2016年06月23日

LEXUS RX F SPORT FFモデル登場?

RXは販売が好調なだけに、町中で見かける機会も増えましたし、「流れるウィンカー」は存在感抜群ですね。さて、LEXUS RX450h F SPORT / RX200t F SPORTに、今年秋の年次改良でFF(前輪駆動)モデルがラインナップされる模様です。
ベースグレードとversion.LにはFFモデルがラインナップされていて、F SPORTはAWDのみで、かねてからなぜ?といわれていましたが・・・

Lexus-RX-fsport-performance-styling-keyfeatures-1204x677-LEXRXGMY160053.jpg

気になる価格ですが、ベースグレードと「version.L」のFFモデルとAWDモデルの価格差は「26万円」。
よって、RX200t F SPORT(FF)の場合は、「579万円」前後が予想されます。

一方、RX450h F SPORT(FF)の場合は、AWDモデルから26万円引きと考えると、719万円前後。
そして、FFモデルのため、「電動アクティブスタビライザー」がレスになると予想されます。
ここから30万円価格が引き下げられ、「689万円」前後でしょうか?
RXシリーズはもともと標準装備が多いですし、見栄えも立派なRX450h F SPORTの価格が心理的に「700万」を下回ってくるようですと、価格訴求力が高そうです。

燃費はモード燃費で0.6km/Lほど改善されると思いますが、誤差の範囲でしょうか?

そのほか、HS250hもテコ入れ(最終か?)、CT200hには特別仕様車の投入(これも最後か?)、GS200tの投入など、今年のレクサスはISのマイナーチェンジを除き、新型車がないかわりに既存モデルの商品力強化が中心の模様。

来年はロングモデルの「RX450hL」、「RX350L」がリリースされる確率が高いそうですし、(日本での需要と販売があるか不明ですが・・・)レクサスNXのマイナーチェンジも含め、ますますSUVの人気が高まりそうです。

rx450hmodellista.jpg

2016年05月19日

いよいよ発売決定か? RXロング!(RX350L / RX450L)

かなり前から発売が噂されていた、RXのロングバージョン(3列シート仕様?)ですが、ついに日本での発売が確定した模様です。

「RX350L」と「RX450L」の商標登録(出願)が日本でも行われています。
15-08-30-gallery-lexus-rx-three-row-3.jpg

この時期に商標出願が行われていることから発売は最速でも半年後、現実的にはおおむね1年後程度と思われます。現時点では現行RXでラインナップされている「RX200t」のロング仕様はないものと思われます。

日本国内では「RX350」はラインナップされていませんので、実質的にはRX450Lのみになるか、RX200tとRX450hの価格差を埋めるためRX350の設定が行われるのでしょうか?
ただ、前モデルでもRX350の販売台数は非常に低迷していたため、現状ではラインナップされる可能性は限りなくゼロに近いのではと思います。

新型RXの発売以降、NXとLXもあわせ、今やレクサスの月販売台数の過半数以上を占めるSUV。
RXのロングバージョンは3列シート対応と思われますので、待望という方も多いのではないでしょうか?

なお、NXについても 「NX300」の商標登録出願も行われています。
ターボでもない、ハイブリッドでもない”純ガソリンエンジンモデル”と推測されますが、NXにもさらなる選択肢が増える可能性がでてきました。
日本のレクサスではハイブリッドモデルが販売の大半を占め、ターボモデルの比率もまだまだ高くない状況ですので、NXに純ガソリンモデルがラインナップされてもNX200tを上回るセールスは100%見込めないと思いますので、果たして本当に発売されるのか疑問でもありますが、ラインナップの拡充は楽しみでもあります。

まだまだ謎の多い「UX」(UX200、UX250、UX250h)といい、SUV系のモデルでは純ガソリンエンジン仕様が計画されているのは間違い無さそうですね。

2015年12月03日

RXのすべて読み応えあり! & レクサスApps雑感1

モーターファン別冊「レクサスRXのすべて」をようやく読了!
th_IMG_4602.jpg
福野礼一郎氏や安藤眞氏の記事だけでも購入価値あり!(毎度、安定した高品質な記事ですね)
また、セミアニリン本革の生産メーカーがミドリホクヨー、本革はGSTオートレザー製というような非常にマニアックなネタもあり、とても面白かったです。
内装の装備についても助手席下にフックが2箇所あったりするなど気づきにくい点も紹介されていています。
そのほか、復活したサングラスホルダーの話やバージョンLへの力の入れようなど、この本で初めて知る内容が多く、RXオーナーのみならず読み応えがあると思います。


最近、このシリーズコンビニではあまり見かけなくなったのでもっぱら通販です。
なお、12月28日には、なんとレクサス「GSFのすべて」も発売とのこと、こちらも楽しみです。

新型レクサスRXのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥700から
(2015/12/3 21:46時点)




さて、次はレクサスAppsの話題。
ほとんどPRされていないのでディーラーのセールスコンサルトさんでもあまり知られていないレクサスAppsですが、久しぶりに新アプリが追加されていることをお友達から教えていただきました。(実はずい分前からリリースされていたようですが・・・)
「いつもNAVI」。なんと、「オービス」を画面に表示するアプリでかなり期待できそうなアプリですが・・・
10048_1.png
実際は、常時起動しないといけないため、7インチの極狭画面のRCでは画面の半分を専有するため実質上、使いづらくてしょうがありません。
th_IMG_4594.jpg

また、そもそもレクサスApps全般に言えますが、エンジン再起動時にかなりの確率でアプリが落ちています。
つまりいちいち再起動しないといけないのですが、面倒くさすぎてそのうち使わなくなってしまいます。

レクサスApps全般にいえますが、動作が緩慢、画面専有面積が広すぎる、文字が大きすぎるなど、結局LEXUS車専用に設計されていない、など欠点だらけです。
細かくアップデートされているアプリもありますが、目に見える改善はほとんどないように感じています。なお、レクサスLX以降はハードウェアが変わっていると思われるので少しは改善されているかもしれませんが・・・
そのほか、鳴り物入りで登場した「エージェント、エージェント+」も音声認識にかなり難がありますし、私的はほとんど使えないアプリと判断しています。果たして開発者は自分達で利用しているのかな?と思ってしまいます。(便利な使い方があればPRしてほしいところです)
いっそのこと車載での利用はきっぱり諦め、スマホアプリとしてリリースしたほうが良いのではと感じてしまいます。(smart G-Linkみたいな利便性のあるスマホアプリは大歓迎です。)

2015年11月24日

モーターファン別冊 レクサスRXのすべて&RX販売状況

モーターファン別冊「レクサスRXのすべて」が約1週間後の12月1日に発売されるようです。
公式サイト http://motorfan-newmodel.com には具体的な情報はまだ掲載されていませんが、一部通販サイトでは予約を受け付けており、価格は700円のようです。
ということは、最近のレクサス系の同誌に倣い、上質な表紙に、カタログも可能な限り収録してページ数も多いという仕様になっていることが予想されます。(New-IS以降)

▼amazon 700円

新型レクサスRXのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥700から
(2015/11/24 21:15時点)




▼楽天 700円

レクサスrxのすべて 別冊モーターファン 【ムック】

価格:700円
(2015/11/24 21:16時点)
感想(0件)





さてレクサスRXの受注状況も公式に発表されています。
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/10315625/
最近のレクサスは目標販売台数が控えめなこともあり、月販目標の15倍〜20倍の範疇に収まることがおおいですが、RXも18倍となっています。
01-5.jpg
10月22日の発売から約1カ月にあたる11月24日時点で、約9,000台(うち450hが2/3の6,000台)とのことでかなり好調のようですが、実際は6月ごろから販売促進が行われていることと、RXの既存の国内販売台数を考慮すると、「意外に少ない?」と感じたのは私だけではないのではないでしょうか?
ただ、450hが過半数以上ということで、これほどの高額車が売れているということを考慮するとやはり好調といいうことなのでしょうね。

