プロフィール
Chiku-Hachiさんの画像
Chiku-Hachi

筑前屋番頭。借りたい時手を貸すモノ。

リンク集

おすすめSHOP

くる天 人気ブログランキング
ブログランキング

最近の記事


2013年07月29日

アイスノンソフト vs. ひえぷる やわらかまくら! Part II

新たに本稿の続編とも言い得るリポート・「【白元】アイスノンピロー&熱スッキリアイスノン」を上梓致しました。 本稿と併せてご利用下さい。

Part I からの続きです。

で、実際使ってみた印象です。 まず冷却効果自体は(多分に主観的なものではありますが…)同等であると思います。 敢えて言えば、表面を直接手で触れた時の感触では、「やわらかまくら」の方が若干冷たく感じるでしょうか…? 兎に角、どちらも同様ににヒンヤリと体を冷やしてくれる事は確かです。

「やわらかまくら」通常状態。錘を乗せてその硬さを示す画像
fig. 08 「やわらかまくら」通常状態。
「やわらかまくら」を十分に凍らせた状態。その硬さをを示す画像
fig. 09 「やわらかまくら」十分凍らせた状態

次に効果の持続時間についてです。 この点については明らかに「アイスノンソフト」に分があります。 裏面に配置された「凍結ゲル」がかなりの保冷効果を発揮する様です。 この「凍結ゲル」が完全に溶けるまで大体6〜8時間掛かりました。(7月下旬・昼間) 参考までにパッケージには「冷たさ長持ち10時間」と謳われて居ります。 一方の「やわらかまくら」は効果の持続時間について特に明記されていませんが、 当方で実際試してみた感じでは、ある程度の「ヒンヤリ」効果を保持している時間は、真夏の昼間なら2〜3時間、夜なら3〜4時間と言ったところでしょうか? これらは当然当日の気温・室温、測定時期や時間帯等によって多少の前後があると見られます。

また、「やわらかまくら」は文字通りにこれを単体で「枕」として使うには流石に物足りません。 その「やわらか」過ぎる感触もさる事ながら(この辺りは人により感じ方が違うでしょうが…) 決定的なのは兎に角厚みの足りなさ、薄さです。 ですので、実際に本製品を「枕」として利用するならば、本来の枕の上に置いて使用するのでなければ、下にクッション、或いは厚手のバスタオル等を居り重ねて敷くかすると良いでしょう。 その点「アイスノンソフト」は「枕」として打って付の厚みや硬い凍結ゲルと柔らかい不凍ゲルを組み合わせた絶妙な感触など、実によく考えられて居り、流石に実売価格で約倍の値段がするだけの事はある、と感じられます。

●結論・本稿のお薦めは…

ではそろそろまとめに入ります。 本稿の結論としては、そのまま「アイスまくら」としての使用をお考えならば「アイスノンソフト」をお勧めします。 本製品は「アイスまくら」としての使用を前提として様々な工夫が凝らされた実に良く出来た品物だと思います。 造りも非常にしっかりした物です。 価格は「やわらかまくら」と比較すれば少々高めですが、それでも実売価格で700〜900円程度と、長く使う事を考えれば非常にリーズナブルです。

凍らせた状態の「アイスノンソフト」裏面画像
fig. 10 凍らせた状態の「アイスノンソフト」裏面
凍らせた状態の「アイスノンソフト」裏面に錘を乗せてその硬さを示す。
fig. 11 裏面に錘を乗せてたところ。

対して「兎に角安い物が欲しい」「体を冷やすのに適した保冷剤が欲しい」「ある程度の数を揃えたい」という方には、「やわらかまくら」が向いているでしょう。 その名の通り、非常に柔軟で体に良くフィットしますので、寧ろ「まくら」としての使用に拘泥しなければ、 価格も大変お手頃で、とても優れた製品だと言えましょう。 その点ではこの「やわらかまくら」より寧ろ名前に「まくら」を冠していない(確かにパッケージ裏の「用途」には「頭部の冷却」とあるのですが)「アイスノンソフト」の方が、実はほぼ「枕」としての機能に特化した造りになって居り、汎用性が余り無さそうなところがちょっと面白いですね。 尚、「アイスノン」シリーズには、別に「アイスノンピロー」(Amazon | 楽天市場 )という製品があります。

各製品の実売価格は、「アイスノンソフト」が「楽天市場」で¥768(税込・送料別)〜、「Amazon」で¥754(税込・送料無料)、 「ひえぷる やわらかまくら」が同順でそれぞれ¥278(税込・送料別)〜、¥420(税込・送料無料※但しこちらは合計¥2,500以上の「あわせ買い」対象商品です)となって居ります。

●Amazon で購入!
amazon
●楽天市場で購入!

P.R.


アイスノンソフト vs. ひえぷる やわらかまくら! Part I

新たに本稿の続編とも言い得るリポート・「【白元】アイスノンピロー&熱スッキリアイスノン」を上梓致しました。 本稿と併せてご利用下さい。

今回は過日ご紹介した「冷感グッズ」の中から、供にソフト・枕タイプの保冷剤である「アイスノンソフト(白元)」(Amazon | 楽天市場 )と「ひえぷる やわらかまくら(不二ラテックス)」(Amazon | 楽天市場 )の比較リポートをお届け致します!

