2019年07月26日

レクサス ベビーSUV投入? そして気になる「IS」の今後!

26日発売予定ニューモデル・マガジンX(2019年9月号)によると、レクサスのベビーSUVが計画されている模様。
発売は少し先と思われますが、FRセダン系からSUVへシフトする路線がさらに強まるということでしょうか?
確かに欧州車は次々とSUV系のラインナップを強化しているため、UXとは別のラインのスモールSUVというのは需要もありそうです。

▼楽天ブックス ニューモデル マガジンX 2019年9月号



その他、「ざ・総括」には トヨタ・RAV4 も登場!
トヨタ/レクサス車がめったに拝めない☆4つ以上の獲得なるでしょうか?


さて、メルセデス・ベンツは先日、「Aクラスセダン」を発表。
もともとコンパクトクラスの車であったAクラスにもセダンを設定、「CLA」と一部オーバーラップする部分もありますが、ユーザーとしては選択肢が増えるのは好ましいですね。

002_o.jpg


さて、本来はライバルとなるレクサスの中核セダン「IS」については、2016年秋のマイナーチェンジ以降、好調とはいえず、2016年10月〜2019年5月までの累計で約「13,000台程度」しか販売されていません。(自販連等のデータに基づき当方調べ)
また、2019年に入ってからは月あたり「200台程度」の販売に減少、全国の各ディーラー1件あたり、1ヶ月に1台程度しか売れていない計算になり、危機的な状態に陥っています。
一方、好調なセールスが続く、メルセデス・ベンツ「Cクラス」は2018年だけで「約18,000台」を販売したということですから、単に「セダン離れ」というよりも商品力自体に課題があると思われます。


現行ISの不振の原因はいくつもの説がありますが、「装備云々・・・」の前にデザイン(フロントフェイス)に抵抗があるという意見も多いようです。
特にヘッドライトの造形やフォグランプ周りのガーニッシュの造形などでしょうか?

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3817.jpg


このままではISシリーズの2019年度の年間販売数はわずか「3,000台程度」にとどまることが予想され、自然と販売数が上向くことは考えられませんが、ブランドの顔と言えるFRセダンのISが放置されている状況は好ましくありません。そのため、ISに関しては2020年、いよいよ2回めのマイナーチェンジが行われる模様です。

外観デザインの変更に加え、待望の「電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド」が(ようやく)装備されるとの噂があるほか、「Lexus Safety System+」のアップデート、新型ナビゲーションシステムの採用(タッチパッド、Apple carplay、タッチパネルの採用など?)など、2016年のマイナーチェンジでは見送られた内容についてもぜひ踏み込んで欲しいところ。

しかし、マガジンX等でも以前スクープされたように、プラットフォームの変更はマイナーチェンジのため行われないと考えられます。
噂の2.4L新エンジンの投入や、新ハイブリッドシステムの投入がこのマイナーチェンジモデルで行われるとは思われませんので、基本的なスペック変更はないと予想されます1ので、特にIS前期オーナーの方の乗り換えとしてはパンチが弱いように思います。

そして、ISのマイナーチェンジが2020年に行われる可能性が高くなったことで、ISのフルモデルチェンジがあったとしてもは「2023年」頃となると思われ、これも複雑なところです。
その頃は、まさに「電動化時代」に突入していますので、「EV」(またはハイブリッドカー)が主体となるのは避けられないと思われますので、未だに根強い噂がある「3.5Lツインターボ」や「IS F」などハイパフォーマンスかつ純粋なガソリンエンジン車の設定はまずないものと思って良いでしょう。


なお、現行ISには近々単独で「特別仕様車」が発表される予定。
単独での特別仕様車が出るということは、現行モデルがいよいよ末期ということを示していますので、マイナーチェンジに向けての準備がととのったともいえそうです。私もISには思い入れがありますので、今後の「IS」がどうなるか、不安と期待でいっぱいです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_4e87.jpg

2019年05月28日

ニューモデルマガジンX2019年7月号発売されましたが…

ニューモデルマガジンX「2019年7月号」が発売されましたが・・・
Xの情報網をもってしても、レクサス「RX」のマイナーチェンジ情報はなし、もうしばらくの辛抱でしょうか。
https://www.mag-x.com




記事で個人的に気になったのは「新型クラウン発売1年後のテコ入れ策」。
やはり内装の質感については不満の声が出ているようですし、確かに一部販社で金利キャンペーンや残価設定を高めにして販促をしているという話も聞きますので、新型クラウンをもってしても販売は絶好調というわけではなさそうです。

th_DSC03757.jpg


その他、「ざ・総括」には「BMW3」(330iMSp)シリーズが登場!
特に内装の質感向上は目を見張るものがありますが、記事にはなんと「レクサス化」の気になる文字も?
ぜひチェックください。

th_IMG_3765.jpg


「ニューカマー喜怒●愛楽」では、メルセデスベンツAクラスが登場!
発売後は各メディアで絶賛でしたが、ここ最近は結構厳しい論調の記事も目立ち、当初の絶賛はいったい何だったんだろう?という状態はなんとも不思議なところです。個人的にはMBUXのAIでの機能進化には注目していたのですが、あまり目立った話を聞きませんね・・・

th_IMG_2536.jpg


その他、燃料電池車「MIRAI」のフルモデルチェンジスクープ情報とともに、最近聞かなくなったレクサスLSの燃料電池車(FCV)については残念ながら開発がストップしたとの話も。水素ステーションの整備もなかなか進んでいないようですし、LS-FCVに関しては、2020年の東京オリンピックには発売する予定と聞いていましたが、そもそもベースモデルのLSの改良の方が優先なのでしょう。

th_DSC01935.jpg


またレクサスLM(LM300h/LM350)の日本発売に関する考察記事等も。
かなり要望が来ているとの話は販売店からも聞きますが、まだしばらくは国内での販売は予定されていないようですね。

th_スクリーンショット 2019-04-16 21.09.37.jpg


しかし、「RXマイナーチェンジ版」のスクープ記事がホント出てこないですね。
単にガードが固いだけなのか、コストをかけて事前お披露目するほどの大規模な改良ではないのか?
最新の商標出願状況を見ても期待の「RX300h」は情報がありませんので、パワートレーンの変更はないようですが、ターボモデルへの8速AT化は頑張って欲しいところ。

