カテゴリーアーカイブ
日本全国激安宿マップ


アゴダからの予約がお勧めです



このブログの激安宿を転々としながらこんなスマホアプリ作ってます!↓↓↓

タピタピタピオカ(世界初!タピゲー・無料でタピ活!)
  android用  iOS用 512.png

  Beat Training(精密リズム鍛錬)
  android用  iOS用 512.png

  ひつじさん、かぞえてゲットン!(世界初!スリーピング系コレクションゲーム)
  android用 iOS用 icon_new_512.png

<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
検索
最新コメント
マース北上(Mars北上) by 正規品と同等品質のコピー品 (07/12)
アクティブリゾーツ宮城蔵王(Active Resorts MIYAGI ZAO) by スーパーコピー商品 (07/12)
SEKAI HOTEL・布施 by 正規品と同等品質のコピー品 (07/12)
ホステル銀閣寺 by d&g 時計 スーパーコピー n級 (07/12)
SEKAI HOTEL・布施 by ゼニス 時計 スーパーコピー (07/12)
ファン
タグクラウド
リンク集
プロフィール
netadiさんの画像
netadi
来るモノは拒まず、去るモノは追わず。(netadi語録No.5824)

※実はこう見えて旅行好きです。
【海外】 現在53カ国くらい。6大陸制覇。 総合旅行業務取扱管理者試験、合格しました。

【国内】 47都道府県献血ルーム制覇。 現在、JR全線制覇と全国ローカル温泉巡りの旅の途中です。

Twitter : @netadi
プロフィール
写真ギャラリー

2020年06月28日

ビジネスホテル光陽

今回は名古屋で激安の宿を探していましたが、アゴダではやはり名古屋では2000円以下の宿はなかなか見つからず、探し方を変えてあの世界最大のホテルチェーン・OYOのキャンペーンで探してみました。

すると名古屋市内ではやはり見つからなかったんですが、隣の市の豊明市に2000円キャンペーンでOYOのビジネスホテルがヒットしました。

ビジネスホテル光陽です。






ここからビジネスホテル光陽が最安で予約できます







ここは名鉄の豊明駅か前後駅から徒歩15分くらいの場所にあります。

なかなか公共の交通機関からは遠くてアクセスが不便です。



外観
IMG_7969.jpg



ここは写真を見る限りではあまり食指が伸びなかったんですが、まあ2000円以内とこのブログの趣旨には合ってるし、個室なのでプライベート感もあるしでOYO公式アプリから予約しました。

このホテルは自力では経営が立ち行かなくなってOYO傘下に入ったと予想。

OYOは安いっちゃー安いんですが、当たり外れの差が大きいという認識で、あまり期待してなかったんですが。。。


やはり期待通りでした。



・期待するから裏切られる。(netadi語録No.2818)



フロント
IMG_7970.jpg


ロビー
IMG_7971.jpg



入口から入ると、ちょっと暗い感じのロビーとフロントがありました。

特に挨拶もなく全くやる気のなさそうな女性スタッフに「チェックインお願いします」と言った後、「あの、何か?」みたいな感じで無言で対峙するコト約5秒。

ヤレヤレʅ(◞‿◟)ʃ みたいな感じで「お名前は?」と聞かれて名前を告げました。

すると部屋の鍵を渡されて階段の場所だけ教えられてチェックイン完了。

特に施設の説明はありませんでした。。。


ちょっと対応が雑です。

いや、ちょっとどころじゃないですねこれは。


この塩対応なら自動チェックインの方がサービス点がデフォルトの4点はつけられるのでまだマシかと思います。

M属性の方にはたまらんかもしれません。


なのでこのホテルには何があって、どんなサービスがあるのか自力でホテルを探検してみました。(まあこれも楽しみの一つです)



館内
IMG_7973.jpg



館内は新館と旧館があって、渡り廊下のようなもので繋がっています。

リニューアルしたのか、新館と旧館の違いは特に感じられませんでした。

床とかドアの壁紙とか、ところどころは表面的に新しくなっていますが、施設は相当古さを感じさせます。

OYOになってから指導が入ったんでしょうかね?



廊下
IMG_7985.jpg



廊下には集めたリネン類がずっと放置されていました。。。



脱衣所
IMG_7980.jpg



部屋は旧館だったんですが、新館の方へ探検に出かけました。

すると最上階に大浴場発見!!

ここは使っていいのか、はたまた使えるのかを確認しました。



風呂
IMG_7982.jpg



風呂はお湯が張られていて、使えそうです。

夜、入りに行きました。

5人くらいは入れるステンレスの湯船で、お湯は常時循環濾過されているようで綺麗でした。

アメニティもちゃんと基本三種が揃ってました。


ただ。。。

脱衣所が外から丸見えです。



脱衣所(シースルー)
IMG_7981.jpg



丸見えではないんですが、曇りガラスで半透明になっていて、中にいる人がシルエットで透けて見えます。

女性用は大浴場ではなく貸し切り風呂のようなんですが、同じように曇りガラスで透けています。


何故こうなった!???


この日は(も)客が少なかったので他の宿泊客を見かけなかったので問題はなかったんですが、万が一混み合ってきたら。。。 ちょっとどうなるのか。。。((((;゚Д゚)))))))



食堂
IMG_7979.jpg



他の施設としては食堂があって朝食会場になっているようですが、営業しているかどうかは確認できませんでした。



漫画
IMG_7974.jpg



階段の踊り場には漫画棚があって漫画が読めます。

男性用漫画が多めで、この日は島耕作(常務編)を2〜3冊流し読みました。



部屋
IMG_7975.jpg


部屋
IMG_7976.jpg



肝心の部屋はまあまあ広くて、やはりプライベート感があります。



謎の隙間
IMG_7983.jpg



ただ、ドアの下に隙間が空いてるのが気になりましたが。。。



ベッド
IMG_7977.jpg



ベッドも大きくて寝心地が良かったし、机もあるし、ユニットバスもあるので一通りのビジネスホテルとしての機能は揃っていました。

ただティッシュがなくって、トイレのトイレットペーパーを代替品として使うとかしないといけないのが気になりました。



テレビもそれなりに大きくてちゃんと映ってました。



そしてこの電話。。。


電話(インターホン)
IMG_7984.jpg



この昭和感満点の電話。。。 平成以降生まれの人がジーコ、ジーコいうダイヤルタイプのコレを使うコトが出来るのか心配になりました。



ユニットバス
IMG_7978.jpg



ユニットバスは手前がトイレで奥が浴槽というちょっと変わったタイプです。

この日は大浴場を利用したのでシャワーは利用していませんが、ちゃんとお湯が出るのは確認しました。



一刻魁堂
IMG_7963.jpg



晩ごはんと兼用のランチを近くのサイゼリヤと一刻魁堂というラーメン屋で食べました。




次の日の朝、チェックアウト時もチェックイン時にいた女性スタッフがいたんですが、相変わらずの塩対応でした。

ロビーにドリップコーヒーのサービスらしきモノがあったので、そのスタッフに断りを入れてコーヒーを頂きました。



コーヒー
IMG_7987.jpg


コーヒー
IMG_7986.jpg



自動販売機(おまけ)
IMG_7972.jpg






総評・備考


名古屋周辺で2000円以内の宿を探すなら岐阜のウィークリー翔の方が断然いいかと思います。



総合評価 3.5
 料金   4.0
 快適度  4.0
 設備   3.9
 サービス 2.2


アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、貸タオル、貸バスタオル、歯ブラシ、コップx2、お茶、貸館内着
ファシリティ エレベーター、自動販売機、ランドリー
ファシリティ(部屋) 照明x2、テレビ、ベッド、コンセント、風呂、シャワー、トイレ、テーブル、イス、無線LAN、冷蔵庫、ポット、インターホン、ゴミ箱
サービス コーヒー
セキュリティ カードキー式部屋ドア
部屋 2階禁煙シングル(204)
料金 2000円
予約 OYOアプリ
宿泊日 2020/6/27
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 ??
男女比率 ??
客室 
収容人数 
Web https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/nishikawaguchieki-higashiguchi/






ここからビジネスホテル光陽が最安で予約できます



アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知

2020年02月20日

ナインアワーズ名古屋駅








今回は名古屋の名古屋駅近くにあるナインアワーズ名古屋です。





ここからナインアワーズ名古屋駅が最安で予約できます







自分くらいのレベルになればナイアワって言いますからね。ええ。


今回、大阪から東京に行く予定だったんですが、格安の殿堂・夜行バスが通常2000円以下がデフォルトなのに(自分の中で)、この時期は5000円という料金だったので、近鉄で一旦大阪→名古屋に行って、名古屋から東京までバスで行くという作戦に変更しました。(ハナから新幹線で行くというセンはありません)

それでも合計3800円だったので通常シーズンよりは割高なんですが、浮いたお金で名古屋でちょっとええもん食べたろ!ということで名古屋で一泊するコトにしました。

で、やはり名古屋はこのシーズンでも2000円以下の宿を探すのが困難で、2000円以下の宿を諦めて以前から気になっていたナインアワーズ名古屋をアゴダから予約しました。



外観
IMG_6453.jpg



ここは名古屋駅の東側でまあまあ便利な場所にあります。

1階が今流行りのロースターコーヒー(自家焙煎)をウリにしてるカフェのようになっています。



カフェ(ロースター)
IMG_6455.jpg


カフェ(共用スペース?)
IMG_6454.jpg


1階テラス席
IMG_6466.jpg



ここは共用スペースかと思いきや、スタッフが言うにはなるべく10階の共用スペースを利用して欲しいとのコトでした。

なるべく、って何だろう!???

