2019年11月16日

LEXUS ES300h 発売から1年経過!絶好調でしたね。

レクサス「ES300h」が発売され1年が経過しました。

人気が落ち込んでいる「セダン」かつ駆動方式が「FF」、兄弟車として「トヨタ・カムリ」の存在、そして価格は「600万円〜750万」レンジという高価格帯ということもあり、大きなヒットは望めないと思われていましたが、結果的にはレクサスの販売台数を大きく底上げする原動力となっています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5771.jpg


2019年度のレクサス国内販売台数は昨年に続き「新記録」をマークすることが確実視されており、ついに年間「60,000台」突破が見込まれます。

そのうち、レクサスESは20%弱、「約11,500台」前後を占めると推測され、UX250hやNXとともにレクサス販売台数増加の原動力となっています。
(※数値は当方予測のもの)

以下は2019年度におけるレクサスES300hとUX250hの発売からの販売台数一覧。

「UX250h」はレクサスNo1の販売実績ですが、ES300hも負けないぐらい好調なセールスを記録していることが分かります。
ES300hに関しては、2019年8月以降は月1000台を割り込んで来ていますが、納期待ちは変わらずの状態のため、需要は引き続き高いものと思われます。ただし新車需要は一巡化、目玉だったデジタルアウターミラーも今後他社メーカーからより性能が高いものが続々登場予定ですからES自体の商品力を上げていく改良が待たれるところです。

スクリーンショット 2019-11-09 10.04.11.png
(※グラフは自販連、雑誌CG等のデータを元に当方作成)


なお、特筆すべきは、レクサスES300hは2018年10月の発売以降、ずっと「3ヶ月超え」の納期待ちが続いていることです。
2019年11月に注文したとしても納車されるのは「2020年3月頃」と未だに3ヶ月〜4ヶ月待ちの納期が続いています。
ESは海外での需要も高いため、国内向けの割当台数に制限があるものと思いますが、それでも発売して1年間継続して3ヶ月超の納車待ちが継続した車種はレクサスでは初と思われます。

スクリーンショット 2019-11-09 9.53.44.png

https://lexus.jp/news/es_info/


先般、レクサス「RC」の年次改良でApple Car Play等のアップデートが行われたように、ES300hでも対応が待たれるところ。
現在初の年次改良に向けた準備が進んでいることと思いますが、自動車業界全体でセダン不振の中、ESがしっかりと一定のセールスを記録しているのはSUV全盛期の中、目だった存在に感じますし、この「ちょうどよさ」をしっかりと進化させていってほしいものです。

2019年04月08日

レクサスES(ES300h)納車本格化!

レクサス「ES300h」を街なかで見かける機会が増えてきました。
しかし、じっくり見ないと「LS」との区別がホント付きません。高級感あり、見た目もバッチリですね。


th_IMG_4344.jpg

個人タクシーで使用されているのも見かけます。
後席の居住性が素晴らしいのと実用燃費の良さも嬉しいところ。
先日乗車したのは「標準」グレードでしたが、十分な広さでした。(足が組めた・・・)

th_IMG_4349.jpg

発売以降、毎月コンスタントに月/1000台ペースで販売(登録)が進む好調な「ES300h」の各メディアでのインプレッションについては概ね出尽くした感がありますが、首都圏エリアで人気の中古輸入車専門販売店「ロペライオ」のyoutubeチャンネルでも”特別編”として早速「ES300h "version.L"」が登場!


▼【特別編】レクサス ES300h バージョンL 試乗インプレッション



輸入車に乗り慣れている方からすると「厳しい評価か?」と想像したのですが、ESに関しては乗り心地を中心に非常に高い評価。
川久保さんのインプレッションも
「ロールスロイスに匹敵するほどの乗り心地の良さ」
「輸入車の○○などよりも良い!」
「これで700万は安い!」

といった主旨の言葉が次々出るなど、乗り心地、静粛性、居住性の高さなど、ESオーナーさんにとっては心強い評価。
一般ユーザーに近い一般道や高速道路のちょっとしたロードインプレッションですが、購入予定の方はぜひご参考にされてはいかがでしょうか?


また、当ブログでもオーナー様からの納車の報告をいただいており、ご満足のコメントが非常に多いことがこの車の満足度を表していると思います。


■【ESオーナーさま用】LEXUS ES300h納車予定一覧!
http://www.namaxchang.com/article/462611131.html?1554606010

納車も少し前倒しになったこともあり、正式発表前に予約された方はすでにご納車され、2018年11月にご契約された方も、大型連休(G.W)までには納車されるみたいですね。

th_スクリーンショット 2019-04-07 12.51.06.jpg


ご納車後のインプレッションは非常にご満足の声が多いようですが、不満点としては、「コンソールサイドのプラ(ハード樹脂)」や「パワーウィンドウスイッチパネルの素材感」などでしょうか?
また、”version.L”の方が多いのがESの特徴ですが、アンビエントライトは全グレードに標準装備してほしかったところですし、クラウンからの乗り換えの方も結構いらっしゃるようですからドアの「イージークローザー」なども欲しいところ。

th_IMG_4358.jpg

現時点でできる内装の改善策に関して、市販のアフターパーツ関連ではそれほど多くはありませんが、以下のようなものが登場しています。


■パワーウィンドウスイッチの加飾

 なぜかES300hには、素のスイッチが使用されているのが残念です。(NXでは2017年のマイナーチェンジでメッキ加飾がついて見栄えが良くなりましたね)ES300hの車格からいうと、当然ここは改善されるべきかと・・・マイナーチェンジで改善されると思いますが・・・

th_IMG_4345.jpg


そこで、貼り付け式のメッキパーツが販売されているようです。手頃な価格なのでご検討されても良いかもしれません。






■後席エアコン吹出口近辺

”F SPORT”の方は後席のエアコン周りをグレードアップするパーツも。
これはマニアックですね(笑)ワンポイントにはいいかもしれません。




■運転席の、ドライブモードセレクトスイッチ、VSCスイッチのパネル

ドアに乗り込むときしか見えない、まさに通好みのアイテムですね。

th_IMG_4359.jpg

”F SPORT”の方やブラックのインテリアの方にはカーボン柄は合うでしょうね。



■トランク ラバーマット

レジャー好きな方は、汚れに強い、ラバーマットも良いですよね。
純正品はカーペット生地やナイロン生地がですが、ラバー仕立てだと汚れ物もおけますし、ラバーなので静音性にも寄与します。

▼楽天 アルティジャーノ ラゲージマット(ラバータイプ)




■ラゲージランプの明るさ増強

純正のLEDラゲージランプはあまり明るくありませんが、ラゲージランプの交換も可能です。(当方も交換してます)
多少のDIY作業が必要ですが、実用的ですので、ラゲージLEDが暗いと感じる方にはぜひおすすめです!

▼楽天市場 みね商店 純正交換用 LED(SMD2835)トランクルームランプ




■外装(エアロパーツ)

エアロパーツ類では、アーティシャンスピリッツさんが開発中で、近々発売予定のようです。
他のブランドからの登場も待ちたいところですね。これだけ台数が出ると、マイナーチェンジで「モデリスタ」ブランドからの登場も期待できそう?

01w-2.jpg
http://artisanspirits.co.jp/car-lineup/lexus/es/es_sl-bl/index.html

街なかにESが増えてくると、差別化したくなってきますよね。
このエアロは派手すぎず、フロントの腰高感を解消するためにもちょうど良いように思います。
リヤはまさにスポーツセダン!カッコいいですね〜!

02w.jpg

2019年02月17日

レクサスES300h 増産か?納期短縮へ!!

予想以上の人気で納期が一時期、消費税増税後の10月以降(なんと8ヶ月待ち!)となっていた「LEXUS ES300h」ですが、どうやら増産体制が決まったようで、本日公式webサイトでの納期表示も一気に短縮されました。
https://lexus.jp/news/es_info/

th_DSC04255.jpg


th_スクリーンショット 2019-02-15 19.26.07.jpg

現在注文すると「5ヶ月〜5ヶ月半」ほどの待ちで、納期は「7月中旬〜7月下旬」と以前からはだいぶ短縮化されました。

さて、ESオーナーさまからいただいた「納期情報」も久々に更新させていただきました。

【ESオーナーさま用】LEXUS ES300h納車予定一覧!
http://www.namaxchang.com/article/462611131.html?1550226895

<2019/2/15現在>

th_スクリーンショット 2019-02-15 20.23.48.jpg

50名以上のESご契約者さまから情報をお寄せいただきましたが、すでに半分以上の方には納車されているようです。概ね、9月中に先行予約された方は納車済で、ESとの素敵なカーライフをお送りなのではないでしょうか。


ESの前身モデル「ウィンダム」にお乗りの方、兄弟車ともいえる「カムリ」やレクサスブランドの「LEXUS GS、HS」、同価格帯の「クラウン」からの乗り換えの方などいろいろいらっしゃると思いますが、皆様からのコメントを拝見する限り、「ES300h」は時代にマッチしたちょうどいい仕上がりで、非常に満足度の高い車であるようです。

th_DSC04742.jpg


あまりにも納期が長期化していたため、このままではレクサス恒例の「年次改良」がおこなわれないまま年を超すのでは?と思っていたのですが、ひとまず増産体制が敷かれたと仮定すると、今年の秋口〜冬辺りに年次改良が行われる可能性も?

ES300hで初採用された、「スゥイングバルブショックアブソーバ」、「アクティブコーナリングアシスト[ACA]」などの制御はもっと良くなる可能性があります。また、ジャーナリストのレビューでは”F SPORT”のAVSの制御にはまだまだ改善の余地があるようですので、このあたりのファインチューニングが行われる可能性もあるでしょう。(将来的には、こううのはソフトウェアのアップデートで対応してほしいところですが・・・)

th_DSC04730.jpg

また、インテリアパネル、パワーウィンドゥスイッチパネルの質感は改善要望が結構あるようですが、ここは年次改良レベルでは困難と思います。しかし、ユーザーの声は将来的なマイナーチェンジ・年次改良に活かされる可能性が高いですね。

th_DSC04322.jpg


その他、NXの年次改良でボディカラーの改廃がありますので、ESでも設定されている「プラチナムシルバーマイカメタリック」が存続するかどうか?
また、シートカラーについては、特に「F SPORT」は黒・赤の組み合わせのみですので、差し色を追加した「ブラック×アクセントカラーの」追加なども期待しちゃいますね。
その他、年次改良では困難かもしれませんが、「L-tex」から「本革」へのアップグレードにも期待?

th_DSC04307.jpg

・・・改良の話はまだ少し先の話と思いますが、ひとまず、現在「ES300h」をご契約された方は、消費税増税までには間に合うようで、一安心ですね!

2019年01月21日

LEXUS ES300h 納車式に参加させていただきました!

先日、ようやく納車が本格的に開始されたレクサス 「ES300h」の納車式に参加させていただきました。
レクサスディーラーには納車専用の部屋(プレゼンテーションルーム)があり、思い出にもなりますので、自宅納車ではなく、ディーラーでの納車を選択されることが多いと思います。


th_DSC04737.jpg



ようやくご対面、ES300h"version.L"!
最上級コーティングの効果もあり、212「ブラック」の艶が凄いです。
フォーマルな使い方もできるESはブラックを選択される方が多いようですが、とても似合いますね。
プレゼンテーションルームの赤じゅうたんとも色の対比も素敵。

th_DSC04731 2.jpg


車両は"version.L"、ノイズリダクションホイールがを装備。
タイヤはダンロップ 「SP SPORT MAXX 050」を履いていました。
ハイブリッドカーではありますが、単なるエコロジータイヤではないのも特徴の一つですね。

th_DSC04730.jpg


なんと、チャイルドシートはレクサス純正!(高価ですがデザインはかっこいいですね)

th_DSC04744.jpg


プレゼンテーションルームでは、販売担当者による車両説明が丁寧に行われます。
とくにESやUXは初レクサスという方も多いと思いますので、1時間ほどかけて説明が行われることも珍しくないようです。
基本的な操作方法の他、不明な点があれば担当者に質問・確認をするのが良いでしょう。
特にレクサスESは装備が豪華ですので・・・
シートポジションやステアリング、ミラー、ヘッドアップディスプレイの位置はここで設定しておいて、メモリーしておくのがよいでしょう。(「SETボタンを押下しながら、任意のポジションメモリー番号を押し、ブザーがなればメモリー完了)

th_DSC04727.jpg


車両説明後は、花束や記念品の贈呈が行われます!
このあたりの演出は各販売店により異なるようですが、嬉しいものですね。

th_DSC04760.jpg


最後は店舗スタッフの方も交えての記念撮影も行われて、大変素敵な納車式となりました。

th_DSC04767.jpg



今回は販売店でのお乗り換えのため、新旧車両の比較!
旧愛車との最後のツーショットを撮影できるのもディーラー買い取りでのメリットでしょうか。(当方はほとんど経験ないですが・・・)
当日の駐車場状況が許されれば、並べて配置するなどの対応もしてくれるのは嬉しいですね。

th_DSC04750.jpg


このあとはスタッフさん総出でのお見送り。
素敵なご家族とともに、快適・豪華なESでレクサスライフのスタートですね!

th_DSC04747.jpg

このあと、レクサスでは「1か月点検」があります。
納車してからも不明点や、販売店でしかできない設定を変更する場合は、その際にお願いするのがよいでしょう。

ESの納車はまだまだ始まったばかりと思いますが、今や7ヶ月待ち(2019年8月)の状態!
すでに初回の年次改良がどうなるか心配な納期レベルとなっています。少しでも早く納車されると良いのですが・・・

2018年12月24日

ES300hいよいよ納車開始!アフターパーツも徐々に!

LEXUS ES300hの生産が12月から開始され、いよいよこの3連休(22,23,24)に納車、という方もいらっしゃいます。
速い方は9月から予約をされていますので、約3ヶ月待ち…いよいよですね!


■【ESオーナーさま用】LEXUS ES300h納車予定一覧!
http://www.namaxchang.com/article/462611131.html?1545444706


なお、ESの納期事情はかなり厳しくなっていて、レクサス公式サイトでは、量産車としては珍しい「7ヶ月」待ちという深刻な状態となっています。
https://lexus.jp/news/es_info/

最も台数が多い北米用はケンタッキー州にあるTMMKで生産していますから、中国・欧州向けの生産がかなり多いのでしょうね。
経済情勢が急速に不安定となり、日経平均株価も2万円割れ目前、高額車の購入心理にも影響しないか不安です。

th_スクリーンショット 2018-12-22 11.01.58.jpg

そして、ESおよびUXの発売を受け、12月中旬を過ぎてもトヨタ自動車九州(宮田工場)で生産されるレクサス車のハイブリッドモデルが軒並み3ヶ月超の納期遅延が発生しています。(HVシステムの供給面もあるのだと思いますが)
レクサスの大部分の車種は4月からのエコカー減税幅縮小には影響しないと思われますが、納期遅延はなんとかしてほしいですねぇ…


新型ES300hについて、一般オーナー向け納車開始時期にあわせmアフターパーツも徐々にでてきていますね。


■エアロパーツ

年明けの「オートサロン」で発表されると思いますが、大手パーツメーカー「エイムゲイン」さんでES用のエアロパーツを開発しているようです。
コンフォート志向のESですが、カスタマイズも徐々に広がるかもしれませんね。正式お披露目が楽しみです!

http://www.aimgain.net/products/aero/es300h_jvipsp/index.html

1.jpg

2.jpg


その他、ユーティリティ関係のアフターパーツも徐々に増えてきました。

■TV/NAVIキット(ケーズシステム)

10,000円前後と安価で、TV/NAVIシステムを動作させることができるキット。ベーシックで使いやすいです。
当方もブルーバナナ製品を使用するまではこのメーカーの商品を使用していましたので愛着あります。

▼amazon(約10,000円)

ケーズシステム社製 [TV-088] レクサス 純正 標準装備ナビ レクサスES300h AXZH10 H30.11〜 G-Link対応SDナビ 走行中テレビ&DVD&Blu-rayDISC再生できるテレビキット ナビ操作ができるテレビナビキット (TVキット) ハーネスキット

新品価格
¥9,936から
(2018/12/22 10:04時点)




▼楽天 (約10,000円)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/22 10:13時点)
感想(0件)





■フロアマット(アルティジャーノ)

「C2000」タイプは、純正品の1/3程度の価格。若干厚みは落ちますが、社外品マットの中では厚み・質感は高く、しっかりとしています。
純正品にない「グレー」や「ベージュ」があるのが特徴で、ロック色が変更できるのも強み。また、「ヒールパッド」があるのも特徴ですね。

▼楽天(30,000円前後)

レクサス ES フロアマット 300h H30年10月〜 10系 アルティジャーノ フロアマット カーマット 自動車マット

価格:30,240円
(2018/12/22 10:27時点)
感想(0件)





■ラゲージマット(アルティジャーノ)

 3分割式で使いやすいです。純正品より4000円程度安価、グレー、ベージュがあり、ラゲージルームが明るくなるのがいいですね。
(当方もLCで使用しています)
 純正品には「LEXUSロゴ メタルプレート」があるのがメリットですが。

▼楽天(21,000円前後)

レクサス ES トランクマット(ラゲッジマット) 300h H30年10月〜 10系 アルティジャーノ フロアマット カーマット 自動車マット

価格:21,384円
(2018/12/22 10:28時点)
感想(0件)





その他、ランプ類ですが、ESは車両のすべてがLED化されており電球が使用されていません。
そのため、新車納車時定番作業の「LED化」をする必要がありません。
しかし、「トランクランプ」と「フットランプ」は控えめなLEDが使用されているので、明るめのLEDに換装または増設すると視認性がさらに高まります。

オススメは見栄えや配線加工を要せず、かつ比較的リーズナブルな以下の製品ですが、どちらもES用としては2018年12月20日現在適合確認されていません。(が、部品の形状を見る限りES300hにも適用すると考えていますが、自己責任でお願いします)

■トランクルームランプ

トランクランプは結構暗めなので、マットを敷かないまたは「ブラック」のマットにした場合は庫内が暗いので、明るいLEDへの換装がおすすめです。
純正のLEDチップをそのまま換装するタイプなので、配線加工や見栄えに変更がないのもポイント。
適合確認していませんが、おそらく「LS500/LS500h用」やLC500/LC500h用」がそのまま流用できると予想します。
(違いは、LS用が2個セット、LC用が1個)

▼楽天 (LC用)

LEXUS LC500h・LC500/純正交換用 LED(SMD2835)トランクルームランプ/GWZ100・URZ100

価格:1,382円
(2018/12/22 11:50時点)
感想(0件)





■フットランプ

純正のフットランプは結構暗めなので、明るさ重視の方は換装がおすすめです。(ポン付けなので簡単)
適合確認していませんが、おそらく「LS500/LS500h用」のものがそのまま流用できると予想します。

▼楽天(LS用)

LEXUS LS500h・LS500/純正交換用 LED(SMD5050)フットランプ/GVF5#・VXFA5#

価格:4,730円
(2018/12/22 11:54時点)
感想(0件)


2018年11月24日

モーターファン別冊「レクサスESのすべて」 予約開始!

モーターファン別冊 ニューモデル速報「レクサスESのすべて」 が発刊されるとの情報をいただいておりましたが、ついに一部のサイトで予約が始まっています。レクサスES関係の書籍、記事はまだまだ少ないので、オーナーの方はぜひチェックしてください!


th_IMG_2912.jpg


発売は12月10日とのこと。今のところ、開発陣からのメッセージや開発秘話などが他車に比べて少ないので、マニアックな記事、日本仕様の違いなどがどれだけ明かされるのか期待したいです。

▼Amazon

ニューモデル速報 第578弾 レクサスESのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2018/11/24 22:39時点)



2018年11月22日

LEXUS ES300h「TRD」エアロパーツ装着車レポート

レクサスES300hの「TRD」エアロパーツ装着車」をチェックしてきました!
もともとレクサスディーラーに配備されている車両はは「純正フロアマット」以外は装着されていないのが通常ですが、ごく僅かにエアロパーツなどを装着した試乗車・展示車を配備するディーラーがあります。

th_IMG_2904.jpg



今回、「ワンダー速報さん」のご協力も得て、TRD装着車について、レポートさせていただきます。
今回は屋外の写真ですので、高精細かつ綺麗なプレゼンルームでの写真はワンダー速報さんでどうぞ。

■レクサスES300h試乗しました!黒のESかっけぇぇ!TRDエアロ装着車の画像大量!
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2581.html

th_IMG_2910.jpg

まずは、フロントリップスポイラー(塗装済:95,000円、素地:89,000円)*税抜き
左右と中央で3分割されています。

th_IMG_2905 2.jpg


真横から。横方向の出っ張りは抑えられているので、機械式駐車場の「パレット」にもほとんど影響ありません。

th_IMG_2913.jpg


カタログでは約45mmダウンとのことですが、フロントリップで一番地面に近い場所で「約12cm程度」でした。
th_IMG_2894 2.jpg


サイドスカート(塗装済:90,000円、素地;84,000円)*税抜き
シンプルで純正ライクなデザインで、後付感があまりありません。これは結構いい感じですよ。

th_IMG_2882.jpg


サイドスカート前方部分。出っ張りがほとんどないので、純正ライクな仕上がり。かつ、ロー感が強まります。
th_IMG_2906.jpg


サイドスカート前部、一番低い部分で「約12cm程度」でした。

th_IMG_2896 2.jpg


サイドスカート後部、一番低い部分で「約12cm程度」でした。どこもだいたい同じですね。

th_IMG_2899 2.jpg


スポーツマフラー&リヤディフューザー (塗装済:395,000円、素地:389,000円)*税抜き
こちらも派手すぎず、スポーツセダンライクなデザインでとても好感が持てますね。純正とはもっとも印象が異なりますね。

th_IMG_2901.jpg

カタログではわかりませんでしたが、エアロ上部は、「リフレクター」にかぶせるような複雑な形状のエアロです。(グレーの防水ラバーに注目!)
th_IMG_2881.jpg


地上からマフラー下部までの高さは「約24cm」程度。これだけ余裕があればほとんどの車止めは問題ないでしょう。

th_IMG_2898 2.jpg


うーん、これはいいですねえ!でもマフラーセットで40万円超は結構躊躇しますね。

th_IMG_2890 2.jpg


リヤ全景。純正ESとはずいぶんイメージが違いますね!うーん・・・かっこいいぞ。
th_IMG_2900 2.jpg


さて、他車種流用もできる(はず)のエアロダイナミクスカバー(通称「デビルマン仕様」とも言われているとか?)
価格は56,000円(税抜き)と樹脂の割に、相当高価ですが、風切り音低減高価があるようなので、高速道路走行が中心の方は要チェックです。

th_IMG_2877 3.jpg


助手席側。カタログではよく見えまえんでしたが、ミラーカバー天面に2箇所の薄い「くぼみ」があり、これも空力効果があるようです。
これは意匠面も含めてgood!

th_IMG_2893 2.jpg


隣にあった、ノーマルのLSと比較。違いがよくわかりますね。
エレガンスさはだいぶ失われるので、かなり好みが分かれるかと。

th_IMG_2887.jpg


運転席からの視界。
ドアミラーカバーの内側に4つの「フィン」があり、整流効果を発揮するようです。
そして、その上の天面の「でっぱり」が、視界を若干遮ります。
さすがTRD製ということもあり、「かぶせてる感」は思ったよりありません。(カバーの上への貼付けと思われますが)
th_IMG_2907.jpg


別角度から。
ここから見るとカバー天面はかなり内側に出っ張っていますね。
純正ミラーとエアロダイナミクスミラーカバーとの隙間はブラックの「エプトシーラー」が緩衝材&雨水防止の役目を果たしているようでたが、フィッティングもよく、同じブラックなので目立ちません。

th_IMG_2909.jpg

ES300h、納車まで今しばらく時間がありますので、オーナーの方は「ディーラーオプション」やアフターパーツの検討もされるとより愛着が湧きそうですね!(しかし、エアロつけると、ホイールも換装したく・・・なりますよねぇ)

th_IMG_2912.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レクサスES関係は以下もあわせてどうぞ!

■【ESオーナーさま用】LEXUS ES300h納車予定一覧!
http://www.namaxchang.com/article/462611131.html?1542711635


■レクサスES300h オーナーさまはどんな選択をしている?
http://www.namaxchang.com/article/462754616.html?1542711676

2018年11月18日

レクサスES300h オーナーさまはどんな選択をしている?