しかし、全体の2/3の約「6,000台」がRX450hとは…
私的には「RX200t」の価格設定と、エコカー減税の一部適用(約8万円前後)ということもあり、200t比率がある程度高まると思っていたのですが、ここまで差がつくとは・・・
国内のハイブリッド人気は健在ということで、これは将来の「300h」などの投入もあるかもしれませんね。
(*RX300hの商標登録は現時点では行われていません)
なお、最近のモデルでは「Fスポーツ」グレードに人気が集中する傾向ですが、新型RXはどのような比率なのかも気になるところです。
ちらほら街中でもみかけるようになった「RX」
350と270が廃止され、ハイブリッドとターボというわかりやすいラインナップに集約されましたが、今後の販売状況にも注目したいところです。

2015年10月25日

新型RX かっこいいです&少しニッチな写真

週末はいよいよ東京モーターショーですね。
いろんなメーカーから魅力的な車種がお披露目されますが、レクサスでは新型GSの日本初披露のほか、ラグジュアリーコンセプトカーが楽しみですね!ということで、もう次期LSに確定的ですが、楽しみです!
concept_x2.jpg

マガジンX最新号(12月号)ではレクサスのFCVがスクープされている模様?
HSがFCVで存続?いやそれともやっぱりLS? オリンピックまでにはFCVが発売されているのでしょうか。

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2015年 12月号 [雑誌]

価格:668円
(2015/10/25 23:16時点)
感想(0件)




さて、ワンダー速報さんでも取り上げられていた一部のマニアは必ずチェックすると言われる「ドアヒンジ」。
http://drumsyos.blog.fc2.com
言われるまで全く気付きませんでした(汗
今までLSクラスにしか使用されていないものがRXにも採用ということはコストをかけているってことですね。
新型GS、GSFではどうでしょうね?
th_IMG_4444.jpg

さて、RXのカタログには記載されていないマニアック写真を幾つか。
こういうところをチェックするのが大好きです!
足元照明は当然LED! 新型ISとRC/RCFは一体何だったんでしょう。
th_IMG_4454.jpg

センターコンソールパネルの照明。これがFスポーツとver.L用装備のようですね。
上品な光り方でいいですが、標準グレードでも部品を取り寄せば大丈夫な予感です。
th_IMG_4448.jpg

センターコンソールボックス内は何と前方と後方に2個のLEDがインストール。
照度は控えめなので、高輝度なものに入れ替えるとより見やすいかもしれませんが、あらかじめ配線してあると換装も楽でいいですよね。新型ISやRC系は・・・(略)
th_IMG_4450.jpg


運転席側天井には謎のセンサーのようなものがありましたが、これは何でしょう?
最初、ウェルカムライトかと思ったのですが、そうでもなさそうなので、クライメイトコンシェルジュのセンサー? 音声認識マイク? 侵入センサー? 説明書には書いてあるかな・・・
th_IMG_4456.jpg


ETCユニットのロゴは「2.0」に進化。(ETC2.0の名称は普及するでしょうか?)
(なお、DSRCと機能はかわりません)
グローブボックス内よりこちらの運転席側の方が圧倒的に使いやすいですよね。

th_IMG_4453.jpg

ブラインドスポットモニター(BSM)は照度と感度の調節ができるように進化していました。
あとはレーダークルーズのアクセル開度の制御調整(追従時のアクセル開度設定)ができればいいのですが・・・
th_IMG_4451.jpg

レーザーカット本杢のクオリティはアウディやメルセデスも驚きのクオリティでは?
曲面処理も美しく、これがFスポーツでも無償オプションとは!
th_IMG_4461.jpg

新型RX、とてもスタイリッシュになり、私的には、今一番かっこいいSUVだと思います。
RX200tもエコカー減税対応ですし、これは売れるでしょうね〜
一度こういうモデルに乗るとセダン/クーペにはなかなか戻れなそうです・・・
th_IMG_4462.jpg


最後にFスポーツのホイール、これとてもRXに似合っていますね。
このホイールと新型GS ver.LのMOPノイズリダクションホイールのデザインは個人的に好きです。
あとは見栄えのよくないブレーキキャリパーが・・・ここがレクサスSUVの見た目での課題ですね。
th_IMG_4464.jpg

2015年10月24日

New RX450hに「同乗」しました!

本日は機会があったのでRX450h ver.Lに同乗させていただきました。
今日はとても暑かったのですが、RXの「コンフォータブルエアシート」の速冷機能がとても快適でびっくり!
一度これを味わうと、単なる送風だけのシートベンチレーションが物足りなくなりますね・・・
RX、とても乗り心地も良く、視界よし、セミアニリン本革シートのリラックス感よし、快適なドライブができてとてもいいなぁと思いました。
ただ、意外とエンジンサウンドが入ってくることと、エンジンで走る比率がとても高くてハイブリッドらしさがあまりなかったのが意外でした。

内装に関しては、一時期低下していたレクサス車の質感が、新型RXで完全復活した感があります。
手や肌が触れるところはたいていL-texやソフトパッドがあしらわれています。
th_IMG_4420.jpg
ドアポケットが開くのは利便性高いですね。ただ、カタカタ音を防ぐゴムシートやクッション材が敷いてないのは残念でした。最近の欧州車はこういう細かいところもケアしてある車種が増えています。



あまりPRされていませんが、フロントカップホルダーの昇降機能はとてもいいです。
RC系では、コーナリング時にペットボトルが転倒することもあるので、もう少し深ければいいのにと思うこともあるのですが、この昇降機能は優れものですね。下がる時のぬっとり感もいい感じです。
この機構、流用できないですかねぇ。
th_IMG_4425.jpg

インテリアの雰囲気はとてもいい感じですが、オーディオパネル・アナログ時計周りの質感は今ひとつと思いました。オーディオノブが他と調和していないのも気になりました。
th_IMG_4422.jpg

ドアトリムアンビエントイルミネーションはGSやLXのものより光量がアップしていてわかりやすくなり好感が持てます。インナードアハンドル部分も含めて光りますのでなかなかいいですね。
よく見ると、全体で「F」という形状にも見えます。
th_IMG_4430.jpg


スカッフプレート照明は懐かしいタイプのイルミネーションですね。
th_IMG_4427.jpg


あと気づいたのですが、テールランプのサイドのデイライトLEDは日本のレクサスでは初ではないでしょうか?
これが好きで北米用テールライトに交換している方もいらっしゃったと思います。
th_IMG_4428.jpg


ITSコネクト設置エリアにも行ってみたのですが、反応せず!
おかしいなと思っていたら、メーカーオプション非装備車両でした・・・(笑)
納車式はNXラッシュ、ディーラー店舗内はRXに人気集中、まさにSUVのレクサス時代を感じる1日でした。

2015年10月23日

New RX! カタログで判明、こんな装備が?

正式発表された 新型レクサスRX。
すでに試乗された方もいらっしゃると思います。DMや試乗プレゼントを行うディーラーも多いようですので、今週末は混み合いそうですね。
ワンダー速報さんでは早速試乗されたとのことですので、インプレッションが楽しみです!
http://drumsyos.blog.fc2.com

さて、New RXの正式カタログ等で私的に驚いたのが次の3点の装備。

・LEDインストルメントパネルイルミネーション

img_21.jpg
これは、Fスポーツとver.Lに装備されるもので、センターコンソールパネル/シフトノブ付近を照らす照明のようです。
先代レクサス時代は、天井のルームランプにシフトノブを照らす照明がありましたが、超ひかえめなLEDだったこともあり、新型GS以降は廃止されていたと思います。
RXでは写真を見る限り少し明るくなって登場?
ドアトリムのイルミネーションも追加されますので、ベースグレードとはちょっとした差別化がされていますね。

2点目は、
・LEDカーテシランプ

新型クラウンや新型GS、GSF、LXでもLEDカーテシになりますが、RXの一部グレードでも採用とは。
これもFスポーツとver.Lで採用となりました。
LEDカーテシとバルブ式のカーテシランプの部品の単価はあまり違わないのですが、微妙な差別化です(笑)
うーん、使い分ける必要があるのかな?でも純正の柔らかい光は結構好みです。
th_IMG_4323.jpg


