2018年03月31日

レクサス新型ESはいつ発表されるのか?

さて、ニューヨークモーターショーが開幕しましましたがレクサスでの発表は「UX200」であり、FFセダン「ES」の発表はありませんでした。
日本ではレクサスHSが昨年12月から受注を停止しており、駆動方式がFFのセダン車が不在となっています。


Lexus-ES-atomic-silver-gallery-overlay-1204x677-LEX-ESH-MY16-0017.jpg


次なる主要なショーは 4 月 25 日~5 月 4 日に開催される、北京モーターショー。
今夏、UXより先に発売されると噂の大型セダン「ES」はここでお披露目しないと発表まで時間がありません。よって、ここで発表されるはず・・・

海外サイトでは、新型ESと思われるスパイショットもいくつか出始めており、ESが発表待ち段階であるのは間違い無し。
新型LSにも通じる第3世代レクサスっぽい感じですね。

I3gaO8ApwCSfICS7DehS7Gb4B1YgECbo2TpR4coBlOs.jpg
http://www.thedrive.com/new-cars/18697/2019-lexus-es-apparently-caught-testing-in-kentucky
https://www.reddit.com/r/Lexus/comments/7z69dd/camouflaged_lexus_in_lexington_ky/

なお、日本で商標登録が完了している「ES」のネーミングは次の4つ。(以前から増えてません)

ES300
ES330
ES300h
ES350

現在北米で現行ラインナップとして存在しているのが「ES300h」と「ES350」ですが、日本では同じFF駆動の新型カムリまたは新型クラウン(2.5L+HV)と共用すると考えられるので2.5Lダイナミックフォースエンジン+THS2を組み合わせた、「ES300h」1本で展開と考えるのが自然でしょう。


さて、以前コメント投稿いただきましたが、レクサスGSに関してはいくつかの海外サイトでも販売停止との噂がある旨の記事を発表しています。(日本ではしばらく販売される見込み)

https://www.carscoops.com/2018/03/lexus-stop-producing-gs-europe-april/

Lexus-GS-07.jpg

あらためて見ると、特に現行F SPORTのGSはコンセプトモデルに近くてカッコいいですよね。
このGSに「LS500」のツインターボエンジン+10速ATを搭載してほしかった・・・。

日本では受注停止の話はまだ出ていないので当面は現行モデルが販売されると思われますが、新型クラウンと新型ESの「日本初導入」で現行GSの受け皿をあらかじめ設けておく・・・ということでしょうか?
新型クラウンはニュルブルクリンクで走り込みを行っているとのことですから日本市場以外のユーザーも視野に入れて、GSからの乗り換えでも動力性能には不満がでないよう開発していると考えられます。(室内の質感・装備面では差が生じるのはやむを得ませんが・・・)

GS300  → 新型クラウン2.0Lターボ
GS350  → 廃止
GS300h → 新型クラウン2.5L+HV or ES300h
GS450h → 新型クラウン3.5L+マルチステージHV

こう見ると、GS350(3.5LNAエンジン)の後継モデルがないことになります。
そうなると、LSの3.5Lツインターボエンジンの下に例えば、3.0Lツインターボエンジンを搭載したモデル(GS400?)があっても良いですよね。

また、基本設計がかなり古くなった「IS」についても後継車種の話がスクープされていないので、こちらの動向も不安です。SUV人気がヒートアップする反面、典型的なセダン型は販売数が減少しており、車種統合の的になっているようですが、伝統的なセダンタイプのクルマがトヨタ/レクサスブランドからも減少傾向にあるのは寂しさを感じます。

2018年03月30日

東京ミッドタウン日比谷「LEXUS MEETS…」LCで行ってきました!

2018年3月29日開業の「東京ミッドタウン日比谷」にちらっと行ってきました!
まずは気になる駐車場ですが、平置きもあるので結論から言うと、LC500/LC500h、LS500/LS500h、LX570といったレクサスの幅190cmを超える大型車両も駐車可能でした。

晴海通りから日比谷交差点を左折して東京ミッドタウン日比谷の駐車場に駐車するまでの「動画」を撮影したので参考にしてください。もっとも、土日はこんなにスムーズには行かないのでしょうが・・・




駐車スペースはかなり広いので余裕で駐車が可能。ただ、平置きエリアは結構少なく、六本木の東京ミッドタウンより少し多いぐらいかな・・・休日の昼間はすぐ満車になってしまいそうです。

th_IMG_0715.jpg



ちなみに、「機械式」はスライド式の突起物がないタイプなのでらくらく駐車可能。ただし、幅制限190cmなのが痛い・・・。LCの場合は係員に機械式に誘導されることはないでしょう。(入庫不可)

th_IMG_0714.jpg

館内に入ると、平日の夜ということもあり、近隣の会社員らしき方が多いです。
ただ、館内はおもったより狭いという印象。6階には空中庭園があります。
th_IMG_0605.jpg


レクサスブース「LEXUS MEETS…」は1階の非常に良い場所を占めています。
カフェで食事をされている方も結構いらっしゃいましたね!近隣会社員のちょっとした軽食にも良さそうです。(アルコールの提供もあり)
th_IMG_0688.jpg

展示車は2台。LCNXともに結構多くの人がチェックされていますね。
特に、スパークリングメテオのNXは目立ちますね〜
th_IMG_0692.jpg

LCはまだ見たことのない方も多いようで、じっくり車内に入り込みチェックされている方が多いです。
こちらも非常に注目を集めていました。
展示はLC500hの「標準グレード」なので、アクティブリヤスポイラーありのSパッケージを展示してほしかったろころ。
カーボンスカッフプレートの傷つき具合が心配(笑)

th_IMG_0702.jpg


皮革製品や雑貨も販売されています。折角なので、レクサスコレクションの販売も行えばいいのに・・・と思いました。

th_IMG_0701.jpg

シミュレーターでレクサス各車の内外装の組み合わせを確認可能。高解像度&大画面なのでかなり見やすい。
ディーラーオプションのTRDパーツ(ホイール、エアロ等)も反映されます。

th_IMG_0700.jpg

しばらくは混雑すると思いますが、素敵なレストランやカフェも多いのです。特に地下1階のレストラン街はおしゃれなオフィスワーカー御用達になりそうないい雰囲気柄でした!東京ミッドタウン日比谷、要チェックですね。

th_IMG_0705.jpg

2018年03月29日

LEXUS UX200 北米ではフルLEDランプはオプション?

ニューヨークモーターショーがいよいよ開幕!
特にSUVモデルが多数出展されると言われ、トヨタブランドでは新型「RAV4」の発表が話題です。


20_o.jpg


レクサスでは「UX200」がまずは出展されます。
「ワンダー速報」さんでもすでに記事にされていますが、北米仕様のUX200に関しては、先般ジュネーブモーターショーで公開された「UX250h」とは異なる点がいくつか見受けられます。
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2147.html

変更点で最も大きいのは、「3眼フルLEDヘッドランプ」が採用されていないこと。

18-03-27-gallery-lexus-ux-usa-3.jpeg


拡大すると、ウインカーが「バルブ式」であることが分かります。
メインのヘッドライトがLED式なのか、HID式なのか、はたまたハロゲンランプなのか・・・?
UXはSUVのエントリーモデルでもありますので、こういうところで差別化をしてきているようです。
もっとも、北米ではレクサスISにもフルLEDヘッドランプは採用されていませんが。(RCやNXもオプション)
th_スクリーンショット 2018-03-28 22.36.11.jpg

テールランプの意匠も微妙に変更されています。
18-03-27-gallery-lexus-ux-usa-4.jpeg


拡大図では、クリアレンズ部分がオレンジ色っぽく見えるので、フロントだけでなく、リヤウインカーがバルブ式である可能性が高いです。
18-03-27-gallery-lexus-ux-usa-8.jpeg


その他、マルチメディアシステムは「Apple CarPlay」に対応していますが、日本では高性能な「ハイブリッドナビ」が標準採用されますし、ハイレゾ再生にも対応するため、必要性はほとんどないと思われます。

18-03-27-gallery-lexus-ux-usa-27.jpeg

モータージャーナリストのインプレッションでも国内のレクサス車が「CarPlayやAndroid Autoに対応していないのは今更・・・」というインプレッションがありますが、ひどい出来栄えのナビアプリ「MAP」の使用を強いられるCarplayを使うぐらいならスマホの無償ナビアプリの方がずいぶんマシであり、オーディオやメルチメディア機能も決して使いやすいとはいえず、日本では仮にこれらが採用されてもあまり役に立たないのではと思います。
ちなみに、2017年LC以降の新ナビゲーションシステムでは、電話ボタンを長押しすることで、Bluetoothで接続したiPhone等のモバイル音声機能(Siri)を使用することができますしね。

ということで、「UX」については日本でもベースグレードはフルLEDヘッドランプではない可能性が高そうですね。
アダプティブハイビームシステムとセットでメーカープションということでしょうか。

さてさて、ところで「ES」はどうなんでしょうか??

2018年03月27日

マガジンX発売〜新型クラウンに驚きの「マルチステージハイブリッド」採用?

毎月26日は輸入車を中心に車雑誌が多数発売されますが、ニューモデルマガジンXも発売されます。
そのマガジンXですが、2018年5月号、表紙にレクサスの文字はありませんが、レクサスファンならば要注目の記事が!
https://mag-x.com/free_cont/index_member.html

▼楽天ブックス マガジンX 2018年5月号

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2018年 05月号 [雑誌]

価格:650円
(2018/3/26 19:38時点)
感想(0件)




1つ目は「新型クラウン」に関する記事です。
当方は以前から、新型クラウンは「2L直4ターボ」と「2.5L直4のハイブリッドシステム(カムリのFR版)」を当初発売し、マジェスタは廃止、と予想していました。そしてスポーツグレードにはGS350やIS350、RC350で改良採用された「3.5L V6エンジンの2GR-FKS」を採用・・・つまり、さすがにLC・LSで搭載された「3.5L+マルチステージハイブリッド」の搭載はコストの面からも採用はないだろうと・・・


th_DSC01969.jpg

しかし、マガジンXによると、「マジェスタ」の廃止の代わりとして、レクサスLC/LSに搭載された、「3.5L+マルチステージHV」が搭載されるとの衝撃の記事が!しかも記事には社内秘である「スタッフマニュアル」からの情報と思われるボディカラーやグレード名のほか、トヨタセーフティセンスやマルチメディアシステムの詳細情報が掲載されていることから、かなり精度の高い情報と思われます。(ちなみにベ○トカー誌でも同様主旨の記事あり。もっともこちらはハズレ記事が極めて多いのですが・・・)
th_スクリーンショット 2018-03-26 21.27.46.jpg

ここで問題なのは既存の「LS500h」/「LC500h」との関係です。
レクサスに搭載されたエンジンやハイブリッドシステムをトヨタブランドに搭載するのはごく普通の話なのでその点は問題はないのですが、マルチステージハイブリッドシステムは、LCとLSでもかなり高価な設定となっています。

具体的に・・・
 ・LSでは「ツインターボ」と「マルチステージハイブリッド」の価格差は「約140万円」となっています。
 ・LCでは「V8」と「マルチステージハイブリッド」の価格差は「約50万円」となっています。
 ・GSでは「V6」と「2.5L+ハイブリッド」の価格差は「約30万円」(V6の方が高い)となっています。
 
 つまり、マルチステージハイブリッドは新開発のV6ツインターボやV8エンジンよりも高価に設定されています。
 それをクラウンに搭載とは、マルチステージハイブリッドモデル採用モデルの価格はどうなってしまうのか?
 