深追いはしませんでしたが...。


チェックインするとナインアワーズ特有のカードキーが手渡されます。

どこのナインアワーズも同じシステムです。(仙台を除いては)

ここではきちんとスタッフから館内の説明を受けました。(ナインアワーズ店舗によっては対応がマチマチの印象があります)

補足説明は渡されたインストラクションガイドに書かれているので、よく読めば貸館内着とタオル類はチェックアウト時にフロントまで持っていく等の地雷なハウスルールは遵守出来ると思いますが...。



エレベーターは男性フロア専用と女性フロア専用の2基あります。
これもナインアワーズデフォルトです。

ただ、このエレベーターがちょっとクセがあったんですよ...。


1階と10階ではカードキーをエレベーター横のQRコードスキャナーにかざしてエレベーターを呼ぶんですが、10階のスキャナーだけ反応がすこぶる悪いです。

というか最初30回くらい試しても一向に反応しないんで、すぐ傍にいた人のカードキーをかざして呼んでもらったんですが、それもなかなか反応しなかったという...。

なのでフロントに行ってカードキーがエレベーターのスキャナーに反応しない、と伝えるとQRコードのデータ(?)を書き換えてくれて「これで大丈夫です」とか言われて安心してたんですが...。

やはり1階のスキャナーは反応するけど、10階のスキャナーには反応しませんでした。

すぐにまたフロントで10階のスキャナーは反応しない、と言うとスタッフが一緒についてきてくれて10階のスキャナーにかざすと... 開いた!

いやいや、そんなベタな嫌な予感はしてたけど、的中するとは...。

まあ反応する、という結論でその場は収束したんですが(かなりバツが悪い)、その後試したところやはり反応はするんですが、何回も試さないと反応しないのが分かりました。(スイートスポット的なかざし方やコツも結局分かりませんでした)

10階でパソコン弄りながら他の人の動向も何気にチェックしてると、やっぱりエレベーターのスキャナーに苦戦していました...。

ここは強く改善を求めます。

というワケで設備評価ポインツが0.4ポイントの減点です。

ちなみに女性用エレベーターはどうやらすんなり反応するようです。



カプセルルーム
IMG_6462.jpg



カプセルルームはカードキーをかざす必要がありません。
自由に出入りできます。



ベッド
IMG_6463.jpg


ベッド(奥からの眺望)
IMG_6465.jpg


ベッド(操作パネル)
IMG_6464.jpg



カプセル、ベッドはナインアワーズ共通で同じなので特別にここでレビューする必要はないかな、と思います。



ロッカールーム
IMG_6457.jpg


洗面所
IMG_6458.jpg


シャワー
IMG_6459.jpg



ロッカー、シャワーも他のナインアワーズと同様なので省略します。

強いて補足するならナインアワーズはアメニティが揃っているのと、シャワーにウォームピラーという天井に水道の蛇口のようなモノから柱状のお湯が出てくるのが面白いです。

水回りは綺麗に清掃されていました。



10階共用スペース
IMG_6461.jpg



10階の共用スペースはまあまあ広かったです。

が、7分丈の館内着ではここにしばらく居ると寒くてつらたんでした...。


晩ごはん
IMG_6470.jpg



何か食べに行こうと思って外に出た時にスリッパのままだというのに気付いてすぐそばにある新潟居酒屋・八海山越後屋に行きました。

少々高いですが八海山と米をウリにしてるコダワリの居酒屋でした。(さも当たり前のように「お通しでぇす!」と500円近くするお通しを持ってくるのはやめてほしいw)






総評・備考


ナインアワーズは13時からチェックインが出来るので早めのチェックインをお勧めします。




総合評価 3.8
 料金   3.7
 快適度  4.2
 設備   3.8
 サービス 3.5

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、貸タオル、貸バスタオル、貸館内着、スリッパ、貸バスマット、歯ブラシ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペースx2
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント
サービス 
セキュリティ カードキー式エレベーター、カードキー式ロッカー
部屋(ベッド) 男性用カプセル7階(726・上段)
料金 2218円
予約 Agoda
宿泊日 2020/2/19
チェックイン 13:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 3:40
男女比率 3:2
客室 男女別カプセル
収容人数 
Web https://ninehours.co.jp/nagoya-station







ここからナインアワーズ名古屋駅が最安で予約できます








アゴダで宿泊先を探してみましょう










アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 11:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 愛知

2019年12月25日

名古屋バックパッカーズゲストハウスHOSTEL ANN安






今回は名古屋です。

名古屋市内で2000円以下の宿がリストアップされてたのでおなじみアゴダ予約しました。


名古屋バックパッカーズゲストハウスHOSTEL ANN安です。







ここから名古屋バックパッカーズゲストハウスHOSTEL ANN安が最安で予約できます







外観
IMG_5286.jpg



ここはJR金山駅から数分歩いた場所にあります。

民家のような感じのゲストハウスです。



玄関
IMG_5287.jpg


受付
IMG_5291.jpg


内観
IMG_5295.jpg



受付で記帳すると玄関ドアの暗証番号が書かれたドミトリーの鍵を渡されて、宿を案内してもらえました。

今回の宿泊もまごうことなくドミトリー(相部屋)です。

スタッフ(ホスト?オーナー?)は気さくな感じでしたよ。



ただ... 印象としてはこの宿は結構ユルユルな感じでした!



男女混合ドミトリー
IMG_5288.jpg




まずドミトリーですが、8人用の相部屋で木製のベッドが4台並んでいます。

写真からも分かるように、カーテンはあるんですが、隙間だらけです。



ベッド
IMG_5289.jpg



更に自分がアサインされたベッドの四方のうち三方が空いているんですが(つまり壁にくっついてるのは一方)、カーテンが一方にはありませんでした。

向かってベッドの右サイドが無防備に空いています。

奇しくもこの日は空いている方のサイドのベッドに人がいなかったのでプライバシーはまだ守られましたが、そっち方向に人が居るとちょっと気まずいモノがあります。


更に一般的なゲストハウスにはベッド毎にコンセントがあるんですが、ここにはありません。

いや、正確に言うとコンセントがあるベッドとないベッドがあります。

自分のベッドにはコンセントがなかったんですが、部屋にあるコンセントから延長ケーブルが出てたのでそれを引き込んで使ってました。

というか、ベッドで何かパソコンなどで作業するというのはもはや諦めてファミレスで作業してました。



ベッド
IMG_5290.jpg



ベッドには予めシーツは敷かれてました。(ここは高ポイントです)

チェックアウト時にはシーツ類を回収ボックスに投げ入れるハウスルールです。
(今思い出すとシーツ類をそのまま放置して帰ったような気がします...)


照明もあるっちゃーあるんですが、光量が少なくて、もの凄く暗くて読書するのも困難です。

ベッドでは大人しく寝るに限ります。


というか、このベッド最大の弱点は剛性が低いコトです。

寝返りを打つとかちょっとベッドの上で身体を動かしただけで「ミシミシッ...ギシギシッ!」とかなりの音が発生します。

今まで経験したゲストハウスの2段ベッドの中では一番剛性が低いベッドかもしれません。

かなりベッド下段に居るゲストに気を遣ってベッドの中での動作を最小限に留めました。


と、ベッドの居住性はかなり低いです。



シャワー
IMG_5294.jpg


バスタブ
IMG_5293.jpg



シャワーもユルユルでした。

2ヵ所あって、一方はシャワーのみで、もう一方にはシャワーとバスタブもあるんですが、その2ヵ所が中で繋がっています。

バスタブにお湯を張って浸かってたら目線に隙間があって隣のシャワールームが丸見えです。

というか、シャワールーム自体に扉もなくて外側と繋がっているし、ちょっと誰かがシャワーを使っているともう一方のシャワーを使うのが忍びない感じがしました...。

ていうかこれが男女共用なのでセキュリティ的にもどうかなという感じです。

この日、シャワーを浴びるのを断念しました...。



共用スペース
IMG_5296.jpg



共用スペースは2部屋ぶち抜いた感じになっています。

結構ゲストが泊まっていたんですが、共用スペースは人影がまばらでした。



本棚
IMG_5297.jpg



漫画類が結構置かれています。(ビレヴァンみたいなキャッチが気になりました)

この共用スペースはクローズドな感じなので、ゲスト同士の交流が捗りそうです。(自分はあまり交流しませんが...)