3点目は、LEDバルブセットの価格。

さすがレクサス、高価ですねぇ。ver.L1とFスポーツ用は5個で約20,000円、ベースグレード用は9個で約36,000円、1個あたり4,000円なので、今から10年ぐらい前、LEDバルブが出始めの頃のような価格ですね。
でもこれで「5年保障」があるとおもえばアリ?なのかもしれません。
特に、市販の汎用品は輝度が高すぎるので、バニティランプには眩しすぎますので、純正品のクオリティは気になりますね。製造メーカーはどこなのか気になります。(来年マイナーチェンジ予定のISにも設定されそうですね)
th_スクリーンショット 2015-10-23 22.33.59.jpg

あとは、小ネタを・・・年次改良したレクサスRCFの部品供給も始まったようです。
ちょっとカッコよくなったマフラーカッターは1個 約6,000円と従来から2倍の価格になってしまいました。4つだと24,000円。うーん、高いですね〜これはパスかな?
どこかに年次改良後のRCやRCF置いてないですかねぇ・・・
th_DSC01034.jpg

新アルミペダル、フットレスト、ブレーキペダルはお安くて3点セットで約1万円。
早速発注しましたので、こちらはまた装着レポートしたいと思います。
img_f_sport_carousel_03.jpg


レクサスインターナショナルギャラリー青山の展示は残念ながら新型GSではなく、LF-LC(Blue)に。
でも24日(土)はお休みとのことで注意が必要です。もうこれで3度目ぐらいの展示でしょうか?
新型GSは東京モーターショーまでお預けのようですね。
DSC04815_R.JPG


あとはレクサスのホームページに公開されている、「ITSコネクト」の東京都内の設置場所がまだまだあまりにも偏り&少ない&ニッチな場所なので驚きました。(わずか4か所)ちょくちょく通る道なので、注意してみて見たいと思います。
th_スクリーンショット 2015-10-23 21.52.46.jpg

すいません、疲れたので今日はこれぐらいで・・・

2015年10月21日

新型RX 発表前日!北米価格が先行発表!

いよいよ新型RXの発表となりましたが、北米でのレクサス北米価格が公表されているようです。
http://www.autonews.com/article/20151016/RETAIL01/151019895/lexus-prices-reskinned-2016-rx-from-$42840
th_DSC00886.jpg

北米での2016年モデルのラインナップは日本とは違い、「RX450h」と「RX350」でスタート。
ざっと抜き出すと (このほかにdestination chargeとして$940が必要)

RX450h ベース FF: $52,235   (参考:日本での販売価格 602.5万 税込、以下同じ)
RX450h ベース AWD: $53,635  (628.5万)
RX450h Fスポーツ AWD: $57,045 (742.5万)

ナビゲーションシステムや、プレミアムパッケージorラグジュアリーパッケージなどの快適装備などはオプションになると思いますが、ベースグレードに関しては1ドル120円換算すると、意外にも日本価格とほとんど変わりません。
一方、日本の「F SPORT」は、かなり充実装備なので単純比較すると割高感がありますね。

なお、北米では「RX200t」は導入されず、逆に「GS200t」が北米導入となかなか面白いです。
ということは、やはり日本でGS200tがラインナップされなかったのはマイナーチェンジした「クラウン アスリート(2Lターボ)」の影響ということが確実ですね。


あと、GSFの価格が8万5千ドルで抑えてきて、$84,440から。
th_DSC01028.jpg
ナビゲーションシステムやマークレビンソン、幾つかの装備がオプションでしょうから、仮に1ドル120円換算すると日本価格とそれほど変わらない印象です。

LX570は日本ではGSFと同等の1100万ですが、北米価格は$88,880から。GSFより高価な設定となっています。
LX570は北米でも標準装備=ほぼフルオプション状態ですから、GSFにオプション装備するとかなり近い価格になるのでしょうね。

さて、RCFの価格は少し上昇していて$62,805から。
日本と違い、北米仕様の標準装備はかなり簡素化されていますので、日本のベースグレード仕様に合わせ、プレミアムパッケージを装備し、destination charge等を考慮すると実際は7万ドル程度になるのですが、それにしても日本より随分安いです。
こうなるとRCFの日本価格って割高に設定されているなぁ・・・と改めて思いますね。
まぁ、ライバル社の価格より少し割安に設定せざるを得ないからしょうがないのでしょうね。

(ところで、北米のRCFの「プレミアムパッケージ」と「パフォーマンスパッケージ(TVD+カーボン)」の価格設定の謎についてご存知の方はいらっしゃるでしょうか?パフォーマンスパッケージには、プレミアムパッケージの装備が包含されている記載がされており、コンフィグレーターですと、パフォーマンスパッケージ単体の見積もりがとれるのですが、実際北米で配車されているRCFのパフォーマンスパッケージ付車には必ずプレミアムパッケージが付帯されており、オプション価格もプレミアム+パフォーマンスパッケージの価格になっているんですよねぇ・・・謎です。)

2015年09月09日

新型プリウス発表なのにあえて LEXUS「RX」の細かい点をチェック!

新型プリウス、私は結構好きです。白いホイールかっこいい!
ヘッドランプは1灯のBi-LEDとのこと。「近未来」のあるデザインとなっていますが、感前後ウィンカーは電球のままですし、MIRAIと同様足踏み式パーキングブレーキを継続採用。さすがトヨタ、徹底したコスト削減も両立させているようですね。
01-4.jpg

と、そんななかあえて久々に、レクサス RXの詳細を。
レクサスエンスーで、広報資料が多数アップされていましたので、日本では未発表と思われるものに注目してみたいと思います。
https://lexusenthusiast.com/2015/09/08/2016-lexus-rx-350-rx-450h-preview/

今度のレクサス RXは、標準グレードでも装備が充実していますので、ベースグレード比率が高まると予想しますが、気になるのはヘッドライト。日本仕様でも、標準グレードでは3眼ヘッドライトではありません。
もちろん話題の流れるウィンカー(シーケンシャルターンシグナルランプ)も非装備です。
15-09-08-lexus-rx-standard-led-lamps.jpg


で、リヤはどうなるの?ということですが、リヤウィンカーも電球となります。(ボディ部分の三角の部分に、アンバー色の電球が見えますね)
ただ、トランク側には、LEDらしき部分も残されており、LEDと電球の併用なのかもしれません。点灯状態を見たいですね。大多数のオーナーさんは3眼フルLEDを選択されるとは思いますが・・・
15-09-08-lexus-rx-standard-tail.jpg

かなりマニアックですが、静音材などの快適性を示す画像のようです。
通常の車種ではなかなか公開されないので、新型RXが室内の静音性、快適性にケアしていることがうかがえます。
15-09-08-lexus-rx-insulation.jpg


標準のスピーカーレイアウト(12sp)も公開。ツイーターは「緑」かな?。レイアウトはRCに近いです。
15-09-08-lexus-rx-pioneer-system.jpg


インテリアパネルには北米と日本と同じものをラインナップ。
北米では中間グレードの「Premium package」の設定がありますね。日本では、NXのi-packageに相当するものと思われますが、日本では標準とver.Lの価格差が約100万円もあるため、中間グレードの設定が待たれます。
日本でも注目の、「レーザーカット本杢」は「Luxury Package」専用とのことでコストもかかっているようです。(F SPORT専用の「本アルミ」より、こちらのほうが部品単価はずいぶん高いと思われます)
15-09-08-lexus-rx-interior-trim.jpg


インテリアでは、アイボリー・トパーズブラウン・リッチクリームはステアリングのレザーのカラーが違うのでしょうか?(いま気が付きました)
最近のレクサス車はダッシュボードやレザーのカラーがブラック単一の傾向が強かったので、複数カラーがあるとおしゃれで良いと思います。
15-09-08-lexus-rx-interior-storage.jpg

