2019年07月29日

ポルシェ911 Carrera(992型)を見てきた。そりゃ魅力ありますよね!

ポルシェディーラーさんからは定期的にDMをいただくので(しかも結構魅力的な販促プレゼントが!)久々に訪問してきました。

今回は新型ポルシェ911 の最新モデル「992型」の 911 Carrera S(ややこしい!)

展示されていたのは、日本車ではまずお目にかかれない鮮やかな水色系のブルー(マイアミブルー)のカレラS。(1666万円〜)


th_87ZkuFu0QkeV7ehXCyOx6A_thumb_5d20.jpg


最近のポルシェはヘッドライトが異様にかっこいいですよね。(点灯するとPORSCHEロゴが光って更に!)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d2c.jpg


リヤスポイラーは羽というよりもボディの一部がせり上がる構造になっていてびっくりしました。

th_JPe4dWqFTN6sOSzLXbd7Iw_thumb_5d21.jpg

今回の注目は、やはり中央の「 II 」ランプでしょう!
また、真一文字のストップランプはポルシェではおなじみですが、レクサスUXも採用したのがちょっと複雑なところです。
レクサスUXと同様大変きれいに均一に光ります。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d2d.jpg


ホイール&足回りはいうまでもなく素晴らしい見栄え!
オプションでカーボンセラミックブレーキも選択可能です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d25.jpg


ポルシェのスポーツカーシリーズはもちろん価格が高価過ぎて手が届かないのですが、そもそも興味がわかなかったのは、古臭い(すいません・・・・)インテリアでした。しかし、新型パナメーラ以降採用されている、新世代のインテリアに一気に進化したおかげで見栄えが大変良くなりました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d28.jpg

10.9インチの大型ワイドスクリーンの他、ボタン類がフラット化されていて未来感あるセンターコンソールですが、一部レトロなデザインも混じっているところが面白いですね。本革部分の手触りと、香りもよくいい雰囲気でした。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d29.jpg

センターコンソールには浅いながらも収納が。USBやSDカードの他、SIMカードがあります。
ポルシェコネクトのサービス用SIMのようですね。(月間1GBまで無料らしい)
https://www.porsche.com/japan/jp/connect/

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d2a.jpg

リヤ席は荷物置きとしては十分なスペース。
BMW8シリーズと同様、かわいいベルトストラップを引くことでスムーズにシートを倒すことができます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d2b.jpg


もう1台、911 Carrera 4S (AWD)も展示されていました。
いかにもポルシェ!っていうカラーとデザインで、フロント部分に関しては現行モデルとの違いがぱっと見はわかりません。

th_rLuodDFdRPOWMTk7I6+pKw_thumb_5d30.jpg


リヤは結構写真だとボリューミーに見えますが、実車はそんなことはありませんでした。
リヤスポイラーは格納されていますが、すっきりしていますね。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d33.jpg


スカッフプレートには「4S」のロゴが入っていて、また小型の傘を入れるためのくぼみがあるのが面白い!
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d34.jpg


新世代ポルシェは全体的にインテリアが一気に進化し、エクステリアも特に前後ライト類が先進的で見栄えが良く、値段を除けば非常に魅力的に感じます。
やっぱり他のメーカーとはオーラがちがうというか、ポルシェに魅了される方が多いのが静的質感からも感じられます。
多数の方が来店され商談や試乗をされていてなかなか盛況でした。
なお911カレラSに関してはまだ年内納車が可能、カブリオレは来春頃になりそう、とのことでした。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5d35.jpg


その後は近場のレクサスディーラーへ。
オーナーズラウンジでアップルタイザーを頂きながら、接客や応対の良さを感じつつ、やはり車そのもの、特にスポーツモデルに関してはまったく違いがあるなぁ・・・とあらためて感じました。

th_IMG_6007.jpg

レクサスのスポーツモデル戦略は今の所成功しているとは言えませんが、スポーティルックな「F SPORT」の人気は高いようですので、既存のエンジンやブレーキシステムのチューニングをして差別化したハイスペックバージョンがあれば・・・と思います。
特に、実用的なNXやRXをお乗りの方で、車検等を期に、動力性能に不満を感じ欧州車やポルシェ・マカン/カイエンにお乗り換えされる方も結構いらっしゃるようですので・・・
今の車はどれも高性能で安全装置も一通り揃っていますので、マイナーチェンジの際に、エンジン・トランスミッション・ボディ構造に変更がないと確かになかなか乗り換えの食指は動かないなぁと思います。





2018年07月23日

新型ポルシェ「カイエン」発売! 早速見てきました!

