCaチャネルはSTOP!
・抑制系のGABAは亢進、過分極を起こすClチャネルは亢進

この逆が書かれた文章は正解なる可能性は低いと思われる。

2019年09月14日

[薬理ゴロ]受容体の分類

今回は薬剤師国家試験でも1問はほぼ必ずでる受容体の分類について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。

受容体とは、外界からの刺激・情報などを受け入れるために化学物質が作用する作用部位となる部分です。ここでは細胞膜上に存在する主な3タイプ「イオンチャネル内蔵型」「Gタンパク質(GTP結合タンパク質)共役型」「チロシンキナーゼ関連型」について勉強します。

【ゴロなど】

<イオンチャネル内蔵型>


イオンチャネル内蔵型は、「(細胞膜を)4〜5回貫通型」であり、「Na+チャネル」「Cl-チャネル」「Ca2+チャネル」を開口するタイプが存在する
[Na+チャネル開口タイプ]
なっちゃん脱いでもニコニコ、瞳にはNo涙
「なっちゃん」Naチャネル開口
「脱いでも」分極を起こす
「ニコニコ」ニコチン(NN、NM)受容体
「瞳」5−HT3受容体
「No涙」non-NMDA型(グルタミン酸)受容体

[Cl-チャネル開口タイプ]
過労で苦労、頑張っても苦しい
「過労」分極を起こす
「苦労」Clチャネル開口
「頑張って」GABA A受容体
※GABAのAかBかはしっかり覚える。GiタンパクのゴロではしっかりGABA Bと判断できるようにしておきます。
「くるしい」グリシン受容体

[Caチャネル開口タイプ]
母ちゃんは涙
「母ちゃん」Caチャネル開口
「涙」NMDA型(グルタミン酸)受容体

<Gタンパク質共役型>


Gタンパク質(GTP結合タンパク質)共役型は、「7回膜貫通型」であり、Gタンパク質のサブタイプには「Gqタンパク質」「Gsタンパク質」「Giタンパク質」などが存在する。
それらの簡単な生体内反応の以下の通りです。
・Gqタンパク:ホスホリパーゼCの活性化によるPIレスポンスの亢進⇒タンパク質のリン酸化
・Gsタンパク:アデニル酸シクラーゼを刺激(stimulate)⇒cAMP産生⇒タンパク質のリン酸化
・Giタンパク質:アデニル酸シクラーゼを抑制(inhibit)⇒タンパク質のリン酸化を抑制


[Gqタンパク質共役型]
塾であたいマイハイスコア、本当にマミーテンションUP
「塾」Gqタンパク質共役型
「あたい」α1受容体
「マイ」M1受容体
「ハイ」H1受容体
「本当に」5−HT2
「マミー」M3受容体
「テンション」アンギオテンシンU(AT1)受容体
※他にはブラジキニン受容体やLT受容体などが存在する。

[Gsタンパク質共役型]
じいさん だいたんHにベタベタ本当よ、ブイブイいわす
「じいさん」Gsタンパク質共役型
「だいたん」D1受容体
「Hに」H2受容体
「べたべた」β1受容体、β2受容体、β3受容体
「本当よ」5−HT4
「ブイブイ」バソプレシンV2受容体←第104回で出てます
※他にはグルカゴン受容体などが存在する。

[Giタンパク質共役型]
慈愛に反対、まだまだ(まだ×2)頑張んべ
「慈愛」Giタンパク質共役型
「反対」5-HT1受容体
「まだ×2」M2受容体、α2受容体、D2受容体
「がんばんべ」GABA B受容体

<チロシンキナーゼ関連型>

※ゴロなし
チロシンキナーゼ関連型は、「1回膜貫通型」が多く、リガンドが結合することでチロシンキナーゼが活性化され、チロシンをリン酸化する。
例としては、インスリン受容体、EGF受容体などがある。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。