インテリアのアンビエントライトの点灯状態が分かる画像も。
実車を見た限りでは、RCほど目立たず、ただしGSやLXよりは目立つという感じでしたが、助手席前のアンビエントライトはレクサス初ですし、新意匠のインナードアハンドルから連続するドアトリムアンビエントライトは、とてもムーディだと思いますし、プレミアムブランドっぽさが増しますね。
アウディでは次期「A4」からアンビエントライトの複数カラーが選択可能(メルセデスはずいぶん前から各車で可能)のようですが、レクサスはまだホワイト単色ですね。
15-09-08-lexus-rx-ambient-lighting.jpg

タッチレスパワーバックドアは日本では全グレード標準ですが、北米ではオプションの模様。
ナビゲーションシステム&リモートタッチもオプションなので、本体価格は日本よりもずいぶん低くなることが予想されますね。
15-09-08-lexus-rx-touch-free-door.jpg

2015年08月30日

夜の六本木ヒルズでLXとRXをちらっと見てきました。

本日は夕方から晴れたので、夜の六本木ヒルズにちょっとドライブしてきました。
大屋根プラザには、「LX570」が2台、「RX450 ver.L」が展示されていました。
うち2台は、先日までLEXUS高輪2階のギャラリーに展示されていたものですね。
LEXUS高輪の展示については、ワンダー速報 http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-912.html
でレポートされていますのでLX&RX納車待ちの方は参考になると思います。

さて、屋外&夜なので、ライトや室内照明の点灯状態が見れるのがいいですね!
スターライトブラックガラスフレークのRX570は相当かっこいいです。
眼の肥えた六本木ヒルズ族?にも好評のようでしたよ。
th_DSC09237.jpg


LXからはドアロックノブが変更となりますが、セダン系にも採用されるかどうか。
これはLC500かLSの新モデルまで待たねばわかりませんね。
th_DSC09242.jpg

新意匠のパワーウィンドウスイッチは全車種採用して欲しいですね。
バラして付け替えしたいところですが、パーツの単価が結構高いです・・・そして、夜は白のLED照明で綺麗です。(ピンぼけすいません)
th_DSC09241.jpg

インナードアハンドルのスリット(LED)がLXにはちゃんとありました!
さて、RXではどうでしょうか? 今のところあるのは「LS、LX、GS」の御三家だけです。
th_DSC09240.jpg

ドアトリムのアンビエントライトも確認! ただ、GSと同様、目立ちません(笑)
光り方とパーツ形状を見てもGSのとかなり似てますね〜(パーツ共用かも?)
ドアハンドルの剛性感も上がっていて好感触。(GS、NX、RCの樹脂ハンドルは剛性が低くていつか壊れそうでイヤです・・・)
一方、RC・RCFのアンビエントライトはグラデーション状に光るのでとても綺麗です。
th_DSC09247.jpg


LXではシフトノブの「P」レンジの照明が青色LEDに変更となっています。
シフトノブもLSと同じ本アルミ。スポーティー派はディンプル本革+本アルミのF SPORT用に換装するといいかも?
th_DSC09239.jpg

RXは グラファイトブラックガラスフレークの「RX450h ver.L」が展示。
昭島で展示されていたものと同じですね。遅い時間でしたが、かなり注目を集めていました。
th_DSC09249.jpg

気分を変えて夜に見るもの面白いかもしれません。ライト点灯状態を確認されたい方はお勧めです!(明日まで)

この後はミッション・インポッシブル ローグネイションを見てきて終了。
劇中のBMW M3かっこよかったです。そして、帰り道は なんとBMW i8としばしランデブー走行。公道で初めてみました。加速が速い!

2015年08月28日

週末は六本木ヒルズで!LX&RXを見よう!


ニューモデルマガジンX10月号が発売となっています。
LEXUS関係では、トップページからLC500の話題が。ホント、楽しみですねぇ。

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2015年 10月号 [雑誌]

価格:606円
(2015/8/28 21:41時点)
感想(0件)




LC500、LC500h、はやく市販バージョンがみたいですねぇ。
DSC04815_R.JPG

その他では、10月1日発表とされる、クラウンのスタッフマニュアルが一部抜粋されているなど、トヨタの動向もわかるのでなかなか見応えがありました。
IS200tより若干最高出力を落とし、モード燃費は13.4km/Lに高まったようですが、エコカー減税から外れているのはIS同様、残念ですね。
アスリートのデザインは、RCFやGSFライクなフォグランプ周りのデザインがなかなかスポーティでいいと思いました。しかし、ホントに、トヨタセーフティセンスは不採用なんですね・・・
やはりトヨタの場合は、本格的なマイナーチェンジや全面改良のタイミングでないとハードウェアの追加・刷新は難しいようです。(これが他メーカーなら、電動パーキングブレーキも採用してくるタイミングなのですが・・・)

あとは、RCFのミニカー(京商製)は、8月下旬発売とされていましたが、発売が9月に伸びたそうです。
私も予約済でしたが、残念・・・もうしばらく待ちましょう!

京商オリジナル 1/43 レクサス RC F ホワイトノーヴァガラスフレーク[京商]《08月仮予約》

価格:4,690円
(2015/8/29 23:50時点)
感想(0件)




そして、明日(8/29)はいよいよ六本木ヒルズ 大屋根プラザでLX570、RX450、RX200tなどのお披露目。
「青山や高輪は非オーナーでは行きづらい、昭島は遠い!」と思われる方が大半と思いますので実質的には関東では初のお披露目になるのでしょうね。太陽光の下で見るボディの印象はどのようなものでしょうか?
th_DSC00952.jpg

なお、六本木ヒルズは、「ヒルズカード」があると駐車場が2時間無料なのでかなり使えます。
ヒルズに行く頻度の高い方は、持っておくと損はないと思います。(年会費無料のクレカ)

mainimage.png


そういえば、約1年前は「RCF」の展示が同じ六本木ヒルズの大屋根プラザでありました。
昨年は、Responseやインプレスcar watchの取材もありましたので、今回もメディアの取材が入るかもしれませんね。
もう1年かぁ。早いなぁ・・・そろそろレクサスGSFのお披露目もして欲しいところですが、東京モーターショーまでおあずけでしょうか?
DSC07141_R.JPG

2015年08月25日

新型レクサス RXもいい感じでした!

先行展示中の RX200t F SPORT。堂々たるフロントマスク。
NXも良かったですが、ヘッドランプとクリアランスランプが一体化されているということもあり、自然なデザインで、RXは更にかっこいいと思います。
th_DSC00886.jpg


コーナリングランプとフォグランプが完全に分離していますね。今後のレクサスSUV系にはコーナリングランプが備えつくということなんでしょうね。(その代わり、ヘッドランプのAFS機能は廃止の模様。)
th_DSC00863.jpg


ドアミラーはNXと同じで、クリアブラック塗装されていない樹脂タイプ。
つまりGS,LX,LSが塗装済、それ以外の車種は未塗装樹脂という住み分けとなり、差別化が図られています。
th_DSC00865.jpg

ホイールは純正としてはかなりかっこいいです。レクサスNX、RCぐらいからスポーツモデル以外でも、純正のホイールはかなりかっこよくなりましたね。

F SPORT専用ホイール
th_DSC00905.jpg

セレクタブルトリムホイール
th_DSC00947.jpg


ホワイトのシートは綺麗で素敵ですが、果たしてSUV系のRXで選択する方がどれぐらいいらっしゃるのか?
ホワイト系のシートはマツダCXシリーズやアテンザ等の「鼓動」以降のモデルでも採用が始まっていますが、レクサスではホワイトは「F」のイメージと位置づけていましたので、それが崩れるのが残念。
ISやRCのような「ムーンストーン」(ライトグレー系)の方が良かったのでは?
th_DSC00892.jpg


前席ルームランプは当然最新型のタッチセンサー付きに。ただし、ルームミラーはRCで採用されたフレームレスタイプではありません。SUV系は従来通りのものが採用されるのでしょうね。
th_DSC00884.jpg


