検索
カテゴリーアーカイブ
「3年我慢しろ」は3年離職率を気にする企業側の言葉! 今の職場は違うかな?と思ったら転職サイトで話を聞くだけでも参考になりますよ。
タグクラウド
プロフィール
ハチマキさんの画像
ハチマキ
ハチマキといいます。 薬剤師国家試験やCBTで役立つ薬理ゴロや服薬指導時に疑問を感じ調査した内容などを記事にしていきたいと思います。 気になることがあれば、コメント欄にて気軽に質問ください。私質問に対して勉強し、私なりの回答をさせていただきます。 よろしくお願いします。
プロフィール
ファン
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年03月09日

医薬品承認情報検索

日本製薬団体連合会が提示している「医薬品の承認情報」をまとめて、検索できるようにしました。
今後は、毎月末日を目途に更新していきたいと思います。
なお、データに不足なく作成したつもりですが、保証するものではありませんのでご了承ください。

更新日:2018年9月30日

【検索手順】


1. 下の「エクセルデータ」という文字を左クリックして、データを開いてください。
「エクセルデータ」 
2.データを開けたら、キーボードで「CTRL+F」を押して検索ウィンドウを出してください。(2つのキーを同時押し)
3. 出てきた検索ウィンドウに、検索したい文字を入力し、検索してください。

【広告】


会社で必要な書籍や備品などをamazonや楽天で購入されている方は、ブログ一番上の広告「amazonに移動」もしくは下の「楽天市場に移動」から各サイトに移動して購入いただければ幸いです。

「楽天市場に移動」

2018年03月02日

ビタミンK

本日は、一般用医薬品やサプリメントなどにも含まれているビタミンKについて記事を書いていきます。

【ビタミンKが不足するとどうなるのか】


ビタミンKのKは、ドイツ語の「Koagulation(凝固)」の頭文字からきていると言われています。働きは、血液の凝固を促進すること、また骨形成を調整することです。
ビタミンKの欠乏によって、血液凝固が遅くなることがあります。

【日本人はビタミンKが足りているのか】


日本人のビタミンKの摂取状況をまとめたいと思います。
摂取量の基準は、目安量としたいと思います。(目安量:推定平均必要量及び推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、特定の集団の人々がある一定の栄養状態を維持するのに十分な量)
なお、平均摂取量は、国民健康・栄養調査結果(2015)を記載しております。

[表:性別、年代別 ビタミンKの平均摂取量および目安量]
(単位:μ g/日)
ビタミンK 摂取量解析.jpg

男女のどの年代でも、平均摂取量が目安量を大きく上回っています。
日本人では、ビタミンKを多く含む納豆摂取の影響が大きいと思われます。今回の目安量は、納豆を食べない人でも健康障害が起きていないため、納豆を食べない人のビタミンK摂取量に基づいて目安量を設定しているため、平均摂取量が目安量を大きく上回ったと思われます。
欠乏症があらわれる量より、どの程度多めに摂取できているかは不明ですが、上記目安量を摂取すれば、欠乏症状が出るリスクは低いと思います。

【まとめ】


ビタミンKは、健常な人であれば平均的には足りているようです。
不足の症状について、自分で感じるようなものは調べていて特になかったので、不足しているかどうかの判断も難しいのかもと感じました。

参考:
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

厚生労働省HP 栄養素等摂取量 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kenkounippon21/eiyouchousa/keinen_henka_eiyou.html

2018年03月01日

ビタミンE(トコフェロール)

本日は、一般用医薬品やサプリメントなどにも含まれているビタミンE(トコフェロール)について記事を書いていきます。

【ビタミンEが不足するとどうなるのか】


ビタミンEは、酸化障害から細胞膜を守るに関与しています。
ビタミンEの欠乏によって、不妊、脳軟化症、肝臓壊死、腎障害、溶血性貧血(疲労感、息切れ、顔が青白くなるなど)、筋ジストロフィー(筋力の低下など)などが起こることもあります。

【日本人はビタミンEが足りているのか】


日本人のビタミンEの摂取状況をまとめたいと思います。
摂取量の基準は、目安量としたいと思います。(目安量:推定平均必要量及び推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、特定の集団の人々がある一定の栄養状態を維持するのに十分な量)
なお、平均摂取量は、国民健康・栄養調査結果(2015)を記載しております。

