プロフィール
Chiku-Hachiさんの画像
Chiku-Hachi

筑前屋番頭。借りたい時手を貸すモノ。

リンク集

おすすめSHOP

ブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキング
ブログランキング

最近の記事


2016年03月31日

遂に「アイカツ!」が最終回を迎え…

● TVアニメ「アイカツ!」が3年半の歴史に幕…!

テレビ東京・あにてれ アイカツ! トップページSS画像
テレビ東京・あにてれ アイカツ! トップページ

4月のシリーズ一新を受け、3年半の長きに亙り放送されて来たTVアニメ「アイカツ!」が、 本日(3/31)遂に最終回を迎えましたね。 最終回に相応しく、 主要キャラ総出演(但し極一部に見られなかった顔も…)、 大木伐採、「コンダラマシーン」、崖上り、etc...と、 アイカツ!の集大成!と言った感じで、 昨今最終回と言うと、兎角湿っぽい盛り上げ方が目に付く中、 明るくスッキリとした、実に本シリーズに相応しい、 正に「グランド・フィナーレ」と謂った感じの締めくくり方だったと思います。

スタッフ・キャストのTweetからも、深い作品愛が感じられますね…

改めて、皆さんお疲れ様でした!3年半有難う!


ハピネット・オンライン

■ 「アイカツ!あかり Generation Blu-ray BOX5」は4/2発売!・他

お別れが悲しくて生きるのが辛いみんなも心配ご無用! Blu-ray Box でまたいつでもあかりちゃん達に会えるよ!

なまらめんこいジャケットに目が釘付けのアイカツ!あかり Generation Blu-ray BOX5 iconは4/2発売!もう間近ですなー

アイカツ!あかり Generation Blu-ray BOX6 iconは7/2発売・現在予約受付中! 今なら初回限定「豪華版」も入手可能だよ!

単品DVDは10巻が発売中、 11巻は4/2、12巻は6/2、13巻は7/2発売! 何れもオリジナルアイカツカード封入だぜ!


posted by Chiku-Hachi at 21:05 | TrackBack(0) | 話題

P.R.


2016年03月30日

ああ年度末…

● 即ち冬期クールも終わり…

繝代Ν繝。繧、繝医・縺。 縺翫◎譚セ縺輔s 縺。繧・・蜿ー髮・粋・√そ繝・ヨ
こちらはいよいよ「年度末」3/31(木)予約締切!

矢張り時期的にあちこちで今月で終る番組や4月からの新番組が話題に上りますね。 今回は、そんな中で筆者的に色々な意味で他とはちょっと違った興味のあった作品について…

先頃、冬…って言いますか、秋冬期の「おそ松さん」が最終回を迎えました。 とは言え、4月頭の「松の市」、5月の幕張他、イベントやグッズのリリース等はまだまだ続く様で、 やはりビジネス的にはこの人気にあやからない手はないですよねぇ…

これは、説明するまでも無く昭和〜平成と2度に亙りTVアニメ化された赤塚不二夫原作「おそ松くん」のリメイクなワケですが、 筆者等からすると、想像もしなかった様な人気の出方で、 本当に世の中何がどうなるか判らんもんだなぁ…と改めて思い知らされたモノでした。 まあ、当方如きの見識などたかが知れているのですが… 世の中にこの人気振りを予想した人と言うのはどれ程居るのでしょうか…? ただ、キャスティングやED等見ていると、 或いは製作側は、初めからこの路線を見込んで居たのでは…?とも思わせるモノがあり、 もしそうなら成程、プロの目と言うのは大したモノだ、等と考えたりもしたのですが、さて、実際どうだったんでしょう?

akatsuka-movie-top-ss.jpg
「マンガをはみだした男赤塚不二夫」サイト・トップページ

本作の話題と言うと、兎角その(見る人によっては異様とも思える)人気振りに感する事が目に付きましたが、 筆者的に印象的だったのは、このアニメシリーズの人気の煽り(?)で原作漫画である「おそ松くん」が売れて居る、 という話題でした。 コレを気に赤塚不二夫その人や他の赤塚作品にも再びスポットライトが当たる流れが来るでしょうか? 現に4月には「マンガをはみだした男赤塚不二夫」というドキュメンタリー映画が上映されるそうですしね。

