↓最近の記事はこちら ↓

Huawei 6.0インチ Mate 10 Pro SIMフリースマートフォン チタニウムグレー【日本正規代理店品】

新品価格
¥88,149から
(2017/12/13 14:38時点)

MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)

新品価格
¥39,280から
(2017/12/13 14:56時点)

【3点セット】Aukey USB C Micro USB 変換 アダプタ ( マイクロ USB → USB-C変換アダプタ ) 56Kレジスタ使用 Quick Charge3.0対応 新しいMacBook、ChromeBook Pixel、Nexus 5X、OnePlus 2、Galaxy Note 7 他対応 CB-A2

新品価格
¥899から
(2016/10/6 12:04時点)

カテゴリアーカイブ

2017年09月06日

本日のお題「マイクロソフトOSライフサイクル一覧」について

本日は「マイクロソフトOSライフサイクル一覧」について
なぜこの話題なのかといいますと・・・
サーバー購入を検討するという事情がありサーバーOSをいろいろ調べてみた結果
メインストリームサポート終了時期と延長サポート終了の時期を考慮しないといけないということなのでした
いままでとこれから 何を選ぶべきなのか
マイクロソフトOSライフサイクルは基本的に3本柱
1サーバーOS
2クライアントOS
3Office製品
4その他サービスやソフトやアプリなど
MS1.jpg
MS2.jpg
まずサーバーからいえば
WindowsServer2008はメインストリームが2015/01/13延長サポートが2020/01/14
WindowsServer2012はメインストリームが2018/0109延長サポートが2023/01/10
WindowsServer2016はメインストリームが2022/01/11延長サポートが2027/01/11
つぎにクライアントOS
これは普段ユーザーが使用しているパソコンのOSということになるので
Windowsユーザーならば覚えておいて損はないことになる
WindowsXPはメインストリームが2009/04/14延長サポートが2014/04/08
WindowsVistaはメインストリームが2012/04/10延長サポートが2017/04/11
Windows7はメインストリームが2015/01/13延長サポートが2020/01/14※新CPU(KabyLake)以降サポート無
Windows8,8.1はメインストリームが2018/01/09延長サポートが2023/01/10※新CPU(KL)以降サポートなし
Windows10はメインストリームが2020/10/13延長サポートが2025/10/14
こう考えると・・・
2020年01月14日 ここで第一波のビックウェーブがやってくる
Windows7とWindowsServer2008が完全終了となってしまう
オリンピックを待たずしてえらいことが起こってしまうわけである
第二波は2023年1月10日 Windows8,8.1とWindowsServer2012の終了
今年は2017年であるからして 2020年だと2年2カ月程度・・・
2023年としてもぎりぎり5年となってしまう
今選ぶべきは・・・
Windows10とサーバー2016系となってしまいそうな選択肢
ちなみにオフィスシリーズは
Office2007が延長2017/10/10をもって終了
Office2010が延長2020/10/13をもって終了
Office2013が延長2023/04/11
Office2016が延長2025/10/14※Personal2016は延長サポート対象外www
こんな感じのライフサイクル一覧となっております
自作PCまでOSの選択肢が制約される結果となっており
実質Windows10しか選べませんになってきております
これはなんとなくというか薄らぼんやりだけど
通信インフラが劇的な変化を遂げるとき5Gやら次世代やら・・・
そのときデスクトッフ゜PCは終焉を迎えるのかもしれないと思わずにはいられない今日この頃なのであります
転ばぬ先のOSライフサイクル一覧なのであります

Windows10 Pro 64bit 日本語 DSP版 DVD LCP 【紙パッケージ版】

新品価格
¥10,590から
(2017/9/6 16:16時点)



Microsoft Windows10 Home Premium 64bit 日本語 DSP版|DVD LCP(紙パッケージ) USB増設PCIカードUSB2.0

新品価格
¥12,969から
(2017/9/6 16:16時点)



30日でできる! OS自作入門

新品価格
¥4,104から
(2017/9/6 16:17時点)



Microsoft Windows 10 Home Creators Update適用 32bit/64bit 日本語版 (最新) |オンラインコード版

新品価格
¥16,899から
(2017/9/6 16:18時点)


2017年08月01日

本日のお題 最近のメーカー製パソコンについてあれこれ やっぱりリカバリーCDは必要だよね

本日のお題 最近のメーカー製パソコンについてあれこれ
ビットコインの分裂という話題の今日この頃ですが
本日はメーカー製のパソコンについて
Windows10真っ只中の今日この頃 アニバーサリーアップデートやらクリエイティブアップデートやら
いつまにか アップデートが降ってくる が しかし エラーやトラブルのリスクもあるわけです
古くから 新しいものが必ずしもいいとは限らない は 鉄則!
特に パソコン事情としては 安定が一番なわけです
そう考えると Windows7は 最高だったなと思い出に浸っております
ライセンスシールがなくなり デジタルライセンスへ
リカバリーCDやDVDがなく Windows10 修復と初期化などなど
そしてデータは自己責任で守りなさいというスタンスが非常に強くなったように思えます
古き良きBIOSがUEFIへと変貌し今だ安定の域には達していないように思えるのです
古き良き リカバリーCDやDVDの時代が懐かしく思える2017年の夏なのであります
アップグレードには気をつけろと声を大にして言いたい今日この頃なのであります

Acronis True Image 2017 - 1 Computer

新品価格
¥3,534から
(2017/8/1 18:55時点)



HD革命/BackUp Next Ver.3 Professional 通常版

新品価格
¥7,647から
(2017/8/1 18:56時点)



ファイナル丸ごとバックアップplus Windows10対応版

中古価格
¥3,287から
(2017/8/1 18:56時点)



ファイナル丸ごとバックアップ 1台版

新品価格
¥3,300から
(2017/8/1 18:56時点)



完全データ復元PRO15

新品価格
¥6,449から
(2017/8/1 18:57時点)



ファイナルデータ11plus 特別復元版

新品価格
¥9,046から
(2017/8/1 18:58時点)



EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 10 1ライセンス【データ復旧・復元/データ削除・クラッシュ・誤フォーマットに対応】|ダウンロード版

新品価格
¥9,612から
(2017/8/1 18:58時点)


↓記事の検索はこちら ↓

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

新品価格
¥5,980から
(2017/12/13 14:42時点)

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)

新品価格
¥11,980から
(2017/12/13 14:44時点)

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル 【iPhone X / 8/ 8 Plus 対応 / Apple認証】コンパクト端子 ( ホワイト0.9m ) A7101021

新品価格
¥790から
(2017/12/13 14:48時点)

プロフィール
猫八さんの画像
猫八
猫八と申します!パソコンやスマホ ネット さまざまな日常品にスポットを当てて忘れないように覚書などしてます。 どうぞ 宜しく
プロフィール
おすすめリンク集