現行のマジェスタは、「約643万円〜約699万」(特別仕様車除く)レンジですので、これより大幅に価格が上がることは確実(そもそもトヨタセーフティセンスの標準採用で+15万は最低でもアップする)。そのため、おそらく「800万円前後」にはなってしまうのではないかと・・・
それでも「LS500h」との価格差は最低でも300万円以上あるわけですが、果たしてそのような値付けをしてまでクラウンとして発売する必要(ニーズ)があるのでしょうか?

carlineup_crownmajesta_grade_3_15_lb.png

これにはいくつかの背景があると考えられます。

まずは、新型「LS」が後席重視のクルマではなく、「ドライバーズカー」にシフトしたこと。
これにより、従来のように市街地での乗り心地などコンフォート性を追求する方や、ショーファーカー的な使い方をする方はLSではなく、「新型クラウンをどうぞ」ということかもしれません。

th_DSC01767.jpg

次には、「レクサスGS」の後継モデルが見えてこないということ。
GSに関しては残念ながらモデル廃止が徐々に現実味を帯びてきており、マイナーチェンジの噂も聞こえてきません。よって、「GS450h」を全面改良してLSやLCの「マルチステージハイブリッド」を搭載することはないでしょう。
一方、「GS450h」オーナーの新たな移行先として駆動方式がFFベースの「ES」では物足りない。また、「LS」ではボディサイズも大きすぎる、また価格も高すぎる・・・ということで、GS450hの後継として、マルチステージハイブリッドを搭載した「新型クラウンをどうぞ」というシナリオなのかもしれません。

img_gallery_01.jpg


なお、当方も所有して感じたのはLS/LCの「3.5L+マルチステージハイブリッド」は数値的には「500」というより、限りなく「450」に近いと思います。(つまり、本来のネーミングは「LS450h」/「LC450h」の方がイメージに近く、少なくともV8エンジン搭載車の「500」シリーズと同等ではない、ということ)
よって、GS450hオーナーや現行マジェスタオーナー、そして新型LS500hの方向性に違和感を持つオーナー層を「新型クラウンで取り込む」・・・と考えれば新型クラウンに3.5L+マルチステージハイブリッドシステムの採用は頷けます。

th_DSC01975.jpg

しかし、それにしてもLSやLCとの価格差は相当あるため、レクサスオーナーに配慮するのであれば、エンジンやモーター出力を多少デチューンし、「燃費寄りに振って(数値的な)性能差」を出す、という可能性は考えられます。
具体的例としては、最高エンジン回転数を6600回転から6000回転程度に落とし、燃費はリッター18キロ台を目指す、というもの。

しかし、特に同じセダン型の「LS500h」のオーナーさんにとってはまさに衝撃、ではないでしょうか?
内装の仕上げや快適装備はLSとクラウンで相当差があると考えられますが、「1120万円〜1640万円」もするLSと新型クラウンが「同じエンジン+HVシステムを搭載」、という衝撃はかなりのものと感じます。
また、いわゆるメディアでの比較の際にも、クラウンとLSでの価格差が問題となるのは想像に難くありません。
今やダウンサイジングの時代とはいえ、「LS」と「クラウン」に同じエンジン+HVシステムが搭載されるのは初ですし、しかもクラウンは小型、軽量。新型クラウンの方がコンフォートかつ乗り心地が良い可能性も高いです。

日本において強力なライバルであるクラウンのフルモデルチェンジに伴う「マルチステージハイブリッドシステム」の採用と、アルファード/ヴェルファイアの高性能・高級化に伴い、日本における典型的なセダン型の「LS」の存在意義が問われることになりそうな予感がします。新型クラウンの正式発表にはドキドキしちゃいますね。

(ちなみに、もう2つ目の注目点は「ザ・総括」にLS500が登場! 採点は如何に?)

2018年03月26日

レクサス東京のHPが開設されていますね!

東京ミッドタウン日比谷の開業にあわせ、「レクサス東京」のホームページが新規に開設されています。
今まで「インターセクトバイレクサス」や「インターナショナルギャラリー(お台場、高輪、青山)」など東京都心部においてショールームを展開していましたが、直接販売につなげる動きはなかったように思います。しかし、ミッドタウン日比谷の誕生を期に、専用ホームページを作成し、イベントを企画するあたり、メーカー自らがいよいよ都心部での販売支援を積極的に行う方針になった印象を受けます。

https://lexustokyo.jp


image.jpg


さて、GW期間中の目玉としては、人気のSUVモデル「RX」と「NX」の長期貸出を行うとのこと。
このようなサービスは欧州車ではよく見かけますが、レクサスでは初と思います。
既存のレクサスオーナーの当選確率は限りなく低いものと思いますが、別ブランドのクルマを所有されていて検討されている方には良いチャンスかもしれませんね。当方の行動範囲内では旧RXより新型RXの方がよく見かけるようになりましたし、NXに至っては圧倒的販売台数を誇るハリアーより見かける機会が多いように思いますし、レクサスのSUVは都市部でも支持を広げているように思います。

image.png

さて、東京ミッドタウン日比谷の開業まで1週間。
平成30年3月24日(土)から4月1日(日)までの9日間は「皇居・乾通り」の桜も見ることができますから、大手町・日比谷界隈はいつも以上ににぎわいを見せていますので混雑が予想されます。

th_IMG_0680.jpg

この週末、最大のキャパを誇る「日比谷駐車場」は終日満車状態だったようですので、来週末、日比谷エリアを訪れる場合は、少し歩きますが、丸の内エリアの各商業ビルに付帯している「丸の内パークイン」を利用するのが良いと思います。(丸の内カードがあれば駐車場利用料金が1時間は無料となります)
http://www.marunouchi.com/page/park-in/availability.html

map_around.gif

それにしても、花見とドライブが楽しい季節ですよね〜
LC500hもエンジンオイルを交換してから、エンジンのフィーリングが良くなり、ドライブが楽しくなりました!

th_DSC03036.jpg

2018年03月25日

都市部の桜も満開!車も映える?(六本木〜日比谷)

この週末は東京エリアでは桜が満開となり、とても美しい季節になりましたね。(花粉症はまだ厳しいですが・・・)
ふらっと出かけた六本木エリアは高低差のある道路脇に咲く桜がとても綺麗でした!(泉ガーデン周辺)


th_DSC02938.jpg



なお、六本木エリアでは、「アークヒルズ駐車場」(インターコンチの隣)が幅広の平置き駐車場を擁しているのでLS/LC/LXなどのラージサイズでもまったく問題ありません。なお、「ヒルズカード」があれば1時間まで駐車料金は無料となります。周辺エリアは何気に桜が多いエリアのようです。

th_IMG_0599.jpg

高低差があるので愛車と桜のコラボも。クルマ好きの方の撮影スポットでもあるみたいです。
th_DSC02953.jpg

淡い色の桜ですが、とても綺麗です!高層ビルがバックの桜も綺麗ですね。
th_DSC02944.jpg


その後は日比谷エリアに移動。桜越しに見る開業を控えた「東京ミッドタウン日比谷」もなかなかです。(日比谷公園)

th_DSC02966.jpg

「LEXUS MEETS…」は、すでに惜しげもなくガラス窓越しに姿を見ることができます。やはりラディアントレッドのLC500(h)は美しいですね〜!当初、車の展示は2台のみのようですが、デザイン的にも新世代店舗に通じるものがありますね。すぐお隣の日比谷シャンテもリニューアルオープンしましたし、桜のシーズンは日比谷界隈の散歩も楽しそうですね!

th_DSC02960.jpg
posted by なまっくす at 19:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2018年03月24日

「LEXUS MEETS...」プレお披露目&公式HPで試乗予約開始!

本日、「東京ミッドタウン日比谷」の内覧会が開催されたようですね。
マスコミ等の報道陣の他、「三井ショッピングパークカード(クレジット)」を作成した方などを中心に一般の方にも招待されていたので、訪問された方もいらっしゃるかもしれませんね。

th_IMG_0569.jpg


日本初出展のレストランやショップが多いことでも話題ですが、注目はやはりレクサスの新ショールーム「LEXUS MEETS…」ですよね!

内覧会の様子は各メディアで発表されていますが、インプレスのcarwatchが非常によくまとめてくれています。
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1113033.html

三越伊勢丹と共同しての物品販売やカフェを併設してレクサスの世界観を・・ということで、クルマが必ずしも主役ではないので、ディーラーなどと違い身近に感じますね!
とはいえ、やはり車の展示もあるようで、まずは3世代レクサスを象徴するLC500(h)と、世界中で大ヒットを記録しているNXの2台が展示されているようです。
NXについては、なかなか貴重な「スパークリングメテオメタリック」(MC後)というのがいいですね!
18_o.jpg

LCの方はショールーム映えする「ラディアントレッドコントラストレイヤリング×オーカー」という鉄板の組み合わせ!
これに4月初旬に発表になる「ストラクチュアルブルー」が加われば更に華がありますね!(できればぜひ新内装色、ブルーモーメントで展示してほしいところ・・・)

13_o.jpg


さて、公式サイトでは早速「試乗予約」ができます。全11車種ということで、一部試乗できない車種もありますが、RCFやGSFなどなかなか試乗が難しい車もあるのは嬉しい限りです。
現段階ではまだ存在を知られていないのか予約し放題! じきにBMWやメルセデスのように週末の予約は困難になると思われますので、関心のある方はお早めに予約されると良いかもしれません。

https://lexus.jp/trial/hibiya/reserve

都心部における、メーカー直営のショールームは「BMW」、「メルセデス・ベンツ」も展開していますが、お台場(青海)のBMW、六本木のMercedesコネクションと違うのは、係員の「同乗なし」が選択できることと、試乗時間がまるまる「1時間」あるということではないでししょうか?
お台場のBMWは実際の試乗は大体15分〜20分程度、Mercedesコネクションも大体30分ぐらいで、かつ係員同乗ですが、レクサスはまるまる1時間!これはかなり違いますね〜

69_o.jpg

休日の日比谷、霞が関、南青山周辺(246号)はわりと空いていますので、1時間もあればじっくり試乗できますし、気軽に試乗できるのが嬉しいですね!
当方も早速最初の週末に試乗予約を入れましたので、レポートさせていただきたいと思います。

2018年03月22日

レクサスLC トランク(ラゲッジ) LED 増設してみた!

