検索
カテゴリーアーカイブ
「3年我慢しろ」は3年離職率を気にする企業側の言葉! 今の職場は違うかな?と思ったら転職サイトで話を聞くだけでも参考になりますよ。
タグクラウド
プロフィール
ハチマキさんの画像
ハチマキ
ハチマキといいます。 薬剤師国家試験やCBTで役立つ薬理ゴロや服薬指導時に疑問を感じ調査した内容などを記事にしていきたいと思います。 気になることがあれば、コメント欄にて気軽に質問ください。私質問に対して勉強し、私なりの回答をさせていただきます。 よろしくお願いします。
プロフィール
ファン
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年02月14日

【一般用医薬品 外用剤】ステロイドを塗る量

本日は、一般用医薬品(ドラッグストアで買えるお薬)のステロイド外用剤の塗る量について記事を書いていきます。

【製品の説明書きには「適量」とある】


一般用医薬品の外用剤の用法・用量には、「適量」を患部に塗る旨が書かれていることが多いです。しかし、適量ってどのくらいなのか疑問に持つことが多いと思います。

【塗る量の考え方について】


ステロイド外用剤の塗る量の目安は、約0.5gで「両手のひら」分と言われております。
約0.5gというと、5gのチューブの場合、お薬を人差し指の「先端〜第一関節まで2回絞り出した量」と言われております。(大きいチューブの場合、「先端〜第一関節まで1回絞り出した量」と言われております。)
この塗る量の単位を1FTUと言います。

(参考:公益社団法人 日本皮膚科学会HP Q&A :https://www.dermatol.or.jp/qa/qa39/q03.html

ちなみに、手元にある5gチューブ製品で、先端〜第一関節まで1回絞り出してみました。その結果、0.13gでした。2倍にしても0.26gです。あれ?大分少ないな。
もう一度、ゆっくりと絞り出してみたら、0.18gでした。2倍にしたら0.36gです。相当、ゆっくり絞り出さないと0.5gにならないようです。

【塗る量を細かく考えるのは苦手】


塗る量の考え方は、上記に記載したものが主に用いられていますが、湿疹・皮膚炎が毎回、手のひら2枚分ではないし、一般用医薬品(OTC)のような自分で判断して使う場合は、細かく考えるのは大変だと思います。
まずは、ステロイドの効果を得るためにたっぷり塗るという認識をもって、使用してください。[狭い範囲の患部(手や指などに局所的にぽつぽつと赤みがあるなど)であれば、患部にお薬をのせて塗り広げれば十分な量です]

その上で、「症状が改善しない」、「体調や皮膚に異変を感じる」ことがあれば、お医者さんや薬剤師さんに相談してください。

2018年02月13日

【一般用医薬品】注意書きにある甲状腺機能障害について

本日は、一般用医薬品(ドラッグストアで買えるお薬)の注意書きにある甲状腺機能障害について記事を書いていきます。

【甲状腺機能障害ってどっち?】


甲状腺機能障害と聞くと、私は、「甲状腺機能亢進症(甲状腺が働きすぎる)と甲状腺機能低下症(甲状腺があまり働かない)のまったく逆の2つの疾患があるけどどっちのこと?と疑問に感じました。

【注意書きに甲状腺機能障害が書かれているドラッグストアのお薬】


調査してみると、注意書きに甲状腺機能障害が書かれているお薬としては、「かぜ薬」「鎮咳去痰薬」「乗り物酔い用の薬」「鼻炎薬(点鼻・飲み薬)」「痔の薬」「胃腸薬」
などがあるようです(ただし、全てに記載されている訳ではなく、含まれている成分によります)。

【どっちの甲状腺機能障害の人は気をつけないといけないの?】


医療用の医薬品の添付文書を参考に、どちらの甲状腺機能障害が気をつけないといけないか調査しました。
多くの薬※は、甲状腺機能亢進症の方が注意しないといけないようです。
(※具体的な成分は、下の<今回調査した成分>から沈降炭酸カルシウム以外の成分です。)

しかし、「沈降炭酸カルシウム」が配合されている胃腸薬では、甲状腺機能低下症の方は注意が必要です。
<今回調査した成分>
dl−メチルエフェドリン塩酸塩、メトキシフェナミン塩酸塩、ジプロフィリン、フェニレフリン塩酸塩(注射剤)、マオウ、ベタネコール塩化物、沈降炭酸カルシウム

ただし、今回の調査範囲は全てではありませんので、購入したお薬の説明書きをよく読み、自分に該当する注意書きがある場合は、お医者さんや薬剤師さん、登録販売者さんに相談してください。

【調査して気付いたこと】

※ここからはドラッグストアでの販売者向け
医療用と一般用を比較していて気付いたことですが、「沈降炭酸カルシウム」は、医療用では「甲状腺機能低下症に投与してはいけない」となっていますが、一般用では「甲状腺機能障害の診断を受けた方は相談」となっています。
これって、一般用の医薬品では、甲状腺機能障害は亢進症と低下症の2パターンあるから、どっちかしっかり確認して低下症なら飲まないようきっちり指導しないといけないという意味なのかと感じました。油断していたら、慎重に飲みましょうと説明してしまうかも・・・

また、ベタネコール塩化物については、医療用では「甲状腺機能亢進症に投与してはいけない」となっていますが、一般用では「甲状腺機能障害の診断を受けた方は相談」となっています。

この2つの成分は販売側も注意が必要かもしれません。

2018年02月09日

一般用医薬品(OTC) 開発に便利なウェブサイトまとめ

私が、一般用医薬品(OTC)の開発時によく利用するウェブサイトのリンクです。
多くの開発者はすでに利用されているかもしれませんが、参考になればと思いこのページを作成しました。特に、新人さんなどの教育などに活用していただければ幸いです。

【承認情報の調査】


<日本製薬団体連合会HP:平成13年〜>
http://www.fpmaj.gr.jp/iyaku/index.htm
<本サイトの承認状況検索ページ:2001年からの承認年月日を検索できます。>
http://fanblogs.jp/netkakarituke/archive/31/0

【一般用医薬品成分の区分リスト 最新版確認】


http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000082514.html
上記サイトの「医薬品の分類」の項目から調べてください。

【論文調査】


<J-Stage>
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
<CiNii>
https://ci.nii.ac.jp/
<PubMed>
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/

【英語辞書:科学的なワードにも対応】


https://lsd-project.jp/cgi-bin/lsdproj/ejlookup04.pl
上記サイトの「変換サービス」→「EtoJ」で英文の単語をいっきに日本語にすることも可能です。

【一般用医薬品および医療用医薬品の添付文書検索】


http://www.pmda.go.jp/pnavi-02.html

【国立健康・栄養研究所 データベース:生薬類の情報収集に便利】


https://hfnet.nih.go.jp/

【特許調査】


https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

【添付文書等に記載する使用上の注意 最新版の確認】


https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/0010.html
上記HPで「かぜ薬等の」と検索

【厚生労働省 生活基礎調査】


http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/20-21kekka.html
大規模調査の時には「自覚症状」「健康意識」などの調査結果あり。

【ドーピングに関する情報】


http://www.playtruejapan.org/code/

【学会検索】


http://www.umin.ac.jp/ac/shukai.htm


他にも、一般用医薬品の開発に便利なウェブサイトをご存じで、情報を提供していただける方は、コメントを残しいただければ幸いです。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。