では、次に「来る」としたらどの赤塚作品になるでしょうか? 筆者的には「おそ松くん」からの流れなで考えたら「もーれつア太郎」、 それ以外なら「ひみつのアッコちゃん」辺りかな?と思ってるのですが如何でしょう? 何故かと言うと、これらは「ア太郎」なら「ニャロメ」、「ケムンパス」等のキャラクターが、 「アッコ」ならコンパクト等のプロップで商品展開がやり易そうじゃありませんか…? なんて、ね。

ところで、件の映画の主題歌はその赤塚先生に見出され、世に送り出されたタモリさんだそうです。 タモリさんといえば、赤塚先生の葬儀に於ける弔辞が大いに話題になりましたが、 正に運命を変えた存在である赤塚先生とは様々なエピソードが知られて居ますね。 就中、筆者的に「矢張りこういう人達は凡人とは一味違う…」と思ったのは、 本作にも夢中になってる、ある種のお姉さん達が喜びそうな(…いや寧ろガッカリするのかな?)ハナシでした…


繧サ繝シ繝ゥ繝シ繝繝シ繝ウ 繧ィ繧ソ繝シ繝翫Ν繧サ繝・ヨ 謖・、コ繝懊・繝ォ繝壹Φ
繧ィ繧ッ繧サ繝ャ繝ウ繝医Δ繝・Ν 逾樒セ・ク・ア。繝√Ι繧ウ 逵繧雁ァォ繧「繝ォ繝�

posted by Chiku-Hachi at 19:07 | TrackBack(0) | 話題

P.R.


2016年03月22日

北海道新幹線開業へ向け予約受付中!?「シンカリオン H5はやぶさ」等など

タカラトミーモール

ジェイアール東日本企画(jeki)、小学館集英社プロダクション(ShoPro)、タカラトミーのジョイント企画・ 「新幹線変形ロボ シンカリオン」シリーズに、 北海道新幹線開業を受け新たな仲間が登場!

プラレール「シンカリオンH5はやぶさ」は4/21発売!只今公式「タカラトミーモール」他で予約受付中です!

商品リリース(http://www.takaratomy.co.jp/product_release/pdf/p160201.pdf)SS画像
「シンカリオンH5はやぶさ」商品リリースより

本製品は伝統の「プラレール」シリーズに位置づけられている製品で、 実際にプラレールのレールを走らせて遊ぶ事が出来るのですが、 同時にのりものがロボットに変形するという「トランスフォーマー」的要素を持ち合わせているワケです。 即ち旧「トミー」の「プラレール」と同「タカラ」の「トランスフォーマー」の 謂わばハイブリッドと言い得る、 正に「タカラトミー」を象徴する様な製品ですね。

こうして改めて見ると、 タカラとトミーと言う、それぞれに違った個性を持っていた2社の合併は、 (勿論本を正せば経営的・経済的理由に由る物なのでしょうが…) 上手い具合に相乗効果を発揮している様ですね。

…と、ここまで書いていて気が付いたのですが、 本年3/1でタカラトミー発足から丁度10年だったのですね… 公式サイトでもモールでもTwitterアカウント等でも特に触れては居ない様ですが…。

■ プラレール「シンカリオン」と北海道新幹線「H5系」関連商品!

