2021年04月29日

レクサス初の電気自動車 「UX300e」ようやく試乗できました!

レクサス初の電気自動車(BEV)、レクサス 「UX300e」が続々展示車・試乗車として配備が進んでいるようです。今回、短時間でしたが試乗の機会を得ましたので簡単にレポートさせていただきたい思います。

th_wqIyvpzYRJaxcTbP5fFDXA_thumb_6a56.jpg

UX300eには「version.C」と「version.L」という2つのグレードが存在し、基本性能は同一。
今回は「version.C」のため、ホイールは17インチ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a4f.jpg

「スカッフプレートがない」、「パワーウィンドウスイッチの仕上げが質素」(非ヘアライン加工、非クリア塗装)というのが乗降時に感じる「version.L」との違いですが、このあたりは後で部品換装もできま。・・・とはいえ、もともと高額車ですので、私的にはこのあたりの仕様は統一してほしかったと感じます。

th_5dAFAQX7QoiQY1Bs9h6psA_thumb_6a4c.jpg


装備的には「version,C」のため特に不満はありません。パワーシートや電動チルト/テレスコピック機能、ステアリングヒーター、シートヒーター、シートベンチレーションも備わっているので、季節を問わず快適なドライブを行うことができますし、AUTOモードの「レクサスクライメイトコンシェルジュ」を搭載しているので、空調関係がAUTOで大丈夫なのは他のEV車と比べても「UX300e」の優位点と感じます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a4a.jpg


シートに座り、最初に手を触れるのはステアリングかと思います。
ステアリングスイッチは既報の通り、「OK」や「CANCEL」ボタンが押しやすくなって改良されましたが、スイッチ自体の質感やクリック感は今ひとつといったところで、同デザインでも「ES」や「LS」とは差別化されており、残念なところです。
また、ステアリングの本革自体の質感も上質なのですが、「F SPORT」モデルのような穴開きのディンプル加工がされていないこと、ステアリング自体の操舵感が軽めということもあり、スポーティな仕様のお車に乗られている方からすると、操舵性に少し不安に感じるかもしれませんが、この点は程なく慣れるかと思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a49.jpg

この「UX300e」はとにかく賛否分かれるモデルと思いますが、「良い点」というのは、なんといっても既存の「UX」オーナーのみならず、レクサスのハイブリッドカーにお乗りの方は、ほとんどの方はなんの違和感もなく、すぐドライブが可能ということでしょう。
多少異なるのは、シフトレバーの操作のみで、電気自動車特有の「どう操作すればよいのかわからない」という点が一つもありません。
安心してドライブ・所有できるという点では地味ながら重要かと思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a18.jpg

さて、アクセスを踏み、クルマが動き出すと、テスラ社のEVのような驚くべき加速はありません
とはいえ、レクサスハイブリッドカーのように、控えめな加速力でもなく、アクセルの踏み方に応じた加速力を得ることができるので、実に運転しやすいです。そして、途中でエンジンがかかることもないため、ボディやペダルに「振動」を感じないのはとても新鮮な感覚です!
ロードノイズも抑えられていますので、室内はとても静かです。とはいえ、耳が「ツーン」となるほどの無音ではありません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a1d.jpg

乗り心地も向上しています。
バッテリーパックを床下に敷き詰めており、重量が増加したことで安定感がでているのと、パフォーマンスダンパーをリヤ側に装備しており、微振動を低減していることと、どっしり感が強まり、路面追従性も向上していると感じました。重量は増加していますが、モーターでの加速力がありますので、「UX250h」に比べて鈍重な点は一切感じられませんでした。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a2c.jpg

既存の「UX」シリーズとの大きな違いは「坂道」(上り坂)です。
ある程度勾配がある上り坂などでは、多くのハイブリッドカーでは、エンジンがうなりながら、ハイブリッドモーターを併用しながら登っていきますが、BEVの場合はそれがありません。着実にグイグイ登っていくのは新しい感覚です。
また、静粛性は確かに高まっているので、静かになったことにより、逆にさまざまなノイズが聞こえる・・・ということもありません。

なお、信号待ちなどで停止する際の「フォーン」「ヒューン」といった特有の電磁的なサウンドは、小さいながらも残っています。(逆にこれが電気/ハイブリッドカーという感じもしますが・・・)
なお、スピードメーターあたりからよく聞こえてくるような「ジー」や「カチカチ」といった電気的なノイズはほとんど聞こえてきませんので、静粛性にはかなり気をつかったいることがわかりました。

ドライブセレクトモードを「パワーモード」にすると、スピードメーターの色が多少変わるぐらいですが、走りはかなり変わります。
アクセルレスポンスおよび、加速感が明確に良くなりますので、「常時こちらのほうが良い」と感じる方もいらっしゃるでしょう。このモードであれば、明確に「UX250h」との動力さを感じ、ネーミングの「UX300e」というのは伊達ではないことが感じられます。
ただし、停止時からのアクセル操作ではノーマルモードよりも急加速しがちなので、助手席や後席に乗客を乗せる場合、発進時はノーマルモードの方がスマートなドライブができると思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a0b.jpg


全般的には、エンジン振動がまったくない、コーナリング時に低重心感が感じられるという点で、「UX250h」の上位機種という感じが伝わってきます。


反面、今一つと感じたところは、シートのホールド性の低さです。
ボンネット内にエンジンを搭載しておらず、鼻先が軽いので、コーナリングは非常に軽快なのですが、それ故に、ボディの「揺れ」は気になります。当方が普段乗っているのはFR車ということもありますが、ボディが揺れたあと、シートのホールド性が低いこともあり、体がゆすられがちです。気持ちよくドライブしたい方のために「F SPORT」用のシートがあっても良いと感じました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a52.jpg

また、回生ブレーキの強さの切り替えはいちいち「Bレンジ」に入れないと調整できないのはちょっと面倒だなと感じました。(パドル操作で現状選択しているものより1段上の効きに調整できるようですが・・・)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a2a.jpg


スピードメーターの仕様が単純であるのも残念なところです。
EVの先進性を生かして「12.3インチ」などの大型のディスプレイを採用してほしかったと感じます。
「回生ブレーキの強さ」も常時表示はできませんし、坂道などでどれだけエネルギーを回収しているかなどももっと明確に示したほうが実感が出ると思います。全般的に、BEVを所有する方の特性からもう少し情報量が多くても良いのではと感じました。
情報量が多いと感じる方には「クラシックモード」などを準備して、通常モデルのような表示に留めればよいわけですし・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a4d.jpg


なお、回生ブレーキの効き具合を4段階で調整できるのもこのクルマの特徴といえますが、ニッサン・リーフやテスラ社のような強烈な回生ブレーキ性能に切り替える仕様がありませんので、アクセルのみでの「ワンペダル走行」はできません
とにかく、今までのレクサス・ハイブリッドカーに近い操作・乗り味を追求しているのが「UX300e」の特徴と感じました。


さて、いつも試乗コースでの、燃費(電費は「6.1km/KWh」でした。
電費とは聞き慣れない言葉ですが、スピードメーター左のインフォメーションディスプレイでも「瞬間電費」や「平均電費」という用語が使用されているように、BEVでは一般的な用語のようです。

UX300eの電池容量は 「54.4kWh」ですので、単純計算ですと、54.4×6.1=約330km走行できる計算になるのでしょう。
特に燃費走行を意識せず、パワーモードも40%程度使用した程度ですが、カタログ上の「WLTCモード」上の「367km」に近い数値かと感じました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a53.jpg


最近建設された大型商業施設などではEV用の充電設備を備えているところも多いですので、「週末の買い物の際に乗った分だけ充電・・・」というような使い方であれば、集合住宅など、自宅に充電設備がなくても十分運用できそうです。
電気自動車につきものの「不安」を抱くことなく、「誰もが普通に乗れるEV」として「UX300e」の存在感意義があると感じました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a37.jpg


今回の試乗を通じた私的なインプレッションとしては、「先進感はまったくないが想像よりも良い仕上り」。
静粛性も高いですし、乗り心地も良い(ただし、凹凸のある部分を走行した場合の振動など、ものすごく良いわけではない)操舵性や加速度も特段の不満はなし(ただし、高速道路で周囲をリードするような走行はできないものと思われます)。振動がなく静かな環境でのドライブは、従来のハイブリッドカーともまた違う魅力がありますね。


しかし、現時点でBEVを購入される層(アーリーアダプター層)をイメージすると、以下の点で「UX300e」は弱点があると感じます。


通常モデルとの「見た目」の差別化がほとんど無い。
 外観や内装の差別も僅少だが、例えば、キー(スマートキー、カードキー)もハイブリッドカーとまったく同一で、「他人と違うものを持つ」という面では魅力が弱い。

 th_pl9r8CzQSpuWztIO1BLIdw_thumb_6a55.jpg

UX発売から3年を経過しようとしているため、2022年には実施されるだろう「マイナーチェンジ」が気になる
 「ES300h」に準じたマイナーチェンジを実施してくると想定すると、先進予防安全装備「Lexus Safety System+」のアップデートや、ナビ画面のタッチディスプレイ化は確実。よって、「あと1年待つ」という選択肢は十分ありえる。

20210419_02_030_s.jpg

他のブランドのBEVのような「先進さ」はほぼゼロ(使い勝手が良いとも言える部分)

日本におけるBEVの現状は、スマートフォンに例えれば2011年頃「iPhone4S」が出た直後ぐらいのイメージではないでしょうか?
現状のBEVを選択される方は、特定ブランドの「信者」など献身的なロイヤルカスタマー層に支えられているといっても過言ではないと思いますので、そういった方には、古典的な内燃機関自動車の延長線にある、レクサス「UX300e」が選択肢に入ることはないでしょう。

しかし、誰もが安心してBEVを体感し、高品質なサービスを受けることができる、という点ではこの「UX300e」の存在意義はあると思います。「古さ」と「新しさ」の橋渡し役的なものがこの「UX300e」に求められる役割ではないかと思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a29.jpg

「LEXUS Electrified」で報じられたレクサスの今度の電動化の方向性に関しては、UX300eではごく一部しか取り入れられておらず、過渡期のクルマであると思いますが、UXに新たなパワートレーンが追加されたという見方をすればよいのかと思います。現状、各自治体などから支給される補助金を考慮すれば「UX250h」を購入される方はぜひ選択肢に入れても良いのではと思います。




2021年04月26日

レクサス「UX300e」展示開始!購入予定の方はぜひチェックを!

レクサス初の電気自動車(BEV)「UX300e」。
当初は「限定135台」の抽選販売ということで、著名芸能人の方が当選され購入されたことでも話題になりましたが、2021年3月下旬からは抽選でなく通常購入が可能となっています。
ただし、テスラ・モデル3の大幅値下げの影響なのか、その後の受注状況は好調とは言えないようです。(まだ上期納車可能枠が残っている状態)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a1d.jpg


レクサスが「UX300e」の本格販売をスタートさせたのと同時に、展示車が東京・日比谷の「LEXUS MEETS…」およびレクサスインターナショナルギャラリー青山でも設置されています。(「LEXUS MEETS…」では、「マダーレッド」のUX300eが置かれているようです)

th_Epk+jbDFQXmh0B13RSJ%4A_thumb_6a04.jpg


当方が訪問した、インターナショナルギャラリー青山では「セレスティアルブルー」のUX300e(version.L)が展示されています。
通常モデルとの違いやBEVの特性など、係員の方が非常に丁寧に教えてくれます。

ほとんど需要ないと思われますが、一応内外装の動画も。
----------------------------------------------------------

【YouTube動画】レクサス初のBEV「UX300e」見てきました!




----------------------------------------------------------


今後、「UX300e」の展示車や試乗車を置く販売店も増えていくようですし、徐々にレクサスディーラーへの「充電設備」の設置も進んでいます。
レクサスディーラーの充電設備は最新型ですし、レクサスオーナー以外でも、所定の充電カードを持つ場合は充電設備を使用可能ですから安心して利用できるのは嬉しいですね。(日本充電サービス(NCS)の会員であれば使用可能)

th_9Nh4qY%MS4utXSF+FAqiXg_thumb_6a12.jpg

https://lexus.jp/models/ux300e/pdf/userguide.pdf


UX300eに関しては、「UX」に新たなパワートレーンが加わったということで、既存のUXとの違いは本当に最小限となっています。
この点は賛否両論あるところかと思いますが、まず「第1弾」としては手堅くまとめてきた印象です。


外観上の違いは「ELECTRIC」と「UX300e」のエンブレムと、専用のエアロホイールでしか区別ができません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a06.jpg


あとは車両の左右それぞれに充電ポートがあるという程度でしょうか。
車両左側後方には「急速充電」用の充電ポートが備わっており、車両アンロック時にはポートのリッド(蓋)を押すことで開けることができます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a13.jpg

「一応つけときました・・・程度のLEDライト」が備わっていますが、BEVを象徴する充電ポートの構造には近未来感はまったくなく、あくまでガソリン車の給油口がそのまま充電コネクタに変わっただけ、ということでこの点はちょっとさみしいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a14.jpg


トランクスペースは、初期UXに比べると深型になっているので狭いという印象はありません。床下収納もありますので、積載性については犠牲になっていないのはすばらしいですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a0f.jpg


ボンネット内部については、BEVということで予想されましたが、中途半端にスカスカ感があります。
他のレクサス車のように、樹脂カバーで覆われることもなく、かといってテスラ車のようにボンネット内部に収納スペースがあるわけでもなく、非常にもったいない空間となっています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a22.jpg

また、600万円前後の車両価格にもかかわらず「ボンネットダンパー」が非装備というのも残念なところ。こういったところはベースモデルのUXと差別化しても良いのではと思いますが・・・(まぁ、BEVということ、収納スペースもないので開けることはほぼないのでしょうけど)

th_SamKuPISQJKeua8ThFzvGg_thumb_6a23.jpg


インテリアについてもほとんど変更されていません。
ただし、ステアリングホイールに関しては、他の2021年モデル車と同様に、ステアリングスイッチの中央部のボタンが押しやすく形状変更されていました。これは好ましい変更ですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a0a.jpg

スピードメーターでは、残電量がアナログ針ということで、ここまで通常モデルに似せなくても良いのではと思いますが・・・(別に、デジタル表示もあり)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a09.jpg


シフトギヤは電子式に変更、シフトレバー自体「LC」と類似の意匠となっていますが、レザーの質感はLCのように高品質なものではなく、差別化が図られています。また、シフトレバーASSYをLCから流用しているため、ここだけインテリアパネルとツライチではなく、不自然なくぼみができているのも残念。ただ、従来の「UX」とは違って全体的なすっきり感や質感向上は果たしていると感じます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a18.jpg


後席には、UX300e専用装備として、「後席シートヒーター」が備わっていますが、スイッチの意匠・質感はレクサスクオリティではないのが残念です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a0c.jpg

もう一つ実車確認での留意点は床下に敷き詰められた「バッテリーパック」です。
最低地上高はもちろん問題ありませんが、車両の床下に、ちょっと想像以上に出っ張って設置されています。
(車両最下部の樹脂パーツに包まれた内部がバッテリーパック&補強材)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a21.jpg


この影響は室内にも及び、通常モデルの「UX」よりも、床下が高くなっています。
見た目はそれほど変わらないのですが・・・

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a0e.jpg


そのため、後席に座った際、足のつま先が前席シート下にはいらなくなってしまいます。
また、床下自体が高いため、座面とのクリアランスが少なくなることから、膝裏側がシート座面に触れないため、極端な感じでいえば「体育座り」に近い姿勢を強いられます(あくまでイメージ)
ベースモデルのUXに比べると、足の置き場に関しては圧迫感があるので、後席に乗員を乗せる頻度が高い方は、居住性を確認されることを強くお勧めします。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a0d.jpg

今までのレクサス車となんの違和感もなく乗り換え・増車ができる点、そして海外製BEVでよく聞く不具合に関しても心配不要なのがレクサス「UX300e」の
メリットと思います。
反面、近未来感や先進感、デジタルガジェット感がほとんどないのは物足りなさも感じます。
また、「ES」と異なり、現時点でマイナーチェンジが案内されていないのも「UX300e」の不安材料の一つともいえるかと思います。
好き嫌いがかなり分かれる車かと思いますが、トヨタ/レクサス陣営として、初の本格的な量産電気自動車がいつでも購入可能になったというのは大きな一歩と思います。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6a05.jpg

2021年02月28日

レクサス初のBEV「UX300e」 2021年上期販売分 2/25オーダー開始!

IS500 F SPORT Performance の興奮が醒めない中、次の話題はレクサスの電動化の柱の一つ、電気自動車(BEV)。
限定135台(抽選)が圧倒的な倍率で完売した「UX300e」ですが、2021年4月〜8月の販売分として「約475台」追加販売されるようです。

2021-lexus-ux-300e-gallery-exterior-04-1920x1080_tcm-3154-2111405.jpg

前回は抽選でしたが、今回は各販売店で数台の割当があるようなので、どうしても購入されたい方は購入できるチャンスが高まります。
メーカーへのオーダーは3月11日頃開始、販売店での商談を行う必要があります。

https://lexus.jp/models/ux300e/


さて電気自動車(BEV)といえば、先般、日本市場での大幅な値下げを敢行した「テスラ・モデル3」が人気を集めています。
長距離走行が可能なロングレンジモデルは、150万円超の値下げをし、生産国を中国に変更して輸送コストの低減や駆動用バッテリーなどの変更もあり、UX300eより大幅に価格が安い「499万円」で販売というのは驚異的な価格です。

https://www.tesla.com/ja_jp/model3

th_スクリーンショット 2021-02-21 22.42.07.jpg

もっとも、モデル3に関してはSNS上では多数の不具合が報告されており、品質面やアフターサービス面では不安のあるところ。まだまだアーリーアダプター層やテスラ愛好家でないとおすすめできないような状況ではありますが、日本の各EVモデルにとっては価格設定も含め、戦略の見直しを迫られそうです。

UX300eはベースモデルが「580万円」、上級モデルのversion.Lで「635万円」と、レクサスブランドということを考慮すると、(国や地方自治体からの補助金も考慮すれば)ハイブリッドモデルからの価格上乗せはそれほど高額ではありませんが、今後、テスラなどの新興メーカーが家電製品やスマートフォンのように、車両の販売が進むにつれ、車両価格を大幅にディスカウントしてくるといったことを考えると、価格を基本的に下げない既存の自動車メーカーにとってはBEVの価格設定は悩ましいことになりそうです。

スクリーンショット 2021-02-23 23.14.40.png


レクサス「UX300e」は、最近発表されたBEVと異なり斬新さやBEVらいい特徴はほとんどなく、UXの新たなパワートレーンの選択肢が増えたという面が特徴で比較的地味な仕様になっています。
車両自体の信頼性の高さやディーラーでの高品質なサービスを受けることができるのが他のブランドのBEVに比べての優位点となりますが、従来は「約655万円」と、UX300eを超える価格であった テスラ・モデル3(ロングレンジモデル)が、「499万円」で、UX300eよりも大幅に安価で購入可能となったことを考えると割高感を感じてしまいますね。


また、レクサスUXはデビューから2021年秋には3年を迎えますので、「UX300e」を購入後、1年以内にマイナーチェンジが行われる可能性はかなり高いという点も考慮する必要があるでしょうね。
とはいえ、2020年販売分はわずか135台とほぼ販売できていなかった状況ですが、それが一気に2021年上期販売分が「約475台」に拡大することから「UX300e」の普及が徐々に進んでいくとともに、各ディーラーへの充電施設の設置も加速していくものと思います。

今後のLEXUS 「Electrified」戦略・・・まずはUX300eから、徐々に進んでいくことになりそうですが、純ガソリンエンジンを搭載して、パワートレーンがキャリーオーバーである「IS500」の情報公開のあとは、完全新型BEVモデルの公開が待ち遠しいですね。

2021-lexus-ux-300e-gallery-exterior-02-1920x1080_tcm-3154-2111403.jpg

2020年10月24日

UX特別仕様車”Urban Elegance”ラゲージ確認してきました!


レクサスUX “Urban Elegance” 特別仕様車を「レクサスインターナショナルギャラリー青山」にて確認してきました!

th_HPY4adnNQQepZtXNaVtI1w_thumb_66d1.jpg

2020年10月末までは、LEXUS公式ウェブサイトの「オンラインショールーム」でUX特別仕様車を自宅から確認することができますが、ちょうど当方がインターショナルギャラリー青山に訪問した際、まさにオンライン商談中でした。

https://lexus.jp/request/online_showroom/


係員の方が、Microsoft surfaceを使用して、そのカメラで内装の具合を動画撮影しながら、オンラインショールームで解説をされており、商談・解説をされており、時間の許す限り要望を伺って詳細説明をされていました。

th_r9jPIjibSLyGbiBLERDORg_thumb_66c2.jpg

今回の特別仕様車の場合は、内装のカラーリング詳細や、改良されたラゲージの仕様などに関する質問が多いそうです。(たしかに、ウェブサイトだけでは分かりづらい点ありますもんね)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66d5.jpg


当方もUXの特別仕様車の動画を撮影してきたので(画質悪くて申し訳ありません!)ご参考いただければ幸いです。

----------------------------------------------------------
【YouTube動画】
LEXUS UX 特別仕様車 “Urban Elegance” 見てきました!