キッチン
IMG_5292.jpg



キッチン、シンク回りは何気に立派で、食材さえあれば軽くフレンチフルコースは作れそうな感じです。(自分は作れませんが)



トイレ
IMG_5298.jpg



トイレも男女共用なんですが... まあこんな感じです。(ユルいです)



歌志軒
IMG_5301.jpg


デニーズのパンケーキ
IMG_5303.jpg



夜は歌志軒のまぜそばを食べました。(クリスマスディナーです)

その後、パソコンで作業するためにデニーズに行ってパンケーキを食べました。(この日2個目のパンケーキ)






総評・備考






総合評価 3.4
 料金   4.3
 快適度  1.9
 設備   3.5
 サービス 3.8

アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、キッチン、漫画数十冊、ロッカー
ファシリティ(ベッド) 照明
サービス 
セキュリティ 鍵式ドミトリードア・暗証番号方式玄関ドア(夜間)
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリーC(1・上段)
料金 1627円
予約 Agoda
宿泊日 2019/12/22
チェックイン 15:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 15:8
男女比率 3:2
収容人数 
Web http://tripsleephostel.com/







ここから名古屋バックパッカーズゲストハウスHOSTEL ANN安が最安で予約できます







アゴダで宿泊先を探してみましょう













アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知

2019年12月24日

さもと館(OYO 44600 Samotokan)







今回の宿は愛知県の尾張旭市にあるさもと館という旅館?ビジネスホテル?です。




ここからさもと館が最安で予約できます






言わずもがな、毎度おなじみアゴダから予約したんですが、名古屋市内というキーワードだけでてっきり名古屋市内にあると思って予約したんですが、実際の立地は名古屋市の隣の尾張旭市でした...。

ちょっと辺鄙な場所でした。

ちなみに名古屋市内から電車で行くと名鉄で300〜400円の運賃の範囲です。


ここを選んだ理由は名古屋は絶望的に2000円以下の安宿が少ないのと、2000円を超えてもいいという条件なら格安のビジネスホテルも視野に入ってくるので、今話題のOYOのホテルに泊まるコトにしました。

OYOと言えば6年前くらいにスタートして、現在世界第二位の規模のホテルチェーンまで急成長したインドのスタートアップ企業です。

あのソフトバンクGの孫さんが1000億円投資したコトでも有名です。(ソフバンG株持ってるのに最近まで知らなかった...)

このブログでもOYOの宿は何度か泊まっていますが、ビジネスホテル(個室)で2000円を切ってくる料金設定の時があるので結構安いです。というかかなり安いです。

2人以上のファミリー向けの部屋に狙いを定めると1人あたり1000円以下、というのもザラにあります。

何でもOYOの予約システムのAIが最大のパフォーマンスになるようにベストな宿泊料金をはじき出すようです。

料金を高くして部屋を余らせてても機会損失になるし、逆に安くして儲けが少なくなったら売り上げが落ちるし... というのをどうやら最適化してくれるようです。

これから更に学習していくとAIの精度も良くなってくるし、ホテル側、宿泊客側、OYO側で三つ巴でWin-Win-Winになるのかなぁという感じがしてます。

今後おそらくお世話になるコトが多くなってくるであろうOYOのホテルには注目です!


ただ安いと言ってもOYOの公式アプリ、HPから申し込むとそれほど安いとは感じられないのですが、アゴダのアプリ、HPから申し込むとかなり安くなりです。

何故こういう料金差が生まれるのかは詳しいコトは分かってませんが、少し調べた限りではOYOのフランチャイズ契約した予約システムとは別にアゴダとかエクスペディアとかの別の予約サイトはOYOの管轄外なので宿側が自由に料金を設定してもいいようです。(そこからの予約はOYOへロイヤリティは支払わなくてもいいようです)



参考までに今まで宿泊したOYOフランチャイズのホテルをリストアップしておきます。

Hotel Shiogama And Matsushima

ホテル マイルーム わたり 島の海 
 
IWATAステーションホテル

ネイバーズイン カナザワ





さて、今回の宿・さもと館なんですが、名鉄の三郷駅から徒歩25分くらいのところにあります。

ちょっと自然が感じられる立地となっています。



外観
IMG_5258.jpg



最初、ホテルの入口が分からなくてオロオロしていて、隣のデイサービスの人に「...何か用ですか?」と言われて変質者のように思われてしまいました。

入口はどうやら旧館(母屋)の方にあるらしいです。

ビジネスホテルのようなコンクリートの建物ばかり目にいってしまって、ちょっと周りが見えてませんでした。反省。

旧館(本館)と新館はデイサービスの建物の後ろでコの字で繋がっているようです。



外観(旧館・本館?)
IMG_5260.jpg



いや、分かりにくいわ!



おそらく33%の人は入口が分からずに戸惑うのではないでしょうか...。



受付
IMG_5275.jpg



旧館の受付でチェックインします。


ちょっと年季が入ったような旅館のような佇まいで、宿の人の対応もそれなりでした。

旧館から新館(勝手に旧館・新館と自分が呼んでるだけ)まで宿の人に案内されました。



渡り廊下
IMG_5268.jpg



渡り廊下みたいな感じで、トタンの屋根で繋がってるだけで外気に晒されるので冬は相当寒いです。

新館から旧館の大浴場(大浴場があります!)まで行くのにココを通らなければなりません。



館内
IMG_5262.jpg



新館は新館といっても結構草臥れた感じは否めませんでした。

あまりに静かすぎてこの日泊まってる人は自分だけかな?と思ったんですが、大浴場のタオル回収ボックスとかゴミ箱とかを観察すると自分の他に2人は泊っているようでした。



部屋
IMG_5263.jpg


部屋
IMG_5264.jpg



部屋は普通のビジネスホテルのような佇まいです。

テレビ、エアコン、冷蔵庫と三種の神器は揃ってるし、何といっても個室なので伸び伸びと出来て優雅です。

ちゃんとイスとテーブルもあってWiFiもあるのでパソコンで作業が出来ます。

が、コンセントがテーブルから遠い所にあるし、ポット、冷蔵庫、テレビ、何か謎の機器の電源が既に取られているので空きコンセントがありません。

使用頻度の低いポットのコンセントを抜いて対応しました。



部屋
IMG_5265.jpg



ベッドはフカフカで寝心地がいいです。

シーツが敷かれているか?というのもここでは愚問です。

部屋に入ってしまえば快適に過ごせました。



お茶うけ
IMG_5267.jpg



ビジホと言えばこのお茶うけ。

湯を沸かす時にいつも思うんですが、風呂の水をポットに入れて沸かすのには少なからず抵抗があります...。



ユニットバス
IMG_5266.jpg



部屋にユニットバスがあるんですが、大浴場もあるので今回は使いませんでした。

ただ、トイレが部屋の中にあるのは非常にありがたいです。

後述するように館内はちょっと怖いし...。



石鹸
IMG_5273.jpg



ユニットバスに置いてある石鹸が前の客の使い回しでした。

いや、エコな観点からはいいと思うんですが、ボディソープが別途用意されているので石鹸は必要ないかと思います。



脱衣所
IMG_5271.jpg


大浴場
IMG_5272.jpg



男女別の大浴場があります。

この日は貸切状態で使わせてもらいました。

4人くらいは入れる湯舟(ジェットバス機能付き)とカラン・シャワーが3ヵ所あります。

この感じだと繁忙期でも余裕がありそうです。

込んでたら部屋のシャワーを使えばいいですし。



食堂
IMG_5269.jpg



食堂があります。

この日は電気が落とされていて使用している雰囲気はありませんでしたが、ネットの投稿ではまだ現役で使われているっぽいです。

夕食・朝食付きのプランもあるようです。(自分は素泊まりプランでした)



謎のオブジェ(調度品)
IMG_5274.jpg



ちょっと夜に館内を探検?してみたんですが... 夜は非常に怖いです。


所々に点在するオブジェが非常に怖いです。

昼間見たらどうというコトはないんですが、夜になると不気味です。

旧館の2階とか行ってみたかったんですが、何か出てきたら嫌なんでやめておきました...。

バイオハザード犬とか出てきそうです。

新館はまだちょっと明るいし、言うて何もないのでさほど怖くはありません。(ちょっと怖いです)



晩ごはん
IMG_5270.jpg



夜は宿の周辺にはほぼほぼ何もないので、予めコンビニで買っといた酒とツマミで一杯ひっかけました。







総評・備考


OYOのホテルとしてはちょっとOYOのブランディングのレベルを下げてしまうんじゃないかな、という感じの宿でした。

チェックアウト時の女将さん?の対応が良かったです。





総合評価 3.9
 料金   3.8
 快適度  4.2
 設備   4.0
 サービス 3.6

アメニティ シャンプー、ボディソープ、石鹸、貸タオル、貸バスタオル、貸スリッパ、貸浴衣
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、キッチン、エレベーター、大浴場、食堂
ファシリティ(部屋) ベッド、照明、コンセント(余りなし)、テレビ、インターフォン、ユニットバス・トイレ、ポット、ドライヤー、エアコン、冷蔵庫、イス、テーブル
サービス お湯、お茶
セキュリティ 部屋の鍵
部屋(ベッド) 新館4階(411号室)
料金 2024円
予約 Agoda
宿泊日 2019/12/23
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 0:3
男女比率 0:3
収容人数 
Web なし







ここからさもと館が最安で予約できます






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知

2019年12月23日

トリップ&スリープホステル 大須







今回は名古屋です。

最近は安宿ゲッターとして岐阜〜愛知あたりをウロチョロしながら安宿を探しています。

前回はホテルとか安宿が比較的多い岐阜羽島のゲストハウスでしたが、その近辺だとまだ訪問していない2000円以下の安宿がなかったので名古屋まで移動しました。

というか名古屋も大都市であるにも関わらず2000円以下の宿、所謂激安宿というカテゴリー(自分でカテゴライズしているだけですが)の宿がないという安宿不毛地帯です。

いや、あるのかもしれませんが、自分はアゴダとかじゃらん、楽天トラベル、トラベルコ、トリバゴ...いろいろ探しても見つかりませんでした。

2000円以下で名古屋周辺に泊まれる宿の情報、是非お待ちしております!


ちなみに以前はファーストキャビンとかホステルわさびとか2000円以下の宿が名駅周辺にもあったんですが、料金が高騰してしまいました...。


今回はそんな中でアゴダで一番安い名古屋の宿を予約しました。

トリップ&スリープホステル 大須です。





ここからトリップ&スリープホステル 大須が最安で予約できます






ここは大須商店街のど真ん中あたりにあって名古屋の特異な文化を存分に感じられます。

大須に行くにはJR名古屋駅からは地下鉄があるんですが、乗り換えとかあって面倒なのでいつもは名駅か金山駅ら歩いてます。



外観
IMG_5235.jpg




ここは2019年の2月にオープンしたというコトなので結構綺麗です。

1階部は受付と共用スペースになっています。



受付&共用スペース
IMG_5243.jpg



受付は愛想のいい若い男性スタッフが対応してくれました。

扉の暗証番号の書かれた紙を部屋に閉じ込めた時も真摯に対応してくれましたし。
(以前レビューした宿で鍵を閉じ込めた時に凄い呆れたような感じの対応だったスタッフとは大違いです)

ちょっと色々と話をしてて、「ゲーム作ってるんですよー」とタピタピタピオカの紹介すると後でプレイしてくれてました。

普段あまりスマホゲームはしないというコトだったんですが、さくさくと(淡々と)ステージをクリアしてたので結構気に入ってくれたのではないかと確信しております。



ドミトリー
IMG_5237.jpg



館内は低層階にも関わらずエレベーターもあるし前述の通り全体的に非常に綺麗です。


今回も例に漏れずドミトリー(相部屋)に泊まりました。

この日は7人用のドミトリーだったんですが、6人が宿泊していました。

夜中ずっと独り言を言ってた女性の方がいました...。



ベッド
IMG_5238.jpg



ベッドは下段を選択しました。

ベッド自体は広くてサイドにセキュリティボックスと荷物を置けるスペースがあって、結構便利でした。


シーツは自分で敷くシステムです。

布団カバーは布団を包み込むタイプとなっていて、少々メイクするのが煩雑なタイプです。(が、一度セットしてしまえば後はズレないので安心です)

別途ブランケットも置かれてたので重宝しました。



ベッド
IMG_5240.jpg



このタイプのベッドは開口部が大きいんですが、カーテンはちゃんと前面と側面にあるのでちゃんとカバーできます。

プライベート感はバッチリです。

が、悲しいかな、相部屋の宿命としてやはり周辺のノイズは聞こえてきます...。



ベッド
IMG_5239.jpg



寝心地はモフモフで良かったです。

自分の中ではラグジュアリー感でいったら |カプセルホテル > ゲストハウス| という格付けなんですが、一般的カプセルホテルのマットだと自分的には固くて少し寝心地が悪いので、こういったゲストハウスのマットの方が実は好みだったりします。

この辺は嗜好が分かれると思いますが...。



シャワールーム(洗面所)
IMG_5242.jpg


シャワー
IMG_5241.jpg



シャワールームは2ヵ所あって、というか3つシャワーが並んでいるシャワールームが2つで計6つのシャワーがあるという感じです。

どちらも男女兼用なんですが、男性用、女性用と分けた方がいいと思うんですがね... セキュリティ管理も含めて。

シャワーは三種の神器の一つであるコンディショナーがありませんでした...。



共用スペース
IMG_5245.jpg



共用スペースはカフェっぽくなっていてオシャレなのはいいんですが、ちょっと机とかイスが木製で使いづらかったし、空間的にもちょっと落ち着けない感じでした。

なのでソワソワしてしまって30分程PCで作業(ゲーム制作)した後、切り上げてベッドの中で作業してました。
(この間、男性スタッフはずっと自分の作ったゲームに興じておりました!)



味仙
IMG_5244.jpg



晩ごはんは味仙に行きました。

矢場町に来ると普段再訪はしないポリシーの自分も味仙はリピートしてますね自分。






総評・備考





総合評価 4.3
 料金   3.7
 快適度  4.5
 設備   4.2
 サービス 4.7

アメニティ シャンプー、ボディソープ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、共用スペース、キッチン、エレベーター
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセントx2、セキュリティボックス、ブランケット
サービス お湯、お茶、紅茶、コーヒー
セキュリティ 暗証番号方式ドミトリードア・玄関ドア(夜間)
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー2C(C・下段)
料金 2200円
予約 Agoda
宿泊日 2019/12/22
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 8:8
男女比率 2:3
収容人数 
Web http://tripsleephostel.com/







ここからトリップ&スリープホステル 大須が最安で予約できます






アゴダで宿泊先を探してみましょう













アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 11:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | 愛知

2019年02月18日

豊橋ビジネスホテル

現在、「東京〜奈良・電動キックボードの旅」の途中です。

旅の様子はコチラのブログで綴っています。
http://airwheeltrip.blog.shinobi.jp/



というワケで愛知県の豊橋までやってきました。

上述のように東京〜豊橋まで結構な道のりでしたが。


愛知県、というか名古屋周辺も最近2000円以下の宿がなくて激安宿過疎地になってきています。

東海地方では自分の好きなウィークリー翔くらいですかね、激安宿と言えば。

そんなワケで今回も2000円を上回ってますが何とか2000円台の宿、豊橋ビジネスホテルです。


今回も豊橋周辺の宿を最初アゴダで探してたんですが、安宿はおろか3000円以内の宿もなくてじゃらんで探しました。


国内の旅館・ホテルの予約なら





アゴダで扱っていない宿はトラベルコ、じゃらん、楽天トラベル、るるぶトラベルなどでサーチすると今回のように安い宿が引っ掛かる可能性があります。


ま、でもアゴダ最安説を実証した(こちらの記事参照)自分としてはアゴダで取り扱ってる宿は絶対アゴダから予約しますが、アゴダが取り扱ってない宿はトラベルコあたりから検索するようにしています。

長年の経験(2年弱ですが...汗)から無駄な時間をかけずに安宿を探す時のちょっとしたコツですがね。



外観
IMG_0598.jpg



ちょっとくたびれた感じのビジネスホテルです。

これは事前情報ではおり込み済みでした。

ビジネスホテルで1000円台、2000円台ともなるとかなり古びていてメンテナンスされてないか、シェアホテルのように何か機能を大きく削っているか、だいたいそのどちらかです。

ここは言わずもがな前者でした。



受付
IMG_0599.jpg



チェックイン時間の16時ちょうどに見計らったようにチェックインしました。

チェックアウトもチェックアウトの10時ギリギリだったので18時間滞在しました。したったりました!

これで時間単位当たりの料金は安くなって心静まります。


受付では記帳したらルームキーが渡されます。



ウェルカムドリンクとウェルカムお菓子
IMG_0601.jpg



何とウェルカムドリンクとウェルカムお菓子がもらえます!(1個ずつ)

...いつも言うけど要らんから料金安くして欲しい...。



ウェルカムドリンクとウェルカムお菓子(選択後)
IMG_0606.jpg



ちょっと選択をミスったのがビールも選べたのに缶コーヒーを選んでしまったコトです。

お菓子も他にフラン(小分け包装)とか高いのも選べていたのにブラックサンダーを選んでしまいました...。

自分的に食べたコト(飲んだコト)のないヤツを選ぶ習性がアダとなってしまいました。

ちょっと反省です。



館内
IMG_0602.jpg



館内も草臥れた感満点です。

ド昭和感です。

もうすぐ元号が変わりますがその場合は平成感という新たなワードに切り替わりそうですが。



エレベーター
IMG_0608.jpg



エレベーターも昭和感というか、これは大正・明治感くらいの感です。

京都の東華菜館のエレベーター並みに古さです。

いや、そこまで古くないけど。

レトロ感が一周回ってプラスな感じを醸成しています。



部屋
IMG_0603.jpg



部屋もこれまた古びています。

一般のビジネスホテルの部屋よりかなり広いんですが、広さより綺麗さ・清潔さの方を求めたいです自分的には。




IMG_0607.jpg



壁紙も至る所で剥がれていますが放置されています。

張り替える気はサラサラなさそうな、そんな爽快感すら覚えます。



部屋
IMG_0605.jpg



ただ、ビジネスホテルの利点としては圧倒的なプライベート感が味わえるコトです。

安宿のメインストリームであるゲストハウスやカプセルホテルなんかはプライベート感を如何に確保するか、に尽力しなければならないですが(自分だけ?)、ビジネスホテルは最初からプライバシーは強固に守られています。

ちょっと鼻歌を歌ったり、テレビのボリュームを少し上げて音声を聞いたり、スマホで電話したり、有音の放屁したり... そういうのが自分のプライベート空間で出来るのが魅力です。