ついにリモートタッチの完成形か?12.3インチモニター採用とともに、リモートタッチのパームレストをセンターコンソールアームレストと一体にしたもので、スペース的にもNXとくらべてあまり変わりません。「戻るボタン」がついたのは嬉しいですよね。
ホワイトだとこの部分がすぐ汚れそうです(笑)おそらくこの部分の部品供給はあると思いますが・・・
th_DSC00883.jpg


ステアリングは新開発。LXやES、そしてマイナーチェンジされるGSと同形状。
th_DSC00877.jpg

バージョンLの本杢ステアリングは質感がいいですね〜 また、インテリアパネルのレーザーカット本杢と、ノーブルブラウンのセミアニリン本革はとても素敵ですよ。
th_DSC00949.jpg


パワーウィンドウスイッチはレクサス第3世代(勝手に呼んでます)にあわせ、クオリティアップ。
メッキ加飾が数箇所加わります。最近はトヨタブランドでも行われているので、当然というところでしょうか。(せっかくならありきたりなメッキではなく、サテンメッキ調にして欲しかった気が)
th_DSC00897.jpgth_DSC00880.jpg


後席足元は余裕の造り。エアコン吹き出し口にもサテンメッキ調の加飾があり、一定の品質を保っていますが、車両価格を考えると、下部部分はもう少しクオリティを高めて欲しいところ。
th_DSC00894.jpg

室内の後席LEDルームランプはNXやRCから改良されてて、LEDスポットランプ機能がついたほか、品質も向上していて好感が持てます。この部分に限らず新型レクサスISでは内装のコストカットが相当目立ちましたが、NXとRCではLED化が進むなど幾分改善され、RXではようやく本来のクオリティに戻ったと言えると思います。
th_DSC00895.jpg

リヤエンタテインメントシステムはLXと同じで画面も大きく、見た目の質感も十分。バージョンLを積極的に選ぶ価値のある装備ではないでしょうか?(MOP)
th_DSC00948.jpg


F SPORTなので、リヤ席は手動で倒すためのレバーが備わっていましたが、ちょっとチープですかね?
ラゲージ内には全部で3箇所のランプがありますが、すべて電球です。
ディーラーオプションでLEDが準備されていますので、それか社外品に換装して明るくすると良いと思います。
th_DSC00874.jpg

リヤは私的にはNXは今ひとつでしたがRXはしっくりくるデザインでした。
テールランプが大型化して迫力がありますね。ウィンカーも見やすいです。
th_DSC00911.jpg


リヤアンダーは仕上がりが良いです。メッシュの部分はちゃんと塗装されていました。
th_DSC00922.jpg

ラゲージ全開するとかなり大きいですね。
th_DSC00906.jpg

NXほどではありませんが、かなりの人出でしたので、10月の正式発表後には相当な人気が予想されますね。
来春ぐらいまでの納車を目指すなら、正式発売前の発注が必要になるのではないでしょうか。
また、現在のRXの中古車買取価格も今後大きく変動することが予想されそうなほど、(エアサスペンションモデルがないことがネックの方もいらっしゃるかもしれませんが)商品的には現行モデルを大きく凌駕する仕上がりになっていると思います。

人が多かったので、外装の写真はあまり撮影しなかったので、詳細写真は、ワンダー速報にアップされていますので、ぜひチェックしてみてください!

http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-909.html

2015年08月22日

レクサス LX570 さすがの大迫力! RXも大人気!

先日発表になったレクサス フラッグシップSUV 「LX570」を見に、人生初の昭島エリアへ・・・
会場ではみんカラ時代のお友達ともばったり再開し、やはりみなさん見に来てるんだなぁと(笑)

LX570ですが、写真でみるより高級感あります。1,000万超えするのは当然という印象です。
th_DSC01003.jpg


ヘッドライトは、LS系。つまり、ツブツブLEDではなく、LSDと同じシームレスな光り方をするLED。
そして、3眼LEDもNXやRCF系のような固定式ではなく、AFS機能があり、コストがかかっています。
th_DSC00978.jpg

テールランプもL字型へ。結構細かくキラキラ光っていて綺麗でした。
th_DSC00956.jpg

座れます(笑) 便利!
th_DSC00957.jpg

しかも、なんとイージークローザーがついていました。
しかし、前後ドアにはイージークローザーがつかない・・・残念!
th_DSC00958.jpg

リヤビューは写真ではいまいちかと思っていましたが、実物は迫力があり、気になりませんでした。
しかし本当に大きいですね。立体駐車場はほぼ不可能ですかね〜
th_DSC00988.jpg

新デザインのステアリング。意外に質感は普通です(笑)
RXやGSにはこれでいいと思いましたが、LXだと、もう少し質感が欲しいところ。LSとは差があります。
th_DSC01005.jpg

ポジションメモリーは運転席しかありません。海外需要はそんなもんなのでしょうか?
パワーウィンドウスイッチパネルはラメが若干入ったブラックです。
新インナードアハンドル・ドアベゼル・ドアロックノブが一新されていて目新しいです。
th_DSC01006.jpg

質感がとても良いナビ・オーディオ周り。ピアノブラックパネルと白LEDの照明が本当に綺麗です。
th_DSC00997.jpg


マクレビロゴがSDカードのスロットになっています。
クライメイトコンシェルジュボタンが目立つ位置にありますね。
th_DSC01007.jpg


メーターはとても綺麗で見やすいです。メーターバックの金属の質感がgoodですね。電圧計もありました。
th_DSC00962.jpg

12.3インチモニターはLSDやGSと違い埋め込まれていないのでとても大きく感じます。
地図とTV画面のツインモニター表示ができるなど、細かくはチェックしていませんが、純正品とは思えない(期待以上の)仕上がり。リモートタッチの操作感も非常に良いです。
th_DSC00960.jpg

リヤエンタテインメントシステムは見やすく大型のモニターがたまりません。HDMI接続にも対応。
ランクルやRXなど大型のSUVには今後必須オプションになるんでしょうね。
th_DSC00965.jpg

ブレてしまいすみません。ヘッドフォン端子・HDMI端子が見えますね。
th_DSC00993.jpg


スカッフプレート(?)はステンレスの面積が大きく、LEXUSロゴ入りのLED照明付き。
パワーシートスイッチは平凡なデザインでした。(GSやLSタイプではなく、通常車種バージョンに近い)
そしてアナログ時計の質感がかなりいいです。レクサスでは一番でしょう。
th_DSC00959.jpg


オーバーヘッドランプはNXが以降採用されているタッチ式で操作しやすいです。
サングラスホルダーも装備。
th_DSC01010.jpg


バニティライトも新デザインに。これはLXだけなのか?これから変更されるのでしょうか?
th_DSC01011.jpg

この辺の質感の高さはLSと同等以上。GSや新型RXと比べても圧倒的に質感や素材の良さが感じられます。
th_DSC00969.jpg

シートの質感、レザーの厚み、アームレストの高級感などもLS譲り。他のモデルとはかなり差があります。
th_DSC00964.jpg

皆さん気になるであろうクールボックス。便利そうです。スイッチもついています。
th_DSC00963.jpg

ドアカーテシもLSと同じでLED。パーツも同一と思われます。(RXではカーテシはLEDではない模様)
th_DSC00986.jpg

室内で気になったのは、リヤの照明。ここだけ結構チープです。
th_DSC00991.jpg


新デザインのホイールセンターキャップ。ホイールは標準の20インチ仕様でした。
th_DSC00953.jpg

大迫力のステップ。カスタマイズのし甲斐がありそうです。一部が光るはずですが昼間なので確認できず。
th_DSC00989.jpg

リヤシーケンシャルターンシグナルランプ(ウィンカー)はRXと同じでツブツブLED。
視認性は非常に高いです。 フロント用みたいにシームレスな光らせ方にはできないのかなぁ。
th_DSC00973.jpg


価格もサイズも現実的ではありませんが、既にかなりの人気を集めているとのこと。
ランクル200との価格差はかなりありますがエンジン以外にも質感は相当な差があると思われますので、気になる方はお早めのチェックが良さそうです。(既に年内納車枠はほぼなく、2月〜3月頃とか?)
今後、RCFなどとともにショールームでの華になりそうですね。
th_DSC00979.jpg

次の土日には六本木ヒルズに展示されるとのことなので、関東近郊の方はヒルズ(大屋根プラザ)で要チェックです!