因みに、JR東日本「E5系」とJR北海道「H5系」は基本的に同じものですが、 外観上の一番判り易い違いとしては、車体側面中央のラインがE5系の「はやてピンク」に対して、 H5系では「彩香パープル」(北海道を象徴するライラックやラベンダーをイメージしているそうです)となって居る事です。 「シンカリオン」の場合はH5では胴体の色がオレンジ色になっていますね。

タカラトミーモール「プラレールショップ」
タカラトミーモール「トランスフォーマー」


● その一方で…

■ 「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」、「はまなす」等、客車寝台列車がラストラン

さて、華々しくその開業を迎えつつある北海道新幹線に対し、 3・26改正に伴い消え行く列車もあります。 取分け、奇しくも元祖ブルートレイン「あさかぜ」登場(1956・昭和31年)より丁度60年目の本年、 「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」、そして急行「はまなす」と言う客車寝台列車がその終焉を迎えた事は、 我が国鉄道史に於ける一大事として記録される事でしょう。

鉄道ファンの端くれとしては、とても寂しく残念な事ではありますが、 今のご時勢、仕方の無い事かも知れません…。 以前も少し触れた事があるのですが、 新幹線と言えば、嘗ては東海道・山陽に0系、20年目にして100系、東北・上越には200系のみと言う時代が長らく続き、 一般的なファンの趣味の対象には中々なり難く、 然もそれは在来線の愛するあの列車、大好きなこの列車を次々と廃止に追い込む憎き奴…と、 寧ろ憎悪の対象とさえ感じられる場面が多かったものです…。

然し、同時に鉄道好きならばその新幹線が、 元祖高速鉄道システムとして世界に誇り得る無二の存在である事は周知の事実であり、 糅てて加えて、今では新幹線電車も様々な種類が走って居り、 趣味性も高くなって来て居ります。 来る新幹線あれば消え行く列車あり…ファンとしては矢張り複雑なのです。

posted by Chiku-Hachi at 22:17 | TrackBack(0) | 話題

P.R.


2016年03月20日

本日(3/20)は「春分の日」…!?

● そう言えば春分の日って…

雑用を片付けつつ何気なくカレンダーを見た時、実は(本稿を書き始めた)本日(3/20…色々あって日を跨ぎ、更にもう一日が過ぎ様としているのですが…)が「春分の日」である事に気が付きました。

若しかすると、筆者同様に一瞬「あれ?」と思った方も居られるかも知れませんね。 程なくして、本年が「閏年」であった事を思い出しました。

先月末のエントリ(「本年閏年につき…http://fanblogs.jp/netdetokusuru/archive/325/0)で「閏年」や「置閏法」について少々触れましたが、 実際の太陽年は丁度365太陽日ではなく少々長い( 約365.2422日)ので、 4年で約1日春分点(太陽黄経0°)・秋分点(同180°)がずれて行くワケですね。 で、閏年である本年はそのズレを調整する為に、春分日以前に1日余分に(2/29)挿入されますので、 「春分の日」は前年('15 の春分日は 3/21)より1日前に来る事と相成る次第です。


「春分の日」はまた、お彼岸の中日でもあります。 と、言う事で、最近「お坊さん便」が注目を浴びた amazon から関連の売れ筋商品を… それにしても、ホントに何でもありますねえ…。

[お坊さん便] 法事法要手配チケット (移動なし)

新品価格
¥35,000から
(2016/3/22 01:33時点)

お坊さん便 戒名・法名の授与

新品価格
¥20,000から
(2016/3/22 01:33時点)

般若心経スピーカー

新品価格
¥3,978から
(2016/3/22 01:34時点)



P.R.


2016年03月19日

本日は「トミカ」の日!

● 毎月第3土曜日は「トミカ」の日

ttmall_tomica-ltd-silvia-silhouette_page_ss.jpg
LV-NEO シルビア スーパーシルエット83年

毎月第3土曜日は「トミカの日」! 何故なのか?と言うと、この日にトミカの新作がリリースされているからなんですね〜。

今回は、 今週末モーターサイクルロードレース・MotoGP(カタール)、自動車・F-1(オーストラリア)と、 いよいよ本格的にモータースポーツシーズン到来を迎えたと言う事で、 自動車ホビーの原点(!?)とも言うべきミニカーの代名詞的存在である「トミカ」から、 注目商品をご紹介!