2019年02月28日

次期レクサスIS これは・・・衝撃?(マガジンX)


さて、毎月26日はカー雑誌「ニューモデルマガジンX」の発売日。

今回は、レクサスISの次期モデルに関するスクープが気になるところ。

そして、「ざ・総括」にレクサスUXが登場!
レクサスファンにはなかなか読み応えのある内容と思います。

▼楽天 ニューモデルマガジンX(2019年4月号)




さて、次期ISに関しては2013年5月の発売からすでに約6年が経過。
前回のマイナーチェンジが2016年10月(発売から3年半)でしたから、今年2019年秋にはマイナーチェンジからちょうど3年が経過。
フルモデルチェンジするのであれば来年「2020年」が濃厚ですが、スクープ誌によるともう少し遅れる可能性があるようです。
そのラインナップ(パワートレーン)やプラットフォームに関してはあまりに衝撃なのでぜひ雑誌でチェックしてみてください。
(果たしてホントにそんなことがあるのでしょうか・・・?)

19-02-25-gallery-lexus-is-black-line-4.jpg


もう1つのトピックス、「ざ・総括」はUXが登場。(ボルボXC40も登場)
相変わらずのスタイルで言いたい放題ですが、的を得ている部分も見受けられます。
・・・が、前回の「ES」とはトーンが違いますね。
同プラットフォームの「C-HR」や「RAV4」との比較やコストパフォーマンスを考慮すると、単純な性能や数値で比較すると厳しくなるのはやむをえないと思います。

しかし、車には「所有感」はとても大事だと思います。コストパフォーマンスに優れたツールを求めるのであれば、あえてブランド品を選ぶ必要はないでしょう。「レクサスUXを所有すること」で今までとは何かが変わってくるかもしれません。(仕事、家族、友人・・・etc)
コミュニケーションやライフスタイルにも影響があるかもしれません。そういった基準で独自の世界観を持つクルマを選択するのも素敵なことと思います。

2018年05月02日

カーグラフィック レクサスLC長期レポートが終了!(”LDH”の話題)

自動車専門雑誌、「カーグラフィック」(CG)2018年6月号が発売されましたが、毎号掲載されていた、「レクサスLC500h(S Package)」の「長期レポート」がついに終わりを迎えました。普段は2ページですが、今回は最終回スペシャル?で4ページで特集されていました。

th_IMG_0825.jpg


▼楽天ブックス カーグラフィック 2018年6月号

CG (カーグラフィック) 2018年 06月号 [雑誌]

価格:1,239円
(2018/5/2 19:25時点)
感想(0件)





レクサスLC(LC500/LC500h)は2017年3月に発表されましたが、顧客へのデリバリーが極端に遅く、ほとんどのオーナーは半年近くの納期待ち。
その中、カーグラフィック編集部へのLC納車はほぼ最速レベルといえる「5月某日」に行われたようです。
後に、カーグラ誌はLC開発中に、「THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h」で密着レポートをしていたことが明らかになりますので、納車が優先されるのは当然といえます。


▼楽天ブックス THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h [ カーグラフィック編集部 ]

価格:3,996円
(2018/5/2 19:47時点)
感想(0件)





それ以降、毎月CG誌上で、カー専門誌ならではのLCに関するレポートが掲載され、とても楽しみでしたが、個人的にレポートの中でも印象に残ったのは、「タイヤの違い」(ミシュランとブリヂストン等)や「直進性の問題」(LDH起因)ですね。これはなかなか個人では解析できない内容で読み応えがありました。


レクサスLCは発売から1年が経過し、先日特別仕様車(Stractural blue Edition)が発売されましたが、レクサス車で定期的に行われている「年次改良」はまだ実施されていません。しかし、カーグラフィック編集部からレクサス開発スタッフにも相当意見はフィードバックされていたそうなので、まだまだ改良の余地が多い「LCの年次改良」に期待がかかります。
現時点では、「乗り心地」、「直進安定性(”LDH”のセッティング)」に関しては手が入ることは間違いなさそうですが・・・


th_DSC03106.jpg


特に直進安定性の悪さに関しては、発売当初から様々なメディアから意見が出ていましたが、おおよその結論としては「S Package」に標準装備されている”レクサスダイナミックハンドリングシステム”(LDH)の制御が起因である、というものでしょう。


当方所有のLCは「L Package」のためLDH非装着車ですので直進安定性に関しては正直あまり気になりませんでした。(ステアリングセンター付近の「あそび」が少し多めなのは気になった程度です。)
(ちなみに、「レーンキーピングアシスト」(LKA)がオンになっていて、それで自動的にステアリングが操舵されている、なんて笑い話もあったようですが(爆))

th_スクリーンショット 2018-05-02 19.42.27.jpg


”LDH”などの後輪操舵機構(DRS)は、個人的にはユーザーに「実感」できるようなセッティングが有効と思います。
せっかく高価な装備なのに効きが体感できないと意味がないからです。しかし、一方で効きが強すぎると「制御されている」という違和感が生じますし、その違和感も「人」や「経験」、「感覚」によりそれぞれ異なるので万人に受けるセッティングはとても難しいのでしょうね。
そこがまだまだ若いトヨタ(LEXUS)と輸入車メーカーとの違いなのでしょうか?


”LDH”は価格換算すると「約21万円」相当のオプションなのですが、「F」モデルに装備されている「トルクベクタリングディファレンシャル(TVD)」のように「効きの強さ」を段階的に調整できたりすると良いのでは・・・と思うのですが、機構的には困難なんでしょうか・・・?