----------------------------------------------------------


皆さん一番関心事のUXハイブリッドモデルの「ラゲージ」に関してはあらたな発見がありました。
上下2段式になっているのですが、上段設定の場合は、「ほぼフラット」でしたので、使い勝手は以前と変わりありません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66b8.jpg


下段にした場合はこのような感じで、結構容量が大きくなります。
なお、ボードの上下入れ替えは非常に簡単で、結構ずっしり感あるボードですが、片手でも十分扱えます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66bb.jpg


拡大するとこんな感じ。
底面のボードも結構太く、がっしりしており、ある程度の荷重に耐えれる仕様になっているようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66bc.jpg


では、「上段」にしたときのラゲージ容量は変わらないのか?という点なのですが・・・
実は、ラゲージの右側の内張りが大きくえぐられていて、これにより、ゴルフバックが(サイズにもよりますが)横置きできるようになっています。
写真のように、右側の内装がえぐられているのが確認できます。

▼2021年モデル
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66ba.jpg


▼発売当時。ラゲージボード右端の「三角形部分の大きさ」を見ると、面積が2021年モデルとは明らかに違うことがわかります。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e0e.jpg

なお、ラゲージ左側の開口部の形状も少し変わって間口が広くなっているなど細かい改良が行われているようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66d3.jpg


さて、いよいよ次はレクサス初のEV車、「UX300e」の限定販売のアナウンスです。来週22日頃に公式webサイトで発表されるものと思いますので、購入を検討されている方はこまめにチェックをお願いします!


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66b5.jpg

2020年10月16日

UX特別仕様車”Urban Elegance”は超お買い得か?

レクサスUXの特別仕様車第3弾 ”Urban Elegance”が先日発表されましたが、非常にお買い得な1台となっています。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66b4.jpg



https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/33759881.html?padid=ag478_from_kv


”Blue Edition"、"Brown Edition" に続くのは特別仕様車“”Urban Elegance”
今回は今までの特別仕様車と異なり、UX200,UX250hどちらでも選択が可能です。

特徴的なのは「リッチクリーム」または「ブラック」の内装ですが、助手席前のインストルメントパネルが「和紙調シボ(コバルト)」となるだけでなく、ドアトリムと、センターアームレストカバーも「コバルト」となること。

th_スクリーンショット 2020-10-06 21.00.58.jpg


専用の内装カラーと、ブラック基調の外装パーツだけでも特別感ありますが、今回の特別仕様車はコストパフォーマンスも抜群です。

th_スクリーンショット 2020-10-06 21.25.45.jpg


肝心な特別仕様車の価格の確認ですが、以下の通り、ベースモデルの”version.C”に比べ、価格は「15万円」アップにとどまります。

th_スクリーンショット 2020-10-04 23.17.21.jpg

しかし、追加される装備は確実にその価格を上回り、価格を見積もると少なくとも「31万円相当」であり、それ以外の内外装のブラック塗装にかかるコストも考慮すると、かなりのお買い得といえますので、ボディカラーと内装が気に入り、シート素材が本革でないことが許容できればイチオシグレードといえます。

th_スクリーンショット 2020-10-06 21.26.50.jpg


<追加装備>

■18インチタイヤ&アルミホイール(特別仕様車専用ブラック塗装+ブラックナット)【72,600円相当】

20201001_03_14.jpg

■ブラインドスポットモニター[BSM]
 パーキングサポートブレーキ(静止物+後方近接車両)[PKSB]
 パノラミックビューモニター[PVM] ・・・合計【121,000円相当】

20201001_03_05_s.jpg

■ルーフレール(ブラック塗装) 【33,000円相当】

20201001_03_11.jpg

■ハンズフリーパワーバックドア 【82,500円相当】

img_31-2.jpg

追加される装備の合計コストを見積もると、以下の通り、「約31万円」となり、特別仕様車の上乗せ価格「15万円」を大きく上回ります。

スクリーンショット 2020-10-06 21.23.56.png


ただし、ボディカラーは以下の4カラー、内装も前述の2カラーに限られますので、その点は留意が必要ですね。

 ・ソニッククォーツ
 ・ソニックチタニウム
 ・グラファイトブラックガラスフレーク
 ・セレスティアルブルーガラスフレーク

th_スクリーンショット 2020-10-06 21.20.30.jpg

それにしても、UXはこれで3台目の特別仕様車となります。
近々発表予定の「UX300e」は初年度限定わずか「135台」の見込みですから試験的な販売に留まると考えられますし、装備面での大きな進化はあまりないと考えられますが、ベース車となるUX200/UX250hの今後の改良にも目が離せません。

LEXUS最量販車種として台数キープのため定期的な特別仕様車の投入が予定されるのか、マイナーチェンジも視野に入れているのか?
2021年秋で発売からちょうど3年が経過する「UX」ですので、ご購入を検討されている方はそろそろ本格的なご検討に入るのがよろしいかも知れません。


20201001_03_04_s.jpg

2020年10月11日

レクサスUX(UX250h・UX200)初の年次改良は価格据え置きで商品力UP!

2020年、10月1日にレクサスは人気のSUVモデル「UX」(UX250h、UX200)において初の年次改良を実施(あわせて特別仕様車を設定)。
(厳密には、UX200は2020年1月にトランク容量拡大の改良を実施)

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/33759881.html?padid=ag478_from_kv


20201001_03_02_s.jpg



ニュースリリースでは年次改良自体は小規模にとどまっています。

・パーキングサポートブレーキ(静止物)の標準化(標準グレードのみ)
・Apple CarPlay、やAndroid Auto等の対応(全車)
・パドルシフトを標準装備(“version L”、“version C”)
・ラゲージ容量拡大(UX250hのみ)


最大の目玉は、ハイブリッドモデルでの泣き所だった、「ラゲージ容量の拡大」でしょう。
ラゲージボード上部部分だけでも、発売当初の「220L相当」から、一気に「264L」に拡大しています。

th_スクリーンショット 2020-10-04 23.20.55.jpg

とはいえ、これでラゲージがフラットではなくなったわけですが・・・

で、実はニュースリリースには出ていない改良が1つあります。
なんと、「USB typeC」がレクサス車で初採用されています!(しかも照明付!)

トヨタ/レクサス陣営では大変めずらしいですが、今後の改良で「充電専用端子」については、徐々にType Cに置き換わっていく可能性がありますね。
(11月中旬MC予定のLSでは確実に採用されるでしょうね)

th_スクリーンショット 2020-10-04 23.30.32.jpg

なお、フロントコンソールはUSBメモリ等を使用する関係もあるのでしょう、従来どおりの汎用性の高い TypeAのままです。

th_スクリーンショット 2020-10-04 23.30.41.jpg


さて、今回の年次改良での価格変化は以下の通り。
なんと、消費税増税で狂った端数調整のみであり、「据え置き価格」です。
特に「標準グレード」においては、パーキングサポートブレーキ(28,600円相当)が本来上乗せされるはずですが、これが無償です。
”version.C"と"version.L"においても、パドルシフトが標準装備されていますから、これも無償。
結果的にUX200はなんとか「400万円未満」、UX250hは「430万円未満」に抑えることに成功しているのは嬉しいところ。


UX 2021年モデル価格表

th_スクリーンショット 2020-10-04 23.17.21.jpg


なお、今回ボディカラーや内装カラーの変更がなかったのが意外でした。
というのも、レクサスの2021年モデルでは順次、以下のカラーが廃止されているからです。

・マーキュリーグレーマイカ
・プラチナムシルバーメタリック
・アンバークリスタルシャイン

UXにおいては現時点ではこれらのカラーが継続されていますが、来年以降廃止される可能性は高そうですから好みのカラーがある場合は注意が必要です。

th_スクリーンショット 2020-10-04 23.40.58.jpg


次回は大変オトクな特別仕様車UX250h/UX200 特別仕様車“Urban Elegance” について解説予定です。


以下は期待が高まる新型ISのご契約者さま情報です。(日々更新予定)

----------------------------------------------------------
【新型IS ご契約/納期予定情報】2020/10/4更新!ver2

th_スクリーンショット 2020-10-04 22.58.50.jpg


↑クリックで高解像度版に拡大します
*ラインオフ日の項目を独立させました
*いただいたコメントを元に集計しております。
 追加・訂正・削除などございましたら再度コメントいただければ幸いです。
----------------------------------------------------------


今後ご契約情報をいただける方は以下のフォームにのっとりコメントいただければ幸いです。
データは定期的に更新させていただきたいと思います。

特に特別仕様車の納期が長期・または未定の状態のようですが、少しでも早く皆様に納車されることを心より祈念しております。

----------------------------------------------------------

■新型ISご契約情報ご報告フォーム

・車種   [IS300h・IS300特別仕様・IS300・IS350特別仕様・IS350]
・グレード [標準・"version.L"・”F SPORT”]
・契約日
・ラインオフ日
・納期予定日
・ボディカラー
・内装カラー
・コメント等

----------------------------------------------------------

プレカタログ・見積もり例などはこちら

【YouTube】新型LEXUS IS (2021 MCモデル)プレカタログ解説+価格見積りなど


2020年10月03日

レクサス初のBEV「UX300e」日本では抽選発売!かなりの狭き門・・・

レクサス初の電気自動車(BEV…Battery Electric Vehicle)、レクサス「UX300e」ですが、初年度(2021年)モデルがいよいよ「10月22日」前後に、webでの抽選方式で販売される模様です。


2020-lexus-ux-300e-gallery-15-1920x1080_tcm-3154-1991748.jpg


台数は、なんとわずか「約135台」、全国のレクサスディーラー1店舗あたり1台未満という非常に狭き門。
スペック的にはレクサス「UX300e」は際立ったスペック的な優位性はないものの、無難に使えるBEVとして一定の人気を集める可能性はあります。
信頼できるクルマ作りと、長期間の保証が予想されるバッテリーシステムを誇るため、わずか135台ということであれば、希少性も含め、かなりの抽選倍率となることが予想されます。

初夏に抽選販売を実施したレクサスLC500コンバーチブルの限定車(Strucural Blue)が非常に高額にかかわらず、オーナー枠ですら「5倍以上」の抽選倍率でしたから、「UX300e」は当然それ以上の抽選倍率になることは必死。
なお、LC500コンバーチブル特別仕様車は忖度なしの完全抽選で販売台数がオーナー枠40台、一般枠20台と少数だったため、当選した販売店に偏りがある結果となったようですが、UX300eでもわずか135台程度では、同様の結果となることも考えられます。


LCと同様、受付期間は比較的短期間である可能性もありますので「UX300e」を狙っていらっしゃる方は今後要チェックです。
もちろん、当ブログでも受付開始次第レポートさせていただきたいと思います。

2020-lexus-ux-300e-gallery-02-1920x1080_tcm-3154-1991749.jpg


日本国内でも「瞬殺」となるほど人気を集めた「HONDA e」や、木村拓哉氏のCMでも話題の日産「アリア」、絶対的王者 テスラ「モデル3」など魅力あるEVが続々登場していますが、トヨタ・レクサス陣営で初めて国内投入される BEV「UX300e」がどれぐらいの注目を集めるのか楽しみです。

なお、レクサスオーナーは「充電サービス」などの特典があるようで、全国の販売店にも充電設備の設置工事が行われるとの情報もあります。特に都市部は集合住宅での充電環境の構築も難しいので、販売店での充電設備の設置や充電時間(24時間体制だと嬉しい!)についても期待したいですね。

2020-lexus-ux-300e-gallery-05-1920x1080_tcm-3154-1991752.jpg

2020年05月15日

レクサス UX300e 中国版 カタログをチェック!


レクサス初のEV車「UX300e」が中国市場で発売されたので、早速web上のパンフレットでチェックしてみました。

スクリーンショット 2020-05-05 10.37.16.png

http://www.lexus.com.cn/models/ux_300e

既存の「UX250h」との違いはおおむね以下の通りのようです。

■動力性能

・0〜100km/h加速時間 8.5秒 → 7.5秒
・最高時速 177km/h → 160km/h

EV特有の加速の速さを活かし、UX250hよりも1秒ほど短縮。実用では全く困らない性能です。
最高速度はスペック上、物足りなさを感じるところですのでサーキット走行は不可ですね(日本市場はどうなるのでしょうか?)

■駆動方式

・前輪駆動(FF)のみ
・最小回転半径 5.2M → 5.2M

予想通りですが、FF方式のみでAWDの設定はないのが残念。ぜひAWDの設定もほしいところです。

■ホイール・タイヤサイズ

・17インチ専用エアロホイール&215/60R17タイヤ のみ

EV車の性格を考えると航続可能距離に影響する大口径のホイール&ワイドタイヤを装着することは難しそうですが、軽量な鍛造ホイールへ換装するとどうなるんでしょうね。

20191122_01_15_s.jpg


■構造

・空気抵抗係数(Cd)0.33 → 0.31

専用ホイールのおかげか、空力性能はアップ。


■車両重量

・車両重量 1585kg前後 → 1800kg

54.3kWhの大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載し、約215kgほど重くなっているようです。このことが低重心やボディ剛性強化につながっているとのことです。

20191122_01_53_s.jpg

■トランク容量

・225〜264L(グレードにより異なる) →314〜316L

トランク容量が拡大されているため、UX200の2021モデルと同様、アンダーデッキ仕様になっているものと思われます。

20191122_01_12_s.jpg

UX200のラゲージサイズは、特別仕様車で確認済なので参考にしてください。おそらくこの程度のサイズは確保されているものと思われます。
----------------------------------------------------------

【YouTube動画】レクサス UX200 特別仕様車”Blue Edition” ラゲージ拡大が魅力?



----------------------------------------------------------

■専用インテリア

・4段階切り替えパドルシフト(エネルギー回収システム)
・専用本革シフトノブ
・専用メーター

数少ない差別化要素です。中国市場ではナビサイズは7インチのようですが、日本では当然ながら10.3インチが採用されると思われます。RXのように早期タッチ化を求める声も出てきそうですね。

20191122_01_14_s.jpg


■専用快適装備

・後席シートヒーター(L-tex)

L-texですが、前席にも「ベンチレーション機能」を有するなど高級志向のようです。(しかしなぜか「本革」の設定はありませんん。これは”EV”ということであえて人工的な素材を使用し、環境に配慮しているのでしょうか?)

20191122_01_54_s.jpg


■新コネクティッドサービス

 スマートフォンを活用した新コネクティッドサービスを提供。充電残量の管理や乗車前のエアコンONや霜取りなど。
 これを気に他のレクサス車でのコネクティッドサービスも飛躍的に向上すればいいのですが・・・

20191122_01_06_s.jpg


■ボディカラー

5色と大幅に減少し、「UX300e」専用色は現時点ではない模様。
あくまでパワートレーンを追加、というもので特別感を出すモデルではないのでしょうね。

 ・ソニッククォーツ<085>
 ・ソニックチタニウム<1J7>
 ・ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング<4Y1>
 ・テレーンカーキマイカメタリック<6X4>
 ・セレスティアルブルーガラスフレーク<8Y6>

スクリーンショット 2020-05-05 9.47.57.png


■インテリアカラー

発売時点では、いわゆる"version.L"や”F SPORT”が存在しないため、シート素材はすべてノーマルシートかつ人工皮革の「L-tex」の模様。カラーリングは3色。専用のインテリアカラーはなし。なお、インストルメントパネルの素材はすべて「和紙調」を採用。
 ・ブラック
 ・オーカー
 ・コバルト

スクリーンショット 2020-05-05 9.47.48.png

なお、UX300eのチーフエンジニアの方のインタビューが公開されています。
新たな情報としては、「シートヒーターを活用したEVならではの新たな空調システムの活用」について言及されています。EV車ではエアコンのON-OFFによる航続可能距離に大きな影響を及ぼすので、これを軽減するシステムなのでしょうか?

▼【YouTube】Interview with Lexus Chief Engineer Watanbe/Lexus Enthusiast


2020年04月30日

レクサス、初のEV UX300e 中国でついに4月26日発売!

レクサス初の電気自動車「UX300e」が2020年4月26日に中国市場で投入とのニュースリリースが発表されています。日本市場では2020年年末〜2021年年初に発表との噂ですが、予想より早く中国市場に投入されるようです。

041702.jpg

http://www.toyota.com.cn/mediacenter/show.php?newsid=5155

あわせて、トヨタブランドの「CH-R EV」(および兄弟車の「IZOA」)も投入、いずれもリチウムイオン容量は「54.3kWh」とされており、走行可能距離も、スペックも概ね共通仕様のようです。

今回のニュースリリースでは「C-HR EV」をもとに言及されており、ボディのねじり剛性は、バッテリーパック周をボディフレームの一部として設計していることにより、「20%」も強化されているようで、かつ重量物であるリチウムイオンバッテリーパックが床下にあるため、低重心化を図ることが可能とされています。

20191122_01_41_s.jpg

しかし、レクサス「UX300e」と「C-HR EV」との決定的な違いがどういうところにあるのでしょうか?

UX300eでは、スマートフォンアプリ(e-LEXUS CLUB APP)でバッテリー残量をリアルタイムで確認したり、予約充電時間を変更したり、エアコンの動作やデフロスター(窓の霜取り)を行うことができるようです。

20191122_01_06_s.jpg

また、「パドルシフト」での回生ブレーキの機器を4段階で調整できるのも特徴ですから、これはUX300eならではの特徴なのでしょうね。
あとは静粛性、乗り心地の向上の面ではUXが優位、といったところでしょうか。

その他の部分は発売後、中国市場のパンフレットで確認してみたいと思います。

20191122_01_14_s.jpg

見た目は「専用ホイール」と「エンブレム」、「左右の充電ソケット」以外、通常のUXとほぼ変わらないので(内装ではシフトノブ周辺ぐらいか?)もう少し差別化があってもいいと思ったのですが、このまま発売されるようですね・・・日本発売時には内装色やダッシュボード/インテリアパネルのバリエーションなどが拡充されれば個人系には嬉しいのですが。

007_o.jpg

2019年12月02日

「UX300e」は期待はずれなのか?

レクサスから初の電気自動車「UX300e」が発表されましたが、どうも世間の評判は芳しくないようです。

Lexus-UX_300e-2021-1600-0d.jpg

原因としては、主に次の3つでしょうか?

・内外装がベースモデルのUXと(ほぼ)変わりがないこと

・バッテリーのスペックが 日産「リーフe+」に劣ること

・EVならではの先進性・目新しい機能・装備がほとんどないこと


また、同日に、テスラの衝撃的な新モデル、「サイバートラック」が発表されたことも影響しているのかもしれません。
衝撃的な「鉄球プレゼンテーション」を始め、誰も想像しなかった斬新なザインで登場することには驚かざるを得ません・・・

Tesla-Cybertruck-2022-1280-04.jpg




UXのEV化に伴い、「ボンネットの中身は?」や「デジタルアウターミラーは?」、「自動運転機能は?」など気になる点は多数ありますが、これらの詳細は不明のままです。現時点では、「パワートレーンの選択肢を増やした」という位置づけと思われますので、価格も確実にハイブリッドモデルの「UX250h」よりは高価となりますので、このモデルがUXの販売の中心になることはないように思います。

本当のレクサスならではの独創的なEVモデルは「LF-30」のように次世代の「全固体電池」の登場を待たねばならず、現行のリチウムイオン電池が主力のの間は、既存モデルの派生車種としてEVを何車種か設定する・・・という戦略ではないでしょうか。実用的なEV専用車種として、「ホンダe」のような割り切った用途のEVモデルの登場を期待したいところですが、それもまだ少し先になりそうです。(こちらはトヨタブランドで発売される可能性は高いですね)

th_akSY6oZFSz+RB9zWlRCehw_thumb_5f8e.jpg


UX300eの詳細スペックはまだすべては明らかになっていませんが、気になるのは「重量」。
一部メディアではプロトタイプでの試乗会が行われたそうで、車両重量はベースモデルより300kg以上重い、「約1900kg台」ということが報じられています。

■ Impress CarWatch レクサス初の市販EV「UX300e」、テストコースでその実力に迫った
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1219791.html

これは日産「リーフe+」の「1680kg」よりも200kg以上重いことになりますが、モーターの出力やバッテリー容量自体のスペックが「リーフe+」よりも若干抑え気味のため、上記レポートでもその点が言及されていて、加速感は「リーフe+」に劣る、ということでしたので、スペック的にもちょっと物足りなさがありますね。

車両価格が500万円を超えますと、テスラ「モデル3」の価格領域に入りますが、レクサスUX300eならではの強みがあればいいのですが、今のところは(ライバルに比べ)目立った特徴がありません。
日本市場では、「2021年前半」に発売、ということですが、そのときには各社から先進的かつ高性能なEV車がリリースされている時期ですし、その時に「2019年仕様」のリーフe+と同等のスペックで登場して世間に受け入れられるのか・・・という心配があります。また、2021年後半〜2022年にはベースモデルの「UX」自体のマイナーチェンジの時期にも差し掛かりますので、このスペックのままで登場するならば、2021年ではなく、日本市場においても2020年中の投入をしてほしいところです・・・。

Lexus-UX_300e-2021-1600-16.jpg


残念ながら、現時点では「UX300e」の魅力が(ライバルに対し)今ひとつ伝わってこないように思います。ただし、レクサス陣営が以前からコメントしていたように「パワートレーンの選択肢を広げる」、という意味では重要な役割を果たすと感じます。
(つまり、各ユーザーのの環境にあわせたパワートレーンを準備するので、その中から選択してもらいたい・・・ただし、その場合、UX300eはUX250hとあまり大差ない価格でリリースしてほしいものですが)

現在のトヨタ/レクサスとしては主力のパワートレーンは「EV」ではなく、従来型の「HV」や「PHV」がメイン。
EVの本格展開は、インフラ面の整備と全固体電池などの技術革新を待つ・・・という方針なのでしょう。
テスラ社のような「EV専業」メーカーとは方針が違うため、私も含め、多くの方が期待する、先進的かつ斬新な発想の新世代EV車の登場はレクサスブランドではまだ少し先となるものと思われます。

とはいえ、「UX300e」が日本でも発売されることが決まった以上、「価格設定」がどうなるか、レクサスEV車に対するサービス面での特徴・特典はどうなるのか、という点は非常に興味深いところです。
既にコメントでもいただいていますが、ホテルや商業施設への「専用の充電設備の設置」、「各ディーラーでの24時間無償充電」など他ブランドとの差別化のためにもぜひレクサスならではの特典を設けて欲しいところです。

2019年11月30日

LEXUS UX300e 発表! 写真でチェック!

