検索
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
プロフィール
ハチマキさんの画像
ハチマキ
ハチマキといいます。 皆様がお薬やサプリメントを適切に使用するあたって、少しでも役立つ情報を提供していきたいと考えています。 気になることがあれば、コメント欄にて気軽に質問ください。私質問に対して勉強し、私なりの回答をさせていただきます。 よろしくお願いします。
プロフィール
ファン
最新記事
最新コメント

2018年09月20日

抗悪性腫瘍薬(微小管阻害薬、トポイソメラーゼ阻害薬)

今回は抗悪性腫瘍薬(微小管阻害薬、トポイソメラーゼ阻害薬)について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

今回の薬のほとんどは、細胞周期に特異的に作用するため、まずは各薬が作用する周期を以下の図で覚える
細胞周期特異的な抗悪性腫瘍薬 作用点図.jpg

微小管阻害薬はM期、トポイソメラーゼ阻害薬はS期とざっくり覚える

『ゴロなど』


[微小管阻害薬]


【ビンカアルカロイド】


小さいことに敏感で、骨の髄まで神経質
「小さい」微重合阻害(→細胞分裂抑制)
(※後に記載したタキサン系とは、結果は同じだが途中の薬理作用は真逆で注意)
「敏感で」ビンカアルカロイド、一般名は頭ビ末尾ン「ビ〜ン」
「骨の髄まで」(副作用)骨髄抑制
「神経質」(副作用)末梢神経障害

ンクリスチ(商:オンコビン)
ンブラスチ(商:エクザール)
ンデシ(商:フィルデシン)
ノレルビ(商:ナベルビン)

【タキサン類】


たくさんの管集めるのは、骨の髄までくる
「たくさん」タキサン類語尾:〜タキセル
「管集める」微小蛋白質の重合促進(→微小管安定化→細胞分裂抑制)
「骨の髄までくる」(副作用)骨髄抑制

パクリタキセル(商:タキソール)
ドセタキセル(商:タキソテール、ワンタキソテール)

[トポイソメラーゼ阻害薬]


【トポイソメラーゼT阻害薬】

※ゴロなし
→1本鎖DNAに作用するトポイソメラーゼTを阻害し、DNAの合成を阻害する。
副作用は骨髄抑制で、イリノテカンでは重度の下痢も有名
(覚え方)イリノテカンの「イ」はTの「イ」と覚える。
友人にこの覚え方を聞いて、自分自身は本当にど忘れ無くなりました。

イリノテカン(商:トポテシン、カンプト)
ノギテカン(商:ハイカムチン)

【トポイソメラーゼU阻害薬】


ハクビシンは干支ポジションに見染められず
「ハクビシン」(アントラサイクリン系)語尾:〜ビシン
語尾例外で、ミトキサントロン
「干支ポジション」エトポシド(商:ラステット、ペプシド)
「に見染ら」U、トポイソメラーゼ阻害

<アントラサイクリン系>
・アントラサイクリン系は、「トポイソメラーゼU阻害作用」の他にも「DNAポリメラーゼ及びRNAポリメラーゼ阻害作用」「活性酸素生成によるDNA切断」などの作用を有しているため、細胞周期非特異的に作用する。

ドキソルビシン(商:アドリアシン、ドキシル)
※代表例ドキソルビシンから「ドキドキ心臓、(副作用)心毒性」と覚える。
ダウノルビシン(商:ダウノマイシン)
ピラルビシン(商:テラルビシン、ピノルビン)
エピルビシン(商:ファルモルビシン)
イダルビシン(商:イダマイシン)
アラクルビシン(商:アクラシノン)
アムルビシン(商:カルセド)
ミトキサントロン(商:ノバントロン)

2018年09月18日

抗悪性腫瘍薬(アルキル化薬、白金製剤)

今回は抗悪性腫瘍薬のアルキル化薬と白金製剤について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロ】


[アルキル化薬]


スーファミするファン、どんなに飽きるか
「スーファミ」語尾:〜スファミド
・シクロホスファミド(商:エンドキサン)
・イホスファミド(商:イホマイド)
※シクロホスファミドやイホスファミドは代謝物アクロレインにより出血性膀胱炎を起こすため、メスナ(商:ウロミテキサン)を併用する

「するファン」成分名に「ルファ」が入っている。
※抗菌薬のサルファ剤も「スルファ」が入っており、かぶる部分あるが、試験でそこでひっかけてくる可能性は低いと思います。
・ブスルファン(商:マブリン)
・メルファラン(商:アルケラン)