なお、”LDH”の開発秘話としては、第2世代レクサス先鋒の「レクサスGS」開発時の次のリンク先の記事が非常にまとまっています。
かなりの苦労の末登場した「LDH」。なかなか読み応えのある内容です。お時間のある方はぜひ確認されてみてはいかがでしょうか?

http://www.jsae.or.jp/auto_tech/docu/auto_tech2014_01.pdf



さて、カーグラフィック誌のレポートの最後にLC編集部(編集長?)が、もし自分でLCを購入するなら・・・という前提で記事をまとめられていました。
チョイスされたのは、V8エンジン搭載の「LC500」。そして、グレードは「標準」というものでした。
「L Package」では”ガラスルーフ”による重量物が頭上にあるという点と、シートの「肩」まわりのサポートが今ひとつという点、「S Package」では「LDHのセッティング」が起因し、一種の消去法的な選択として、コスト&バランスの取れた「標準」が選ばれたのでしょう。


現在のレクサス車のグレード選択の際、多くのオーナーが「F SPORT」か「version.L」系に偏り、「標準」を選ぶオーナーは本当に少ないようです。
しかし、レクサスLCに関してはは他国では「標準」は実質的に「SPORT」グレードとして販売されているもので廉価グレードではありません。「カーボンルーフ」、「カーボンスカッフプレート」、「アルカンターラスポーツシート」を備える日本仕様の「標準」は他国の仕様と比べてもコストパフォーマンスに優れた内容になっており、実は「お買い得」なグレードとも言えます。

「S Package」の代表装備である、「アクティブリヤウィング」がないのは確かに寂しいところですが、LCの「標準」グレードを選ぶのは実際に1年間所有してレポートしてきたカーグラ編集部ならではのセンスだな、と感じました。

「マルチステージHV」が選ばれなかったのはちょっと残念でしたが・・・確かにまだまだ「進化の伸びしろが大きい」ということ・・・ですよね!

th_DSC03141.jpg

2018年04月18日

久々のレクサスマガジン「BEYOND」国内販売50万台記念で復活?

レクサスオーナーには年に4回ほど発行されていた、「レクサスマガジン」。
2012〜13年頃から「BEYOND」というネーミングに変更されましたが、ここ数年はwebに移行し、冊子の配布は行われていませんでした。
しかし、レクサス国内累計販売台数50万台を記念してか?「BEYOND」が久々に冊子化され、ごく少数ですがレクサスディーラー配布されているようです。
今回、冊子を入手しましたので簡単にレポートいたします。(オーナーズLOUNGEに置いてある店舗もあると思います)

公式webにも後日掲載されるものと思います。
https://lexus.jp/brand/beyond/

表紙は最近のコンセプトカー LF-FCやレクサスヨット、イベント「DININGOUT」、レクサスインターナショナルの 澤プレジデント、初代LSのキーなどが描かれており、なかなか渋い!


th_IMG_0918.jpg


当方はいろいろレクサスに関する記事を好き勝手に書かせていただいていますが、恥ずかしながら、現在のレクサスの礎となる、北米での初代レクサス・LS400はおろか、日本における「初代セルシオ」も知らず、どちらも一度も乗ったこともありません。

レクサス第3世代のLC・LS発売以降、メディアでよく引き合いに出される世界に衝撃を与えた「初代LS400」の凄さは実感しておらず、正直ピンと来ないところがあるのですが、この初代LS400が如何に苦労して開発され、衝撃的なクルマであったか、ということがこの「BEYOND」に詳細に記載されており、このコンテンツだけでかなりの読み応えがあります。

th_IMG_0921.jpg


先日日比谷の「LEXUS MEETS…」で開催されたLCトークショーでもGQ・JAPAN編集長から「初代LSの凄さ・衝撃」について語られていました。
LS400のボンネットにワイングラスを乗せて、シャーシダイナモの上で時速240km/hで走行するCMは当時かなり話題を呼んだそうです。(それだけ凄い静粛性と低振動性を誇るということですかね)
現在のLC・LSオーナーさんには歴代LSを乗り継いでいらっしゃる方も多いと思われますが、当時を思い出される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

th_スクリーンショット 2018-04-17 23.53.00.jpg


その他レクサスSUV系、「LFA開発秘話」、スピンドリルの誕生秘話なども収録されています。
また、歴代レクサス車のかわいいイラストの一覧も必見!

th_IMG_0920.jpg

UX200/UX25hのチーフエンジニアを務める Lexus International Executive Vice President 加古氏のインタビューや、LC特別仕様「ストラクチュラル・ブルー」や日比谷の「LEXUS MEETS…」についても記載されているなどかなり最新の話題にまで踏み込んでいます。

th_IMG_0919.jpg

全般的にクルマを販売する会社から「モビリティ・サービス・カンパニー」に生まれ変わろうとしているトヨタ自動車において、レクサスは「ラグジュアリー・カーブランド」から「ラグジュアリ・ライフスタイルブランド」へ脱皮することを目指していることが垣間見える内容でした。

とはいえ、肝心のクルマの仕上がりをまず・・・という厳しい声も多いと思いますが・・・
今後は、単なる移動手段だけでなく、ライフスタイルを充実させるようなクルマの開発も進んでいくのでしょうね。

2018年01月10日

「レクサスLSのテクノロジー」非常におすすめです!

見応え抜群! 1月5日に発売したばかりの、モータファン別冊「Motor Fan illustrate」シリーズに「レクサスLSのテクノロジー」が登場!


th_IMG_0132.jpg
>

最近の”モーターファン別冊「○○のすべて」”はどうもマニアックな記事が少なく物足りなさを感じるのですが、そのぶん、こちらの方にシフトしているのではないかと思うぐらい、マニアックな内容で、車好きかつ新型レクサスLSのオーナーさまは必見の1冊といえます。また、「LC」と内容が通じる部分もあるので、LCオーナーさまも楽しめるのではないでしょうか?

ネックとしては、価格が「1600円+税」ということもあり、小さな書店では販売していないこと・・・ネット購入もオススメ。

▼楽天ブックス  レクサスLSのテクノロジー

レクサスLSのテクノロジー (モーターファン別冊 Motor Fan illustrate)

価格:1,728円
(2018/1/10 19:27時点)
感想(0件)




▼amazon レクサスLSのテクノロジー

レクサスLSのテクノロジー (モーターファン別冊 Motor Fan illustrate)

新品価格
¥1,728から
(2018/1/10 19:33時点)





例えば、V6ツインターボエンジンの「V35A-FTS」の詳細イラストや解説など
th_IMG_0133.jpg

マルチステージハイブリッド機構の詳細など
th_IMG_0134.jpg

その他、サプライヤーが製造している製品の紹介(6podブレーキがLCと同様「アドヴィックス」、切子調カットガラスはAGC旭硝子等)、その他 ”マークレビンソン”リファレンス3Dサラウンドシステムや、アイシン精機のエアサスペンションの動作詳細解説など、なかなか濃い内容となっており、かなり楽しめる一冊です。
最新のレクサスのテクノロジーを知ることができる一冊として、幅広いオーナーにオススメです!