レクサスES(ES300h)発売から3週間が過ぎ、ご契約さまから多数の情報をいただきましたので、11/16現在、約34名のオーナーさまから寄せられた情報を簡単にまとめてみました。


th_DSC04336.jpg

データは以下を元にしています。
■【ESオーナーさま用】LEXUS ES300h納車予定一覧!(寄せられた情報を元に随時更新しています)
http://www.namaxchang.com/article/462611131.html?1542366471

なお、「TRD仕様」のES300hやおすすめの「メンテナンスパーツ」についても近日中にレポートさせて頂く予定です。
それでは、ES300h オーナーさまが選んだクルマの仕様は・・・?


■グレード

全体の65%が"version.L"を選択されています。
車両本体価格だけでも700万円に迫る最上級グレードですが、後席居住性、セミアニリン本革、新開発のサスペンション、静粛性の追求、話題のデジタルアウターミラーなど非常に魅力的なグレードと言えます。コンフォートかつラグジュアリーなセダンということもあるのか”F SPORT”比率が他車種より低いのは気になるところ。"標準”は現時点では少ないですが、L-texシートのできが良いこと、本木目パネルあり、スイングバルブショックアブソーバ装備などバランスが取れているので実車が出回った今後は契約が増えるのでは。

th_グレード.jpg


■ボディカラー

ホワイト系、ブラック系で過半数以上を占めますが、新色2色(サンライトグリーン、アイスエクリュマイカ)もしっかり。
一方、プラチナムシルバー、マーキュリーグレーマイカ、有償OPのヒートブルーは今の所ゼロ。(最近のレクサスではシルバー系・グレー系は減少していますね)

th_ボディカラー.jpg


■内装カラー

「ブラック」が過半数を占めます。その他のカラーは均等に選択されています。
車両発売後にご契約された方はリッチクリーム、シャトーなど特徴的なカラーを選択される方が増えてきた印象です。

th_内装カラー.jpg



■オーナメントパネル

各カラーが非常にバランスよく選択されています。ここまで均等なのは珍しいのでは?
バンブーは"version.L"専用パネルですので検討しているといえます。
なお、フィルム素材などのフェイクパネルが一切ないのもESの特徴といえますね。(すべてリアル素材)

th_オーナメント.jpg


■デジタルアウターミラー("version.L"オーナーのみ)

選択率は約30%。概ね想定内でしょうか?
正式発表後にご契約された方の選択率が高まっているのも注目したいところ。
量産車世界初の装備、アーリーアダプターとして体験できるのは羨ましい。

th_ミラー.jpg


なお、H/N 「とあるホンダ乗り」さまから、ESの”標準”および"version.L"に装着されている、「スイングバルブショックアブソーバー」に関する技術解説のwebページを紹介いただきました。
このサスペンションは今世間を賑わせている「KYB」が開発したものです。(車両のサスペンションについては最近非常に高性能なダンパーを開発しているようで定評がありますね)
ESの乗り心地の良さはこの装備と、「パフォーマンスダンパー」(ヤマハ製)によるものと思われます。今後他車種にも採用される可能性は高いですが、現在味わえるのは「ESのみ」です。ご興味のある方はぜひ!

https://www.kyb.co.jp/technical_report/data/no57j/09_technology_introduction_01.pdf

2018年11月07日

レクサス ES300h 試乗してきました!(2)”F SPORT”

レクサスES(ES300h)発売から2週間が経過。
各販売店からメーカーへの初回発注は「11月1日」でしたので、初回発注組の方はそろそろ納期目安の予定日が確定しているのではないでしょうか?大都市圏でも、遅くとも今週末には連絡があると思われます。
12月から生産開始、年末年始休みや配送の都合もあり、最速でも年明け1月中旬、という感じのようですね。

さて、ESでは意外にも初設定の”F SPORT”の人気が高いようです。
当方も試乗する機会がありましたので、レポートさせていただきます。

th_IMG_2594.jpg



まず”F SPORT”に乗ると・・・ドアトリムの「本アルミ」がスポーティでなかなかいい感じです。
またシートのホールド性は適度で、ISやRCなどのようなスポーティ路線のシートではなく、サイドサポートや座面の「土手」の部分はおとなしめで、コンフォート感があります。
また、シートのクッションが厚く、合成皮革の「L-tex」シートの割には質感が高く感じるのも嬉しいポイント。

th_IMG_2741.jpg


ただ、”version.L”に乗ったあとだと、インテリアパネルに埋め込まれた「アンビエントイルミネーション」や、インナードアハンドル部分のベゼルにあるイルミネーションがないのが残念です。こういった装備は全車標準にするか、コストの問題があるならせめて「メーカーオプション(MOP)」として設定すべきと思います。しかし、フレアレッドの内装はフォーマルなセダンには珍しく、スポーティでとてもいいですね。
"version.L"だと、後席にもイルミがあるんですよね。こういったところは全車標準にしてほしいところ。
F SPORTだからといって省く必要ないように思います。(”標準”にはMOPでも良いかと)

th_IMG_2751.jpg


さて、動き出すと、相変わらずの乗り心地の良さですが、ロードノイズが”version.L”に比べ「少し大きめ」であることに気づきます。
やはり”version.L”は「ノイズリダクションホイール」が効いていたのでしょう。
路面の凹凸でも、サスペンションが少し跳ねるような感じがしますが、総じて乗り心地は良いですし、ここ最近のレクサス車の延長線上にあるような乗り心地で違和感はありませんでした。(ということはやはり”version.L”の乗り心地がレクサスとしては異例な程良かった!)
ヘッドアップディスプレイも大型で見やすいですね。

th_IMG_2739.jpg


”F SPORT”だと、どうしてもアクセルを踏んで見たくなりますが、動力性能的には他のグレードと差がありません。
ですので、坂道等、負荷がかかるところでアクセルを踏み込むと一般的な4気筒エンジンのサウンドノイズにがっかりしてしまいがちですが、実際クルマを所有してみると、そんなにアクセルを踏み込むシチュエーションは多くないと思いますので、それほど気にする必要はないかと思います。


また、ESは後席にゆったり座れるようになっていますが、ヘッドレストの位置によっては結構バックミラーが見づらい・・・
なるほど、やはり後部に人を乗せる機会が多い方は「デジタルインナーミラー」は有益だな、と感じました。

th_IMG_2740.jpg


ESのスピードメーターはIS・RC・LCと同じ「LFAインスパイア」タイプのスポーティ路線で見やすいです。
一方、”標準”と”version.L”はデジタルとアナログの2種類からメーターを切り替え表示可能です。”version.L"の場合は、ヘッドアップディスプレイにスピードがデジタル表示されているので、メーターはアナログ表示がおすすめです。

・アナログ表示

th_IMG_2747.jpg

・デジタル表示
th_IMG_2748.jpg

なお、今回の”F SPORT”の燃費についてはいつもの測定コースで、約19.8km/Lと、”version.L”より若干落ちる結果となりましたが、タイヤ&ホイールの影響または誤差の範囲と思われます。いずれにせよ、ごく普通に走行していても燃費は「20km/L」あたりを達成できるすばらしいプレミアムサルーンと思います。

th_DSC04349.jpg


今までのレクサス的な乗り心地(適度は硬さとコンフォートさ)を期待する方は”F SPORT”はおすすめです。
そして、今までと違う新たな乗り心地(あえて言うならメルセデス・ベンツ的?)を追求したのが"version.L"ではないでしょうか。結構フィーリングが異なると感じましたので、これからご検討される方はぜひ乗り比べをおすすめします。


試乗車の少し気になったのは、センターコンソールサイドが「ハード樹脂」のため、シートベルト着脱時に接触・またはスレるのか、結構擦り傷が出来ていたこと。まだほぼ新車時の状態ですが、結構目立ちますので、実際納車されたあとは、このあたりも気を付けたほうが良いかもしれません。

th_IMG_2743.jpg


あとはちょっとマニアックですが、前席ドアポケットにはグレードにかかわらずちゃんとラバーマットが設定されていました。
コストダウンで省かれがちな地味な装備ですが、ESはこういったところも気を使っていますね。goodです。

th_IMG_2756.jpg


・・・とおもったらリヤは省略されていました。
ここはやむなしかな?気になる方は、「型紙」を作ってラバーやフェルト素材を敷くと良いと思います。

th_IMG_2770.jpg


また、グローブボックス内部には不織紙のようなものが敷いてあります。起毛仕上げよりこちらのほうが静音性には効果がありそうです。
(奥に見えるのは、エアコンフィルターケースです)

th_IMG_2766.jpg

2018年10月31日

LEXUS ES300h ”F”&”L”比較!

LEXUS ES300hの日本発表から早いもので、明日で1週間です。
明日はいよいよRC(RC350/RC300h/RC300)のマイナーチェンジモデルが発表される予定です。
そして来月は待望の「UX」の発売とレクサス車のモデルチェンジが続きます。

さて、ES300h、デジタルアウターミラーが搭載できる唯一のグレード”version.L”と”F SPORT”の外観の違いをざっとまとめてみました。
どちらのESがお好みでしょうか?

■フロント比較

外観ではやはりデジタルアウターミラーの有無が目立つ所。
私的には”標準”と”version,L”のフェイスが好みですが、”F SPORT”になると、他のレクサス車っぽい雰囲気になりますね。


th_IMG_2552 3.jpg




■”標準”’&”verion.L” フロントフェイス

最新のアウディやBMW車でもセンサーやカメラが目立つ仕様が見受けられる中、レクサスは、レーダーセンサーやカメラを隠すのが上手ですね。
いわゆる「フォグランプ」(ESでは装着されてませんが)位置にあるサイドガーニッシュのデザインがいい感じと思います。

th_IMG_2593.jpg


th_IMG_2555.jpg


■”F SPORT” フロントフェイス

「漆黒メッキ」のグリルフレームも似合っていて、”F SPORT”として嫌味のないデザインになっていると思います。
これが次期ISと言われてもいいような?
th_IMG_2594.jpg

th_IMG_2556.jpg

■サイド

サイド部分はデジタルアウターミラー以外は共通。デジタルアウターミラーは更に小さくできると思いますが、見える角度や耐久力などを考慮するとこれぐらいがちょうどいいのかもしれません。

th_IMG_2597 2.jpg


■”version.L” ホイール

ノイズリダクション機構で、ロードノイズが低減しているのが感じられます。
ハイパー塗装なのでカラーもきれい。タイヤは「SP SPORT MAXX」を採用していました。(エコタイヤではない!)

th_IMG_2558 2.jpg

■”F SPORT” ホイール

第3世代の”F SPORT”モデルはLCライクな意匠のホイールを採用していますね。なかなかかっこいいと思います。

th_IMG_2557.jpg


■”標準”’&”verion.L” ラゲージドアガーニッシュ

ラゲージドアガーニッシュがテールランプ端までつながっているのが特徴的。
しかし、安心して見れるデザインですね。

th_IMG_2554.jpg


■”F SPORT” ラゲージドアガーニッシュ

「漆黒メッキ」採用で、スポーティな印象となりますね。リヤスポイラーも意外に大型でスポーティセダンのようです。

th_IMG_2553.jpg


■”標準”’&”verion.L” バンパーロアガーニッシュ

ESでは数少ないむき出し樹脂部分です。こちらもメッキ部分が車両下部のリフレクター部分までつながっているので特徴的ですよね。

th_IMG_2590.jpg

■”F SPORT” バンパーロアガーニッシュ

「漆黒メッキ」により、ブラック部分が一体化した印象。樹脂部分をブラック系で塗装するか、カーボンフィルム等でブラックアウトすると更にかっこよくなりそうに思いました。

th_IMG_2589.jpg


■”version.L"内装

 version.Lでは、インテリアパネルに「バンブー(竹)」内装が選択可能。第3世代レクサスでバンブーを選べる車種はESのみとなりそうですので存続されたのは嬉しいですね。北米でも人気のインテリアの模様です。
「和」の感じがしていいですねぇ〜 ブラック内装とはかなりマッチしますね。
ブラックのセミアニリン本革のステッチもいい感じ。

th_IMG_2570.jpg


ステアリングもLS風の意匠。運転席右前にもガーニッシュが装着されているのはいいですね。

th_IMG_2580.jpg


リヤのエアコン吹き出し口にもバンブーのパネルが!
th_IMG_2585.jpg

ESには、前席シート下に「LED照明」が入っているのがいいですね。
これは他のレクサス車にもぜひ付けてほしい!(確か、新型LSにもついてない・・・)

th_IMG_2584.jpg

前席シート照明は、”F SPORT”にも装着されています。

th_IMG_2581.jpg



■ラゲージ下収納(共通)

ESでは、ラゲージのボードをフックで車両に「掛ける」ことが出来ます。そのかわりボード自体はペラペラ・・・
純正のフロアマットを敷くとこの機能はつかえなくなると思われるので注意が必要です。
しかし、「床下収納」は結構ありますね!
ちょっと金属むき出し部分が多いので、さらなる静音化にこだわる方はいろいろアイディが出てきそうです。

th_IMG_2549.jpg

次は”F SPORT”もぜひ試乗してみたいですね。
なお、日比谷のレクサスショールーム「LEXUS MEETS… HIBIYA」での「ES」試乗開始は11月以降とのこと。(当初は”F SPORT”が導入される模様)
あらためてレポートさせていただきたいと思います。

th_IMG_2566.jpg

2018年10月29日

レクサス ES300h 試乗してきました!(1)

いよいよ試乗がスタートした LEXUS ES300h。セダンでありながら話題の1台、すでに試乗された方も多いのではないでしょうか?
当方も、目玉の「デジタルアウターミラー」装着車のES300h ”version.L”に試乗してきました。


th_IMG_2595.jpg


デビューしたてということもあり今回は45分程度の短時間試乗ですが、ファーストインプレッションです。
以下、燃費以外はすべて当方の主観と感性に基づくものですが・・・


■デジタルアウターミラー

 賛否両論ある「デジタルアウターミラー」ですが、当方は「アリ」でした!
 これは個人差がかなりあると思います。目の状態(近視、乱視、老眼状態など)などもあると思いますし、長距離や夜間走行の多い方は目の疲労度も考慮する必要があると思いましたが、次のようにメリット・デメリットを考慮すると、当方はメリットが上回ると感じました。
もっとも、モニターの形態(意匠含む)、解像度の面では改善が必要ですが・・・
 
<メリット>
・「死角」がとても少ない
全般的に、物理ミラーより「大きく」見えるので、隣接車線に迫ってくる車両などが非常に見やすい。また、脇道から本線への合流時など、窓から首を後方に向け直接確認しなくても、カメラで確認できるのは便利。

  th_IMG_2624.jpg

・薄暗時の鮮明さ
日が落ちたあとなど、外が薄暗くなってもモニターの画像は明るいまま。(ただしノイズは増える)
そのため、車両や人物の確認が容易。これはとてもメリットがあります。
次の画像では、実際はオートライトが点灯するぐらい薄暗いのですが、モニターではかなり明るく写っていて、明らかに物理ミラーより視認性が高いです。
  th_IMG_2629.jpg

・後方車両のチェックが容易
物理ミラーと異なり、自分の車のボディが映る範囲が少なく、大きく見えるため、意図的に車線内の走行位置を少しずらせば、後方車両もはっきりと確認できます。(ドライバーもよく見える)
 
  th_IMG_2625.jpg  
  
・見える範囲が広い
物理ミラーより、遠いところにあるものも見えます(ただ、解像度はいまいち)ただ、「遠近感」は損なわれる印象。
th_IMG_2620.jpg

今までの物理ミラーではあまり気にならなかった「縁石」や植え込みの木々などが目だちます(笑)ちょっと不思議な感覚です。
th_IMG_2621.jpg
  

<デメリット>
LEDライト/信号が点滅する
「LEDヘッドライト」装着車がカメラの視界に入ると、モニター内に映るLEDライト部分が高速で点滅するので、停車時などは気になります。
特に都市部では輸入車やレクサス車が多く、LEDヘッドライト装着車比率が高いため、結構気になります。
同様に、「LED信号機」も点滅しますので、信号が連続するエリアだと、気になりますね。

  th_IMG_2628 2.jpg


・ライトがカメラに入ると眩しい
これは物理ミラーでも同様ですが、カメラではかなり輝度調整してくれるものの、やはり眩しい場面あり。
特に「西日が直撃」するシチュエーションでは、モニター全体が明るくなります。

  th_IMG_2626.jpg


・若干表示が「遅延」する

完全リアルタイムな映像ではなく、若干表示が遅延しています。この体感には個人差があります。また、フレームレートは30ps以下と思われるため、画像の滑らかさも今一つか。これはさらなるECUの高速化などが求められそうです。ただ、これで走行中に問題が生じるレベルのものではありません。万一のためにも、車線変更の際は目視確認をすることを怠ってはいけませんね。


 ・・・とはいえ、事前予想よりかなり良かったです。
 ただ、自分が購入するとすれば、「夜間」のチェックは絶対に必要ですね。周囲が暗い状態で、液晶モニターが光り続ける状態は果たしてどうなのか?
数時間ドライブして、目の疲労度はどうなのか?など、装着される方はじっくりテストされることをおすすめします。
 また、通勤やビジネスで使用する方は、早朝や夕方(西日)のチェックも必要ですね。

  th_IMG_2591.jpg


■乗り心地

 控えめに言って相当に「良い」です。
 制限速度内の一般道において、現行レクサス車では、ベストでは?
 ふわふわ感も少ないのに、サスペンションがしっかり動き車両をフラットに制御してくれている感が伝わってきます。
 「スイングバルブショックアブソーバー」と「パフォーマンスダンパー」がいい仕事をしているのだと思います。
 減衰力を調整するAVS機能はないのですが、十分ですね。
 年次改良前のLSより乗り心地が良いと評する方も多いでしょう。
  最新のメルセデスベンツ Cクラスなどの乗り味との比較を是非モータージャーナリストにお願いしたいところです。


■静音性

 ノイズ・リダクションホイールを装着しているだけあり、とても静かです。
 当方のLC500hより静か(笑)
 ランフラットタイヤではないという点もあると思いますが、はっきりとわかるぐらい静かです。
 遮音性ガラスを装備していることもあるでしょう。特に床下と後方からのノイズが少ない印象です。ぜひカーグラフィックで検証してほしい。

 th_IMG_2558.jpg


■HVノイズ

 良好。トヨタ/レクサスHV車の特徴でもある、インバーター等の電気ノイズや改正ブレーキ時の「ヒューン」音は相当に低減されています。
 どれだけ静かかというと、GS450hやLC500hより静か。新型クラウンHVとは同程度かな。
 EVモード走行とエンジン始動のショックも相当に低減されており、これはLS500h(年次改良前)と比べても優位な点。
 


■燃費

 非常に良いです。当方が毎回燃費を計測する市街地ルートでは、ノーマルモードで無理なく「20km/L」を超えました。
 (参考:レクサスの2.5LFR系HVだとだいたい15km/L程度、LS500hで12km/L程度)
 ガソリン価格が高騰してきましたが、レギュラーガスということもあり、経済性にも優れ、大人が4人しっかり座れるセダンとしてはトップクラスの燃費を誇る車となりそうです。
 th_IMG_2627.jpg


■前席居住性

 良好。”version.L”は、運転席のシート座面を延長できる(10wayパワーシート)ので、シートがぴったりしてとてもいいです。
 ランバーサポートも4wayなので、腰/尻の具合もきめ細かく調整できます。
 スポーツセダンではないので着座位置は少し高めですが、「セミアニリン本革」特有の柔らかさもあり、とてもいい車に乗っている感がありますね。
 反面、シートのサポート力はあまりありません。あくまでコンフォートなセダンです。

th_IMG_2373.jpg


■全体的な印象

「静か」、「乗り心地良い」、「高級感あり」「デジタルアウターミラーの将来性を感じる」という点で、乗っていて面白い車でした。
さすがに坂道でのアクセルオンはカムリと同様、ありきたりな4気筒エンジンがうなりますが、ほとんどのシチュエーションでエンジンが主張することはなく、とても好印象。ここ最近のレクサスに見られる「静と動」ではなく、「静と静寂」という感じ?(とはいえ、無音ではない)


HVカー特有の運転になれている方は、常時リッター20km/Lをマークしつつ、フラットライドに近い乗り心地で車内も静か・・・これはいい意味で「昔のレクサス」の再来といえるのではないでしょうか。ぜひ”version.L”の試乗、おすすめです! 

th_IMG_2542.jpg

2018年10月28日

ES300h 実車チェック!「デジタルアウターミラー」など

ついに発売された LEXUS ES300h!

量産車世界初採用の「デジタルアウターミラー」は最上級グレードの”version.L”に「20万円+税」のメーカーオプションですが、実車確認後に注文する仕様になっているため、メーカーへのオーダー日はデジタルアウターミラーの有無にかかわらず「11月1日」となっています。(納車に関しては、それまでの店舗内での予約順)そのため、納期が確定するまでにはもうしばらく時間がかかるようです。


th_IMG_2591.jpg


さて、「ES300h」に関してはデジタルアウターミラーの広報的な意味合いもあるのでしょう、複数台の試乗車を導入している店舗が目立ちます。
また1台を「デジタルアウターミラー」とすることが推奨されているらしく、必然的に「”version.L”+”デジタルアウターミラー仕様”」と、それ以外「”F SPORT”または”標準”グレード」の2台体制としている店舗が目立ちます。


■ES300h ”version.L” デジタルアウターミラー

イメージCGと異なり、電子カメラユニットはかなり「かっこいい」仕上げとなっています。
メッキ仕上げと、クリアブラック仕上げのパーツの組み合わせで高品質感と未来感がありますよ。

th_IMG_2551.jpg

「ワンダー速報」さんでは、動画により詳しくインプレッションされているのであわせて参照下さい!
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2558.html

■【内装の質感は?】新型レクサスES300h発売!デジタルアウターミラー見てきた!



「デジタルアウターミラー」のインナーモニターを外から見ると、Aピラーの根本にがっしりとして5インチモニターが取り付けられているのがわかります。
ここだけ見るとかなり違和感ありますが、乗り込むと当初想定よりは気になりません。

th_IMG_2547.jpg


室内で見ると、液晶画面は高輝度で、着座位置にかかわらず鮮明に見えるのは驚きました。
ただ、画質の精細さでは、大型スマートフォンに慣れていると今ひとつに思いましたが、デジタルアウターミラーインナーミラーほどの違和感はなく、比較的視認性は良いと思いました。ただ、これは個人差があると思いますので、実車チェック後でないと発注できないようにしたのはなるほど、という印象。

th_IMG_2545.jpg

気になるのは、通常モードですと、拡大して映る仕様となっており、従来の物理的なミラーよりだいぶ見える範囲が狭いです。
ウィンカーを入れると、「広域モード」に切り替わり、通常のミラーのような範囲に変更されます。
「広域モード」は次のとおり、モニター画面右下に、広域範囲を示すインジケーターが表示され、見える範囲が一気に広がります。
私的には、常にこの状態でもいいような・・・「ピンク色のバッグ」の位置を上の画像と比べてみて下さい。

th_IMG_2546.jpg


ドアミラーを折りたたむと、自分が写ります(笑)
通常のミラーと比べ、大幅に前方斜めの視界が広いことに気づきます。デジタルアウターミラー自体かなりかっこいいですね。

th_IMG_2544.jpg


通常のミラーとの見え方の違いはかなりあります。
車両の後方、リヤバンパー右側に人物が立った場合の「デジタルアウターミラー」の見え方は次の通り。
かなり拡大して表示され、人物の上半身は見えません。

th_IMG_2564.jpg

一方、通常のドアミラーで同じ位置に人物が立った場合の見え方は次のとおり。
人物全体がしっかりと見えますし、背景もよくわかります。ただ、比べてみると、後方をしっかりみる、という点では「デジタルアウターミラー」の方が優れているのかもしれません。はるか後方から迫る緊急車両などの発見には通常ミラーの方がいいのかな・・・

th_IMG_2565.jpg


ギアをリバース(R)に入れると、「補助線」が表示されるのですが、これはかなりいいですね!なんといっても「タイヤの位置」もしっかりわかるので、これだと狭いところの機械式駐車場に入れる際や、縁石に寄せる際などかなり便利に思いました。これいいなぁ。

th_IMG_2567.jpg



周囲が暗くなったときは、自動的にカメラが補正を行ってくれますが、さすがに画質は多少ノイジーになります。
が、思ったより画質の低下は抑えられていました。

th_IMG_2571.jpg


しかし、全般的にES300hの”version.L”は価格に見合った質感を確保していると思います。
写真は運転席に着座したものですが、上質なセミアニリン本革シートは、LSと同様のいい革を使用している匂いがしますし、肌触りもしっとり。これは新型クラウンの本革シートや、レクサスのL-tex(合成皮革)シートとはやはり大きく違います。
ドアを締めた際の「シーン」となる静粛性・密閉感もとても良いです。

上質なマークレビンソンオーディオスピーカーグリル、控えめにほんのりとライン状に光るアンビエントライトも「いいもの感」がありますね。

th_IMG_2578.jpg

ブラック本革は、ホワイトのステッチが効いていてとてもいい感じ。「バンブー」との組み合わせも合いますねぇ。
セミアニリン本革の上質さが伝わってきますし、センターコンソールの「ビスコテックス」加工もオシャレな印象。

th_IMG_2587.jpg


最後に「デジタルアウターミラー」仕様車と標準ミラー車の比較。
右は”F SPORT”の標準ミラーで、LC/LSと共通のかっこいい第3世代レクサス用ミラーですが、比べると左側のデジタルアウターミラーが、いかに小さいかがわかります。特に上下方向の視界確保に寄与しており、サイドウィンドウの隠れ方が全然違いますよね。

th_IMG_2597.jpg

ローアングル。
比べてみると、デジタルアウターミラーは標準ミラーの1/3〜1/4ぐらいの大きさでしょうか?
これは未来感あるなぁ・・・
ホイールの違いもバッチリわかりますが、どちらも純正にしてはなかなかかっこいいホイールですよね。

th_IMG_2598.jpg


さて、みなさんは「デジタルアウターミラー」あり/なし どちらがお好みでしょうか?
量産車世界初、デジタルアウターミラー装着車「LEXUS ES300h」、すでに各販売店でお披露目、公道試乗も開始しています。
明日は公道試乗レポートをお伝えさせていただきたいと思います。

th_IMG_2552 2.jpg



価格情報等は以下のとおりです。

■ES300h”version.L”見積もりなど
http://www.namaxchang.com/article/461665857.html?1540642442

■ES300h”F SPORT”見積もりなど
http://www.namaxchang.com/article/461644671.html?1540642350

■ES300h”標準”グレード見積もりなど
http://www.namaxchang.com/article/461627252.html?1540642493

2018年10月26日

LEXUS ES300h 予約受注台数は2200台!