中国・広州で11月22日(金)〜12月1日(日)に開催される広州モーターショーにあわせ、レクサスのEV車第1弾が発表されました。
大方の予想通り「UX300e」が発表、ニュースリリースされています。
日本市場においても「2021年前半」

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/30609925.html?padid=ag478_from_kv

ここ最近の「EV車」というと、各社ともフラッグシップに位置づけられる高級版か、斬新で先進性の高い意匠をまとったチャレンジングなものが多く見受けられますが、レクサス「UX300e」は、内外装ともにほとんど既存のUX(UX200/UX250h)と区別はできません。


20191122_01_20_s.jpg


外装では、「UX300e」 のエンブレムと、サイドの「Electric」のロゴエンブレムが識別ポイント。

20191122_01_10_s.jpg


そして左右に設けられた給電ポート、空気抵抗を低減させる新意匠ホイールの変更ぐらいでしょうか?

20191122_01_09_s.jpg

肝心の電池に関する詳細スペックも公開されています。
航続可能距離が400kmというのは予想よりも多く驚きでした。(HVモデルとの差別化と価格面もあり、300km台と思っていたので・・・)

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/30609925.html?padid=ag478_from_kv

バッテリー容量=54.3kWh
最高出力=150kW
最大トルク= 300Nm
航続可能距離=約400km(NEDC計測値)

20191122_01_53_s.jpg

これに関しては、日産「リーフe+」よりも若干低い数値となっていますのでスペック的にはちょっと物足りなさを感じますが、特に、航続可能距離は仮に上記の70%程度と仮定しても日常使いには問題はなさそうです。
あとは、トヨタ/レクサスが長年培ってきた電動化のノウハウがバッテリーの効率化・長寿命化に寄与するか期待したいところ。

なお、バッテリーパックは静音性の向上にもつながっているようですね。(見た目もキレイ)

20191122_01_37_s.jpg

さて、UX300eはインテリアも驚くほど変更がありません。
もっとも日本への投入は「2021年春」とのことですので、それまでに多少改良が入る可能性はありますね。
目立つところではスピードメーターの液晶から「水温計」が廃止されて、LEXUS UXロゴが入っていること、そして「シフトノブ」の形状が大きく変更されていて、クオリティが向上しているよう見えます。(LCライク?)

20191122_01_14_s.jpg


ラゲージについては変更があり、日本仕様ではフラットではあるものの、ラゲージの高さがなく積載能力に不満の声が聞こえてきましたが、フロアの位置が若干下がっています。(ただし、手前の土手の部分の高さは変わらず)

20191122_01_12_s.jpg


リチウムイオン電池をフロア下に敷き詰めたおかげで室内やラゲージの広さを犠牲にしていないことが透過図からも分かります。
「UX」が開発当初からEV車の導入を前提で開発されていたことが伺えます。

20191122_01_52_s.jpg

オレンジ色の部分はボディを強化している部分のようですが、万一の際の事故でバッテリーの損傷を防ぐために、特にバッテリー周りは大きく補強材が追加されていますね。

20191122_01_41_s.jpg

車両重量については、impress carwatchの取材で「1900kg台」とのレポートがあり、現行UXよりも大幅に重量が増加しています。
これはバッテリーだけではなく、静粛性やボディ剛性強化のための重量増によるものであり、かなり遮音性や乗り心地、安全性にも配慮していることが伺えます。
しかし現行UX250hよりも更に「約300kg」も重いとは・・・現行リチウムイオン電池ではある程度の航続可能距離を確保するためには、この重量増がネックとなりますね。

https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/1219791.html


その他、スマートフォンを活用したバッテリーモニタリングシステム、遠隔操作でのエアコン・シートヒーターのプレ動作なども実現しましたが、これは他のメーカーでも当たり前の機能といえ、それほど驚くものではありませんね。

20191122_01_06_s.jpg


レクサスは今回、UXの派生車種として「UX300e」の追加を発表したわけですが、あくまでのパワートレーンの選択肢を1つ追加した、というもので、EVカーが持つ先進性や未来感といったところはほとんどなく、2021年春の時点としては物足りなさが残るのも事実、これについては別記事にしてみたいと思います。

2019年11月21日

LEXUS 初のEV車 ついに発表(UX300eなのか?)

レクサスが2020年に発売するEV車第1弾が「2019年11月22日(金)〜12月1日(日)」に開催される2019年広州モーターショーで世界初お披露、という話題。公式ニュースリリースが出ています。

https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/30606841.html?padid=ag478_from_kv

これが日本で発売するのか・・・ということなのですが、トヨタグローバルニュースルーム「日本版」のトップページに大きく取り上げられることを考えると、日本での発売は確実と思われます。

001-3.jpg

ELECTLIC のエンブレムが新鮮ですね!

今後は「HYBLID」のエンブレムのように「ELECTLIC」のエンブレム装着車が増えてくるのかもしれませんね。

ただ、現行のレクサス陣営のコメントから察するに、EVモデルと言っても従来のレクサス車と大きく差別化するようなものではなく、あくまでも「パワートレーンの選択肢を増やす」という位置づけのように思います。そのため、当面は欧州のハイパフォーマンス志向のEV車やテスラ社のような既存の自動車メーカーでは思いつかないような仕組みの斬新な車が誕生することはなく、あくまでも従来車の「派生車種」として登場するのではないでしょうか。

となると、やはり第1弾は「UX300e」と見て間違いないのではないでしょうか?
一番気になるのは「航続可能距離」ですが、これをあまり高めてしまうと価格にも跳ね上げますし、重量増の問題もありますし、既存のパワートレーン車が売れなくなってしまうので(特にUX200)、航続可能距離は300-400km代程度に押さえてくるのではないかと思いますが・・・
ともかく、ハイブリッド路線で動いてきたレクサスがついに発表するEV車第1段の詳細スペックが気になるところです。

2019年09月23日

納車ラッシュ? レクサス「UX」納車式にお邪魔してきました。

2019年9月14日(土)は、大安ということで納車がとても多かったようですね。
先日マイナーチェンジした新型「RX」の納車も進んでいるようで、ワンダー速報 ドラヨスさんも納車されたそうです!

▼【レクサスの納車式ってどんな感じ?!】レクサスRX300 F SPORT納車されました!2019マイナーチェンジ版
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2887.html


レクサスディーラーでの納車式は各販売店により異なり(営業担当によって異なるケースも)様々なパターンがありますね。
首都圏エリアでの納車式はわりとおとなしめのようですが、エリアによってはシャンパンでの乾杯、音楽や映像での演出、テープカットなどもあるようです。
なお、レクサスの場合はディーラーでの納車の場合は(当然ですが)費用はかかりませんし、ガソリンは「満タン」が標準ですので、いきなりガソリンスタンドに行くことはありません。

さて・・・扉の向こうには実に5ヶ月待ちのUXが!


th_vwfPlSvbRqGFIGMJiXwnXg_thumb_5e5c.jpg



なんと今回は、ドライアイスによる幻想的な演出がありました。幻想的な雰囲気でしたよ。
(ひんやりしていて気持ちよかった!)

th_7rtjJu4uQou4jyybj4hIKQ_thumb_5e5b.jpg


そしてほどなくしてドライアイスが消失し、いよいよヴェールにつつまれたUXが!

th_+mdfM8fbTWS8Jb59dQgskg_thumb_5e59.jpg


そして、スタッフの方によるアン・ヴェール!
今回のオーナーさまは「UX250h ver.C」、外装「プラチナムシルバーメタリック」、内装は「オーカー」をご選択!
「ver.C」は当方イチオシのグレードで、これをベースに必要なMOPを追加、各種カスタマイズなどするのがとてもおすすめです。

th_1UK++F8VSGeMMdy4pNJ42w_thumb_5e70.jpg

このあとは花束贈呈、車両説明、スタッフの方との写真撮影など、レクサスらしいイベントで約1時間20分程度の素敵な納車式でした。
ご家族揃っての納車式はレクサスでは定番ですが、やはり素敵なものですね〜!!


th_FGZIa0d0ToqH2W7uaP1J6A_thumb_5e6a.jpg


最後は責任者の方やスタッフの方が見送り。車の姿が見えなくなるまで営業担当車はオーナー様を見送っていました。

th_MIvT8rfZT9+m2X4480q2vg_thumb_5e75.jpg

レクサス車の良さの一つとして、アフターサービス、車両そのものの品質というのはもちろんですが、「ライフスタイルを変える」可能性がある数少ないブランドの一つであるということです。(すべての方に必ずしも当てはまるとは限りませんが・・・)

レクサス車の購入をきっかけにライフスタイルが変わった方は多数いらっしゃいます。
単なる移動手段としてのツールであればレクサス車は決してコストパフォーマンスに優れているとはいえませんが、まだまだ成長段階にあるブランドに共感された方は、きっとライフスタイルにおいても今までにはない気づき、出会いなどもあるのではないでしょうか。

オーナーさまは、早速宿泊旅行に出かけられるとのこと、素敵なカーライフを過ごされることを祈念しております\(^o^)/

2019年09月12日

レクサスUX250h納期改善、RXは年内納車不可に!(2019/9)

レクサス公式サイトによると、「UX」は2018年11月に発売以降、常に長い納期待ちがネックでしたが、特に人気が集中していた「UX250h」は9月に入ってから納期が改善しているようです。


th_1JJg3Dv7QhOOpRFQpCglrw_thumb_42c4.jpg


https://lexus.jp/news/info/

公式サイトでは概ね3ヶ月を超える納期についてレポートされていますが、8月30日(金)からはUX250hはリストから外れました。
つまり、納期は3ヶ月以内に短縮された模様です。

th_スクリーンショット 2019-09-07 10.07.49.jpg


しかし、一方で納期が改善されないのが「ES300h」です。
海外需要が高い車種ですが、未だに「4ヶ月超待ち」が続き、大型のFFセダンのESがここまで日本で受けいれられるとは、想像以上でしたね。
なお、ESの日本での累計販売台数は2019年7月までで「約8700台」であり、UX250hの「約9500台」と遜色ありません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5695.jpg

■ES300h・・・12月下旬頃の工場出荷の予定

また、2019年8月29日に発表されたRX450h/RX300に関しては、さすがに年内納車が不可となっています。
現時点では、2Lターボの「RX300」の方が納車に時間がかかるようで、5ヶ月程度の厳しい納車待ちとなるようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5df6.jpg

■RX450h ・・・12月下旬頃〜2020年1月上旬頃の工場出荷の予定
■RX300 ・・・2020年1月下旬頃〜2月上旬頃の工場出荷の予定

2019年08月23日

BMW X2 vs UX250h 英国での評価は?

少し前に公開されていた、英国の「autoexpress」のレビュー。
UXオーナーさんの中でもBMWの「X1」や「X2」と比較検討された方もいらっしゃると思いますが、英国での評価はどうでしょうか?


01_29.jpg


X2のディーゼルターボとUX250hはハイブリッドですから、性格も違うわけですが、価格帯からして、競合車として意識せざるをえません。
最近では人気絶好調のボルボ「XC40」やアウディ「Q2」なども魅力的ですし、スモールサイズのSUVはホント魅力的ですよね。

https://www.autoexpress.co.uk/lexus/ux/107495/lexus-ux-vs-bmw-x2


さて、最終的には、「コスト面」と「乗り心地」の面でUXが優位にたち、今回は「UX」が勝者とされています。
ハイブリッドシステムも以前のものより洗練されているとの評価。

一方、X2は「パワートレーン」と「インフォテインメントシステム」が優位。

評価はひとそれぞれですが、欧州市場においてもレクサスUX(UX250h)が一定の評価を得ているのは嬉しいですね!

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_560f.jpg

UXに関してはまだ納期待ちが解消されていないので、しばらく年次改良はない模様ですが、英国でもリモートタッチパッドは未だに評判が良くないようです。将来的にはRXと同様、UXならば、モニター位置は多少前方にスライドできそうですし、内装の質感アップも容易にできそうですので、今後の改良に来たししたいところですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3e17.jpg

さて、新型「RX」が工場から輸送されている姿も目撃されているようですし、今週末あたり、ひっそりと販売店のバックヤードで見かけることができるか・・・も?

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5ba6.jpg

2019年07月10日

レクサスUX 発売から半年の販売状況〜新内外装パーツも。

レクサスUX(UX200/UX200h)は2018年11月27日に発売され、半年以上が経過しました。
毎月コンスタントに月販目標販売台数の「900台/月」をクリアしており、レクサスES・NXとともにレクサス主力車種として着実に新規オーナー増加に寄与しているようです。


th_b1IOC5KqToKyJgdjWm8Bbw_thumb_5d19.jpg

「UX」発売後半年の販売(登録)状況は以下のとおり。
■UX販売状況(2018年11月〜2019年5月)

スクリーンショット 2019-07-07 12.18.57.png

*自販連や雑誌CG等のデータを元に当方集計
http://www.jada.or.jp


UX発表前の予約台数が「5,500台」、発表から1ヶ月間の受注台数は「8800台」と発表されましたが、発売前にオーダーされた方は2019年3月まで、2018年12月中に契約された方は、2019年5月までに納車が完了している計算ですので、初期受注ブームが終わった今後の販売動向がどうなのか、NXのような人気を継続できるのか?また、価格帯や使用形態の違いはありますが、トヨタブランド「RAV4」の影響を受けるかどうかも含め、今後「月/900台」をどこまで維持できるか注目のポイントです。


UX250hは2019年10月の消費税増税までの納車が困難になってから、UX200の販売比率が高まるような傾向にあり、2019年4月頃からは、それまで10%前後だった「UX200」の販売比率が15〜20%に増加傾向にあるのが興味深いところです。

さて、UXを街なかで見かける機会も増えましたが、それにあわせやはり個性を活かしたい、という方も多いと思います。
純正パーツの他にも様々なメーカーからパーツがリリースされはじめました。


■トムス・エアロパーツ

レクサスのチューナーとして有名なトムス(Tom's)からもエアロパーツがラインナップ、7月中旬から販売を開始するようです。
https://www.tomsracing.co.jp/company/news/3537/

news_190625_img01.jpg


トムス製のパーツはレクサス/トヨタ系ショップでも取り寄せ可能ですが、オートバックス系のネットショップ「Autostyle」でも取扱がスタートしているようです。

・フロントスポイラー (楽天/Autostyle)



・リヤアンダースポイラー (楽天/Autostyle)




・サイドステップ (楽天/Autostyle)



・チタンテール  (楽天/Autostyle)




■シンクデザイン内装パーツ(シフトノブ/シフトブーツ)

https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/43027192/

UXの豊富な内装色をすべて取り揃えているそうです(驚)
262263168_624.v1562399788.jpg

拡大画像だと、クオリティの高さがよくわかりますね。
本革はパンチング加工がしてあるのでとても満足度が高いでしょう。
とくにUXオーナーさんは”F SPORT”比率が高いようですので、レッド系のインテリアには似合うのではないでしょうか。

262263148_624.v1562399737.jpg

価格は以下のとおりとのことで、クオリティに見合った金額と思います。
特に「シャトー」や「オーカー」のようなUXではあまり数が出ないと思われるカラーも揃えているのは感動的です。

[シフトノブ] ¥22,000(税込)
[シフトブーツ] ¥26,000(税込)

黒が多いUXのインテリアに彩りを与える上でも有効なアイテムと思います。
特に、UXのシフトブーツは合皮で、実は質感があまり高くないので、ここを本革に変更するだけでイメージが変わりますね!
また、毎回起動時に触れるシフトノブも手触りがよいと停車中などでもついつい触りたくなりますね。

262263185_624.v1562399841.jpg

残念ながら受注生産で通販は行っていないので下記ページよりメールで注文を受け付けるとのことです。
https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/43027192/


それにしてもUXの「ボンネットダンパー」・・・
CT200hやC-HR用などは発売されていましたが、UX用はなかなか発売されないですね。なぜなんでしょう?
今はボンネットを開ける機会もあまりないですから、ニーズがないのでしょうか?

2019年04月16日

レクサスUX カスタマイズ事例(フェンダー同色&内装パネル塗装・カップホルダーイルミ)

納車が進むレクサスUX(UX250h/UX200)はそろそろ街なかでもちらほら見かけるようになってきました。
先般の当ブログの統計データでも約90%の方がハイブリッドモデル「UX250h」、更に約80%が「F SPORT」グレードをご選択。特に「外装:ホワイト&内装:フレアレッド」の組み合わせが多いため、自分と同じ仕様の車を見かけるケースが増えると思いますが、最初は嬉しい半面、だんだんと「差別化」を図りたいという方が増えてくるのでは・・・と思います。

th_IMG_3100.jpg



純正カタログのTRD仕様/モデリスタ仕様もカッコいいですが、「ちょっと派手だなぁ〜」という方もいらっしゃるでしょう。

th_IMG_3162.jpg


早速、純正ベースのレクサスUXカスタマイズ車両をチェックしてまいりました。

th_IMG_4568.jpg


レクサスのカスタマイズ専門店でお馴染みの神奈川県海老名市厚木市のシンクデザインさんのデモカー(UX250h”version.L”)
http://www.think-design.jp

よく見ると、フェンダーの樹脂パーツが「ボディ同色」でした。
写真で見るのと現物ではだいぶ印象が異なりますが、SUV感がそれほど高くない「UX」はフェンダーのボディ同色は、ちょっと大型なハッチバック風に見え、かなりいい感じです。もっともオーナーしか気づかないかもしれませんが、さりげない、ボディ同色塗装も「アリ」ですよね。
ホワイトノーヴァ/クォーツホワイトの方はフェンダー同色化の参考になるのではないでしょうか?

th_IMG_4564.jpg


輸入車のSUV系モデルでも、モデル末期の特別仕様車で、フェンダーアーチモールをボディ同色にするのは定番なので、カスタマイズとしては王道と思います。なお、塗装クオリティは純正パーツ顔負けです。費用等気になる方は直接ご照会ください。

th_IMG_4569.jpg


さて、内装においては、「パワーウィンドウスイッチパネル」、「センターコンソールパネル」の質感が気になる方は多いのではないでしょうか。
ここはパーツの塗装で一気にクオリティがアップしますのでぜひ参考にしてみてください。

今回の車両には、オリジナル色の「アンバーブラック」で塗装されていました。
光が当たらない場所ではブラックに見え、今回のような昼間の明るい場所ではアンバー(こはく[琥珀])に見えるというシックなカラーでした。


センターコンソールパネル塗装例。
当方がUXオーナーならもっとも気になる部分です。ここが艶あり塗装になると一気に見栄えが変わります。
ほぼ毎回目にする、手に触れる部分(リモートタッチパッド付近のため)しばらくはうっとりしそう。

th_IMG_4581.jpg


もともとの車両はこんな感じですね・・・

th_IMG_3116.jpg


アップ。
このツヤ、パールの入り具合などクオリティは純正品を超えています。
ここまできれいに塗装するには「下地処理」に相当な手間がかかっているのは想像に難くありません。

th_IMG_4582.jpg


助手席側から。
この艶感、そして光の当たる場所とそうでない場所の色の違いは要チェックです!
このカラーはフレアレッド内装にも似合うと思いますね。

th_IMG_4576.jpg

ドリンクホルダー近辺。
球屋さんのカップホルダーイルミネーションシステムがインストールされていました。
こちらも、同時施工できそうですので気になる方は問い合わせしてみてください。

th_IMG_4586 3.jpg


イルミネーションは光ると純正ライクな具合に。
夜の車内が真っ暗なUXにはこれぐらいのイルミはあったほうが実用的と思います。


260010266_624.v1548510015.jpeg


質感が気になるドアトリムの中で、毎日目にする「パワーウィンドウスイッチ」は大型パーツということもあり、変化を感じる部分です。
もちろん、「グラファイトブラックガラスフレーク」などの定番のブラックパール系にすることも可能です。
特に”version.C”、”標準”グレードの方にはおすすめで、かなり雰囲気が変わります。

運転席側
th_IMG_4580.jpg

助手席側
th_IMG_4574.jpg


リヤ席
後席はもともとかなり簡素ですが、ドアトリムとは違う色が入るだけで印象が良い方向に変わります。

th_IMG_4577.jpg


エアコンパネルの塗装も可。ただ、ここまでやるのは相当な内装マニアの方と思いますが・・・
th_IMG_4579.jpg


"version.L"の「和紙調」ダッシュボードパネルとの組み合わせを考えるのも面白いですね。
エアコントリム周りに関しては、ソニックシルバー系、ソニックチタニウム系の塗装も似合いそうですが。

th_IMG_4588.jpg


夜のドライブで外光が入ったときに色の変化なども楽しめそうです。

th_IMG_4583.jpg

内外装の「塗装」というカスタマイズメニューは本当にオーナーの個性が活かされると思います。
女性CEが企画した、おしゃれで個性的な内装を活かす方向のカスタマイズが似合うのではと思います。

なお、塗装品のメリットとしては、(内装品に関しては)純正パーツに塗装するので元に戻せますのでリセールには影響がない、というのもメリットなところです。(「貼り付けパーツ」だと、取り外しが困難で純正に戻せないというリスクがあります。もっともレクサスのパーツは輸入車に比べお手軽なところも魅力ではありますが)


オーナーの個性が活かされる塗装に関するカスタマイズですが、基本的に「ワンオフ加工」になりますので費用や納期などは個別照会が必要です。
既成品のように数日で完成ということはありませんので、納車時期に間に合わせたいという方は、早めにお問い合わせを。

http://www.think-design.jp

th_IMG_4567.jpg

2019年04月14日

LEXUS UX(UX250h) ついに納期が9月末に〜オーナー様の選択は?