2017年12月06日

新型LS関係書籍がいよいよ(12/6)発売!

モーターファン別冊「LEXUS新型LSのすべて」が本日(12/6)いよいよ発売です!
ツインターボのドライビングインプレッションやメカニズム詳密解説が楽しみです。


cover.jpg


▼楽天ブックス レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

価格:779円
(2017/12/5 23:08時点)
感想(0件)




▼amazon レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

ニューモデル速報 No.562レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥780から
(2017/12/5 23:11時点)





交通タイムス社からも発売!
LCも同時発売でしたが、紳士協定でもあるのでしょうか?こちらの方が文字や写真が大きくて読みやすい。(情報量は少なめな傾向にありますね。)
https://www.kotsu-times.jp/mooks/nc56_ls

20171206ls.jpg


▼amazon ニューカー速報プラス 第56弾 レクサス 新型LS 500h/500

ニューカー速報プラス 第56弾 レクサス 新型LS 500h/500 (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/12/5 23:13時点)



2017年11月22日

いよいよ登場! モーターファン別冊「LSのすべて」&「歴代レクサスLSのすべて」

レクサスLS500/LS500hの発売から1ヶ月が経過しましたが、いよいよ モーターファン別冊 ニューモデル速報「レクサスLSのすべて」と「歴代レクサスLSのすべて」が発売されるようです。

th_DSC019032.jpg

「レクサスLS」のすべては、12月6日発売説がありますが、まだ公式サイトにはアップロードされていません。
なお、「歴代レクサスLSのすべて」は少し遅れて12月19日発売説があります。過去作も含めたものでしょうか?LSファンならどちらも手に入れる必要があるかもしれませんね。過去にもLSの「ニューモデル速報」にはDVD付のものもあったと記憶しているので、「歴代」の方はそのような特典があるかもしれませんね。


▼amazon レクサスLSのすべて

ニューモデル速報 No.562レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥780から
(2017/12/4 22:06時点)





▼amazon 歴代レクサスLSのすべて

歴代レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥1,080から
(2017/11/21 20:25時点)





▼楽天ブックス 歴代レクサスLSのすべて

歴代レクサスLSのすべて

価格:1,080円
(2017/11/21 20:23時点)
感想(0件)




「歴代〜」が発売するころは、ツインターボエンジンの「LS500」の試乗も解禁されているのでしょうね!
そちらのインプレッションも含め、楽しみ過ぎます!

2017年08月30日

マガジンXの ザ・総括にLCが登場! LSスタッフマニュアルも!

先日発売した「ニューモデルマガジンX」には、レクサスのフラッグシップのクーペ&セダンである「LC500/LC500h」と「LS500/LS500h」の話題が掲載されております。

▼楽天ブックス(送料無料)

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2017年 10月号 [雑誌]

価格:650円
(2017/8/29 20:29時点)
感想(1件)




▼amazon

ニューモデルマガジンX 2017年 10 月号 [雑誌]

新品価格
¥650から
(2017/8/29 20:32時点)




LS500/LS500hに関しては、社内資料である通称:「スタッフマニュアル」の一部抜粋版がスクープされております。実質的な商談はこちらの冊子を元に行っている店舗が多いためご覧になった方も多いと思います。
既にLS500hの予約受注がスタートしてずいぶん経過しますが、先進装備「Lexus Safety System+A」の公開の影響もあってからか、高価格帯にもかかわらず引き続き好調な受注状況のようです。

ガソリンエンジンモデルの「LS500」に関しての予約受注開始は販売会社により異なりますが、10月2日ごろの予定との噂。ただ、新規開発エンジン+10速ATのマッチングはギリギリまで調整が入るようで、年内の納車枠はかなり限られているようです。エンジンとトランスミッションがどちらも新規開発というのはなかなかありませんので魅力的な反面、進化の余地も多く、初回の年次改良やMCまで待つという選択肢もありますね。果たしてどれぐらいの官能性能・動力性能を誇っているのか楽しみでなりません。


19-3.jpg



そして、レクサスLCがついにマガジンXの名物コーナー「ザ・総括」に!
果たして「★」の評価は? レクサス車はほぼ全車種★3つが定番ですが・・・
評論の内容は今までのレクサス車とは違う傾向であり、内容になっているのはなかなか見もの。気になる方はぜひチェックしてください。「なるほど!」と思われる点は結構ありました。
th_IMG_8651.jpg

また、7月の販売(登録)台数も判明。
注目のレクサスLC500が「81」台、LC500hが「57」台とのこと。
累計の登録台数はLC500が「285」台、LC500hが「277台」。しかし、これからから販売店の試乗車等(ぞれぞれ約170台+広報車10台)を控除すると、LC500が「115」台、LC500hが「107台」と、登録台数ベースでは「ガソリン:HV車」の比率はほぼ五分五分となっているようです。(ということは、やはりガソリンモデルの方が待っている方が多い)

なお、初期予約受注は「約1800台」とのことでしたので、7月末の段階ではほとんどのオーナーさんには納車されていないことが数値からも確認することができますね。しかし、8月はかなり台数が増えるのではないでしょうか。

2017年05月02日

カーグラフィック6月号に LC生産現場の話題が!