「どんなに飽きるか」DNAのアルキル化(→DNA合成阻害)

<ゴロに入りきらなかったアルキル化薬>
語尾:〜ムスチンとストレプトゾシン(商:ザノサー)
※〜oシンはα1遮断薬とかぶるが、試験でのひっかけはないと思います。
ベンダムスチン(商:トレアキシン)
→この薬だけ「〜ムスチン」なのにマスタード類、他はニトロソウレア類。ニトロソウレア類は、血液脳関門を通過する
ムスチン(商:ニドラン)→適応に脳腫瘍など
ラニムスチン(商:サイメリン)
カラムスチン(商:ギリアデル)

[白金製剤]


プラチナ(白金)でどんな橋をつくる?新人が耳にし、吐き気催す
「プラチナ」語尾:〜プラチン、プラチナなので白金製剤
「どんな橋をつくる」DNAに架橋を形成し、(DNAの複製を抑制)
「人」(副作用)毒性
「耳」(副作用)聴力障害
「吐き気催す」(副作用)悪心・嘔吐

シスプラチン(商:ランダ、ブリプラチン、アイエーコール)
ミリプラチン(商:ミリプラ)
カルボプラチン(商:パラプラチン)
ネダプラチン(商:アクプラ)
オキサリプラチン(商:エルプラット)

<抗がん剤による悪心・嘔吐に対する制吐剤の使い方>


抗がん剤による悪心・嘔吐に対しては、NK1受容体拮抗薬(語尾:〜ピタント)、5-HT3受容体拮抗薬(語尾:〜セトロン)、デキサメタゾン(抗がん剤に伴う消化器症状の適応を持つ)などを使用する。
「制吐薬適正使用ガイドライン(第2版)」(2015年)には、各化学療法に対して催吐性リスクを分類し、その分類ごとに推奨される催吐薬の組み合わせ例の記載がある。
【例:注射薬の場合】
高度催吐性リスク:NK1受容体拮抗薬+5-HT3受容体拮抗薬+デキサメタゾン
中等度催吐性リスク:5-HT3受容体拮抗薬+デキサメタゾン
軽度催吐性リスク:デキサメタゾン

鎮吐(制吐)薬ゴロのページに移動


参考:
制吐薬適正使用ガイドライン(第2版)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/53/4/53_338/_pdf/-char/ja

2018年09月17日

甲状腺疾患治療薬

今回は甲状腺疾患の薬について、ゴロを中心に記事にしたいと思います。
なお、一般名の後ろに「商:」で記載しているのは商品名です。

【ゴロ】


[甲状腺ホルモン製剤]


チロチロとしか出ない甲状腺ホルモンを補充
※チロチロ=ちょろちょろ、かすかな
「チロチロとしか出ない」甲状腺機能低下症に用いる
「チロ」レボチロキシン[合成T4](商:チラージンS)
「チロ」トリヨードチロニン[合成T3](商:チロナミン)
一般名にチロとあれば、甲状腺ホルモン製剤

甲状腺からはT4が主に主に分泌され、抹消で脱ヨウ素化されて活性型のT3となる。合成T4製剤は半減期が長く甲状腺ホルモンの血中濃度が維持しやすいので、合成T4製剤がよく使用される

[抗甲状腺薬]


ちょーうらやましい!高校のチアマゾでお仕置きだぜ
「ちょーうら」プロピルチオウラシル(商:チウラジール、プロパジール)
「高校」抗甲状腺(適応:甲状腺機能亢進症、バセドウ病)
「チアマゾ」チアマゾール(商:メルカゾール)
「お仕置きだぜ」ペルオキシダーゼ阻害(→甲状腺ホルモン生合成を抑制)

抗甲状腺の副作用では、無顆粒症が重要!
突然の発熱、咽頭痛、関節痛、発疹などが生じたらすぐに診察するよう指導する必要がある。

抗甲状腺薬は、効果が確実で副作用が少ないなどの理由から、チアマゾール(商:メルカゾール)が第一選択。しかし、チアマゾール(商:メルカゾール)では妊娠4〜7週で薬剤に暴露されることで奇形症候群が報告されており、妊娠希望の女性ではプロピルチオウラシル(商:チウラジール、プロパジール)に変更することがある。


甲状腺疾患の治療では、血清FT4(遊離サイロキシン)と血清TSH(甲状腺刺激ホルモン)の値を参考に治療することが多い。FT4が正常になっても、TSHが安定するのに時間がかかることがある。
症状が改善しても、長期間の服用が必要なので、自己判断で減量・中止を行わず、医師としっかりと相談するよう指導することが大切。

