広告

posted by fanblog

2015年09月11日

ESBI クワドラントにつて 

ESBI クワドラントについて

ESBI.jpg
ESBI クワドラントと言う言葉皆さん聞いた事があるだろうか?

どうやらこの考え方ネットワーカーさん達の間では常識的な知識らしい。

ロバートキヨサキ氏が出した「金持ち父さん貧乏父さん」と言う本の

キャッシュフロー・クワドラントの中に詳しく書いてあるらしいので、

興味のある方は是非そちらで確認して頂きたい。

これを知っているのと知らないのでは大きな差があると思う。

とても素晴らしい考え方なのでものすごく簡単で分かりやすく

解説してみる。


僕の中でのESBIの理解はこんな感じだ。

ESBIつまり

Employee(従業員)
Self employee(自営業者)
Business owner(ビジネスオーナー)
Investor(投資家)

についての話である。

この世には収入を得るためにはこの4つの働き方のどれかに属している

と言われている。

それぞれの働き方についてどのような特徴かと言うと

Employee(従業員)
現在の日本の中で働く約8割の方がこれに当てはまる。
いわゆるサラリーマンなどの給料所得者である。

Self employee(自営業者)
中小企業の社長、個人事業主、芸術家などの方々。
従業員は雇っているかもしれないが、自分もそれらの業務を行っおり、
自分が働かなければ何かしらの影響がでる立場の人たちである。

Business owner(ビジネスオーナー)
自分が働かずしても収入が得らる様な人々。
分かりやすく言うと不動産収入や印税収入の権利を持っている人々である。

Investor(投資家)
株、不動産、為替、債権などに投資することで利益を得ている人たち。


労働収入型
EとSに属する人というのは
時間と収入がZの法則に当てはまる

図2.jpg

働けば働いた分収入は増えるが時間がなくなる。
逆に、時間を作ろうとすれば働けなくなるので収入(利益)は下がる。
つまり働いた時間に比例しており、時間を対価にしている体型である。
時間:収入
の関係が
1:1
である

権利収入型
BとIに属する人は働いた時間に対して
収入が∞(無限)、つまり限界がないのである。
時間:収入
の関係が
1:∞
である

どちらが良いかは人次第であるが、
たいていの方は
権利収入型が良いと言うのではないだろうか?
posted by nbca8net at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4168668
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索




最新記事
カテゴリーアーカイブ
タグクラウド
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。