レクサスではかなり早くから室内の各照明にLEDが使用されていますね。(一時期暗黒時代にLEDからバルブに戻った時代もありましたが。。。)しかし、トランク(ラゲッジ)はずっと電球(T10タイプ等)でLED化が進んでいませんでした。
しかし、第3世代レクサスである新型LCやLSなどではトランク(ラゲージ)ランプにもLEDが採用されました。しかし、純正らしく、雰囲気はあるものの、それほど明るくはありません。
これが従来の電球(T10タイプ)なら社外品に交換してオシマイなのですが、せっかくなので純正を残したまま増設してみました。これは、LCに限らず新型LSでも可能ですが、新型LSはLEDランプが2箇所に装備されているので、増設まではしなくていいかな?と思います。

まず、純正のトランク(ラゲッジ)ライトは、図のように右側から内張り剥がしなどを使用して剥がすことが可能です。
内張り剥がしを隙間に差し込み、真下に下ろすイメージです。

th_IMG_0552.jpg


ランプを天井から外しますと、純正のLEDランプ(黒い物体)が見えます。これはストッパーで止まっているだけなので外すことが可能です。従来のバルブ式ではなく、LEDになっているため、形状が新型ですね。
しかし、色が青白くないのはさすが純正!エーモン社等の社外品でもこれぐらいの色温度の単品LEDを市販してほしいものです。
th_IMG_0553.jpg

ランプ点灯の仕組みは簡単で、純正配線の「青色」が常時電源、「緑色」がマイナスでした。
トランクの開閉に応じてマイナスで点灯/消灯をコントロールしているタイプと思われます。よって、エレクトロタップでプラス、マイナスそれぞれ分岐します。
th_IMG_0555.jpg

このあとはエーモンの「【2924】ラゲッジルーム用LED」などにプラス、マイナスを接続するだけで、簡単にLEDランプを増設できます。プラス側には念のためヒューズを必ずいれましょう。

▼amazon エーモン 2924 ラゲッジルーム用LED

エーモン ラゲッジルーム用LED 8000ケルビン 白・6灯 2924

新品価格
¥1,129から
(2018/3/22 00:28時点)





【1829】LEDレンズカバー(3連フラットLED用)と【1828】3連フラットLED(暖白)の組み合わせなどがオススメ。

▼amazon エーモン 1829 LEDレンズカバー

エーモン LEDレンズカバー 1829

新品価格
¥218から
(2018/3/22 00:23時点)





▼amazon エーモン 1828 フラットLED

エーモン 3連フラットLED 3500ケルビン3灯 暖白 1828

新品価格
¥616から
(2018/3/22 00:22時点)





仕上がりはこんな感じで結構明るくなります。LCの天井は低くかつランプが天井にあるので、配線はしゃがみこまない限り見えず、多少露出していても見えないので問題ないでしょう。
配線を完全に隠す場合は、ラゲッジの内張りを剥がす必要があるのでちょっと面倒です。
また、もっと明るくするなら、純正のLEDからランプを外して、社外品の明るいLEDに変更するのが一番ですね!

th_IMG_0559.jpg

2018年03月21日

LC500/LC500h用(LS F SPORT)低ダストブレーキパッド流通開始!

レクサスLC500/LC500hの発表から約1年ですが、ようやく社外品のブレーキパッドが流通し始めました。
LC500hは回生ブレーキがあるため、さほどでもありませんが(でもダストはかなり多い)LC500のダストの多さには辟易している方も多いハズ・・・1,000kmに1度は清掃しないとホイールは真っ黒!ですもんね・・・


th_IMG_0528.jpg


ちなみに以前紹介した、「ピカピカレインホイールブラシ」なかなか耐久力ありますね。今のところ4輪×3回清掃しましたが、まだヘタる感じもなく、耐久性はなかなかありそうです。清掃しやすいし、結構コスパ高いですね。

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/3/20 20:32時点)
感想(5件)




さて、サーキット走行をしないという方や、ブレーキキャリパー&ホイール交換などでドレスアップ重視の方、制動力よりも扱いやすさやブレーキ鳴きの低減などを期待する方は、「低ダスト ブレーキパッド」という選択肢もありますね。当方も近々換装を検討しています。

まずは定番、TOM'sの低ダストブレーキパッド、パフォーマ。
RCFの時に使用していましたが、結構フィーリング良かったです。初期制動は若干落ちますが、コントロールしやすく、低速度域でのブレーキ鳴きがかなり減りました。パッドの粉はグレーで、そもそもあまりホイールに付着しないですし、付着しても粘り気が少ないので清掃しやすいです。
LC500/LC500h用ですが、LSのF SPORTも同じアドヴィックス社製のブレーキを採用しているので使用可能です。
http://www.tomsracing.co.jp/news/2018/0206-115814.html

▼楽天 LC500/LC500h パフォーマ(フロント)

LEXUS LC500/500h(URZ100/GWZ100)/LS500/500h(VXFA5#/GVF5#)F SPORT用 トムスブレーキパッド パフォーマ フロント TOMS(トムス)

価格:35,618円
(2018/3/20 20:21時点)
感想(0件)




▼楽天 LC500/LC500h パフォーマ(リヤ)

LEXUS LC500/500h(URZ100/GWZ100)/LS500/500h(VXFA5#/GVF5#)F SPORT用 トムスブレーキパッド パフォーマ リヤ TOMS(トムス)

価格:28,285円
(2018/3/20 20:22時点)
感想(0件)





もう一つは、ディクセルのMタイプ。こちらも低ダストパッド。ストリート用なので、サーキット走行は不可。
http://www.dixcel.co.jp/pad/pad_m.html

▼楽天 ディクセル Mタイプ(フロント)

[DIXCEL] ディクセル ブレーキパッド Mタイプ フロント用 【LC500 / LC500h URZ100 GWZ100 17/03〜】 送料無料(沖縄・離島・同梱時は送料別途)

価格:24,192円
(2018/3/20 20:24時点)
感想(0件)




▼楽天 ディクセル Mタイプ (リヤ)

[DIXCEL] ディクセル ブレーキパッド Mタイプ リア用 【LC500 / LC500h URZ100 GWZ100 17/03〜】 送料無料(沖縄・離島・同梱時は送料別途)

価格:19,008円
(2018/3/20 20:28時点)
感想(0件)




まだ出始めなので価格は高めですね〜(特にトムス)

2018年03月20日

レクサスUX 現段階でこれは凄い!と思うポイント。

レクサスUX(UX200、UX250h)の情報も一段落し、次は3月末に予定されているニューヨークモーターショーでの情報公開が期待されます。
こちらではガソリンエンジンモデルの「UX200」を中心とした展示が行われると思いますし、さすがにいよいよレクサスの新型車「ES」がお披露目されるはず。そして、トヨタブランドでは稼ぎ柱の「RAV4」も展示されるようですが・・・
というわけで、しばらくUXの新情報はないと思われますので、現時点で当方が「UXのこれは凄い」!と思う点をピックアップしてみたいと思います。


■新パワートレーン&プラットフォームの組み合わせ

新プラットフォーム「TNGA」のレクサス版「GA-C」を採用しつつ、ガソリンモデルの「UX200」には新開発の2.0Lエンジン+ダイレクトシフトCVT(Direct Shift Continuously Variable Transmission)を採用。
ハイブリッドモデルの「UX250h」にも道路状況やドライバーの意思を予測しながら効率よくハイブリッドシステムに充電を行う新システム、Predictive State of Charge (SOC) を初採用など意欲的です。

18-03-06-gallery-lexus-ux-live-2.jpg



■外観にLC・LSの流れを受け継ぐレクサス第3世代デザインを採用

UXはレクサスのエントリーモデルとなり、今までの例で行けば上位モデルのNXとは「差別化」される点が多いはず。
しかしUXはドアミラーの意匠やLEXUSロゴ入りのフルLEDヘッドランプの採用など、外観についても第3世代を意識しています。特にヘッドライトは従来なら「ハロゲンランプ」の仕様もあり得たはず。

Lexus-UX-2019-1600-34.jpg


■内装にもレクサス第3世代デザインを採用

エンジンスタートボタン、ドライブモードセレクト、ステアリングスイッチ等、必ず目に触れる部分にLCやLSから採用された意匠を採用。また、F SPORTには、アルミペダルやフットレストも採用。セミアニリンレザーの採用は難しいかもしれませんが、内装であからさまなコストダウンをした点見受けられません。
th_スクリーンショット 2018-03-08 22.02.27.jpg

■最新のLexus Safety System+(「LSS+進化版)とヘッドアップディスプレイを装備
 新型アルファード/ヴェルファイアで採用された最新の予防安全技術を採用。従来の考えなら、UXには、レーントレーシングアシスト(LTA)やロードサインアシスト(RSA)などが採用されることはなかったでしょう。また、このクラスにヘッドアップディスプレイが採用されるのもまだ珍しいです。ようやくレクサスも安全装備のヒエラルキーの撤廃が行われそうです。
th_スクリーンショット 2018-03-09 23.31.33.jpg


■電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド採用

コスト削減の対象になりやすい「電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド」を採用。作家の「羽田圭介」さんも(高級車に置ける)「足踏み式のパーキングブレーキ」は「車の印象を一気に安っぽく見せ、どんなに豪華でサービスが良くても足踏み式パーキングブレーキのせいで、穴が開いている桶のごとく高級感幻想がその水準にまで引き下げられてしまう」と評しているぐらいですので・・・
Lexus-UX-2019-1600-2b.jpg

■電動パワーテールゲートを採用

上位車と差別化されやすい、電動パワーテールゲートも採用。これはversion.Lなどの一部グレードやメーカーオプションでの採用に留まる可能性はありますが、この設定があるとないとではずいぶん違います。NXとの差別化は、キックオープン機能付きパワーバックドアの有無でしょうか?
th_スクリーンショット 2018-03-09 23.41.47.jpg


■快適な前席 レクサスクライメイトコンシェルジュを採用

輸入車のエントリークラスではまだまだ採用が少ない、シートヒーター、シートベンチレーション、ステアリングヒーター、そしてこれをオートで制御する「レクサスクライメイトコンシェルジュ」を惜しげもなく採用。全グレード採用にはならないかもしれませんが、「おもてなし」を感じる嬉しい装備です。特に冬場のシーズン、意識せずにステアリングヒーターがオンになるのはとても快適。

th_スクリーンショット 2018-03-09 23.30.32.jpg


■後席の快適性も確保

エントリーモデルでは削除されがちな、後席センターアームレストやカップホルダー、エアコン吹き出し口、USB充電端子などセダン車並の装備。ルームランプもLED方式を採用。
x18-03-06-lexus-ux-interior-angle.jpg.pagespeed.ic.IPzzozIAsN.jpg