【備考】


<甲状腺機能低下症の症状>
・顔の表情が乏しくなる
・声がれ、話し方がゆっくりになる
・まぶたが垂れる
・毛髪が薄くなり、乾燥してくる
・皮膚が乾燥し、うろこ状に厚くなる
・体重が増え、便秘になる
・治療しないとやがて、貧血、低体温、心不全を引き起こす

<甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)の症状>
・心拍数増加と血圧上昇
・不整脈
・大量発汗とほてり
・手のふるえ
・神経過敏と不安
・不眠
・排便回数増加(ときに下痢を伴う)


参考:
今日の治療薬(2018年版)
MSDマニュアル家庭版 甲状腺機能低下症
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/12-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%BB%A3%E8%AC%9D%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%BD%8E%E4%B8%8B%E7%97%87
MSDマニュアル家庭版 甲状腺機能亢進症
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/12-%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%BB%A3%E8%AC%9D%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA%E6%A9%9F%E8%83%BD%E4%BA%A2%E9%80%B2%E7%97%87

2018年09月03日

ニトロペン舌下錠の使用方法・服薬指導

この前、初めてニトログリセリンの舌下錠(商:ニトロペン舌下錠)が処方された患者さんの服薬指導をしましたので、ニトロペン舌下錠の使用方法について記事にしました。
その患者さんは「胸の痛みがあるけど、狭心症かどうかまだ分からない。薬使ってみて、効果があれば、狭心症の可能性が高いと先生が言っていた」とのことでした。

【基本情報】


まずは、基本情報をまとめます。(参考:ニトロペン舌下錠0.3r添付文書)
<効能・効果>
狭心症、心筋梗塞、心臓喘息、アカラジアの一時的緩解
<用法・用量>
ニトログリセリンとして、正常成人0.3r〜0.6mg(本剤1〜2錠)を舌下投与する。狭心症に対し投与後、数分間で効果のあらわれない場合には、更に0.3〜0.6mg(本剤1〜2錠)を追加投与する。
なお、適宜増減する。

※アカラジアについては、どういう病気が備考に記載しています。

【使用方法の注意】


ここからは、日本化薬(株)さまが作成している「ニトロペン舌下錠0.3mgを使用される方に」を参考に使用上の注意をまとめます。

<使用方法>


●アルミ包装より取り出し、舌の下において溶かす。口の中が乾いて溶けにくいときは、水で舌を湿らせるか、かみくだいて舌の上におく。
飲み込むと効果がなくなるということは、薬剤師には当たり前かもしれませんが、患者さんにしっかりと伝えるのは大切と思います。

<効果がなかったら(狭心症の場合のみ)>


効果は通常1〜2分であらわれます効果があらわれないときは、さらに1錠舌の下におく。さらに数分間たっても効果があらわれないときは、もう1錠舌の下におく。
(1回の発作には3錠まで)

●それでも症状が続くときは、すぐに医師に連絡するか、救急病院へ運んでもらってください。

※ここで気が付いたのは、添付文書の用法用量と少し内容が異なることです。追加できることは共通ですが、細かい飲み方は、医師から指示があったかをまず確認する必要があるかと思います。

<使用するときの注意>


●この薬を使用すると、ときに血圧が下がりすぎて立ちくらみやめまいを起こすことがある。
使用するときは立ったままではなく、座って使用する。

●立ちくらみやめまいで気分が悪くなったときは、足を高くして横になるか、座って頭を低くして回復するのを待つ

●一時的に頭痛が起きたり、顔やからだがほてったりドキドキしたりすることがありますが、このような症状はしだいに軽くなります。ただし、これらの症状がおさまらなかったり、ひどいときは、主治医に相談する。

●頭痛、めまいなどで、注意力、集中力の低下が起こることがあります。自動車の運転等の危険をともなう機械の操作をしないでください。

<併用禁忌薬>


ホスホジエステラーゼ5阻害薬を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)又はグアニル酸シクラーゼ刺激作用を有する薬剤(リオシグト)を投与中の患者。
※ニトログリセリンの舌下錠とこれらの薬剤との併用により降圧作用が増強され、過度に血圧を低下させることがある。

シルデナフィル(商:バイアグラ、レバチオ)
パルデナフィル(商:レビトラ)
タダラフィル(商:シアリス、ザルティア、アドルシカ)
リオシグト(商:アデムパアス);慢性血栓塞栓性高血圧症の治療薬

