広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

体型診断してみよう

体型診断してみよう

体型診断についてです。若い人を中心に、他の人から自分の体型がどのような印象に見えるかを気にしているようです。太り気味の体型には様々な言い表し方がありますが、ふくよかというか、肥満というかで、印象の良し悪しにも影響します。体型を気に掛けているという人は、診断を受けることで自分の体型をどう解釈すべきかを知ることもいいでしょう。ネットの診断サイトで、自分の体型について調べてみてもいいでしょう。体重や身長に体脂肪などの情報を加味して、自身の体型をどのように解釈できるかわかるサイトも存在します。自分の体型は標準か、あるいは肥満か、もしくは隠れ肥満体型や筋肉質体型、痩せ体型などの分類にあてはめることができます。体型を判断する計算式は数多く存在しますが、それらの中でもよく使うものにBMIという方法で体型を知る手段が存在します。BMIは身長と体重の数字から計算するもので体脂肪率は使いませんが、両方の視点から考えることで体型への判断ができるようになります。日本人の標準BMI値は22です。標準の範囲を基準に体型を診断しますが、実際日本の女性は痩せ志向が強いようです。診断すると、標準値は20前後となるそうです。見た目の体型診断を基準に考えるのであれば、少し細身でなくてはならないのは、日本独自の感覚のようです。日本以外の国での診断は、細い女性よりふっくらした体型の女性の方が好ましいという基準を有しているようです。

シェイプアップの情報が満載です。↓↓↓

シェイプアップは部位別に

メタボ体型と診断されたら

メタボ体型と診断されたら

健康であることを確認するためにも、体型診断は重要です。健康診断で体型をチェックする時はメタボかどうかも大事であり、中年以降の男性に多いとされています。おなか周りと血液中の中性脂肪の数値などから生活習慣病にかかりやすい人を割り出し、通称メタボとして個別に健康指導しています。メタボかどうかの判断は、まず前提として腹囲の計測結果が関わってきます。メタボ体型か否かの条件には、へそまわりのサイズが男性85p、女性90pというものがあります。体重が少ない人でも、腹まわりのサイズによってはメタボと診断されることがあります。体重だけを見て体型を判断しないことが大事です。特におなか周りが出ている人は注意が必要です。メタボ体型と診断された場合、まずは食生活を見直すことから始まります。メタボと診断された人の多くは脂っこい食事を好むので一つの原因になっています。食べ過ぎを控えることは当たり前のことですが、栄養バランスを考えて、油脂の多い食事の機会は減らしましょう。普段から運動をする機会がないという人が、メタボには多いといいます。加齢と共に運動の頻度は減っていくようですが、体を使うことは健康な体づくりには重要です。体型診断の結果がメタボリックだった場合、健康のためには早期の解消が重要ですので、食事や運動などできることから実践していってください。

シェイプアップの情報が満載です。↓↓↓

シェイプアップは部位別に


シェイプアップとリバウンド対策

生姜紅茶ダイエットでシェイプアップ

下半身シェイプアップのダイエット方法

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。