世界的なSUV人気が継続するなか、ポルシェも新型SUV車「カイエン」をフルモデルチェンジして日本で発売しました。日本では7月21日〜22日にデビューイベントが各販売店で開催されたようで、当方も担当の方からお誘いいただいたので訪問してきました。


新型カイエン、フルモデルチェンジとはいえ、外観ではあまり違いがわからないというのが正直なところです。
でもそれだけ完成されたデザインとも言え、どこから見てもポルシェのSUVですね。

th_IMG_1766.jpg

今回の新型カイエンの展示車は1288万円の「S」グレードでしたが、売れ筋は十分な動力性能を持つ、「ベースグレード」(約9,760,000円)それに、メーカーオプションを200万円程度積み重ねて1200万前後とするケースが多いそうです。

公式サイトでコンフィグレーションをしているだけで楽しいのがポルシェブランドの車の特徴ですが、メーカーオプション選択の豊富さと一般的な国産車がもう1台購入できると思われるぐらいのオプション価格がなんとも言えません・・・

https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-models/cayenne-s/


さて、外観でまず目立つのはやはりヘッドライト周り!
Audi車譲りの「マトリクスLEDヘッドライト」は精密な内部構造とともに精悍なデザインで見栄えも抜群!
横バー方式のLEDをウィンカーもポルシェのSUVって感じで安心できるデザインです。

th_IMG_1737.jpg


展示グレードはツインターボエンジン搭載の「S」で、「1,288万円」という高価なもの。これにポルシェ伝統の様々なオプションが加わるので1,500万円コースでしょうか・・・

th_IMG_1768.jpg


ヘッドライトは片側84個のLEDを使用した「LEDマトリックス ヘッドライト(PDLS Plus)」
内部がブラック・アウトされ、デザインもカッコいい!性能はAudi各車でお墨付きの高機能ですが、オプション価格も「355,000円」と立派です。

th_IMG_1740.jpg


ホイールは20インチの20インチ 「Cayenne Sportホイール」。
スポーティでかっこいいですね!「348,000 円」のオプションです。ポルシェは豊富なデザインのホイールがあるのがいいですね。
ブレーキキャリパーの見栄えもgood!

th_IMG_1738.jpg


ドアミラーに関しては、下部が樹脂パネルでした。
ボディ同色やブラック塗装はオプションで設定されています(98,000円)
レクサスなら10000円程度の部品交換で済みますが・・もっとも、SUVなのでこのままでもいいかな。

th_IMG_1790.jpg


さて、気になるインテリアです。
室内は当然にレザー張り・・・といいたいところですが、実は基本はオプションのようでレザーインテリアとして、「599,000円」のオプションが装着されていました。
標準仕様だとどうなのかわかりませんが、「ドアトリム」、「ダッシュボード」、「アームレスト」等が合成皮革(パーシャルレザー)ではなく、本革になり、ステッチ類が入るものと推測しています。
価格がとにかく高いのですが、シート表皮の素材にも影響すると思われますので、装着される方は多そうです。自分なら間違いなく装着しますね〜なお、色の組み合わせで価格が変動するのもポルシェの特徴。(ツートンカラーは更に高価)

th_IMG_1748.jpg


シートは高機能な「18way スポーツシート」を備えていました。
ホールド感も適切で、座り心地が良いです。また、スポーツシートでこれだけ調整幅が多機能なのは珍しく、(だいたい8way〜10way程度のものが多い)素晴らしいと思います。なお、オプション価格は「295,000円」。

th_IMG_1760.jpg


シートサイドのスイッチが煩雑な印象がありますが、こういう目立つ部分は、「VW/Audi」とは部品共用していないんですね。
なお、”シートヒーター”、”シートベンチレーション”は別途オプション設定が必要です。(それぞれフロントのみの場合、それぞれ79,000円、184,000円。リヤも装備する場合は価格が約2倍に。でもリヤも装備できるのは良いですね。)