毎週金曜はレクサス車の納期情報が更新されますが、ついにレクサスUX(UX250h)の納期が「9月中旬〜9月下旬」となり、いよいよ消費税増税前のリミットに近づいてきました。増税前納車はまさに今週末が勝負といえます!



th_IMG_3072.jpg


レクサス公式HPでも以下の表示が・・・



th_スクリーンショット 2019-04-12 20.59.34.jpg



先般の話題のように、NXとESは愛知県内の工場での増産が決定していますが、UXについては逆に納期が遅延気味のようです。(先般いただいたコメントでも当初より納期が遅れると連絡があるオーナーさんが複数いらっしゃるようです)



■好調なレクサスES、NXついに堤・田原工場で増産決定?!(2019/3/28)



現時点でUXオーナーさまからいただたい情報は以下のとおりです(2019/4/12現在)


th_スクリーンショット 2019-04-12 22.49.59.jpg

以下、今までのまとめとしてオーナーのみなさんがどのような選択をされているのかを簡単にまとめてみました。

■パワートレーン

 販売数でも概ね「1:9」の割合となっていますが、驚異的なことに90%の方がUX250hをご選択されています。


 UX200・・・約6%

 UX250h・・・約94%




■グレード

 SNSで情報収集される方はスポーティモデル嗜好が高いと言われますが、なんと80%の方が”F SPORT”をご選択!

 ”標準”が「ゼロ」というのは、装備と価格のバランスが取れていないと思われます。レクサスを選択される方にはそこまで装備をカットして価格を下げる必要はなかった、とも言えます。



 標準 …0%

 version.C …約 4%

 version.L …約16%

 F SPORT …約80%



■ボディカラー

 以下の通り過半数が”F SPORT”専用色のホワイトノーヴァガラスフレーク。SUV系ではダークカラーを始め豊かなカラーが選択される傾向にありますが、UXでは圧倒的なホワイト人気。

 また、ソリッドブラックがゼロである一方、ガラスフレークが入った「グラファイトブラックガラスフレーク」が2番人気で、白・黒で約70%を占める結果となりました。

 その他、UXでの新色(テレーンカーキマイカメタリック、ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング、セレスティアルブルーガラスフレーク)も多くはないもののそれぞれ選択されている一方、最近のレクサス車で急激に選択率が下がっている「プラチナムシルバーメタリック」、通好みの「アンバークリスタルシャイン」がゼロとなりました。ソリッドのブラックもゼロでしたが、これは意外な結果でした。


 ホワイトノーヴァ …約 55%

 グラファイトブラック …約14%

 テレーンカーキ  …約 6%

 ソニッククオーツ …約 4%

 ソニックチタニウム…約 4%

 ヒートブルー   …約 4%

 マダーレッド   …約 4%

 マーキュリーグレー…約 2%

 ブレージング   …約 2%

 セレスティアルブルー …約 2%

 不明 …約3%


 以下のカラーはゼロ

 ・プラチナムシルバーメタリック

 ・アンバークリスタルシャイン

 ・ブラック


th_DSC04401.jpg


■内装カラー


 ”F SPORT”では約60%の方がフレアレッドを選択。つまり、外装ホワイト、内装レッドの方の組み合わせが圧倒的に多いこととなります。この組み合わせはまさに往年のスポーティモデル定番カラーですので、このことからもUXはSUVというよりハッチバック的なカラーの組み合わせが多いといえます。また、室内がもともとブラック基調なのであえてレッドを選択された方も多いのかもしれません。


 [F SPORT系]

 フレアレッド …約59%

 ブラック   …約26%

 ホワイト   …約 8%

 不明     …約 8%


 [version.L、version.C]


F SPORT以外では母数が一気に減るので参考値となりますが、選択されたカラーはなんとわずか3種類となります。

他車種にも採用されている「リッチクリーム」がゼロ、新色「ホワイトアッシュ」もゼロ。ホワイトアッシュはホワイトと言うよりグレー系で、レクサスではなかなか人気が続かない系統のカラーです。「標準」専用のシャトーは当然ゼロですが、本当にレアカラーと言えますね。


ブラック   …約40%

オーカー   …約40%

コバルト   …約20%


th_IMG_3102.jpg


■”F SPORT”での「本革」選択率

「23万円+税」の高価なオプションですが、シートベンチレーションが装着されることもあり、選択率は「約70%」とかなり装着率が高くなっています。

 特にレッドの場合は、ブラック部分と組み合わさり、見栄えも良いので人気があるのでしょう。




■”F SPORT”での「3眼フルLEDヘッドランプ」の選択率

 「15万円+税」の比較的高価なオプションですが、見栄えの良さと光軸のアダプティブ交換(AHS)により、選択率は驚異の「約90%」。大多数の方が選択されていることになります。



■ムーンルーフの選択率

 日本車では装着率が低く、そもそも設定すらさえない車種が増えていますが、レクサス車での装着率はかなり高い模様。UXでも、装着率は「約55%」と半数以上の車がムーンルーフを装着。面積の広いパノラマガラスフールがあればまた選択率は変わったかもしれませんが、SUV系ということもありムーンルールの装着率が高いですね。


■「AVS」(+パフォーマンスダンパー)の装着率

 ダンパーの減衰力を可変するAVSですが、意外なことに装着率は「約36%」と全体の1/3程度の装着率。

 ”F SPORT”には標準装着でも良かったように思いますが・・・

 パフォーマンスダンパーはかなり乗り味にも効果がありますので、これも標準装備してもよかったかもしれません。



■パノラミックビューモニターの装着率

 有用な「ブラインドスポットモニター」(+RCTA)とのセットオプションにもかかわらず装着率は「約61%」と多くの方が装着されています。

 やはり安全装備には代えがたい、ということでしょうね。そういえば、新型RAV4にはパノラミックビューモニターはありませんでしたね。駐車環境によっては非常に便利なオプションですのでぜひ装備したいところ。



■マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステム

 UXでの装着率は「約10%」とあまり高くないようです。UXでは装着しても見栄えがほとんど変わらないのも痛いところ。

 ESやLSのように豪華な専用スピーカーグリルがついたり、ISやRCのように高品質なアルミ製ノブ、ヘアライン加工パネルなど「音以外」での見た目の差別化が欲しいところでした。




そういえば、UX用の内装品質アイテム、続々登場しているんですね。

以下のアイテムもかなり見栄えが良くなるようなので要チェックです。


私なら次の2つのアイテムはどちらも購入してしまうと思います。


■UX ラゲッジスカッフプレート


標準仕様では、ラゲージとバンパーの仕切り部分のカバーはブラックの樹脂ですが・・・


th_IMG_2283.jpg


ステンレスやブラックヘアライン、カーボン調にするとだいぶイメージが変わりますね。

樹脂はだんだん傷がついたりするので、その後、パーツを交換しても良いかもしれません。(装着はプライマー塗布のうえ、両面テープなので簡単ですが、取り外しは困難かと思われます)


UXだと、ブラックヘアラインはかなりカッコいいんじゃないかと思いました


ab081-06.jpg


▼楽天 サムライプロデュース ラゲッジスカッフプレート

 

2019年03月22日

レクサスUX インテリアパーツ(ウィンドウスイッチパネル)でイメチェン!

レクサスUX(UX200/UX250h)のパワーウィンドウスイッチパネルには加飾パネルが使用されていますが、他のレクサス車のように、本アルミタイプや本木目タイプではないため、イメージチェンジをされたい方も多いのではないでしょうか。


特に、”標準”と”version.C”は、「ブラックメタリック」で、ISやRCのブラックメタリックとは異なり、クリア塗装が行われれていないためクオリティアップをしたいと思う方もいらっしゃると思います。


th_IMG_3184.jpg



レクサス車のウィンドウスイッチパネルは換装が可能です。

考えられる対策としては・・・

■ヘアライン加工(”F SPORT”、”version.L”)タイプへ換装
th_DSC04416.jpg

■純正部品を専門業者で塗装(シンクデザインさんなど)
 http://www.think-design.jp

260427158_624.v1551355869.jpg

■市販の「貼り付けタイプ」を取付

ab081-07-2.jpg
https://item.rakuten.co.jp/samuraiproduce/ab081-07/


今回ご紹介するのは、「貼付けタイプ」。
純正のパワーウィンドウスイッチパネルの上に、そのまま両面テープで貼り付けするタイプなので純正部品の取り外しがなく、DIYの知識が無くても取り付けできるのはメリットです。また、価格も「6000円前後」とかなりお手頃。純正でも存在しそうな2カラーで展開されているようです。


▼楽天 レクサスUX UX200 UX250h ウィンドウスイッチベースパネル 4P 選べる2カラー サテンシルバーメッキ 艶有りブラックヘアライン





なんと2タイプあるようです。

・サテンシルバータイプ
 ブラック基調のUXのインテリアには差し色としても良さそうです。

ab081-07_3.jpg

・艶ありブラックヘアラインタイプ
 艶ありなので、”F SPORT”や”version.L"ともまた違ったイメージですね。縞杢っぽくも見える?

ab081-07_4.jpg


フロントだけではなく、リヤもしっかり準備されているのは嬉しいですね。

ab081-07_8.jpg


注意点としては、貼り付けタイプということもあり、じっくり見れば貼り付けタイプであることがわかること、一度取り付けすると取り外しが困難であることでしょうか。しかし写真で見る限りは、価格に対し、なかなかのクオリティではないかと思います。
海外生産品とのことですが、この価格で販売されるのはすごいですね・・・。

自分だけの「UX」に仕上げていくのもとても楽しいですよね。

2019年01月20日

LEXUS UX 販促活動が活発に!?

公式サイトに、レクサスUXの特集ページが新しく登場していますね。

https://lexus.jp/models/ux/special/answer/

th_スクリーンショット 2019-01-18 22.12.44.jpg



UXについては、事前の手厚いプロモーション活動といい、開発担当者(加古慈氏)も様々な媒体でPRされていますし、今回はついに販売店の担当者まで公式サイトで座談会を披露するという今までのレクサス車にない手法が取られています。


オーダーが極端に「UX250h」に偏っていることと、当初想定よりも販売数が伸びていない(推測)ということもあるのでしょう。
発売後にこれだけ販促活動を行うのは今までのレクサスでも初ですね。
ほとんどめだった販促活動をしていない「ES」との違いは明らか。

UXは実質4グレードありますが、”標準”を選択されている方が極めて少なく、”version.C”の比率も予想より低いと思われますし、ボディカラーや内装カラーもバリエーションの割にはかなり選択が偏ってしまっている印象です。
UX独自の「コバルト」などはもっと多くの方が選択しても良いように思うのですが・・・(ダッシュボードの「和紙調」部分も専用カラーですし)

th_IMG_3111.jpg


現時点で購入のネックになっていると想像されるのは「ラゲージの狭さ」、「SUV感の乏しさ」、「内装の質感(ドアトリム等)」、オプションが多いための「価格の高さ」であると思われますが、これらもそれぞれ狙いがあるはずなので、その点についても今後コンテンツでしっかり触れてくれればと思います。

th_DSC04640.jpg


ただ、第1回めの内容を見る限りは、「ラゲージ」のことには触れていないのは残念でした。(隠しているように思えてしまう)
レクサス車は大衆ブランドではありませんので、万人受けする必要はなく、コンセプトやデザイン等に共感して購入してもらえればいいわけですので、その開発者の思いをしっかり伝え、共感して購入していただけるファンを増やすことも重要と思います。

th_IMG_3114.jpg

積載性に関していえば、後席を倒せば大抵のものは積めますし、フロアが高くて荷物の持ち上げは少し大変ですが、一度持ち上げればフラットで、おろしやすいとは思います。高さがないのはライバルと比べても不利な点はあるのは如何ともし難い分ですが・・・

【天地高さ比較】

UX・・・555mm
X2・・・675mm
XC40・・・720mm
Q2・・・670mm

しかし、ラゲージ左右の小物入れも結構活用できますし、「ハンズフリーパワーバックドア」も設定してありますしね。
走りを良くするためホイールベースをあえて短めに設定し、デザイン重視のためこのような結果になっているのだと思われますが、その他の理由も含め、「狙い」をもっとPRしてくれてもよいのではと思いますし、今後のコンテンツにも期待したいと思います。



さて、明日、明後日と「ES」、「UX」が納車される方も多いと思います。
今回が初レクサス車という方は、納車式の際には少なくとも、係員の方に、お手持ちのスマートフォンの「Bluetooth」の接続設定をお願いしておいてください。もちろんあとで説明書を見ながらでも設定できるのですが、納車時に設定しておくと、ハンズフリー通話や音楽のbluetooth再生が可能など、なにかと便利です。


■UXとES 納車されたらリモートタッチ等の初期設定も忘れずに!(2018/12/4)
http://www.namaxchang.com/article/463061184.html?1547822122


また、「リモートタッチ」は2017年以降改良されたものはレスポンスもよく操作性もだいぶ向上していますが、「左手」でのタッチパッドの操作には少し慣れが必要です。レクサスのタッチパッドの操作についてごく基本的なことですが、実は気づいていない方もいらっしゃる点を何点か紹介させていただきます。

th_IMG_3183.jpg

■「決定」操作は、タッチパッドを押し込むのではなく、「ダブルタップ」が簡単!

「決定」をするときに、タッチパッドを押し込むのには多少力が要りますが、「ダブルタップ」(タッチパッドを”トントン”と軽く2回タップする)でも決定と同じ動作となります。こちらの方が操作性が良いと思いますのでぜひためしてみてください!(当方は、ダブルタップでしか使いません)


■地図の縮尺変更は「2本指」で行う

某モータージャーナリストも試乗レポートで、「画面の左下にある「+」「ー」で縮尺を変えるのが面倒で要改善!」と発言していましたが、第3世代のレクサスでは、基本的に地図の拡大縮小はタッチパッドでの「ピンチイン・ピンチアウト」で行います。
地図の縮尺もかなりこまかく調整できるので、ぜひ左手での操作に慣れてください。
ただし、画面右側のサブウィンドウに地図を表示した場合はピンチイン・ピンチアウトでの地図スケール変更はできません。


■スマホアプリ「Navi-con」や「smart navi link」などレクサスナビと連携する地図アプリをインストールしておく!(無料)

標準ナビで文字入力するより、スマホアプリで検索して、ナビへ転送するほうが検索精度も高く、時間も短縮できます。予めお手持ちのスマホにインストールしておくことをおすすめします!(UX・ESにも対応しています)

新くオープンしたランドマークを検索したい際や、難しい漢字を含む検索が必要な場合は車両標準ナビだとずいぶん時間がかかります。オーナーズデスクにナビ設定をお願いしてもよいのですがスマホアプリでの検索の方が遥かに速いです(助手席の方に操作してもらえば、運転中もOK!)


■使ってますか?スマホアプリ「NaviCon」(2018/1/23)
http://www.namaxchang.com/article/456400672.html

アプリで目的地を検索して、画面したの「ナビへ送信」するだけで、目的地設定が完了します。

th_IMG_3526.jpg


それでは納車される皆様にとってもすでにレクサスライフをお送りされていらっしゃる方にとってもよい週末になりますように!

2019年01月11日

LEXUS UXのすべて1/12日発売!

モーターファン別冊 「レクサスUXのすべて」がいよいよ今週末(1/12)に発売されます!
UXオーナーはぜひご購入されて、納車までの日々の隙間を埋めてください!

cover.jpg

「ESのすべて」は久々に結構マニアックな技術解説が多かったので、UXにも期待したいところです。
未だにあまり詳細が解説されていない「先読みエコ・ドライブ機能」や、「ダイレクトCVTの技術解説」、「アルミニウム製のドアの採用理由」、「ラゲージフロア高さの日米での違い」、「C-HRやRAV4との差」などなど、各種解説にも期待したいところ。


▼amazon UXのすべて 

ニューモデル速報 第579弾 レクサスUXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2019/1/9 19:07時点)





なお、この3連休「ES」、「UX」が納車される方も多いと思います。楽しみですね〜

■【UXオーナーさま用】UX200/UX250h 納車予定一覧!
http://www.namaxchang.com/article/462965495.html?1547029862

■【ESオーナーさま用】LEXUS ES300h納車予定一覧!
http://www.namaxchang.com/article/462611131.html?1547029914


そして、1月11日(金)〜1月13日(日)は幕張メッセで、「東京オートサロン」が開幕。
昨年はレクサスLCの展示が非常に多かったですが、今年はニューモデルの「ES」や「UX」も一部出展されるようですので、オーナーの方は要チェックですね!


■アーティシャンスピリッツ
http://artisanspirits.co.jp

UX
S0190216-UX.jpg


ES (出展リストにはなし)
01w.jpg

■エイムゲイン
http://www.aimgain.net/home.html

UX
1-2.jpg

ES
1.jpg

2018年12月31日

LEXUS UX200 東京地区で異例のキャンペーン実施!

さて、レクサスUXの発売後1ヶ月間での販売台数が公表されましたが、初動(発売から1ヶ月間の販売状況)は兄貴分の「RX」や「NX」がデビューした際よりより若干少ない「8,800台」となり、少々意外な結果となってしまいました。

デビュー前の熱狂(二子玉川ライズでのデビュー)からは爆発的な大ヒットとなることが予想されましたが・・・

■日本初公開!レクサスUX(UX200)見てきました【速報編】
http://www.namaxchang.com/article/461830958.html?1546067568

このときはモーターショーもびっくりの人出でした。


th_DSC04403202.jpg



UXの今後の販売状況はまだわかりませんが、思ったより販売が伸びなかったのは、「外部環境」にも影響がある可能性もあります。

・2019年4月からのエコカー減税の動向 (UX250hは影響を受けない見込み)

・特定グレード/カラーへの人気集中による納期遅延  


当ブログに寄せられたUXオーナーさまの情報では、2018/12/29現在、「UX250h」を選択された方は、なんと全体の「93%」となっており、圧倒的なハイブリッド人気となっています。

■【UXオーナーさま用】UX200/UX250h 納車予定一覧!
http://www.namaxchang.com/article/462965495.html?1546068043


またそのうち”F SPORT”選択をされる方は約80%と、かなり偏りがある販売動向となっています。

ボディカラーも「ホワイト系」が大多数を占めており、これらの組み合わせの仕様は、レクサス公式HPで公開されている納期(4月頃)よりも長期の納期目安となっているようです。
一般的に、納期が半年近くになるクルマの受注が加速することはありませんので、エコカー減税の動向と、納期待ちの解消を待つなど心理的に「一旦購入を見合わせ」た、ということも考えられます。


特に首都圏エリアでは、「UX200(ガソリン)/UX250h(ハイブリッド)」の販売比率は「1:9」と言われておりますので、ガソリン車「UX200」の拡販が急務のようです。(*一部メディアでは広報に確認したところ、「2:8」との記載がありましたが、受注の実態は限りなく「1:9」に近いのでは・・・と邪推します。ニュースリリースで販売比率が今回、非公開となっているのは何らかの理由があるはずですので)


確かに現在のレクサス車ではハイブリッドモデルを擁する車種(LCを除く)はHV比率が高いですが、かつてここまでHV占率が高いと思われる車種は存在しませんでした。この状態に対し、「UX200」について拡販を目指しているようで、東京エリアの販売店限定でレクサス公式としては初の「金券進呈キャンペーン」が開始されました。


main_ttl-7.jpg

なんと所定の条件を満たすと、「Quoカード・1万円分」が進呈されるとのこと。
金額は少額ですが、クオカードはコンビニエンスストアやガソリンスタンド等で使えますので、実質的な「値引き」に相当する施策ともいえます。

present_w_img.png


UX200は燃料に「ハイオクガソリン」を使用しますし、HVモデルのUX250hとは燃費の差は多少ありますが(当方試乗環境では、一般道でリッター5〜6km程度)乗った感じだと初速の力強さがある、2LNAエンジンモデルの「UX200」の方が感覚的には好きでした。(UX250hは他のレクサスHV車よりもモータートルクが少なく感じ、当方としてはもう少しモーターの押出し感ある方が好み)
しかし、アイドリングストップ時の静粛性、総合的な燃費の良さ、先読みエコ・ドライブの将来性などやはりUX250hの魅力は高いと感じます。

th_スクリーンショット 2018-12-29 17.46.27.jpg

これで販促につながるかどうかはわかりませんが、「UX250h」にエコカー減税の適用が続く限りは、現在の販売比率には大きな変化がないように思います。(次の手としては、残価設定型ローンの金利引き下げ、というところでしょうか?)

また、今回は東京エリアだけでのキャンペーンですが、他のエリアにおいても「UX200」についてはディーラオプションや下取り金額、ボディコーティングのサービスなどで好条件を引き出せる可能性があるかもしれませんね。


しかし、レクサス開業から約13年が経過し、一部エリア限定、わずかな金額とはいえ、発売からわずか1ヶ月程度で「公式」では初の値引きに準ずるキャンペーンを実施したことは、UX200をなんとしても拡販し、「UX自体の販売台数を引き上げたい」という思いが伺えます。
これは、UX全体の販売台数がメーカーとしては計画未満であった、NAエンジンモデルの生産を引き上げる必要性があったのでは・・・と推測されます。

th_IMG_3103.jpg

根本的にはUX200に「AWDモデル」の設定や、パフォーマンスダンパーの追加、足回りの変更などNAエンジン車をHVよりパフォーマンス方向に振るなど、装備面での差別化を図る必要があるかもしれません。


なお、2018年11月のUXの販売台数(登録台数)は以下のとおりとのこと。

UX200 ・・・395
UX250h・・・262

*ESはオーナー向け納車が11月には開始されていないのでわずか「34台」に留まる。(全数が試乗車と推測)

これを見る限りは「UX200の方が売れている」となるのですが、11月の数値に関してはほぼ全数が「広報車・試乗車」と思われますので、一般オーナー向け車両はほとんどカウントされていないと思われます。今後の動向が楽しみです。

2018年12月26日

LEXUS UX250h ちょっとだけ試乗してみた!

LEXUS 「UX200/UX250h」の発売から約1ヶ月。
販売店の混乱もようやく落ち着いてきたので、人気の「UX250h」を少しだけ試乗してみました。

夜の「UX」を見るのは初めてですが、ライト点灯状態はなかなかいいですね!
実質的なレクサスブランドのエントリー車となりますが、車幅が1840mmあるので堂々としたものですね。


th_IMG_3245.jpg


ヘッドライトですが、夜間は「まつげ」がとても綺麗に光りますし、他のレクサス車との違いがわかるポイントです。

th_IMG_3246.jpg


120個近くのLEDを使用して均一に光るテールランプはとても綺麗で、ひと目で「UX」とわかります。
細く、真一文字というと最近のポルシェブランドのクルマを連想しますが、今後のレクサスSUVのテールランプのデザインもこの方向性となるのでしょうか?
2019年夏頃発売と噂の「RXマイナーチェンジ版」がどうなるか楽しみです。

th_IMG_3249.jpg


夕暮れの以後の走行でしたので、販売店内ではわからない、ドアハンドルの「おもてなしライト」もバッチリ。
ただ、個人的には第2世代レクサスの「NX、RC系」のドアハンドルイルミが一番ステキだと思いますが・・・
ドアハンドル下だけでなく、内側も照らすようになっているので暗所での実用性は高いです。

th_IMG_3253.jpg


今回試乗したのは、"version.L"。
UXオーナーさんからいただいた情報ですと、なんと「約80%」の方がF SPORTを選択されており、"version.L"は「約15%」の割合ですが、"version.L"専用装備の一つ、「フローティングベントコントロールイルミネーション」は夜間の走行ではちょうどいい室内のワンポイントとなりますね。

これは”F SPORT”にもぜひ欲しい装備。おそらく移植はできるのでは・・・と思いますので、情報が入れば共有させていただきたいと思います。
レクサスらしい控え目な照度がたまらない?(他のブランドだと明るさ、色合い調整などができるのでしょうね〜)

th_IMG_3241.jpg


前回試乗した2L/NAエンジンモデル「UX200」が予想以上に軽快な走り出しだったので、モーターを付加したUX250hにはそれ以上を期待していたのですが、思ったよりHV特有のモーターの押し出し感がなく、「アクセルを踏まないと加速しないな・・・」という印象でした。
軽く踏み込んでスルスル・・・といつのまにかスピードがでている、というのを予想していたので。

ただ、一度走り出したあとはいつエンジンが始動したかわからないぐらいのスムーズさと、信号待ちでの静粛性の高さとリスタート時のスムーズさは、トヨタ/レクサスHVの強みですね。
なお、ハイブリッド特有のインバーター音や高周波音などはESよりも明確に聞こえるのはやむなしか。

th_IMG_3111.jpg


また、「時速50-60km/hまでの加速→アクセル離してEV走行」という一般道でよく使用するHV車の走行方法を試みるも、思ったよりアクセルを踏まないと速度をキープするのが難しく、新型カローラスポーツ(HV)、ES300hと比べるとちょっと扱いにくかったかなぁ・・・というのが試乗中の感想です。
(もう少しモーターアシストパワーが強いほうが好みです)


いつものテストコースで燃費を計測したところ、気温が下がってきたせいもあり、効率的にHV走行ができなかったようで、UX250hの「WLTC”市街地モード”」の21.1km/Lには及ばず、ES300h"version.L"で記録した「20.7km/L」、F SPORTで記録した「19.8km/L」も下回る「約17.7km/L」という結果となってしまいました。
「先読みエコ・ドライブ機能」についてもちゃんとナビゲーションを設定したのですが、渋滞路がなかったせいか特段の違いは感じられず・・・これはオーナーさんの検証に期待したいと思います。

th_IMG_3244.jpg


乗り心地に関してですが、"version.L"で、MOPの「AVS+リヤパフォーマンスダンパー」を装着していないことと、「18インチ・ランフラットタイヤ」を履いていたせいか、以前試乗した「UX200 ”標準”」よりもタイヤ自体が固く、路面の凹凸に対してボディの微振動が生じており、ボディサイズの割には乗り心地的は今ひとつという印象でした。また、ランフラットタイヤ特有のロードノイズも少し気になりました。

th_IMG_3251.jpg

なお、タイヤは、ブリヂストンの「TURANZA T005A RFT」を装着していました。
ブリヂストン社からのニュースリリースはこちら
https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2018122101.html

「AVS+パフォーマンスダンパー(リヤ)」は後付できませんので、乗り心地・微振動に関して気になる方は後付可能なTRDの「パフォーマンスダンパーセット(フロント・リヤ)」を装着されるとかなり改善されると思います。
http://www.trdparts.jp/lexus/ux.html

ux2018_damper.jpg


"version.L"にはパドルシフトが備わらないのは残念ですが、走行性能自体には不満もなく、よくできていると思います。
また、「ヘッドアップディスプレイ(HUD)」も大型で、とても見やすいです。(ただ、何度か述べているように、スピードメーター内との情報整理がうまくできていない印象です。もっとメーターとHUDのカスタマイズの”幅”をもたせる必要があるでしょう。現状では重複した表示が多く、エンジン回転数やHVのインジケーターはもっと大きくして見やすくするなどの工夫も必要かと・・・)

th_IMG_3240 2.jpg


また、”レクサスクライメイトコンシェルジュ”のおかげで、いつのまにか「ステアリングヒーター」や「シートヒーター」が自動的に温かくなっているのは非常に嬉しいですし、快適なドライブを楽しむことができ、これはレクサスならではの優位点といえますし、現時点ではNXやIS、RCといった価格的には上位の車種を上回る快適機能です。

th_IMG_3241.jpg


このクラスのクルマは魅力的な車種が多く、競争は激化するばかりですが、ファーストインプレッションとしては、「UX250h」は日常を無難にこなせる優等生的な存在に思います。「UXならではの魅力」が室内の快適性以外の面で、もう少し試乗レベルでも伝わってこればいいのですが・・・

th_IMG_3250 2.jpg

2018年12月23日

LEXUS UX派生車種「UX300e」&UX TV/NAVIキャンセラー等発売!

レクサス「LM」に続き、もう一つ発売が予定されているレクサスの電気自動車の話題。
新聞報道でも発表されていますが、2020年には(日本は遅れるかもしれませんが)UXベースの電気自動車(EV)が発売されることが確実視されていますが、どうやらネーミングが「UX300e」になりそうです。

日本ではまだですが、レクサスエンスーによると、欧州では商標出願された模様。

▼lexusenthusiast
https://lexusenthusiast.com/2018/12/18/lexus-files-trademark-for-ux-300e-in-europe/

UXは「ガソリン」、「ハイブリッド」「EV」という3つのパワートレーンを持つことになり、まさにレクサスの顔といえる1台となりそうです。
こちらも続報を期待したいですね!


th_IMG_3143.jpg


なお、納車が開始されたUX(UX200/UX250h)関係では、少しずつ社外品パーツが発売されていますね。

まずは、愛用者が多い、「TV/NAVIキャンセラー」
レクサスファンでは有名な「ブルーバナナ社製」のTV/NAVIキャンセラー「SNTC-M20」がついに発売!
(*従来のLC・LSやMC版NX・RCから型番が変更されています)

スペースの狭いUXにあわせ、小型のコネクタを採用するなど従来品から改良されているようです。

259462902_624.v1544900227.jpg

ブルーンバナナ車の製品は、TV/NAVIキャンセラーにありがちな「外付けスイッチ」などがなく配線が露出しないのがメリット。
また、「MAPボタン長押しで映像リターン」機能があるなど、他社製品にない利便性の高い機能があります。そのぶん他社製品より若干高価ですが、非常に快適なおすすめアイテムです。


詳しくは以下の「シンクデザイン」さん公式ブログ参照。すでに予約を受け付けられているとのことです。
なお、UXはかなり分解難易度が高く、分解手順を見る限り、素人DIY作業はかなり大変そうです・・・

https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/42300694/


また、「ブレーキホールドキット」についても、ブルーバナナ社が画期的な新製品を開発・発売されたとのこと。
ブレーキホールド機能の快適性、利便性はいまさら言うまでもありませんが、欧州車と違い、トヨタ/レクサスのブレーキホールド機能は、エンジンオンのたびにブレーキホールドスイッチを押下しないといけないのが若干面倒くさいところ。
これをオートで動作するのが「ブレーキホールドキット」です。

259501511_624.v1545127340.jpg

私も、お手軽なブレーキホールドキット(市販:3000円程度)のものを使用していますが、「ドアが閉まっている」+「シートベルトをしている」のが動作条件ですので、たとえば、車に乗り込んでエンジンをかけてからシートベルトをする癖のある人はブレーキホールドがオートにならない、などとといった欠点がありますが、今回、これを解決する仕様になっているとのこと。

259501524_624.v1545117896.jpg

その他、業界初の新ブレーキホールド制御(ブレーキを押し込むことでホールドが解除)を取り入れているとのこと。
アクセルを踏み込んで解除するのではなく、ブレーキを押し込んで解除する方式のため、例えば渋滞時などに、ブレーキホールドを解除する際に、アクセルを踏み込むと「グン!」と車がでてしまう場合がありますが、ブレーキを踏み込んで解除する場合、解除後ブレーキペダルを離すと「クリープ走行」が行えるため、よりスムーズに発進できるというもの。

その他、純正状態も含め「3モード」の動作切り替えができるなどの特徴があるようで、UX以外の車種への適合確認が待たれます(というか、私もつけたい・・・)
259501528_624.v1545117909.jpg

しかも驚異的なことに、ブレーキホールドキットの取り付けの際の定番である「シートベルト・ドアカーテシ・シフトポジション・車速・ブレーキ踏み込み量」など、個別に配線を取る必要が無い」という点。これは驚きました・・・!
とにかくブレーキホールドキットは、配線作業が面倒なんですよね。

UXで、TV/NAVIキャンセラーを検討されている方は、あわせてUX用の「ブレーキホールドキット」もご検討されると良いでしょう。
動作の複雑さとマニアックさから、競合製品はしばらくでてこないと思われます。

詳しくは「シンクデザインさん」の以下の記事を参照。
https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/42309563/

作業の予約については、シンクデザインさんのホームページから。
http://www.think-design.jp


キット単品をご希望の方は、販売元のブルーバナナさんでご対応されるそうです。
http://bluebanana99.shop-pro.jp

2018年12月14日

UX200/UX250h 納車されたら…カスタマイズポイント!

LEXUS UX(UX200/UX250h)すでに納車された方、あえて年明け納車にされる方、まだまだ納車は・・・という方、納車時期はまちまちと思いますが、今は目新しく注目度抜群のUXですが、人気車種ゆえ、相当な台数が世に出るので、そうなると自分だけの1台を作り出したい・・・という方も多いと思います。

レクサス車の利点として、輸入車より部品が手に入りやすい、安価、カスタマイズしやすいなどの点がありますので、ちょっとしたカスタマイズにチャレンジするとより愛着が湧くかもしれませんね。

カスタマイズといえば、まずは外装、エアロパーツが連想されますが、現時点では、「TRD」や「モデリスタ」などのメーカー系列のオプション品が中心です。年明けの「東京オートサロン」などではいくつかのメーカーがUX用のエアロパーツを発表すると思いますが、UXのデリバリーが最速でも12月初旬のため、開発期間を考えると今年度の出展は多くなさそうです。


th_IMG_3161.jpg



そんな中、レクサスパーツ専業の「シンクデザイン」さんでは、いち早く「UX」のエアロパーツと内装パーツをリリースされるそうです。
個性を出したいオーナーさんは要チェックです!(専用ページもできているようですね)
デザインは概ね完成しているようなので、あとは発売時期・・・純正フォルムを活かしたデザインがお好きな方には食指が動きそうですね!

LEXUS UX開発コラム
http://www.think-design.jp/thinkdesign_lexus_ux_column.html


■フロントリップスポイラー

メーカー純正オプションと比べてもシンプルなスポイラーです。過剰な「飛び出し」などもないので、段差や駐車環境にも左右されないスポイラーと言えます。カラード化されたフェンダーとの連続性も見どころ。

th_スクリーンショット 2018-12-10 20.03.42.jpg


■フェンダー&サイドステップ カラード対応

都市型SUVっぽさがアップする、フェンダー&サイドステップのボディ同色対応。
これはかなり見栄えが変わり、いいですねぇ〜

th_スクリーンショット 2018-12-10 20.04.13.jpg


■リヤアンダースポイラー

こちらも一見、純正ライクなデザインのアンダースポイラー。
よく見ると、樹脂パーツ部分がボディ同色になっているのでまったく違うスタイリッシュなデザインになっています。
他のUXと並べると一目瞭然! マフラーを交換しなくてもよいデザインになっているのも嬉しいところ。

th_スクリーンショット 2018-12-10 20.02.49.jpg


次は内装編。外装はインパクトありますが、内装はドライブ中、ずっと見えて、触れるところですので、私的には室内カスタマイズは魅力と思います。
器用な方なら自分で施工することもできますが、仕上がりなど(特に「塗装」は素人には無理!)を考えると専門店の優位性は明らかです。


■シフトノブ

UXのシフトノブの本革を「内装色」にあわせたい・・・という要望もあるはず。
特に、UXオーナーさんでは「フレアレッド」の選択率が高いので、「フレアレッド+ブラックステッチ」などはかっこいいかと。
"version.L"のオーナーさんで「オーカー」内装の場合もかなりかっこよくなりそう。

そのほか、シフトブーツは「合皮」なのですが、これも「本革」に変更することで質感が一気にアップします。
内装色全色ラインナップされるとのことで、期待したいですね。

259335783_624.v1544092315.jpg


■センターコンソールアームレスト

センターコンソールのアームレストは合皮の「L-tex」が使用されていますが、ここも「本革」や「アルカンターラ」を使用することでグッ!と質感がアップします。市販の素材を使用してDIY加工も可能ですが、ステッチを入れるとなると素人には手が負えませんので、ここは専門店に任せるのもありかと思います。

259335781_624.v1544092315.jpg


■パワーウィンドウスイッチパネル

”F SPORT”や"version.L"ではヘアライン加工入りですが、ここも「ボディ同色」(私的には、「グラファイトブラック」などもオススメ!)や「カーボン」仕上げにすることで一気に満足度が高まると思います。
これについては、製品化されるそうです。

259335794_624.v1544092315.jpg


■エアコンパネル

エアコン吹出口の内側&ハザードスイッチ周辺、ここを「グラファイトブラック」や「ソニックチタニウム」などのカラーで塗装すると相当スタイリッシュになる予感。さすがにマニアックな部分なのでワンオフ塗装になりそうですが・・・
エアコンパネルは結構見栄えが変わりますのでおすすめです!

th_スクリーンショット 2018-12-10 20.23.22.jpg


その他、私がUXオーナーだったら・・・まず取り組みたいカスタマイズ(DIY)ポイントは以下の通りです!


■バニティミラーのLED化(ディーラオプションにもあり)

UXでは唯一、電球が使用されているのでLEDへの交換をしてしまいましょう!
純正ライクな色合いならディーラオプション。明るさ重視なら市販品がオススメ。(ただし、青白っぽくなりますが)

img_led_bulb_set_01.jpg


■カップホルダーイルミネーションの追加 (NX用を流用チャレンジ?)

夜間の室内が暗いUXですが、カップホルダーイルミで「ほんのり」照らすと雰囲気が出ると思います。自作も可能。

img_cup_holder_illumination_01.jpg


■センターコンソールボックスへのLED照明追加(市販のLED照明をインストール)

これは優先してやりたいですね。照明があると、夜間や立体駐車場などでコンソールから物を探すのも楽になります。
UXは比較的深さもあるので、照明があると便利と思います。「USB」のイルミ照明から電源を取ると比較的簡単かな?

th_IMG_0416.jpg


■後席足元照明

後席に乗客を乗せる方は、足元を照らす照明を設置するのもオススメ!(ちなみにレクサスESではシート下に標準装備でいい感じです!
シート下の隙間に「ライン状のLEDイルミ」を設置、電源は、運転席・助手席の「フットイルミ」から取り、スカッフプレート内を通すことで配線は完全に隠せると思います。(フットイルミ連動だと、走行中は減光、パーキング状態で標準点灯するなど、いい感じの制御になるかと。)

th_IMG_9353.jpg


UXはカスタマイズの許容度も高そうですし、「個性的な1台」を作り出すのもおもしろそうですねぇ〜!

2018年12月09日

UX200 短時間試乗レポート!

先般、LEXUS「UX200」の乗る機会がありましたので簡単ですが試乗レポートをさせていただきます。
先週末に試乗された方も多いと思いますが、45分程度の短時間試乗。今回は希少?な”標準”グレードでした。


th_IMG_3138.jpg


■良かった点

・出だしの加速が軽快感あり、良い! (軽量ボディと新開発のダイレクトCVTのおかげか)
・腰高感がなく、カーブ、コーナリングもスムーズ
・アイドリングストップからの再始動がスムーズ(振動は若干あるが、さほど気にならず)
・ヘッドアップディスプレイが巨大で見やすい。

th_IMG_3179.jpg

■気になった点

・フロントウィンドウの視界が狭い(上下に狭い!)
・CVTなので、現在のギアがまったくわからない(マニュアルモードに入れないと段数の表示もない)
・停車時にリモートタッチを操作しようとすると、シフトノブと干渉して操作しずらい。
・坂道など高負荷時のエンジン音は魅力的でない
・ステアリングがちょっと軽い(今乗っている車により印象変わるかと)
・”F SPORT”以外にパドルシフトがない。
・パームレスト近辺のオーディオ操作ボタンが意外に操作しにくい。ブラインドタッチしやすいようボタンの形状、触感など工夫がほしい。
・夜間走行だったので全体的に「暗い」。フットイルミ以外の照明がなく、もう少しイルミネーションが欲しい。(インナードアハンドル、カップホルダー、置くだけ充電エリア、センターコンソールボックス、リモートタッチパッド周辺など)

th_IMG_3182.jpg

■燃費

いつものテストコースで約「12km/L」でした。
WLTC(市街地モード)と概ね近い数値なので妥当なところと思います。
郊外走行だと15km/Lは行きそうな感じですね。

th_IMG_3180.jpg


人気のハイブリッド「UX250h」も次回試乗予定ですが、2LNAエンジン・「UX200」は予想以上に出だしの加速がスムーズで結構速いのは高評価でした。ただ、「UXらしい走り」っていうのはまだ分かりませんでした。



「ワンダー速報」さんでは「UX」に関しては大変丁寧な試乗レポートをされているので、こちらが大変参考になりますね。(うーん、凄い!)


■【想像より良かった!】レクサスUX200試乗インプレッション




■UX250h編 【おすすめグレードは?】レクサスUX250h試乗インプレッション!UX200との比較評価! |

UX200/UX250h DOP「オーナメントモール」見てきました!

LEXUS「UX200/UX250h」では、内装が少し素っ気ない・・・と感じる方もいらっしゃると思います。
メーカーもそこは理解しているようで、レクサスとしては珍しくインテリアに彩りを加えるディーラーオプション(DOP)が準備されています。

それが、オーナメントモール
価格は「44,000円+税」となかなか高価で、どうやら「貼り付けタイプ」のようです。(類似品がそのうち登場しそう?)

th_スクリーンショット 2018-12-05 21.08.41.jpg



先般、オーナメントモールを装着した実車をチェックさせていただきましたのでレポートさせていただきたいと思います。
装着を検討中の方のご参考になれば幸いです。


■ダッシュボード全景

 おちついた色調かつざらざらした感じの表面仕上げ(金属調塗装)のオーナメントモールに仕上がっています。純正品といわれても違和感がありません。

th_IMG_3093.jpg

■助手席側ダッシュボード拡大

 下から、シボ入りソフトパッド、ヘアライン加工仕上げパネル、ハイフィール調シボ入りインストルメントパネル、オーナメントモール。
 それぞれ質感・色調が違い、室内に彩りを与えます。

th_IMG_3095.jpg

■助手席側ドアトリム拡大

 ドアトリムとインストルメントパネル部分との「隙間」が気になる方もいらっしゃるかもしれません。ここはやむを得ない部分ではありますが・・・
 また、このパーツは「貼り付け」タイプなので、立体感があり後付感があるのも事実。(ダッシュボード部分は気になりません)

th_IMG_3094.jpg


■運転席側ダッシュボード拡大

 運転席側は非常に接地面積が狭いですが、ちゃんとパーツが準備されています。斜めから見ると、うまく「隙間」を埋めるように設置してあるのがわかりますね。純正品だけありフィッティングはバッチリです。

th_IMG_3099.jpg


■運転席側ドアトリム拡大

どうしてもここが一番後付感が気になる部分でしょう。ここだけを見るとホントイマイチ感があるかもしれません。
オーナメントモールの表面の「ざらざら感」が写真でもわかりますね。
よく見ると、この部分のエアコンパネルの質感は結構いいですねぇ。(助手席側もこうだったらいいのに・・・)

th_IMG_3098.jpg


■運転席側全景

ドアを閉めて座席に座るとこのような感じ。ダッシュボード部分と、ドアトリム部分のモールの段差(奥行き&隙間)がちょっと気になりましたが、雰囲気は変わり、室内に彩りが増すのは間違いありません。

th_IMG_3096.jpg


(参考)標準状態

th_IMG_3120.jpg


カタログで謳う「銀皮膜をあしらった特殊金属塗装」に期待していたのですが、金属感は期待ほどではありませんでした。
(触るといかにも樹脂に塗装したな、という感じ。ひんやり感もありませんし)
これで1〜2万円であれば問題ありませんが、工賃を入れると税込み5万円前後ということなので、コストパフォーマンスの面ではちょっと微妙と思いました。
また、特にドアトリム部分については平面部分に設置しているので、いかにも「貼り付けました」感があるのは気になるところです。
なお、遠くから見ると後付感はまったくなく、非常に自然です。

th_IMG_3103.jpg

2018年12月04日

LEXUS UX200/UX250h TRD エアロパーツ装着車をチェック!

LEXUS UXが発売して初の週末、販売店は大賑わいだったようですが、UXだけでなく、NXの人気も引き続き高く、活況のようですね。
さて当方はUX250h「TRD F SPORT PARTS」装着車をチェックしてきました。
ディーラーオプションで「TRD」製品を検討されている方のご参考になれば幸いです。


■UX250h TRD F SPORT PARTS装着車(ボディ同色仕様)


th_IMG_3162.jpg



■フロントスポイラー。樹脂部分(実際は、マットブラック塗装)も多いです。結構分厚く迫力ありますねぇ。
この塗り分けはなかなかオシャレだと思います。ボディ同色かBlack-Editionにするか迷うところです。

th_IMG_3077.jpg

サイド部分拡大。空力効果がありそうな形状です。
th_IMG_3058 2.jpg

■サイドスカート。
こちらも大部分はマットブラック塗装です。サイドはボディ同色の方がインパクトがあっていいかなぁと思います。
th_IMG_3147.jpg

ローアングルから。なかなかの迫力です。
th_IMG_3152.jpg


■エアロフェンダー
これはかなりかっこいい!単に純正パーツをボディ同色に塗装するだけでなく、空力効果を加えているのですが、車格が上がった感があり、これは「F SPORT」系には似合うと思います。(カタログ写真よりずっといい!)

th_IMG_3075 2.jpg

リヤもとってもいい感じでしたよ。これホントおすすめ。
th_IMG_3070.jpg


■ルーフスポイラー
 純正のブラックタイプのスポイラーにかぶせるタイプですが、派手過ぎず、ちょうどよい感じ。
 こちらもボディ同色かBlack-Editionにするか迷うところです。

th_IMG_3155.jpg


■ヤディフューザー
 かなりメカニカルな感じで、C-HRとかホンダのCIVIC風な感じになります。
th_IMG_3080.jpg


■スポーツマフラー

 ESと違い、マフラーとリヤディフューザーは別々に装着することも可能なのが嬉しいですね。
 UXのマフラーエンドはかなりおそまつな仕上がりなので、この4本出しスポーツマフラーにすると見違えますね!
 
th_IMG_3081.jpg

斜め上からのアングルはかっこいいですね〜 マフラー自体もマットな感じで、スポーティさがあります。
漆黒メッキとの組み合わせもいい感じでしたよ。
th_IMG_3082.jpg


■18インチ鍛造ホイール

重量を9.5kg/本に抑えた鍛造アルミホイール。濃いガンメタリックにリム周りは綺麗に切削加工されたシルバー。
私的にはあまり好みのデザインではありませんが・・・

th_IMG_3085.jpg


■リヤ全景

th_IMG_3149.jpg


■フロント全景

th_IMG_3160.jpg

TRDパーツはフル装備すると非常に高価になりますが、やはり実物を見ると魅力的ですね〜
特に、エアロフェンダーはカタログ写真よりずっと良かったです。

モデリスタ仕様もぜひチェックしてみたいところですが、どこかにおいてないかなぁ・・・


ーーーーーーーーUXに関する過去記事ーーーーーーーーーーー

■【UXオーナーさま用】UX200/UX250h 納車予定一覧! (日々更新中)
http://www.namaxchang.com/article/462965495.html?1543492312

■LEXUS UX200/UX250h ついに発売!
http://www.namaxchang.com/article/462950524.html?1543579802

■UX発売前に、LEXUS TOKYO キャンペーンが多数!(2018/11)
http://www.namaxchang.com/article/462726526.html?1543579847

■LEXUS UX 公式カラーシミュレーション開始!
http://www.namaxchang.com/article/462234117.html?1541777037

■LEXUS UX(UX200/UX250h)初回オーダーが完了したようですね。
http://www.namaxchang.com/article/462234117.html?1541777037

■LEXUS UX200/ES300h 再度見てきました!(UXミラー幅など)
http://www.namaxchang.com/article/462163967.html?1539949401

■LEXUS UX(UX200)ラゲージの広さを測定してきました!
http://www.namaxchang.com/article/462059669.html?1539431779

■LEXUS UX 豊富な内装素材も要チェック!
http://www.namaxchang.com/article/462077285.html?1539432025

”標準”および”version.C”の価格、見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(1)
http://www.namaxchang.com/article/461992915.html?1539168163

”F SPORT”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(2)
http://www.namaxchang.com/article/462010784.html?1539168268

”version.L”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(3)
http://www.namaxchang.com/article/462027713.html?1539168326

■レクサスUX(UX200/UX250h)販売価格解禁&事前商談スタート!
http://www.namaxchang.com/article/461959430.html?1539431967

LEXUS UX200/UX250h発売後初の週末!

UXが発売になり、初の週末を迎え、レクサス販売店は活況のようですね。
当方はまだ未試乗ですが、試乗された方はいかがでしたでしょうか?新パワートレーン、新プラットフォーム採用でレクサス第2世代のCTやNXとの走りの差がどのようなものか、「先読みエコ・ドライブ機能」の実用性など、短時間の試乗ではチェックは困難と思いますが、しっかりチェックしたいところですね。

展示車はメーカーからの要請もあり、新色が多いようです。
各販売店の情報を見る限り、「セレスティアルブルー」が一番多い印象です。このカラーは車両から少し離れてみるとソリッドに近い、水彩絵の具のような鮮やかなカラーですが、実車を見た方からは結構評判が良いようですね。今後、選択される方が増えそうな予感です。

th_IMG_3122.jpg


同様に、「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」の配備率も高いようです。
こちらはオレンジ系ということに加え、特別塗装色(15万円+税)ということで選択率は低くなりそうですが・・・

th_IMG_3133.jpg

UXオーナー様からおよせいただいた納期情報一覧でも、圧倒的な”F SPORT”人気ですが、エクステリアも”F SPORT”は魅力的に感じますね。
個人的に気になっている、ISやLS”F SPORT”の巨大すぎるフォグランプベゼルもUXは細長で実にマッチしていますし、ところどころに使用されている「漆黒メッキ」が適度なスポーティを醸し出しており、まさに「Creative Urban Crossover」という感じがします。

th_IMG_3050.jpg


現時点では”標準”、”version.C”の方の割合は予想以上に少ないようですが、内装の微妙な違い(ヘアライン加工有無)、17インチホイールの仕様など、プロトタイプ展示会ではわから買った部分についてもチェックされると良いと思います。

・”標準”の「ブラックメタリック塗装」(センターコンソールパネル、パワーウィンドウスイッチパネル)
th_IMG_3183.jpg

・17インチ エアロベンチレーティングホイール MOP仕様(ダークグレーメタリック)
th_IMG_3135.jpg


■LEXUS UX200/UX250h オーナーさま 納車予定時期一覧
http://www.namaxchang.com/article/462965495.html

なお、リヤビューはレクサスのSUVモデルで一番かっこいいと思います。これでウィンカーが左右に流れるタイプであれば良かったのに・・・と個人的には思うのですが、やはり問い合わせは結構あるそうです。

th_IMG_3049.jpg


UXではラゲージは要チェックポイントですが、プロトタイプ展示会では装着されていなかった「トノカバー」の仕様には驚いてしまいました。
レクサス純正オプションのサンシェードのようにねじって収納するタイプなのですが・・・これは賛否分かれる気がしますね〜(リヤにスモークフィルムを施工すれば、常時外しておいても良いような気がしますが)

th_IMG_3168.jpg

ラゲージをチェックされる際に、ぜひトノカバーもチェックしてくださいね。
(これを見ると、いかにNXのトノカバーが良くできているかがわかります)

th_IMG_3047.jpg


また、UXはどうしてもコストダウンの話題がでてきますが、ラゲージには照明が左右ちゃんと準備されていますし、どちらもLEDが採用されています。
徹底的にコストダウンするならここは電球、片側配置にしたはずなので、実用性に繋がる部分はしっかり作られていますね。

th_IMG_3048.jpg

ドアカーテシランプもしっかり「LED」を採用。結局未だに電球なのは「IS」だけですかね?(CTはカーテシがない)
ちなみに、運転席・助手席足元照明にも「LED」を使用しています。(ここが未だに電球なのは「IS」と「RC」のみかな?)

th_IMG_3046.jpg


最近レクサスが差別化を進めている、ルーフ/ピラー/サンバイザーの素材はNXと同様の素材(ザラザラした目の粗目のファブリック)でしょうか?
欧州車でも一般的に使用されている素材なので、それほど問題ではありませんが、かつてのレクサス品質を知る方は手触り、質感など寂しく感じてしまうかもしれませんね。(もっとも、アウトドアにも使用するのであれば、こちらのタイプの方が汚れが付着しにくい、汚れを落としやすい、というメリットはあると思いますが)

th_IMG_3045.jpg


そういえば、北米のUXでは日本仕様にはない、スカッフイルミネーションが準備されています。
日本では第3世代レクサス(LC・LS・ES)から不採用となりましたが、北米では引き続き採用されています。
個人輸入やオークションサイトの活用など、チャレンジされるのも良いと思います。
https://www.lexus.com/models/UX

3a5aafb8e44ba91367f11eb487ecc78e7dc21f38447088dfc8466caf546dc59e_Lexus-UX-byl-accessories-illuminated-door-sills-768x710-LEX-UXG-MY19-0113.png

なお、日比谷の「LEXUS MEETS…」でも「UX」の試乗予約受付がスタート!
一番人気の「UX250h」”F SPORT”のFF仕様、そして新色「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」が配備されているようです。

img_exhibition_01.jpg

2018年12月02日

LEXUS UX250h 納期は3ヶ月に短縮されたのか?

レクサス公式HPでは、納期が「3ヶ月超」の車種については(一部を除き)納期状況を毎週金曜日に公表しています。
先日発売したばかりのLEXUS「UX250h」については「今からではG.W明け、6月超え」との情報もいただいておりましたが、本日(11/30)公式HPで、なんと「3ヶ月程度」とアナウンスされました!

https://lexus.jp/news/ux_info/



th_スクリーンショット 2018-12-04 1.07.52.jpg

(2018/12/3、画像と車種名が訂正され、「UX250h」であることが確認できました)

うーん、これは一体どういうことでしょう?
納期が短くなるのは大変ありがたいことですし、エコカー減税が4月以降どうなるか不透明な状況ですから、納期が3月中に間に合うのは大変好ましいことですが。

一般的に、納期が6ヶ月を超えると受注が(心理的に)減るという話も聞きますし、発売直後に6ヶ月待ちでは受注に響くということで納期短縮に向けた何らかの対策をしたのか?海外向けの割当を日本に優先させたのか?

いずれにせよ、週末にご契約を検討される方は、「レクサス公式HPでは3ヶ月程度(2019年3月上旬)」となっていることを確認したうえで、納期目安を確認されるのが良いでしょう。

なお、海外ではちょっとユーモラスなUXのCMが公開されているとのことです。
そういえば、日本版のCMはどういうものになるのでしょうね。
(ちなみに、未だに「ES」と「RC(MC版)のCMは見たことがないのですが、存在するのでしょうか?)

■Discover the All-New Lexus UX (LEXUS Australia)



一方、発売から1ヶ月が経過した「ES」については先般のニュースリリースのとおり、当初の予定を上回る注文があるようで、公式HPでも「6〜6.5ヶ月」との情報が。過去の状況を見ても、堂々と「6ヶ月超」の状態を公表するのは大変珍しいので、納期短縮の目処が立ってないのでしょう。

https://lexus.jp/news/es_info/

th_スクリーンショット 2018-11-30 20.52.12.jpg

その他、CT(CT200h)はモデル末期ということもあり、販売数も低迷しているにもかかわらず納期長期化(なんと5ヶ月!)しており、完全に「ES」、「UX」、「NX」の影響を受けている状態です。

NXもつい先日まで非常に長い納期待ちであったのが、増産体制を敷くことでようやく納期が3ヶ月以内になったばかりですので、生産ライン自体が限界に来ていることが伺えます。九州・宮田工場で生産しているモデルのほとんどが恒常的な生産遅延状態となり、他工場への移管などが現実味を帯びてきそうです。

なお、LC(LC500/LC500h)のときは納期に関する公式アナウンスが一切ありませんでしたので、それに比べれば今回のUX・ESに関しては発売直後の週末に納期に関する公式アナウンスをしているのは誠実な対応と思います。


ーーーーーーーーUXに関する過去記事ーーーーーーーーーーー


■【UXオーナーさま用】UX200/UX250h 納車予定一覧! (日々更新中)
http://www.namaxchang.com/article/462965495.html?1543492312

■LEXUS UX200/UX250h ついに発売!
http://www.namaxchang.com/article/462950524.html?1543579802

■UX発売前に、LEXUS TOKYO キャンペーンが多数!(2018/11)
http://www.namaxchang.com/article/462726526.html?1543579847

■LEXUS UX 公式カラーシミュレーション開始!
http://www.namaxchang.com/article/462234117.html?1541777037

■LEXUS UX(UX200/UX250h)初回オーダーが完了したようですね。
http://www.namaxchang.com/article/462234117.html?1541777037

■LEXUS UX200/ES300h 再度見てきました!(UXミラー幅など)
http://www.namaxchang.com/article/462163967.html?1539949401

■LEXUS UX(UX200)ラゲージの広さを測定してきました!
http://www.namaxchang.com/article/462059669.html?1539431779

■LEXUS UX 豊富な内装素材も要チェック!
http://www.namaxchang.com/article/462077285.html?1539432025

”標準”および”version.C”の価格、見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(1)
http://www.namaxchang.com/article/461992915.html?1539168163

”F SPORT”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(2)
http://www.namaxchang.com/article/462010784.html?1539168268

”version.L”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(3)
http://www.namaxchang.com/article/462027713.html?1539168326

■レクサスUX(UX200/UX250h)販売価格解禁&事前商談スタート!
http://www.namaxchang.com/article/461959430.html?1539431967

2018年12月01日

納車間近のLEXUS UX(UX200/UX250h)オーナーさまにオススメアイテム!

さて、UXオーナーさまから早速多数の納車予定一覧をいただき、ありがとうございます。
当方の予想よりも「12月」納車予定の方が多く、なんと今週末に納車される方も!!しばらくは街なかで注目の的ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【UXオーナーさま用】UX200/UX250h 納車予定一覧! (日々更新中)
http://www.namaxchang.com/article/462965495.html?1543492312

”UX250h”、”F SPORT”、”内装:フレアレッド”比率高し!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、週末は試乗とともに、「UX・TRDモデル」のレポートを行わせていただく予定です。
UXはメーカー純正品以外にも、多数の社外品のリリースが予想されますので個性的な1台へのカスタマイズも楽しみですよね。


color_ux4y1be.jpg


さて、UXが「初レクサス」という方も多いと思われますので、今回は、オススメアイテムをご紹介させてください。(もちろん「ES300h」にもオススメ!)
皆様から寄せられた情報ですと、「F SPORT」比率が非常に高く、かつ「本革」をメーカーオプションで装着されている方が多数いらっしゃるようです。
また、ESとは異なり「フレアレッド」を選択されている方が非常に多いですね。

本革シートに関しては、合成皮革の「L-tex」と異なり、定期的なメンテナンスが必要ですが、市販の安価なレザーケア用品を使用すると、余計汚れが拡散したり、そのあと生地がゴワゴワになったりすることも・・・

Lexus-UX-2019-1600-5a.jpg


そこでオススメなのが、レザー製品のメンテナンスに定評のある「レザーマスター カーインテリオ」!
当方はもう10年以上、5箱以上購入していますが、これ以上のものはなかなかないのでは?と思っています。
(フロントシート中心であれば、半年に1回のケアで、2年ぐらいは持ちます)


▼ 楽天 レザーマスター カーインテリオケアセット

自動車の革シート ケアキット レザーマスター レザーカーインテリオケアキット 150ml ユニタス社 イタリア製 安心の正規品【レビューを書いて次回使える送料無料クーポン獲得】レザーシート カーシート クリーナー 保護クリーム 手入れ 【RCP】 レザーケア

価格:5,616円
(2018/12/1 20:58時点)
感想(2件)





▼amazon レザーマスター カーインテリオケアセット

Leather MASTER レザーカーインテリオケアキット 150ml

新品価格
¥5,616から
(2018/12/1 20:59時点)




レザーマスター製品は、家具屋などにもおいてある、高級ソファには定番のケアアイテムですが、それの自動車本革シート版が「カーインテリオケアセット」です。

しばらく本革シートに乗っていると、本革シートの座面のドア側、いわゆる「土手」の部分やステアリングの「テカリ」がきになってくると思います。
これは主に「油脂汚れ」や「ホコリ」が堆積したものですが、一般的なカークリーナーを利用して汚れは落ちても、テカリはもとに戻らない、または余計テカリが目立つ・・・ということもよく聞きます。

レクサスの本革は全般的にマットな仕上がりですので、「テカリ」は結構気になるんですよね。
このレザーカーインテリオに付属する「プロテクションクリーム」を薄く塗布することで、新車時のようなマットな本革に近い状態にある程度戻すことが可能です。(テカリがひどすぎる場合は、元のようには戻りませんが・・・)

th_IMG_9991.jpg

新車時のうちから、この「プロテクションクリーム」を塗布することがおすすめで、当方は毎回新車購入時はこの製品を塗布しています。

なお、いくらプロテクションクリームを塗布しても、ジーンズ系の色落ちにはあまり効果がありませんので、乗降時は、なるべく本革にダメージを与えないよう、腰を浮かせて乗降する、などの配慮は必要と思います。

なお、施工が面倒な方はレクサスディーラーのオプションで、「レザーケア」や、「レザーケアメンテナンスセット」がありますので、それを施工してもらうこともおすすめです。(中身は、レザーカーインテリオ」とほとんど同じようなものと思われますが、ディーラー品なので結構高価)

汚れを落とすための「レザークリーナー」自体は、他にも良い製品はあると思いますが、汚れを落としたあと、本革を「保護」するためのものが「プロテクションクリーム」ですが、なかなかこれといった決定版がありません。
お気に入りの製品がない場合は、ぜひ「カーイオンテリオ」をおすすめします。

なお、白色系のレザーの場合は、以下の製品もおすすめです(当方は現在ホワイトレザーシートなので、こちらを使用しています)
強力な汚れ落としの「リムーバー」がついているのが特徴で、濃色系の本革には使用できませんので、ブラック、レッド、オーカー、コバルトのブルー部分には使用不可です。(ホワイトアッシュ、ホワイトには使用可能)


▼楽天 スティ・ブライトキット

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/1 20:57時点)
感想(11件)




UXで、ホワイトレザーを選択されている方はなんと・・・今の所いらっしゃらないようですが、ホワイト系の場合はこちらをおすすめします。
「本革のメンテナンス」と、「ホイールコーティング」は汚れが付着していない、新車時をぜひおすすめします。

th_IMG_9988.jpg

2018年11月27日

LEXUS UX200/UX250h ついに発売!

3月のジュネーブモーターショーで発表以降、お膝元の日本ではなかなかお披露目の機会がなく、ベールに包まれていたUXですが、満を持してついに正式発表されました!なお、UX250h(ハイブリッド)に関しては、5月のG.Wには間に合わず、すでに6ヶ月超の納期待ちとなっているなど、正式発表を期にさらに納期が伸びそうです。(すでに生産工場である、九州・宮田工場はパンク状態と思われますので、今後更に人気が集中すると、消費税増税に間に合わない?)


uxj1811_102_s.jpg


UXに関しての詳細画像等は 公式サイトの他、impress Car Watchに大量に掲載されています。
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1154850.html#111_s.jpg

また、「ワンダー速報」さんでも早速記事が公開されています。(早い!)
新色「セレスティアルブルー」はなかなか綺麗ですね!
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2593.html


さて、今回は、カタログ等であらたに判明した点をレポートさせていただきたいと思います。
カタログも今までにないポップな色使いですね!
th_IMG_3040.jpg


■燃費

このクラスでは「燃費」も車選びのファクターとなりますが、「WLTCモード」での表記が追加されたことで、なかなか興味深い数値となっています。
先にデビューしたES300hもそうですが、従来のJC08モードの数値については、ハイブリッドカーでは大きく乖離がある一方、ガソリンモデルについては、高速道路主体の走行ではJC08モード燃費を超えることが多いですよね。今回のUXもまさにそのとおりとなっています。

スクリーンショット 2018-11-27 20.46.55.png

UX250hが得意とするのはやはり「郊外」ですが、高速道路走行ではUX200とは差が縮まり、それほど大きな差はありません。
一方、ストップ&ゴーが多い「市街地走行」での燃費の差は相当ありますね。
また、UX250hに新搭載される「先読みエコ・ドライブ」機能で実燃費がどこまで伸びるか、非常に楽しみです。


■燃料

UX200に関しては、「ハイオクガソリン」仕様となっています。(UX250hはレギュラーガソリン)
経済性を重視する場合は地味に影響がありそうです。そのかわり、UX200はガソリンタンク容量が「47L」と増量されています。(UX250hは「43L」)

105_o.jpg
https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1154850.html#105_s.jpg


■エアロスタビライジングフィンの廃止

なんと、最近のレクサス車/トヨタ車にはもれなく採用されていた「エアロスタビライジングフィン」が廃止されていることが判明。
確かに見かけない・・・代わりに、リヤのテールランプ(エアロスタビライジングブレードライト)と、フェンダー(エアロスタビライジングフェンダーアーチモール)がその代替としての役目を果たしているようです。

uxj1811_012_s.jpg


■スカッフプレート

”version.C”と”標準”では、スカッフプレートにステンレス部分がなく、LEXUSロゴもないなど簡略化されています。
見栄えの違いは結構大きいですが、部品単価はそれほど高くないと思われます(片側5000円程度か?)そのため、部品取り寄せで装着するのも良いかと思います。

th_uxj1811_112_s.jpg


■”F SPORT”専用アルミペダル

正式に、フットレストはアルミパーツでないことが確定しました。(プレカタログ通り)
これは残念・・・(ISも同様ですが・・・)
他車種のアルミフットレストの流用も難しいと思われますので、アフターパーツメーカーの開発に期待したいところです。(RC用も形状があわなそうです)

th_uxj1811_047_s.jpg



■パフォーマンスロッド(フロント)

フロントサスペンションの付け根となるアッパーマウント部分をつなぐロッドが装備されています。Tom's社などのアフターパーツではおなじみの剛性パーツですね。フロントの設置感が増すなどの効果があることで知られますが、このクラスの純正車両での採用は珍しく、トヨタブランドの「C-HR」や「RAV4」などでは装備されていません。

uxj1811_029_s.jpg


■先読みエコ・ドライブ機能

大きく2つの機能があり、「先読み原則支援機能」と「下り坂&渋滞先読み制御」に分かれており、前者は常時動作するようですが、後者はナビゲーションシステムでの経路案内中のみの機能とされています。
特に効果を発揮するのは後者の機能と思いますので、下り坂が多いエリアや渋滞が多いエリアなどでは面倒でもナビゲーションシステムで経路案内をしておくのが良さそうです。

th_スクリーンショット 2018-11-27 20.35.08.jpg


■マニュアル式シート調整(”標準”グレードのみ)

パワーシートが装着されない、”標準”グレードのマニュアル式シートも判明。
ブラック基調なので、それほど目立ちませんがm,パワーシートと比べるとやはり気になりますね。
なお、UXでは内装カラー「シャトー」は”標準”グレード専用色なので結構レアになりそうです。
th_スクリーンショット 2018-11-27 21.13.51.jpg



■ラゲージ

海外市場ではフラットではなく、収納スペースが広い仕様も存在することが判明していますが、日本仕様はラゲージがフラットな仕様で統一されました。
リヤ席を倒すことで結構スペースは確保できますが、「高さ」方向の余裕があまりないので実車でのチェックが欠かせません。

uxj1811_066_s.jpg

なお、床下収納(デッキアンダーボックス)に関しては、グレード・メーカーオプション(アクセサリーコンセントの有無)により仕様が異なるそうです。
なお、プロトタイプと同様、硬質な発泡スチロール素材のようです。(軽量化か?コストダウンか?)

img_43.jpg


■エアロベンチレーティングアルミホイール(ダークグレーメタリック)

おそらく初出となるダークグレーメタリック。[”標準”、”version.C”にメーカーオプション]
色調が代わるだけでグッと引き締まる印象でなかなかいい感じと思います。(これで「5,400円」は安いのでは?)