それにしても、毎月新作が出ているとは、改めて考えてみるとちょっと驚きますね。 よくネタが尽きないモノだなぁ…と。 まあ、全世界でこれまでに作られた、或いは作られている自動車と言うのは、 それこそ膨大な種類があるでしょうし、 昨今のトミカはご覧の通り、自動車だけじゃありませんし、ね。


タカラトミーモール

■ 本日(3/19)発売!

■ 予約受付中!「トミカプレミアム」

トミカから派生した「ハイディテールコレクション」シリーズ!

■ 予約受付中・「大人のための」トミカリミテッド

個人的にはシルビア「スーパーシルエット」がツボですかねえ。

モータースポーツと言えば、 先週、一足早く開幕したスーパーバイク世界選手権は第2戦・タイラウンドが行われましたね。 トップが終始接戦を演ずる、見応えのあるレースでした。

これまで2ラウンド4レース(1戦に2レース行われます)を終え、 チャンピオンシップでは相変わらずの強さを見せる、ディフェンディングチャンピオン J.Rea 及び’13チャンピオン T.Sykes を擁するカワサキワークスに対し、 意外にも(?)最早設計の古くなったCBRを駆る V.D.Mark が2位 Sykes に僅か1ポイント差で着けると言う展開となって居ります。

モータースポーツはその性質上、 兎角一体競争しているのは人なのか?マシーンなのか、はたまたメーカー(企業)なのか、 果たしてこれはスポーツなのか興行なのか?etc.・・・ 等と言う疑念・議論を巻き起こしがちですが、 スーパーバイクはその辺り上手い具合にバランスが取れて居るんじゃないかな?と考えているのですが、 如何でしょう?


タカラトミーモール「トミカショップ」
タカラトミーモール「入園入学グッズ特集!!」

posted by Chiku-Hachi at 17:49 | TrackBack(0) | 新着情報

P.R.


<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
記事検索
検索語句

ゲーム

P.R.

シマンテックストア
パソコン工房「買うなら今!Officeセット割」10月31日(火)まで!
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
2022年05月(56)
2022年04月(60)
2022年03月(62)
2022年02月(60)
2022年01月(65)
2021年12月(78)
2021年11月(62)
2021年10月(65)
2021年09月(43)
2021年01月(2)
2020年12月(11)
2020年11月(1)
2020年10月(1)
2020年09月(1)
2020年07月(1)
2020年06月(1)
2020年05月(2)
2020年03月(3)
2020年02月(1)
2020年01月(1)
2019年12月(11)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年09月(1)
2019年08月(3)
2019年07月(3)
2019年06月(2)
2019年05月(2)
2019年04月(5)
2019年03月(2)
2019年02月(1)
2019年01月(3)
2018年12月(11)
2018年11月(6)
2018年10月(4)
2018年09月(5)
2018年08月(1)
2018年07月(5)
2018年06月(1)
2018年05月(4)
2018年04月(1)
2018年03月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(14)
2017年11月(1)
2017年10月(7)
2017年08月(2)
2017年07月(7)
2017年06月(4)
2017年05月(7)
2017年04月(2)
2017年03月(2)
2017年02月(3)
2017年01月(3)
2016年12月(12)
2016年11月(5)
2016年10月(10)
2016年09月(10)
2016年08月(9)
2016年07月(6)
2016年06月(6)
2016年05月(4)
2016年04月(4)
2016年03月(5)
2016年02月(6)
2016年01月(5)
2015年12月(10)
2015年11月(9)
2015年10月(5)
2015年09月(6)
2015年08月(9)
2015年07月(12)
2015年06月(8)
2015年05月(9)
2015年04月(7)
2015年03月(11)
2015年02月(11)
2015年01月(11)
2014年12月(11)
2014年11月(11)
2014年10月(10)
2014年09月(4)
2014年08月(10)
2014年07月(10)
2014年06月(14)
2014年05月(13)
2014年04月(10)
2014年03月(9)
2014年02月(14)
2014年01月(18)
2013年12月(17)
2013年11月(11)
2013年10月(7)
2013年09月(5)
2013年08月(2)
2013年07月(24)
2013年06月(1)
最新トラックバック