【備考】


アカラジア(アカラシア):
定義としては「下部食道噴門部の弛緩不全による食道の通過障害や、食道の異常拡張などがみられる機能的疾患」であり、物を飲み込んでも食事がいつまでも食道にたまってしまい、つかえた感じや嘔吐などが認められる。
罹患率は0.4〜0.6/10万人・年とのこと。日本人1億人とすると1年に400〜600人ぐらいと推定されます。

参考:
ニトロペン舌下錠0.3r 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/530191_2171018K1039_1_06.pdf
ニトロペン舌下錠を使用される方へ(日本化薬株式会社)
https://mink.nipponkayaku.co.jp/product/di/ka_file/ntp11_spread.pdf
食道アカラシアの治療方法と手術適応
https://www.jsgs.or.jp/cgi-html/edudb/pdf/20071027.pdf

薬剤師国家試験勉強用の狭心症治療薬ページに移動

2018年08月26日

抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬、ADHD治療薬の一覧表

精神科の方の服薬指導にあたり、先発品の商品名と一般名が繋がらず大変苦労しています。
CBTや薬剤師国家試験を合格した人なら、一般名であればある程度薬の内容が分かると思います。
そこで、精神科でよく処方される「抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬、ADHD治療薬」の商品名と一般名をまとめた一覧表を作成しました。
精神科の門前薬局で働く人や実務実習をする人にぜひ役立てていただけた幸いです。

【抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬、ADHD治療薬」一覧表】


情報量が多いので、エクセルデータを載せました。
以下の「抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬、ADHD治療薬の覧表(エクセル)」を開き、印刷して、使用してください。

「抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬、ADHD治療薬 一覧表」

【服用時期の指定】


一覧表を作成していたら、服用時期を定められている薬があることに気が付きます。
デュロキセチン(商:サインバルタ)、パロペリドン(商:インヴェガ)エスシタロプラム(商:レクサプロ)、パロキセチン(商:パキシル)には、用法用量に「朝食後」または「夕食後」の記載があります。
この制限について調査したいと思います。

まずはデュロキセチン(商:サインバルタ)についてです。
この薬は、「朝食後」の記載があります。
この理由について、イーライリリーさんの製品Q&Aページに書かれています。
そこを読むと、「米国の臨床試験では1日1回のプロトコールで実施されたが、日本の臨床試験では飲み忘れを避けて被検者のコンプライアンスを維持するため、朝食後の投与が推奨され、その他の用法における有効性及び安全性を検討していないから朝食後と規定された」旨の記載がありました。

これだけ読むと、なかなか勿体ないと思いました。(きっと開発段階でいろいろ朝食後にしないといけない理由があったのでしょう)
現場レベルでは、患者さんの併用薬を考慮して、夕食後で処方する医師もいますので、疑義する疑義しないは、その薬局でどのようにしているのか確認しておくことが大切と思います。

なお、パリペリドン(商:インヴェガ)についても、臨床試験を朝食後で実施しているようです。

次に、エスシタロプラム(商:レクサプロ)、パロキセチン(商:パキシル)についてです。
パロキセチン(商:パキシル)については、審査報告書(衛研発第2706 平成12年7月19日)において、「眠気が多く発現したため、以降の試験では朝食後投与から夕食後投与とした」と記載があります。
エスシタロプラム(商;レクサプロ)については、パロキセチンとの比較のために夕食後で臨床試験を行っていること以外は分かりませんでした。(なぜ、セルトラリンやフルボキサミンと比較しなかったのか?疑問が残ります。)

副作用の眠気で、朝食後から夕食後になるのなら、定められたタイミング以外で処方された場合の服薬指導の参考に、「傾眠・眠気」と「不眠」の副作用をまとめます。

デュロキセチン(商:サインバルタ)※:傾眠(31.0%)、不眠(6.8%)
パロペリドン(商:インヴェガ):傾眠(1~5%)、不眠症(5%以上)、
エスシタロプラム(商:レクサプロ):傾眠(22.6%)、不眠症(1~5%未満)
パロキセチン(商:パキシル):傾眠(23.6%)、不眠(1~10%未満)
※先発品の添付文書のうつ病を含む承認時臨床試験の結果を参考

こうみると、朝食後に飲むデュロキセチンもなかなか傾眠を感じる可能性があるようです。
服用タイミングを医師が変更した場合はこれらの副作用が関係している可能性があるため患者さんから情報収集するのがよいと思います。

参考:
イーライリリー 製品Q&A サインバルタ
https://www.lillymedical.jp/jp/ja/answers/48772
新規統合失調症治療薬パリペリドンER(インヴェガ錠)の薬理学的特性および臨床試験成績
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/137/6/137_6_245/_pdf
パキシル 審査報告書(衛研発第2706 平成12年7月19日)
http://www.pmda.go.jp/drugs/2000/g000905/49repo01.pdf