■減衰力可変ダンパー(AVS)&スポーツシートを採用

CT200hやHS250hなどでは採用されていないかった、減衰力可変ダンパー(AVS)やレクサスLCや「Fモデル」を彷彿とさせる意匠のスポーツシートをF SPORTで採用。ドライブモードの「Sport S+ 」も備えるなど、路面状態に応じた乗り心地とホールド性を両立させる装備が備わっています。エントリーモデルでもAVS機能を備えるのは嬉しいところ。スポーティな雰囲気を味わうことができそうです。

Lexus-UX-2019-1600-3f.jpg

現時点での私見では、LEXUS UXは決してRXやNXの廉価モデルという位置づけではなく、「我慢した感」がなく、400万円−500万レンジの中でコストを意識しつつ、今この価格帯で搭載できる装備を可能な限り採用しているように感じます。全高を一般的なノーマルルーフ仕様の範囲に押さえていることなど、CTやHSオーナーの移行先としても十分検討に値すると思います。

2018年03月19日

東京ミッドタウン日比谷 LEXUS MEETS 準備が進んでます

3月29日のオープンに向け、開業準備が進んでいる、「東京ミッドタウン日比谷」
3月22日(木)に内覧会がある模様で、各店舗内への搬入が進んでいるようです。本日もプレイベントが開催されており、周辺は賑わっていました。晴海通りからも、綺麗に見えますね。


th_IMG_0571.jpg


なお、先般レポートした、東京ミッドタウン日比谷の駐車場の件ですが、機械式駐車場の入庫制限(幅190cmまで)ですが、別途「平面駐車場」があることが判明。これは安心しました!
ただ、駐車場はすべて合わせて200台と非常に少ないため、しばらくは車での来場は控えたほうが良いでしょう。
混雑の際は、丸の内エリアの各ビルに付帯している丸の内パークインや日比谷公園駐車場を利用するとよいでしょう。
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/access/car-bike/


日比谷シャンテ側にはレクサスロゴが大きく目立っています。
th_IMG_0569.jpg

前回訪問時との違いは、「LEXUS MTEETS…」の文字が入ったことでしょうか。日本っぽくない感じです。
th_IMG_0566 2.jpg

カフェの内部もちらりと見えます。(THE SPINDLE)
th_IMG_0563.jpg

残念ながら、車両が展示してある「STEER AND RING」はヴェールに包まれて見ることができませんでした。
3月22日(木)には窓越しで見ることができるかもしれませんね。
th_IMG_0565.jpg

六本木のメルセデス・ベンツ、お台場のBMWに続き、気軽に試乗申し込みができるレクサスの新ショールームの登場が楽しみです。(原宿エリアにあった「アウディフォーラム東京」の閉館以来沈黙が続いているアウディはどうなるのでしょうか・・・)
01_o-5.jpg

2018年03月17日

LEXUS LC500/LC500h発売から1年! どれだけ販売されたのか?

レクサス第3世代車の先鋒としてデビューした「LC500」、「LC500h」はコンセプトカー、LF-LCのデザインを受け継ぎ2017年3月16日に発表となりましたが、先行して発売されたハイブリッドモデルの「LC500h」が販売店に配備されてからちょうど1年が経過しました。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/15559328


th_DSC00793.jpg


LCは生産台数が少ないため、オーナーに納車開始されたのは一般的には7月以降となっています。
ツイッター等のSNSでも未だにLCの目撃情報が投稿されるなど、一般的な乗用車の部類では、未だに注目を集めている珍しい車で、デザイン面を中心に各国で賞を受賞、または最終選考にノミネートされており、レクサスの存在感を広めるなど販売数は少ないながらも、エモーショナルな点で大きなPRを果たした車種と言えると思います。

th_DSC00736.jpg

さて、そんなLCですが、確かに町中で見かける機会は増えてきました。
それを検証するために、2018年2月までの販売(登録)台数で検証してみましょう。

まず、LCは2017年1月下旬から先行予約を始め、3月16日に発表。ニュースリリースによると、発表から1ヶ月での受注台数(先行予約期間含む)は「LC500」が約1000台、ハイブリッドモデルの「LC500h」が約800台を受注、合計約1,800台を受注したとされています。
https://lexus.jp/pressrelease/news/20170418.html

発売から、2018年2月までの各月の販売(登録)台数は以下の通りです。

スクリーンショット 2018-03-17 10.01.19.png

合計すると、V8エンジンを搭載したLC500は「1,717台」、V6+マルチステージハイブリッドのLC500hは「1,237台」、両車種合わせて「2,954台」が販売されています。

つまり、4月に発表された数値からの上乗せ台数はそれぞれ「約700台」、「約430台」となっておりそれほど大きなものではなく、LCは先行予約受注比率が非常に高かったことがわかります。

なお月販売目標台数は50台ですが、流石にこの1年間では大きく上回っていますが、2年目の販売動向には注目です。
デザインや機能性を重視したあまり、先進装備や快適装備は最新とはいえませんので、アップデートすべき箇所はかなり多いです。特に価格帯を考えるとシートベルト機構やトランクの開閉の改善、「LSS+」のアップデートなどが期待されます。

th_DSC01466.jpg

LC合計では約3000台(試乗車・広報車両含む)が出回っていることとなり、この台数は、すでに「RCF」や「GSF」といったレクサスでも特殊な車の販売台数を大きく超えており、そのスタイルもあり目立つ存在となっており、輸入車も含めたラージサイズのクーペの中では最も販売数が多い車と思われます。その為、街なかで見かける機会も増えているのでしょう。
th_DSC01569.jpg

なお、販売実績を元にすると、ガソリン/ハイブリッド比率は「58:42」で、約6割がV8エンジンを搭載した「LC500」となっています。(オフ会だとこの比率は更に高まりますがw)
高速道路主体ではほとんど燃費の差はありませんし、素早いシフトチェンジが可能な10速ATと可変バルブサウンドの迫力もあり、V8モデルの人気が高いのは頷けます。


さてLCに関しては4月に、いよいよボディカラーに「ストラクチュアルブルー」を採用したものが追加発売されます。
価格はすでに過去記事でまとめていますが、LC500が1475万円、LC500hが1525万円で設定されています。(フルオプション)
http://www.namaxchang.com/article/456987624.html

th_スクリーンショット 2018-03-17 10.26.38.jpg

海外ではすでにいくつかの納車事例がありますが、日本では夏頃の納車になるようです。
3月29日にオープンする「東京ミッドタウン日比谷」でのレクサスショールームでストラクチュアルブルーエディションのLCがお披露目されることを期待したいですね。
th_スクリーンショット 2018-03-17 10.24.31.jpg
https://twitter.com/lexusqatar

すでにミッドタウン日比谷のレクサスミーツのイメージ画像ではストラクチュアルブルーのLCが展示されているように見えますが・・・
a_19_main2-thumb-655xauto-4477.jpg
https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/shops/99999/

2018年03月16日

LEXUS UX ウインカーは流れるのか?

さて、レクサスUX(UX200,UX250h)が発表され1周間が経過しました。
なかなかの仕様で期待は高まるばかりですが、同じプラットフォームを使用している「トヨタ/C-HR」との比較も気になるところです。このあたりの詳細な比較は、ワンダー速報さんが詳細に分析されているので参考になります。
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2119.html

さて、いただいたコメントの中でも目立つのが、「UXのウインカーは流れるのか?特にリヤ」というものです。

レクサスでは、2015年発売の「LX570」、「新型RX」で流れるウインカー(シーケンシャルターンシグナルランプ)を採用しましたが、同年マイナーチェンジしたGSシリーズでは不採用、その後2016年にマイナーチェンジしたIS、2017年春に発売したLCでは不採用とセダン・クーペ系ではシーケンシャル方式は不採用でした。しかし、2017年秋発売の新型LSではシーケンシャル方式を採用、ということで必ずしもSUVではなくてもシーケンシャル方式が採用されることとなりました。


ということで、「UX」についてはSUV系かつ新型車ということで、フロントに関してはシーケンシャル方式が採用されるでしょう。フロントランプにも、クリアランスランプの下に細長く流れそうなLEDが配置されていることが確認できます。

スクリーンショット 2018-03-15 19.30.39.png


さて、「リヤ」はどうでしょうか?
リヤに関しては、そもそもランプの構造がわかりづらいので拡大してチェックしてみましょう。
まずはCG画像から。左テールの外側、少し色がスモーククリアっぽくなっている場所に「1灯」の電球またはLEDのようなものが確認できます。そして、ランプの内側には、4つぐらいの「丸型LED」が確認できます。
th_スクリーンショット 2018-03-15 19.34.52.jpg


次は右テール。左と同様、外側には「1灯」の電球もしくはLED、ランプの内側には4つぐらいの丸型LEDが確認できます。構造的には右と同じですね。このクラスでは、フォグランプは片側、ということも多いので、内側の4つぐらいの丸型LEDはフォグランプではないこが考えられます。SUVなのでここがフォグランプだと後続車両の邪魔になりそうですし。
th_スクリーンショット 2018-03-15 19.35.05.jpg

右テールランプを拡大してみましょう。
外側のスモーククリア部分には、丸型でいくつかの「LED素子」のようなものが見えますので、電球ではないと考えられます。おそらくLEDでしょう。そのため、ここは「バックランプ」もしくは「LEDウインカー」の可能性があります。
スモーククリアになっていることから、「バックランプ」の可能性が高そうです。
そして、そのスモーククリア部分のすぐ上部の細長い場所には、狭いながらも、LEDが4つぐらい入るスペースがありそうです。
また、ランプの左側(内側)には、はっきりと「4つ」の丸型LEDが見えます。前述のとおり、セダン系ではフォグランプのの場所ですが、SUV系ということもあり、LEDの「ストップランプ」と考えられます。当初は「ウインカー」とも考えたのですが、ウインカーが車両の内側にあることはなさそうです。
th_スクリーンショット 2018-03-15 19.35.55.jpg

さらに拡大してみます。
スモーククリア部分と、赤色の光っている部分の隙間、ここにウインカーを配置しようと思えばできそうです。
NXでもかなり短いので・・・ここがウインカーの最有力候補でしょうか?
なお、内側の「4つの丸型LED」がLEDのストップランプと仮定すると、赤く光っているところの下側の細長いエリアは、LEDウインカーとしても使えそうです。

th_スクリーンショット 2018-03-15 19.52.45.jpg

さて、もう1つ、実はリヤディフューザー付近のリフレクターの下部をよく見ると、下1/3ぐらいがクリアレンズになっています!単なる「反射板」だとこんな仕様にするわけはないので、これが「リヤフォグランプ」の場所と考えられます。
th_スクリーンショット 2018-03-15 19.27.31.jpg

ちなみに、右下にもあります。ちゃんと左右にあるのは嬉しいですね。
また、もうひとつみなさんもお気づきのとおり、「クリアランスソナー」(パーキングサポートブレーキ)丸型センサーののベゼルタイプが立体的で旧型のものを採用しています。最近は凹凸の少ないベゼルレスタイプの採用が進んできているので、ちょっと残念です。微々たるものですが、コストの問題でしょうか?
th_スクリーンショット 2018-03-15 19.36.32.jpg

ということで、当方の予想では、、、、

○フロントはシーケンシャルターンシグナルは採用される。
○リヤもシーケンシャルターンシグナルを採用、レンズ内側の赤く光っている部分のすぐ下に細長く、「シームレスなLED」が外側に向かって流れる。レンズ外側に近い部分ではRXのように「つぶつぶのLED」が流れる。
○フォグランプは車両の一番下、リフレクター部分の下側。

皆さんの予想はいかがでしょうか?