レクサスES300hの発売、全国紙でも取り上げられるなど、特に世界初「デジタルアウターミラー」は話題になっているようですね。
デジタルアウターミラーがまさかESで発表されるとは、数ヶ月前まで想像も出来ませんでしたね。


th_DSC04331.jpg


当方は週末まで実車を見れないのでぜひ高解像度画像でレポートされている、ワンダー速報さんでご確認を!
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2557.html


さて、impress carwatchでは、ESのデジタルアウターミラーのカメラが「panasonic製」であることが記事になっています。
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1149870.html

004_o-2.jpg


また、デジタルアウタミラーを制御するEUCについては、「DENSO製」であることも。
量産車世界初の装備を構成する主要部品のサプライヤーが日本企業であるのは嬉しい限り。

デンソーのニュースリリース
https://www.denso.com/jp/ja/news/news-releases/2018/20181025-01/

th_スクリーンショット 2018-10-25 20.10.45.jpg

さて、ES300hの記者発表はなんと、東京日比谷の「LEXUS MEETS…」で行われましたそうです。
impress carwatchでレポートされています。

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1149729.html

059_o.jpg

その場ではESの予約受注台数が「2200台」で有ることが報告されたそうで、月販目標販売台数350台の「約6.2倍」にあたります。
この中には「デジタルアウターミラー装着車」は含まれていないため、実際には潜在的な需要は少なくとも「3000台」程度はあるのではと予想します。
(なお、トヨタ/レクサスでは、発売から1ヶ月後に正式な予約受注台数が公表されます)
他のLEXUS車と比べれば現時点では地味な数値ではありますが、そもそもESの知名度はまだそれほど高くなく、今後はその端正なルックスと上質な内装、先進装備で魅力を増していくのではと思います。

ただ、どうしてもそのボディの大きさ、最小回転半径の大きさは所有にあたり都市部では駐車環境の点でネックとなりそうです。
しかし、とにかく楽しみなのは「デジタルアウターミラー」!週末にはさっそく体験したいと思います。

2018年10月25日

LEXUS基幹モデル「ES300h」ついに発売!

いよいよ発売となった レクサス ES300h!

本カタログも配布開始、早速入手しました。
LCやLSで多かった開発秘話みたいな部分がだいぶ少なくなったのは残念ですが、余白が減り、写真が増え、見やすい内容になっていると思いました。
LEXUS トータルケア関係のページも刷新されていますね。


th_スクリーンショット 2018-10-24 23.17.20.jpg



さて、実車の方も早速販売店に配備されていますが、なんとか「量産車世界初搭載」が実現した「デジタルアウターミラー」は、展示車・試乗車として積極的に店舗に配送されており、各販売店で見かけることができると思われます。
「レクサスディーラーは敷居が・・・」という方は、東京/日比谷、東京ミッドランド日比谷のLEXUS MTEETS…に早速展示されているようですので、こちらでチェックされるのも良いかと思います。

スクリーンショット 2018-10-24 23.35.52.png


「デジタルアウターミラー」ですが、事前のCG画像に比べると、実車の電子カメラ付きのドアミラーはなかなかいい感じです。(結構かっこいい!!)

th_IMG_2488.jpg


一方、室内側の「5インチモニター」はかなり後付感があるのと、ピラー部分に固定されるタイプ。
これはまぁオプションなのでしょうがないとは思いますが、現在の内装にはマッチしていませんね。

運転席側。まさに「レーダー探知機」のイメージ。
デジタルインナードアミラーほどではありませんが、画面の「解像度」も足りない感じです。
あとは表示遅延があるのかどうか。週末試乗でチェックしてみたいと思います。しかし、レクサスの基幹モデルになる「ES」で設定されたことは大変意義のあることと思います。

th_IMG_2490.jpg

助手席側。
やはり後付感があります。今後の新型車では、ぜひダッシュボードやドアトリム上部に埋め込んでほしいところ。

th_IMG_2493.jpg


情報公開からだいぶ時間が経過したので、カタログ上では特段サプライズはありませんでしたが、レクサス第3世代としてまさに「基幹(旗艦ではない)」モデルにふさわしいスタンダードな装備となっている印象です。今後のレクサス車は、「レクサスESの装備を超えるかどうか」がベンチマークとなりそう。
ただ、基本となる安全装置が「VDIM」ではなく「VSC」に留まるのは残念ですね。

エンジンルームのサスペンションタワーに巻かれているスポンジ材ですが、これはどうやらエンジンルーム内で発生する騒音を吸音して低減する「サスペンションタワーサイレンサー」というものらしい。これは静粛性に効果がありそう。

th_IMG_5304.jpg


ディーラーオプションでは以前から話題になっていた、「プロジェクションカーテシイルミ」に注目。
価格は2個で22,000円と結構高価ですが、正規品ならではのきれいなロゴは一見の価値あり?
当方は早速発注しましたので後日装着レポートをさせていただきたいと思います。

img_projection_curtain.jpg


オプションでは、TRD仕様のみ発表。あれ・・・モデリスタは?(設定なし??)
個人的にはリヤのディフューザー&マフラーはとてもかっこいいと思いました。

フロントスポイラー
img_front_spoiler-2.jpg


リヤディフューザー
img_sports_muffler_rear_diffuser.jpg


TRDパーツでは、エアロパーツの他、第3世代レクサス車にも流用可能な「エアロダイナミクスミラーカバー」も注目。
「風切り音の低減」に寄与するとの説明があるので、高速道路走行が多い方にはメリットあるかもしれません。
しかし結構高価ですねぇ(取付費別で60,480円)

img_mirror cover.jpg


ES300hでは、レクサスでは初となる新燃費基準(WLTCモード)も公開されています。
新型クラウン(2.5L HV)と比較してみると・・・

スクリーンショット 2018-10-24 23.00.41.png

JC08モード燃費では、新型クラウンが優位ですが、WLTCモードの「郊外」と「高速」ではES300hが逆転(燃費が良)しています。
逆に、市街地では新型クラウンの方が若干優位になっています。
ESでは、特に意識しなくてもリッター18〜20km程度は簡単にマークできそうですね。レギュラーガソリン仕様なのも嬉しいところ。


現時点では試乗車の準備が出来ている販売店は少ないと思われますが、週末には試乗できる店舗も多そうです。
話題の「デジタルアウターミラー」に注目が集まる「ES」ですが、ESならではの「乗り心地」「快適性」がどれほどのものかぜひ味わってみたいですね。

th_DSC04345 2.jpg

いよいよLEXUS ES300h 発売!展示車ではここをチェック?

さて、いよいよLEXUS待望の新型車、レクサスES(ES300h)が10月24日(水)日本で新登場します。
懐かしい大型FFセダン「ウインダム」は国内レクサス開業間もない、2006年初に販売停止となったそうですから、そこから12年を経て、大型FFセダンがついに復活です!

th_IMG_1964.jpg

国産車では、「新型クラウン」という強力なライバル車も存在しますが、新型ESならではの「私的チェックポイント」を今一度整理してみたいと思います。
試乗前のご参考になれば幸いです。

■スタイリング

 注目は、新型「LS」と見紛うばかりのスタイル!既存のレクサス車の中でも最も「嫌味のない」デザインになっていると思います。
 
 ”F SPORT”
 DSC04345.jpg

 ”標準”&”version.L”
 th_IMG_2430.jpg


■エントランス

 樹脂の質感、スカッフプレート、パワーシートスイッチ。そして助手席の8wayパワーシートなど。
 非常に地味ながら、細かい点がESはちゃんと仕立てられています。

 th_DSC04229 2.jpg

 見過ごされがちな後席スカッフプレートやドアカーテシランプもしっかり。
 ドアポケットにも小物は収納できますね。

th_DSC04280 2.jpg


■ステアリング周り

 LEXUS ESのステアリングは上質な仕上げになっています。使用頻度の高いスイッチ類もヘアライン加工がされています。
 この部分は新型カムリと部品共有する新型クラウンとは大きく質感が異なります。ぜひチェックしてみてください。

 th_IMG_2440.jpg

 ラグジュアリーな”version.L”や”標準”でも「パドルシフト」が装備されています。
 スピードメータも7インチまたは8インチのTFT液晶を採用。
 
 th_IMG_2344.jpg


■ドライブセレクトモード

 ESはコンフォート寄りのセダンにもかかわらずスポーティに走行性能を切り替える「ドライブセレクトモードスイッチ」をメーター横に設定。
 新型クラウンのように画面上で切り替えるのではないため、手間が要りません。
 
 th_DSC04244.jpg

■ナビゲーションシステム

 画質のよい12.3インチワイドナビゲーションシステム。TV画像と地図のW画面表示も可能です。
 ナビゲーション周りの金属調パネルやオーディオパネルの質感も十分なもの。
 アナログウォッチもおしゃれなデザインになっています。
 ただ、「リモートタッチパッド」の操作性は人により評価が分かれます。この点、クラウンのほうが直感的な部分も多いので要チェックです。

 th_DSC04320.jpg
 

■ドアトリム

 ESは落ち着きのあるドアトリムを採用。新型クラウンのような「光沢部分」はかなり少なく、金属部分もサテン仕上げになっており、全体的に優しい色調になっています。
 version.Lは夜間のアンビエントライトが非常におしゃれ。
 マークレビンソン・オーディオスピーカーパネルは特にいい感じ!

 th_IMG_5681.jpg


 新型クラウンにはない「本木目/バンブー/本アルミ」インテリアパネル
 フィルム等の疑似パネルの質感も以前より大幅にアップしていますが、手触りや近くで見たときの質感などはやはり差があります。
 
 th_IMG_2341.jpg


■内装素材(ピラー/ルーフ)、前後ルームランプ、バイザー等

 内装素材は地味ながらコスト削減が如実に現れる所。LEDランプの色調やルーフ、ピラーの手触りなども要チェック!

th_IMG_2441 2.jpg


■後席の居住性

 新型クラウンをしのぎ、新型LSとほぼ同等の広さを実現。
 ”version.L”にはコントロールボックスも配備、リヤシートヒーター、エアコン、リクライニングの調整が可能。

 th_IMG_0594.jpg

 後席のセンタートンネルも低め。
th_DSC04297.jpg

 膝前のスペースはほんと広い!!
 th_DSC04314.jpg


 一方、新型クラウンの「EXECUTIVE」では前席シートバックに「とっ手」があり、これはご高齢の方やVIPをもてなす際には乗降に便利かもしれません。(助手席肩口スイッチもあり)

 th_DSC03734.jpg


 新型クラウンも「EXECUTIVE」であれば後席の質感はなかなかのもの。ただ、コントロールパネルはちょっと派手すぎるような。

 th_DSC03830.jpg

 
■「セミアニリン本革」の質感・縫製

 ”version.L”のセミアニリン本革は手触り・質感も良く、ステッチ等の縫製もよく仕上がっています。
 ぜひ新型クラウンの本革仕様と比べてみて下さい。
 ”F SPORT”のL-texも新型クラウンの本革と遜色ない仕上がりになっていると感じます。
 
 th_IMG_2439.jpg

 ”F SPORT”のスポーティなシートはデザインとホールド性も非常に魅力的!

 th_DSC04306.jpg


■電動パワートランク
 
 新型クラウンでは採用されていない電動パワートランクの設定あり。輸入車でもおなじみ、バンパー下で足を動かして開閉するハンズフリー機能も搭載。

 th_DSC04325.jpg

 ラゲージ下の容量も要チェック!

 th_DSC04328.jpg

2018年10月07日

レクサス ES300h version.L やはりいいですね〜

六本木ヒルズで10月8日(祝・月)まで公開されているレクサスES・UXプロトタイプですが、ESに関しては最上級グレードの”version.L”が展示されているのが目玉と言えます。今回は、前回訪問した際の夜間画像を。

LEXUS ES300h では、”標準”グレード・”version.L” と ”F SPORT”ではフロントグリル&前後バンパーが差別化されています。
今回の展示車は”version.L”であるため、「縦フィン」とバンパーロアのガーニッシュが細長であることが差異ですね。
こちらの顔のほうが好み、という方も多いのでは?

▼version.L

th_IMG_3528.jpg


▼F SPORT

th_DSC04292.jpg


フロント部分アップ。
奇抜なデザインが多かった最近のレクサス車では実に正統派で安心して見れるデザインですね。

th_IMG_9532.jpg

ver.L専用のノイズリダクションホイールも公開!
ハイパークロムメタリック塗装をしているので金属感があり、なかなか綺麗です。
最近のレクサスのホイールは単純なグレーっぽいアルミホイールがほとんどなくなり、切削加工かハイパー塗装がされているものが主流となり、デザインも良くなりましたね。

th_IMG_4599.jpg


内装はversion.L専用カラーの「リッチクリーム」に、インテリアは「縞杢」を採用。
リッチクリームは、2015年発売の「RX」やマイナーチェンジした「GS」で採用されたカラーですが、ESにも非常に似合っていますね。
インナードアハンドルは「LC・LS」と同等の品質でクオリティ高し。
そして、リッチクリームの場合は、ドアトリムが部分ごとに色分けされているのが美しいです。
本木目パネルの下に「アンビエントライト」が仕込まれていますが、明るいところではほとんど見えませんね。

ただし、ドアポケットはもう少し容量がほしい所。また、内部には異音を防ぐレザー加工やラバー加工はされていないのが残念。
輸入車等はこういうところにも気を使っていますよね。

th_IMG_5681.jpg


スピードメーターは既報通り、新意匠のものが使用されています。”F SPORT”のメーターは2013年発売のISから基本的に同じものが使用されているので見飽きた感がありますが、ESの標準メーターは新鮮な感じがします(笑)
国内では180km/hのスピードリミッターが搭載されていますが、260km/hスケールのものが使用されていますね。

th_IMG_8069.jpg


運転席足元は”F SPORT”と異なり、シンプルなラバータイプのものが。フットレストはちょっと寂しい感じです。
FF車ですが、他のレクサスモデルと同様、アクセルペダルはオルガン式を採用。

th_IMG_8862.jpg


”version.L”の特徴として、助手席「肩口」のシート調整スイッチがあるのも特徴的ですよね。これは高級セダンならではの装備。
レザー自体も「セミアニリン本革」でとても柔らかく風合いが良いですね。

th_IMG_2155.jpg


ESの”version.L”では、最近あまり見かけなくなった「助手席 シートポジションメモリ」も搭載します。
必要な方には本当に便利な装備ですが、レクサス車でも採用車両が減少傾向にあります。
なお、ドアトリムには、セーレン社の特殊加工が施されており、見栄え向上に寄与しています。

th_IMG_3323.jpg


インナードアハンドルのすぐ上部には、密かにイルミネーションのスリットが、ES”version.L"には装備されています。(UXにはなし)

th_IMG_0264.jpg


リヤ部分についてはESクラスになると、ステンレスパネルのスカッフプレートが装備されます。
また、前席シート下には「LED照明」があり、足元を照らしてくれるのも嬉しいところ。第2世代レクサスの前半(暗黒期?)ではこのような一見無駄な装備は次々と削除されコストダウンを進めていましたが、第3世代レクサスでは積極的に取り入れていますね。

th_IMG_9852.jpg

アンビエントイルミネーションは、リヤドアにも装備されています。
とても綺麗なイルミネーションは純正ならでは。社外品だとここまで綺麗に「細く・均一」に光らすことはできないでしょう。

th_IMG_1887.jpg


その他、”version.L”専用装備といえば、地味ながら「リヤドア・リヤクオーターサンシェード」(手動)
フィルムは・・・という方も多いと思いますが、高級セダンならではの装備と言えます。

th_IMG_8797.jpg


そして最大の特徴といえば、やはりリヤの居住性、リヤコントロールパネルではないでしょうか?
最大7度のリクライニングなので、LSと比べればほんの僅かではありますが、やはり角度が変更できるのはリラックス度合いが違いますね。
また、リヤシートヒーターに加え、後席専用のエアコンコントロールが加わるのは高級セダンならではの装備。
ESらしさが味わえるのはやはり”version.L”ではないでしょうか?

LSのような液晶スクリーンはありませんが、わかりやすいようにスイッチが配置されています。
ドリンクホルダーも静かに開閉し、底面にはラバー仕上げ。

th_IMG_8066 2.jpg

▼version.L

th_IMG_8853 2.jpg

▼F SPORT

th_DSC04313.jpg

”ES300h ”version.L”の見積もり情報は以下の記事でもレポートさせていただいております。

■LEXUS ES300h ”version.L” 見積もり&装備概要 (2018/9/15)
http://www.namaxchang.com/article/461665857.html?1538828175

2018年09月19日

レクサスES(ES300h)日本仕様に「パノラマルーフ」がなぜないのか?

さて、レクサスES(ES300h)の受注が開始されていますが、まだ試乗するまでは・・・車庫に入るか確認するまでは・・・という方も多いハズ。
日本での正式発売まであと1ヶ月ほどありますが、北米の公式サイト(https://www.lexus.com)では、ES350/ES300hのコンフィグレーターが実装されており、好みの1台をシミュレーションすることができます。

既報のとおり、日本仕様のESと北米仕様では異なる部分があるので、その違いを見つけるのも面白いと思いますし、ESを購入予定の方はぜひ一度違いを試してみるのも面白いと思います。

https://www.lexus.com/build-your-lexus/#!/series/ES/



Lexus-ES-homepage-hero-desktop_LEX-ESG-MY19-0046_1920x795_M75.jpg


北米での「ES300h」素のグレードは「DELIVERY, PROCESSING & HANDLING FEE」の「$1,025」を考慮したエントリー価格は「$42,335」となりますが、実際は素のモデルではほとんど出荷されておらず、何らかの「パッケージ」(メーカーオプションセット)が装着されていることがほとんどのようです。

そのため、日本の仕様に合わせてシミュレーションしてみることとします。


■ES300h ”標準”グレード近似仕様

「プレミアムパッケージ」と「ナビゲーションパッケージ」に加え、「BSM+PKSB」、「本木目パネル」、「ステアリングヒーター」、「電動リヤサンシェード」等のオプションを装着することで、「$47,545」となりました。
(ナビゲーションパッケージをつけるとブラインドスポットモニター(BSM)が強制装着となる)
なお、「電動ムーンルーフ」は日本仕様と同様、全車標準装備。
また、日本仕様ではMOPとなる「リヤスポイラー」は標準装備のようです。

スクリーンショット 2018-09-18 21.51.56.png


■ES350 ”F SPORT” 近似仕様

北米の「ES300h」には”F SPORT”の設定がないようなので、V6NAエンジン搭載の「ES350」でチョイス。

「F SPORT」パッケージ装着に、「ナビパッケージ+BSM+PKSB」、「電動リヤサンシェード」、「3眼フルLEDヘッドランプ」、「AVS」を装着したところ、「$50,700」となりました。
日本仕様と異なるのは、減衰力可変ダンパーの「AVS」がオプション扱いというところでしょうか?
それにしてもES300hには”F SPORT”の設定がないとは、日本仕様は貴重かもしれませんね。

スクリーンショット 2018-09-18 22.18.29.png


■ES300h ”version.L” 近似仕様

「ULTRA LUXURY」パッケージ装着に、「ナビパッケージ+BSM+PKSB+パノラミックビューモニター」セット、「3眼フルLEDヘッドランプ」、「18インチノイズリダクションホイール」、「HUD」、「ステアリングヒーター」のオプションを加えた仕様で「$53,250」。
ただ、残念ながら「パノラマガラスルーフ」は選択できない模様・・・ということは?

スクリーンショット 2018-09-18 23.23.27.png


■ES350 ”version.L” 近似仕様

広大な「パノラマガラスルーフ」は、なんとV6NAエンジンを搭載する、「ES350」のみの設定の模様。
「ULTRA LUXURY」パッケージ装着に、「ナビパッケージ+BSM+PKSB+パノラミックビューモニター」セット、「3眼フルヘッドランプ」、「18インチノイズリダクションホイール」、「HUD」、「ステアリングヒーター」のオプションを加えた結果、「$51,940」となりました。
しかし「パノラマガラスルーフ」へのアップデートが「$500」というのは安いですね。

スクリーンショット 2018-09-18 22.29.40.png

ということで、日本仕様のES300hになぜ「パノラマガラスルーフ」の設定がないのか、という理由がわかりましたね。
北米でも「ES350」にしか設定がないため、それが答えと思われます。
(ES350”F SPORTにも非装着)


反面、リヤ席の「電動リクライニング機能」、「3席独立温度調整エアコン」、「リヤ席コントールボックス」等は北米仕様は設定がないと思われるので、日本仕様も頑張っていますね。
日本仕様では、”F SPORT”が「ES300h」にも設定されているのも特徴と言えそうです。


その他、北米には、日本仕様にはない魅力的なディーラーオプションが存在します。
そのうち、代表的なものを紹介させていただきます。


■スカッフプレートイルミネーション・・・ $379

 日本の第3世代レクサス以降採用されていないイルミ付きスカッフプレートで、LEXUSロゴが発光するタイプです。おそらく日本仕様にも装着可能ですので、輸入して取り付けるのアリでしょう!特に”version.L”には似合いそうですね!

40e9aefdfa8ca36a430648b57a47175791f53c6b15e1331da3547ffa6ba84a4d_Lexus_ES_IlluminatedDoorSills_BYL_accessory_768x710_LEX_ESG_MY19_0115.png



■トランクシルイルミネーション・・・$450

ESのトランクシルは黒い樹脂パーツですが、このオプションは「メッキ仕様」となり上質になる上に、さらにLEXUSロゴ入りのイルミが。好みは分かれそうですが、これは目立ちますね!取付はちょっとめんどくさそうですが、これも魅力的なアイテムと思います。

52dc490cea380b25ee991dc3cb6df86f8c0c48f658668f81731fe6f9e94d234e_Lexus_ES_IlluminatedTrunkSill_BYL_accessory_768x710.png

2018年09月15日

LEXUS ES300h ”version.L” 見積もり&装備概要

レクサスES300h 見積もり&装備概要シリーズ最終回は、一番注目の”version.L”です。
「デジタルアウターミラー」が装着可能な話題のグレードで、後席重視のグレードとなります。

20180912_01_01_s.jpg



デジタルアウターミラーについては、プレカタログでも大きく特集されています。
「世界初」と表示されていないのは、本冊子印刷時には本当に世界初になるかどうか不明だったからだと邪推します(笑)
結果的には、世界初「*2018年9月5日現在」と表示してよかったのでしょうね。

th_スクリーンショット 2018-09-15 0.09.25.jpg

まるでレーダー探知機のようなモニターは違和感がありますが(しかもAピラーから生えている・・・)カメラ付きミラーの形状はなかなか先進的です。
ただ、電子ミラーの操作が、パワーウィンドウスイッチパネルにある「ミラースイッチ」を流用して操作するのは少しどうかなぁと思います。
従来の物理ミラーとは違い、画面の切り替え/広範囲化などの機能もあるので操作頻度も増えると思うので、ぜひステアリング部に移設してほしいと感じます。
また、問題は、画質でしょうね・・・どれだけ高精細な映像が表示できるか。「デジタルインナーミラー」と同等の画質だとかなり不満が残りそうです。


さて、”version.L”にフルオプションを装備した場合の概算見積もりは次の通り。
車両本体価格は既報通り「698万円」です。


■ES300h ”version.L” 概算見積もり(フルオプション)

th_スクリーンショット 2018-09-14 23.43.43.jpg


多くの装備が標準でついているので、思ったより価格は上昇しない印象。これに、フロアマットやロックナット、ナンバーフレーム等を付けてもコミコミ800万円には収まる計算です。
「デジタルアウター」、「デジタルインナー」の各デジタルミラーを装備しない場合は、約45万円ほどダウンする、と考えて良いでしょう。


さて、”version.L”といえば、レクサスLS、GSといったプレミアムクラスのセダンと肩を並べるような装備が施されています。
次の画像でも、独特なシートパターンを持つ「セミアニリン本革」、「本木目インテリアパネル/ステアリング」、「助手席シートポジションメモリスイッチ」など王道のアイテムが。(「本木目インテリアパネル/ステアリング」は”標準”グレードでも備えているのはESの凄いところです)
特に、フリーキルティング仕様の「セミアニリン本革」シートはESでは”version.L””ならでは。

th_スクリーンショット 2018-09-15 0.17.19.jpg


ではその他、”version.L”の独特な装備を振り返ってみたいと思います。

■「アンビエントイルミネーション」
これは意外なことに、”version.L”だけの専用装備となっています。
どおりで、先日「LEXUS MEETS…」で公開された”F SPORT”では備わっていなかったわけですね。
ドアトリム、助手席前、インナードアハンドル付近にLEDがインストールされ、ほんのり光る演出が施されるようです。
(DIYが得意な方は、部品取り寄せて移植できるかもしれませんね)

th_スクリーンショット 2018-09-15 0.21.44.jpg


■後席居住性(コントロールパネル、3席独立オートエアコン、サンシェード、後席リクライニング、後席シートヒーター)

ESの後席はかなりゆったりしていますが、”version.L”には、新型クラウンの”EXECUTIVE”や、レクサスGS”version.L”のようなコントロールパネル付きのアームレストが備わっています。とにかく膝前のスペースの広さには驚いてしまいます。

th_スクリーンショット 2018-09-15 1.14.31.jpg


リヤドア&クォーターのサンシェード(手動)も備えます。
その他「シートヒーター」や「後席専用のエアコン温度調整」、「電動リクライニング」も装備する唯一のグレードとなりますので、クラウンやレクサスGSにお乗りのオーナーの方も後席は満足できるのではないでしょうか?

th_スクリーンショット 2018-09-15 0.32.19.jpg


■足回り

試乗レポートでも定評があった乗り心地の面では、”version.L”は次の通り、世界初を謳う、「スウィングショックバルブアブソーバー」と、微振動を吸収する「パフォーマンスダンパー」を標準装備しているため、もっとも乗り心地が良いのは容易に想像できますね。
”標準”ではパフォーマンスダンパーは備わりませんし、”F SPORT”ではスウィングバルブショックアブソーバーは備わりませんので。
昔ながらのコンフォートな乗り心地が期待できそうです。果たして、メルセデス・ベンツのような独特の世界観を実現できているでしょうか?

th_スクリーンショット 2018-09-15 0.24.30.jpg


■ホイール

LSやGSにも設定されている、ノイズリダクションホイールを標準装備します。
個人的には、ESの純正アルミでこのホイールが一番かっこいいと思います。「ハイパークロームメタリック塗装」で、一番輝度も高く、質感も高そうです。
他のグレードではこのホイールはオプションでも選択できません。

th_スクリーンショット 2018-09-15 0.41.46.jpg


その他、”version.L”専用装備は以下のとおりです。 (一部は推測)
意外なことに、パノラミックビューモニターは専用装備です。

・パーキングサポートブレーキ[PKSB](後方歩行者用)

・パノラミックビューモニター

・運転席10way調整式パワーシート、助手席肩口パワーシートスイッチ

・後席アコースティックガラス


先進安全装備や室内の快適性では、トヨタ/レクサスブランド内では、レクサスLSに次ぐものを備えているといえるでしょう。


最後は、内装カラーの組み合わせ。
”version.L”では明るい内装色の「リッチクリーム」が選択できるほか、海外ESでも定評のある「バンブー」ステアリング&オーナメントパネルが選択可能です。(”標準”では選択不可)

また、前述のとおり、ESのシート表皮は”version.L”が「セミアニリン本革」、その他が、合成皮革の「L-tex」ですが、L-texでも厚みのある皮革を使用しているので、かなり本革に近い風合いで、NXやCTの「L-tex」とは別物のようです。(不安な方は販売店のサンプルで必ず確認しておください。)
ただし、シートは「ファブリック系が良い」、という方は残念ながらESでは設定がありません・・・

th_スクリーンショット 2018-09-15 0.45.47.jpg

さて、いよいよ週末、ご契約に至る方も多いと思いますが、非常に高価な車両です。
ぜひ悔いのないグレード・メーカーオプションの選定を!

2018年09月13日

世界初!ESデジタルアウターミラー解禁&価格・見積もりは?

9月12日に、かねてから話題になっていた、レクサスES(ES300h)デジタルアウターミラー(ドアミラーレス、いわゆる「電子ドアミラー」)の情報が解禁、ニュースリリースされています。(日本仕様では、”version.Lに「216,000円」のメーカーオプション)

https://lexus.jp/pressrelease/news/20180912.html


th_スクリーンショット 2018-09-13 0.30.27.jpg


当ブログでも、読者の方から情報を頂き、7月1日から「デジタルアウターミラー」の記事をアップしておりましたが、ようやく正式に解禁です。

■新型レクサス ES 日本初!あの装備が!(驚!) <2018/7/1>
http://www.namaxchang.com/article/460288449.html?1536750051


20180912_01_03_s.jpg

3連休明けには、Audiが新型電動車「e-tron」、その後もメルセデスベンツなどもデジタルアウターミラー搭載車を発表するとのことですので、10月24日のES発売日では遅く、その先にニュースリリースする必要があったと判断されたのかもしれません。
かくして、新型LSで断念された「デジタルアウターミラー」は日本市場のESにて世界初搭載のニュースリリースが行われました。

th_スクリーンショット 2018-09-12 21.19.39.jpg

後付感のある電子モニター等については様々な意見があるとは思いますが、これは大きな一歩と思います。
批判するのは簡単ですが、これを2018年度中に、トヨタ自動車(レクサス)が世界のライバルに先行し量産車に投入、しかもESの販売数がそれほど大きくないと思われる日本市場にこのタイミングで先行投入というのは非常に意義のあることと思います。
そのため、現時点では「後付感の」ある仕様となっているのは致し方ないと考えます。今後のフラッグシップ系のモデルチェンジ時にはドアトリムアッパー部分や、ダッシュボード等に埋め込まれることになると思います。

20180912_01_05_s.jpg

なお、デジタルアウターミラーの操作は、運転席側の「パワーウィンドウスイッチ」にて行うようで、そのためデジタルアウターミラー装着車のみ、レクサスLSやLCで採用されているタイプのスイッチに変更されるようですね。

th_スクリーンショット 2018-09-12 20.48.03.jpg


さて、ESについては、すでに販売会社での受注が開始されており、今週末には多数の方がご契約を予定されていると思います。
週末に向け、数回に分けてレクサス「ES300h」について情報を再整理・情報共有させていただきたいと思います。

th_スクリーンショット 2018-09-12 20.20.19.jpg


まず第1回目は、一番お求めやすい、レクサスES300hの”標準”グレードの価格について。

なお、すでに各グレードに関して、「ワンダー速報」さんでもレポートされていますのでこちらも要チェックです!
■新型レクサスES見積もりました!オプション価格も!おすすめグレードは?
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2472.html


最近のレクサスでは「セミアニリン本革を備えた豪華装備の”versionL」と「スポーティな内外装と減衰力可変ダンパーを備えた”F SPORT”」のどちらかに受注が偏る傾向があるようですが、「ES300h」に関しては、通常のレクサス車の”標準”グレードでは省かれることが多い、以下のような装備を標準で備えていますので、ESの場合は、標準グレードでも十分商品力があると思います。これに「メーカーオプション」で装備を増強していくという選択肢もおすすめかと。

・パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]
・サンルーフ(ムーンルーフ)
・合成皮革シート(L-tex)
・シートヒーター&シートベンチレーション
・ステアリングヒーター
・運転席・助手席8wayパワーシート
・運転席ポジションメモリー
・電動チルト&テレスコピックステアリング
・オート電動格納式ドアミラー(リバース連動、メモリー機能付)
・電動リヤウィンドウサンシェード
・カードキー
・アクティブコーナリングアシスト[ACA]
・スウィングバルブショックアブソーバー
・アクティブノイズコントロール(ANC)



さて、メーカーオプション「全部付け」のES300h”標準”は、コミコミ約「658万円」前後となります。
実際はこれに「フロアマット」やホイールロックナット、ナンバーフレーム、ドライブレコーダー等で「+20万円程度」を見積もっておくとイメージが湧くと思います。ハイブリッドカーで燃費基準を達成しているため、自動車取得税等が「ゼロ」なので諸費用がかなり安い・・・!

■ES300h ”標準”グレード 概算見積もり <MOP全装備版>

th_スクリーンショット 2018-09-12 20.07.42.jpg


メーカーオプションで高価なのはなんといってもカッコいい「3眼フルLEDヘッドランプ」+「上下2段式アダプティブハイビームシステム(AHS)」+「マルチウェザーライト」のセットオプションです。(187,000円+税)
これは、レクサス「新型LS」譲りの装備で、トヨタブランド車でも設定されていない先進性の高い装備ですが、さらに18インチアルミホイール(102,000円+税)を考慮すると、車両価格が上位グレードの”F SPORT”(6,290,000円)に結構近くなるため、なかなか悩みどころかもしれません。

「都市部走行がメイン」で、「後席重視ではない」方は、”標準”グレードに「3眼フルLEDランプセット」と「18インチアルミホイール」はどちらも「装備せず」割り切るのも良いのではと思います。ただ、フロントウィンカーが「電球」と思われるのは今どき少し抵抗がある方も多いでしょう。(なお、リヤは標準で、「フルLED」です)
また、”標準”グレードには、スピーカーグリルが大変かっこいい、「”マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム」(221,000円+税)は装着することができませんので要注意です。

th_DSC04342.jpg


”標準”のヘッドランプと”3眼フルLEDヘッドランプ”のイメージ写真は次の通り。

th_スクリーンショット 2018-09-12 20.39.09.jpg


なお、新型ESには、既報のとおり、日本導入にあわせ、”F SPORT”グレードの設定でスポーティさを高めるほか、「TRD」や「モデリスタ」ブランドの純正エアロパーツもラインナップされます。

「TRD」仕様のイメージ画像は次の通り。なかなかスポーティですね!
次回は、”F SPORT”グレードに、TRDエアロパーツを装着した場合の概算見積もり価格についてもレポートさせていただきたいと思います。

th_スクリーンショット 2018-09-12 20.43.23.jpg

2018年09月06日

レクサス ES300h「ムーンルーフ」動作はどうなってる?

レクサスES(ES300h) は「ムーンルーフ」が全車標準ですが、北米仕様等に設定されている、パノラミックルーフは設定されていません。


th_DSC04296.jpg



<北米仕様> パノラミックルーフ
x18-06-05-lexus-es-panoramic-moonroof.jpg.pagespeed.ic.Hp0pXVLYrJ-3.jpg


日本仕様は、一般的な「ムーンルーフ」ですが、どのように動作するか撮影しましたのでご参考になれば・・・


【動画(youtube)】 ES300h ムーンルーフ開閉動画

最近のレクサスに多い、ガラスが外に露出する、「アウタースライド式」ではなく、ガラスルーフが天井に収納される方式となっています。
それでも閉塞感はなく、室内高を確保しているのには驚きです。





なお、室内側からはこのような感じ。それほど圧迫感もありません。
(ただ、天井の素材がイマイチなのは残念でなりません・・・)

th_DSC04299.jpg


室内ルームランプはこのような感じです。
2014年にデビューした「NX・RC」とほぼ同デザインで、タッチセンサー式のLEDルームランプ。フラットかつ、操作性もデザインもいいですね。
トヨタ・ブランドと違い、サングラスホルダー(小物入れ)がないのが残念です。

th_DSC04220.jpg


さて、「LEXUS MEETS…」での「ES300h プロトタイプ」お披露目会に関してはこれでいったん終了させていただきます。
少しでもESをご検討されている方の参考になれば幸いです。
また、過去記事も合わせてご覧いただければ幸いです。


■レクサス ES300h(日本仕様)実車見てきました!(速報編) (2018/9/1)
http://www.namaxchang.com/article/461431288.html?1536074681

th_DSC04347.jpg

■レクサス ES300h(日本仕様)実車見てきました!(マニアック編)(2018/9/2)
http://www.namaxchang.com/article/461451299.html?1536074748

th_DSC04349.jpg


また、「ワンダー速報さん」でも詳細に公開されていますので、あわせてご覧いただくと、ほぼ会場に訪問されたような雰囲気が味わえるかと思います。

■【後席の広さを画像で】レクサスES300h F SPORT見てきた!後席ラゲッジの評価は?
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2479.html


th_DSC04350.jpg

2018年09月03日

レクサス ES300h(日本仕様)実車見てきました!(マニアック編)

レクサス ES300h ”F SPORT” 実車レポート 第2弾です!
今回は、ちょっとマニアックなポイントをまとめてみました!


th_DSC04345.jpg



主要なポイントを撮影した、「速報編」は前回ブログにまとめていますので、概要に関しては以下の記事を先にご覧いただければと思います。

■レクサス ES300h(日本仕様)実車見てきました!(速報編)
http://www.namaxchang.com/article/461431288.html?1535892065


さて、ES300h ”F SPORT”(プロトタイプ)で、前回お届けできなかった少しマニアックなポイントをレポートさせていただきます!

■前席ナビゲーション画面&アナログクロック

 ESのアナログクロックですが、夜間は「LEXUS」ロゴ自体も光りますし、針の形状やメモリがとても細かく、すっきりとしていて、とても綺麗だと思います。

th_DSC04320.jpg


■前席 ヘッドアップディスプレイ(HUD)

大型のHUDで、かなり視認性が高いです。輸入車勢より価格も安いですし、装着されると未来感あって、良いと思います。
速度や簡易ナビ、そしてなによりロードサインアシスト(RSA)の標識表示にも対応するのはとても便利と思います。

th_DSC04318.jpg


■前席(運転席)パワーウィンドウスイッチ

 詳細に見たい!とのリクエストをいただいたので「拡大版」です。

 ドアミラー調整スイッチは動作状態のLEDランプがない簡易版です(傾き具合で動作状況を確認する必要あり)、パワーウィンドウスイッチもメッキ/サテンメッキの加飾がない仕様になっています。スイッチベースは軽めの塗装仕上げですが、もう少し質感を高めてほしいと感じる方もいらっしゃるでしょう。
 th_DSC04322.jpg


■前席 マークレビンソン・スピーカーグリル

 こちらも詳細画像リクエストいただいたもの。ESオーナーさん、予算許せば、絶対つけてくださいね!
 かなりかっこいいです。
 
 th_DSC04342.jpg


■前席 ETCカードホルダー

 第3世代レクサスでは、従来グローブボックス内にあったETCユニットが運転席に移動しています。
 (私的には、助手席側の方に、ETCカードの入れ替えをしてもらえなくなったので不満ですが・・・)
 残念なのが、LCやLSと同様、「小物入れ」の機能がないことです。
 せっかくなら小物入れも(ほんの少しで良いので)付加してほしいところです。

th_DSC04332.jpg 


■前席 おくだけ充電(Qi

 iPhoneX等でも対応している、Qiですが、この場所にあります。後付感がないのは最高ですね!
 コンソール内部は結構深いので、内部に外付けの「給電装置」をつけるのも手だと思います。(やすいし)

 th_DSC04335.jpg


■前席 カップホルダー 

 前席のカップホルダーは、内部の板が収納され、深さが調整できるようになっています。
 滑り止めのゴム仕上げなど、異音にも気を使っています。

 th_DSC04317.jpg


■前席 スマホホルダー(取り外し可)

 スマートフォンやUSBオーディオ等を立てかける専用のホルダーがついています。取り外し可能です。
 USB端子もこの辺にあるので、普段はこの場所に設置することが推奨されているのでしょう。
 スマホ置き場所がちゃんとあるのは考えられていますね。

 th_DSC04316.jpg


■前席 デジタルインナーミラー

 新型LS以降、トヨタブランドの新型車にも続々採用されています。私的にはまだまだ解像度の面であまり好きではないのと、デザイン自体がもう少し洗練されれば、と思います。
後席に家族やゲストが乗られる場合は、後方視認性の向上のためにも確かに有効と思います。デジタルインナーミラーを装備すると、リヤカメラがさらに1つ追加され、ツインカメラになるようです。

th_DSC04321.jpg


■後席 センターアームレスト

 ”F SPORT”のセンターアームレストです。さすが600万-700万クラスの車なので、よく出来ています。
レザーの素材は「L-tex」ですが、本革に近い風合いを実現しています。

th_DSC04311.jpg


小物入れにもちゃんと「ラバー」が引いてありますし、ドリンクホルダーも格納式で、展開の動作も上質です。
このあたりのパーツもちゃんとガンメタ塗装してあるのは嬉しいですね。

th_DSC04312.jpg


■ボンネット内部

 ボンネットは直4エンジンということもあり、エンジンカバーは最小限です。

 th_IMG_3450 2.jpg

 個人的に「おっ!」と思ったのは、
画像左側、「サスペンション」周りに、吸音材or制震材と思われる、黒いマットが広範囲に貼り付けられていたこと。これにより、下回り方の振動やノイズを低減しているのだと思いますが、こういうパーツはまっさきに削られてもおかしくないので、静粛性等に気を使っているのだと感じました(勝手な想像ですが)

th_IMG_5304.jpg


■トランク内部


 キックオープン式のパワートランクリッド(電動)が装備されているのは新型クラウンとは大きな違いですが、内装のトリムもしっかりはられていますね。ただ、アーム周りは少し貧弱な印象も受けました。

th_DSC04325.jpg


トランクは、さすが日本車、ゴルフバックがちゃんと横置きできます!いやー広い・・・
照明はLEDです。(1個) また、トランク右側には、AC100Vコンセントも備わっています(メーカーオプション)

th_DSC04327.jpg


ラゲージ内のボードを持ち上げると、パンク修理剤やジャッキ、小物入れが見えます。

th_DSC04328.jpg


■ヘッドランプ(サイド)

 LEXUSロゴが見えます。新型LSとと同様ですね。

 th_DSC04331.jpg


■リヤアンダー部分

 リクエスト頂いた部分です。
 下部のリフレクター周りは、無塗装樹脂になっていて、その周辺を漆黒メッキがカバーしている構造です。
 このあたりを塗装するとイメージが変わるかもしれませんね!(もしくはTRDやモデリスタのエアロパーツ装着など)

th_DSC04349.jpg


■リヤサイド部分

 こちらもリクエストいただいた部分。新型LS,クラウンと続く、「シックスライト」部分ですね。
 ホイールの形状やカラーもありますが、おっさんセダンではなく、とてもスポーティです。
 タイヤ・ホイールも結構頑張っていて、フェンダーとの隙間もそれほど気になりません。
 
th_DSC04330.jpg


さて、かなり遠方から訪問された方もいらっしゃったようで、ESの初お披露目は大盛況だったようですね。
次は来月、六本木ヒルズでの展示となるようで、”F SPORT”以外のバージョンもぜひ展示してほしいところです。
まだ、可能であればせめて名古屋ミッドランドスクエアあたりに展示してほしいですよね。

th_DSC04347.jpg

2018年09月02日

レクサス ES300h(日本仕様)実車見てきました!(速報編)

さて、待ちに待った、9月1日、ついにレクサス待望の新型車「ES300h」が日本初披露となりました!
(展示は9月2日(日)まで、東京ミッドタウン日比谷の「LEXUS MEETS…」にて)

今回は「速報編」として「ES300h」<プロトタイプ>のおおまかなポイントをまとめてみました。
マニアックな点は後日別途編集して記事にさせていただきたいと思います。

なお、「ワンダー速報」ドラヨスさんも記事をアップされています。あわせて参照いただければと思います。
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html


展示車は、ES300h ”F SPORT”。 
右ハンドル仕様のプロトタイプですが、かなりの仕上がりでしたので、ほぼこのまま市販されるものと思われます。
ボディカラーはF SPORT専用のホワイトノーヴァガラスフレーク。室内色は「フレアレッド」で従来の(海外仕様の)ESにはなかった鮮烈なカラーです。

th_DSC04145.jpg


正面から見ると、新型LSに見えてしまいますね!(隣にはLCがおいてありますが、ホワイトのLSがあれば比較でできて良かったのですが・・・)

th_DSC04292 2.jpg


ホイールは19インチの”F SPORT”専用ホイール。タイヤはダンロップの「SP SPORT MAXX」を装着していました。
(レクサスにはよく採用される銘柄で万能選手ですね!)
動力性能には見合っていると思いますが、ローター&キャリパーは少しさみしい感じです。

th_DSC04171.jpg


「3眼フルLEDヘッドランプ」を装着していて、精悍でした。まさにLSライク!
フロントウィンカーは海外動画とは異なり、シーケンシャルタイプ(流れる)が採用されていました。しかし、新型クラウンと同様、少しLEDのつぶつぶ感があるタイプです。


■点灯動画を撮影してきましたので参考にしてください。

[動画 youtube ES300h フロントウィンカー点灯状態]




期待以上だったのが、L字のクリアランスランプです。非点灯時は乳白色っぽくなっており、LSやLCの光り方に結構近く、かなり綺麗に光ります。上下2段式アダプティブハイビームシステムを搭載していることもあり、コストをかけている印象でとても見栄えが良いです。

th_DSC04205.jpg


テールランプは、安心できる形状!現行レクサスでは一番オーソドックスかつ無難なデザインですが、上質感あります。
”F SPORT”のため、リヤスポイラーが装備されているのがいい感じですね!
なお、既報どおり、リアウィンカーはその場所柄、シーケンシャルタイプではありません。(流れません)

th_DSC04197.jpg


■点灯動画を撮影してきました(短い・・・)
[動画 youtube ES300h リヤウィンカー点灯状態]




真後ろから見ると・・・マフラーが見えません!
腰高感は多少ありますが、結構スッキリしたデザインですね。
なお、中央にカメラがありますが、バックカメラと、デジタルインナーミラーのカメラの2種類設置されています。

th_DSC04281.jpg


さて室内ですが、「フレアレッド」の内装はなかなか刺激的です。(従来は「F」モデル用でしたし)
ブラックメッキで加飾されたシート調整スイッチ、本アルミインテリアパネル、ステンレススカッフプレートなど所々のアクセントがいい味出していて、パッと見た感じはなかなかの品質感です。
全般的に、新型クラウン以上の高品質感が確保されていることが確認できました。「GS」クラスからの乗り換えでもそれほどグレードダウンした感はありません。よく出来ていると思います。

th_DSC04262.jpg


助手席側もちゃんと「8way」のパワーシートが備わっているところが、レクサスらしいですね。
(新型クラウンでも助手席は「4way」のパワーシートしか備わりません)

th_DSC04229.jpg

足元は見栄えの良いアルミペダルを装備。アクセルは、オルガン式。
省略されがちなフットレストもアルミタイプがあしらわれています。
足元照明のLEDのイルミもバッチリ点灯していました。

th_DSC04265.jpg


運転席ドアトリムは、下部が硬質なハード樹脂ですが、それ以外はしっかりソフトパッドまたはL-tex(合成皮革)で包まれており、質感を確保しています。特に肘を乗せることもあるドアトリムはうまく出来ていると思います。

インナードアハンドル(ドアノブ)の塗装も「LC・LSや」と同様の金属調塗装であり、手抜きなし。
ただ、パワーウィンドウスイッチ自体には、サテンメッキ等の加飾がないのは意外でした。(プロトタイプだから変更されるかも?)
ここは市販バージョンで確認したいところ。(結構見栄えに影響します)
ポジションメモリースイッチはちょっと目立つタイプですね〜 
このあたり、欧州車のようにももう少し目立たない位置にできないものでしょうか。

th_DSC04264.jpg


ドライブモードセレクトスイッチは、UXと同様、樹脂仕上げで、LC・LSのような「ガンメタ塗装」ではありませんでした。
ここは差をつけてきましたね。ただ、操作性には問題ありません。
しかし「マークレビンソン・スピーカーパネル」は見栄えいいですね〜。ESはマクレビ、つけましょう!

th_DSC04244.jpg


オーディオパネルにうまく、シート空調関係のスイッチが埋め込まれています。(効率よく配置されていますね!)
「マークレビンソン」のロゴがここに入りますが、特別パネル自体に加飾が加わるわけではないようです。
他ブランドでは徐々に物理的なメディアスロットが廃止されていますが、レクサスESでは、CD/biu-rayスロットも残したまま。もちろんSDカードスロットも備えています。

th_DSC04240.jpg


運転席に座った感じはかなりしっくりしました。ステアリングのパンチングレザーの感じも良いですし、ステアリングスイッチ類もLSのようにヘアライン加工がしてあり、指紋が目立たないタイプ。よく出来ていると思います。
”F SPORT”用のアナログクロックがかなり綺麗でカッコいいですよ!