●パッケージ

先ず fig. 01 及び fig. 02 に両商品のパッケージの比較画像を示します。

両商品パッケージ画像・表
fig. 01 パッケージ・表
両商品パッケージ画像・裏面
fig. 02 パッケージ・裏

(…相変わらず写真がイマイチですがご勘弁の程を)  パッケージは 「アイスノンソフト」の方が若干横長に感じられますが、 製品の縦x横 サイズは殆ど変わりません。(「両商品供実測サイズ300x180 [mm] 程です)

両商品パッケージ厚さ比較画像
fig. 03 厚さ比較

然し、厚さ(高さ?)の方はといいますと、御覧の通りかなりの差があります。少なくとも倍は差があるでしょうか? fig. 03 右が「アイスノンソフト」、左が「ひえぷる やわらかまくら」です。

●製品外観

パッケージから取り出した中身の比較画像を fig. 04、05 に示します。(先程と位置が逆になって仕舞いましたが、fig. 05 左が「アイスノンソフト」、右が「ひえぷる やわらかまくら」です) どうでも良い話なのですが、「やわらかまくら」を開ける時、袋に印刷された切り取り線(fig. 03 に見えます)をなぞって切ったら口が開きませんでした…まあ、筆者の元に届いた製品の袋がたまたまそうだっただけかも知れませんが。

画像では少々解り辛いかも知れませんが、「ひえぷる やわらかまくら」は保冷剤のバッグを表側が透明な袋で包んだような体裁をして居ます。(fig. 06)それに対して「アイスノンソフト」は、外包みが不透明ですので中身がどうなっているかは見ただけでは分かりませんが、パッケージにその構造が図解してあります。(fig. 07) この様に「アイスノンソフト」は大変凝った作りになって居ます。

両商品比較画像
fig. 04 製品比較画像
両商品厚み比較画像
fig. 05 両製品厚み比較

●製品所感

それでは両者を冷凍庫で凍らせて(?)使ってみましょう! 冷却時間は「ひえぷる やわらかまくら」が5時間以上、「アイスノンソフト」が8時間以上と指示されて居ります。 この辺りは矢張り容積の違いが出ているのでしょうか。 尚、「アイスノンソフト」は fig. 07 にある通り下側にある「凍結ゲル」が、凍らせるとガチガチに固まりますので、なるべく平らになるようにして冷凍しましょう。

「やわらかまくら」製品画像
fig. 06 「やわらかまくら」製品画像
「アイスノンソフト」構造図画像
fig. 07 「アイスノンソフト」構造図

fig. 08 は冷却前、09は十分に凍らせた「やわらかまくら」の様子です。 それぞれの硬さ・感触等が判る様に錘を乗せてあります。 写真の錘は1枚が 0.5kg ですので x8 枚で 4kg です。 「やわらかまくら」は十分に凍らせると保冷剤がジャーベット状になりそこそこに硬くはなりますが、ガチガチに固まるわけではありません。 冷凍庫から出して暫く使っていると直ぐに柔らかくなります。 尚参考までに、当方が利用した(かなり古い)冷蔵庫では、指定通りの5時間ではここまで凍結はしませんでした。 fig. 09 は12時間程度冷凍した状態です。 この辺りは使用する冷蔵(凍)庫の性能・能力によると思われます。

一方の「アイスノンソフト」は、表側の「不凍ゲル」は「やわらかまくら」と同様なのですが、 先述の通り下側の「凍結ゲル」が本当にガチガチに凍ります。 筆者にとってはこれがなかなか「芯の入った」良い感触を生み出してくれたのですが、 この辺りも人によって感じ方は変わる所かも知れません。

と、ここで気が付いたのですが、これ程カチコチに凍っているにも関わらず「アイスノンソフト」の裏面は、触ってもあまり冷たくないのです。 fig. 07 の図には載っていないのですが、よく触って確認してみると、どうも「凍結ゲル」の更に上(裏面の事です)にもう一枚薄い断熱材の様な物が挟んである様なのです。 流石にこの辺りにも値段なりの造りの差が出て居る感じです。 一方「やわらかまくら」は両面供に表面の感触は変わりません。 また、それ以外にも「やわらかまくら」は十分凍らせると、薄っすらと霜が付いて表面が白っぽくなるのですが、「アイスノンソフト」ではその様な現象は殆ど目に付きません。 先述の表面に触れた時の冷たさと供に、この辺りも表面素材の違いによるものなのでしょうか?

Part II へ続きます。


P.R.


2013年07月27日

日本の夏!ゆ・か・た Part III

日本の夏の風物詩…ゆ・か・た 見た目にも涼しげで実によい物ですね。

Part II からの続きです。

ジュニア・キッズ向け商品です。


やっぱり女の子は喜びますよね。

posted by Chiku-Hachi at 19:07 | TrackBack(0) | おすすめ

P.R.


<< 2013年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
記事検索
検索語句

P.R.

シマンテックストア
パソコン工房「買うなら今!Officeセット割」10月31日(火)まで!
チケットぴあ
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
カタログ通販ベルーナ(Belluna)
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック