2017年11月06日

配当金が出るのはメリット?

ようこそ

今年に入り初めて株を購入し、毎日の世界情勢に敏感になっています。
取り敢えず、購入株は順調ですが、
どうしても気になったことがあり、配当金について調べてみました。

私は、株を選ぶ際に、高い配当金を出すところより、
中レベルで、安定的にずっと配当金をだせる会社がいいと思っていました。
いずれ、生活に必要になる資金ですから、会社が倒産されては困ります。

会社選びはプロに頼んだのですが、彼も同じ意見でした。
けれども、その時引っかかることを言われまして。
「〇〇や〇〇〇などのような会社は、配当金を出さないんですよ。」

〇〇は世界で有名なIT企業。
どうして配当金を出さないんだろう?
そのメリットは?

軽く調べると、そういう企業は研究開発などに力を注ぐんだそうです。
配当金を出す代わりに、研究開発やビジネスを展開させ続ける。
その結果、株価が上がる。

納得しました。
私自身の本職が研究開発に近いところにあるので、
その意義は十分に理解しています。
研究開発のないところに、興味深い発展は望めません。
その代わり、出費も多くなってしまいます。

配当金が出ないもう一つのメリットは、
所得税を払わなくていいこと。
税が優遇されているとはいえ、配当金からは所得税が引かれます。

この辺り、無配当株を持ち続ける分にはいいですが、
株価が上がって売る時には税がかかるだろうし、実際のところ、どっちがいいんだろう?
と疑問です。
今度、プロに聞いてみようと思います。

ただ、生活に困らないうちは、無配当株を購入するメリットもあるんだと理解しました。
なので、今後現金預貯金を増やすことができれば、
無配当株も購入してみたいと思ったりします。

ちなみに、
日本の銀行に眠っている預金400万円には、微々たる利息しかついていません。いや、ついているのか?
リスク分散的に投資信託を行っている550万には、0-2年で40万ほどついています。
開始時期や投資方法がマチマチなので、正確な年率算出はしませんが、
それから税金が引かれるので、現状は年率3-4%前後の利息でしょうか。
平均をとるにはまだ経験が浅いですが、それでもメリットは見えてきました。

日本の銀行に眠る預金は、母管理なのでどうしようも無いのですが、
どうせ眠らせるのなら、少しでも利息の付く外貨にして欲しいなぁと思うところです。

私の興味は、日本と海外の自分に手がとどく範囲の投資力を知ることにもあるので、
経済に波風が立てば(立ってほしく無いけど、人間社会ですからね)、更に色々な結果が出るんだろうと思います。

お金の勉強は、まだまだ続きます。。。


人気ブログランキング








この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6936040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
ファン
タグクラウド
最新コメント
写真ギャラリー
最新記事
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
meさんの画像
me
要介護2の父と元気な母と、スマホ遠距離で付き合う日本人。 学校へ通う男児1人、イクメンカナダ人1人と一緒に自由気ままな生活を送っています。
プロフィール