ナビ/オーディオ周りの仕上げも上々。インストルメントパネル周りのデザインは「RX」や「カムリ」ライクですが、素材をうまく使い分けていて安っぽさがありません。(ハード樹脂はところどころありますが、うまく手・体が触れない部分に限定しています)

th_DSC04219.jpg


さて、ご検討者の方からしばしばご質問をいただく、”F SPORT”の「L-tex」シートですが、見栄えはご覧のとおりとても良いです!
そして気になる質感ですが、NXやCTの「L-tex」とは違い、ちゃんと「厚み」があり、ツルツル感も相当押さえられているので、本革に近い風合いとなっていますのでご安心ください!(ただ、リヤ席に関しては少し滑る感じがありました)
質感自体は「RC」や「IS」の「L-texシート」と同等と考えて良いと思います。
なお、匂いなどは個人差があるので、気になる方はご確認されたほうが良いと思います。(当然、本革の匂いはしません)

th_DSC04306.jpg


言われなければ「本革」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
(このあとレクサスの本革シートorセミアニリン本革装着車と比べるとたしかに違いはありますが・・・)
それにしても、ESにも結構フレアレッドが似合うのは新発見でした。ドアトリムもいい感じでL-texが巻かれていますね!

th_DSC04226.jpg


さて、リヤ席ですが、LSと同等以上のカップルディスタンスですので、とにかく広い!!
ただ、頭上はそれほどのクリアランスはありませんので背が高い方などは要チェックです!
FFですが、なぜか中央には少し小高いセンタートンネルがあります・・・(FR系よりは低い)

th_DSC04297.jpg


実際座ってみましたが、かなりゆったりしてます!
つま先も余裕でシート下に入りますし、そもそも膝前のスペースが広い(笑)
そして、フロントシート下にLED照明が仕込まれているので、足元もほんのり照らされていますね。

th_DSC04228.jpg


「2.1A」対応のUSB端子、上質なドリンクホルダーもあるので、後席もゆったりできますよ。
FFなのにセンタートンネルがあるのは少し残念ですが・・・今度の派生車種展開が予想される?(剛性強化? AWD? ES350?)

th_DSC04223.jpg



成人男性でもゆったり座れますね!”F SPORT”のセンターアームレストも結構仕上がりがよかったので、”version.L”の方は期待して良さそうです。また、リヤ席にもスカッフプレートは備わります。ただし、LEXUSロゴは入っていませんでした。

th_DSC04189.jpg



リヤのドアトリムもフロントと同様の出来栄えで、マークレビンソンのスピーカーパネルを備え、本アルミのインテリアパネルもあります。
もちろんLSとは質感は違いますが、値段なりによく出来ていると感じました。

th_DSC04215.jpg


室内の装備や質感に関しては概ね好印象ですが、残念だったのは、「天井、ピラー、バイザー」等の素材が今一つであったこと。
これはNXやCTのような目の荒い素材が使われており、(プレミアムクラスの輸入車でも同様ですが)ここは残念なところです。
市販品では改善されていればいいのですが・・・
(写真で見ても「素材の目の荒さ」わかると思います)

th_DSC04159.jpg


「サンルーフ」については非常に珍しく「全車標準装備」されますが、最近主流の「アウタースライド式」ではなく、室内ルーフ内にガラスがスライドして格納される形式なのでオープン時もスッキリしています。風切り音にはこちらのほうが有効でしょうね。
なお、現時点では日本仕様に「パノラマルーフ」の設定はないようです。

th_DSC04257.jpg


トランクは広いですね!後部座席下に小型化されたハイブリッドバッテリーが移設されたおかげと言えます。(なお、トランク上部のトリムはしっかり設置されていたのでご安心を!(海外動画では鉄板むき出しだった))
なお、キックオープン式の「パワートランクリッド」が装備されていました。

th_DSC04174.jpg


さて、取り急ぎ「速報編」としてアップさせていただきました!!
ESにご興味のある方はぜひご確認をおすすめします!私的には静的質感はとても好印象でした。

最近のレクサスは子育て世代や若者世代に向けた車やスポーティな路線の車が多かったように思いますが、今回のESは結構ご年配の方が多数来店されて、じっくりチェックされていたのがとても印象的でした。やはり「王道のセダン」の需要はまだまだあるのだなと感じました。
またそうやって歴代クルマを乗られてきた諸先輩方がレクサス「ES」に注目されているのは嬉しくも感じました。

th_DSC04167.jpg


今回のプロトタイプを見る限り、「ES300h」は、(ボディの大きさ、小回りの効かなさは如何ともしがたいですが)内外装ともに、これまでセダンを乗り継いで来られた方にも十分訴求力のある商品力を持っているのではと感じました。
「燃費が良く、乗り心地もよい。万全な安全装備、過剰なパワーは不要、ゆったりとした上質な空間・・・」ツボにハマる方も多いのでは?

th_DSC04254.jpg


・各販売店でのオーダ受付は9月12日ごろからのようです。(一般顧客むけの生産は12月以降の模様、年内納車はかなり少数?)

・販売店によりスケジュールが異なると思いますので詳細は各販売店でご確認ください。

2018年08月25日

新型LEXUS ES300h 国内展示決定! 価格も決定か?

さて、以前記事にしましたが、国内レクサスとしては初登場となる「ES(ES300h)」の国内初お披露目が9月1日(土)〜9月2日(日)に決定したと公式web( https://lexus.jp/cp/cafe_drive/ )で公開されました。


ESだけではなく、新型「UX」の日程も公表されていますが、「ES」に関しては一足速い公開となります。

x18-06-15-lexus-es-300h-driving.jpg.pagespeed.ic.WxW1AKQgH6.jpg



日程は以下のとおりで、現在は東京エリアのみ公開。
NXやRXのときのように全国主要都市でのお披露目もあると思われます。
当方も全会場でチェックしてくる予定ですので、遠方でご覧になれない方の参考になればと思います。
ESの展示仕様が判明次第レポートしたいと思います。

スクリーンショット 2018-08-27 19.11.52.png

[追記]「UX」の展示が9月23日(日)〜9月24日(月・祝)に変更されています。
また、その後の六本木ヒルズでの展示も10月1日(月)〜10月8日(月・祝)に変更されています。


さて、「ES300h」に関してはすでに車両本体価格、主要メーカーオプションが決定したとの情報をいただきました。
今回は「暫定版」として、車両本体価格について情報共有させていただきます。


ES300h ”標準”

 予定価格・・・5,800,000円 (8%税込)
 
スクリーンショット 2018-08-25 3.32.05.png

<コメント>
予想は、「550万前後」でしたが、だいぶ外れてしまいました(汗
2012年以降のレクサス(いわゆる第2世代レクサス)では、各車”標準”グレードは廉価版的なイメージが強く、大多数の方が”F SPORT”や”version.L、(一部車種では”IPackage”)を選択されていたようですが、「ES300h」に関しては”標準”グレードでも従来のレクサス車での”IPackage”的な装備が織り込まれていることから、”標準”グレードに好みのメーカーオプションを装備、というのは良いと思います。
3眼フルLEDヘッドランプもMOPとして装備可能ですし、注目のスイングバルブショックアブソーバーやアクティブコーナリングアシストも標準装備。

同じレクサスでは「IS300h version.L」とほぼ同価格となります。
また、「GS300h "I Package" 」が6,560,000円ですので、ESは「約76万円」安い計算です。
トヨタブランドの「新型クラウン 2.5LHV ”G”」が5,621,400円ですので、これより「約18万円」高い計算です。クラウンは更に値引きがあるのでコストパフォーマンス比べると分が悪そうですが、乗り心地・静粛性などはぜひ比較してみたいところです。


ES300h ”F SPORT”

 予定価格・・・6,290,000円 (8%税込)


スクリーンショット 2018-08-25 3.32.36.png

<コメント>
こちらはほぼ想定通りの価格帯でした。適正価格と言えます。
減衰力可変サスペンション「AVS」が装着される唯一のグレードとなります。
従来のレクサス車と異なり、本革シートへのアップグレードがなく、「L-tex」シートのみとなることには注意。ただし、ISやRCで採用されているような本革に近い質感の「L-tex」を採用しているようです。(NXやCTとは異なる模様)

同じレクサスでは高出力3.5LNAエンジンを搭載する、「IS350 ”F SPORT”」とほぼ同価格となります。
また、「GS300h ”F SPORT”」が6,993,000円ですので、ESは約「70万円」安い計算です。
トヨタブランドの「新型クラウン 2.5LHV ”G”」が5,799,600円ですので、これより「約50万円」高い計算です。


■ES300h ”version.L"

 予定価格・・・6,980,000円 (8%税込)

スクリーンショット 2018-08-25 3.32.22.png


<コメント>
こちらもほぼ想定通りの価格でした。現在のレクサスヒエラルキーではここしかない価格帯。
駆動方式が「FF」セダンとしては高価な印象ですが、装備を考慮すると価格アップ幅は妥当と思われます。
注目の「デジタルアウターミラー」の設定や「乗り心地がよく、静粛性が相当高く、4座ともゆったり」というかつてのレクサス像を受け継いただとも言える、”version.L”の人気が高くなりそうです。
「セミアニリン本革」を備える唯一のグレードで、後席居住性を強化。マッサージ機能はないものの、新型LSと比べても遜色ない居住性・快適性・静粛性を確保している模様。

 同じレクサスでは「GS300h ”version.L”」の7,171,000円より「約19万円」安い計算ですが、後席居住性はESに軍配が上がりそうです。
トヨタブランドでは直接比較できる同系統の車種が同価格帯には存在せず、「新型クラウン 3.5L"マルチステージハイブリッド"ー"G Executive"」が7,187,400円ですので、これより「約20.7万円」安い計算です。
 なお、新型カムリ ”Gレザーパッケージ”が4,260,600円ですので、これよりなんと「約270万円」高い計算となりますが・・・もちろん装備差はあるもののプラットフォーム、パワートレーンがほぼ同一ということもあり、各メディアやSNS等では賛否両論ありそうです。

 なお、注目のデジタルアウターミラーは、「20万円+税」の216,000円とのこと。

 これに見合う価値があるかは実車確認が必要になります。電子ドアミラーのデバイスは次第に価格も下がり、性能も向上していく過渡期の機能と思いますが、話題になることは間違いありません。

 Audi・メルセデスも近々電子ドアミラー(デジタルアウターミラー)を備える次世代電動車を発表する予定とのことですが、実際にユーザーの手元に届く車両としてはES300h”version.L”のデジタルアウターミラー装着車が一番速いと想定されます。

それにしても、約1週間後の展示が待ち遠しいですね!
ボディカラーは「ホワイト」の予感がします・・・・

2018年08月12日

新型UXとES体験会募集開始 & 新型ES 国内展示予定? 

公式サイトにて、「LEXUS DRIVING EXPERIENCE TOUR 2017」(いわゆるレクサス車体験試乗会)の開催案内が!!

https://lexus.jp/cp/ldx2018/

毎年、関東と関西(今回は中部はなし)で開催されている体験試乗会で、以下の日程で行われるとのこと。

@大磯ロングビーチ特設会場【開催日程:2018年10月19日(金)・20日(土)】
A泉大津フェニックス特設会場【開催日程:2018年11月3日(土)・4日(日)】


スクリーンショット 2018-08-11 13.14.13.png


前回は新型LS発売後の12月頃に開催されていましたから、約1年ぶりですね。
関東エリアに関しては、新型「ES」と「UX」という、発売前のモデルを体感(試乗?)できる貴重なチャンスですね!

なお、応募は上記公式webから。当選人数は160組とのことですから、関東エリアで80組、2日間の開催でそれぞれ午前、午後の部があることから各回20組の計算ですので、かなり狭き門です。


ちなみに、前回は結構近隣だったのでたまたま通りかかったのですが、参加者の方のお車はほとんどが「輸入車」(高級車比率高し!)でした。レクサスを含む国産車はほんの数台・・・。完全なオープン抽選ではなく、一定の「枠」があるのでしょうね。
私も当選して、参加したことはあるのですが、そのときは「audi A7」に乗っている時でした。

th_IMG_9773.jpg


・・・ということで、既存のレクサスオーナーさんの当選倍率はかなり低いことが想定されますが、今回はES、UXもお披露目とのことですから既存オーナーの方の参加枠も増やして欲しいですねぇ。
応募締切は9月2日までとのことです。


th_IMG_9770.jpg


さて、とても気になる今後のレクサス新型車「ES」と「UX」ですが、ついに国内の展示が決まったとの噂が!

現時点ではあくまで噂ベースですが、まず「ES(ES300h)」に関しては、「9月1日(土)〜9月2日(日)」頃には、東京都心部に今春オープンした某都市型商業施設のレクサスショールームに展示されるとか。

※正式アナウンスあり次第レポートしたいと思います。
 おそらく名古屋エリアでも展示があるものと思います。

(あくまでイメージです)

th_IMG_0692.jpg


「UX」(UX200/UX200h)に関してはその1ヶ月後、9月末頃に、東京世田谷区の人気商業施設に・・・

(あくまでイメージです)
th_IMG_1259.jpg


またESに関し、今後のスケジュールに関する貴重な情報提供をいただきました。
当方も調査の結果、「ES」に関しては従来のレクサス車とは異なるスケジュールでオーダーが行われるようです。

レクサス車の新型車は「9月〜10月」前後に発売するケースが結構多いのですが、通常、その2ヶほど前には販売店からメーカーへ初回オーダーを行っているようです。(お盆前後には初回のオーダーを行い、その方たちには発売日から比較的早い段階で納車が行われます。)

しかし、今回のESはメーカーへの正式オーダー開始が、10月24日(予定)の「車両発表後」になるとのこと。
(なんと、「UX(UX250h/UX200)」の初回オーダーのほうが先に行われます!)

これは、例の「デジタルアウターミラー」が関係しているようです。
デジタルアウターミラーを検討している方には必ず「実車」にて確認後発注してもらう仕様になっているとのことで、デジタルアウターミラー検討者の方の納期が遅延しないように、オーダー時期を車両発売後にしたものと推定されます。

また、8月中には価格が確定し、販売店に伝えられるようですが、一般オーナー向けの生産は「12月」に入ってから行われるとのことですのでほとんどの方の納車は年明け1月以降になる模様。(なお、国内の展示車・試乗車向け生産は10月に入ってから行われるようです。)

しかし、工場的な生産が逼迫している九州・宮田工場の生産状況が心配です。
(2017年初夏にマイナーチェンジした「NX(NX300,NX300h)」は1年経過後の今でも、3.5〜4ヶ月以上の納期待ちとなっている、異例の状態に・・・)
https://lexus.jp/news/info/


ESをご検討の方はまず、国内の実車展示を待ち、その後販売店と具体的なバージョン、メーカーオプションの決定をして、販売会社内での予約リストに名を連ねて、ES正式発表後に正式オーダー(11月初旬頃)、という流れになりそうです。

スクリーンショット 2018-08-11 13.48.46.png

2018年08月02日

レクサスES(ES300h)の基本スペックを整理してみる!

さていよいよ8月も目前ですね!

さて、レクサスES(ES300h)に関してはそろそろ本格的な商談がスタートとなる見込みですが、多くのレクサス販売店はお盆時期に1週間程度の夏季休暇を取得しますので、本格的な商談はお盆明けでしょうか?


Lexus-ES-2019-1600-0c.jpg


web/SNS上にもいろいろな情報が出回っていますが、結構古い内容のものも多いようなので、いったん基本スペックを整理してみたいと思います。正式なプレカタログは「9月初旬」に販売店に出回るとのことですが、それまでは商談時に閲覧できる社内資料をもとに商談が行われると思われます。

以下の内容は出回っている情報やいただいた情報をもとに当方でまとめたものであり、概ね情報の正確性は確保しているつもりですが、正式なものではありませんのでご参考程度に・・・


■ボディサイズ

 全長×全幅×全高=4975×1865×1445mm 
 ホイールベース=2870mm
 
 全幅は一般的な機械式駐車場の制限1850mmを超えるため注意が必要。
 全長は新型クラウンより「65mm」長く、GSより「95mm」長く、カムリより「90mm」長い
 ホイールベースも新型カムリより「45mm」拡大している。

x18-06-06-lexus-es-side-profile.jpg.pagespeed.ic.QR29HQ6U-t.jpg


■車両重量

 「ES」は、フロントフェンダーやボンネットをアルミニウムとし、軽量化を図っていますが、装備が強化されていることやムーンルーフが全車標準ということもありFFセダンとしては重量が重くなっています。

 ”標準”   …1690kg
   →新型カムリ”G"にムーンルーフ相当(約20kg)を装着した場合、1590kgとなりますので、それに比べ約「100kg」重い。
 
 ”F SPORT”…1730kg
   →GS300h ”F SPORT”に、ムーンルーフ(約20kg)を装着した場合、1780kgとなりますので、それに比べ約「50kg」軽い。
   →新型クラウン”RS Advance"に、ムーンルーフ(約10kg)、レザーシートP(約10kg)を装着した場合、1790kgとなりますので、それに比べ約「60kg」軽い。

 ”version.L”…1740kg  →新型クラウンG
   →GS300h ”version.L”に、ムーンルーフ(約20kg)を装着した場合、1790kgとなりますので、それに比べ約「50kg」軽い。
   →新型クラウン”G”に、ムーンルーフ(約10kg)、レザーシートP(約10kg)、電動リヤサンシェード(約10kg)、リヤサポートP(約20kg)を装着した場合、1800kgとなりますので、それに比べ約「60kg」軽い。


■パワー
 
 以下の通り、エンジン/モーターともに、新型カムリと同等。(エンジン型式も「A25A-FXS」で同等)
 クラウンやGS等、FR系と比べると「モータートルク」が大幅に押さえられています。
 ただし、システム最高出力はカムリの211psから「218ps」に上昇しており、セッティングが異なると思われる。
 (もっとも、重量がカムリより100kg程度重いので実際は体感はできない?)
 
 システム出力  約218ps(約160kw)
 エンジン出力  約178ps(約131kw)
 エンジントルク 約221N・m /22.5Kgf・m
 モーター出力  約120ps(約88kw)
 モータートルク 約202N・m /20.6Kgf・m


■燃費
 
 数値的には思ったより良くありませんが新型カムリから推定すると、実燃費はかなり改善していると想定されます。

 JC08モード燃費で「23.2km/L」

 カムリ”G”が「28.4km/L」、新型クラウンが「23.4km/L」と新世代の中では数値的には不利になっている。
 GS300hは「21.4km/L〜23.2km/L」のため若干改善している模様。


■最小回転半径

 大型のFFセダンということで最小回転半径の大きさがネック。
 場合によっては納車前の駐車可否の確認が必要なサイズです。
 

 ”version.L”および”F SPORT”…5.9m
 ”標準”…5.8m

 新型カムリが「5.7m」(18インチ装着車は5.9m)、新型クラウンが「5.3m」(18インチ装着車は5.5m)、GSが「5.3m」と比べるとFR系との違いは大きいですね。


■燃料タンク容量

 50L

 新型カムリと同等。FR系の新型クラウンやGSは「66L」のため、少し少ない印象。燃料はレギュラー。


■ハイブリッドバッテリー

 「ニッケル水素」を採用。

 新型カムリは軽量な「リチウムイオン」を採用。(重量差の一部はバッテリーの重さによるものと思われる)

 新型クラウンは「ニッケル水素」を採用など、車種により異なる。
 ただし、ニッケル水素も新世代の軽量化されたものが使用されているとのこと。

x18-06-06-lexus-es-hybrid-battery.jpg.pagespeed.ic.yOKW61Nm1d-2.jpg

■ボディ構造

 新プラットフォーム、「GA-K」を採用。
 ボンネットとフェンダーをアルミニウムに置換し、軽量化。ハイブリッドバッテリーはリヤシート下に配置し重心の低下を図っている。
 x18-06-06-lexus-es-light-weight.jpg.pagespeed.ic.u8a0_zODwC-2.jpg

 
■グレード

 ”標準”、”F SPORT”、”version.L”の3グレード。


■ボディカラー
  
 新色2色が設定。しかし”F SPORT”では選択不能。
 「アイスエクリュマイカメタリック」、「サンライトグリーンマイカメタリック」

th_スクリーンショット 2018-05-25 20.01.20.jpg

 グレー系は従来からある「マーキュリーグレーマイカ」を採用。
 レッド系は従来からある「レッドマイカクリスタルシャイン」を採用。
 有償色オプションとしては「ヒートブルーコントラストレイヤリング」(”F SPORT”専用)を採用

x18-06-06-lexus-es-colors.jpg.pagespeed.ic.c-i-IxaLoo.jpg


■インテリアカラー

 ”標準”、”version.L”では全4色を設定
 (ブラック、シャトー、トパーズブラウン、リッチクリームと、ほぼ「GS」を踏襲)

 ”標準”のシート表皮は合成皮革の「L-tex」(ISやRCのように厚みのある滑りにくい「L-tex」を使用している模様
 "versiopn.L”は、セミアニリン本革を採用。

 ”F SPORT”ではブラック、フレアレッドの全2色を設定。
 シート素材は「L-tex」

 インテリアパネルは、縞杢が2タイプ、バンブー、刃取アルミパネルを採用。

 x18-06-05-lexus-es-trim-options.jpg.pagespeed.ic.1RSPmCjjHa.jpg


■新装備

 ・現時点で世界初採用の可能性が高い、「デジタルアウターミラー」をversion.Lにメーカーオプション。

Lexus-LF-1_Limitless_Concept-2018-1600-36.jpg


 ・新機構サスペンション「スイングバルブショックアブソーバー」を”標準”、”version.L”に採用

 x18-06-06-lexus-es-dynamic-control-shocks.jpg.pagespeed.ic.ZW4PYAR7eN.jpg


 ・レクサス初、カーブ、コーナリングをスムーズにする「アクティブコーナリングアシスト」を全車に採用

  スバル車等、類似技術採用あり
  cp2_img602.jpg


ここ数年のレクサス車は派手でインパクトのある車種が多かったですが、レクサスESはまさに「質実剛健」という言葉が似合いそうです。
第1世代のレクサスにあったようなゆったりとした落ち着きのある乗り味になっているようで、スポーティ化が進んだ最近のレクサスFRセダンとは差別化できていると思います。実際に試乗された販売員の中での評価もかなり高いようです。

またいい意味で「FF臭さがない」というのは海外レポートでも言われており、アクティブコーナリングアシストとスイングバルブショックアブソーバがいい仕事をしているように思います。しっかりと足が動いているのに車内は比較的フラット、というのは従来のレクサス車が苦手としていた部分ですのでその点、実に楽しみです。

ただし、「パワーの伸びがない」、「エンジン音が味気ない」というのはトヨタ/レクサスのハイブリッドシステムとしては如何ともし難い所。
「新型カムリ」とパワートレーンは同じですので、新型カムリをレンタカーでじっくり乗って、様々なシチュエーションでエンジンフィールを事前に確かめることも必要と思います。

とにかく、FFセダンではなかなかない、コミコミ600-750万円レンジと推定される高価な買い物になると思われますので・・・

18-06-14-gallery-lexus-es-interior-8.jpg

2018年07月30日

レクサスES(ES300h) 北米で価格決定、日本価格を予想!

10月下旬に発表予定のレクサスの新型セダン、「ES300h」について、ひと足お先に北米で「ES300h」、「ES350」の価格が正式にアナウンスされました。

http://pressroom.toyota.com/releases/pricing+epa+mileage+figures+announced+for+all+new+seventh+generation+lexus+es+sedan.htm


Lexus-ES-2019-1600-0c.jpg


かねてから海外試乗動画では、「現行モデルとほぼ同額程度」と予想されていましたが、V6 3.5LNAエンジン搭載の「ES350」に関しては現行モデル+550ドル高の「39,500ドル」。また、2.5LHVモデルの「ES300h」に関しては現行モデルより▲510ドル安の「41,310ドル」に設定されました。”F SPORT”に関しては日本と異なり、パッケージオプションとなり、「4,535ドル」のようです。

日本では既報のとおり、「ES300h」のみの導入となり、”標準”、"F SPORT"、"version.L"の3グレードで展開されます。

-----------------------以下転載------------------------------
Entering its seventh generation, the all-new 2019 Lexus ES will go on sale in September with a base price of $39,500, a modest $550 increase over the outgoing model. The latest ES sedan delivers enhanced comfort, craftsmanship and luxury in one of the most competitive segments in the industry.

In addition to the ES 350, the ultra-efficient ES 300h will go on sale with a base price of $41,310, a notable $510 decrease compared to its predecessor. The new ES 300h not only costs less, it’s EPA mileage estimates of 43 mpg city, 45 mpg highway and 44 mpg combined make it the most fuel-efficient luxury vehicle without a plug.

A new addition to the lineup in 2019, the ES 350 F SPORT arrives with a base price of $44,035. It includes numerous upgrades like a retuned suspension, 19-inch wheels and tires and unique aluminum interior trim that gives the F SPORT a more dynamic look and feel.

All prices exclude a $1,025 fee for delivery, processing and handling.

-----------------------以上転載------------------------------


北米でのレクサス車の価格は為替レート(1S=110円前後)を考慮しても日本より大幅に安いことが知られていますが、そもそもライバルとされるジャーマン3などのラグジュアリーブランドの車両価格も非常に安く、必然的にこれらと競争力のある価格に設定されているようです。よって、日本仕様のレクサス車の車両価格とは必ずしもリンクしませんが、「ES」が既存のレクサス車の中で、どれぐらいの価格水準であるか調べてみました。


下図は、レクサス「ES300h」とおおむね同水準にある北米でのレクサス車の価格、右端は、日本でのレクサス車の車両価格です。(のんびりなまけにっき調べ)

「ES300h」標準仕様は、はおよそ42,000ドルですので、「IS300(2.0Lターボ)”F SPORT”」や「RC300 ”標準”」などと同等レベルの水準です。日本仕様ではおおむね「530万円前後」の水準に位置することがわかります。

今回初設定される「ES300h ”F SPORT”」に関してはおよそ47,000ドルですので、「IS350(3.5LNAエンジン)”F SPORT”」などと同等レベルの水準です。日本仕様ではおおむね「630万円前後」の水準となります。

スクリーンショット 2018-07-29 22.07.51.png

よって、北米価格から推測すると、日本仕様における「ES300”標準”」は「約530万円〜」に設定されると予想されます。
ただし日本仕様の「ES300”標準”」は、通常の標準グレードよりも「Ipackage」等の中間的な装備を備えていますので、実際はもう少し高価になることが想定されます。よって、「約530万円〜約560万円」、かねてから予想されていたとおり、「約550万円」という可能性はかなり高そうです。

「ES300h ”F SPORT”」に関しては、同様に「約630万円〜」に設定されると予想されます。
日本における”F SPORT”の価格は標準仕様+100万円というのはあり得る話ですので、「約630万円〜約660万円」。

逆にこのレンジを外れた場合は日本仕様は「割安」or「割高」と判断する材料となりますね。

Lexus-ES-2019-1600-1a.jpg

最上位の”version.L”に関しては、各国により仕様に差があるようです。
日本仕様は北米仕様よりも豪華な仕様になっており、リヤシートリクライニング、3席独立調整エアコンなどかなりの装備が標準仕様となっていることから、”F SPORT”よりも高価になると考えられます。(なお、デジタルアウタミラーはversion.Lにメーカーオプション)

とはいえ、「GS300h ”version.L”」の「7,160,000円」を超えることはありませんので、ES300h version.Lに関しては、「約700万円前後」と考えて良いでしょう。

それにしても北米での「3.5Lモデル(IS350)」の安さが際立ちます。日本のレクサスでは3.5Lは高価に設定されているのがよくわかりますね。
そのほか、「GS」シリーズに関しては北米ではISやESよりかなり高価に設定されているので日本の販売価格との差が縮まるのも面白い現象ですよね。


さて、ES300h、正式な価格はお盆前には確定していると思われ、先行受注もほどなくして開始されると思います。
「ES300h」をご検討される方はそろそろ販売店と接触しておくのが良いと思います。販売員も研修でESの試乗を済ませている方も増えているようですから様々なインプレッションが聞けると思います。

2018年07月21日

レクサスES300h、アダプティブハイビームシステムも更に進化!

レクサスの新型車「ES300h」に関しては「デジタルアウターミラー」に注目が集まっていますが、先進安全装備に関しても新技術が導入されているという噂です。


th_スクリーンショット 2018-07-20 19.58.57.jpg



夜間の視界確保に非常に有用な「アダプティブハイビームシステム[AHS]」は、「3眼フルLEDヘッドランプ」とセットで装備されると予想されますが、新型LSで採用された、「上下2段式アダプティブハイビームシステム[AHS]」がレクサスESにも採用見込みです。


スクリーンショット 2018-07-20 19.40.52.png


2018年7月現在、レクサス/トヨタ陣営では、「上下2段式AHS」を備える車種は新型「LS」のみであり、「ES」(ES300h)が採用2例目となる見込みで、新型LSと同様、「片側24個」のLEDを制御し、かなりきめ細かいライトの点灯/消灯が可能になるようです。

また、ESのAHSには、更に新機能が追加され、「雨天時モード」も追加されるとか・・・
これはおそらく雨天時にライトの方向を変更させ、より視界を確保するものと考えられます。(フォグランプのように路面近くを照らすなど)

マツダ車やジャーマン3などの輸入車勢はトヨタ/レクサス陣営が採用する「AHS」を更に進化させ、速度や走行シチュエーションによりヘッドライトの照射範囲を変更させるシステムを導入しているケースも多いですが、レクサスESに採用されるものは、「雨」に対応した類似システムといえるのではないでしょうか。

スクリーンショット 2018-07-20 19.53.05.png


雨天時には路面の起伏等(アンジュレーション)が分かりづらくフォグランプを点灯する方も多いと思いますが、LEDヘッドライト装着車ではフォグランプが廃止されている車種も増えており、それに対する対応ともいえそうです。

その他、低速度でカーブをする際に夜間や雨天時に進行方向の路面を照らすことで視界を確保する「コーナリングLEDランプ」も採用になると思われ、レクサスESには様々なシチュエーションで安全に運転できる装備が備わっていると思われます。

img_26-4.jpg

もっともメルセデス・ベンツなどは「片側84個」のLEDを制御する「第二世代マルチビームLEDヘッドライト」を備え、650m先まで照らすウルトラハイビームを搭載するなど、さらなる高性能を誇っています。

スクリーンショット 2018-07-20 20.15.01.png

BMWも7シリーズ等ですでにレーザーライトを実用化しており、こちらも約600m先まで照らし、そのライトのデザインも個性的です。

38ba17c6ba778b1d53d94a11cb059eb2.jpg


なお、11月下旬に発表されるとされる「UX」に関しては、2段式ではない「AHS」が設定される見込みです。
とはいえ、従来のレクサスヒエラルキーでは「UX」クラスでは単なる「ロー/ハイ」切り替えの「オートマチックハイビーム」のみの採用でもおかしくありません。UXはNXと同様非常にコストパフォーマンスのよい車種と思います。

Lexus-UX-2019-1600-4c.jpg

2018年07月17日

新型ES 世界初?「デジタルアウターミラー」は発売後でないと選べない?


新型ES(ES300h)に関しては一部販売店スタッフによる試乗会がすでに実施されているようです。
最近のレクサス車はRCF・GSFなどの「Fモデル」や「LC」の開発など、従来不足していた「感能性能」に加え、基本的な走行性能を徐々に高めるとともに、「スポーティ寄り」になっていた感がありますが、今回の新型ESではその方向性を少し見直すような設定・仕様になっているところには注目です。


lexus-es_180610_05.jpg


サーキットのような路面状態がよい場所でも。「ES」の足回りの良さは体感できるようです。
海外レポートでも注目されているのは、"F SPORT”以外に装着される、新装備「スイングバルブショックアブソーバー」の乗り心地。
従来のレクサス車と比べ、段差や路面状態が悪い部分を走行した際のゆすられ感が相当に低減しているようで、サスペンションはしっかり動いているが上物のボディのゆすられ感がかなり低減しているとのことで、この快適性はメルセデス・ベンツの主要モデルと比べても遜色ないレベルに達している模様。ぜひ体感してみたいものです。

今回のESは、新プラットフォーム(GA-K)を使用しつつ、かつてのレクサスが得意としていた「優雅さ」「優しさ」など、ラグジュアリー感や居住性の良さ等を重視した作りになっているようで、第3世代レクサスの新たなスタンダードとしても独特のポジションを確立したモデルなのかもしれません。


優しい乗り心地とともに注目されているのが、「後席の居住性」ですが、前席と後席ヒップポイントの差(カップルディスタンス)は1000mmを超え、ライバルの同クラスの欧州車を凌駕(もちろん新型クラウンより広い)、レクサスLS500hの1080mmに迫るレベル。ただし、「高さ」はそれほど余裕がないので、ここは実車でチェックしたいポイントです。


18-06-20-gallery-lexus-es-interior-flaxen-brown-17.jpg


さて、量産車世界初といわれる電子ドアミラー「デジタルアウターミラー」についてはやはり相当な慣れが必要なようです。
「あるべきところ」にミラーがないのは、数時間程度の試乗では到底慣れない模様。

また室内側のモニターの大きさも5インチ程度ですのでサイズ的な問題の他、特に夜間、後方からハイビームが照射された際、カメラが一瞬「真っ白」になってしまうなど電子カメラならではの欠点もあるようです。

そのため、「デジタルアウターミラー」をメーカーオプションで選択した場合、レクサスの新型車では初めて、「実車確認後」(発売後)に正式発注が行われる方式となっている模様。(納期待ちが長期にならないような配慮はされているようです)
しっかり「メリット」・「デメリット」など、電子ドアミラーの特性を理解した上で販売するような体制になっているようで安心しましたが、外付け感が強い室内モニターの存在といい、積極的に選択するのは躊躇するかもしれませんね。
なお、私であれば、実際に見えるモニターの解像度を見て判断すると思います。現状のデジタルインナーミラー(電子ルームミラー)程度であれば見送りですかね。

Lexus-LF-1_Limitless_Concept-2018-1600-37.jpg


なお、万一の故障時は物理的なドアミラーが存在しないことになりますので、そのため、モニターやカメラ等のシステムが壊れたことがわかるように、画面がブルーになるようですね。



デジタルアウターミラーの室内側モニターのイメージ画像は、ワンダー速報さんでイメージ画像を作成されているので参考になります。
運転席/助手席側のAピラーの付け根に、大型のレーダー探知機を設置しているイメージです。
これにより定番の場所へレーダー探知機の設置は困難になっています。(天井吊りですかね〜)

■ワンダー速報
 レクサス新型ESの最新情報まとめです!
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2373.html



さて、内装カラーに関してですが、以前の記事ではF SPORTでは「2種類」、それ以外(標準、version.L)では「3種類」を紹介していましたが、日本仕様ではプレスリリース画像にも掲載されていたものが加わり、4種類あることが判明。


■レクサス 新型ES(ES300h)内装カラーのバリエーションは?
http://www.namaxchang.com/article/460032549.html?1531660357


日本仕様で加わるのは、新型RX以降のモデルで新設定された、「リッチクリーム」。
レクサスJPのホームページでも公開されているカラーリングで、トパーズブラウンと同様ダッシュボードの色が変更されます。

・リッチクリーム
・トパーズブラウン
・ブラック
・シャトー

マニアックですが大変シックな、グレー系の「シャトー」が残るのは嬉しいところ。
一方、LC等で採用され、その後新型NXでも採用された「オーカー」は不採用で、定番の「トパーズブラウン」が採用されています。

Lexus-GS-350-shown-with-flaxen-leather-interior-trim-gallery-overlay-1204x677-LEX-GSG-MY16-0222.jpg


なお、インテリアパネルは、標準仕様に加え、縞杢が2種類(ブラック、ブラウン)、バンブーが選択可能。

x18-06-05-lexus-es-trim-options.jpg.pagespeed.ic.1RSPmCjjHa.jpg


”F SPORT”に関しては、「ブラック」と「フレアレッド」の2色。
他車種で採用が進む「ホワイト」や、従来の”F SPORT”定番カラーの「ダークローズ」は消滅しています。

Lexus-ES-2019-1600-25.jpg


装備面を考えると、今回のESは”version.L”がとにかく「一押し」のようです。
目玉の「デジタルアウターミラー」の他にも、「3席(後席)独立調整エアコン」、「助手席シートポジションメモリ」(ランバーサポート付)、「運転席クッション長可変シート」、「ノイズリダクションホイール」、「後席リクライニングシート」、「後席シートヒーター」、「電動リヤサンシェード・リヤドアサンシェード(マニュアル式)」など”version.L”専用装備がかなりあるようですし、いずれも快適性をさらに確保するものであり、大人4人+αが快適に移動できるツールとしてもESは活躍することでしょう。

2018年07月08日

レクサスES 「ムーンルーフ」の仕様はどうなる?

レクサスESに関しては、日本仕様のプレカタログ配布が9月に入ってからのようで、正式な画像公開はその日まで待たねばなりませんが、検討者の方で関心があると思われる、「ムーンルーフの仕様」に考察してみたいと思います。

「ES300h」(海外ではES350等もあり)の一般的なムーンルーフはご覧のとおり。日本でも見慣れたムーンルーフで違和感はありませんが、SUVタイプに多い「パノラマタイプ」と比べると開放感は劣りますね。


Lexus-ES-2019-1600-40.jpg



”F SPORT”では、ピラーやルーフもブラック素材が使用されますので、ムーンルーフがあるだけでずいぶん印象が異なります。

th_スクリーンショット 2018-05-28 21.18.57.jpg


新型ESでは、通常の「ムーンルーフ」の他に、「パノラミックルーフ(ツインルーフ)」が設定されていることが公開された動画等から判明しており、北米では「Panoramic sunroof」としてオプション設定あり。
「パノラミックルーフ」は、ツイン仕様となっており、前部分は電動開閉式。(アウタースライド式)、後ろ部分は固定式となっているようですが、大変開放感がある仕様です。


まずは先般コメントでいただいた動画で再度確認してみたいと思います。

パノラミックルーフ装着車の動画

▼(youtube)Compared: 2019 Lexus ES vs F-Sport vs Hybrid Review




「6:00〜」前後からパノラマルーフのシェードを電動で開くシーンが。これはいいですねぇ〜!
日本仕様では全グレード「ムーンルーフ標準装備」のようですが、特段の補足もないことからパノラミックタイプではないようです。

一方、北米仕様はムーンルーフが「標準装備」、オプションでパノラミックルーフなのかもしれません。
そうなると日本仕様でもムーンルーフが標準、というのは合点がいきますね。

スクリーンショット 2018-07-08 1.52.11.png


動画では必ずその走行性能やのり心地、静粛性についても触れられますが、「ES300h」のインプレッションは概ね良好のようです。ただし、”F SPORT”の設定とスポーティな外装に変更されたことにより、どうしてもスポーティなサウンドについて期待されるようで、ハイブリッドモデルの「300h」の直4サウンドに関してはやはり評判がよくないようです。速度域が高い海外ではやはり気になるのでしょうね。


▼(youtube)2019 Lexus ES: First Drive – Cars.com



「3:50秒〜」から直4サウンドノイズに言及。確かにスポーティな外装には似合わないサウンドですが、カムリと同じですね。これはやむを得ないのではと思いますが、「ES350」と比べるとたしかに全然違いますね。

また、後半はマルチメディアシステム&リモートタッチパッドの使いにくさに言及しています。
私はまったく問題なくむしろマウス型より使いやすいと思いますが、国内外問わず、モータージャーナリストでのこのシステムの評判は悪いです。ブラインド操作ができないのはまさにそのとおりですし、オーディオ再生時のフォルダ/プレイリスト切り替えなどのしづらさは改善すべき点と思います。これがApple Carplay等に対応することにより更に際立つ、ということなのでしょう。

th_スクリーンショット 2018-07-08 9.44.39.jpg


なお、上記動画では、通常のムーンルーフ装着車のようです。パノラミックタイプの方が開放感ありますね。

スクリーンショット 2018-07-08 2.20.36.png

なお、海外動画では今のところ、「デジタルアウターミラー」(電子ドアミラー)については一切言及がありません。
各国の法規制上の問題もありますので、まずは日本仕様先行採用なのでしょうか。これは本当に話題になりそうです。

Lexus-UX_Concept-2016-1600-11.jpg

2018年06月17日

レクサス 新型ES(ES300h)内装カラーのバリエーションは?


新型ES(ES300h)に関しては、概ね海外仕様が明らかになり、内装のカラーバリエーションも判明しています。
ノーマル仕様では少なくとも3種類、F SPORTでは2種類が判明。
生産国ならではの利点を活かし、これまでのレクサス車でも日本仕様は豊富な内装色をラインナップしていますので、これ以上の内装ラインナップが期待できそうです。
日本仕様では、「ノーブルブラウン」や「ホワイト」の内装がラインナップされる可能性もあるかもしれませんね。


x18-06-05-lexus-es-chateau-interior.jpg.pagespeed.ic.by3oucp4-M.jpg


■ブラック

グレーステッチがアクセント。「茶色」系の本杢目パネルと組み合わせるとかなりの上質感がありますね。

18-06-14-gallery-lexus-es-interior-7.jpg


■シャトー

GSの流れを受け継ぐシックなカラー。ダッシュボードはブラック。おしゃれに乗りこなしてください。
ブラックの「縞杢」もとても似合うでしょうね。

18-06-14-gallery-lexus-es-interior-8.jpg


■トパーズブラウン

ダッシュボードがブラウン系になります。レクサスJPでも公開されており、ESのイメージカラーでしょうか。
「バンブー」インテリアパネルとの組み合わせは素敵すぎます。

Lexus-ES-2019-1600-6f.jpg

ドアトリムのステッチカラーとドアトリムの色の違いにも注目。マークレビンソンオーディオは必須ですね!
18-06-14-gallery-lexus-es-interior-12.jpg


■ブラック(F SPORT)

黒一色なので少し地味ですが、本アルミパネル(羽取仕上げ)と足元のアルミペダルなどとの組み合わせは定番の人気。

Lexus-ES-2019-1600-70.jpg

欧州車でよくみかけるブラッシュド仕上げではない新たなアルミパネルの仕上げは日本由来のレクサスらしいものといえますね。

Lexus-ES-2019-1600-bd.jpg


■フレアレッド(F SPORT)

2014年に発売した「RCF」から取り入れられた「フレアレッド」。ここ最近は”F SPORT”仕様にも従来使用されていた”ダークローズ”に代わり取り入れられており、鮮烈なレッドとブラックの組み合わせは新たな定番カラーとなりつつあります。
ESには少し派手かな、と思いますが、ぜひ新たな世代の方に乗っていただきたいですね!

18-06-14-gallery-lexus-es-interior-3.jpg

ドアトリムにはレッドのステッチがいい感じです。パワーウィンドウスイッチパネルは第3世代レクサスのようにレザー等で覆われておらず、表面仕上げをした樹脂パネルのようで、少し不満が残る質感にも見えますので、ブラック系やシルバー系で塗装するとより質感が高まりそうです。

Lexus-ES-2019-1600-b8.jpg


豊富な内装カラーと外装カラーの大部分が無償で様々な組み合わせができるのがレクサスのメリットのひとつといえます。
ES300hの日本仕様の公開に期待がかかりますね!


しかし、ブラック系のリヤビューはかっこいいですね。
「涙目」や「出っ張り」などがなく、ここ最近のトヨタ/レクサス車では一番正統派なすっきりとしたデザインに思います。

Lexus-ES-2019-1600-64.jpg



■過去記事1
 新型ES F SPORT 新型ES ”F SPORT” ホワイトノーヴァ&ヒートブルー
 http://www.namaxchang.com/article/459644011.html?1528988306

■過去記事2
 LEXUS ES(ES300h)妄想「主要装備一覧表」を作成してみた!
 http://www.namaxchang.com/article/459878693.html

■過去記事3
 新型クラウンもいいけど新型レクサスESも負けてはいない!新色動画!
 http://www.namaxchang.com/article/459590126.html

■過去記事4
 新型クラウン VS レクサスES300h 意外な重量差?
 http://www.namaxchang.com/article/459938364.html

■過去記事5
 レクサス ES 新旧比較動画! 正常進化ですね!
 http://www.namaxchang.com/article/459974436.html

■過去記事6
 レクサスES300h インプレッション続々&日本仕様画像をチェック!
 http://www.namaxchang.com/article/459995408.html

■過去記事7
 レクサスES(ES300h)室内の細かい装備をチェック!
 http://www.namaxchang.com/article/460012058.html

2018年06月16日

レクサスES(ES300h)室内の細かい装備をチェック!

レクサスES 室内の細かい装備が動画でだんだん明らかになってきたので、チェックしてみたいと思います。
しかし、ノーマルバージョンの「縦フィングリル」はESに似合っていますね。私的にはF SPORT顔より好みです。

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.31.05.png



以下の動画が大変参考になります。
▼(youtube)2019 Lexus ES 300h Hybrid First Drive Review




ノーマル(F SPORT以外)バージョンのスピードメーターはレクサス初意匠です!
なかなかいいデザインですね。
左2/3が液晶、右1/3がアナログ計器。なんと下部に「LEXUSロゴ」が・・・!

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.25.57.png


ヘッドアップディスプレイ(HUD)のサイズは、LSには及ばないものの10インチ以上の大きさで結構表示エリアが広いようです。
ギアポジションも表示されるようになっていますね。

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.27.45.png


新型LSに譲りのステアリング周りの質感はかなり高いと言えます。しかし、本杢のもつ質感は、疑似素材とはやはり全然違いますね。
ここは新型クラウンとずいぶん質感の差を感じますねぇ。
th_スクリーンショット 2018-06-14 22.26.40.png


センターコンソール前方の「カップホルダー」ですが、ここには専用の「スマートフォン置き場」が設定されるようです。
ただし、ケーブルが露出したままなのは気になる方もいらっしゃるでしょう。また、ホルダー自体、「iPhone7 Plus」のような大型スマホ本体だとギリギリとか?

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.23.01.png



運転席アームレスト側の「四角いカップホルダー」は、車両後方部の壁側にある「フタ」が倒れ、背の低い飲み物を底上げすることもできるようです。これはレクサス初機構ですね。レクサスもようやく実用的な機構が備わってきた感があります。

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.24.45.png


ワイヤレス給電「qi」がないバージョンのセンターコンソール内部。
FFモデルらしく、内部が深い!!結構いろいろ収納できそうですね。

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.25.12.png


助手席側ドアトリム。北米仕様では、助手席のシートポジションメモリスイッチがありません。(残念)
ドアロックピンも加飾されていますし、全般的に質感は高そう。マークレビンソン仕様のスピーカーグリルもいい感じです。
ただし、パワーウィンドウスイッチベースはハードプラスチック感があり、少し残念ですが。
それにしても「シャトー」内装は渋い!

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.21.28.png


ニュースリリースによると、ドアトリムには世界的に有名な日本の企業、セーレン社の「ビスコテックス」技術を用いて綺麗な模様がデザインされているそうで・・・肌触りもよさそうですね。

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.28.13.png


そして、ついに「パノラマルーフ」が!剛性確保のためか、ツインルーフ仕様となっていますが、開放感は抜群でしょう!
これは国内レクサスのセダン系で唯一の装備ですので満足度は高いはず。

スクリーンショット 2018-06-14 22.20.48.png


手動ですが、リヤドアサンシェードも。
北米仕様なので、残念ながらパワーリクライニング、シートヒーター、マルチオペレ−ションパネルがないようですが・・・
後席にはゆとりがありますが、頭上はあまりクリアランスがなさそうなので後席の利用頻度が高い方は要チェック!

th_スクリーンショット 2018-06-14 22.20.06.png


その他、ノイズリダクションホイールの構造など。
この点からもESは静粛性に気を使っているのがよくわかりますね!

th_スクリーンショット 2018-06-12 21.33.37.png

もう一つ、F SPORTの内装も・・・

▼(youtube)2019 Lexus ES 350 F-Sport – Baby LS Wants Younger Buyers

F SPORTの定番組み合わせ「ホワイトノーヴァガラスフレーク×フレアレッド内装」
トランクスペースや後席の広さも確認できます。



北米を中心とした海外仕様についてはおおむね仕様が判明したので、あとは中国・日本に設定されると思われる、最上級グレード(version.L相当)の仕様をぜひ確かめて見たいところです。
日本でのお披露目・・・いつになるのでしょうか?