好みの仕様にしていくとオプション価格がうなぎ登りとなります。
ポルシェのオプションを調べると、レクサスの「version.L」、メルセデス・ベンツの「エクスクルーシブパッケージ」等は安価に感じます。


インテリアパネルは、スポーティな「ブラッシュアルミニウム インテリアパッケージ」
標準仕様かな、と思っていたのですが、オプションのようです。面積もそれほど広くないので、これで「141,000円」は少し高価な印象。その他、ウッド、カーボンなどが選択可能です。

th_IMG_1782.jpg


さて、センターコンソール等のインテリアは大きく変わり、昨年フルモデルチェンジした「新型パナメーラ」ふうに変貌!
新型Audi A6/A7/A8風の雰囲気も感じるなど、VWグループ全体的にインテリアがさらに良くなりましたね!

モデルチェンジ前で特徴的?だった、スイッチだらけで煩雑な印象のあったシフトノブ周りのメインパネルが大きく変わり、新世代感を感じます。
なお、パナメーラでは、エアコン調整などがブラインド操作でしづらいなど、使い勝手はあまり良くないとの話も聞きますが、フラットでブラックアウトされたスイッチパネルにイルミが入ると非常に洗練され美しく、とても素敵と思います。
ただし、「ハザードスイッチ」はちょっと押しづらそうです。


th_IMG_1758.jpg


ステアリングも太く、良いレザーを使用しています。(オプションでアルカンターラへの変更も可。「79,000円」)
パドルシフトもずっしりとしたリアル金属を使用しているようで、操作性が良いです。ローターリー式も使用したステアリングスイッチの操作性も良好。「マルチファンクション機能付き+ステアリングヒーター」で「49,000 円」のオプションのようですが、もはやどれがオプションなのか標準装備なのか素人には判別困難です。

th_IMG_1756.jpg


リヤドアを開くと、ドアトリムおよび後席は割とあっさりとした印象で質実剛健な感じがします。
レザーインテリアパッケージを装備しているので、ドアトリムの手触りや質感などは良かったです。
しかしサイドシルが太いですね〜

th_IMG_1750.jpg


シートは当然ですが分割可倒式。電動パワーテールゲート機能付き。

th_IMG_1784.jpg

リヤシートはバケットタイプではなく、普通のシートですが、フラットにはなりません。

th_IMG_1792.jpg


さて、レクサスの実用的なSUV車としては「RX」がライバルになりますが(価格差がありますが)レクサス新型RXは来年(2019年)にマイナーチェンジを行う予定です。
2015年に新型RXを購入した方は今冬に「初回車検」を迎えることになります。最近のレクサス車は初回のマイナーチェンジまで「3年半〜4年程度」となる傾向にあり、実車を見ないで先行発注された方はRXのマイナーチェンジモデル発売前に車検を迎えてしまいますね。

06_o-4.jpg

まだまだ新型RXは内外装デザイン、装備面も含め古臭さはありませんが、走行性能の面では結構要望が出ているようです。
私的な印象でも、運転したフィーリングやパワー感などでも価格がはるかに安い「マツダ CX-8」の方が上質で気持ちよく感じますし、RXと同クラスの輸入車勢は魅力的なパワートレーンや感能性能を持つものが多いです。

ここ数ヶ月のガソリン価格の上昇は気になるところですが、レクサスRXからさらに上級移行、スポーティ志向の方は、さらに運転する楽しみを味わえる、「新型カイエン」は乗り換えの選択肢にあるという方も多いのではないでしょうか?

th_IMG_1770.jpg

RX450hのハイブリッドシステムの刷新はまだ行われないと思いますので、対抗する意味でも、レクサスRXにもぜひ高出力と燃費を良質した、新世代の「ターボエンジン」を追加搭載してほしいところ。新型「LS500」のデチューン版ツインターボエンジンや「3L ツインターボ」あたりはマイナーチェンジでぜひ搭載してほしいところですが・・・北米の需要次第でしょうか?

th_IMG_1741.jpg


とにかく人気の「カイエン」。ポルシェディーラーへの来場者も多く、賑わっており、新型カイエンの人気さが伺えます。
私的には、特にインテリア・インフォテインメントシステムが一気に刷新され、先進感がでたのは非常に魅力的に感じました。

また、場所柄、洗練された顧客も多く、ファッションや振る舞いなどを含め、刺激を受けました。
他のブランド店や販売店にいくことで新たに得られる気づきは多いなぁと感じます。
(なお、ノベルティも豪華・・・!結構便利です。)

ph02.jpg

2017年03月05日

ポルシェ 新型 パナメーラターボ とてもカッコいい!