隣のベッドのイビキで悩まされるコトはないですし。

比類なきプライベート感がここにはあります。



シャワートイレ
IMG_0604.jpg



シャワー・トイレも必要な時に必要なだけするコトが出来ます。

朝のトイレラッシュの時間帯に「うおー!全然トイレ開いてへんやんけ!」ってなって入ってるの分かってて急かすようにドアをノックしたりしてお互い気まずい雰囲気になるコトは絶対ありません。

ここでも圧倒的プライベート感です。


ま、普通のホテルならみんなそうですが。



朝食会場
IMG_0613.jpg



なんともれなく朝食が付いてます。

これは要らんから安くして欲しい...というのとはちょっと違くて、まあ内容にもよるんですがね。



朝食ビュッフェ
IMG_0614.jpg



「これこれ、こういうのでいいんだよ!」て感じの朝食でした。

下手にコーンとか冷めたポテトを置いておくより(快活ク〇ブの快活モーニングかよ!)シンプルにパンとコーヒーとゆで卵をメインしている潔さが良いです。

ポテトサラダも付いてきましたが、美味しく頂けました。

マーガリンをバターにするというのはどこの安宿でも敷居が高いんですかね?
バターなら評価点が加点されたんですが...。





総評・備考


評価が分かれるところかと思いますが、静かにプライバシーが保護された所で寝るだけ、という人にはいいのではないかと思います。



総合評価 3.7
 料金   2.7
 快適度  4.3
 設備   4.0
 サービス 4.1
アメニティ シャンプー、ボディソープ、貸タオル、貸バスタオル、歯ブラシ、ティッシュ、ファブリーズ
ファシリティ WiFi、食堂、エレベーター
ファシリティ(部屋) 照明、コンセント、ハンガー、ゴミ箱、テーブル、イス、テレビ、ユニットバス、トイレ、ケトル、冷蔵庫、ドライヤー、エアコン
サービス 朝食
セキュリティ ルームキー
部屋(ベッド) 512
料金 2980円
予約 じゃらん
宿泊日 2019/2/17
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 0:4
男:女比率 約0:4
収容人数 
Web なし








国内の旅館・ホテルの予約なら




海外旅行・安く宿泊したいなら




複数サイトから最安価格が検索出来る!




ツアー、宿、予約なら






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 17:53 | Comment(5) | TrackBack(0) | 愛知

2019年01月23日

トラベラーズホステル

===================================
「ひつじさん、かぞえてゲットン!」というアプリを作りました!
是非遊んでみてください!
android用
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.uphydn.straysheep
iOS用
https://itunes.apple.com/jp/app/straysheep/id1442473289?mt=8
===================================

↑↑もうすぐ大型アップデートで機能が限定されます。
今ダウンロードしておくと機能が全て解除された状態のフルバージョンで楽しめます!




現在、献血全国制覇のため名古屋に来てます。

献血ルーム全国制覇のブログはコチラ。
http://netadi.blog.fc2.com/


奈良から近鉄の株主優待券(1600円)でやってきました。


で、名古屋で2泊ぐらいしようかと現地で定番のアゴダで調べると、名古屋市内では2000円以下の宿が全然ありません。

念のためトラベルコ、じゃらんで調べても当然ありません。

あのホステルわさびですら2000円台後半の価格を提示していました...。

名古屋から忽然と激安宿が消えてしまいました。


1月はそんなに高いシーズナリティでもないし、特にイベントとかもないしでちょっと原因不明です。
(何かご存知でしたらどなたか教えてください)


そんなワケで2400円くらいになりましたが、アゴダで最安の宿のトラベラーズホステルに泊まるコトにしました。





ここからトラベラーズホステルが最安で予約できます







最初2000円以下の宿がなかったので、この際ゆーとぴあ宝(健康ランド)に行ってリクライニングシートで寝るか...と思ったんですが、深夜料金入れて2600円にもなるし過去に2回行ってるので、飽食気味というか新規開拓という意味も含めてここトラベラーズホステルに決めました。

第一印象から決めてました!てワケではありませんが、まあ結果的にも... 微妙でした。




外観
IMG_0165.jpg



雑居ビルではなくビル全体がトラベラーズホステルとなっていて、結構大容量です。



門扉
IMG_0179.jpg



収容所のような門扉を開けて入場します。



館内
IMG_0177.jpg



入口付近はちょっと特別な造りになっていて、階段の踊り場が分断されているのですが、これは外部から館内に直接入れないような仕組みとなっています。

なので入館者は必ずレセプションを通らないといけないようになっています。


スリッパに履き替えて受付します。

ドミトリーの鍵と館内図を渡されてドミトリーに向かいます。



館内
IMG_0168.jpg



館内は綺麗...とはちょっと言い難いのですが、不衛生な感じではありません。

が、少し薄汚れた感じになっています。



館内
IMG_0170.jpg



壁にはほんわかするようなイラストが描かれてました。ニンニン。

ちょっと手作り感(学際感?)があります。



男女混合ドミトリー
IMG_0174.jpg



ドミトリーは8人収容出来て、この日は5人泊ってました。

自分だけがベッド上段でした...。



ベッド
IMG_0172.jpg



アゴダで予約した時に写真は上段ベッドにはカーテンがなくて「上段だったら嫌やなー」と思ってたんですが、上段でもちゃんとカーテンがありました!

安心です。

安心Deathメロンです。


が、カーテンの長さが絶対的に足りないので、足元が隠れません。

まあ足元だけだったらまだ運用次第では大丈夫です。



ベッド
IMG_0173.jpg



シーツは自分で敷くんですが、この2000円を超える価格帯でシーツを自分で敷いてチェックアウト時にシーツを回収ボックスに入れるというのがちょっと解せないというか...

まあルールなのでそれに従います。

寝心地は悪くはないです。

あと一番残念なのがベッドではWiFiの強度が弱くて使いモノになりません。

ベッドで寝る前にパソコンごにょごにょする至福の時間がかなりのストレスになります。

これは大きく減点です。



キッチン
IMG_0175.jpg


受付では説明されなかったんですが、コーヒー、紅茶、お茶はフリードリンクです。



共用スペース
IMG_0176.jpg



共用スペースではWiFiは快適です。

少々寒かったですが。



シャワー
IMG_0167.jpg



3階のシャワールームは脱衣所がカーテンだけで目隠しされてるので、気になるっちゃー気になります。

そして何か下水道のような腐臭がしました...。



あと、朝食がついていたのですが、朝10時まで、というコトで食いっぱぐれました...。(パンとコーヒーだけらしかったですが... パン食いたかった)

自分がインストラクションをちゃんと読んでなかったので自分の責任なんですけどね...。


それにしても思い起こせばこの1年半の間で朝食付きプランで3回朝食をミスしてます...。





総評・備考


料金を考えるとちょっと「んーー」てなります。



総合評価 3.3
 料金   3.4
 快適度  2.8
 設備   3.6
 サービス 3.0
アメニティ シャンプー、ボディソープ、貸スリッパ
ファシリティ WiFi、シャワールーム、トイレ、ドライヤー
ファシリティ(ベッド) 照明、コンセント
サービス コーヒー、紅茶、朝食
セキュリティ 暗証番号式玄関ドア、鍵式ドミトリードア
部屋(ベッド) 男女混合ドミトリー(304-C)
料金 2346円
予約 Agoda
宿泊日 2019/1/22
チェックイン 16:00
チェックアウト 11:00
外国人:日本人比率 18:6
男:女比率 5:3
収容人数 
Web なし





ここからトラベラーズホステルが最安で予約できます






アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 19:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 愛知

2018年09月14日

第3松竹梅ホテル

東京から大阪に行くのに普段は1600円〜の夜行バス、昼行バスが8000円〜と高騰していたのでWebで探して如何に安く関西方面に帰るか、というのに注力した結果、東京〜名古屋の夕方出発のバスが4100円となっていたので一先ず中継ポイントとして名古屋に行きました。

これからどうするかはこれから考えます。


男は如何にそれを安く買えたかを自慢し、女は如何にそれが高かったかを自慢する。(netadi語録No.1293)




というワケで今回は名古屋です。


名古屋は大都市にも関わらず安宿の過疎地なんで2000円以下の宿がなかなかありません。

今回は以前泊まった香ばし系の宿、福屋ホテル(福屋ホステル?)の近くに気になっていた安ホテルがあったのでそこに宿泊するコトにしました。

今回は23時を過ぎていたのでただ寝るだけになってしまうのでネットカフェとか居酒屋とかでもよかったんですが、あえてこのブログのためにそこを選びました。

第3松竹梅ホテルです。


なぜ安宿に泊まるのか。そこに安宿があるからだ。(netadi語録No.1294)




ここからニュー松竹梅ホテルが最安で予約できます




ここから第2松竹梅ホテルが最安で予約できます




ここから第3松竹梅ホテルが最安で予約できます





松竹梅ホテルは第1〜第3まであって、第2、第3は男性専用となっています。

安宿といっても2900円近くもしたんで危うく高級宿のカテゴリーに入ってしまうところですが、ちょっとここも香ばしい感じで中がどうなっているのか気になったので予約してやりました。

名古屋でも2900円出せば居心地のいいファーストキャビンKTPとかわさび名古屋駅前店とか泊まっておつりがくるんですが、あえて新規の宿での潜入調査です。


虎穴に入らずんば虎子を得ず。(netadi語録No.1295)