2018年06月15日

レクサスES300h インプレッション続々&日本仕様画像をチェック!

レクサスES(ES300h)の試乗インプレッションが海外に続き、日本国内でも少しずつオープンになってきています。



スクリーンショット 2018-06-14 22.20.48.png



▼AutoCar(日本版)でのインプレッション

https://www.autocar.jp/firstdrives/2018/06/12/295826/

"GSよりも合理的”という刺激的な見出しで始まりますが、コストパフォーマンスに優れるモデルという意味でしょう。
日常速度域では乗り心地も燃費もよく、質感も居住性も十分というところか。
新型カムリとの共有部分についてもコメントされています。
イギリス仕様では、北米と同様、リクライニング機能やリヤシートヒーター、マルチオペレーションパネルなどが省かれるようです。日本ではどうでしょうか?(もしかして中国専用だったりして・・・?)


▼Response 木下氏(レーサー&モータージャーナリスト)のインプレッション

https://response.jp/article/2018/06/13/310808.html

海外メディアでも「FF」っぽさがないというインプレッションをよく見かけます。また、乗り心地の良さは定評があるようで、"F SPORT”以外(version.L?)に装着される、世界初のスイングバルブを採用したサスペンションシステムはいい感じのようです。
最近のレクサス車は標準でも結構硬めの乗り心地でしたので、ESはずいぶん差別化が図られているのでしょう。



さて、日本仕様と思われる、「ES300h F SPORT」(右ハンドル)の写真が公開されていましたので、ざっとチェックしてみたいと思います。
ブラックレザーがスポーティで、まるでスポーツセダンのようです。

th_スクリーンショット 2018-06-14 0.46.18.jpg



気になるポイントを書き込んでみました。

th_スクリーンショット 2018-06-14 0.46.18.jpg


日本仕様でも「デジタルインナーミラー」や「電動リヤウィンドウサンシェード」(MOPの可能性もあり)などを備えるようですし、「アルミペダル&フットレスト」もスポーティ。
シートヒーター&ベンチレーション、ステアリングヒーター、レクサスクライメイトコンシェルジュなども備えますし、室内の快適性は充実していますね!ただし、助手席のシートポジションメモリは省かれるようです。日本仕様の「version.L」では助手席のシートポジションメモリはどうなるでしょうか?


■過去記事1
 新型ES F SPORT 新型ES ”F SPORT” ホワイトノーヴァ&ヒートブルー
 http://www.namaxchang.com/article/459644011.html?1528988306

■過去記事2
 LEXUS ES(ES300h)妄想「主要装備一覧表」を作成してみた!
 http://www.namaxchang.com/article/459878693.html

■過去記事3
 新型クラウンもいいけど新型レクサスESも負けてはいない!新色動画!
 http://www.namaxchang.com/article/459590126.html

2018年06月14日

レクサス ES 新旧比較動画! 正常進化ですね!

日本では新型クラウンで盛り上がっていますが、レクサスESのインプレッション動画も増えてきましたね。
国内レクサスでは初導入となる「ES」(ES300h)ですが、北米における現行ESと並べて見ると、結構似ている感じ!
てっきり「ミニLS」という印象でしたが、現行のESのテイストも感じられ、「正常進化」という印象です。
もちろん、新型ESのほうがずっとかっこよく見えます。


th_スクリーンショット 2018-06-12 20.55.51.jpg



▼(youtube)Is The 2019 ES F-Sport The Best Looking Lexus Sedan?



動画では、「リアウィンカー」の点灯状態がとても良くわかります。
現行ESの電球ウィンカーよりも視認性が高く、とても綺麗に光るLEDですね!

th_スクリーンショット 2018-06-12 20.52.08.jpg


もう一つ、詳細な内外装動画レポートが。特に内装に関しては丁寧にレポートされています。
ESを検討されている方は必見! 価格帯が近いと思われる、新型クラウンの内装とも比べてみると良いでしょう。


▼(youtube) 2019 Lexus ES 350 F-Sport – Baby LS Wants Younger Buyers




新型クラウンも物理的なシートヒーター/シートベンチレーションスイッチは存在しませんが、「ES」では物理的なスイッチを残しています。
こちらのほうが迅速に切り替えができますし、強弱もひと目でわかります。
ボタンの多さはよく自動車評論家の方にも指摘されますが、なくなると迅速に変更できないというジレンマも・・・レクサスもなかなか仕様を統一できない模様。

th_スクリーンショット 2018-06-12 21.11.20.jpg


センターコンソール内部の構造も判明。セダン型でワイヤレス給電装置「Qi」がつくのは珍しいですね!
iPhoneもワイヤレス給電の時代ですし、これからの車には必須?

th_スクリーンショット 2018-06-12 21.12.21.jpg


なお、新型ESの「スマートキー(インテリジェントキー)」の形状も判明!
なんと、形状は、第3世代レクサスの新型LC,LSと共通です!

th_スクリーンショット 2018-06-12 20.59.50.jpg

しかし、よく見ると、外側の高輝度金属の部分の仕上げやキー本体のレザー仕上げの部分の質感が違っているようです。
その他、メカニカルキーの部分が金属ではなく、ブラック塗装仕上げだったり、LEXUSロゴプレート部分がブラック樹脂?だったり、全体的にLSとLCのものから簡略化(差別化)されているようです。

新型UXもおそらくこの形状のキーを採用するのでしょうね。しかし、スマートキーはどのメーカーも”小型化"は終焉を迎えたのか、少しずつ大きくなってきている気がします。BMWなどグラフィカルな表示画面を持つものも存在しますし・・・
なお、一部メーカーはスマートフォンで解錠するシステムを構築していますが、トヨタ/レクサスの戦略は如何に?
th_スクリーンショット 2018-06-12 21.02.12.jpg

2018年06月12日

新型クラウン VS レクサスES300h 意外な重量差?

新型クラウンは、レクサスLS・LCで使用されたプラットフォーム”GA-L”を使用する初のトヨタブランドの車となり、ボディ剛性が大幅に強化されていますが、そのせいもあって、重量が増加しています。



x18-06-06-lexus-es-side-profile.jpg.pagespeed.ic.QR29HQ6U-t.jpg

■重量比較 ( )内は現行クラウンアスリート近似グレードとの差

新型クラウン2.0ターボ RSアドバンス・・・1730kg(+120kg)
新型クラウン2.5HV   RSアドバンス・・・1770kg(+110kg)

現行クラウン2.0ターボ アスリートS-T・・・1610kg
現行クラウン2.5HV  アスリートS ・・・1660kg


概ね現行モデルより「100kg以上重く」なっています。エアロパーツ装着、MOPナビゲーションシステム&DCM等のコネックティッド装置や安全装備類のの標準化による増加も多少影響していると思われます。この重さが乗り心地の良さにもつながっているとは思いますが、売れ筋の2.5LHVモデルの重量は、現行レクサス「GS300h」とほぼ同等の重量となるなど、かなりの重さといえます。

th_スクリーンショット 2018-06-11 20.48.47.jpg


一方、新型レクサスES(ES300h)に関しては、現行モデルより「約62kg」ほど軽量化を果たしているそうです。
レクサスESは、新型LS・LC用の”GA-L”ではなく、トヨタブランドで先行開発された、主にFF車用の”GA-K”プラットフォームを使用しているためと考えられます。

▼新型ES ボディ構造

LSやLCと異なり、前後ドアやサスペンションタワーにはアルミニウムは使用されていませんが、フェンダーにはアルミニウムが使用されており、従来モデルより軽量化が図られています。

x18-06-06-lexus-es-light-weight.jpg.pagespeed.ic.u8a0_zODwC.jpg


ちなみに、北米仕様における現行ES300hと新型ES300hの重量予想は以下の通り。

現行ES300h  ・・・1670kg
新型ES300h  ・・・1608kg(現行比 ▲62kg)


参考として、日本市場における「新型カムリ」とレクサス「GS300h」の重量は以下の通り。

新型カムリ(G)・・・1570kg
新型カムリ(Gレザー)・・・1600kg

GS300h(ベース)・・・1730kg
GS300h(ver.L) ・・・1770kg


新型レクサス「ES300h」の日本仕様は北米仕様よりも標準装備が多いと考えられるため、上記北米仕様より多少重量が増加し、ベースモデルは概ね「1620kg〜1630kg」、version.Lで「1670kg〜1680kg」程度に収まるのではと推測します。
新型カムリからの重量増は想像よりも少ないと考えられます。

つまり、新型ES300hは、現行のレクサスGS300hや新型クラウンより「約100kg以上軽い」と推測されます。この軽さは燃費や軽快性・運動性能の向上に効いてくるのでしょうね。
レクサス車はボディ剛性の強化や運動性能の向上の引き換えにモデルチェンジのたび重量が増加していましたが、「ES」に関しては従来モデルより運動性能や剛性を強化しつつ、軽量化を図ったモデルと思われます。


ただし、絶対的な速度(加速度)では、新型クラウンやGS300hに比べ物足りなさがあると思われます。
日本仕様の「ES300h」は新型カムリより若干システム出力は高いと思われますが(215hp〜217Hp程度?)、0-100km/h加速は「約8.1秒」とされており、若干重量が軽い、新型カムリと同等程度といえます。

逆に言えば、新型カムリと同様、街中での実用燃費はリッター20km/Lを切ることは無さそうですし、レギュラーガソリン仕様と相まって、経済的にも優れていると考えられます。


0449_o.jpg

2018年06月09日

LEXUS ES(ES300h)妄想「主要装備一覧表」を作成してみた!

6月に入り、レクサスの新型車「ES」(ES300h等)に関して、既に北米や欧州など一部の地域においては現車が到着しているようです。
インスタグラム等のSNSでは動画等が公開されています。日本でのお披露目も待たれるところですね・・・

さて、LEXUSエンスー等では北米市場における詳細な装備情報も明らかにされていますので、これまで公開された情報を元に、日本市場における、妄想での「主要諸元表」を作成してみました。(これは本当に妄想です)
https://lexusenthusiast.com/2018/06/06/the-2019-lexus-es-350-es-300h-a-technical-review/




th_スクリーンショット 2018-05-25 19.52.31.jpg



と、その前に、北米におけるボディカラーは次の全12種類とのこと。
既報通り、ベージュ系、グリーン系の2種類の新色が目新しいところ。(やはりF SPORTには設定されませんが・・・)
高価格帯のモデルに用いられることが多い「ソニックシルバー」が不採用。その他、新型LSで初登場した「マンガンラスター」、「ソニックアゲート」も不採用のようです。マンガンラスターはESにも似合いそうですが、日本での設定に期待しましょう!

■ボディカラー (★=F SPORT専用、☆=F SPORT以外のグレード専用)

・プラチナムシルバーメタリック<1J4>
・ソニックチタニウム<1J7>
・マーキュリーグレーマイカ<1H9>
・ブラック<212>
・グラファイトブラックガラスフレーク<223>
・レッドマイカクリスタルシャイン<3R1>
・☆ディープブルーマイカ<8X5>
・☆ソニッククォーツ<085>
・☆サンライトグリーンマイカメタリック<6X0>
・☆アイスエクリュマイカメタリック<4X8>
・★ホワイトノーヴァガラスフレーク<083>
・★ヒートブルーコントラストレイヤリング<8X1>

Lexus-ES-2019-1600-0f.jpg



日本市場におけるES300hのグレード展開ですが、「F SPORT」、「version.L」、「ベースグレード」の3本柱で展開されるとの噂ですが、北米試乗では4種類のパッケージ(”Premium”、” Luxury”、” Ultra Luxury”、 ” F SPORT”)がありますので、それをもとに「version.I」を追加して作成した「主要装備一覧表」の妄想編です。海外メディアの情報を元にした、まったく個人的な”妄想スペック”ですのでご理解いただければ幸いです。
ESご検討者の方のほんの少しでもご参考になればと・・・


■妄想主要装備一覧  「●」=標準装備、「ー」=未設定、「△」=メーカーオプション

<エクステリア・パフォーマンス>

スクリーンショット 2018-06-08 20.10.55.png

<セーフティ、機能装備>

スクリーンショット 2018-06-08 20.11.20.png

<インテリア>

スクリーンショット 2018-06-08 20.11.32.png

<オーディオ、テレマティクス等>

スクリーンショット 2018-06-08 20.11.40.png



パノラマガラスルーフの設定があるのはいいですねぇ〜!
x18-06-05-lexus-es-panoramic-moonroof.jpg.pagespeed.ic.Hp0pXVLYrJ.jpg

3眼LEDヘッドライト、フロントはシーケンシャル方式、リヤは非シーケンシャルですが、面発光タイプでなかなか視認性が高いです。
各国の法規にあわせ設定が異なると思いますが、日本ではフロントにシーケンシャル方式が導入されるでしょう。

x18-06-05-lexus-es-triple-lamp-headlights.jpg.pagespeed.ic.QY0JAhQlhi.jpg

日本における新型クラウンとの装備比較も行ってみたいですね。

2018年05月29日

新型ES ”F SPORT” ホワイトノーヴァ&ヒートブルー

新型ESには走行性能を高め、サスペンションにAVS機能を追加し、サイドサポート付きのスポーツシートや専用のステアリング、アルミペダル等を備え、フロントフェイスを変更した”F SPORT”が新設定され、従来のレクサス車と同様、ホワイト系、ブルー系のボディカラーがラインナップされることが確定しています。


th_スクリーンショット 2018-05-26 9.43.42.jpg


▼鮮やかな白とブルーのESが走行する動画はこちら。



日本では、2012年、メジャーチェンジを受けた先代「後期LS」で設定された、ホワイトノーヴァガラスフレーク<083>
"F SPORT”および”F”専用カラーとして設定されており、登場から既に丸6年が経過した、人気かつ息の長いボディカラーです。
新型ESではエアロパーツ(トランクスポイラー)を標準装備するので、スポーティな印象があります。

th_スクリーンショット 2018-05-28 21.21.40.jpg



日本では、2014年、新型車 レクサスRC/RCFで設定された、ヒートブルーコントラストレイヤリング〈8X1〉
メーカーオプション扱いで15万円+税の高価なボディカラーですが、その深みのある青はスポーティーさをより高めます。
なお、フロントウィンカーについては地域により、シーケンシャル機能(流れるウィンカー)の有無があるようです。
リアウィンカーは流れないことが確定。

th_スクリーンショット 2018-05-26 9.39.18.jpg


中国専用車?の「ES260」×「ヒートブルーCL」の貴重な画像。
th_スクリーンショット 2018-05-26 9.40.44.jpg


”F SPORT”の室内はブラック基調で、現時点では「ブラック」と「フレアレッド」の2種類の内装(シート)カラーの存在が確認できています。
このほか、最近の他車種にも採用されている、「ホワイト」などの設定も考えられそうです。
サイドサポートの張り出しが大きめなスポーツシート(表皮発泡一体成型タイプ?)はフォーマルなセダンでは賛否が分かれそうです。
th_スクリーンショット 2018-05-28 21.18.57.jpg


気になるのが、非常に快適な”シートベンチレーション”のスイッチが見当たらないこと。
シートヒーター、ステアリングヒーター、リヤサンシェードと思われるスイッチはありますが、シートベンチレーションのボタンがありません。
これは地域による差の可能性もあります。日本仕様のF SPORTの本革シートにはシートベンチレーションを備えていますので、おそらく日本では設定されると思うのですが・・・気になるところです。
th_スクリーンショット 2018-05-28 21.41.57.jpg


"versionL"と思われるバンブー内装では、シートベンチレーションのスイッチが確認できます。

th_スクリーンショット 2018-05-28 21.42.58.jpg


"F SPORT”では液晶式スピードメーターは矢崎総業社が制作した、「IS、RC、LC、LS」系のものを採用するようです。
デザインはかっこいいのですが、意外に表示領域が狭いのが欠点。登場から既に5年が経過しているのでそろそろ目新しさがなくなってきました。
th_スクリーンショット 2018-05-28 21.20.09.jpg


”スカッフプレート”は第3世代レクサスではエンボス仕様のステンレスを備える模様。
このあたりの質感は新型LSと同等でしょうか。

th_スクリーンショット 2018-05-26 9.41.58.jpg


最近のレクサス新型車では ”F SPORT”の人気が非常に高いようですが、ESでは果たしてどうなるでしょうか?

2018年05月26日

新型クラウンもいいけど新型レクサスESも負けてはいない!新色動画!

新型クラウンの発表まで約1ヶ月となりました。
一方、先行お披露目された、新型レクサスES(ES300h)に関しては、グリーン系の新色、「サンライトグリーンマイカメタリック」とベージュ系の新色「アイスエクリュマイカメタリック」の2色が太陽光の下で走行する動画がyoutube等の動画サイトで確認できるようになりました。


▼新型レクサス ES新色 「サンライトグリーンマイカメタリック」、「アイスエクリュマイカメタリック」動画




どちらもなかなかマニアックで選択しづらいカラーではありますが、グリーンは若々しさがあり、ベージュ系はホワイトにも明るい近いカラーなので、(まさに”エクリュ”)これは結構人気が出そうな予感です。

・「アイスエクリュマイカメタリック」と思われるカラー。
  ベージュ系ですが、青白さが混じったかなりきれいなカラーです。これかなりいい感じだなぁ・・・。


th_スクリーンショット 2018-05-25 20.01.20.jpg


・「サンライトグリーンマイカメタリック」と思われるカラー
 かつてGSやLSに設定された濃いグリーンと異なり、淡いグリーンなのでフレッシュな感じがしますよ。

th_スクリーンショット 2018-05-25 19.52.10.jpg



上記動画では、内外装の新たなポイントをチェックすることができます。
外装では、標準装備される「バックカメラ」が、ガーニッシュ内に埋め込まれているのが新鮮です。うまく隠していますね。
th_スクリーンショット 2018-05-25 19.54.37.jpg


アウタードアハンドルはLC・LSそれぞれ専用品を使用していますが、ESは独自の新意匠となり、おそらく今後のレクサス車と共有すると思われます。

th_スクリーンショット 2018-05-25 19.55.10.jpg


フロントヘッドライトには定番となった「LEXUS」ロゴが。もう少しさり気なさがあってよいような気もしますが。
th_スクリーンショット 2018-05-25 19.55.27.jpg


内装では、新型LSで採用された「アートウッド(オーガニック)」に近似の素材が採用されていることが判明。
”version.L"にメーカーオプションで採用でしょうか?しかし、これはすごいですよ!
クラウンは本木目系は採用していませんので、内装の質感に関しては全体的にESがクラウンを上回ります。これまでの内外装を見る限り、ESは明らかに「上級移行」したという印象です。

th_スクリーンショット 2018-05-25 19.59.27.jpg



後席のインテリアパネルにも本木目パネルを仕様。こちらは「縞杢(ブラック)」にも見えます。
「アートウッド」を採用。ESやりますねぇ。このあたりは”GS”と変わらないクオリティです。
スピーカー周りのグリルはノーマルバージョンですね。ここはぜひオプションで"マークレビンソン”を選択して、高品質なスピーカーグリルパネルにしたいところ。
th_スクリーンショット 2018-05-25 20.06.48.jpg

ノーマルバージョンはこちら。少しそっけないですが・・・単なる樹脂でなくヘアライン加工のようなものがしてあります。
th_スクリーンショット 2018-05-25 20.05.28.jpg


フタの内部は”カップホルダー”であることが判明しました。(少し浅い)コーヒーカップ用ですかね?
なぜかAUX端子がありますね。あと、カップホルダーから繋がる太い「みぞ」はなんでしょう・・・?
th_スクリーンショット 2018-05-25 20.05.55.jpg


太陽光をバックにしての室内。メインカラーがブラックではなく、グレー系、それにシートはベージュ系を組み合わせているのはおしゃれな感じがしますね。センターコンソールの開閉スイッチがサテンメッキ等で加飾されていないのは残念。
しかし、今の所、大型のパノラマガラスルーフがないのが残念。今回のESでは廃止なのかもしれません。
th_スクリーンショット 2018-05-25 20.04.46.jpg

電動リヤサンシェードも装備。後席の装備はだいたい、新型クラウンの「G」系と同等かそれ以上という感じ。
新型クラウンの装備はだいたい明らかになりましたが、新型ESの装備は新型クラウンと同等かそれ以上のものとなっているようです。
th_スクリーンショット 2018-05-25 19.58.16.jpg


新型クラウンもかなりかっこよく、「セダン復権」に期待がかかりますが、新型ESのすっきりとしたデザインもなかなかと思います。
久々のグリーン系、ベージュ系新色。日本での導入は確実と思いますが、内装色やインテリアパネルとの組み合わせではかなりおしゃれで個性的な1台を作り出せるかもしれませんね。

th_スクリーンショット 2018-05-25 19.52.31.jpg 

2018年05月03日

新型レクサスES(ES300h)後席快適装備などをチェック!

北京モーターショーでの新型LEXUS ESの動画などが公開されています。
ESはFR系のスポーツセダンとは異なり「居住性」も重視していますので後席のチェックは欠かせません。

th_スクリーンショット 2018-05-03 1.41.26.jpg


▼ Autoweek 動画

成人男性による後席着座やエンジンルームを公開。



一般的な成人男性が着座してもかなり余裕がありますね!
特に膝前のスペースは相当広く、従来のレクサスIS,GSなどのFR系セダンとは大きな違いがあります。
頭上のスペースはそれほど高いとは言えなそうですが。

th_スクリーンショット 2018-05-03 11.23.17.jpg


エンジンルームはV6系、V8系と異なりエンジンカバーが最小限になっていますね。
動画ではシステム出力が「218ps」(海外仕様)と紹介されていました。日本国内の新型カムリのシステム出力が「211ps」なので、単純比較できませんが、新型ESの方が最高出力が高く設定され差別化をを図る可能性は高そうです。

th_スクリーンショット 2018-05-03 11.28.33.jpg


▼Autoplus動画

成人女性による後席居住性が確認できます。



LEXUS車が全般的に苦手としている「つま先入れ」も問題なさそう。
一般的な成人女性だとかなり広々感がありますねぇ。
th_スクリーンショット 2018-05-03 11.37.39.jpg


次は嬉しいポイント!レポータの女性が一瞬手を大きく広げた際に、ドアトリム下に「アンビエントライト」と思われる間接照明が確認できました。
これは、レクサスLSで採用された日本の京都など観光地の路地にある「行灯」をイメージしたもののようですが、LSに続きESにも採用されているようです。
このような実用性に乏しいムーディな装備はレクサスが苦手としていた分野ですが、ESではLS同様、後席にも取り入れていることが確認できました。コストを削減する目的なら真っ先に見送られる装備なので、後席の「おもてなし」として取り入れているのでしょう。
アウディやメルセデスでは以前から「ライン状」のものが採用されていますが、これはレクサスならではの点灯の仕方と言えます。
こういった細かい部分はカムリにはない部分ですね。

スクリーンショット 2018-05-03 11.43.22.png


後席エアコン吹き出し口下にある、アクセサリーソケットが確認できます。
ほかにも2.1A供給のUSB端子が2つ備わっています。快適装備が充実した"・・・"version.L"系だけでなく、"F SPORT"グレードでもこのような快適装備が備わっていることが確認できました。新型カムリにも装備されていましたが、今の時代、後席USB端子はかなり要望が高いのでしょう。

スクリーンショット 2018-05-03 11.40.15.png


▼Autovouhotus 動画

後席のコントロールパネル、リヤドア開閉に注目。



本革シートを備えた"version.L"仕様と思いますが、後席中央にはコントロールパネルが備わります。
動画からは、次の装備を備えていると思われます。

・電動リヤウインドゥサンシェード
・左右分割可倒式リクライニング(3段階調整)
・オーディオ操作(ボリューム、選曲、電源on-off)
・<追記>シートヒーター

th_スクリーンショット 2018-05-03 11.54.19.jpg

残念なのはレクサス「GS」に備わる「シートヒーター」、「後席用エアコン調整機能」(3-zone)が無いことでしょうか。
全体的にかなり上級装備が目立つだけに、残念なところです。”VIP”を乗せることは想定していないのかな。




<追記>
いただいたコメントを元にあらためて画像を拡大して確認して見ると、なんと、リクライニングスイッチの隣のインジケーター部分にうっすらとシートヒーターのような薄い刻印が・・・
なぜこんなにも薄いのでしょうか?(ということでmこれはシートヒーターのスイッチの可能性大です!)

