広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2022年04月20日

【合格資格一覧】2022年4月20日版

昨年やってみた合格資格の棚卸し。今年もすることにしました。

1.電気・無線系
・アマチュア無線技士(電話級、第三級、第二級、第一級)
・第一級陸上特殊無線技士 ← NEW
・工事担任者デジタル第1種
・ラジオ・音響技能検定3級

2.IT系
・第二種情報処理技術者
・ITパスポート ← NEW
・ITコーディネータ補
・オラクルマスターSILVER8i、GOLD8i

3.法律・不動産系
・行政書士
・宅地建物取引主任者(現宅地建物取引士)
・福祉住環境コーディネーター2級

4.簿記・会計系
・日商簿記3級

5.食品・医療系
・登録販売者
・食品衛生責任者

6.消防系
・危険物取扱者乙種4類
・消防設備士乙種4類

他に現制度の2次試験受験資格(1回のみ)として
・旧制度中小企業診断士(情報部門)1次合格

昨年から2つしか増えていません。第二種電気工事士の技能試験、情報セキュリティマネジメント、管理業務主任者の不合格が痛かったです。特に情報セキュリティマネジメントについては、リベンジ戦で午後試験あと1点を取りこぼしたのは大失敗だったと思います。どの試験も十分に対策して今年リベンジします。
あとやはり語学系にも取り組みたいですね。



2022年04月19日

ひそかにブログ名変更しました

いきなりですがブログ名変えました。

変更前「55歳から資格取得を再開するぞ!」
     ↓
変更後「55歳から資格取得を再開したよ!」

大した変更ではないのですが、ブログ開設から数年経ち今は還暦を超えてしまい、新たな資格も取得中なのでブログ名が相応しくなくなったのが理由です。

ボケるまで続けるつもりなので、これからも宜しく銅像🥉象お願いします!



posted by nawojiro at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2022年04月15日

【測量士補】受験票来ました





測量士補試験まで残り1ヶ月になりましたが、本日4/15に受験票が届きました。

DSC_0662.JPG

画像はハガキの裏面ですが、この通りプライバシー保護シールが貼られています。剥がすと申込時に書いた受験地・受験区分・氏名・生年月日・性別の欄に受験番号が振られて、試験場のシールが貼られてきます。ちなみに東京大学駒場Tキャンパスです。

さて測量士補の勉強ですが、今まで合格した資格の知識が生かせる訳ではないので、時間がかかっています。特に計算問題は面倒です。

合格点は28問中18問。計算問題はおおむね10問出題されるので、仮に計算問題を全部捨てるとギリギリです。
そんな危ない橋は渡れないので、最低でも5問は確保したいところ。とはいえ勉強時間は限りがあるので、何とか上手くやる方法を考えつつ地味に解いています。さあどうなるか。

測量士補 過去問280 令和4年度版

新品価格
¥2,970から
(2022/4/19 09:25時点)






タグ:測量士補
posted by nawojiro at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 測量士補

2022年04月14日

【ITパスポート】正式合格しました

3月に受けたITパスポートですが、試験直後の試験結果リポートでは合格見込みでしたが、4/14にIPAのサイトで正式合格を確認しました。

スクリーンショット 2022-04-14 184644.jpg

情報処理試験の合格は、なんと情報システム会社にいた昭和の時代に取った二種情報処理技術者以来です。
その間に試験の種別が増えたり名称変更があったりした訳ですが、情報処理試験はなんか古臭い感じがしてあまり興味がありませんでした。仕事自体がクソ忙しくて余裕が無かったこともありますが

その後フリーになってからは、技術系はオラクルマスターを試験を受け、経営系は旧制度の中小企業診断士やITコーディネーターを受けていました。

ふり返るに昭和の終わり頃は、下々の者に対してまだマネジメントやストラテジーの必要性を声高に叫ばれる時代ではありませんでした。開発現場では工数管理やスケジュール管理ができれば十分。とにかく体力勝負でやれと。

今もそのような体質も多少残ってはいるでしょうが、時代はすっかり変わりました。ネット時代になりかつての情報処理はITと呼ばれるものの中に組み込まれました。そして現在はIT無しに経営は成り立たなくなり、経営者・従業員の区別なくIT全般の基礎知識が不可欠になったといっても言い過ぎではないでしょう。

そんなんでITパスポート取得を奨励する企業は少なくないようです。しかし普段からITにあまり興味が無かったり意識していない人にとっては、妙に範囲が広くどこから取り組めばよいか迷う試験かなと想像します。
もし会社から補助が出るのであれば、フォーサイトさんのような分かりやすい講義動画とテキストが用意され、しかもリーズナブルな価格の通信講座を受けるのが合格の早道でしょう。





本試験は100問出題され、試験慣れしていない人にとっては集中力の維持がカギとなります。私のように本試験の途中で眠くなると最悪です。ひたすら過去問を解いて頭の体力をつけながら、問題に慣れるのが大切と思います。

(全文PDF・単語帳&過去問アプリ付)かんたん合格ITパスポート過去問題集 令和4年度 春期 (かんたん合格シリーズ)

新品価格
¥1,298から
(2022/4/16 16:16時点)




この4月からITパスポートの受験料は、先行した他区分と同様に7,500円に値上げしました。正直安いとはいえない試験です。1回で合格したいものですね。機会があれば勉強のコツのようなことも書きたいと思っています。




ファン
検索
<< 2022年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
リンク集
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


資格・スキルアップランキングへ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。