本館外観
本館外観



アゴダから予約したのが23時過ぎていたので、フロントが閉まっているという情報がサイトに書かれていました。

確かに到着後はにフロントが暗くなって人が居なさそうだったのでインストラクション通りにアゴダに電話で連絡しました。

すると日本のカスタマーサービスが営業を終了してるとのアナウンスが流れたので、海外に繋いでもらって外国のサポートデスクの人に対応して頂きました。

松竹梅ホテルに23時過ぎに予約したのでフロントに人が居ないのでチェックイン出来ない云々、というのを説明してると、てっきり開かないと思っていたドアがガチャっと開いて「ウェイトアミニットやなくて!」と宿のスタッフらしきおばちゃんがまくし立てながら出てきました。

どうも電話している声で受付のスタッフが出てきてくれたようです。


どうやら23時以降も実はフロントは開いていて、23時以降の入口のドアを自分が間違っていたようです。

で、壁に貼られていた23時以降到着のインストラクションはフロントに人が居ない場合のどうしようもない時のサポートのようでした。

自分の早とちりでした...。


でも自分が間違っていたとゆってもこのフロントのおばちゃんの攻撃的な対応の酷さときたら...。


この時点でアレ系な宿のような気がしてきました。



本館受付
本館受付



アゴダに電話していた階段の横の防火ドアの中に入るとフロントがあって受付は営業していたようです。


一見さんには分かりにくいっす…。


でも同じように23時以降にチェックインしてきた他の宿泊客はちゃんとこの受付まで辿り着いてましたがね。


チェックイン後、更に衝撃的なコトに、自分が予約したのは第3松竹梅ホテルであってこの受付はニュー松竹梅ホテル(本館)でした...。


違うフロントのおばちゃんにチェックイン対応して頂いて、第3松竹梅ホテルにも案内してくれました。

ここは良対応です。



第3松竹梅ホテル外観
外観



第3松竹梅ホテルは本館から40mくらい離れたところにあります。

館内に入った瞬間に何かすえた臭いがしました...。



受付&ロビー
受付



下宿部という何か闇深い表示が確認出来ます。


部屋は6階でしたが、6階に行くにはまず階段で2階に上がって廊下を奥まで進んでエレベーターに乗ります。

エレベーターで1階にも行けるんですが、1階からは外に出られないようになっています。

ちょっとややこしい造りになっています。



エレベーター
エレベーター



親切にも「あける」「しめる」の表示を付けてくれています。

「開ける」「閉める」と更に紛らわしくなりそうな漢字で書いていないところは好感が持てます。

これで「待ってぇ〜!」と言って走り込んでくる人を「閉める」ボタンを押して更にとどめを刺す確率が低減出来そうです。



通路
通路



バイオハザードとかサイレントヒルに出てきそうな感じの通路です。

何か出てきそうな雰囲気です。



部屋
部屋



部屋の中に入るとすごく鼻につく刺激臭がしました。

館内に入った時も何かすえた臭いがしましたが、部屋の中はなにか薬品のような硫化アンモニウム?のような臭いがしてました。



部屋(窓側から俯瞰)
部屋



テレビ、エアコンが完備されています。

部屋は臭い以外は事務所のような佇まいですが、普通に過ごせそうでした。

あえて言うなら枕が非常に固かったです。



冷蔵庫
冷蔵庫



お、冷蔵庫あるやんけ、東京で買った団子冷やして明日食べたろ!と思ったんですが...



キャビネット
キャビネット


冷蔵庫ではなくキャビネットでした。

何やねんソレ...。

誰が使うねん...。



エアーコントロール&操作パネル
操作パネル


エアコンは集中管理システムです。

L・M・Hのレンジから選択出来ます。



テレビ
テレビ


部屋にテレビがあるのはいいんですが、イヤホンで音声を聞かないといけません。

これはチェックイン時にも念を押された松竹梅ホテルのハウスルールです。

自分は結構こう見えて他人が使用したイヤホンは嫌ホンなので、装着せずに少し耳から離して視聴しておりました。

ヘッドホンとか知人のイヤホンなら装着は大丈夫なんですがね...。



バルコニー
ベランダ



部屋の臭いが余りにも酷かったのでたまにバルコニーに出て新鮮な空気を吸ってました。

そして夜通しずっと網戸状態にして開けっ放しにしておきました。

外の騒音が気になりましたが臭いが軽減される方を選択しました。



シャワールーム
IMG_8505.jpg


シャワールームは意外と綺麗でした。



風呂
風呂



風呂もあるんですが、夏場はシャワーのみの運用となっているようです。



洗面所
洗面所


歯ブラシ
歯ブラシ



部屋に1つ歯ブラシが付いてくるんですが、歯ブラシのお替わり無料のようです。




トイレ
トイレ



地下一階のトイレは何故かドアが2つあります。
どちらからでも出入り出来ます。

画期的なウォークスルーシステム採用です。

そして片一方は内鍵でもう片一方は外鍵です。

ユースケースがよく分からないのですが、ひとつ言えるコトは中でちょっと頑張って意識を集中させている時でも外鍵のドア(外部)からの侵入にも十分気を配る必要があるというコトです。




WiFi
WiFi2


WiFi
WiFi



WiFi使えるエリアは普通に階段になっています。

WiFiを使うには階段のエリアか地下の共用スペースに行くしかありません。



共用スペース
共用スペース



何やら場末感漂う地下の空間が共用スペースになっています。

ほぼ喫煙所と化しています。

階段かここでしかWiFiが使えないのが何というか何か...。




次の日の朝、チェックアウト時間が9時迄と鬼のように早いので8時半に起きてテレビを観てくつろいでたら、8:40に部屋の鍵を掛けていたにも関わらず掃除のおばちゃんが鍵を解錠して部屋の中に侵入してきました...!

凄い恐ろしいです。

おばちゃん「あ、いるの...ごめんな」

小生「え、あ、ハイ...」


なかなかユルい宿です。

ゲストハウスのドミトリー以上にプライバシーがありません。



カギ落とし
キードロップ



チェックアウトは「カギ落とし」というシステムです。

間違っても故・アンディフグの必殺技ではありません。

キードロップとかいうそんな生ぬるいモノでもなくて、といの中に鍵を放り込んだら地上6階からとい伝いに重力によって自由落下させるという本格的なドロップ方式です。

落差が15mくらいありそうです。(最上階だと多分20m超)

実際に鍵を放り込んだ後、ピュ〜ッと鍵が落下していきました。

風流です。



なお、チェックアウト後、外に出て久しぶりのシャバの新鮮な空気を吸っていると「兄ちゃん、仕事探してんの?」と声を掛けてきた人がいました。

仕事を探していると言ったらトラックの荷台に揺られて何処かに連れて行かれるんでしょうか...。







総評・備考


Gが出そうで出なかったです。

チェックアウト後、外に出て数時間経った今でも鼻と喉の粘膜に違和感があります。





総合評価 1.0
 料金   2.7
 快適度  0.1
 設備   1.2
 サービス 0.5
アメニティ ボディソープ、シャンプー、貸バスタオル、スリッパ
ファシリティ WiFi、トイレ、ドライヤー、シャワー、風呂(冬場のみ)、ランドリー、共用スペース(喫煙所)、エレベーター
ファシリティ(部屋) ACコンセント、照明、テレビ、キャビネット、集中管理エアコン、扇風機
サービス 
セキュリティ 鍵式の部屋のドア
部屋(ベッド番号) 618
料金 2895円
予約 Agoda
宿泊日 2018/9/13
チェックイン 16:00〜23:00
チェックアウト 9:00
外国人:日本人比率 0:20
男:女比率 20:0
収容人数 
Web なし




ここからニュー松竹梅ホテルが最安で予約できます




ここから第2松竹梅ホテルが最安で予約できます




ここから第3松竹梅ホテルが最安で予約できます






アゴダで宿泊先を探してみましょう








アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 09:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | 愛知

2018年07月13日

福屋ホテル








現在名古屋に来ています。

名古屋は結構大都市にも関わらず2000円以下の安宿がなかなかないんですよ。

以前は旅行比較サイト(トラベルコ、トリバゴ、etc)で見つけるコトが出来たんですが、今回は全くヒットしませんでした。

というコトで、旅行比較サイトや贔屓にしているアゴダに頼るコトなく自分で情報技術を駆使して潜在的な名古屋の安宿を探しました。


そして見つけたのは名駅近くの福屋ホテル(福屋ホステル)です。



福屋ホテル?福屋ホステル?
外観



この宿は公式のWebサイトがあるんですが、屋号が福屋ホテルなのか福屋ホステルなのか両方使われていてどっちなのか非常に曖昧です。

更にグーグルマップではホテル福屋という表記にもなってますし。

宿のオーナーが策士で、SEO対策でホテル、ホステルどっちでも検索に引っ掛かるようにしているのでしょうかね?