146_o-2.jpg

https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1154/850/html/146_o.jpg.html



■オーナメントモール[ディーラーオプション]

UXのインテリアが寂しい・・・という声は多いようですが、純正オプションのオーナメントモールの装着も良いかと思います。
「銀の粒子を塗装過程でオーナメントの表面に吹き付け、銀被膜の表面処理を実現した最先端の塗装技術」とのことですので、そのような質感なのか楽しみです。

スクリーンショット 2018-11-27 21.45.52.png


■モデリスタパーツ[ディーラーオプション]

かねてから話題だった、LC風の「涙目」を再現する漆黒メッキパーツ。町中で目立つこと間違いなし?
img_hero_02.jpg


さてさて・・・待ちに待った発売日を迎え、今週末はかなりの混雑が予想されますね! 
UX200・UX250hどちらも新パワートレーン搭載なので楽しみですね。

2018年11月15日

UX200 F SPORT 実車見てきました(妄想編)


今回は、先日「UX200」”F SPORT”の実車を見た!という”妄想”記事です。
プロトタイプ展示会では"version.L"のみの展示でしたので、初めて見る”F SPORT”にワクワクしました。

妄想なので写真は当然NG。
よって、ちょうど11/11に公開された海外動画を元に当方が感じたことを簡単に紹介させていただきたいと思います。


表情豊かな司会者でお馴染み。「Redline Reviews」による、UX200 F SPORTの試乗動画です。
■2019 Lexus UX 200 F-Sport – Meet Japan's Urban Explorer






「F SPORT」では、2014年秋に発売された「RC F」で初採用され、その後、「IS F SPORT」など、スポーティモデルを中心に採用が進んでいる「漆黒メッキ」がいい味を出していると感じました。
フロントグリルモールが漆黒メッキなので、かなり精悍です。特にブルー系には合いますねぇ。
新色「セレスティアルブルーガラスフレーク<8Y6>」は若々しくて、濃すぎずとても綺麗なカラーでした。コンパクト系には結構似合います。
※動画の車両カラーは「ヒートブルーコントラストレイヤリング(Ultrasonic bluemica2.0」と思われます

th_スクリーンショット 2018-11-12 20.17.01.jpg



好印象だったのが、専用フォグランプベゼル。ここが丁寧にガンメタ塗装されていて結構クオリティ良かったです。
面積が広めですが、質感高く仕上がっていますよ。

th_スクリーンショット 2018-11-12 19.42.50.jpg


なお、”F SPORT”では3眼フルLEDとアダプティブハイビームシステム(AHS)はセットでメーカーオプションですが、標準仕様だとウィンカーは「電球」となります。ただし、明るさはほぼ変わらないと思いますので、電灯のない夜間走行や高速道路走行をあまりしない方は、標準仕様でもロー/ハイビームはLEDですので、無理に3眼LEDにしなくても良いと思います。(3眼にしてもウィンカーは流れませんし・・・)なんといっても「15万円+税」もする高価なオプションですので。

th_スクリーンショット 2018-11-12 19.42.25.jpg


なお、ホイールは「ダークプレミアムメタリック」塗装で、漆黒メッキとの色合いもマッチしていてこれまた結構かっこいい!(写真で見るよりいい!)
他車種に設定されている、「ブラックナット」に換装するとさらにかっこいいと思われます。

th_スクリーンショット 2018-11-12 20.17.32.jpg


リヤ部分のメッキパーツも”F SPORT”は、漆黒メッキモールのおかげでスポーティさが加わっています。
光っているのは「バックランプ(LED)」です。なかなか斬新ですよね。

th_スクリーンショット 2018-11-12 19.45.19.jpg


なお、さりげなく気になるスマートキーですが、「ES」とまったく同じで、第3世代レクサス仕様でした。
つまり、今後のレクサスは「LC・LS系」と「それ意外」の2種類の質感のスマートキーが展開される模様です。
もっとも、LC・LS用とは、形状や表面(Lマークがある面)の質感は見た目ほとんど同じですので、それほど気にする必要はないと思います。

th_スクリーンショット 2018-11-12 19.48.19.jpg


なお、本動画では、ラゲージの「深さ」が日本仕様とことなり、フラットではなく、そのかわり容量が増えています。
日本仕様はフロアがツライチでスッキリしていますが容量が不足している印象なので、このような仕様があるならば選択性だと嬉しいですよね。

th_スクリーンショット 2018-11-12 19.47.09.jpg


さて、フロントシートに乗り込むと・・・
おおむね質感はプロトタイプのそれと変わりません。ただ、カラーリングがブラックとそれ以外では大きく変わりますね。
ホワイト系やレッド系だと、黒一色ではないので、いい意味でだいぶイメージが違います。

当方が見たのは”F SPORT”の標準スポーツシート仕様(合成皮革”L-tex”仕様で、本革のオプションは非装備)でした。
まず、シートに乗り込むと、ちょっと強めの「L-tex特有の匂い」が・・・(個人差ありますが、当方は結構苦手。)

ただ、予想を裏切り嬉しかったのは、シートの「メイン材」(座面、背中)部分の生地の質感がESやIS、RCのL-texシートと同様、十分な厚みとしなやかさがある生地で、座り心地も含め、本革ライクなL-texシートであったこと。
標準のL-texスポーツシートは、送風機能のシートベンチレーション機能は付きませんが、デザインも本革シートと変わらないようですし、(ちゃんとセンターのブラック部分あり)これであれば標準のL-texシートでも十分なのでは?と感じました。(なにせ、本革シートは23万円+税の高価なオプションですし)

th_スクリーンショット 2018-11-12 20.21.00.jpg


一方、リヤシートの素材はビニール感が強い、L-texシートそのもの。
いわゆる滑りやすく、いかにも合皮というもので、フロント部分とリヤシート部分の質感の差が気になりました。ドアトリムの素材もプロトタイプと変わらない印象ですので、フロントとリヤの質感の違いは相変わらずです。(動画のレビュアーさんもリヤの質感にはご不満のようで・・・)

th_スクリーンショット 2018-11-12 19.57.26.jpg


ステアリング周りですが、「ディンプル本革ステアリング」の質感も良く、触り心地や操舵性も良好。
”F SPORT”ですので「パドルシフト」もついていますし、この点は第2世代のLEXUS車にくらべうまく仕上げていると思いました。
メーターの動きもLC・LS・IS・・RC・ES等のF SPORTメーターと同様ですので、UXだからといって差別化はされていません。

th_スクリーンショット 2018-11-12 21.26.55.jpg


室内では、置くだけ充電(qi)の場所と、12Vアクセサリソケット(開閉式)の使い勝手が良いのには感心しました。
なお、「iPhoneXS Max」も置けますが、その場合アクセサリソケットの蓋は格納する必要あり。(動作は未確認です)

th_スクリーンショット 2018-11-12 20.19.52.jpg


”F SPORT” 専用装備の一つとして、疑似サウンドを出力する、「アクティブサウンドコントロールスイッチ(ASC)」が備わっています。(ON-OFF可能)上記動画でもASCについてサウンドのレビューがありますのでぜひご覧になってください。

th_スクリーンショット 2018-11-12 20.19.12.jpg


また細かいところですが、パワーウィンドウスイッチはメッキ等の加飾なし(ESと同様)
また、インナードアハンドルは上位車種と異なり金属調塗装ではなく、通常のシルバー調塗装でした。(プロトタイプと同様)

th_スクリーンショット 2018-11-12 19.51.17.jpg


正直なところ、UXの車両本体価格とメーカーオプション価格判明後、「F SPORT」はメーカーオプションの選択肢が多いぶん割高感がある印象でしたが、「標準のL-texシート」の仕上がりが予想以上に良かったため、ベンチレーション機能がつかないことと、後席のシート質感をそれほど重視しない(※1)頻度がそれほど高くないのではあれば本革シートは装備しなくてもいいのでは?
また、3眼LEDはかっこいいものの、機能的には3眼フルLEDヘッドランプは必須ではないと感じました。(ウィンカー電球は市販のLEDタイプに換装が可能と思われますし)


・車両本体価格(UX250h)    …4,780,000円
・BSM+パノラミック+PSKBセット …118,800円
・AVS+パフォーマンスダンパーセット…140,400円
・ムーンルーフ …108,0000円
・その他諸税等 …約100,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 5,247,200


(※1)L-texは「耐久性」とメンテナンス性が通常の本革より優れていると思われるので、後席によく荷物を乗せる方、小さなお子様がメインの場合は本革よりL-texの方が良いと思われます。シートデザインは標準L-texも本革仕様もほとんど変わらない印象でした。

(※2)暗闇の夜間走行(電灯のない道路)をあまりしない方はAHSの恩恵もあまり受けることができないと思われるため、標準LEDランプも3眼LEDランプもほとんど視認性自体はほぼ変わらないのであとは「デザイン性」と思われます。16.2万円は車両本体価格を考えると過剰かもしれません。


それにしてもUX「F SPORT」はノーマル仕様でも結構かっこいいというのが第一印象。
クールな漆黒メッキとホイールがいい感じでしたよ。LCと「Fシリーズ」をあわせたようなスポーツシートの意匠もgoodです!

th_スクリーンショット 2018-11-12 20.05.10.jpg

2018年11月14日

LEXUS UX(UX200/UX250h)の魅力を再確認

レクサス期待の新型車「UX」について現時点では購入予定ではありませんが、「一度はコンパクトなSUVタイプの車に乗ってみたい」ということと、仮に降雪地帯に転勤になったらクーペ1台では厳しいので、自分自身「UX250h・AWD」が最有力候補かな、とも思っています。

th_スクリーンショット 2018-11-12 20.05.10.jpg

ホントはAWDに強いスバル車も惹かれる面がありますが、ちょっと今の経営状況ではスバル車は選びにくいですよね。
新A7など、アウディ車も魅力ではありますが、ディーラーサービスという点と割高に感じる価格設定、日本仕様の装備面でちょっと選びにくいかなぁ・・・

そういう点ではレクサスUX・AWD車は性能面に加え、サービス面・信頼性・リセールなどで強みがあると感じます。


なお、UX250h”F SPORT”をご契約された「ワンダー速報さん」では「NX」との比較をされています。
オーナー目線で非常にわかりやすく比較されていますのでとても参考になりますね。
なお、UX250hに関しては、すでに納期待ちが半年以上になっているとか・・・やはり人気がありますねぇ。

【見積もり価格比較!】レクサスUXとNX、どっちを買うべきか徹底比較!【3】見積もり編
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2575.html

【内装比較】レクサスUXとNX、どっちを買うべきか徹底比較!【2】内装編
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2574.html

レクサスUXとNX、どっちを買うべきか問題!徹底比較!【1】サイズ・エクステリア編
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-2573.html


・・・ということで、今回は今までの海外情報やプロトタイプ試乗会で当方が「UX」で感じた魅力を思い出しながら振り返ってみたいと思います。


■ノーマルルーフの駐車に入るサイズが嬉しい!

まずはこれが「UX」での最大の特徴の一つと言えると思います。
プレミアムブランドの都市型SUVと言われる車種でも日本の機械式駐車の高さ制限「155cm」に収まる車種はかなり限られますが、UXはシャークフィンアンテナを含んでも「154cm」、除きで「152cm」であり、一般的な機械式駐車場の高さ制限をクリアしています。
また、一般的なパレット式の駐車場での幅制限は「185cm」の物が多く、この点でもUXは「184cm」であり、車庫証明の取得に問題がありません。
外見からもSUV特有の背高感はあまり感じられませんでした。(初見のときは”意外に小さい?”という印象)

th_IMG_2432.jpg


■乗降しやすい!

人気のSUVですが、UXは無理のない体勢で車に乗り込むことが可能です。NXでは若干体を持ち上げて乗り込むような姿勢となりますが、UXは乗用車ライクな感覚で乗り込むことが可能です。(逆に、乗車時、一般的なSUVやミニバンのような「見晴しの良さ」はあまり感じられません)

th_DSC04471.jpg


■運転席まわりがコンパクトにまとまっている!

女性CEが企画ということもあるのか、無理のない姿勢で運転ができそうです。
たとえば、エアコンパネルが運転席側を向いていたり、オーディオ操作が手元のアームレスト下に別途配置されている、カップホルダーが2個横並び、置くだけ充電(qi)が使いやすい場所にある、など従来のレクサス車ではあまり重視されていなかった点がケアされています。

th_スクリーンショット 2018-08-14 21.21.29.jpg


■新パワートレーン&先読みエコ・ドライブを搭載!

新型車とともにパワートレーンが新採用されることはそれほど多くなく、UXはガソリン車・ハイブリッドともにパワートレーンが一新されますが、特にUXハイブリッドの「先読みエコ・ドライブ」機能はトヨタ・レクサスハイブリッドオーナーにとっても待望の機能です。高性能なナビゲーションが標準装備であるレクサスであるからこと実現できる機能でもあり、しばらくはレクサスUXのみの機能となりそうです。(2019年マイナーチェンジの新プリウスではどうなるか?)この機能は今後幅広く展開されると思われ、実に楽しみです。

18-08-27-lexus-ux-hybrid-2.jpg


■軽量化ボディ構造!

新プラットフォーム(GA-C)採用とともに、国産車としては極めて珍しく前後ドアにもアルミニウムを採用!
バックドアには定番の樹脂を採用など、従来のスチール以外の異素材の組み合わせが増え、目に見えない部分での軽量化とボディ剛性の強化を図っているのは好感が持てます。(そのかわりドアパネルの修理など高額になりそう?)

th_スクリーンショット 2018-11-10 0.50.01.jpg


■基本装備が充実!

UXは実質的にレクサスのエントリーモデルの役割も担うこととなりますが、従来では「上位車種との差別化」であえて装備されなかったと思われるものがしっかり装備(またはオプション)されているのは特筆すべき所。ただ、オプションとなるものも多く、その際の価格上乗せが大きく、NXに近い価格になってしまうのは悩ましい点ではありますが・・・

 ・10.3インチワイドディスプレイ
 ・大型ヘッドアップディスプレイ
 ・NAVI・AI・AVS(減衰力可変ダンパー)
 ・ハンズフリーパワーバックドア
 ・パノラミックビューモニター
 ・レクサスクライメイトコンシェルジユ
 ・ベンチレーション機能(シート送風)
 ・ムーンルーフ
 ・ステアリング/シフトノブ等の意匠

th_DSC04425.jpg


一方、実車を見たあとで期待を下回っていたのは次の部分です。
(いわゆる、価格を考慮してもここは残念・・・という点)

■前後ドアトリムの質感

大部分がハード樹脂で構成されており、ソフトパッドの質感も他のレクサス車には劣っており、このあたりの作りはトヨタブランドの250万円クラスの車と大差ありません。(特にブラック内装では目立つ印象)

th_IMG_2310.jpg


■SUVとしては狭いラゲージの容量

アウトドア派には、特に高さ方向の余裕が無いことおよびフロア自体の高さが高いこと(荷物を持ち上げるのが大変)には十分な考慮が必要です。
そのかわり、一度持ち上げてしまえばフラットなのでラゲージ内での整理や下ろすときは便利です。(下ろすときには、荷物を手前にスライドさせればよく、持ち上げる必要がない)

th_DSC04421.jpg


th_IMG_2388.jpg

さて、いよいよ11月10日、11日はUXプロトタイプ展示会、大阪エリア(なんばパークス)での展示!
(私的には、グランフロント大阪内のメルセデスコネクション隣で開催してほしかったですが・・・)
関西エリアの方はぜひ最終チェックを!


ーーーーーUXに関する過去記事ーーーーー

■LEXUS UX 公式カラーシミュレーション開始!
http://www.namaxchang.com/article/462234117.html?1541777037

■LEXUS UX(UX200/UX250h)初回オーダーが完了したようですね。
http://www.namaxchang.com/article/462234117.html?1541777037

■LEXUS UX200/ES300h 再度見てきました!(UXミラー幅など)
http://www.namaxchang.com/article/462163967.html?1539949401

■LEXUS UX(UX200)ラゲージの広さを測定してきました!
http://www.namaxchang.com/article/462059669.html?1539431779

■LEXUS UX 豊富な内装素材も要チェック!
http://www.namaxchang.com/article/462077285.html?1539432025

”標準”および”version.C”の価格、見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(1)
http://www.namaxchang.com/article/461992915.html?1539168163

”F SPORT”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(2)
http://www.namaxchang.com/article/462010784.html?1539168268

”version.L”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(3)
http://www.namaxchang.com/article/462027713.html?1539168326

■レクサスUX(UX200/UX250h)販売価格解禁&事前商談スタート!
http://www.namaxchang.com/article/461959430.html?1539431967

2018年11月11日

レクサスUX〜LEXUS LIFESTYLE BOOK

レクサス新型車ESのフルモデルチェンジ、RCのマイナーチェンジに続き、いよいよあと3週間弱で大ヒットが予想される「UX200/UX250h」が11月27日に発表となります。

公式サイトも少しずつですがコンテンツが増えてきました。(360度エクステリア)
https://lexus.jp/models/ux/


th_スクリーンショット 2018-11-08 23.20.01.jpg



UX発売後は当面レクサスの最量販車種となることが予想されるため、アフターパーツメーカーからも多数のパーツがラインナップされると思われるでしょう。年明けの「東京オートサロン2019」では多数のメーカーからエアロパーツの出品が予想されますが、レクサス専業の「シンクデザイン」さんでは、すでに「フロントリップスポイラー」を開発中とのこと。
https://minkara.carview.co.jp/userid/280838/blog/42162479/

純正ライクなスポイラーは好感が持てますね!その他、ボディ同色のフェンダーも開発中とのこと。
UXオーナーさんでカスタマイズ嗜好の方は、続報に期待しましょう。

th_スクリーンショット 2018-11-08 22.59.44.jpg


さて、「UX」発売前のプロトタイプ展示会も、実質的には今週末(11月10日(土)〜11月11日(日))の大阪エリア(なんばパークス)、翌週の11月17日(土)〜11月18日(日)神戸三田プレミアムアウトレットでの展示を残すのみ。

https://lexus.jp/cp/cafe_drive/

結局東京より北のエリアでのお披露目がなかったのは残念。
また、名古屋エリアでの展示も「UX200・テレーンカーキ」だったとのことで、大阪と神戸も同車種と思われます。”F SPORT”は結局見れず仕舞いの可能性が大です、早く見たいですよねぇ。

th_IMG_3621 2.jpg



なお、レクサス公式HPでも紹介されていますが、amazonで、レクサス関係の書籍「LEXUS LIFESTYLE BOOK」が無料で購入可能です。

th_IMG_2792.jpg

かつてのレクサスマガジン的な内容ですが、「UXの特集」もあります。(webで記載されているものと概ね同内容ですが)
オーナーの方でなくても獲得できますので、レクサスファンの方、UXをご検討されている方はぜひゲットしてみてください!

https://www.amazon.co.jp/dp/4814915799

クーポンコードを入れると、「無料」になりますのでお忘れなく!

th_IMG_2793.jpg

2018年10月20日

LEXUS UX 公式カラーシミュレーション開始!

