最新記事
カテゴリアーカイブ

2019年06月03日

子宮筋腫を腹腔鏡手術で取ったときの話

平成30年3月に子宮筋腫を取る手術をしました。

その時に手術や入院に向けて色々調べたりしたので

誰かの役に立てる事を願ってここに書こうと思います。

ずっと書こう書こうと思って一年以上経ってしまいました。。


※あくまでも素人の意見、記憶なので参考程度に見てください

今思えば、あれは子宮筋腫の兆候


毎年夏に知り合いの家でとあるお手伝いをさせていただいていて

その時、午前中に一度もトイレを借りることがなかったのに

とある夏から、午前中にトイレを我慢できなくなることが

多くなっていました。

「あれー?おかしいなー。去年は全然トイレ遠かったのに。。歳かなー」

くらいに思っていました。

今思えば、あの時から筋腫は育っていて

膀胱を圧迫していたのだと思います。

泌尿器科に行ってれば、膀胱炎ではない頻尿なので

白血球の数も少ないし、子宮筋腫も少しは疑われたのかなと思いますが

今となってはわかりません。

そして、事件


少しリアルな表現になります。

いつも通り普通に生理が来て

2日目くらいのとある朝、起きたら事件。

本当に事件。

殺人現場の後(見たことありませんが)みたいに

血がお布団に広がっていたのです。

これはやばいと思い、婦人科へ。

それまで一度も婦人科を受診したことのなかった私は

ネットで調べて、車で家から一時間ほどかかる女医さんがいる病院へ。


そこで検査を受けました。

検査としては、

エコー、内診だったと思います。

「はい、ズボンと下着を脱いで椅子に腰かけてください」という

想像するアレです。

エコーも下着を脱いで診察台に座った状態でおまたの方から当てられます。

カーテンで仕切られており、診察中はお医者さんの顔は見えません。

私が行ったところはモニターだけ見える位置にあって

お医者さんがエコーを当てながら

「あー、、腫瘍がありますねー」と言われました。

「悪性の可能性もあるから、病理検査もしますねー」

とのことで、細胞を少しとられた様子。

細胞取るときに、特に痛いとかはありませんでした。


今まで入院もしたことなく

骨折くらいしか大きなことで病院にかかったことが無かった私が

腫瘍と言われたときの衝撃。。

「えっ!?」と思うのと同時に「そうですよね」とも思いました。

だって、起きたときのアノ血の量。。異常でした。


直径5センチほどのボールのような筋腫が一つ。


そして、採血もしました。


病理検査の結果と通院


日を改めて病理検査の結果を聞きに行きました。

悪性の場合、いわゆるガンということだと思います。

それはないだろうと思いましたが、

やはり怖かったです。


結果、良性腫瘍とのことでした。



手術した方がいいと思うけど

困らないならこのままでも大丈夫

とのこと。

手術に踏み切れなかった私はこのまま様子をみることに。


前回病院に行ってから、いろいろと筋腫のことを調べていた私。

ネットに「低用量ピルが筋腫の縮小に効果があることもある」という記事を見つけました。

今回、先生にそのことを聞きました。

答えは「飲んでみないとわからない」とのことでした。

焦りまくっていた私は「やってみたいです」と伝え、

低用量ピルを飲むことに。


おりものの増加


前回通院から2、3か月経ったころでしょうか。

とある時期から、おりものが増えてきました。

クラミジアとかの可能性もあるから検査してみましょう。

とのことで、検査しましたが以上なし。

「筋腫のせいで出ているのだと思いますよ」と

はっきりしない返事を受けて病院から帰ってきました。

その後、おりものは改善せず、不安になって私は

別の病院にかかることに。

結局、男性のお医者さん


こうなったら恥ずかしがってはいられない!

と、内診に慣れた私は前の病院より近くの

口コミが良い男性のお医者さんの元へ。

エコーを見るなり、

「かなり筋腫が大きいですね。手術したほうがいいですよ」と。

「今度紹介状書きますから、A病院、B病院、C病院から選んできてください」と。

各病院の特徴なども教えてくれました。



あれだけ率直に言われたら、やっぱり手術するべきなのだろうと思い

次に行ったときに紹介状を書いてもらいました。

地元では高級で有名な病院にしました。

待ちが無く比較的すぐに入院できるのと

病院がきれいなこと
(意外にこれ大事だと思います)

先生方の経歴などを見て決めました。



〜続きは執筆中です〜
posted by kappa21 at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8859827
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
プロフィール