2018年03月14日

LEXUS UX モータートレンドインタービュー記事にも注目!

モータートレンドで、LEXUS UXのチーフエンジニアの方のインタビュー記事が載っています。
(リモートタッチの「タッチパッド」の開発にも携わったという記事もあり)
http://www.motortrend.com/news/chatting-2019-lexus-ux-chief-engineer-chika-kako/

th_スクリーンショット 2018-03-14 19.44.30.jpg


なお、chika-kako氏の経歴はこちらの通り。(Lexus International executive vice-president)
https://newsroom.toyota.co.jp/en/corporate/companyinformation/officer/operating_officer/chika_kako.html

記事の中では、「UX250h」に関しては、前輪駆動のFFモデルと4輪駆動のAWDモデルの存在が明らかになりました。
北米ではAWDのみとのことですが、日本では前輪駆動モデル、4輪駆動モデルの発売が期待できそうです。
ガソリンモデルのUX200は前輪駆動モデルのみの模様。

05_00.jpg

なお、UX250hの新型エンジン+第4世代のハイブリッドシステム(THS2)で使用される充電池は、実績のある「ニッケル水素電池」とのことです。レクサスLC、新型LS、新型カムリでは比較的コストのかかる「リチウムイオン電池」を採用していましたが、コストと重量の問題か、UXではニッケル水素電池を使用するようです。

05_03.jpg

また、レクサスではLCから新プラットフォーム、「GA-L」を採用し、新型LSでも採用していますが、UXでは、「GA-C」を採用しています。
これはトヨタブランドでは「TNGA」と呼ばれる、新型プリウス以降の新型車(C-HR、オーリス等)に採用されているものと同様とのことがインタビューに掲載されていました。

ただし、UXではドアパネルとフェンダーやフットパネルに軽量な「アルミニウム」を使用しているとのコメントがあります。バックドア(ラゲージ?)には樹脂を採用とのことで、第3世代レクサスのLCやLSにと同様、軽量化素材を使用しているようで、コストが重視されるUXクラスでもアルミニウムを採用しているのは嬉しいニュースと言えます。
(そういえば、トヨタ/プリウスPHVでもラゲージドアにはカーボン素材(CFRP)を使用していることが話題になりましたね)

th_スクリーンショット 2018-03-14 1.18.02.jpg


UXの発売時期は欧州では10月、北米では12月とのことです。
日本では10月説が濃厚ですが、実際の納車は早くて11月、12月頃となるでしょう。日本では、NX・RXの生産実績がある九州の「宮田工場」で生産されるということで、現在でもMC後のNXやRX(RX450hL)の納期が長期化している状態ですので、そこにUXが加わりますので、UXの発売直後は、半年超の相当な長期の納期待ちが予想されます。
ここまで公開されたいろんな画像や動画から見る限り、UXにはヒットの要素が盛り沢山です。

2018年03月12日

LEXUS UX 後席の広さや装備もチェック!

レクサスUX200、UX250hに関しては比較的多くの動画が公開されており、UXを検討される方はかなり参考になると思います。それだけ注目を集めているという車なのだと思います。
ただし、気になっている方も多いと思われます、ヘッドライトやウインカーの点灯状態はまだわかりませんが・・・
ショーではイグニッション・オンやハザードスイッチのONは禁止されているのでしょうね。



ホワイトボディだとコンパクトさを感じませんね。とはいえ幅は「1840mm」ですから、NXとほぼ変わりませんし、ISのよりも広い。長さは4500mmに押さえているので取り回しは良好でしょう。CG画像より実車画像のほうがかっこよく見えます。

th_スクリーンショット 2018-03-11 20.34.35.jpg

さて、後席に関してはある程度の体格の方(成人男性で175cm〜?)ぐらいだと頭が天井につきそうです。
照明は綺麗に光るLEDルームランプが中央にありますね。NXやRC系で採用されているものを継続採用しているようです。
th_スクリーンショット 2018-03-11 8.55.04.jpg

体格の違う方だと、頭上はギリギリ大丈夫。膝前もOK。日本人だと大丈夫な方も多いのでは。
th_スクリーンショット 2018-03-10 15.20.42.jpg

後席にもエアコン吹き出し口がちゃんと備えられているのはgoodです。
時代を反映して、ちゃんとスマートフォンやタブレット充電用のUSBソケット(2.1A対応)も2つ準備されているのも嬉しいところ。
th_スクリーンショット 2018-03-10 15.25.12.jpg

リヤのドアトリムはだいぶ簡略化されているのはやむを得ないところでしょう。
スカッフプレートも省略されており、照明類も見当たりません。
th_スクリーンショット 2018-03-10 15.34.58.jpg

リヤのドアノブもLC・LSと同意匠のものです。表面塗装仕上げは異なっているように見えますが・・・
ドアロックの「ピン」は通常エントリークラスだとむき出し樹脂になることが予想されますが、ちゃんと塗装されていますね。あとは、ドアトリムの「隙間」。ここにアンビエントライトが入るといいのですが・・・。

th_スクリーンショット 2018-03-11 8.54.28.jpg

さて、後席についても見てきましたが、UXは第3世代のレクサスのエントリーモデルと言われていますが、初期CT・HS・MC前のIS等で見られたような露骨なコストダウンの部分はほとんど見受けられません。
装備面や質感ではレクサスのブランドとして十分な質感を持っていると思われ、この車が400万円台が中心価格帯で発売されてば、非常に魅力的と思います。

th_スクリーンショット 2018-03-10 15.36.44.jpg

UXは、レクサスでは初の女性チーフエンジニアが担当、ということでユーティリティ性にも期待できそうです。

th_スクリーンショット 2018-03-11 20.32.38.jpg

2018年03月11日

首都高10号晴海線開通〜レザーシート定期メンテナンス等

首都高10号晴海線がついに開通しました!
開通第1号車は フェラーリ458スパイダー!

交通量の多い幹線通に出来た入口ですので、時刻と信号を綿密に計算されてスタートした1号車と思われ、華のあるクルマが第1号車ということで、拍手が沸き起こっていました。


その後自身も乗ってみたのですが、いきなり上り坂があることや1車線しかなく、約1kmで料金所があることにより短縮できる時間はせいぜい1分ぐらいかなぁ・・・という印象です。通行料金は距離別制なので、1つ先の豊洲ICで乗るよりもおおむね「50円」ほどアップしますが、コスパは今一つと言わざるを得ません。

地図更新はまだレクサスのマップオンデマンドでは対応していませんが、1週間以内には対応ですかね。


th_スクリーンショット 2018-03-11 9.34.43.jpg


その後は今後のドライブに備え、メンテナンスを・・・
ここ最近寒い日が続いて3ヶ月ぶりのメンテナンスとなりますが、ホワイトのセミアニリンレザーはかなり汚れていました。パッとみためは綺麗だと思っていたのですが、近くで見ると結構汚れていました(汗

先端部はやはりズボンの色(ブルー系)が移りますね。こういう色移りを、落とすのは結構大変です。
こすりすぎるとレザーを痛めてしまいます。
th_IMG_4208.jpg

定番ですが、ホワイトレザーでは大変便利な、スティ・ブライトキットを使用。
このトランスファー・リムーバーは大変強力でこの程度の色移りは1発で落ちます。(濃色系では色落ちします)

【只今SALE中】スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,806円
(2018/3/11 09:24時点)
感想(11件)




その他、「ショルダー部分」も近くで見ると黒ずみが・・・ここはスティ・ブライトキットのソフトクリーナーで落とします。2〜3ヶ月に1度メンテナンスすればあっさり落ちますね。
th_IMG_5734.jpg

さっとケアしただけで、新品のクロスがこんなに汚れました。
気を使って乗車しているつもりですが、やはりシートには汚れが付着しているものですね。
th_IMG_6482.jpg

その後は、小物入れにLED照明(間接照明・エーモンサイドビューLED)をインストール。
この場所はよく使用するのですが、夜間は真っ暗ですし、LCはルームランプがない(スポットランプしかない)ため、便利になりました。カバーの樹脂感を消すために、薄型の樹脂カバーにはブラックのアルカンターラ近似素材(エクセーヌ)
を貼り付けています。
th_IMG_0637.jpg

▼amazon サイドビューLED(白)

エーモン サイドビューLED 8000ケルビン 白・1灯 1876

新品価格
¥236から
(2018/3/11 09:41時点)


posted by なまっくす at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2018年03月10日

レクサスに最適か?小型ドライブレコーダ次々登場!