とにかくこの宿は大手の予約サイトからは予約出来ないんで、今回はこのブログ初となる電話での直接予約(直電)しました。



外観
外観



電話で予約した時に何かお婆さんっぽい声の人が出て、ちょっと素っ気ないというか愛想ない対応を受けました。

何かそういう宿かと思って実際行ってみると受付に出てきたお婆さんはそんなに愛想悪くもない感じでした。

ツンデレかよ。

お婆さんは足を痛めたのか車イスに乗ってて、受付する時に車イスから苦悶の表情で立ち上がったりして凄く痛々しい感じで、こっちがハラハラしました。


で、部屋の鍵を渡されて

「シャワーは夜9時までにお願いします」

というのと

「朝8時にエアコンが切れます」

という謎のシステムの説明を受けました。


これは重要な宿側からの通知だったんで詳細は後述します。



受付
受付



最初、下履きは盗難に遭う可能性があるんで部屋に持って上がってくれ、というよう指示を受けたんですが、シューズロッカーが空いてたら下履きをロッカーに入れておいても大丈夫、的なコトも言われたんでシューズロッカーに入れるコトを選択しました。

でも結局このシューズロッカーは鍵がないんで盗難に遭う可能性があるやん... と思ったんですがもう何だか面倒なんで突っ込むのはやめました。

なんせ宿がユルユルなのはこの時点で既に察してましたし。

しかもシューズといってもそんなジョンロブとかバリーとかフェラガモとか高級な靴でもなくただの擦り減ったビーサンでしたし。




玄関
玄関



スリッパに履き替えて自分の部屋の403号室に向かいました。

玄関の時点で何やら以前飼ってたカブトムシに与えてたスイカの皮を4日間くらい放置したような腐臭がほんのり漂ってたんですが、スリッパからは更に強烈な臭いが漂ってました。

もはや1週間くらい常温で放置した牛乳かスティルトンだかゴルゴンゾーラだかの青かびチーズが熟成した香りです。

何やったら食欲が沸きそうな熟成香です。←沸きません


ここでスリッパは放棄して裸足という選択肢もありましたが、床も相当汚いのでここは可能な限り臭わないスリッパを履くという選択肢を選択しました。

いちいちスリッパに鼻を近付けて臭いを確かめる、という作業に何か人生の無常を感じました。



この時点で宿の評価はそれ程高くないのはお察しの通りですが、後はヤツが出現しないコトを願うばかりです。

そう、あの連邦の黒いGです。


ぶっちゃけ、ここは出そうです。

ていうか、後でWebを検索してたら出たという報告がありましたし。

この前の宿の一件でナーバスになっているコトもあって、こういった老朽化&衛生面に疑問がある宿ではGがいるかどうかが非常に大きなポイントです。

ポイントと言ってもGが出現したらそれだけでスペシャルボーナス発生で評価点が大幅なマイナスポイントですけどね。


もう後は出ないように部屋で祈りを捧げるか出現したら真向から戦う決意で武装するか気付かないフリするかのいずれかです。

(結局は出なかったので杞憂に終わりましたが)



通路
通路



エレベーターがないので部屋のある4階までは階段で向かいます。

1往復だけならいいんですが、何回も往復すると結構キます。


階段、通路は常時カブトムシのスイカの臭いが漂ってました。



部屋
部屋2



部屋全体は汚部屋という感じですが、テレビとかベッドとかエアコンはまだ清潔な感じがしました。

何とテレビ(液晶)とエアコンはパナソニック製です。

こういうごく一般的なコトにでも感激してしまう自分がいます。



部屋
部屋



ベッドの上は安全そうです。

ベッドから降りなければそこそこ快適です。


ただ、テレビのリモコンは電池が切れているのか壊れているのかで使えなかったです。

テレビのチャンネルを変えようとするとベッド(安全地帯)からいちいち降りなければならないので、こういった細かなところで不本意に精神が衰弱していきます。



浴室
浴室



シャワー利用規約
シャワー利用規約



シャワーは一ヵ所です。

シャワーは受付のお婆さんが言ってたように21時までで、利用時間は15分までという福屋のハウスルールがあります。

15分を超えると罰金です。

実はシャワーの利用を監視されていて、1分越えたら1万円とか請求されるんでしょうか?

とても怖いです。

予めスマホのストップウォッチ機能で時間を計測しておいて、15分を過ぎそうであればシャワールームから一旦外に出てタイマーをリセットしてまたシャワールームに入るという茶番回避策を実行してレギュレーションを順守する必要がありそうです。



石鹸
石鹸



そして風呂場にはアメニティが石鹸しかありません...。

その石鹸もかなり使用感があって、小さいのと小さいのをくっつけて大きくしていました。

ここは何も付着していない綺麗そうなヤツを選んで、表面のヌルヌルをキレイに取り除いて使いました。

これだと最初から石鹸がない方がビジュアル的・精神衛生面的にもいいかもしれません。



なお、この宿は最大収容人数が27人なので、繁忙期には一人のシャワー利用が最大15分としても6時間45分掛かってしまうので16時チェックインで21時シャワー利用札止めだとするとシャワーを浴びれない人が出てきそうなんですが、どうなるんでしょうかね?

そこまで満室にはならないんでしょうか?

何か謎です。



受付で8時にエアコンが切れます、と言われてた件ですが、朝に宿の人が巡回してきてブレーカーのようなモノを操作してエアコンの電源だけOFFにするようです。

実際、自分の部屋は7:52にエアコンを切られました。(8分損です)


この対応策としてはエアコンは朝8時までに室温設定22℃、風量MAXにしてキンキンに部屋の空気を冷やしておいて布団を被って、エアコンを止められても後は予熱(予冷?)でチェックアウトまで快適に過ごす、という作戦が有効です。

実際、それで10時までは涼しく過ごせました。

ていうかエアコン止めるってただの嫌がらせですやん。

この夏、ここに宿泊した人が熱中症にならないコトを祈ります。



トイレ
トイレ



トイレはやはりスメリーです。



401号室と482号室
部屋番号



何故か401号室の次がいきなり482号室となっています。

何か過去に大きな事件があったのでしょうか?



洗面所
洗面所



出来る限りここの蛇口からの生水は口にしない方が良さげな雰囲気がしました。

自分は歯磨きの時にだけ致し方なく口にしました。

口をゆすいだ後、毒ヘビに噛まれた時に傷口から毒を吸ってペッペッ!と吐き出す感じで吐き出しました。




総評・備考


安かろう悪かろうな感じです。(ゆうてそんなに安いワケでもないですが...)



総合評価 1.5
 料金   3.8
 快適度  0.5
 設備   1.1
 サービス 1.0 
アメニティ 石鹸、貸スリッパ
ファシリティ トイレ、シャワーx1、洗濯機
ファシリティ(部屋) ACコンセント、照明、テレビ、エアコン
サービス 
セキュリティ 部屋ドア
部屋(部屋番号) 403
料金 2100円
予約 電話予約
宿泊日 2018/7/11
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 0:3
Web http://fukuya-hostel.com/company.html





トリバゴで宿泊先を探してみましょう








アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 11:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 愛知

2018年01月04日

ファーストキャビンTKP名古屋駅

カプセルホテル、ファーストキャビンの名古屋駅店です。




ここからファーストキャビンTKP名古屋駅が格安で予約できます





ちょっと2000円を超えてきましたが、ファーストキャビングループの宿のクオリティを考えたらまぁ納得です。

外観も内装も近未来的で非日常的、いわんや飛行機のファーストクラス、ビジネスクラスのキャビンがコンセプトとなっていて否が応でもテンション上がります。



外観
IMG_4681.jpg



まぁゆうても2000円〜3000円台の宿でこれだけテンション上がるってどれだけ自分の生活水準が低くなってるんだと思いますけどね!

最近は本当に宿泊カーストが低いです。(相対的に)

このままこの生活水準にどっぷり慣れてしまうと、高級な宿とかホテルに行った時に慣れてなくて挙動りそうです。


高級ホテルなんかで荷物を部屋まで運んでくれたポーターが部屋の出口で立ったまま無言でチップ的なモノを要求しているシチュエーションに遭遇した時に、とっさに気付いてあげられないような上流の暮らしに慣れていないKYな一般ピープルだと思われてしまいそうです。

↑↑そんな虚構的な上流階級も嫌ですけど!



ま、ゆうても金はうなる程あるんで泊まろうと思ったら星がいっぱいついたホテル・旅館にも泊まれるんですけどね! ←


【余談】金がうなる程の財力を築いたブログ
http://blog.livedoor.jp/netadi/




受付のスタッフ(コンシェルジュ、アテンダントと言った方が的確か)も美人ぞろいでした。

これ絶対顔とスタイルで選んで採用してるやろ、っていう感満点です。(違ったらごめんなさい)

しかもフライトアテンダント、グランドスタッフを模した制服を着用していてこれも自分的には大好物なのでテンション&ヴォルテージも上がります。


「アテンションプリーズ!ファーストキャビンにご搭乗ありがとうございます!お客様を快適な空の旅へとご案内致します!」

みたいな感じで受付時に航空会社のスタッフになりきってロールプレイして頂けると楽しいのになーとか勝手に妄想してました。

で、こっちが何か粗相したら

「お客様、機内ではこのような行為は禁止されております。どうかお戯れを…」

とか言ってちょっと怒られてみたいです。


いや、終始そんな感じだったら実際ちょっと面倒くさいけど。



そういやススキノに「アテンションプリーズ!」とかいう名前の何かピンク色のネオンが光ってる看板の店があったんですが、凄い気になったのを今思い出しました。

一体何の店だったのだろう?

てゆうか全くもって関係ない話ですけど!