とてもとても購入出来ませんが、LC500の他にセダン・クーペ系で興味があるのは・・・
なんといっても ポルシェの新型パナメーラ!(新型A7系も待ち遠しいところですが・・・・)

パナメーラ ターボ・・・これ本当にカッコいいです。
ポルシェの販売店とはほとんど接点がないため、門前払いされるかなぁ・・・と思いましたが、大変素晴らしいセールスマンに出会い、エンジンサウンドも含めじっくりと見せていただき、久々にワクワクするひとときを過ごすことができました。

最初に見せてもらったのは、なんといってもパナメーラターボの、あのリ可動式のアクティブリヤスポイラーです!
数秒ですが動画にしてみました。これを見ると、アウディやレクサスのアクティブリヤスポイラーが物足りなく見えます。
いや〜スポイラーが動くだけでワクワクするのにこの分割可動方式は堪りません。




パナメーラ ターボ、「高級感」と「イイモノ感」が半端ないです。 
幅も1950mmあるので大迫力! LCやNSXなどクーペとはまた違ったかっこよさです。
プライスは。。。。  2327万円!ここにさらにオプションを追加すると、2500万ぐらいは行きそうです。

th_IMG_7006.jpg



公式コンフィグレーターはこちら。
http://www.porsche.com/japan/jp/modelstart/all/?modelrange=panamera


エンジンルームも とても素敵でしたよ。(思ったよりカバーの面積が大きいんですね)
エンジンの位置がなるべく車両中央に寄せられているんですね。素晴らしいスペックにもかかわらず、燃費はリッターあたり10kmをマーク!
th_IMG_1379.jpg

ヘッドライトもものすごくカッコいい!アウディでも採用されている、マトリクスLEDヘッドライト。
デイライトだと4灯式になるのですが、非常にオシャレ。LEDの制御は84個も行われているとのこと。

th_IMG_0654.jpg

インテリアも凄く進化していて、今までのスイッチだらけのものから、おしゃれなタッチパネル風に変わっています。
(ただし、静電式のタッチパネルではなく、物理的なクリック感があるものです)
いろんな操作を大型タッチパネルと操作パネルで行う必要があるのである程度慣れないと大変そうですが、なれるととてもスタイリッシュで非常に先進性が高く良いと思いました。
これを見るとレクサスのLCや新型レクサスのLSの操作系はまだまだ古いなぁと感じてしまいます。

インテリア周りの質感自体はアウディでいえばレザーの質感も含め、「S7」相当ぐらいかなぁという感じです。
(天井などはアルカンターラでした)
なお、アウディのようなバーチャルコクピットも装備されていて、ナビ画面も比較的使いやすい印象でした。(が、やはり日本車のような操作性や動作スピードには及ばない印象。)

th_IMG_7024.jpg

天井のルームライト周りの意匠も一新されています。
サンシェードの開閉スイッチ・操作性も結構いい感じでした。そういえば、後席にもガラスルーフがあるんですよねぇ。
th_IMG_3449.jpg

レクサスにもないものといえばやはりこのリヤのタッチパネル周り。
新型LSもようやく装備するようですが、このパネメーラのほうが内容も質感も高いと予想されます。
グラフィカルかつスイッチの配置もとてもオシャレで、直感的に操作したくなるパネルです。

th_IMG_3456.jpg


なんと、エアコンルーバーも電動で調整できます。これはフロント、リヤともに。(驚)
逆に手動調整が一切できないので、操作を覚えないといけません。
th_IMG_8632.jpg