「煽り運転」などを端緒とし、証拠として「ドライブレコーダー」が売れているようですが、最近は特定の機能に特化したものが売れているようです。
レクサスでは、全車に「LSS+」が標準装備されましたので、フロントウィンドウ上部にカメラや、配線を隠すためのカバーが配置されており、配線を目立たせずに配置できる機種は結構限られます。

当方が使用しているものは、「TA-011C」のひとつ前モデルのTA-010Cですが、後継機種の「TA-011C」は価格も13,000円程度で高画質、コンパクトなのでレクサスにも適合します。持ち運びも可能ですし、おすすめです。ただし、HDR機能がないので、夜間の画質は今ひとつです・・・


th_DSC02178.jpg


▼amazon

TA-Creative 広角 150°400万画素 WQHD 1440P 超小型 西日本LED消失対応 ドライブレコーダー 常時録画 Gセンサー 駐車モード ナイトビジョン TA-011C

新品価格
¥12,999から
(2018/3/10 10:58時点)




さて、新製品は、ユピテル社の「SN-SV70c」 
https://www.yupiteru.co.jp/products/drive_recorder/sn-sv70c/
slide_v01-2.png

見た目通りコンパクトですが、夜間の高感度・高画質を実現する技術「STARVIST」を搭載しているということで、特に夜間の画像が鮮明になるとのこと。
idx_c01_02.png

約28,000円からの登場ですが、類似製品がないため、在庫切れ後は納期が長くなる予感です。
昨年秋ぐらいから人気のドラレコは軒並み在庫切れだったようですし・・・

▼amazon

ユピテル 夜間特化型ドライブレコーダー 200万画素 GPS 衝撃センサー WiFi HDR 超広画角対角174° SN-SV70c

新品価格
¥28,080から
(2018/3/10 10:59時点)





もう一つは、人気のコムテック社の「HDR-751G」
http://www.e-comtec.co.jp/0_recorder/hdr751g.html
sma.jpg

コムテック社の製品は、結構大きさが大きく、配線を隠すのが難しかったりステーが目立ったりしていましたが、こちらはかなりコンパクトになっているのでLSS+装着のレクサス車でも綺麗に設置することができると思われます。
今ではかなり珍しくなった日本製ということも安心できるかもしれませんね。
現在、リヤにも設置を検討しているので、その時はこちらを増設しようと検討中です。

▼amazon

コムテック ドライブレコーダー HDR-751G 200万画素 Full HD 日本製&3年保証 常時録画 衝撃録画 GPS レーダー探知機連携 補償サービス2万円 HDR-751G

新品価格
¥25,159から
(2018/3/10 10:36時点)





▼楽天

コムテック GPS搭載ドライブレコーダー HDR-751G 高画質200万画素FullHD HDR/WDR Gセンサー 駐車監視機能/レーダー探知機相互通信対応 ノイズ対策済 LED信号機対応 2.4インチ液晶付 日本製/3年保証!!

価格:26,780円
(2018/3/10 10:38時点)
感想(0件)


LEXUS UX 動画から細かい装備面をチェック!(なんとアレが!)

レクサスUXに関しては次々と動画がアップされています。
特に、レクサスEUの動画はかなり綺麗ですね。ここでは、結構衝撃の事実がありました。



まずは液晶メーターのオープニングムービー。
エントリーモデルのUXにもちゃんと存在しています。これは嬉しいところ!ということはレクサス第3世代では全車このような演出があるようですね。
th_スクリーンショット 2018-03-09 23.28.11.jpg


メーターの意匠はLCと似ています。ロードサインアシスト(RSA)が装備されています。
th_スクリーンショット 2018-03-09 23.31.33.jpg


そして驚きなのが、なんとレクサスの上位モデルにしか装備されていない、「レクサスクライメイトコンシェルジュ」がUXに装備されています。これはかなりの驚きです!
このクラスでシートベンチレーションを備えること自体貴重なのに、クライメイトコンシェルジュを備えるとは・・・
いちいろヒーター類をオンにしなくても自動セッティングしてくれるのは有難いです。
th_スクリーンショット 2018-03-09 23.30.32.jpg

インテリアでは、「ASC」のスイッチがついているので、電子的なサウンドチューニングをしているようです。
th_スクリーンショット 2018-03-08 21.58.36.jpg


外観では、リヤだけでなく、フロントのヘッドライトにも「LEXUS」ロゴが隠れていました。(左上の方)
th_スクリーンショット 2018-03-08 21.56.42.jpg


テールライトはすごい造形です。空気抵抗を低減させる巨大なフィンの役割りを果たしているのでしょうか。
th_スクリーンショット 2018-03-09 23.42.50.jpg


そして、なんと電動パワーテールゲート付き!(オプションかも?)抜かりないですねぇ。
ただし、NXやLSで採用されている、キック式の「ハンズフリーパワーバックドア」は備えていない模様。
th_スクリーンショット 2018-03-09 23.41.47.jpg


仕方ありませんが、ブレーキ類は従来通り簡素な仕様です。でもホイールは純正にしては結構カッコいいと思います。
th_スクリーンショット 2018-03-08 21.57.07.jpg

と、ざっと見ただけでも、UXは価格的には上位に位置する「NX」や「IS」・「RC」にもない装備をいくつも備えていますし、比較的コンセプトが近い、トヨタブランドの「C-HR」とはかなり装備面で相当異なることが分かります。
内装には一部コストダウンを強いられていると思われる箇所は見受けられますが、レクサスのエントリーモデルとは思えない仕様になっている印象。これは、売れますね・・・

2018年03月08日

LEXUS UX 新色カラーが複数存在?

先日公開されたLEXUS UX200、UX250hですが、コンパクトクラスらしく、現行のレクサス車にないカラーが複数準備されているようです。


Lexus-UX-2019-1600-16.jpg


まずはオレンジ系。渋柿?っぽいカラーですが濃いオレンジはレクサスでは初。太陽光の下ではゴールドに光りそう?
18-03-06-gallery-lexus-ux-reveal-14.jpg


次は、これまたお久しぶりのグリーン系。2005年レクサス開業時は「キチョグリ」(貴重なグリーン)との愛称でも呼ばれていたとか?
18-03-06-gallery-lexus-ux-reveal-15.jpg

最後は、ブルー系。F SPORT専用カラーと思われ、これは「ヒートブルーコントラストレイヤリング」でしょうね。
(有償オプション)
18-03-06-gallery-lexus-ux-reveal-20.jpg

内装(シート)カラーでは少なくとも、ホワイト・グレー系とレッド系が発表されています。
ホワイト系は日本の「和」を現したものとか・・・
CTやHSでもかなりの数のカラーが準備されていましたので、UXでもバリエーション豊富な内装カラーを期待したいですね。

新型LSとのF SPORTのシートのうち、オプション(またはversion.L系)と思われるレザーシートについては、シート座面とメイン部分の「パーフォレーション」が独特のデザインになっていましたが、UXも拘ったパターンのパーフォレーションとなっています。

Lexus-UX-2019-1600-40-2.jpg

・・・しかしやっぱりF SPORT系のスポーツシートはいいですねぇ。これはぜひ触って、座ってみたい!
Lexus-UX-2019-1600-3f.jpg

2018年03月07日

ついに公開! LEXUS UX200 UX250h!!

事前予告通り、レクサスの新型車、「UX」がジュネーブモーターショーでお披露目となりました。
UXコンセプトとはずいぶん違い、現実的なデザインとなりましたが、最近のレクサス車の集合体のようなデザインはインパクトこそないものの、ひと目でレクサスファミリーとわかりますので好きな方にとっては違和感なく受け入れられると思います。

Lexus-UX-2019-1600-0c.jpg


パワートレーンも公開。
「UX200」は、新開発の直列4気筒エンジンに、新型CVT(Direct Shift-CVT)の組み合わせ。
「UX250h」は、こちらも新開発の直列4気筒エンジンと第4世代のハイブリッドシステムを組み合わせたもの。

外観面では、UXでは17インチホイールと18インチホイールをラインナップ。
既に販売が停止された「HS250h」と同様、17インチホイールでは、空気抵抗を低減したタイプのホイール構造になっているようです。その他、NX等と同様、前後フェンダーの大型樹脂モールはSUVならではの古典的なデザインと言えます。

x18-03-06-lexus-ux-side-profile.jpg.pagespeed.ic.WO1elhiPEb.jpg


テールランプのデザインも初公開。テールランプにも「LEXUS」ロゴが入るようになりました。
「真一文字」のランプは他ブランドでも採用例がありますが、レクサスでは初採用。最初からフルLED化されたのは嬉しいところ。
lexus_gallery_img5.jpg


内装では、エアコンの吹き出し口を変更する「丸型」のノブがレクサスとしては新意匠となります。レクサスLSでも独特なデザインでしたが、第3世代レクサスではエアコン吹き出し口にも拘った意匠を施しているのでしょう。
x18-03-06-lexus-ux-steering.jpg.pagespeed.ic.SNh1OPWPXm.jpg


なんと、エアコン調整ノブについては、LCのテールランプと同様のLED虚像表示をしたノブになっています!これは世界初か?
Lexus-UX-2019-1600-31.jpg


インパネ上部はブラックに加え、「ブルー」と「ボルドー」基調のものもラインナップしている模様。
これが「和紙」に由来するものなのでしょうか?

lexus_gallery_img26.jpg


インテリアの装備で行くと、シートヒーターに加え、シートベンチレーション、ステアリングヒーターがついているのはこのクラスとしては魅力的です。スイッチ式で、「AUTOモード」が備わっているのは便利です。
その他ブレーキホールドのスイッチも見受けられます。
また、非接触型の充電装備「qi」も搭載しているなどスマートフォン等のモバイル環境にも配慮していています。
シフトノブ周辺の意匠はBMWに似ている?

Lexus-UX-2019-1600-1e.jpg


タッチパッド&オーディオコントローラー付近。
センターのパームレスト近辺には、オーデイオの操作パネルが備わっているのもレクサス初で、実用性が高いと思います。ただし、タッチパッドの継続採用はあまり好まれないと思われますが・・・
なお、タッチパッド周りはヘアライン加工がしてあるなど工夫がしてあるようです。(素材は不明)

Lexus-UX-2019-1600-2b.jpg


そのほか「F SPORT」にはアルミフットレスト&アルミペダルも準備されます。
シートポジションメモリースイッチは運転席のみですが、これはLCでも同様なのでしょうがないでしょう。
全体的にいい雰囲気ですが、センターコンソール近辺やオーディオ部分に樹脂パネルが目立つのはNXやRXとの差別化か。

lexus_gallery_img4.jpg


標準仕様の室内はホワイト・グレーのシートが印象的。
ステアリングではパドルシフトレスであることがわかります。
ドアノブもLC・LSで採用されているものと同デザインですね。(表面仕上げは異なっている可能性あり)
lexus_gallery_img19.jpg


「F SPORT」のステアリングにはレッドのステッチが入るなどスポーティな印象。
こちらにはパドルシフトが備わっています。
先日の動画で公開されたように、ステアリングやスイッチパネル自体の意匠は「LS」に似ており、この価格帯は高いクオリティを有していると感じます。シフトノブも新意匠でサイドのノブはレトロちっくな印象を受けます。
ナビ・オーディオ部分が黒基調で樹脂パネルが中心と思われるのはコストダウンを感じるところですが、価格帯から考えるとやむを得ないでしょう。(新型Aクラスを見た後だと残念な感じはありますが、あれが別格なのでしょう・・・)

x18-03-06-lexus-ux-steering.jpg.pagespeed.ic.SNh1OPWPXm-2.jpg

注目はF SPORTのスポーツシートで、RCFやGSFといったFモデルや、LCを彷彿とさせるデザインのシートでかなりカッコいいですし、ホールド性も確保している感じです。これはいいですねぇ!!