毎月上旬は、輸入車系のクルマ雑誌が発売されますが、今回発売された雑誌ではまだLCの試乗レポートは記載されていませんでした。
しかし、老舗カー雑誌、「カーグラフィック」最新号(H29.6月号)で、わずか4ページではありますが、レクサスLCの生産行程のレポートが掲載されています。納車時期が待ち遠しいオーナーさんはご一読されてはいかがでしょうか?
いかに「LC」が特殊な環境で作られる「作品」なのかが垣間見える記事でした。
(そのほか、新型パナメーラとライバル車との比較記事もあり、結構楽しめます)


17-04-24-gallery-lexus-lc-lineoff-1.jpg


▼amazon カーグラフィック6月号

CG 2017年 06月号

新品価格
¥1,240から
(2017/5/1 20:07時点)





▼楽天ブックス カーグラフィック6月号

CG (カーグラフィック) 2017年 06月号 [雑誌]

価格:1,239円
(2017/5/1 20:08時点)
感想(0件)





カーグラの記事によると、編集部では LC500hの ボディ色「アンバークリスタルシャイン」をオーダーしているとのこと。(驚!)また、マスコミ枠なのか、納車時期はなんと「5月中」とのことでした。
今後、毎月「Long & Short Term Test」として登場するようなので、そちらの記事も楽しみです。

th_DSC009432.jpg

また、カーグラフィックの中には、正式に 「THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h」についての広告も掲載されていました。一部店舗では契約者に「豪華版」を配布しているそうですが、これはその市販版と思われます。

LCについては確かに突っ込みどころの多いクルマですし、どうしてもその価格が話題になってしまいます。
(よって、「○○○○万円もする割には・・・」というような、まず否定から始まる論調のインプレッションが非常に多い)しかし、開発陣・サプライヤーの思いや開発のドラマを知った上で試乗等をするとまた感じるものも違うのではないでしょうか?


▼amazon(送料無料) THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

新品価格
¥3,996から
(2017/4/21 23:23時点)





▼楽天ブックス(送料無料)THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h [ カーグラフィック編集部 ]

価格:3,996円
(2017/4/21 23:28時点)
感想(0件)


2017年04月05日

紙媒体から電子化が徐々に進むLEXUS!

レクサスオーナーの皆様には「LEXUSマガジン」最新号が届いていると思いますが、今回は「ブラック」のつや消し調の冊子となり、写真も満載の高級感ある内容になっています。
しかし、今回をもって冊子形式では最終となり、次回からweb化(電子化)するとのことです。


th_IMG_7730.jpg


ラグジュアリーブランドではこのような冊子を提供しているのは珍しくありませんが、電子書籍やスマートフォンの普及もあり、冊子という紙媒体ではなくなるのは自然の流れとは思いますが、電子化されると、目を通す機会が失われることも多いと思います。(レクサスのオーナー専用HPもしばらくすると見なくなりますし・・・)
かつては航空機の機内誌のようなあまり興味を引く内容ではありませんでしたが、最近のは車両開発者のエピソードなどクルマそのものの記事が占めるウェイトが大きくなり、楽しみにしていました。
個人的には有償でも良いので継続して欲しかったとは思いますが、やむを得ませんね。

その他、車両の「取扱説明書」も徐々に電子化の波が押しよせています。
最新のLCでは引き続き車両本体の取扱説明書とナビゲーションシステム用のぶ厚い取扱説明書、そしてクイックマニュアルが準備されていますが、その他にDVDメディアもセットされています。

また、LCではナビゲーションシステムも最新バージョンにアップデートされており、全般的な動作速度の向上が図られているほか(地図の拡大・縮小、フリック操作等で分かります)輸入車ではしばしば見かける、簡易的な「車両説明書」がナビゲーションシステムに組み込まれています。

紙だと読むのはめんどくさいという方も多いと思いますが、渋滞時や信号待ちにちょっと見ることができるのでこれはなかなか良いと思いました。LCは綺麗なクリアパネルの奥にモニターがあるのとモニター自体の輝度が高く視野角も広いのでかなり見やすいと感じました。
たとえば、「レーダークルーズコントロールの設定方法」と追従イメージの動画があったり・・・(結構わかりやすい)
レーダークルーズコントロールの操作方法は今回一新されていますので、これは見ておくと便利です。

th_IMG_7348.jpg

「給油口」オープナースイッチの操作方法とか(第2世代レクサスではそもそもオープナーボタンがありませんでしたのでこれも要チェック?)
納車時にセールスコンサルタントの方がオーナーさんに説明する際に活用すると便利かもしれません(笑)

th_IMG_7349.jpg

ちなみによく話題になるアイドリング時にギヤを「ニュートラル」に入れる必要はないことも教えてくれます。
(燃費向上にもならないし、逆にエネルギーの消費につながるそうです)

th_IMG_7350.jpg

・・・うーんでもやっぱりLC500のナビゲーション画面はもう少し大きいかツインモニターにしてほしかったなぁ。

2016年11月08日

レクサスマガジン 第9号なかなか見どころあり!

レクサスマガジン(BEYOND)がオーナーの方には届いていると思いますが、今回はクルマの話題も多く見どころが多かったですね。

th_IMG_6195.jpg

まずはやはり「LC500」!
結構なページ数を割いて特集されています。ドアトリムなどの内装写真は既にネット上に公開されているものですが、印刷物で見るとまた印象が違いますね。また、あいかわらず重量こそ書かれていませんが、0-100km到達速度など、ある程度のスペックが記載されているのも注目。

さて、「LC500」のサウンドに関しては、先般公式動画もアップされていますね。
RCF・GSFとは違う少し乾いた感じのサウンドは好みです。LC500hのも聴かせて欲しい?



あとはレクサスISの「ドリンクホルダー」のどこが改善されたのかようやく判明。
まさか、スマートフォン置き場のためにドリンクホルダーをつなげたとは(笑)
でもスマホ置いたらドリンクおけないじゃん!それより助手席の肘置きをなんとかしたほうがよいでは・・・。
th_IMG_6106.jpg

その他新型GS350やCT200h、新型RXも登場するなどレクサス車がところどころ登場していますね。

また、関西エリアにお住まいの方は、ウィーン国立歌劇場特別協力「2017 LEXUS Concert Evening」(レクサスコンサート)の案内があるのをお忘れなく!(大阪市中之島のフェスティバルホール)
オーナーズページから簡単に応募できますのでとりあえず応募しておくのが良いでしょう。
(※東京、大阪と交互に開催されてますね。昨年は東京 オペラシティで開催されました)
当方が大阪に住んでいたときはまだフェスティバルホールは建設中だったのでぜひ行ってみたいなぁ。


2015年11月30日

MagX発売〜GSF店舗一覧(首都圏編)

カー雑誌系、まずはマガジンX最新号が発売されています。
表紙にもあるように、「レクサスLC」のデトロイトショーデビューが報じられています。
例年12月上旬には「チラ見せ」が行われますし、スター・ウォーズの最新作が公開される頃にはずいぶん明らかになっているかもしれません。そう考えると、あと少しですね!

