プロフィール
NPさんの画像
NP
競馬で作った借金約200万(奨学金除く) と向き合い、今後自分はどうするのかを考えるためにブログを作りました。
プロフィール
スポンサードリンク
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
リンク集

債務・借金 ブログランキングへ
最新記事

にほんブログ村
スポンサードリンク

2099年02月02日

このブログの作者の自己紹介

この記事はこのブログの自己紹介とします。
申し訳ありませんが都度修正をするつもりなので書き途中の部分があります。


NPと申します。
20代でかなり気の弱いサラリーマンです。
極度の人見知りで友達や知り合いがを少ないです。
運動もかなり苦手です。特に球技が苦手です(協調性が要求されるからかな)。
頭も悪く、学生時代の入った当初の成績は中学しかり、高校しかり、大学しかり、最下位レベルでした。
ただなんとか自分は向上するんだという気概だけはあり、最高学年になるころにはなんとか水準レベルになっている。
というのを繰り返していました(自分なりにいろいろ頑張ってようやくです)。
特に、大学の時は同年代に追いつくのが今までにも増してかなり厳しかったのをおぼえています。
そして社会人・・・究極のダメサラリーマンとしてなんとか1日1日生きています。

現在(平成26年2月2日現在)、330万の借金という事態となっております。

時期を明確に覚えていないので書きません(書けません)が借金歴は以下の通りとなっております。

@プロミス50万
はじめての借金だった。自動契約機を使用して契約したが本当にどきどきしたのを覚えている。
なにしろはじめてだったから。。。
このとき、オペレータから「在籍確認をさせていただきますがよろしいですが?」
ということを言われ、恥ずかしながらかなりうろたえてしまったのを覚えている。
ここから地獄がはじまる。
借り入れた50万はすぐに競馬で溶かしてしまったのだ。

Aプロミス100万(増額50万)
競馬で溶かしてしまい、また手持ちが極端に少ないという状態になってしまった。
ここへ電話で増額しませんか?という電話がきた。
はじめは断ったが、自分の甘さに負けて増額へ。。。
ちなみにこのプロミスだが、延滞を全くしていないにも関わらず、いきなり出金停止となってしまった。
この点についてはかなり不満があった。
考えられる原因としては常に天井になっていたというところか。。。
もちろん連絡もなしにだったため、本当に驚いた。
この時期にはもうすでにその月のお金の工面に大変困っていたため、この出金停止は大変こたえた。。。
そのため、次の借入先を探すことになる。

Bアイフル30万
大ピンチ状態であわてており、どこに借入ようか・・・と悩んだがアコムへ借り入れようと思った。
ところが、ここの自動契約機が誰かに使われており、
近くにあったアイフルの自動契約機へ行くことに。。。
ここでも難なく契約ができた。
ここらへんまでは正直審査で落ちるということは想定もしていなかった。
勝手に属性が良いほうなのか?と根拠もなく考えていた。

Cアイフルおまとめ130万(プロミスは0へ)
プロミスのいきなりの出金停止には少し腹が立っていたなか、
アイフルからおまとめのおすすめ電話がかかっていきた。
こちらもはじめは断ったが、アイフルの限度額も天井になっており、利率も17.8%
と高かったため、債務は一本にしたほうがいいという考えもあり、承諾することにした。
自分自身、在籍確認が怖く、おまとめの際に在籍確認は再度ありますか?ときいたところ
特別に今回は行いませんという返事がきたというのも大きい。
ただおまとめの手続きのときのおすすめ電話をかけてくれた営業の人(?)
の誘導の仕方があまりよくなかったように思う。
ただ、事務の女性の対応は良かったし、手続き後の返済関連は特に悪くない。
返済をATMから行う場合はセブン銀行などだと手数料がかかるのが悲しい。

D三井住友銀行カードローン50万
僕が申し込んできたカードローンの中で最も満足している。
またしても競馬で消費し、生活に必要なお金に苦慮し、カードローンを必要とした。
もうこのレベルになると完全に悪循環にはまっており、超危険な領域に入っている。
借金をしてから知ったが、アイフルや、プロミスといった消費者金融のカードローンには
総量規制というものが存在し年収の3分の1以上は借りられないということを知った。
ただ銀行系カードローンは総量規制対象外で、審査に通れば、借りることができるということを知った。、

E三菱東京UFJカードローン(バンクイック)50万

F新生銀行カードローン 審査落ち
G住信SBIネットローン 70万(スタンダードコースのため利率が14.8。プレミアコースに通ると10%以下なので大きかったが。。。ここが分岐点だった。)
H三井住友銀行カードローン70万(増額20万)
Iオリックス銀行カードローン 審査落ち
J楽天銀行カードローン 審査落ち


スポンサードリンク





posted by NP at 15:15| Comment(15) | 自己紹介

2017年12月13日

苦しい

禁ギャンブル158日となる。

気持ちはかなり萎えている。
特に今週のはじめはきつかった。
とてもネガティブな気持ちになって、
久しぶりにネットで良くないとは思いつつも「○にたい」だとか検索をかけてしまった。
土日もなにか大金を手に入れて仕事なんてやめちまおうというか。。。形容が難しいが信用取引でFXでもやりたいかのような気持ちにかられた。
当然競馬もやりたくなった。GAに行ってなかったら危なかったかもしれない。