[表:性別、年代別 ビタミンEの平均摂取量および目安量]
(単位:m g/日)
ビタミンE 摂取量解析.jpg

男女のほぼどの年代でも、平均摂取量が目安量を上回っています。
しかし、これは当然の結果で、目安量は「平成22年・23年の国民健康・栄養調査の結果(摂取量中央値)」から設定された値であるため基本的には近い値になることが推測されます。
欠乏症があらわれる量より、どの程度多めに摂取できているかは不明ですが、上記目安量を摂取すれば、欠乏症状が出るリスクは低いと思います。

【ビタミンEの大量摂取はよくない】


ビタミンEの大量摂取を続けると、出血傾向となることが報告されています。
耐容上限量(過剰摂取による健康被害を未然に防げるよう厚生労働省が設定した量)は、男女とも15歳以上は650〜900mg/日と言われています。
通常の食事であれば、なかなか耐容上限量を超えることはないかと思います。

【まとめ】


ビタミンEは、平均的には足りているようです。
不足の症状を感じて、サプリメントなどでビタミンEの摂取を考えている方は、上記の目安量などが参考になれば幸いです。
通常の食生活や適切にサプリメントを使用すれば、過剰摂取にはならないと思いますが、、取りすぎにはならないよう耐容上限量も気にしてみてください。

参考:
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

厚生労働省HP 栄養素等摂取量 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kenkounippon21/eiyouchousa/keinen_henka_eiyou.html

MSDマニュアル 家庭版
http://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0


2018年02月28日

ビタミンD

本日は、一般用医薬品やサプリメントなどにも含まれているビタミンDについて記事を書いていきます。
天然にビタミンDの活性を有する物質として、きのこに含まれるビタミンD2(エルゴカルシフェロール)や魚肉に含まれるビタミンD3(コレカルシフェロール)などがあります。

【ビタミンDが不足するとどうなるのか】


ビタミンDは、腸管や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進し、骨の形成と成長を促す
ビタミンDの欠乏によって、カルシウムの吸収が低下するため、低カルシウム血症(筋肉のこわばり、唇や指のチクチク感、錯乱など)が起こり、それにより二次性副甲状腺機能亢進症(心拍数と血圧の上昇、不整脈、過剰な発汗、神経質や不安、睡眠障害、意図しない体重減少など)などが起こることもあります。
また、骨から不足しているカルシウムが吸収されるため、小児ではくる病(骨が正常に成長しない)、成人では骨軟化症が起きることがあります。

【日本人はビタミンDが足りているのか】


日本人のビタミンDの摂取状況をまとめたいと思います。
摂取量の基準は、目安量としたいと思います。(目安量:推定平均必要量及び推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、特定の集団の人々がある一定の栄養状態を維持するのに十分な量)
なお、平均摂取量は、国民健康・栄養調査結果(2015)を記載しております。

[表:性別、年代別 ビタミンDの平均摂取量および推定平均必要量]
(単位:μg/日)
ビタミンD 摂取量解析.jpg

男性女性どちらも15歳以上であれば、平均摂取量が目安量よりも高い値となっております。
しかし、妊婦や授乳婦の目安量は通常の食事では、やや不足している可能性があります。

【ビタミンDの大量摂取はよくない】


ビタミンDの大量摂取を続けると、高カルシウム血症(食欲不振、多尿、のどの渇きなど)、腎障害、軟組織の石灰化障害などがあらわれることが報告されています。
耐容上限量(過剰摂取による健康被害を未然に防げるよう厚生労働省が設定した量)は、男女とも15歳以上は90〜100μg/日と言われています。
通常の食事であれば、なかなか耐容上限量を超えることはないかと思います。

【まとめ】


ビタミンDは、平均的には足りているようです。しかし、妊婦さんや授乳婦さんは不足している可能性が考えられます。
不足の症状を感じて、サプリメントなどでビタミンDの摂取を考えている方は、上記の推定必要量や推定必要量からのだいたいの不足量などが参考になれば幸いです。
通常の食生活や適切なサプリメントも使用すれば、過剰摂取にはならないと思いますが、、取りすぎにはならないよう耐容上限量も気にしてみてください。

参考:
「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」報告書 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

厚生労働省HP 栄養素等摂取量 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kenkounippon21/eiyouchousa/keinen_henka_eiyou.html

家庭の医学
https://www.qlife.jp/dictionary/

MSDマニュアル 家庭版
http://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/12-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%BB%A3%E8%AC%9D%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E8%B3%AA%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9/%E4%BD%8E%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0%E8%A1%80%E7%97%87%EF%BC%88%E8%A1%80%E6%B6%B2%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0%E6%BF%83%E5%BA%A6%E3%81%8C%E4%BD%8E%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8%EF%BC%89
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。