あ、RX・・・バージョンL・ノーブルブラウン本革・レーザーカット本杢を見たい方はぜひモリパークへ!
NXデビュー時には及ばないと思いますが、RXの注目度もとても高いです!
th_DSC01012.jpg

セレクタブルカラートリムホイールかっこいいです。(写真より断然いいです)
th_DSC00947.jpg

モリパークアウトドアヴィレッジ、八王子ICからも15分〜20分ぐらいなので小ドライブにもいい感じです!
展示期間・時間にはご注意ください!
https://www.facebook.com/outdoorvillage

2015年08月14日

ついにお披露目!レクサス LX570 & GS200t!

お盆期間、みなさまいかにお過ごしでしょうか。
私も本日午後からようやくお盆休み・・・東京から離れますので、数日間更新はお休み予定です。

そして、ついに北米でお披露目された、レクサスLX570、GS200t。
日本では第2世代となるレクサスGSは、2011年にペブルビーチで正式発表。
それから約4年、いよいよマイナーチェンジモデルのお披露目。
Lexus-GS_200t_2016_1600x1200_wallpaper_02.jpg

コンセプトモデルに近い形で登場、個人的にはGSFよりもこちらのほうが好きなデザインです。
「ソニックシルバー」のF SPORTモデルは、コンセプトモデルにかなり近くなる予感!
ph3.jpg
日本に置き換えると、「GS200t バージョンL」(3眼LEDヘッドランプはお披露目なし)が公開されましたが、現時点では日本国内では商標登録はなされているものの、GS200tの本年の発売はない予定です。1年後の追加はありそうですが・・・
10月1日発表予定とされる、「クラウン アスリート ターボ」の反響をみて日本導入も検討ということかもしれません。HVはモデルはまだしも、このクラスの4気筒エンジンへの搭載はまだまだ抵抗感があるのでは、との声もあります。

サイドからみると、ホイールも変更なし、ドアミラー・ドアハンドルも従来どおりということで、目新しさがありません。(テールランプサイドの赤色LEDは日本では装備されません)
15-08-13-2016-lexus-gs-exterior-00002.jpg

インテリアは、ステアリングの意匠が変更され、RS、RX、LXと同じ形状となりました。
スポーティ感は少し失われており、ラグジュアリークラス用のステアリングという印象。
GSFで公開されているとおり、目立ったところでは室内はリモートタッチが変更されたぐらいであまり変化はなく、ちょっと残念です。
Lexus-GS_200t_2016_1600x1200_wallpaper_0a.jpg

テールランプはGSFでお披露目済ですが、HS250hのようなクリアレンズになっており、高級感という点では、かなり好みがわかれそうです。リヤウィンカーはようやくLEDされており、またランプの全体的な配置変更により、LEDリヤフォグランプが両側に配置されているようです。
99bd973c.jpg

ナビゲーションシステムはLXやRXのような新型へ移行されるかどうか不明でしたが、画面を見る限り、新型へアップデートされる模様。アイコンやメニュー構成も一新され、レクサスナビゲーションとしては、2005年発売以降、最大の大型アップデートといえます。
同時に、地図のワイド表示もできると思いますので、かなり使い勝手は良くなりそうです。
リモートタッチには、「決定」ボタンの他、「戻る」ボタンが追加されますので、画面の構成も変更されるようで、ようやくリモートタッチの「完成形」が登場です。(NXとRCのタッチパッドは黒歴史になりそうですw)
Lexus-GS_200t_2016_1600x1200_wallpaper_0f.jpg


一方、LX570は同等たるフォルム。
NXやRXのデザインを受け継ぎながらも堂々とした、高級感あふれるデザインで、街なかで見かけると相当なインパクトがありそうです。そして、(価格が)高そうです!
生理的に受け付けない方も多いようですが、私的には最近のレクサスSUVはどれもカッコいいと素直に思います。
Lexus-LX_570_2016_1600x1200_wallpaper_01.jpg

インパクトあるフロントに比べるとリヤはわかりやすいデザインで、好みが分かれそうですねぇ。
カクカクしていますね。リアアンダー部分はなかなか面白いデザインだと思います。
Lexus-LX_570_2016_1600x1200_wallpaper_04.jpg

内装はずいぶん変わり、ビッグマイナーチェンジといわれていますが、期中では異例の電動パーキングブレーキを採用!
また、レクサス初の、「ピアノブラック塗装」のオーディオパネルも美しいです。室内イルミも映えますね。
(他メーカーの「ピアノブラック”調”」やクリアブラック塗装とは深みが全然違うという噂です)
Lexus-LX_570_2016_1024x768_wallpaper_23.jpg


アナログクロックはLSを超え一番高品質に見えます。もちろんGPS連動。
LEXUSロゴが光っているのでしょうか?綺麗です。
スイッチの周囲から漏れるイルミの光がいい感じですね。
Lexus-LX_570_2016_1600x1200_wallpaper_18.jpg

フロントコントロールパネルは「LS」ライクな高級感ある仕様となっており、また旧型で採用されていたサイドブレーキが電動パーキングブレーキに換装されています。
シフトノブは「LS」と共有と思われ、この点からも最高級SUVとしての違いが演出されています。
ドライブモードセレクトスイッチの隣にあるダイヤルは、初登場の「マルチテレインセレクト」モードセレクトスイッチです。そのほか、レバー式の「トランスファースイッチ」、「車高切り替えスイッチ」も備わっています。
15-08-13-2016-lexus-lx-interior-00006.jpg

リヤのおもてなし、セカンドシーターヒートコントロールパネルもバッチリ。
高級SUVにふさわしく、リヤのシートベンチレーション(コンフォータブルエアシート)も装備。
Lexus-LX_570_2016_1024x768_wallpaper_1b.jpg

LXや570、日本でその姿を見るのが楽しみです。
15-08-13-2016-lexus-lx-exterior-00015.jpg

2015年08月13日

レクサスLX570 まもなくお披露目?

このファンブログ、サムネイル画像が小さいのが悩みでしたが、ようやく大きくする方法がわかったので画像サイズを大きくしたいと思います(笑)
また、簡易的な「検索キーワード」機能もあるのですが、最近は「LX」や「LX570」でたどり着く方が増えているので、あまり詳しくないですが今回はLXネタを。

既に海外サイトではスクープされていて、responseなどでも取り上げられているので今更感はありますが、「LX570」はビッグマイナーチェンジといえるすごい変わりようです。
近々、GS350/450hとともに正式にお披露目されるようです。

15-08-10-lexus-lx-2016-full-1.jpg

いよいよい日本でもお盆明けの8月20日には発表されるはずなのですが、PRは相当控えめという事前情報どおり、なかなか情報が伝わってきていませんね。

販売店には、7月頃にはスタッフマニュアルがGSFやRXとは別便で配布されており、密かなプロモーション活動が行われており、販売店にもよりますが、既に年内納車枠はない店舗多いという噂。

驚きなのは、JC08モード燃費 が6.5km/Lという驚異的な数値(笑) 
このご時世にこんな車を出せるのはHV・PHVでクレジットを稼いでいるトヨタ・レクサスならではですね。
(もちろんアイドリングストップ装置はなし)

意外なことに新型「RX」よりも先行して導入される装備も多くて、高価すぎるモデルではありますが、いろんな意味で楽しみな車種です。
RXの展示が始まり話題となっていますが、遠方の方はまず「LX」でRXより先行して採用される装備を確認するのも良いかもしれません。

・流れるウィンカー(LED点灯式シーケンシャルターンシグナルランプ)
・Lexus Safety System+
・新型の12.3インチモニター&ナビゲーションシステム
・大型のフルカラーヘッドアップディスプレイ
・11.6インチのリヤシートエンターテインメントシステム  など