禁ギャンブルを始めた当初の勢いはどこにいってしまったんだろうというぐらい勢いは弱くなっている。ジョギングもあまりできていない。
筋トレの勢いもまるでない。

調子のバロメーターはだいたいジョギングの頻度で換算できる。今のペースは仕事や資格の勉強でどうしても忙しすぎたときを除くと、禁ギャンブルを開始して以来最悪ペースである。
体調が悪ければやらないほうがいいのだが、今回はただ怠惰な気持ちであるだけでやらないときもある。

仕事で相当なプレッシャーがかかっていることも一つの要因だと思う。明日は山場だ。。。恥をかいても笑われてもいいという気持ちでむかっていかなければいけない。

本当は月曜日にブログを書くつもりだったが今日になってしまった。今日はかけてよかったと思う。

2017年11月29日

なぐりがき

禁ギャンブル144日となる。


仕事で急に偉い人から電話がかかってきて、ある依頼をされたが、その段取りが今考えるとうまくなくて

別の優しい偉い人に気にかけてもらって助けてもらったりとか。

同期からの発言に対する返答があれでよかったのか。

他部署の人間に対していらんこと言ってしまったんじゃないか。



あまりに至らないことが多すぎる。

ギャンブル漬けのときはこういったものから目をそむけていた。

刺激をさらに強い刺激でごまかすみたいなもので精神状態は悪化の一途をたどった。

最近はある意味開き直りというか、あきらめをしているから

とりあえず自分の中であれはこうすべきだったという自分の中での解をだした上で

極力悩むのはやめるようにしている。

とはいえ最近はかなり自分の業務その他負荷がかかっていて

まいってしまっている。うまく開き直りができないときもある

極めて不器用な自分が一般的に求められる水準に達するのはハードルが高い。。。



そんななかでやるべきことは

とにかく勉強かなと思う。

まずとっつきやすいのは資格である。

自分の仕事と関係している資格を勉強する。

世の中的な常識、知識を身に着けることは多少自信につながっている。

禁ギャンブルをする前(1年半前)から開始しているが、少しは自分に身になっていることを感じてはいる。


会社内では、組織内ではありがちなことだが、おかしいことがまかり通っていることが多い。

最近問題が表面化している相撲協会の件もそうだ。

なぜそうなってしまうかといったらやはり「声が大きい人が勝つ」という文化が定着してしまっており

それが間違った方向に向けているからだと思う。

会社にいる時間だけで学ぶのは極めて難しい。

情報は一部の人間に牛耳られている。正しい情報もどれか不明だ。

そんななかでやることといったら先人の人が残してくれたもののなかで、ありがたいことに公になっているも

のを学んでいくしかない。

自分はもう出世なんて当然無理で、社会的にも終わっている。人生もあきらめている。

だが、衣食住は確保したいとこの期に及んで思っている。生きていける力をつけたい。

自分は弱者なのでひたすら勉強していく。


あとそこらじゅうに蔓延している二枚舌野郎は野放しにしてはいけないという思いがある。

2017年11月18日

疲れている

禁ギャンブル133日となる。

仕事にしろプライベートにしろ、嫌なことはかなり多い。

自分はギャンブルをそうしたあらゆる嫌な事柄ぼかすというかごまかすことのために依存しきっていた。


ギャンブルから離れてまだ4ヶ月となるが、ギャンブルをしなくなった分

時間が増え、直接的な解決に結び付けるための思考に結び付きやすくなった半面

嫌なことと向き合う時間が増え、不快な状態でいることも多々ある。

今後も長い闘いが続きそうだ。



2017年11月07日

あのころの熱を持って再度スタートしたい

禁ギャンブル122日となる。


GAには参加していたが

ブログを書くのは1ヶ月ぶりとなる。

1度書かなくなるとどんどん書くのが億劫になってきた。

どういうことを書こうかとか考えることをしないといけないので案外気力がいる。

いかに自分が習慣に弱いか思い知った。



この1ヶ月は鬼のように仕事が忙しかった。

久しくなかった深夜帰りも数度あった。

それに加え、結構前に書いた自分の1つ目の「課題」もあり

通勤・帰宅での勉強、土日の勉強もしなければならずきつかった。

その間、鍛錬を行う余力は残っていなかった。



「課題」は先月下旬に終わったが、自分にとってはかなり過酷な数週間だったので

燃え尽き症候群とでもいうのかやる気が失われて日々の鍛錬もおろそかになっていった。

自分の弱さが出た。




そんな中、先日、2週間以上ぶりにジョギングを行った。

大して日数は経っていないのに筋肉痛になってしまった。

いかに自分が弱いか、鍛錬しなければどうなるのか思い知らされた。

また、走っている途中、少しだけ競馬をやめて間もなかったころのことを思い出すことができた。

ギャンブルをやっていたことで自分の可能性を相当に制限してしまっていた。

自分は社会的には終わってしまったが、これからは「いつか」とか「きっと」ではなく自分の可能性を試していこうじゃない