リヤの居住性(頭上、足元)もバッチリですし、バルコナレザーっぽい上質なセンターアームレストに加え、しっかり固定してくれるドリンクホルダー&インテリアパネルも備えるなど、快適性にも配慮されており、感心してしまいました。
カーボンインテリアパッケージがオプションで装着されていたので、カーボンパネルのふたが上質でした。

th_IMG_2172.jpg


インテリアライトはすべてLED化されており、照明は天井のグリップ部の内側に。残念ながらこのあたりの質感は今ひとつでしたね。(これはアウディの上級クラスも同様)

th_IMG_6984.jpg


ポルシェといえばブレーキ性能が話題ですが、流石にものすごく立派な足回り。
タイヤはフロント275/40/R20、リヤはなんと315/35/R20という巨大サイズ。

th_IMG_3305.jpg

リヤビューもスタイリッシュ。911シリーズにも通じるデザインだそうです(営業氏 談)
th_IMG_6999.jpg

テールランプも真一文字でオシャレですし、つぶつぶ感が排除されています。
真ん中のラインがウィンカーです。全体的に、新型パナメーラということがひと目で分かるデザインですね。

th_IMG_7018.jpg

絶対に手が出ないモデル(ターボ)を最初に見てしまいましたが、通常のパナメーラ(1132.8万〜)は来週入庫するそうなので、また近々見に行ってみたいと思います。
最初は敷居の高さにビビりましたが、運良く応対してくれたセールスマンもディーラー自体のホスピタリティも非常に高かったです。

今までポルシェの内装は今ひとつピンと来ませんでしたが、このパナメーラは先進性のあるインテリアと仕立ての良い内装で、走行性能だけではなく、居住性も良く、所有感のある素敵な仕上がりになっていると感じました。
これならたとえば、サイズが大きくなるレクサスLSのF SPORTオーナーからの乗り換えのニーズも満たせるのでは・・・と思いました。
新型パナメーラの正式なデビューショーは来週3月11日(土)、12日(日)とのことですので、興味のある方は要チェックですね!
第1号車は近々納車されるとのことで、街なかで新型パナメーラを見かける日はそう遠くは無さそうです。

2016年07月01日

新型パナメーラがとってもかっこいい件

とってもかっこいい、ポルシェ新型パナメーラ。
5年ほど前、京都旅行中、祇園あたりでさっそうとリヤウィングを可動させ街なかなをさっそうと駆け抜けていくパナメーラをみて、なんとカッコいいんだ!(リヤウィングの可動には衝撃!)と思い、その後大阪の街なかで路駐していた同じく可変リヤスポイラーを持つ アウディA7に惚れて購入するわけですが、やっぱりリヤウィングが稼働するクルマはたまりません!
th_Porsche-Panamera-2017-1600-13.jpg


パナメーラターボのリヤウィング中央に分割線が入っている!
th_Porsche-Panamera-2017-1600-27.jpg

さて、新型パナメーラの画像や動画が次々公開されていますが、パナメーラ「4S」と「ターボ」でリヤウィングの可動方法が違うのに驚きました!
またご覧になっていない方はぜひご鑑賞を・・・ (1分55秒あたりから!)
まるでZガンダムに出てくるモビルスーツが変形するかのようなギミックに注目!



分割して・・・
th_スクリーンショット 2016-07-01 0.10.04.jpg

展開!
th_スクリーンショット 2016-07-01 0.11.09.jpg

内装も素敵になりましたね〜
やたら多かったスイッチ類がタッチパネルになり、モニターも大型化、アウディもびっくりのスタイリッシュなデザインになっていて、これは実物を早く見てみたいです!
th_Porsche-Panamera-2017-1600-19.jpg

シフト周り。物理的なスイッチがほとんど姿を消しています。
th_Porsche-Panamera-2017-1600-1c.jpg


リヤも凄いです。レクサスLSもこういうふうになればいいなぁ。
th_Porsche-Panamera-2017-1600-22.jpg

先日718ボクスターを見たこともあり、少しポルシェブランドにも興味が。
高くてどれも買えないんですけどね・・・(汗


2014年11月14日

ポルシェ マカン発表! ライバルの1台に・・・

ポルシェ・マカンの発表会があったようですね。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141114_676076.html
かなり前から発売済だと思っていたのですが・・・いよいよ納車が開始されるそうです。
111.jpg
私も、青山のカフェに展示されていたマカンを見たことがありますが、確かに恰好よかったです。
日本でもすでに1500台のバックオーダーがあるとのことで、いかに人気があるのかわかりますね。
ポルシェの中ではお求めやすい価格とはいえ、かなり高額な車両。ベースグレードのマカンでもオプションをつけていくと恐ろしい金額に・・・。