スクリーンショット 2018-05-08 22.02.46.jpg




ちゃんと本革のアームレスト下にも小物入れ、そして前方には展開式のドリンクホルダーが備わるようです。
th_スクリーンショット 2018-05-03 11.53.57.jpg



リヤのドアトリムの仕上がりも前席同様、ちゃんと仕上がっていますね。
”version L"ベースと思いますが・・・当方が注目したポイントは以下の部分。

・後席にも本木目(または本アルミ)のインテリアパネルを装備
・リヤドアサンシェード(手動)あり ※”version.L"のみと思われる
・ドアカーテシランプ(LED)あり。
・スカッププレート&ステンレスパネルあり (※LEXUSロゴはなし?)
・後席としては実用的なサイズのリヤドアポケット
・マークレビンソンオーディオ用リヤドアスピーカーグリルあり

これらの装備からも「HS250h」よりも上質な空間になっていることが確認できます。(つまり、レクサス「HS250h version.L」以下の価格設定はありえない、ということになります)

特に、後席にもマークレビンソンオーディオ用のスピーカーグリルが備わるのは非常に見栄え向上に貢献しています。
日本では22〜24万前後の高価なオプション価格が想定されますが、これは、「マクレビ」あり!ですねぇ。


th_スクリーンショット 2018-05-03 11.55.22.jpg



特に後席に関しては、レクサス暗黒期(2009年〜2013年頃)であれば真っ先にオミットされ、コストダウン対象となっていた部分がほとんど見られないのは嬉しい限り。価格差は当然ありますが、新型カムリでは少し質感がや装備が物足りないな、と思っていた方は、新型ES、一考の価値があるといえるでしょう。

2018年05月01日

新型「カムリ」をじっくり旅行先で味わい…レクサスESを連想してみた。

G.W前半はお休みをいただいたので久々の更新となります。

さて、2017年の「日本 カーオブザイヤー」でもかなり評判の高かった「カムリ」
評判はかなりいいものの、周囲に購入者も居ないので「本当にそんなに出来がいいのか?」と疑問でした。

レクサス新型「ES」(ES300h)が日本でも2018年秋に発売となり、ほぼ同型のエンジン+ハイブリッドシステムが導入されると推測されますので、ちょうど旅行先のレンタカーとして予約していたメルセデス・ベンツ「GLA」から「新型カムリ」に変更することとしました。

トヨタレンタリース系では、レクサスカード割引(20%)で大体1日あたり「12,000円」前後でレンタルできるので、短期間の旅行であればそれほど負担になりません。

th_IMG_1064.jpg


レンタカーでは、いわゆる”自動ブレーキ”等の運転支援装備がついていることはまだまだ珍しいですが、トヨタは重い腰をあげ「TSS+」などをうようやく標準装備したおかげで、レンタカーでも新型プリウスやC-HRなど、安全装備や快適装備が備わる車種が徐々に増えてきましたね。
普段使いのクルマとは異なりますので、このような安全装備はレンタカーに備わっていると大変安心度が増しますね。


なお、レンタカーでは最廉価グレードが採用されることが多いですが、新型カムリでは中間グレードの「G」が準備されていました。
詳細なスペックはトヨタのホームページのとおりですが、価格は「約350万円〜」となかなか高価です。 
https://toyota.jp/camry/grade/g/?padid=ag341_from_camry_grade_g_detail

なんと、「G」グレードでは標準装備ではない、「ブラインドスポットモニター」(BSM)がオプション装備されていました。
BSMがあると事故率はかなり下がると思われますので、レンタカーに装備するのは事業者側にとっても望ましいでしょうね。こ

運転席の「パワーシート」があるのもレンタカーでは珍しく、嬉しい装備です。
ステアリングのチルト&テレスコピックは手動。短期間利用のレンタカーだと気になりませんが、日々使用する方やドライバーを複数人で交代する方は電動&メモリーコール機能付きが望ましいでしょうね。
このあたりの質感は「ES」では大きく改善されると思いますが、レンタカーとしては十分です。

th_IMG_1070.jpg



さて、新型カムリの走りですが、噂通り、新型エンジン(ダイナミックフォースエンジン)+ハイブリッドシステムで、かなり進化していることを今更ながら体感しました!

新型カムリの重量は「1540kg〜」と、C-HRよりも100kgほど、新型プリウスよりも150kg以上重いのですが、新型プリウスやC-HRと同様、時速70km/hを超えるような領域でもEV走行が可能であるなど、エンジンを停止した状態(EVモード)での走行可能領域がかなり広くなっていますし、実用燃費は新型プリウス等とほとんど変わらないように感じました。

現在、レクサスの4気筒エンジン+HVシステムは「IS300h」、「GS300h」、「RC300h」などに使用されていますが、基本的には時速60キロ台後半でEV走行は不可となりますし、高速道路での走行ではハイブリッドシステムの恩恵はほとんどありません。

しかし、新型カムリでは、条件が許せば高速道路等で時速100km/hを超える領域でも一時的にEV走行が可能となっており、EV走行比率が非常に高くなっています。70km/h台でもじんわりアクセルをふんでいけばEVモードで巡航可能なので、周囲の交通状況にあわせストレス無い走行ができますし、結果的にそれが好燃費に繋がるようです。


さて、新型カムリのカタログ上の燃費(JC08モード燃費)は「28.4km/L」となります。
従来のトヨタ/レクサスハイブリッドシステムでは、このモード燃費を超えるのは至難の技でした。
たとえば、レクサスの「IS300h」や「GS300h」といった、1世代前のハイブリッドシステムでは、モード燃費の「21.4〜23.2km/h」を達成することは一般的な運転をしているとかなり難しく、一般的にはカタログ値の「7割程度」(16〜17km/L)がせいぜいではないでしょうか?


しかし、この新型カムリ・・・恵まれた観光地での郊外ドライブとはいえ、「容易」にこのモード燃費を超すことが可能。
ある程度トヨタ/レクサスハイブリッドシステムを乗られた経験のある方なら、「リッター30km/L」は余裕でマークできます。
当方が今までなんどか地方都市でレンタルした新型プリウスでも「リッター30km/L」がせいぜいだったので、さらに排気量が大きくパワーもある新型カムリでほとんど変わらない実用燃費というのには驚きました。

燃費はおおむねリッター「30km/L」程度でしたので、ストップ&ゴーの多い市街地でも「リッター24〜25km/L程度」はマークできるのではないでしょうか?

また、リチウムイオン電池を採用しているせいか、積極的にEV走行を意識した運転をしても、電池の溜まりが結構速く、2日間のレンタル期間中、途中で充電残量がゼロになり「充電地獄」(強制充電モード)になることは一度もありませんでした。

 
th_IMG_1085.jpg


なお、”全車速追従型”のレーダークルーズコントロールを装備しているので、観光地でありがちな、「一本道でひたすら時速20-30km/hぐらいでのノロノロ渋滞」のときの疲労軽減にも役立ちますし、安心度が違いますね。

なお、メーター内部には大きめの液晶画面があるのですが、グラフィカルではあるものの、情報量が少なくて結局画面を切り替えしないと様々な情報を見れないのは残念でした。(このあたり、欧州車はうまく数多くの情報を一画面に見せていると思います)

この画面はレーダークルーズの画面ですが、「燃費情報」や「残充電」などはわかりません。表示エリアはまだまだたくさん空いているのですが。
th_IMG_1057.jpg



なお、4気筒の2.5Lエンジンということもあり、エンジンがかかったときの振動は明確にありますし、エンジンがかかった状態の低速度(20km/h前後)のノイズや振動はあまり好ましいものではありません。
どうしても、足元や足先から「微振動」が伝わってくるんですよね・・・しかし、いったん速度が乗ってアクセルを離し、EV走行状態になってからは極めてスムーズな走りが出来てなかなか気持ちのよい運転が可能です。
レクサスESでは、新型カムリに比べ、車両重量は少なくとも「120〜150kg」程度は重くなると予想していますが、結構な割合で「静音・制振対策」に充てられると思いますのでかなり改善されると予想しています。



使い勝手の面では特段不満もなく、レンタカーとしては最高に快適で便利でした。
「電動パーキングブレーキ」や「ブレーキホールド」も備わっていますし、カップホルダーもしっかり準備されています。
リッド付きの小物入れもありますし、センターコンソールパネルもなかなかの質感です。
th_IMG_1060.jpg


センターアームレスト下の「収納BOX」もFF方式のおかげかとても大きく深く便利です。
ただ、レクサス車では定番の「USB端子」がここにはないんですよね・・・

th_IMG_1074.jpg


「G」グレードでは、USB端子は後席に2つあります。
高速充電ができる「2.1A仕様」なのはうれしいですが、前席にも欲しいところですね。
ただ、広々とした後席は駆動方式がFFならではの利点。
全般的にフォーマルなセダンとして、質感的にもう少し頑張って欲しいとと思いますが、「ES300h」では大きく改善されるでしょう。

th_IMG_1083.jpg


そして、旅行の荷物やお土産などトランクスペースは広いほうが良いですが、カムリはとにかく広い!
そして横方向にも広いです。さすがに一部トリムが省略されており鉄板がむき出しな部分は目立ちますが、ここはESでは確実に改善されるから安心です!
th_DSC03403.jpg



非常に快適だった新型カムリですが、欠点としては、乗りごこちが全般的に「ふわふわ」していること。またステアリングも少し軽め。
スポーツセダン系に慣れていると、乗り心地はいいものの、ふわふわ感は最後まで慣れませんでした。
特に山道などでのワインディングロードでは、もう少しコツコツ感があってもいいのでシャキっとした足回りのほうが好ましいです。
また、「パドルシフト」がありませんので、ちょっとしたエンジンブレーキをかけたい時などはシフトノブで操作しなければなりませんし、シフトノブの位置がブラインドで操作するには良い場所ではないように思いました。


レクサス「ES300h」もどちらかといえば快適性重視のセッティングであると思いますが、「F SPORT」モデルや「version.Lにメーカーオプション」で”可変ダンパー(AVS)”が採用されると思います。この場合、ドライブモードスイッチを切り替えすることで、好みで足回りのセッティングを変更できると思いますので、その点に期待したいところ。
なお、カムリにも「SPORT」モードはありますが、ステアリングが多少重くなるぐらいで、あまり明確な違いは感じられませんでした。

th_Lexus-ES-2019-1600-2a-1.jpg


また、もう一つの欠点は「取り回し」
今回は観光地でのお供のため、バック駐車の機会はそれほど多くありませんでしたが、混雑する「道の駅」等での駐車の際は思ったよりクルマが切れません。というのも、ラージサイズのFF車ということもあり最小回転半径がとにかく広いです。
カタログスペックを確認すると、17インチ装着車で「5.7m」、18インチ装着車で「5.9m」の最小回転半径になります。

レクサスESでは更にボディサイズが大きいですし、19インチホイール装着車もラインナップ。
”F SPORT”モデルでは、最小回転半径が「6.0m」に迫ることも考えられますし、後輪駆動車ではありませんので「LDH」を装備して最小回転半径を小さくすることも出来ません。
もっとも、駐車をサポートする「パノラミックビューモニター」や「パーキングサポートブレーキ」などの最新の電子デバイスでサポートしてくれるものとは思いますが・・・

th_DSC03463.jpg


いずれにせよ、新型ES(ES300h)を検討されている方は、「新型カムリ」を一度レンタカーでも借りてじっくり体験してみるのも良いと思います。ESは新型カムリを「スポーティにした」かつ「より快適装備を増やす」という方向性であると予想しますので・・・(少なくともさらにふわふわ感があるセッティングにはならないでしょう)

内外装ともに「おじさんセダン」的な感じは薄く、欠点のない万能選手で非常に好印象でした。
新型ESは少なくとも「+200万円」程度のプライスが予想されますが、さらに進化することを思えば期待は高まるばかりではないでしょうか。

ちなみに、旅行先はこちらだったのですが、約10年ぶり!
当時とは比較にならないほど多くの観光客で賑わっていて・・・でもこの景色なら無理は無いですね〜とても素敵でした!


th_IMG_1064.jpg

2018年04月28日

レクサスESでグリーン系(サンライトグリーンマイカメタリック)設定!レクサスグリーンの歴史は?

さて、レクサスESではボディカラーに2色の新色がラインナップされることがアナウンスされていますが、そのどちらもカラーも、日本市場では非常にレアなカラーである「ベージュ系」と「グリーン系」のカラーです。

055_o-2.jpg


まさに「渋い!」という大人の落ち着いたカラーですが、フォーマルなセダン系にはやはり必要なカラーなのかもしれません。
特に「グリーン系」については、いわゆるスピンドルグリル化した「第2世代のレクサス」では設定がありませんでしたので、約6年ぶりという久々の設定となります。


今回は、これまでレクサスでの「グリーン系」を振り返ってみましょう。

まずレクサスのグリーン系は設定そのものが少なく、2012年の後期レクサスLS(スピンドル)発売とともに一旦消滅しました。
それ以降設定がないため、比較的年式が新しいものが揃っているレクサスの認定中古車(CPO)でも「グリーン系」の在庫数は2018年4月現在、なんと「ゼロ」です・・・


オリーブマイカメタリック(6T7)

レクサス開業時の2005年当時、レクサスGSに設定されたのが、「オリーブマイカメタリック(6T7)」です。
この時代はまだレクサスとトヨタでボディカラーが「共用」の頃ですので、同じネーミングのカラーがトヨタブランドにも使用されています。
ホワイトパールクリスタルシャイン(062)などもトヨタと共通コードでしたが、2007年式からはレクサス専用カラーとなりました。
いかにも渋いグリーン、という感じですが、生産時期が非常に短いため、レクサスではかなりのレアカラーです。
現在果たしてこのグリーン系のGSが国内にどれだけ残っているのでしょうか・・・。

50725982LF001.jpg



ミディアムグリーンマイカメタリック(6U3)

レクサス専用カラーとして2005年9月、ISのデビューとともに登場したのが、ミディアムグリーンマイカメタリック。
オリーブマイカよりも少し明るめのグリーンで若々しいISには結構似合っていました。
欧州車からの乗り換えなど一定のニーズはあったようで当時はちょくちょく見かけた記憶があります。
しかし、最近ではほとんど存在が確認出来ませんね。ラージサイズのボディでないと似合わないのでしょうか?

スクリーンショット 2018-04-27 22.32.31.jpg



ジェイドグリーンメタリック(6V0

2006年春、新型レクサスLS発売とともに設定されたのがこのカラー。
この頃のLSは「ブラック」、「ホワイトパール」そして、ハイブリッド専用カラーの「ブラックオパールマイカメタリック」がほとんどを占めており、ジェイドグリーンメタリックのLSは非常にレアと思います。中古車市場ではしばしばみかけますが・・・
GSにも設定されていますが、こちらはLSはより更にレアです。

crsm0000000000.jpg



ディープペリドットマイカ(6V6)

lx03.jpg

2009年にレクサスGSの年次改良で、ベージュ系の「スリークエクリュメタリック」とグリーン系の「ディープペリドットマイカ」(もうひとつラピスラズリマイカ)が追加されているのですが、今回のESもまさにそれと同様、ベージュ系の「アイスエクリュマイカメタリック
」、グリーン系の「サンライトグリーンマイカメタリック」が追加されるのは偶然でしょうか?
このカラーも「GS」と「LS」に設定されており、高級なセダンには”グリーン”が必要ということなのでしょう。
しかし、第2世代レクサスでは設定されることはありませんでした・・・。


その他、直接的にはグリーン系ではありませんが、「メテオブルーマイカ」〈8W3〉もありますl.

カラーコード的には”ブルー系”ですがく曇り空や雨の日などでは「グリーン」に見えるときも多く、なかなか魅力的なカラー。
2012年1月、第2世代レクサス(スピンドル)の「GSで初登場したカラーですが、その後2014年7月、レクサス「NX」にも採用されるなど一定数が出回っていますが、その後両モデルからも廃止され、レアカラーといえます。

24-3.jpg


・・・というようにグリーン系のカラーはモデル途中で廃止されることが多く、かつ基本的にはボディが大きいセダン系に設定されることがほとんど。その意味ではボディサイズが約5メートルに迫る、フォーマルなデザインの「ES」にグリーン系が設定されるのは納得、という感じでしょうか?

Lexus-ES-2019-1600-05.jpg


第3世代レクサスになり、新色の「ネープルスイエロー」(黄色系)、「ソニックアゲート」(茶赤系)、「マンガンラスター」(グレー系)など、斬新なカラーが設定されており、ESでも2色が加わります。 今冬のUXでも新カラーの登場が予想されますし(紫系?)第3世代レクサスではボディカラーのバリエーションの拡充が行われつつありますね。

私もどうしても毎回、ホワイト系を選んでしまいますが、高品質なパール/マイカ系の様々な種類のボディカラーがほとんど無償で自由に選択できるのはレクサスの優位点でありますね。
スポンサーリンク

コムテック ドライブレコーダー HDR752G 200万画素 Full HD ノイズ対策 LED信号対応 画像補正 専用microSD(32GB)付 駐車監視機能 日本製&3年保証 GPS レーダー探知機連携 COMTEC

新品価格
¥23,582から
(2019/10/14 18:24時点)

【10/15限定!楽天カード利用でP19倍相当確定(5%キャッシュレス還元分含む)/要エントリー】《セール価格》GPSレーザー&レーダー探知機 ユピテル A350α (WEB限定 / 取説ダウンロード版) 【日本製】 【3年保証】業界初!光オービス(レーザー式移動オービス)受信対応

価格:30,580円
(2019/10/14 18:30時点)
感想(33件)

【Amazon.co.jp 限定】ユピテル レーザー対応 レーダー探知機 WR70 オービス受信対応 2019年 最上位モデル マップ表示対応

新品価格
¥32,800から
(2019/4/1 22:19時点)

【ドドーン!!と全品ポイント増量中】LS300 ユピテル レーザー&レーダー探知機 GPSアンテナ内臓 レーザー式移動オービス対応 3.6インチ液晶搭載 Yupiteru SuperCat(※GS103同等品)【DM】

価格:34,800円
(2019/10/14 18:29時点)
感想(0件)

ユピテル レーダー探知機オプション OBD12-M III OBD12M3[OBD12M3]

価格:5,540円
(2019/5/18 10:16時点)
感想(1件)

【送料無料】【2個セット】[TV紹介商品] リレーアタックガードポーチ2 カーボン【2個セット】リレーアタック対策 リレーアタック対策グッズ 盗難防止 電波遮断 電波遮断ポーチ スマートキー リレーアタックポーチ セキュリティ リレーアタック エムズスピード

価格:2,200円
(2019/10/14 18:19時点)
感想(0件)

協和興材 マイクロロン ガストリート【smtb-s】

価格:3,492円
(2019/5/18 10:15時点)
感想(0件)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/4 22:19時点)
感想(0件)

ニューモデル速報 第579弾 レクサスUXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2019/1/10 21:14時点)

ニューモデル速報 第578弾 レクサスESのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2018/12/9 23:33時点)

Anker Roav ジャンプスターター Pro (6.0Lまでのガソリンエンジン車・3Lまでのディーゼル車に対応)【 最大電流 800A / モバイルバッテリー機能/安全保護システム / コンパス機能/LEDフラッシュライト搭載 / 専用ケース付属】

新品価格
¥6,999から
(2018/10/26 22:53時点)

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2019年 11月号 [雑誌]

価格:689円
(2019/10/14 18:20時点)
感想(1件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/4 22:16時点)
感想(11件)

KARCHER(ケルヒャー) モバイルクリーナー OC 3 1.680-009.0 マルチクリーナー

新品価格
¥15,345から
(2019/10/14 18:31時点)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500h (ホワイト)【KSR18024W】 京商

価格:14,580円
(2018/8/6 22:26時点)
感想(0件)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500(レッド)【KSR18024R】 京商

価格:13,980円
(2018/8/6 22:27時点)
感想(0件)

ユピテル 超広画角174°夜間特化ドライブレコーダー SN-SV70c GPS 衝撃センサー WiFi HDR SN-SV70c

新品価格
¥22,471から
(2018/10/26 23:05時点)

Wicked Chili by ドイツ/シガーソケットチャージャー 4800mA ターボID機能搭載 車載用シガーソケット デュアル USBカーチャージャー Apple iPhone X/8/8 Plus 7/7 Plus/6S/6S/Plus 6/6Plus/SE/5S/5 iPad iPod Air Touch (24W 4.8A アップル用に最適化)

新品価格
¥4,299から
(2018/5/27 02:09時点)

ブルーバナナ99 SNTC-M18 ■ ナビコントローラー / ナビ キャンセラー ■ LC500h LC500 LS500H NX300 NX300hH29/9

価格:31,104円
(2018/1/12 23:51時点)
感想(0件)

スイッチ押し太朗【オートブレーキホールド用汎用接続タイプ】『オートブレーキを常時スタンバイ!!』 オートパーツ工房

価格:3,150円
(2017/8/21 00:19時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

BLITZ ブリッツ 15810 ブレーキホールドジャンパー レクサス URZ100 LC500 / GWZ100 LC500h エンジン始動と同時にブレーキホールド機能を作動!!

価格:14,570円
(2018/8/6 22:30時点)
感想(0件)

[BLITZ] ブリッツ スピードジャンパー レクサス LC500 URZ100 17/07〜 2UR-GSE 競技専用品

価格:149,686円
(2018/2/6 23:54時点)
感想(0件)

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/1/2 11:14時点)
感想(2件)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

寺岡製作所:TERAOKA 導電性アルミ箔粘着テープNO.8303 10mmX20M 8303 10X20 型式:8303 10X20

新品価格
¥1,158から
(2018/1/12 23:57時点)

【お一人様1個限り】LED T20ダブル SMD24連 レッド/赤 T20シングル T20ピンチ部違いにも使用可能 【無極性】 テールランプ ストップランプ 等 12V-24V車 【T20ウェッジ球】 高品質3チップSMD【孫市屋】●(LM24-R)

価格:2,039円
(2017/9/12 00:54時点)
感想(21件)

マイクロロン(Microlon) ガストリート -

新品価格
¥2,763から
(2019/10/14 18:27時点)

BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V

新品価格
¥6,580から
(2016/5/30 23:10時点)

CG 2019年11月号[雑誌]

新品価格
¥1,300から
(2019/10/14 18:34時点)

ニューカー速報プラス 第49弾 LEXUS LC 500/500h (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/5/10 20:48時点)

レクサスLCのすべて (モータファン別冊ニューモデル速報 Vol.552)

新品価格
¥780から
(2017/5/9 20:20時点)

THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

新品価格
¥3,996から
(2017/4/21 23:14時点)

レクサスLSのテクノロジー (モーターファン別冊 Motor Fan illustrate)

新品価格
¥1,728から
(2018/1/10 19:33時点)

歴代セルシオ/レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥1,080から
(2018/1/2 17:06時点)

ニューモデル速報 No.562レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥780から
(2017/12/4 22:06時点)

ニューカー速報プラス 第56弾 レクサス 新型LS 500h/500 (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/12/4 22:16時点)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・ホワイト)[オートアート]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

価格:17,650円
(2018/8/6 22:22時点)
感想(0件)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・レッド)[オートアート]【送料無料】《発売済・在庫品》

価格:18,450円
(2018/8/6 22:23時点)
感想(1件)

オートアート 78847 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (メタリック・イエロー ※インテリア・カラー/ブラック) ミニカー(ZM29895)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:20時点)
感想(0件)

オートアート 78849 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (ブラック ※インテリア・カラー/タン) ミニカー(ZM29897)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマットセットLS500/500h アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:62,640円
(2017/5/8 00:16時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマット トランクマット(ラゲッジマット)LS500/ハイブリッド車専用 アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:15,120円
(2017/5/8 00:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 ラゲッジマット (プレミアム)

価格:11,980円
(2017/7/1 21:47時点)
感想(0件)

コムテック GPSレーダー探知機 ZERO 803V OBDII接続対応 無線LAN自動データ更新無料 4.0インチ液晶 モーションセンサー 超速CPU G ジャイロ 搭載 ドライブレコーダー相互通信対応

価格:29,781円
(2017/6/11 00:00時点)
感想(0件)

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Premium EN ] LN3

新品価格
¥12,754から
(2019/10/14 18:36時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

ボディードクター ザ・シート メッシュ ブラック BD517

新品価格
¥4,480から
(2016/8/28 19:23時点)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【s10】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,860円
(2017/7/1 21:57時点)
感想(10件)

AESOP/イソップ レバレンス ハンドウォッシュ 500ml (B500BT17)

価格:4,428円
(2018/5/27 02:12時点)
感想(1件)

イソップ Aesop リンスフリーハンドウォッシュ 50ml [003024]

価格:1,020円
(2018/5/27 02:14時点)
感想(2件)

KURE オイルシステム デュアルブ 200ml×2本【楽天24】[KURE(クレ) ボディケア用品 車用]

価格:3,387円
(2016/8/17 23:09時点)
感想(1件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

レクサス星が丘の奇跡

新品価格
¥1,512から
(2014/9/25 21:30時点)

<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
プロフィール
QRコード