かという気持ちでスタートとしたあの頃の熱を持っていきたい。


2017年10月07日

ga ギャンブラーズアノニマスへ行ってきた15

禁ギャンブル91日となる。

今週のGAにおいては仲間と分かち合い以外の時間で交流することができ

とてもうれしかった。

人見知りの自分にとってはこういうつながりは大きい。


最近思うことがある。

GAに自分より後に初めて来られた方の中で

話すことがうまくない人が次も来る可能性が相当に低いことだ。

その気持ちはとてもわかる。

自分はすごく話すのが苦手で、いつもたどたどしい。

毎回自分の番となるとかなり緊張していて、何を話そうかと悩んでいる。

とはいえ、GAに来るのはかなり自分と向き合うことにつながっている。





今週から意識していることがある。

通勤時間の有効活用である。

通勤において電車のなかにいる時間が自分の場合それなりにある。

それをいままで何に使っていたかというと

これから立ち向かう仕事が嫌だからとスマホでくだらないサイトを見たりしていた。

帰りもグッタリしながらやはりスマホだった。

現実逃避をしても仕事はやってくる。

であれば自分を高めることに使うべきだ。

それはわかっていたのだが、自分と向き合えていなかった。

今週は通勤を勉強に使うことができた。

どれだけ続けられるかわからないが。。。

2017年09月30日

ga ギャンブラーズアノニマスへ行ってきた14

禁ギャンブル84日となる。

今回のGAは非常に刺激的な話が連発であった。

個人的にはまさに「ヒット」な開催になった。

勇気を出して話してくれた内容は心の琴線に触れる。

特に今回僕は相当ブルーというか後ろ向きな気持ちになっていたので

また頑張って歩まなければという気になった。



現在だが、

弱い自分と向き合うために、あえて実力以上の課題に2つ取り組んでいる。

これの片方がちょっと自分には荷が重かったようだ。

精神的にきている。

これに仕事はもちろんジョギングや音読、筋トレなど日々自らに課したノルマも加わり

だんだん雁字搦めになってきた。

忙しすぎる。

忙しければギャンブルから離れられるという単純なものでもない。

気をぬいてギャンブルをやってしまわないように気を付ける。

2017年09月23日

ga ギャンブラーズアノニマスへ行ってきた13

禁ギャンブル77日となる。


気持ちがマイナスに行き過ぎているときはリラックスさせてくれる。

気持ちが高ぶりすぎているときは落ち着きを取り戻してくれる。

今回のGAは自分の中では「ヒット」なほうではなかったが

改めて自分の立ち位置を確認させてくれたと思う。


今週は仕事の関係で自分の気持ちに大変重荷となっていたことが何個かあった。

いや、常に仕事は憂鬱なのだが、今週はいつも以上にきつい気持ちであった。

こういうときというのはたいがい、ギャンブルに走る。

陰鬱とした気持ちをごまかすため(厳密にはほかの要因が大きいが)ギャンブルに行く。

そしてそのいやな仕事が終わってもギャンブルに行く。

このギャンブルというのは競馬に限らない。むしろゲームセンターのメダルゲームがかなり多い。

そして色々とごまかす。

嫌な事柄に向き合うことをしてこなかった。

今回はいやな仕事が終わり、憂鬱な後処理などのことを考えたり、自分の行動を反芻しながらジョギングをしていた。

走りながら、「そういえば今まで、こうやってゆっくり考えたりもせず、ひたすらごまかしてたなあ」

と思った。

ただ過ごすだけでも勉強になる。そんな日々に思う。


2017年09月16日

ga ギャンブラーズアノニマスへ行ってきた12

禁ギャンブル70日となる。



ギャンブル山で10年近く山中をさまよってて

今日1日を重ねるごとに一歩ずつ遠くなっていき、この山はこうなっていたのか〜

と見渡せる範囲が広くなっている気がする。


しかし1回やってしまえば元通り。

また山の中で遭難してしまうのである。

だから怖い。

今はやってしまう感じはない。

だが、そこが逆に怖い。

まだまだ安全圏とは程遠いと思う。


とはいえGAは行っている。

もはやギャンブルをやめるためだけの場ではない。

2017年09月09日

ga ギャンブラーズアノニマスへ行ってきた11

禁ギャンブル63日となる。


ギャンブルをしなくなって自分の持つ時間が長くなった。

そんななか、考えること時間が増えたからか、

今まで固い殻で覆われていた身体から1枚1枚時間とともに殻がはがれてきて

心の弱い部分が露わになり、「この気持ち」から逃げたかったんだな

というものが少しだけ見えてきた。

正直とてもつらい。

これからもどんどん見えてくるのだと思う。


そんななかのGAであったが、非常に有意義なものだった。

仲間の中に強烈な体験についてのことを話している人がいて

自分の体験と重ね合わせて言葉にならない気持ちになった。

また仲間たちと1日1日重ねたいと改めて感じた。

また、明日から気合をいれていきたいと思う。