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2016年 01月号 [雑誌]

価格:606円
(2015/11/30 21:53時点)
感想(0件)




奇しくも、道路交通法が改正され、ドアミラーレスが来年(2016年)6月に解禁。ついにコンセプトカーでお馴染みの「電子ドアミラー」が実現化に向かいます。
ヤフーニュースにも掲載されているので見られた方も多いのではないでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000013-mai-soci

物理的ミラーが廃止されますが、高性能かつ耐候性のあるカメラと高解像度モニターが必要ですので、価格増につながるため、必然的に高額車からの採用になるはずで、トヨタ/レクサス系での初採用は レクサスLC500/500hに間違いなしといったところでしょう。
スパイショットのLCでは物理的なドアミラーが装着されていたことから、電子ドアミラーはメーカーオプションになるのではと予想されています。
th_15-10-27-lexus-lf-lc-prototype-2.jpg

プロトタイプを見た方の感想では、かなりコンセプトカー(LF-LC)に近いとのことなので期待できそうです。
(が、リヤサイド部分は結構違うような・・・)


さて、次はGSFの追加の話題です。
th_DSC01561.jpg
GSFは高額ということと数がでない(月販目標20台)ということもあり、配備されないディーラーも多いと思われますが、首都圏の11月末現在の配備状況を調べました。(当方調べ、12/6更新)

毎回驚くのは、千葉県のディーラーの「F」モデルの設置率ですね。
RCFの時も同様でしたが、ほとんどのディーラーで配車している一方、都内はとても少ないです。

以下、ディーラー名、ボディカラー、シートカラー

レクサス晴海/ ヒートブルーCL/ブラック(展示)
レクサス小石川/ ヒートブルーCL/ ホワイト
レクサス新宿/ ラヴァオレンジ/ オレンジ
レクサス目黒/ グラファイトブラックGF/ ホワイト
レクサス深川/ ヒートブルーCL / ホワイト
レクサス西東京/ レッドマイカ/ フレアレッド
レクサス三鷹/ ラヴァオレンジ/ オレンジ
レクサス町田/ ラヴァオレンジ/ オレンジ(展示)
レクサス多摩/ ホワイトノーヴァGF/ フレアレッド
レクサス八王子 マーキュリーグレーM/ ブラック
レクサス千葉中央/ ヒートブルーCL/ ホワイト
レクサス幕張/ グラファイトブラックGF ホワイト
レクサス穴川/ ホワイトノーヴァGF/ オレンジ
レクサス松飛台/ ホワイトノーヴァGF/ フレアレッド
レクサス市川/ ラヴァオレンジ/ オレンジ
レクサス柏/ グラファイトブラックGF/ フレアレッド
レクサスさいたま新都心/ ホワイトノーヴァGF/ フレアレッド
レクサス浦和/ ヒートブルーCL/ ブラック
レクサスさいたま南/ ソニックチタニウム/ フレアレッド
レクサス上尾/ レッドマイカ /ホワイト
レクサス川越/ ラヴァオレンジ/ オレンジ
レクサス港北大倉山/ グラファイトブラックGF/ オレンジ
レクサス都筑見花山/ ホワイトノーヴァGF/ オレンジ
レクサス山下公園/ ラヴァオレンジ/ オレンジ
レクサス横浜戸塚/ ホワイトノーヴァGF/ ホワイト
レクサス藤沢/ グラファイトブラックGF/ ホワイト
レクサス平塚/ ソニックシルバー/ ブラック

ボデーカラーはRCFの時と同じ結構偏りがあり、「マーキュリーグレーマイカ」が1店舗もありません。
 →12/6追記:L八王子にマーキュリーグレーマイカが配車されました。

また、「ソニックシルバー」と「ソニックチタニウム」、「レッドマイカ」が少なくなっています。
 →12/6追記:レッドマイカは、レクサス上尾、西東京の2店舗となりました。

内装カラーでは「ブラック」が少ないですが、それ以外は比較的バラけており、RCFとは違い「ホワイト」がかなり多いですね。ブラックとホワイトのコンビカラーなので導入しやすかったというのもあるかもしれません。

RCFで一番人気ではないかと思われる、「ブラック×アクセントオレンジ」ですが、GSFでも人気を博すでしょうか?(少し派手なのがどう受け入れられるでしょうか?)
th_DSC01567.jpg

2015年06月25日

マガジンX 8月号 LEXUS CT そしてついにIS200tが!

マガジンX 8月号が本日発売!
今回はLEXUS車が表紙で「新型CT」?スモールSUVになるともかいうお話も!
それほどボリュームもありませんが、新型RXやLXの概要、LSやLCの話題なども。
欄外にもIS200t、RC200t、GSFなどの情報もちらほら!
なお、新型プリウス発売から1年半後にCTというのは確かに現実味がありそうです。

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2015年 08月号 [雑誌]

価格:668円
(2015/6/26 00:03時点)
感想(0件)




LEXUSエンスーには、いよいよ IS200tの話題が!
https://lexusenthusiast.com/forums/threads/lexus-announces-is-200t-with-2-0l-turbo-engine.743/
おそらくCTと同じと思われる、ソリッドカラーの「マダーレッド」が新設定された、IS200t。
15-06-26-lexus-is-200t-announcement.jpg

IS200tは、最高出力はNX200tの235馬力を上回る245馬力前後となる見込みとのこと。また、最大トルクは同じターボエンジンのため、350N/mとNXと200tと同水準となるとか。
出力向上に伴いブレーキキャリパーが4pod化し、IS350と同じサイズに。
また、ブレーキローターもIS350と同じ大きさとなり、十分な制動力を誇る模様です。
RC200t F−SPORTではブレーキキャリパーにLEXUSロゴが入り、オレンジカラーが選択可能となるようですが、2016年モデルのISはブラックの無地キャリパーの模様です。
また、RC200tにはトルセンLSDが装備されますが、IS200tにはトルセンLSDの設定はない模様。
見た目や走りの先進装備はRCに集約され、「ISクーペ」とはいわれないような差別化が進むようですね。
2016-lexus-is-200t-european-spec_100516503_h.jpg