なお、安全装備では、レーンキーピングアシスト(LKA)は備わらず、「レーンディパーチャーアラート」(LDA)ですが、ブザーに加え、ステアリング振動が加わり、さらに休憩を促すディスプレイ表示がくわわるなど、トヨタ・レクサスのLDAでは最も進んだ制御となっています。
(NXのようなステアリング制御はないとのこと)
しかし、LDAという同じ名称にもかかわらず車種により制御が全然違うのはわかりづらいですね・・・
(IS,RCに搭載されているのが最も簡易的なLDAです)

フルLEDヘッドライトについては、先進のアダプティブハイビームシステム(AHS)が備わりますが、新型RXのような最新型の「LED点消灯式AHS」ではなく、インテリジェントAFSの機能を利用し光軸を調整する方式とのことです。ただし、RXと違いAHSのが標準装備なのはさすがのフラッグシップSUV。(RXの「AHS」機能はメーカーオプション)

単一グレード、ほとんどフル装備、らくらく1000万超え、そもそも保管スペースの問題ということもあり、所有できる方もかなり限定されますし、リセールバリューもすこぶる高そうです。

展示車・試乗車は9月以降とのことで、今しばらく待たねばならないようですが、密かにRXのお披露目会で、RXやNXと並んでLXも展示して欲しいです。
レクサスLSのモデルチェンジはもう少し先(2017年以降)になりそうなので、現時点ではもっともラグジュアリーで先進装備を身にまとったのがLXといえるでしょうから、ぜひその質感を確かめてみたいですね〜
(ただ、フルモデルチェンジではないので、電動パーキングブレーキの採用はない模様)
訂正……電動パーキングブレーキ採用でした。トヨタ、レクサスではフルモデルチェンジ待たずに採用ははじめてです!

15-08-10-lexus-lx-2016-full-4-2.jpg

2015年08月06日

LEXUS RX200t プロトタイプ展示開始!

本日は年次改良された、LEXUS CT200hの発表と、ガンダム新聞(朝日新聞)の発売(笑)
そして、ついに登場、LEXUS 新型RXの国内展示が開催!

といっても東京地方での展示は少し先になり、まずはお膝元の名古屋ミッドランドスクエアから!
「RX200t F SPORT」(ホワイトノーヴァ)
しかも、同じホワイト系のNXのも展示されているということで、NXのとの比較もできるという太っ腹!
rx200t.jpg

NXは、クオーツホワイトのNX200t のようです。
nx200t.jpg

東京・関東エリアは 青山ギャラリーが8月21日から、高輪ギャラリーが8月24日からでもうしばらく待つ必要がありますね。実物を見るまで印鑑が押せないという方は名古屋にいっちゃいますか?
(ホワイトのボディなので、写真と実物はずいぶん違って見えると思います)

今回は、NXやRCと同様に東京・名古屋以外でも展示会が行われるとのことで、結構気合入ってます!
(金沢・広島・仙台あたりは初?)
http://lexus.jp/cp/suvlineup/index.html

2015年07月26日

新型レクサスRXの価格は?

現在、北海道旅行中のためしばらくブログ更新を停止…
の予定だったのですが、RXの価格が確定したのでブログアップを。
016.jpg
新型RX450h ベースグレード 602.5万円
新型RX200t ベースグレード 495万円

それぞれ、
AWDは26万円プラス
バージョンLは100万円プラス
Fスポーツは110万円プラス(AWDの価格含む)
電動アクティブスタビライザー 30万円(450Fスポーツ強制装備)

という感じで非常にわかりやすい価格となっていますが、
ベースグレードとそれ以外の差が大きくて中間グレードversion.Iが欲しい印象です。

帰宅したらぜひ現行モデルとの比較をしてみたいですね。
先進装備、安全装備、エンジン、内外装ともに、レクサスの第3世代とも言える変化なので、SUV系には抵抗がある方も要チェックなモデルですね!

より詳しい情報はワンダー速報で!
http://drumsyos.blog.fc2.com

2015年07月21日

LEXUS LX570!

LEXUSから8月に発売されるLX570、海外メディアでの画像リークですがこの通りの仕様で日本でも発売するようですね。
15-06-15-lexus-lx-2016-hero-image.jpg

時折お問い合わせをいただくこともあるのですが、自分自身、SUV系はさっぱりわかりません。
とりあえず予想スペック的には以下のような感じでしょうか。まさにLSとのSUV版という感じ?

意外にもRXより先行導入される機能が多いようなので、新型RXを検討されている方は、LXを見ておくと参考になるかもしれませんね。

<推定装備>
・V8 5.7Lエンジン(3UR-FE)最大トルクは3200回転で534N/m程度
  *アイドリングストップ機構はなしと思われる
・8速AT (8Super ECT…非SPDS)
・4WD&マルチテレインセレクト(車高調整機能あり)
・ボディーカラー7色 新色はRXと同様、「ディープブルーマイカ」(8X5)
・インテリアカラー5色 新色は「サンフレアブラウン」 
・オーナメントパネルは2種類(ウォールナット、縞杢)
・グレードは1つのみか?(F SPORTやver.Lはなし?)
・3眼フルLEDヘッドランプ採用
・シーケンシャルターンシグナルランプ(流れるウィンカー)*RXより先行採用
・LEDコーナリングランプ&LEDコーナリングフォグランプ
・センタークラスターパネル ピアノブラック仕上げ *レクサス初
・アナログクロック(GPS連動)
・12.3インチ 新世代ナビゲーションシステム *RXより先行採用
・大型フルカラーヘッドアップディスプレイ *RXより先行採用
・ドアトリムアンビエントイルミネーション
・LEXUS Safety System+(PCS+LDA+AHS+ACC)*LDAは振動機能付き
・BSM+RCTA
・クロールコントロール
・ギヤ比可変ステアリング(VGRS)
・ドライブモードセレクト カスタムモード搭載 *レクサス初
・マルチテレインモニター(4カメラ)
・レクサスクライメイトコンシェルジュ
・4席独立温度調整エアコン
・セカンドシートヒーターコントロールパネル
・コンフォータブルエアシート(セカンドシート対応)
・【MOP】リヤシートエンターテインメントシステム(11.6インチ、HDMI端子装備)
・【MOP】マークレビンソンリファレンスサラウンドシステム(19スピーカー)

海外サイトのスクープ写真ですが、日本仕様もほぼ同等で、目新しさはあまりありませんが、質感の高さは伝わりますね。
th_15-07-06-lexus-lx-2016-center-stack.jpg

装備面(マクレビリファレンスやピアノブラック仕上げのオーディオパネル、VGRS、豪華ドアトリム・ダッシュボードの造り、セカンドシートのコンフォータブルエアシート採用など)では、LEXUS GSを超えており、LSのSUV版にふさわしいスペックで、相当高額なモデルになりそうです。グレード体系が不明ですが、単一グレードだとすると、価格的にはLS460を超えて1,000万円を越してくるのでしょう。(北米でも83,000ドル〜ですし…)
また、幅も198cm程度あるようで、展示車・試乗車を配置できる店舗も駐車スペースも限られるかもしれません。

この車が発売されると、いよいよセダン系が主流だったレクサスの流れが変わる感じですね。
新型RXとも車格が1ランクあがり、GSに近くなったイメージですし、NX、RX、LXという魅力あるモデル構成で、これで、NXの下にもうひとつ300万円代後半のスモールタイプのSUVモデルがあれば、日本でも「レクサス=SUV」という時代が来るのかも?