各領域の薬剤師国家試験勉強用ページには下のリンクから移動する

そう病治療薬(気分安定薬)※ゴロなし
抗うつ薬(SSRI、SNRI、NaSSA)
抗うつ薬(三環系、四環系、その他)※ゴロなし

2018年08月19日

点眼剤の基本

点眼剤で、「2種類以上の点眼剤のさす順番やさす間隔」、「コンタクトレンズ装着時の可否」など質問が患者さんから多いと感じたので、基本情報をまとめて記事にしました。

【目薬をさした後に目をパチパチさせない】


患者さんで、あまり目薬を使ったことがないという多くの方で、誤解しがちです。
点眼後は、鼻や口に流れないようにするには、「しばらく(1分程度)目を閉じ、目頭を軽く押さえるようにする」のが効果的です。
特に成分レバミピドを含むムコスタ点眼液UD2%では、副作用として苦味の件数が多く、苦味を避けるためにも、この説明は重要かと思われます。

【1回でさす量は1滴が基本】


1回の点眼量は、確実に点眼できれば片目1滴ずつで十分であり、それ以上点眼しても目の外に排出されたりします。
結膜嚢に保持できる液量は成人で20〜30μLですが、既に約7μLの涙液が結膜嚢に常在しています。点眼剤の1滴は30〜50μLですから、 その一部が目の外にあふれます。

医療用点眼剤では、1回1滴となっているものが一般的です。
そこで以下に1回1滴もしくは1回1〜2滴以外の点眼剤を上げています。
(調査方法は、PMDA医薬品情報検索にて「薬効分類:眼科用剤、用法及び用量:●滴、※ただし1〜2滴を含まない」で2018年8月4日に検索)

<2滴>※1〜2滴は省いています。
・アミノグリコシド系抗生物質:ジベカシン硫酸塩の点眼(商:パニマイシン点眼液0.3%)
<2〜3滴>
・抗生物質:クロラムフェニコール+コリスチン(商:後発:オフサロン点眼液)
・調整機能改善薬:ネオスチグミン(商:ミオピン点眼液
<1〜4滴>
・局所麻酔:オキシブプロカイン(商:ベキシノール点眼液0.4%)

【どのくらいで目薬を使い切るか?】


患者さんの服薬コンプライアンスを考えるために、どのくらいで目薬がなくなるかを検討したいと思います。
点眼剤は1本2.5mLと1本5mLが多いです。
特に1本2.5mLのお薬は1日1回1滴の用法が多いため、まず「2.5mL点眼剤を1日1回1滴」使用した場合で検討します。

<1本2.5mL点眼剤を1日1回1滴使用した場合>


1滴0.03〜0.05mL(30〜50μL)であるため、片目で2.5mLを使い切るのは83〜50日となります。(両目なら41.5〜25日ですね。)
医療用点眼剤の使用期間目安は開封後1カ月以内であるため、2.5mL製剤であれば、1本あたり1カ月間隔で受診していればコンプライアンスは良い可能性が高いですかね。

<1本5mL点眼剤を1回1滴、1日2回、4回、6回使用した場合>


1滴0.03〜0.05mL(30〜50μL)であるため、
1日2回:(片目で)83〜50日、 (両目で)41.5〜25日
・1日4回(片目で)41.5〜25日(両目で)20.75〜12.5日
・1日6回:(片目で)20.75〜12.5日、(両目で)10.375〜6.25日
こう考えると、1本5mL点眼剤は、1日4回以上だと1本1カ月より短い期間で使い切る可能性が高いので、受診間隔に少し注意するとコンプライアンスの目安になるかと思います。
また、1ヶ月で使い切れない用法の場合は、開封後の使用期間は1カ月であることを説明すると良いかもしれません。

【2種類以上をさす間隔および順番】
どちらも医師から指示がある場合は、医師の指示に従っていただきます。
医師の指示がない場合は、
点眼間隔は、「少なくとも5分」と言われています。
順番は、「水性⇒懸濁性⇒油性⇒眼軟膏」と言われています。
眼軟膏や油性点眼剤は水をはじきやすく、それらの後に水性点眼剤を点眼した場合、その効果が発現しない恐れがあります。

【コンタクトレンズの可否】


コンタクトレンズの可否は患者さんから聞かれることの多い内容です。
基本的にコンタクトレンズ不可の薬は、添付文書で「コンタクトレンズ」と検索すると、使用上の注意などでコンタクトレンズを外すよう記載があります。