2015年05月28日

ゲンロク BMW M4× LEXUS RCF 比較テスト

輸入車専門誌、ゲンロク 最新号(2015年7月号)に、「BMW M4クーペ × レクサスRCF」の記事がありました。カーグラフイックでは玉虫色のインプレッションでしたが、GENROQでは、5段階評価で複数のジャーナリストが比較しています。

ターゲットや車両コンセプトなど似ているようでかなり違う2台ですが、価格帯も発売時期も近いということで、この対決はかなり気になります!
なお、レクサスRCFはカーボンエクステリアパッケージではなかったようです。
気になる方はぜひ雑誌をチエックしてみてください!

GENROQ (ゲンロク) 2015年 07月号 [雑誌]

価格:979円
(2015/5/28 21:26時点)
感想(0件)




話題は変わりますが、先日BMWの営業氏から、「M4」の長期在庫車の案内がありました。
発売当初は値引きはほとんど期待できなそうでしたが、在庫車に関しては、今はずいぶん拡大しているようです。M4は値引きアリで考えると、RCFのカーボンエクステリアパッケージやTVD付モデル+標準的オプションでは、乗り出し価格がかなり近くなりますので、RCFに期待する性能もより高くなりそうですね。

メルセデスベンツ AMG C63も発表されましたし、こちらも注目されそうですね。
01.jpg01.jpg

2014年10月26日

LEXUS RCF 追加情報 &ニューモデルマガジンX12月号

ニューモデル マガジンX 12月号が発売されました。
レクサス関係は、 「GS-F」 のレポート!
そして注目の「ザ・総括」はついにレクサスNXが登場!
GS-F 来年はぜひその姿を見たいものです! 4ドア版RCっていう感じになりそうですが・・・

▼楽天

【後払いOK】【2500円以上送料無料】ニューモデルマガジンX 2014年12月号【雑誌】

価格:606円
(2014/10/26 17:29時点)
感想(0件)



「ザ・総括」、レクサス車は 「☆×3」が事実上の最高点ですが、NXは「☆×4」なるか?
あとはシーテック関係のレポートなど、なかなか楽しめました。

次はレクサス RCF マニアック情報です。

・RC、RCFともに既に納車が開始されている模様。発売日を過ぎたので 「ウェルカムキット」も順次配布済とのこと。 共通化されたオーナーズカードの絵柄はRC Fでは果たして?
DSC07382_R.JPG

・RCFにはエアコンの「ナノイー」機能はありません。
img_33.jpg

・RCFでは寒冷地仕様の場合、ポップアップ式のヘッドランプクリーナーとなります。
img_09.jpg

・RC/RCFには無線LAN(Wi-Fi)が搭載されています。 スマートフォン等でのテザリング通信が可能。
 ナビの不具合等のデータ更新もWifiで行えるのかはわかりません。

・RCFはクリアランスソナーが2個少ない。(RCと違い、フロントソナー2個が存在しない。フロントコーナーしかない)

・RCFは「ポップアップフード」がありません。 (ボンネットが膨らんでいるのでなくても大丈夫なのかも)

・オプションのナンバーフレームは レクサス初の新意匠。(樹脂とアルミニウムの複合材) かなりかっこいいです!
img_number_frame_01.jpg

・自動車保険ですが、RC/RCFに関してはまだインターネット上での見積りはできない模様。
 RCFの料率は次の通り。
 「車両:8」「対人:6」「対物:5」「傷害:4」

スポンサーリンク

コムテック ドライブレコーダー HDR752G 200万画素 Full HD ノイズ対策 LED信号対応 画像補正 専用microSD(32GB)付 駐車監視機能 日本製&3年保証 GPS レーダー探知機連携 COMTEC

新品価格
¥23,582から
(2019/10/14 18:24時点)

【10/15限定!楽天カード利用でP19倍相当確定(5%キャッシュレス還元分含む)/要エントリー】《セール価格》GPSレーザー&レーダー探知機 ユピテル A350α (WEB限定 / 取説ダウンロード版) 【日本製】 【3年保証】業界初!光オービス(レーザー式移動オービス)受信対応

価格:30,580円
(2019/10/14 18:30時点)
感想(33件)

【Amazon.co.jp 限定】ユピテル レーザー対応 レーダー探知機 WR70 オービス受信対応 2019年 最上位モデル マップ表示対応

新品価格
¥32,800から
(2019/4/1 22:19時点)

【ドドーン!!と全品ポイント増量中】LS300 ユピテル レーザー&レーダー探知機 GPSアンテナ内臓 レーザー式移動オービス対応 3.6インチ液晶搭載 Yupiteru SuperCat(※GS103同等品)【DM】

価格:34,800円
(2019/10/14 18:29時点)
感想(0件)

ユピテル レーダー探知機オプション OBD12-M III OBD12M3[OBD12M3]

価格:5,540円
(2019/5/18 10:16時点)
感想(1件)

【送料無料】【2個セット】[TV紹介商品] リレーアタックガードポーチ2 カーボン【2個セット】リレーアタック対策 リレーアタック対策グッズ 盗難防止 電波遮断 電波遮断ポーチ スマートキー リレーアタックポーチ セキュリティ リレーアタック エムズスピード

価格:2,200円
(2019/10/14 18:19時点)
感想(0件)

協和興材 マイクロロン ガストリート【smtb-s】

価格:3,492円
(2019/5/18 10:15時点)
感想(0件)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/4 22:19時点)
感想(0件)

ニューモデル速報 第579弾 レクサスUXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2019/1/10 21:14時点)

ニューモデル速報 第578弾 レクサスESのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2018/12/9 23:33時点)