LEXUS UXの発売まではまだ1ヶ月以上ありますが、公式コンテンツに、カラーシミュレーションが登場。
レクサスで発売前にこういう仕組みができたのはLCに続いて2車種目のハズ。現時点では外装のみで、色が代わるだけなので単純ですが。

https://lexus.jp/models/ux/members/#simulation

16-2.jpg



まだ日本では公開されていないUX”F SPORT”。
2012年登場以来、丸6年間”F SPORT”専用カラーのホワイトノーヴァガラスフレーク。

th_スクリーンショット 2018-10-19 20.18.39.jpg

もうひとつは「version.L」。
HPではなぜか ”LPackage”になっていますが、これは修正されるでしょう(笑)

■新色 ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング<4Y1>
オレンジ系の特別塗装色は果たしてどれだけの美しさか?

th_スクリーンショット 2018-10-19 20.18.56.jpg

■新色 セレスティアルブルーガラスフレーク<8Y6>
”F SPORT”でもこのブルーが選べるのは嬉しいですね!

th_スクリーンショット 2018-10-19 20.35.52.jpg


あとは、内装のシミュレーションも欲しい所・・・
UXには、非常に多くの内装色バリエーションが準備されていますから・・・こういったところは他の車にはない優位点。

新色「ホワイトアッシュ」のシート。
先日東京エリアで公開されたプロトタイプでは、内装はブラックでしたが、ホワイト系だと室内も広く見えるかも。
スクリーンショット 2018-10-19 20.28.47.png


LEXUS EUではこのような内装に関する動画も多数公開されています。日本語版もぜひ公開してほしいですね。



しかし、こうなると発売まであと1ヶ月もあるとは思えませんね。
UXに関しては関連記事を多数アップさせていただいておりますのであわせてご参考になれば幸いです。


6.jpg


■LEXUS UX200/ES300h 再度見てきました!(UXミラー幅など)
http://www.namaxchang.com/article/462163967.html?1539949401

■LEXUS UX(UX200)ラゲージの広さを測定してきました!
http://www.namaxchang.com/article/462059669.html?1539431779

■LEXUS UX 豊富な内装素材も要チェック!
http://www.namaxchang.com/article/462077285.html?1539432025

”標準”および”version.C”の価格、見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(1)
http://www.namaxchang.com/article/461992915.html?1539168163

”F SPORT”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(2)
http://www.namaxchang.com/article/462010784.html?1539168268

”version.L”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(3)
http://www.namaxchang.com/article/462027713.html?1539168326

■レクサスUX(UX200/UX250h)販売価格解禁&事前商談スタート!
http://www.namaxchang.com/article/461959430.html?1539431967

th_IMG_2433.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■11/25開催予定のTGRF レクサスLCオーナーズミーティングに関してはこちら

【募集開始】11/25 TGRF LCオーナーズオフラインミーティング
http://www.namaxchang.com/article/462096330.html?1539261331

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年10月18日

LEXUS UX(UX200/UX250h)初回オーダーが完了したようですね。

レクサスUX(UX200/UX250h)については先週中に、各販売店からメーカーへの初回オーダーが完了した模様です。
店舗内で予約順位の早い方については「11月末〜12月上旬」など、年内の納車も可能のようです。ただし、年末年始は物流が大変混雑する時期なので、車両の生産が完了しても配送トラックの手配など、店舗への配送が間に合わないケースも多いとか。


th_IMG_2433.jpg


2LNAエンジン+DirectCVTを搭載する、「UX200」に関しては先日から九州・宮田工場で生産が開始されたようです。(ハイブリッドは約1ヶ月遅れでの生産予定とのこと)
UXに関しては、初回オーダーに間に合った方については遅くとも「2019年2月中」を目処に納車される見込みのようで、レクサスNX発売のときのような初回オーダーの方でもいきなり半年待ち、という状態にはまだなっていないようです。とはいえ、正式発売時には年度末(2019年3月)までの納車が不可能になっていると思われます。UXはサイズ感も含め「実車を見てから」、という方もかなり多いようですが、現時点では東京近郊以外でのお披露目がないのが残念なところ。

th_IMG_3203.jpg


一方、「ES」については一般向けの生産自体が「12月」からということもあり、多くの方は年明け以降の納期見込みとのことで、結構待つようです。しばらくは街なかでも注目の車種となりそうです。
UXとESで、発売時期はESの方が先ですが、納期が逆転するのは面白いですね。

th_DSC04345.jpg

なお、すでに一部の販売店ではバックヤードに10月24日発売予定の「ES」が入庫しているとの情報も・・・
今回、各販売店には「デジタルアウターミラー」装着車が多数配備される予定とのことですので、10月下旬にはついに世界初の電子ドアミラーを公道で体験できそうです。新開発のショックアブソーバの乗り心地がレクサスLSや新型クラウンに比べどれほどのものか、とにかく楽しみですね。

20180912_01_03_s.jpg

また、レクサスディーラーのうち「新世代店舗」においては、巨大な「バーチャルショールーム」でESやUXのシミュレーションができるようになるそうです。ESに関しては発売日数日前にデータが配信されるそうですが、これほどの巨大なモニターでの車両シミュレーションはイメージしやすくて良いですね。ぜひ一度見てみたいです。

24760-img_slide_03-2.jpg


さて、先日久々にじっくり「NX」を見てきましたが、当初は「UX」をご検討されていた方でも「NX」に変更された方が少なからずいらっしゃるようです。
NXが発売された2014年発売当時は結構チープに感じた前席内装に関しても、ユーザーの声を受けて2017年のマイナーチェンジでかなり改良されて立派になりましたね。
特に、ナビ・オーディオ・エアコン周りはスイッチ類などの見栄えが大幅に向上し、ナビゲーションモニターサイズ拡大とあわせ、全般的に質感が大幅にアップしたのは嬉しいですね。(これを考えると「IS」や「RC」の変わらなさはやはり残念・・・)

th_IMG_2456.jpg

ドアトリム周りも、パワーウィンドウスイッチにはメッキ加飾あり、インナードアハンドルは金属調塗装、本木目/本アルミパネル設定あり、スピーカーグリル周りの加飾など、UXとの違いを結構感じるのはドア周りですね。


▼NXドアトリム
th_IMG_2455.jpg

th_IMG_2453.jpg


▼UXドアトリム(プロトタイプ)

th_IMG_2310.jpg

th_IMG_2285.jpg


後席の居住性も結構UXとの差を感じる部分。(これはボディサイズの違いもありやむを得ない)
UXは乗用車ライクにすぐ乗り込めるのに対し、NXはSUVらしく足を少し持ち上げるような感じで乗車しないといけないので、意外に違いがあります。ぜひ乗り比べてください。

th_IMG_2454.jpg


なお、運転席スピードメーター周り(非”F SPORT”)はUXの方設計が新しい分、液晶画面の範囲が広く、先進的で見やすいと思います。
ステアリングの意匠も含め、UXが優位な所と思います。

th_IMG_2458.jpg


なお、「UX」にあって「NX」にない装備はおおむね以下の通り。
ほとんどの機能はNXには備わっていますので大きな違いは、トヨタ「TNGA」のレクサス版新プラットフォーム「GA-C」の採用と新パワートレーン採用というところでしょう。今後トヨタブランドの他車でも採用されると思われますが、現時点では「UX」のみで味わえるという点でも所有感は高いでしょう。

th_スクリーンショット 2018-10-17 20.53.38.jpg


【パワートレーン】
・2LNAエンジン+DirectCVT(UX200)
・2L新型HVシステム+先読みエコ・ドライブ機能(UX250h)

【ボディ】
・GA-Cプラットフォーム
・前後ドアアルミニウム化

【セーフティ】
・歩行者[夜]自転車運転者[昼]検知対応プリクラッシュセーフティシステム(PCS)
  →NXでは歩行者[昼]検知は対応。

・レーントレーシングアシスト(LTA)
  →NXでは警告が中心のレーンディパーチャーアラート(LDA)

・ロードサインアシスト(LSA)

【機能装備】
・フローティングベントコントロールイルミネーション


なお、ついに実装されたUX250hの「先読みエコ・ドライブ機能」はハイブリッドユーザーが長年待ち望んでいた機能と思われます。
渋滞や信号待ちでの「強制発電」を抑制するようにあらかじめHVバッテリーを充電したり、日々の運転履歴からナビゲーションと連動して効率よくエネルギーを回生して充電を行うのは大変魅力的。どれほどの効果があるのか楽しみです。

th_スクリーンショット 2018-10-17 20.54.51.jpg

2018年10月14日

LEXUS UX200/ES300h 再度見てきました!(UXミラー幅など)

10/13(土)〜10/15(月)まで、東京ミッドタウン日比谷のレクサスショールーム「LEXUS MEETS…」にてレクサスESとUXのプロトタイプの展示が行われていますので再び訪問してきました。
気になる展示グレードですが、やはり六本木ヒルズでの展示と同じでした。

というわけで、「UX200」に関しては”version.L”のテレーンカーキ外装&ブラック本革内装が展示。
二子玉川ライズでの展示とは違い、人出は落ち着いているので、簡単に着座できます。
サンプル用のゴルフバックもおいてあるので積載能力も確認できます。


th_IMG_2432.jpg

今回は、リクエストにお答えし、「ドアミラーtoドアミラー」の幅を測定してきました。
*係の方に測定の許可を得て撮影しています。

目測で、だいたい「208cm」ほどです。
コンパクトSUVとはいえ、やはり結構幅はありますね・・・

th_IMG_2443.jpg

UXはボディ幅はカタログ上、184cmですが、これはあくまでもボディの幅。
実用的には、ドアミラーの大きさを考慮する必要がありますね。

th_IMG_2429.jpg


新色「テレーンカーキマイカメタリック」は、屋内で見るのと屋外で見るのはやはり結構色味が違いますね〜
照明下で見るとかなりメタリックなカーキ。

th_IMG_2434.jpg


もう一方の「ES」も引き続き六本木ヒルズと同様「ES300h version.L」が展示。
内装色も同じく「リッチクリーム」です。ESの発売は10月24日ですので、結局話題の「デジタルアウターミラー」は正式発売日までにお披露目されることはないようですね。

th_IMG_2430.jpg


室内で見るリッチクリーム内装はラグジュアリー感があっていいですねぇ。
(私的には、トパーズブラウン&バンブー内装を是非見てみたい!)

th_IMG_2439.jpg


今回の「LEXUS MEETS…」での展示に関しては、二子玉川ライズ、六本木ヒルズと比べてもだいぶ人出が落ち着いています。
特に夜間(18:00以降)に関しては、場所柄とても空いていますね。また、屋内ということもあり天候に左右されず見れますので、気になる方はぜひ訪問してみて下さい。

th_IMG_2431.jpg

また、少し足を伸ばして「豊洲新市場」の見学なども良いかもしれません。
報道では渋滞や事故などの情報が多かったですが、今日は結構落ち着いていました。
(ただし飲食店舗はものすごい混雑でとても厳しいです・・・)

th_IMG_2428.jpg


なお、豊洲新市場の「水産仲卸棟」の屋上はフリーの庭園になっていて開放感があり、ふかふかした芝生の上で寝転がることも可能、景色もとても良くてすごく気持ち良いのでおすすめです。(人も少ない!)

th_IMG_2425.jpg


レインボーブリッジもバッチリ見えます!
th_IMG_2427.jpg


UXに関しては関連記事を多数アップさせていただいておりますのであわせてご参考になれば幸いです。

■LEXUS UX(UX200)ラゲージの広さを測定してきました!
http://www.namaxchang.com/article/462059669.html?1539431779

■LEXUS UX 豊富な内装素材も要チェック!
http://www.namaxchang.com/article/462077285.html?1539432025

”標準”および”version.C”の価格、見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(1)
http://www.namaxchang.com/article/461992915.html?1539168163

”F SPORT”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(2)
http://www.namaxchang.com/article/462010784.html?1539168268

”version.L”の見積もり情報は以下の通り
■【見積もり】LEXUS UX200/UX250h 実質価格は(3)
http://www.namaxchang.com/article/462027713.html?1539168326

■レクサスUX(UX200/UX250h)販売価格解禁&事前商談スタート!
http://www.namaxchang.com/article/461959430.html?1539431967

th_IMG_2433.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■11/25開催予定のTGRF レクサスLCオーナーズミーティングに関してはこちら

【募集開始】11/25 TGRF LCオーナーズオフラインミーティング
http://www.namaxchang.com/article/462096330.html?1539261331

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年10月10日

LEXUS UX 豊富な内装素材も要チェック!


レクサスUX(UX200/UX250h)に関しては、(現時点で)UX専用ボディカラーが3種類、専用内装色が2種類設定されるなど、内外装色の選択肢がとても豊富ですね。このカラーリングの豊富さは、基本在庫販売が中心の輸入車との大きな違いですね。

事前受注にあわせ、販売店にはボディカラーサンプル&内装生地サンプルが届いていますので、UXをご検討される方はぜひサンプルのご確認を・・・


■外装色

新メーカーオプションカラーの「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング<4Y1>」(画像右端)
オレンジ系ですが、RCやNX等に設定されている「ラヴァオレンジ」に比べ明るさはかなり落ち着いています。
正直なところ、サンプルではこのカラーの美しさは再現できていないような・・・金属ボディで見てみたいですね。


th_IMG_2404.jpg


もうひとつの新色は、UXプレカタログの表紙を飾っている新色「セレスティアルブルーガラスフレーク<8Y6>」(画像左側)
NXやRC(2019年MCモデル)で設定されている「スパークリングメテオメタリック<8X9>」との比較。

「セレスティアルブルー」の方が青みが強く、様々な色を放つキラキラパール成分が少なく、まさにガラスフレーク系のカラー。
かつてのエクシードブルーのような正統派の「青」系が好きな方にはぴったりなカラーと思います。

th_IMG_2395.jpg


■内装色

UXは内装色もかなり豊富ですが、”標準”グレードと”verion.C”で生地の柄(パターン)を分けているなど結構気合が入っています。

まずは”標準”のファブリック系。これだけのカラーと柄を揃えているのは素直にすごいと思います。
(私的には、”標準”の選択率はかなり低いと思うのですが、これだけカラーを揃えるとは!)
特に「シャトー」は”標準”グレード専用色なので貴重な存在です。

th_IMG_2402.jpg


”version.C”のシート素材はレクサス独自の合成皮革「L-tex」。
アローヘッドの柄がうっすらプリントされていてとてもおしゃれな感じ。
レクサスならではのL字(アローヘッド)パターンが特徴的。(写真は「ホワイトアッシュ」)
th_IMG_2397.jpg

カラーは全部で4色。「シャトー」が消滅し、「リッチクリーム」は設定なし。
なお、懸念していたとおり、UXの「L-tex」の素材はかなり薄く、ペラペラ感がある、表面も滑りやすいものでした。
(ESの「L-tex」は厚みがあり、質感も問題ありませんでした。)

th_IMG_2396.jpg


「コバルト」のL-tex(左)と本革(右)の厚み比較。
生地の厚みでは、UXの「L-tex」は本革の2/3程度しかなく、同時に生地を持つと質感にだいぶ差があるのがわかります。

th_IMG_2399 2.jpg


内装カラーの新色「ホワイトアッシュ」ですが、色合い的には以前レクサス「HS250h」に設定されていた、「ウォーターホワイト」のような感じです。
ホワイトというようより、青みのあるグレーと言う感じですね。
「ホワイト」(左端)、リッチクリーム(中央)と比べると、だいぶグレー感があります。
なお、「コバルト」はブルーとホワイトのツートーンカラーですが、ホワイト部分の色味は、この「ホワイトアッシュ」と同じと思われますので、純粋な「ホワイト」というより「グレー」をイメージしたほうが良いです。
(私は以前HS250hの内装色「ウォーターホワイト」をホワイト系と思い発注しましたが、実車では青みのかかる「グレー」だったのでホワイト系と思っていた私は「愕然」としたことを思い出しました・・・)

th_IMG_2403.jpg


なお、”F SPORT”専用の本革では、「ホワイト」と「フレアレッド」は中央にブラックの柄が入る構造となっています。
「ブラック」シートの場合は、中央部のレザーの部分の裏地が「レッド」が仕立てられており、パーフォレーションからレッドがちらちら見えてさりげないおしゃれな構造となっていますね。

th_IMG_2400.jpg

th_IMG_2401.jpg


なお、六本木ヒルズでのレクサス「UX&ES」の展示が10月8日をもって終了してしまいました。
次は今週末(10/13(土)〜15(月))、東京・日比谷の”LEXUS MEETS…”での展示ですが、UXに関しては従来と同色・同グレードの展示となるようで、”F SPORT”のお披露目はまだしばらく無いようです。(一応レポートさせていただく予定です)

th_IMG_2378 2.jpg

2018年10月08日

LEXUS UX(UX200)ラゲージの広さを測定してきました!

連休中でご契約された方も多いと思われるLEXUS UX(UX200/UX250h)ですが、SUVタイプの車としては気になる「ラゲージ」の大きさについてUX200プロトタイプで測定してきましたので、遠隔地で実車をご覧になれない方のご参考になればと思います。(*会場の係員の方の了解を得て撮影しております)
*プレカタログにも記載はありますが、実測測定してきましたw

th_IMG_2388.jpg


発売前のため、ラゲージマットなど純正オプションがついていませんが、表面仕上げはなかなか良好ですね。
綺麗な状態を維持するためにマット類はぜひ準備したいところ。

th_IMG_2282.jpg

以前にも掲示しましたが、ボードしたには結構容量のある小物入れがあるので、洗車用具やカー用品等の収納に使えますね。

th_IMG_2284.jpg


さて、UXはラゲージ位置の「高さ」が気になりますが、地面からラゲージフロアまでの「高さ」はだいたい「80cm超」です。
セダンと違い、トランクではなく、ハッチバックのため積載面はフラットなので、持ち上げてしまえば置くのは簡単ですね!

th_IMG_2380.jpg


「幅」で一番広いところは「中央」の部分で、その長さは「120cm超」
しかし、これはMAX幅なので、一般的なゴルフバックの横置きは結構困難かと思います。

th_IMG_2375.jpg


「幅」で一番狭いところは「奥」の部分で、その長さは「90cm超」
ということで、UXに確実に積み込めるのは、「90cm程度の幅まで」と考えて良いでしょう。

th_IMG_2379.jpg


「高さ」ですが、運転席から見えるバックミラーの視界を妨げないためには、ヘッドレスト以下にするのが理想と思いますが、その高さは「約40cm」。スーパーの「かご」は楽勝ですが・・・

th_IMG_2383.jpg


開口部の高さは「約55cm
しかしここまで積み込むと、運転席からバックミラーの視界がなくなりますが・・・(ラゲージドアも閉まらなくなるかも)

th_IMG_2387.jpg


「奥行」ですが、中央部でおおむね「78cm超」といったところ。これは意外にありますね!

th_IMG_2376.jpg


後席は「4:6」で分割して倒すことが可能です。
後席を倒した際の、平面部分の長さを図ると「140cm超」といったところ。
2人乗車ならかなりの長尺物が積めますね。(結構フラットに近い)

th_IMG_2386.jpg


ということで、まとめると次のようになります!(あくまで素人採寸です)
ご参考になれば幸いです。

th_IMG_2388.jpg


なお、UXでいいなと思ったのが、ラゲージ左右に「LEDランプ」1箇所ずつ装着されていること。(簡易的な「フック」や「DC12Vアクセサリーソケット」もあります)
LEDランプは純正なので、色温度も低めであまり明るくはないので、これは社外品に交換する方もいらっしゃるかも。

th_IMG_2389.jpg

ユピテル レーダー探知機オプション OBD12-M III OBD12M3[OBD12M3]

価格:5,540円
(2019/5/18 10:16時点)
感想(1件)

【送料無料】【2個セット】[TV紹介商品] リレーアタックガードポーチ2 カーボン【2個セット】リレーアタック対策 リレーアタック対策グッズ 盗難防止 電波遮断 電波遮断ポーチ スマートキー リレーアタックポーチ セキュリティ リレーアタック エムズスピード

価格:2,200円
(2019/10/14 18:19時点)
感想(0件)

協和興材 マイクロロン ガストリート【smtb-s】

価格:3,492円
(2019/5/18 10:15時点)
感想(0件)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/4 22:19時点)
感想(0件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

スポンサーリンク

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/4 22:16時点)
感想(11件)

ブルーバナナ99 SNTC-M18 ■ ナビコントローラー / ナビ キャンセラー ■ LC500h LC500 LS500H NX300 NX300hH29/9

価格:31,104円
(2018/1/12 23:51時点)
感想(0件)

スイッチ押し太朗【オートブレーキホールド用汎用接続タイプ】『オートブレーキを常時スタンバイ!!』 オートパーツ工房

価格:3,150円
(2017/8/21 00:19時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/1/2 11:14時点)
感想(2件)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

寺岡製作所:TERAOKA 導電性アルミ箔粘着テープNO.8303 10mmX20M 8303 10X20 型式:8303 10X20

新品価格
¥1,158から
(2018/1/12 23:57時点)

【お一人様1個限り】LED T20ダブル SMD24連 レッド/赤 T20シングル T20ピンチ部違いにも使用可能 【無極性】 テールランプ ストップランプ 等 12V-24V車 【T20ウェッジ球】 高品質3チップSMD【孫市屋】●(LM24-R)

価格:2,039円
(2017/9/12 00:54時点)
感想(21件)

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Premium EN ] LN3

新品価格
¥12,754から
(2019/10/14 18:36時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【s10】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,860円
(2017/7/1 21:57時点)
感想(10件)

AESOP/イソップ レバレンス ハンドウォッシュ 500ml (B500BT17)

価格:4,428円
(2018/5/27 02:12時点)
感想(1件)

イソップ Aesop リンスフリーハンドウォッシュ 50ml [003024]

価格:1,020円
(2018/5/27 02:14時点)
感想(2件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
プロフィール
QRコード