コンタクトレンズを外す旨の注意で目に付くのが
添加物で含まれるベンザルコニウムが吸着すること、点眼後15分程度あけて装着すること」の記載です。
(※間隔は10分と記載があるものや間隔に関する記載がないものもあります。)

では、なぜベンザルコニウムがコンタクトレンズに吸着するのがダメなのか?
ベンザルコニウムは、角膜障害を引き起こすと言われています。通常は、まばたきしていれば涙で流れると言われていますが、コンタクトレンズに吸着することで接触時間が長くなると角膜への影響が懸念されるために、この注意書きがあると思われます。

参考:
点眼剤の適正使用ハンドブック-Q&A- 社団法人 日本眼科医会 監修
https://www.rad-ar.or.jp/use/basis/pdf/megusuri02.pdf
パタノール点眼液0.1% 添付文書(ベンザルコニウムを含有)
http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/300242_1319752Q1024_2_01
キサラタン点眼液0.005% 添付文書(ベンザルコニウムを含有)
http://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/ResultDataSetPDF/671450_1319739Q1037_2_07

2018年08月14日

薬局実務中疑問 索引ページ

薬局実務中疑問の記事が増えてきたので、索引ページを作りました。
興味のある題名の上で左クリック(もしくはタップ)してください。そのページを開きます。

【複数科共通】


血液検査 総蛋白質の意味
ステロイド内服の副作用 服薬指導
歯医者さんに伝えるべき薬
ロキソニンの頓服だって考えることはいっぱいある
グレープフルーツジュースのCYP阻害作用時間は長い
授乳中にクラリスロマイシン飲んでも大丈夫?


【内科】


意外と知らないPL配合顆粒
高山病予防にアセタゾラミド
片頭痛治療薬トリプタン系の比較


[循環器内科]


糖尿病治療薬および降圧薬 配合剤一覧
高尿酸血症について考える
血圧の基準値、日内変動、季節性について
カンデサルタンからイルベサルタンへの変更症例

[消化器内科]


ピロリ菌の1次除菌と2次除菌禁酒理由の違い
ネキシウムを就寝前に服用する理由
憩室炎(けいしつえん)とは?

【皮膚科】


バルトレックスの効能効果と用法用量の関係
水虫(足白癬、爪白癬)の外用薬の使用方法
皮膚科で処方される抗ヒスタミン薬
座瘡治療薬の用法、注意事項まとめ

【眼科】


点眼剤の基本
プロスタグランジン関連点眼副作用と服薬指導

【耳鼻咽喉科】


第二世代抗ヒスタミン薬を比較できるのか?

【精神科】


抗精神病薬、抗うつ薬、気分安定薬、ADHD治療薬の一覧表
抗不安薬の基本が詰まった処方
睡眠薬の作用時間型について
薬剤による記憶の障害や認知症のリスクはあるのか?

【整形外科】


麻薬・非麻薬性鎮痛薬の副作用何日便がでなければ便秘?
トラマドール+ナルデメジン

【泌尿器科】


膀胱炎治療薬の服薬指導を考える

【婦人科】


ヤーズ配合錠 重大な副作用:血栓症と服薬指導案


2018年08月09日

薬剤による記憶の障害や認知症のリスクはあるのか?

この前、以下の薬を飲んでいる患者さんから
「これらの薬で記憶に障害がでて、治らないことがありますか?また認知症になったりしないか心配です。」と相談を受けました。自分なりに調べたので記事にしたいと思います。
----------------------------
・エスシタロプラム(商:レクサプロ;SSRI)
・ブロマゼパム(商:レキソタン、セニラン;中間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬)
・ゾルピデム(商:マイスリー;超短時間の非ビンゾジアゼピン系睡眠薬)

----------------------------

【薬による記憶の障害】


記憶の障害で私が初めに思いつけたのは、作用時間の短いベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系で生じる前向性健忘です。
前向性健忘は、薬を服用してから寝付くまでの間に電話やメールなどをしても翌朝それらの行動を記憶していないという現象です。
今回の薬でいうと、ゾルピデム(商:マイスリー)の添付文書.重大な副作用に記載があり、「服用後は直ぐ就寝させること」と書かれている。
なお、このような現象は、薬を中止することで消失すると言われています。(参考:睡眠薬の適正な使用と休診のための診療ガイドライン,2013年)