Anker Roav ジャンプスターター Pro (6.0Lまでのガソリンエンジン車・3Lまでのディーゼル車に対応)【 最大電流 800A / モバイルバッテリー機能/安全保護システム / コンパス機能/LEDフラッシュライト搭載 / 専用ケース付属】

新品価格
¥6,999から
(2018/10/26 22:53時点)

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2019年 11月号 [雑誌]

価格:689円
(2019/10/14 18:20時点)
感想(1件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/4 22:16時点)
感想(11件)

KARCHER(ケルヒャー) モバイルクリーナー OC 3 1.680-009.0 マルチクリーナー

新品価格
¥15,345から
(2019/10/14 18:31時点)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500h (ホワイト)【KSR18024W】 京商

価格:14,580円
(2018/8/6 22:26時点)
感想(0件)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500(レッド)【KSR18024R】 京商

価格:13,980円
(2018/8/6 22:27時点)
感想(0件)

ユピテル 超広画角174°夜間特化ドライブレコーダー SN-SV70c GPS 衝撃センサー WiFi HDR SN-SV70c

新品価格
¥22,471から
(2018/10/26 23:05時点)

Wicked Chili by ドイツ/シガーソケットチャージャー 4800mA ターボID機能搭載 車載用シガーソケット デュアル USBカーチャージャー Apple iPhone X/8/8 Plus 7/7 Plus/6S/6S/Plus 6/6Plus/SE/5S/5 iPad iPod Air Touch (24W 4.8A アップル用に最適化)

新品価格
¥4,299から
(2018/5/27 02:09時点)

ブルーバナナ99 SNTC-M18 ■ ナビコントローラー / ナビ キャンセラー ■ LC500h LC500 LS500H NX300 NX300hH29/9

価格:31,104円
(2018/1/12 23:51時点)
感想(0件)

スイッチ押し太朗【オートブレーキホールド用汎用接続タイプ】『オートブレーキを常時スタンバイ!!』 オートパーツ工房

価格:3,150円
(2017/8/21 00:19時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

BLITZ ブリッツ 15810 ブレーキホールドジャンパー レクサス URZ100 LC500 / GWZ100 LC500h エンジン始動と同時にブレーキホールド機能を作動!!

価格:14,570円
(2018/8/6 22:30時点)
感想(0件)

[BLITZ] ブリッツ スピードジャンパー レクサス LC500 URZ100 17/07〜 2UR-GSE 競技専用品

価格:149,686円
(2018/2/6 23:54時点)
感想(0件)

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/1/2 11:14時点)
感想(2件)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

寺岡製作所:TERAOKA 導電性アルミ箔粘着テープNO.8303 10mmX20M 8303 10X20 型式:8303 10X20

新品価格
¥1,158から
(2018/1/12 23:57時点)

【お一人様1個限り】LED T20ダブル SMD24連 レッド/赤 T20シングル T20ピンチ部違いにも使用可能 【無極性】 テールランプ ストップランプ 等 12V-24V車 【T20ウェッジ球】 高品質3チップSMD【孫市屋】●(LM24-R)

価格:2,039円
(2017/9/12 00:54時点)
感想(21件)

マイクロロン(Microlon) ガストリート -

新品価格
¥2,763から
(2019/10/14 18:27時点)

BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V

新品価格
¥6,580から
(2016/5/30 23:10時点)

CG 2019年11月号[雑誌]

新品価格
¥1,300から
(2019/10/14 18:34時点)

ニューカー速報プラス 第49弾 LEXUS LC 500/500h (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/5/10 20:48時点)

レクサスLCのすべて (モータファン別冊ニューモデル速報 Vol.552)

新品価格
¥780から
(2017/5/9 20:20時点)

THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

新品価格
¥3,996から
(2017/4/21 23:14時点)

レクサスLSのテクノロジー (モーターファン別冊 Motor Fan illustrate)

新品価格
¥1,728から
(2018/1/10 19:33時点)

歴代セルシオ/レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥1,080から
(2018/1/2 17:06時点)

ニューモデル速報 No.562レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥780から
(2017/12/4 22:06時点)

ニューカー速報プラス 第56弾 レクサス 新型LS 500h/500 (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/12/4 22:16時点)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・ホワイト)[オートアート]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

価格:17,650円
(2018/8/6 22:22時点)
感想(0件)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・レッド)[オートアート]【送料無料】《発売済・在庫品》

価格:18,450円
(2018/8/6 22:23時点)
感想(1件)

オートアート 78847 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (メタリック・イエロー ※インテリア・カラー/ブラック) ミニカー(ZM29895)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:20時点)
感想(0件)

オートアート 78849 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (ブラック ※インテリア・カラー/タン) ミニカー(ZM29897)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマットセットLS500/500h アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:62,640円
(2017/5/8 00:16時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマット トランクマット(ラゲッジマット)LS500/ハイブリッド車専用 アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:15,120円
(2017/5/8 00:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 ラゲッジマット (プレミアム)

価格:11,980円
(2017/7/1 21:47時点)
感想(0件)

コムテック GPSレーダー探知機 ZERO 803V OBDII接続対応 無線LAN自動データ更新無料 4.0インチ液晶 モーションセンサー 超速CPU G ジャイロ 搭載 ドライブレコーダー相互通信対応

価格:29,781円
(2017/6/11 00:00時点)
感想(0件)

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Premium EN ] LN3

新品価格
¥12,754から
(2019/10/14 18:36時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

ボディードクター ザ・シート メッシュ ブラック BD517

新品価格
¥4,480から
(2016/8/28 19:23時点)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【s10】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,860円
(2017/7/1 21:57時点)
感想(10件)

AESOP/イソップ レバレンス ハンドウォッシュ 500ml (B500BT17)

価格:4,428円
(2018/5/27 02:12時点)
感想(1件)

イソップ Aesop リンスフリーハンドウォッシュ 50ml [003024]

価格:1,020円
(2018/5/27 02:14時点)
感想(2件)

KURE オイルシステム デュアルブ 200ml×2本【楽天24】[KURE(クレ) ボディケア用品 車用]

価格:3,387円
(2016/8/17 23:09時点)
感想(1件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

レクサス星が丘の奇跡

新品価格
¥1,512から
(2014/9/25 21:30時点)

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
プロフィール
QRコード