キャビン
IMG_4686.jpg


キャビン内
IMG_4687.jpg



この日の前日に泊まった宿もカプセルホテルっぽいゲストハウスだったんですが、やはり純正のカプセルホテルに比べると快適度は段違いです。

テレビは枕がある方向に向けれるし、角度も調整出来るのでテレビの画面に対して鉛直方向、即ち真正面から観るコトが出来ます。

ヘッドフォンもちゃんとした密閉型なので楽チンです。耳が痛くならないです。

照明も明るさを微調整出来るし、ロールカーテンもベッドの開口部をほぼカバー出来てプライベート感も抜群です。

ベッドのマットは薄いんですが、低反発っぽい素材でフカフカ?というか柔らかくて頗る快適な眠りを約束してくれます。


地上の楽園かよココは!


ちなみに今回泊まったのが一番安いクラスのプレミアムエコノミークラスだったんですが、これよりカーストが上のファーストクラス、プレミアムクラスともなると一体どんなラグジュアリーで極上のエクスペリエンスになるのか非常に興味深いところです。




大浴場
IMG_4689.jpg



そして特筆すべきは風呂、何と地下に大浴場とシャワールームが完備されています。

いつものコトながら事前によく調べてなかったんですが、意外と大浴場があったのは嬉しい限りです。

しかも10人くらいは入れそうな感じの大きい浴槽なので快適です。

欲を言えば天然温泉、そして露天風呂もあったら最高だったんですが...。欲を言えば。



シャワールーム
IMG_4691.jpg


「大浴場って見知らぬ人が大勢入るワケでしょ?何か身体から変な汁がお風呂に溶け出してへん?」

とか

「みんなに自分の裸を晒すのはゼッタイにイヤッ!」

とかいう几帳面かつちょっと繊細な人には完全個室のシャワールームも完備されています。

もう至れり尽くせりです。


※)自分は大浴場に入った後、満喫すべくシャワーも浴びたったりました!



ラウンジ&朝食会場
IMG_4683.jpg


ラウンジ
IMG_4682.jpg



ラウンジには自動伴奏のグランドピアノが置いてありました。

まあ超高級ホテルのように奏者による生演奏ではないのですが、自分からしたらピアノが置いてあるだけでテンションが上がるし、ワンランク上の贅沢感が味わえました。


本当にいちいちラグジュアリーですココ!!



総評・備考


カードキーで全てのドアを開けるタイプです。

名駅からさほど遠くはないんですが、周りはちょっと薄暗い感じです。

2000円を超えてるので評価点をマイナスしています。

チェックインが17時からと遅いのが難点です。

シーツはもちろん最初から敷いてあります。



総合評価 4.2
アメニティ シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、化粧水、シェービングフォーム、髭剃り、貸バスタオル、貸タオル、歯ブラシ、ウォッシュタオル、スリッパ、館内着
ファシリティ WiFi、トイレx2(各フロア)、シャワールームx2、大浴場、カードキー
ファシリティ(ベッド) コンセントx1、USB給電ポート、ライトx2、テレビ、ヘッドホン、ロッカー
サービス 
部屋 男性用ドミトリー 3F-3B77(上段)
料金 2353円
予約 エクスペディア
宿泊日 2017/1/3
チェックイン 17:00 - 24:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 0:25
Web https://first-cabin.jp/




ここからファーストキャビンTKP名古屋駅が格安で予約できます





アゴダで宿泊先を探してみましょう









アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 13:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 愛知

2018年01月03日

ホステルわさび 名古屋駅前

名古屋にきてます。

というのもここの宿「ホステルわさび」グループ(正式にはHEISEIグループ)が全国4店舗展開しているうちのまだ行ってない最後の店舗が名古屋にあるんでちょろっと寄ってみました。




ここからホステルわさび名古屋駅前が格安で予約できます





わさびホステルは東京、大阪、京都、名古屋にあって、各店舗はそれぞれ特色(コンセプト)を出しています。

東京:結構立派な大浴場完備
http://fanblogs.jp/netadi/archive/48/0

大阪:本(マンガ)が読み放題のブック&ベッド(みたいな)
http://fanblogs.jp/netadi/archive/22/0

京都:和風(京風)を前面に押し出した宿
http://fanblogs.jp/netadi/archive/43/0

上記が自分の行ってみて思った感想です。


統一したコンセプトではなく、各店舗毎に違った特色を持たせるという宿プランナーの遊び心に何か余裕すら感じさせます。

Webでもあえて「各店舗違ったコンセプトにしています!」というコトを大っぴらに言ってないところに奥ゆかしさというか、実際行ってみて違いを感じて欲しいという何かコダワリを感じます。
(知らないところで大っぴらに言ってるかもしれませんが)


但し、薄っすい味のジュースが出てくるドリンクマシーンはどこも同じヤツが置いてありました。
(名古屋駅前店は少しだけ濃い(感じがします))



で、わさびグループ最後の名古屋はあえて内容を詳しく調査せずに予約しました。

行ってみてから「どんなコンセプトなのか」というのを前知識なしに実体験したかったからなんですけどね。

映画でも全くの予備知識なしに観るのが好きなもので。へへ


で、ホステルわさび・名古屋駅前はどうだったかというと...



全くの想定外でした。




大きく自分の予想を超えてきた、というより、宿のコンセプトが自分の想定と完全に違っていました。予想の斜め上をいってました。


悪い方向に違っていたのではなく、逆です。いい意味です。



外観
IMG_4664.jpg



入宿して見渡したところ、受付、共用スペース、ドミトリーは一見して普通のゲストハウスでした。



ただ、ベッド(パーソナルスペース)が一般のゲストハウスのそれとは比較にならないくらい機能性が高かったです!



ジャーーーーン!!
IMG_4669.jpg



パソコン、電子ロック付金庫、テレビ(地上波)、ヘッドホン、USB給電ポート計3つ、パソコンラック完備です!


今まで泊まった格安宿(2000円以下)の中では断トツに個別スペースのファシリティが充実してます。

漫画も数千冊はあるので、もはやカプセルホテル、ネットカフェ、漫画喫茶の融合・フュージョンです!

ここだけで丸一日は過ごせそうです。ていうか2〜3日はイケそうです。

ネトゲやり放題、漫画読み放題です!



ドミトリー(マンガ棚)
IMG_4667.jpg



しかしながらこんなパラダイス(B'z的にはビャラダイス)のようなパーソナルスペースにも弱点はあります。


カプセルホテルよりは隣接する両隣との遮音性は良くなくって、カーテンの遮断性も完全ではないです。(下手なゲストハウスのカーテンよりはよっぽどマシですが)


しかもテレビを観る体勢が難しいです。

テレビを観ようとしたらヘッドホンの長さにも限界があるし、カーテンの方には骨組みが何もなくて背中がもたれられないので、横の壁にもたれるコトになります。

となるとテレビに対して横か斜めに向いた方向から観るコトになってしまいます。

もしくは普通に寝ながらテレビを観るとなると、伏臥上体反らしのように首を持ち上げてかなり苦しい体勢で観るコトになるし、かといって足をテレビに向けてると、腹筋が鍛えられそうな恰好で首を少し持ち上げて観るとかしないといけなくなります。

はたまた座ってテレビを観るのでもいいんですが、なにぶん自分は身体が固いし天井方向と横方向のスペースが狭いコトもあってしっくりとくる体勢がとれません。


また、備え付けのパソコンを使おうとした時に、テレビの下のパソコンのキーボードとマウスを置くための台を引き出して使うのですが、そこでキーボード操作するとなると画面が異様に近くなります。


いずれにしても狭い中で何かアクションを取ろうとすると無理な体勢になってしまいます。


狭いベッド(個室)スペースに無理やり金庫とテレビとパソコン置いたらそりゃそうなるわ!必然やわ!とは思いました。


ただ、ベッドにこれだけの機能を詰め込んだのは評価に値します。

ACコンセントや照明すらないゲストハウスのベッドに比べたら過剰スペックとも思える機能性です。

使い勝手がいいかどうかはこの際置いとくとして。



共用スペース
IMG_4665.jpg


シャワールーム
IMG_4672.jpg


外観(夜になると何やら怪しげな店の光に包まれます)
IMG_4674.jpg




総評・備考


シーツは自分で敷くスタイルです。

わさびスタンプカード5個でわさびホステル1泊無料かVIPライナー(大阪〜東京バス)無料です。




総合評価 3.9
アメニティ シャンプー、ボディソープ、歯ブラシ
ファシリティ WiFi、トイレx2(各フロア)、シャワールームx2(各フロア)
ファシリティ(ベッド) コンセントx2、USB給電ポート、ライト、Windowsパソコン、パソコン台、テレビ、ヘッドホン、金庫
サービス お茶、りんごジュース(薄い)
部屋 男性用ドミトリー 3F-D-2(下段)
料金 1779円
予約 Agoda
宿泊日 2017/1/2
チェックイン 15:00 - 24:00
チェックアウト 10:00
外国人:日本人比率 14:6
Web http://guesthousejp.com/nagoya/





ここからホステルわさび名古屋駅前が格安で予約できます





アゴダで宿泊先を探してみましょう







アゴダで宿泊先を探してみましょう




posted by netadi at 16:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | 愛知