Lexus-UX-2019-1600-3f.jpg


後席については頭上、足元ともに一定程度のスペースが確保されているようで、見た目の狭さは感じられません。
センターアームレストも備えられており、4人乗りでも問題なさそう。
なお、前席パワーシートは装備されているようですが、ちょっとそっけないデザインですね。

lexus_gallery_img23.jpg


F SPORTは外観でも他のレクサスモデルと差別化されています。おおむね、先日公開されたものと同じですね。
フォグランプベゼル部分と、フェンダーのF SPORTエンブレム、リヤのディフューザー部分が相違点でしょうか。
なお、AVSシステムに関してもレクサスLC以降に採用されている減衰力調整の幅が広い高性能タイプを搭載(NXにもマイナーチェンジで採用)しているなど、手抜かりはありません。

x18-03-06-lexus-ux-f-sport.jpg.pagespeed.ic.TFu5WK_El1.jpg


F SPORTではリアアンダーディフューザー付近の雰囲気が標準仕様とは違いますね。
こうみると、結構コンセプトモデルにあったようなカクカクした線が入っていることに気づきました。
lexus_gallery_img12.jpg


さて、現代では欠かせない安全機能「Lexus Safety System+」については、新型アルファード/ヴェルファイアと同様、「進化版」が導入されることが正式にアナウンス。UXはレクサスのエントリーモデルですので、上級モデルとの差別化を図ってくる可能性も予想されましたが、上位モデルと同等以上のセーフティ・システムを導入。
ロードサインアシスト表示付きのヘッドアップディスプレイも備えています。大きさはLCと同様程度か。

Lexus-UX-2019-1600-2e.jpg


現時点では、アルファード/ヴェルファイアと同様に、夜間の歩行者検知機能/自転車対応の新型プリクラッシュセーフティシステムに加え、LKAの進化版「レーントレーシングアシスト(LTA)」も装備。そのほか、交通標識を読み取りメーター内に表示するロードサインアシストやアダプティブハイビームシステムを備えるなど(オプションの可能性あり)いわゆる「 Lexus Co DRIVE」を備えているそうです。

th_スクリーンショット 2018-03-06 19.20.41.jpg

今回はCGを中心とした画像ですが、早晩実車画像が出回り、また印象が変わってくるかもしれません。
装備面では現行のCTやHS,ISやなどを大きく上回り、先進装備「LSS+進化版」など兄貴分の「NX」を超えるような装備も導入されるなど、上位モデルに配慮して意図的にデグレードしている部分はあまり見受けられません。

2018年03月06日

レクサス車購入特典で下田で日本旅館へ宿泊〜河津桜を見てきました!

レクサス車は原則車両本体からの値引きがないようですが、販売会社によっては、レクサスカードをカード利用限度額(500万)まで決済できたり(結果的にポイントが溜まる)、純正フロアマットのサービスがあったり、カタログギフトが貰えたり・・・等の特典を準備しているケースもあります。
当方がおつきあいある販売会社では、カタログギフト的な特典(5万円〜6万円相当)がありましたので、そこに掲載されていた、伊豆の小さな日本旅館「濤亭」(とうてい)に宿泊してきました。ちょうど、この時期、全国的に有名な「河津桜まつり」が行われているので・・・
https://www.kawazu-onsen.com/sakura/


「濤亭」は伊豆急下田駅から自動車で7〜8分程度、13部屋しかないこじんまりとした旅館で、大変海の綺麗な浜辺(入田浜)のすぐ近くにあります。建物はそれなりに古いはずですが、メンテナンスが行き届いており快適です。
駐車場は目の前に平置きで準備されており、大型車でも大丈夫ですが、旅館までの道が狭いですし、そもそも観光シーズンの伊豆・下田エリアは大変渋滞するので、電車(踊り子号等)を利用したほうが良いと思います。
特に、「沼津IC〜修繕時経由〜国道414号(天城越え)」の場合は、大型車同士の離合不可区間が多く、幅の広いレクサス車の場合は通行に難儀することでしょう。


th_IMG_0467.jpg

宿の目の前は浜辺(入田浜)です! 見えるのは海と浜辺のみ。音も波の音だけで、自動車の音さえ聞こえません。
サーフィンに興じるかたが結構いらっしゃいました。

th_DSC02798.jpg

食事は結構豪華で、スタンダートプランでしたが1名に1尾、伊勢海老のお造りが。

th_DSC02805.jpg


下田名物の金目鯛の煮付けも。(2人で1尾) これは豪華でしたね。
肉料理は一切でませんが、お魚料理が好きな方にはかなり評価が高いのではないでしょうか。(クチコミの点数も高い)
th_DSC02806.jpg

朝は、部屋から日の出が拝めます! 遮るものがないのは凄い。

th_DSC02811.jpg


朝食は日本旅館らしいものでしたが、どれも美味しかったです。朝も夕も部屋食なのは嬉しい。
自分では普段選ばないタイプの宿なので、こういう機会に宿泊できて大満足でした。

th_DSC02813.jpg


その後は伊豆急下田駅から、伊豆急行で河津駅へ移動。
河津駅はものすごい人出とは聞いていましたが、本当にすごかったです。駅に出入りするだけでも大変・・・・
また、駅周辺の道路は狭いし、公共駐車場や臨時駐車場もそれほど多くなく、クルマで来た方はかなり厳しい渋滞に耐える必要があります。一説には、東京近郊から、河津の駐車場に入るまで6時間かかることもあるとか・・・(汗

th_DSC02911.jpg


まずは駅前のバス(東海バス)で、「河津七滝(かわつななだる)」へ。
行き先はなんと「修善寺」と、かなりの距離ですが、河津七滝までは通常バスで30分ほど。しかし、この桜まつり渋滞で倍の「1時間少々」要しました。しかし、その疲れを吹き飛ばすぐらい綺麗な自然がありました。
th_DSC02846.jpg

河津七滝では、「わさび丼」が有名らしく、ここでも30分ほど待ってわさび丼を。
単にご飯にわさびやかつを節、醤油をまぶしたもので、コスパはあまり良くないのですが、新鮮なわさびが美味しいです。(ごはんにかつをぶしとわさび・醤油をまぶしたもの)まぁ、観光地の食事といったところでしょうか。
th_IMG_0493.jpg

その後は再度バスで河津駅まで。途中下車して、河川敷を中心に桜を堪能します。
確かに全国から人があつまることがあるだけ、見ごたえあるものでした。川の両サイドに桜が咲き乱れています。また、飲食店の出店もすごいですが、他の場所と違うのは、「わさび専門店」や「河津桜の苗木」を販売する店舗が結構めだつことでしょうか。
th_DSC02893.jpg

河津桜まつりは、早咲きなのと色がピンク色で鮮やかなので、各地から沢山の方が訪れているようです。ここ数年は100万人規模の人出になることもあるとか。確かに、アクセスが良いとはいえないにもかかわらず、混雑具合が半端ではありません。電車を使っても東京近郊から現地までは片道3時間(クルマではそれ以上+渋滞)かかるのでなかなか気軽に行くことができないのが残念です。沼津ICからの伊豆縦貫道が全線開通(修善寺〜下田間)が開通するころに、クルマで一度行ってみたいですね。
th_DSC02897.jpg
posted by なまっくす at 19:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常

2018年03月04日

LC500 INSPIRATION SERIES !

ブラックパンサー公開とともに、北米LEXUSでもLC「INSPIRATION SERIES」の価格が発表されています。
台数も100台限定であることがwebで掲載されていますね。
http://www.lexus.com/models/LC


スクリーンショット 2018-03-03 8.34.15.png


LC500のベースが「92000」ドルですが、「INSPIRATION SERIES」のLCはストラクチュアルブルーの特殊塗装が加わるので、「108180」ドルとなっており、ベース車両より「16180ドル」高ということとなります。
詳細な装備は不要ですが、日本仕様と同等、フルオプション状態であれば「16180ドル」高は妥当なところでしょうか。
(北米仕様はベース車両は「素」の状態ですので、多くの車両は97000ドル〜となっている模様)
なお、北米ではハイブリッド(LC500h)の「INSPIRATION SERIES」はなさそうです。

day-exterior-5_8Y0.png

久しぶりにアクセサリーカタログを見ていると、アイテムが増えていました。
日本ではLPackageに装着されているステンレス製スカッフプレートですが、「イルミネーションタイプ」が用意されているんですね。これは日本仕様の車両にも適合しそうですので魅力的・・・日本にも設定してほしいです。(意匠的にはちょっと古いタイプですが)北米では360ドル程度の模様。
th_スクリーンショット 2018-03-03 8.31.15.jpg

その他、北米や欧州ではLC・LSのキーに適合した手軽なキーケースも準備。内装に合わせ3色あるので、これもなかなかいい感じです。
th_スクリーンショット 2018-03-03 8.31.51.jpg

一番惹かれるのはカーボンリヤスポイラーですが、これはトランクに穴あけして固定するタイプなので敷居が高いですね。
これもぜひ日本での設定をお願いしたいところ。日本に限らずアクティブリヤウイング付きの車両が大多数を占めるようなので、装着できる車両は限られますが・・・
th_スクリーンショット 2018-03-03 8.32.11.jpg

2018年03月03日

映画ブラックパンサー見てきました! (LC500とGSFも活躍)

アメリカで大ヒットを記録している、映画「ブラックパンサー」。
日本公開が3月1日ということで、最初の土日を待たず1周遅れの「プレミアムフライデー」を利用して見てきました!
まぁ、レクサスLCがでてこなかったら見に行って無かったわけですが・・・

th_IMG_4783.jpg


ストーリーの前半、悪者のユリシーズ・クロウがすごい力を秘めた金属石「ヴィブラニウム」を持って逃走するシーンで、主人公(ブラックパンサー)は元恋人ナキアと親衛隊のオコエを連れ、レクサスLC500とGSFを駆って釜山での夜のカーチェイスが繰り広げられます。

th_スクリーンショット 2018-03-02 20.09.37.jpg

いわゆる「決闘」シーンがかなり多いので、ずいぶん好みが分かれそうですが、マーベルシリーズが好きな方は楽しめるのではないでしょうか。人種問題、国際社会問題なども織り込んでいるところが、多様な方が居住するアメリカでのヒットの要員でしょうか。ちなみに、中盤以降はカーチェイスシーンはありません・・・・
なお、エンドロールには「LEXUS USA」の文字が確認できました。なおエンドロール後にも若干話が続きますので最後まで視聴をおすすめします。

th_スクリーンショット 2018-03-02 20.10.10.jpg

当方は「IMAX3D」で見たのですが、3Dの効果はかなり大きいです。しかし、飛行物が飛んでいるシーンなど、ペラペラな「板」が浮いているように見えるシーンも結構見受けられ、作品に集中したい方は2Dの方がいいかもしれません。

posted by なまっくす at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常

2018年03月01日

レクサス UX パワートレーンも新開発?

