ファン
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事

2019年01月08日

知らないことが好奇心を擽る


大人男に似合う品があって気軽に買える遊び服が揃うお店【G-STAGE】










特に男子!!!






見えないから興奮することってありませんか?









女子!!!





スカートを短くする意図はなんですか?











正に、この二つの考えが一致するからこそ、男は興奮し女は興味を持たれる仕組みだと思います。







もしも、興味を持たれるのを前提にスカートを短くされていたら軽い女とレッテルも貼られるでしょう。




しかし、今日は長く明日は短くと毎日違うスカートの長さで居たらどうでしょう。





なら明日は短いかな?長いかな?と興味を持たれますね。






同じ興味でも、何に対して興味を持たれるのかを考えないと、ただの変態になってしまいます。









見たいものを焦らされるだけ興奮するのも同じですね。










好きな人のことを知りたいと言う心理を利用すれば、あえて小出しにすることで長い間、興味を持ってもらえます。





その出し方などはまた別の話として、人間は全てを知ってしまった時に飽きてしまうと言うことを理解することが重要です。






飽きられてしまっては、それ以上のことをしなければなりません。






見てわかるのが売れてないアイドルですね。







アイドルは人気が全てです。







売れてる=人気と言っても過言ではないでしょう。







逆に、売れるためには人気が必要です。





人気を得るために注目を浴びようとします。






注目を浴びるのに女であることを利用しない手はありません。







するとどうでしょう。







まずは水着にでもなって写真撮影会や写真集を出そうとします。







これで注目を浴びて人気が続けば御の字です。







でも、同じようなことを同じようなアイドルが行えばどうでしょう。






すぐに人気はまばらとなり、いずれ注目は浴びなくなるでしょう。






そしたらまた人気を取るために水着を脱ぎ捨てるとします。






するとまた注目を浴びて人気者になれるかも知れません。







落ちるとこまで落ちるとは正にこの事ですね。







全部さらけ出してしまっては、もう次に脱げるものはありません。







そうなってしまってはもう順当なやり方では注目は浴びれないですね。







もちろん、個性があり人を惹きつけることができる人であれば、脱ぐ度に人気が上がってくるでしょう。







そんなことがなくても、一時はチヤホヤされると思います。








長続きしなければ意味がないんですよ。






その時だけ良くてもダメなんです。






いかに、相手の興味を知り、焦らすことが出来るか?それだけで、常に目を離せない存在になれるのです。




大人男に似合う品があって気軽に買える遊び服が揃うお店【G-STAGE】

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8441811
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
ノンフィクションの人生 by donpei (09/19)
メンタル by donpei (08/09)
プロフィール
ナポリタンRさんの画像
ナポリタンR
極端な性格で白黒付けたくなるのが私です。 中途半端が嫌いで、中途半端なことが出来ないので、八方美人にはなれません。 熱し易く冷め易いのもあり、仕事も趣味も恋愛もピークを迎えてからは常に刺激を求めるようになります。 ノリはいい方だと思いますので、一緒に居て飽きさせない自信はあります! 物書きが好きで小説書いたりライター業したりチャンスを掴みに行く途中ですが、ここでは『恋愛』について私自身が体験したことと偏見をもとに書き綴って行こうと思います。 ブログのタイトルでもあります、ここから始まるドリームロードは、私のブログを読んで頂きあなたの夢が叶う道になれればなと思い付けました。 もちろん、これをきっかけに私自身も道が広がればなと思っていますので、一緒にドリームロードを歩んで行きましょう!
プロフィール