【薬による認知機能の低下】


薬による認知機能の低下については、認知機能症ガイドライン(以下、ガイドライン)で勉強しました。
ガイドラインには、「認知機能障害を呈する患者のなかで薬剤と関連すると思われる割合は2〜12%と推定される」とあります。薬剤が原因で認知機能が低下する可能性はあると思われます。
認知機能低下を誘発しやすい薬剤としては、
・抗コリン作用を有するフェノチアジン系抗精神病薬
・ベンゾジアゼピン系抗不安薬(今回でいうとブロマゼパムが該当)
・三環系抗うつ薬
・抗パーキンソン病薬
・オピオイド系鎮痛薬
・NSAIDs
・副腎皮質ステロイド
・抗コリン作用を有する薬剤

などが挙げられている。
また、薬剤による認知機能低下の特徴の1つとして「薬剤中止により認知機能障害が改善する」とあるため、認知機能の低下は薬中止で改善すると患者さんに説明しても大丈夫と思います。

【認知症のリスク】


高齢者における抗コリン薬は認知症発症のリスクを上昇させることが報告されている。また、ベンゾジアゼピン系薬剤は、認知症のリスクになることが報告されている(参考:ガイドライン)。

ただし、ネットなどで調べるとBMJ(British Medical Journal)誌2016年2月2日(オンライン版)では、「ベンゾジアゼピン系と認知症との因果関係を支持しない」とする研究が掲載されているらしい。
この研究の結果・考察としては、
●ベンゾジアゼピンの累積使用量が多い群では、認知症発症リスクの増大が認められなかった。しかし、累積使用量が少ない場合は認知症発症リスクの増大がみられた
使用量が少ない群で、リスクが増大した理由としては、「認知症の前駆状態に対する治療であった可能性があり、前駆状態の人はベンゾジアゼピン系の影響を受けやすく、有害事象としてせん妄などが生じて薬の中止に至り使用量が低かったのではないか」ということです。

ガイドラインではリスクになるという話であるが、現状ではリスクにならないという意見もあり医師によって考え方が異なる可能性がある
患者さんが抗不安薬を怖がって、いたずらにコンプライアンス低下するのは避けたいため、認知症のリスクについては、現状では不明な点も多いことをお伝えし、悩みを医師に伝えるよう勧めました

参考:
睡眠薬の適正な使用と休診のための診療ガイドライン(2013年)
http://www.jssr.jp/data/pdf/suiminyaku-guideline.pdf
認知症疾患ガイドライン2017 第2章 症候、評価尺度、診断、検査
https://www.neurology-jp.org/guidelinem/degl/degl_2017_02.pdf
薬剤による認知機能障害
https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1110080947.pdf

薬剤師国家試験勉強用の催眠薬ページに移動

薬剤師国家試験勉強用の抗不安薬ページに移動


2018年08月04日

座瘡治療薬の用法、注意事項まとめ

今回は座瘡治療薬の用量や使用上の注意をまとめるとおもしろかったので記事にしたいと思います。

【座瘡治療薬について】


まずは、座瘡治療薬についてまとめた表を以下に示します。

表;座瘡治療薬(外用剤)の情報まとめ
座瘡治療薬 注意書きまとめ一覧表.jpg
※参考:各添付文書

用法についてですが、上記のすべての薬で「洗顔後の塗布」が記載されています。

次に、アダパレン(商:ディフェリン)に特有のものとして、「皮膚乾燥などが治療開始2週間以内で発生することが多い。通常は軽度で一過性であることを患者さんに説明する」旨の記載があります。
この情報は、副作用により患者さんが自己判断で使用を中止することを予防するために重要です。

あと、アダパレンや過酸化ベンゾイルを含むものは、日光を避ける旨の記載があります。
アダパレンについては、夕方や就寝前などの明記があります。個人的な見解としては、過酸化ベンゾイルについても添付文書に記載はありませんが、日光を避けるために夕方や就寝前の使用を勧めるのはありだと思います。
<日光を避けるべき理由>
アダパレンも過酸化ベンゾイルのどちらも、日光により皮膚バリア機能低下などが生じ、刺激感が増加する可能性があるためのようです。


過酸化ベンゾイルを含むものには、漂白作用の記載があり、髪や衣類への付着に注意する必要があります。

保存条件に関しては、まちまちですね。
有効成分に安定性も関係あるのでしょうが、実施した試験条件や製剤化技術とかにもよるのかな?
とりあえず、過酸化ベンゾイルを含むものには、冷蔵保存のものがあると認識しておきましょう。

【患者さんからの質問】


患者さんから次のような質問がきたらどうしますか?
「デュアックは冷蔵庫での保存なんですね。仕事があって、どうしてもその間冷蔵庫に保存できません。お薬は大丈夫でしょうか?」