レクサスUX、衝撃の初出し画像のあと、やはり気になるのはそのパワートレーンでしょう。
まもなくジュネーブモーターショーで発表されるのは、ハイブリッドシステムの「UX250h」と言われていますが、今までのレクサスの命名方式によると、「2.5Lより小さいエンジンにハイブリッドシステムを付加して、自然吸気2.5Lエンジン車相当のパワーを得た」ものですので、先日トヨタがニュースリリースした新パワートレーンである、新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」と、2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSU)のレクサス版である、2.0Lレクサスハイブリッドシステムを組み合わせたものが「UX250h」として導入されると考えられます。


th_スクリーンショット 2018-02-27 20.05.24.jpg



■新型無段変速機(CVT)「Direct Shift-CVT」
従来のCVTに発進用のギヤを備えたものとのこと。発進・加速時のフィーリングの向上が期待できます。「現行比+6%の優れた燃費性能」とあるので、環境性能も高くなるようです。




■2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSU)
カムリで採用された2.5Lエンジンの排気量を2.0Lとしたものに(レクサス)ハイブリッドシステムを組み合わせたもので、熱効率を41%にまで向上させたとのこと。これが「UX250h」となると思われます。




■新型直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」
カムリで採用された2.5Lエンジンの排気量を2.0Lとしたもので、熱効率を40%にまで向上させたとのこと。
これが「UX200」となると思われます。
日本国内では、こちらが2018年10月に先行発売との噂。



その他、AWDシステムも刷新するようで、「Dynamic Torque Vectoring AWD(ダイナミックトルクベクタリングAWD)がニュースリリースされています。
こちらはエンジン車のみとのことですので、「UX200」にはこの新型AWDの設定があるかもしれません。
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/21164620.html


新型UXは、レクサス第3世代のLC、LSと共用部品を使用し、インテリアのイメージも比較的近くなっていて、兄貴分のNXやRXより先進的な部分も多くなると思われます。
しかし一方で日本国内におけるパワートレーンは以下のとおり明確に分離することで差別化を図るものと考えられます。

UX・・・2.0L 直4自然吸気エンジン 、 2.0L 直4エンジン+ハイブリッドシステム
NX・・・2.0L 直4ターボエンジン  、 2.5L 直4エンジン+ハイブリッドシステム
RX・・・2.0L 直4ターボエンジン  、 3.5L V6エンジン+ハイブリッドシステム 、 3.5L V6自然吸気エンジン(海外向け)

現時点でのデザインや内装の質感などから考えて、CTやHSのオーナー層の買い替え需要としても「UX」はその役割を果たすと考えられます。特にUX250hに関してはモード燃費もリッター30km/Lは超えてくると思われ、続報に期待しましょう!
スクリーンショット 2018-02-27 20.44.48.png
スポンサーリンク

コムテック ドライブレコーダー HDR752G 200万画素 Full HD ノイズ対策 LED信号対応 画像補正 専用microSD(32GB)付 駐車監視機能 日本製&3年保証 GPS レーダー探知機連携 COMTEC

新品価格
¥23,582から
(2019/10/14 18:24時点)

【10/15限定!楽天カード利用でP19倍相当確定(5%キャッシュレス還元分含む)/要エントリー】《セール価格》GPSレーザー&レーダー探知機 ユピテル A350α (WEB限定 / 取説ダウンロード版) 【日本製】 【3年保証】業界初!光オービス(レーザー式移動オービス)受信対応

価格:30,580円
(2019/10/14 18:30時点)
感想(33件)

【Amazon.co.jp 限定】ユピテル レーザー対応 レーダー探知機 WR70 オービス受信対応 2019年 最上位モデル マップ表示対応

新品価格
¥32,800から
(2019/4/1 22:19時点)

【ドドーン!!と全品ポイント増量中】LS300 ユピテル レーザー&レーダー探知機 GPSアンテナ内臓 レーザー式移動オービス対応 3.6インチ液晶搭載 Yupiteru SuperCat(※GS103同等品)【DM】

価格:34,800円
(2019/10/14 18:29時点)
感想(0件)

ユピテル レーダー探知機オプション OBD12-M III OBD12M3[OBD12M3]

価格:5,540円
(2019/5/18 10:16時点)
感想(1件)

【送料無料】【2個セット】[TV紹介商品] リレーアタックガードポーチ2 カーボン【2個セット】リレーアタック対策 リレーアタック対策グッズ 盗難防止 電波遮断 電波遮断ポーチ スマートキー リレーアタックポーチ セキュリティ リレーアタック エムズスピード

価格:2,200円
(2019/10/14 18:19時点)
感想(0件)

協和興材 マイクロロン ガストリート【smtb-s】

価格:3,492円
(2019/5/18 10:15時点)
感想(0件)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/4 22:19時点)
感想(0件)

ニューモデル速報 第579弾 レクサスUXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2019/1/10 21:14時点)

ニューモデル速報 第578弾 レクサスESのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2018/12/9 23:33時点)

Anker Roav ジャンプスターター Pro (6.0Lまでのガソリンエンジン車・3Lまでのディーゼル車に対応)【 最大電流 800A / モバイルバッテリー機能/安全保護システム / コンパス機能/LEDフラッシュライト搭載 / 専用ケース付属】

新品価格
¥6,999から
(2018/10/26 22:53時点)

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2019年 11月号 [雑誌]

価格:689円
(2019/10/14 18:20時点)
感想(1件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/4 22:16時点)
感想(11件)

KARCHER(ケルヒャー) モバイルクリーナー OC 3 1.680-009.0 マルチクリーナー

新品価格
¥15,345から
(2019/10/14 18:31時点)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500h (ホワイト)【KSR18024W】 京商

価格:14,580円
(2018/8/6 22:26時点)
感想(0件)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500(レッド)【KSR18024R】 京商

価格:13,980円
(2018/8/6 22:27時点)
感想(0件)

ユピテル 超広画角174°夜間特化ドライブレコーダー SN-SV70c GPS 衝撃センサー WiFi HDR SN-SV70c

新品価格
¥22,471から
(2018/10/26 23:05時点)

Wicked Chili by ドイツ/シガーソケットチャージャー 4800mA ターボID機能搭載 車載用シガーソケット デュアル USBカーチャージャー Apple iPhone X/8/8 Plus 7/7 Plus/6S/6S/Plus 6/6Plus/SE/5S/5 iPad iPod Air Touch (24W 4.8A アップル用に最適化)

新品価格
¥4,299から
(2018/5/27 02:09時点)

ブルーバナナ99 SNTC-M18 ■ ナビコントローラー / ナビ キャンセラー ■ LC500h LC500 LS500H NX300 NX300hH29/9

価格:31,104円
(2018/1/12 23:51時点)
感想(0件)

スイッチ押し太朗【オートブレーキホールド用汎用接続タイプ】『オートブレーキを常時スタンバイ!!』 オートパーツ工房

価格:3,150円
(2017/8/21 00:19時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

BLITZ ブリッツ 15810 ブレーキホールドジャンパー レクサス URZ100 LC500 / GWZ100 LC500h エンジン始動と同時にブレーキホールド機能を作動!!

価格:14,570円
(2018/8/6 22:30時点)
感想(0件)

[BLITZ] ブリッツ スピードジャンパー レクサス LC500 URZ100 17/07〜 2UR-GSE 競技専用品

価格:149,686円
(2018/2/6 23:54時点)
感想(0件)

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/1/2 11:14時点)
感想(2件)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

寺岡製作所:TERAOKA 導電性アルミ箔粘着テープNO.8303 10mmX20M 8303 10X20 型式:8303 10X20

新品価格
¥1,158から
(2018/1/12 23:57時点)

【お一人様1個限り】LED T20ダブル SMD24連 レッド/赤 T20シングル T20ピンチ部違いにも使用可能 【無極性】 テールランプ ストップランプ 等 12V-24V車 【T20ウェッジ球】 高品質3チップSMD【孫市屋】●(LM24-R)

価格:2,039円
(2017/9/12 00:54時点)
感想(21件)

マイクロロン(Microlon) ガストリート -

新品価格
¥2,763から
(2019/10/14 18:27時点)

BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V

新品価格
¥6,580から
(2016/5/30 23:10時点)

CG 2019年11月号[雑誌]

新品価格
¥1,300から
(2019/10/14 18:34時点)

ニューカー速報プラス 第49弾 LEXUS LC 500/500h (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/5/10 20:48時点)

レクサスLCのすべて (モータファン別冊ニューモデル速報 Vol.552)

新品価格
¥780から
(2017/5/9 20:20時点)

THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

新品価格
¥3,996から
(2017/4/21 23:14時点)

レクサスLSのテクノロジー (モーターファン別冊 Motor Fan illustrate)

新品価格
¥1,728から
(2018/1/10 19:33時点)

歴代セルシオ/レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥1,080から
(2018/1/2 17:06時点)

ニューモデル速報 No.562レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥780から
(2017/12/4 22:06時点)

ニューカー速報プラス 第56弾 レクサス 新型LS 500h/500 (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/12/4 22:16時点)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・ホワイト)[オートアート]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

価格:17,650円
(2018/8/6 22:22時点)
感想(0件)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・レッド)[オートアート]【送料無料】《発売済・在庫品》

価格:18,450円
(2018/8/6 22:23時点)
感想(1件)

オートアート 78847 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (メタリック・イエロー ※インテリア・カラー/ブラック) ミニカー(ZM29895)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:20時点)
感想(0件)

オートアート 78849 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (ブラック ※インテリア・カラー/タン) ミニカー(ZM29897)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマットセットLS500/500h アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:62,640円
(2017/5/8 00:16時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマット トランクマット(ラゲッジマット)LS500/ハイブリッド車専用 アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:15,120円
(2017/5/8 00:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 ラゲッジマット (プレミアム)

価格:11,980円
(2017/7/1 21:47時点)
感想(0件)

コムテック GPSレーダー探知機 ZERO 803V OBDII接続対応 無線LAN自動データ更新無料 4.0インチ液晶 モーションセンサー 超速CPU G ジャイロ 搭載 ドライブレコーダー相互通信対応

価格:29,781円
(2017/6/11 00:00時点)
感想(0件)

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Premium EN ] LN3

新品価格
¥12,754から
(2019/10/14 18:36時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

ボディードクター ザ・シート メッシュ ブラック BD517

新品価格
¥4,480から
(2016/8/28 19:23時点)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【s10】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,860円
(2017/7/1 21:57時点)
感想(10件)

AESOP/イソップ レバレンス ハンドウォッシュ 500ml (B500BT17)

価格:4,428円
(2018/5/27 02:12時点)
感想(1件)

イソップ Aesop リンスフリーハンドウォッシュ 50ml [003024]

価格:1,020円
(2018/5/27 02:14時点)
感想(2件)

KURE オイルシステム デュアルブ 200ml×2本【楽天24】[KURE(クレ) ボディケア用品 車用]

価格:3,387円
(2016/8/17 23:09時点)
感想(1件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

レクサス星が丘の奇跡

新品価格
¥1,512から
(2014/9/25 21:30時点)

<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
プロフィール
QRコード