インテリアですが、上質感は感じられるものの、ナビ周りは確かに今一つのようです。なぜこんな下の位置に?うーん?
それにしてもポルシェはスイッチたくさんありますけど、あまり批判されないですね。これが日本車なら、「スイッチが多すぎてインテリアがビジーだ!」なんてバッサリ(笑)
171.jpg

ライバル車一覧も掲載されていて、その中にはレクサスNXとRXもあり・・・
一応ポルシェ側にも意識はされているということでしょうか?
レクサスNXも海外で大ヒットを記録しているようなので、このクラスのプレミアム・スモールSUVは本当に人気のあるジャンルですね。
017.jpg

そういえば、最近は年末も近くなってきたということもあり、輸入車ディーラーからのDMがすごい来ます。
メルセデス、BMW、アウディ・・・いずれも在庫車の好条件案件がかなりあるようです。

アウディも「RSモデル」高速試乗会をやるとか・・・RS6やRS7なんて試乗が困難なモデルですから行ってみたいなぁ・・・
とはいえ、買えない車を試乗しても・・・っていうのもありますし、難しいところ。
DSC07453.jpg

アウディなど輸入車では2014年モデルの在庫セールなど、この時期から12月中まで値引きもガッツリあるようですが、リセールに直結しますしねぇ。
1400x438_AS7_141005.jpg

しかし、新型A6/A7系もだんだん見慣れてきて最近はカッコイイと素直に思えてきました。
やっぱりライティングセンスはアウディ、さすがです。
1400x438_AS7_141005.jpg

ユピテル レーダー探知機オプション OBD12-M III OBD12M3[OBD12M3]

価格:5,540円
(2019/5/18 10:16時点)
感想(1件)

【送料無料】【2個セット】[TV紹介商品] リレーアタックガードポーチ2 カーボン【2個セット】リレーアタック対策 リレーアタック対策グッズ 盗難防止 電波遮断 電波遮断ポーチ スマートキー リレーアタックポーチ セキュリティ リレーアタック エムズスピード

価格:2,200円
(2019/10/14 18:19時点)
感想(0件)

協和興材 マイクロロン ガストリート【smtb-s】

価格:3,492円
(2019/5/18 10:15時点)
感想(0件)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/4 22:19時点)
感想(0件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

スポンサーリンク

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/4 22:16時点)
感想(11件)

ブルーバナナ99 SNTC-M18 ■ ナビコントローラー / ナビ キャンセラー ■ LC500h LC500 LS500H NX300 NX300hH29/9

価格:31,104円
(2018/1/12 23:51時点)
感想(0件)

スイッチ押し太朗【オートブレーキホールド用汎用接続タイプ】『オートブレーキを常時スタンバイ!!』 オートパーツ工房

価格:3,150円
(2017/8/21 00:19時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/1/2 11:14時点)
感想(2件)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

寺岡製作所:TERAOKA 導電性アルミ箔粘着テープNO.8303 10mmX20M 8303 10X20 型式:8303 10X20

新品価格
¥1,158から
(2018/1/12 23:57時点)

【お一人様1個限り】LED T20ダブル SMD24連 レッド/赤 T20シングル T20ピンチ部違いにも使用可能 【無極性】 テールランプ ストップランプ 等 12V-24V車 【T20ウェッジ球】 高品質3チップSMD【孫市屋】●(LM24-R)

価格:2,039円
(2017/9/12 00:54時点)
感想(21件)

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Premium EN ] LN3

新品価格
¥12,754から
(2019/10/14 18:36時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【s10】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,860円
(2017/7/1 21:57時点)
感想(10件)

AESOP/イソップ レバレンス ハンドウォッシュ 500ml (B500BT17)

価格:4,428円
(2018/5/27 02:12時点)
感想(1件)

イソップ Aesop リンスフリーハンドウォッシュ 50ml [003024]

価格:1,020円
(2018/5/27 02:14時点)
感想(2件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
プロフィール
QRコード