実際に私が対応した患者さんは、会社の冷蔵庫にいれて保管可能とのことだったので、そうしていただきましたが、どうしても冷蔵庫に入れられない可能性もあるため検討したいと思います。

ここからはデータからの仮定と推測の話になります。

デュアックのIFには製剤の安定性の結果が記載されています。
<結果概要>
2〜8℃:有効成分の含量が36ヶ月保存でも規格内であった。
●25℃・60%RH:クリンダマイシンが3ヶ月保存までしか安定性を保てなかった。
30℃・65%RH:クリンダマイシンが1ヶ月保存までしか安定性を保てなかった。

患者さんが薬を持っている時の条件が「30℃、65%RH」より良好な条件だとします(最近の夏は30℃超えることも多いので、あくまで仮定)。

30℃・65%RHでは、2〜8℃保存と比較すると、36倍の早さで劣化するとします。
持ち運ぶ時間が12時間と仮定すると、冷蔵保存での18日分劣化すると思われます。

デュアックの回転が速い薬局なら使用期限1年は残っている薬を渡すでしょうし、使い切るのに長くとも半年と考えると、たかだか半日を室温で保存しても製剤の品質は保たれていると思います。

ただし、あくまで推測の域を出ず、メーカーの見解とは異なる可能性がありますのでご了承ください。

2018年07月29日

トラマドール+ナルデメジン

今回、トラマドール・アセトアミノフェン配合剤(商:トラムセット)+ナルデメジン(商:スインプロイク)が処方されて症例に出会いました。
この処方は、オピオイド系の作用と副作用を端的に把握できると思い記事にしました。

<トラマドールについて>


トラマドールは、非麻薬性の弱オピオイド鎮痛薬の1つです。
鎮痛の作用機序としては、「オピオイドμ受容体の刺激」「ノルアドレナリンとセロトニンの再取り込み阻害」が言われています。

承認時の副作用は、悪心(41.4%)、嘔吐(26.2%)、傾眠(25.9%)、便秘(21.2%)、浮動性めまい(18.9%)です。
【副作用の説明】
嘔吐:第四脳室底化学受容器引金帯(CTZ)に発現しているオピオイドμ受容体刺激作用により発現。投与初期や増量時に生じることが多く、数日以内に慣れて症状が治まることが多い
→(対策)CTZでのオピオイドμ受容体刺激はドパミン遊離を促し、ドパミンD2受容体を介して嘔吐中枢を刺激する。よって対策は、抗ドパミン作用を有するハロペリドール(商:セレネース)、プロクロルペラジン(商:ノバミン)などが用いられる

便秘:消化管に存在するオピオイドμ受容体を介して消化管運動や消化管神経活動を抑制することにより発現。便秘は耐性形成がほとんど起こらないため下剤の継続的投与の対策が必要になることがある。

オピオイド鎮痛薬の副作用に関する服薬指導では、嘔吐と便秘を説明する際に耐性形成の有無を含めて話すと患者さんにより有益な情報を提供できると思われます。
例えば、嘔吐は耐性形成しやすいので、発現後すぐに中止するのではなく、可能ならばしばらく様子をみるよう指導(ただし嘔吐・嘔気が続くようであれば医師に相談するよう指導)、逆に便秘は耐性を形成しにくいので発現すれば必ず医師に報告するよう指導するなど。

※薬剤師国家試験やCBTを受ける人は、今回の例でオピオイド鎮痛薬が主に作用する受容体サブタイプ、副作用などを把握しておくと、試験勉強では内容が入ってきやすいかも・・

<ナルデメジンについて>


ナルデメジン(商:スインプロイク)は、オピオイド受容体の遮断作用を有し、オピオイド誘発性便秘症に効果を発揮する薬です。
なお、ナルデメジン(商:スインプロイク)は中枢におけるオピオイド鎮痛薬の作用は阻害しにくいようにデザインされている。

【用法・用量】
通常、成人にはナルデメジンとして1回0.2mgを1日1回経口投与する。
【用法・用量に関連する使用上の注意】
オピオイドの投与を中止する場合は、本剤の投与を中止すること。

副作用は主に下痢や腹痛である。


参考:
日本緩和医療学会,がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010版)
https://www.jspm.ne.jp/guidelines/pain/2010/chapter02/02_04_01_08.php
日経メディカル 日本発で新機序のオピオイド誘発性便秘
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201705/551235.html
各添付文書やIF

薬剤師国家試験勉強用の瀉下薬(機械的下剤およびその他)ページに移動