2015年07月04日

新型LEXUS RX とNXの装備の相違点予想。

レクサスIS200tの見積が一部ディーラーで開始されているようですね。
発売は7月23日に確定とのことで、初期納車希望の方はそろそろディーラーを訪問されるのがよいでしょうね。

さて、久しぶりのLEXUS 新型 RX について、未だに大人気の LEXUS NXにはない装備の予想一覧をリストアップしてみました。
NXはとても先進的で内外装ともに魅力的で素晴らしい車と思いますが、装備的に物足りなさを感じる方もいらっしゃると思います。RXではそのような不満を埋めるべく、装備が強化されていると思われます。


<外装>
・LEDシーケンシャルターンシグナルランプ(前後)
・セレクタブルカラートリムホイール
・純正20インチホイール
・タッチレスパワーバックドア
・サウンドジェネレーター
・電動アクティブスタビライザー


<内装>
・ドアトリム/助手席前アンビエントイルミネーション
・F SPORT専用TFT液晶スピードメーター
・インテリアパネル(レーザーカット本杢、本アルミ、ウォールナット)
・12.3インチワイドディスプレイ
・アルミ削り出しオーディオノブ
・セミアニリン本革シート(ブラック、ダークローズ、ホワイト)
・10way運転席・助手席パワーシート
・助手席ポジションメモリー
・リヤシートヒーター
・レクサスクライメイトコンシェルジュ
・リヤエンターテイメントシステム
・リヤドアサンシェード(手動)
・パノラマルーフ(チルト&スライド式)*NXは固定式
・ドアスカッフプレート*NXはDOP

<安全装備>
・VDIM
・Lexus Safety System+
 ・レーンキーピングアシスト(LKA)
 ・アダプティブハイビームシステム[LED点消灯式](AHS)
・高輝度LED化コーナリングランプ
・インテリジェントクリランスソナー
・リアクロストラフィックアラート(RCTA)
・リアクロストラフィックアラートブレーキ(RCTAB)
・ITS Connect
・パノラミックビューモニター(シースルービュー機能)*NXにはシースルー機能なし


<レクサス初>
・ワイドサイズフルカラーヘッドアップディスプレイ
・ワイドサイズナビゲーション表示
・ロック/ノブレスドアオープナー
・タッチレスパワーバックドア
・インテリジェントクリランスソナー
・高輝度LED化コーナリングランプ
・ITS Connect
・リアクロストラフィックアラートブレーキ(RCTAB)
・パノラマルーフ(チルト&スライド式)
・パノラミックビューモニター(シースルービュー機能)

今日の空き時間は、センターコンソール照明のギミックを作ってました(笑)
RC系は照明が少ないので夜間は本当に暗いんですよねぇ。
とくに、実用的にもセンターコンソール照明はマイナーチェンジでぜひ装備して欲しいものです。
仕組みは、みんカラのお友達の整備手帳をそのまま実践しただけですが、こんなところにマグネットスイッチを仕込むことで、開けた時だけLED照明が点灯する仕組みが構築できます。
th_DSC08609.jpg

パーツを一部外して、マグネットスイッチ(長方形のマグネット)を仕込みます。
DSC08612.JPG

開閉のノブ部分をアルカンターラ近似素材(ラムース)を貼り付け。隠れるので端っこの処理は適当でok。
DSC08613.JPG

あとは車両に取り付けるだけです。

2015年06月20日

LEXUS 新型 RX F SPORTの魅力は?

LEXUSの新型RXでもやはりF SPORTの人気は高いと思われます。
特に、NXやRCでは大多数の方がF SPORTのようにも思えます。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_0b.jpg
今回はRXでのF SPORT専用装備を予想してみたいと思います。

・F SPORT専用アルミホイール(20インチ・ダークメタリック塗装)
・F SPORT専用TFT液晶メーター
・F SPORT専用ディンプル本革ステアリング&シフトノブ
・F SPORT専用オーナメントパネル(本アルミ)
・F SPORT専用スピンドルグリル&フロントロアバンパーモール
・F SPORT専用リヤロアバンパーモール(200tのみ)
・F SPORT専用エンブレム(ステアリング、フェンダー
・専用ブラック塗装ドアミラー
・専用表皮発泡一体型スポーツシート(ダークローズ、ホワイト、ブラック)
・アルミペダル&フットレスト
・スカッフプレート(ステンレス製LEXUSブラックロゴ)
・タイヤ空気圧ウォーニング(マルチインフォメーションディスプレイ表示)
・ボディーカラー ホワイトノーヴァガラスフレーク

さらに、450hの場合は
・「電動アクティブスタビライザー」が追加
・サウンドジェネレーター
が追加されます。


なお、F SPORTには、NXと同様多数のメーカーオプションが準備されており、ver.Lに近い装備にすることが可能と思われます。

ver.Lで標準装備されているものの中で、F SPORTのメーカーオプション予想
・リヤシートヒーター
・リヤパワーシート
・RCTA&RCTAB(リヤクロストラフィックアラート&オートブレーキ)
・BSM(ブラインドスポットモニター)
・パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付き)

NXと同様、RXもF SPORTを選択すると外観が結構変わりますので人気が集まりそうですが、他モデルと同様、前後バンパーの換装などでコストをかければ外観変更も可能と思われます。
換装が困難なのは専用の「TFT液晶メーター」、「スポーツシート」450の場合は「電動アクティブスタビライザー」というところでしょうか。
ただ、スポーツシートは乗り込み時に座面の端が盛り上がっているので、腰を浮かせるようにしないとすぐシートが傷やシワだらけになってしまうなど難点もあります。

450F SPORTは電動アクティブスタビライザーが標準装備となり、このグレードについては他モデルより30万円程度高い設定となると思われますが、どれほどの効果があるのかも楽しみです。

イメージ474.jpg

2015年06月18日

新型LEXUS RX ver.L or F−sport?

10月に発売される、新型RXでは、NXでの反省?を生かし、ver.Lと Fスポーツの差別化がなされている模様。
ここ最近のレクサス車は、ver.Lならではの特徴があまり目立たず、Fスポーツにメーカーオプションを選択してver.Lと同等以上のスペックになることが多かったですが、新型RXは迷いそうです。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_17.jpg

ver.L専用装備(予想)

・セミアニリン本革シート
・オーナメントパネル(縞杢、バンブー、ウォールナット)
・助手席シートポジションメモリー
・運転席・助手席10wayパワーシート
・イルミネーション付ドアスカッフプレート(DOPありの模様)
・リヤシートエンターテインメントシステム(メーカーオプション)
・ノイズリダクションホイール(20インチ)(メーカーオプション)
・駆動方式(前輪駆動 FF)*AWDも選択可能

上記の装備は、メーカーオプションでもF−SPORTには装着不可能です。
(スカッフイルミはディーラーオプションがあるようです。)
特に、セミアニリン本革シート、助手席シートポジションメモリー、リヤシートエンタテイントシステムの存在は大きいですね。
なお、今回のRX専用内装色である、ノーブルブラウン、リッチクリームはver.Lでしか選べないようです。
また、F−SPORTは全車AWDですが、ver.Lは前輪駆動(FF)も選択可能の模様です。

なお、目標燃費値はRX450では17.6km/h前後、RX200tでは11.2km/h(AWD=11.0km/h)となっており、こちらは若干期待値を下回るという印象です。
ただ、450hに関しては、エンジンが刷新され、動力性能がアップしているにもかかわらず燃費が向上している点については喜ばしいことなのだと思います。

一方、RX200tと同型のエンジンを搭載する、NX200tでは、12.8km/h(AWD=12.4km/h)ですから、結構違いますね。

2015年06月14日

解禁?新型 LEXUS RX (RX450h・RX200t)

6月12日以降、販売店に新型車の情報が届いており、ついに日本における新型 レクサス RXの情報が明らかになった模様です。SUV系はもともとあまり詳しくありませんので、あくまで妄想ということで。

Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_09.jpg

1)発売は10月20日前後。(10/22)

2)ラインナップはRX450h、RX200t。 (RX350は日本では未設定)
  450hのエンジンは新開発された、「2GR-FXS」に進化。燃費、パワー共に向上。

3)グレードは、ベース、ver.L、F-SPORTの3グレード。エアサスペンションモデルは消滅の模様。

4)ボディカラーは全10色。 
  現時点のRX専用カラーとして、ディープブルーマイカ(8X5)を新設定。

5)内装カラー、黒茶系「ノーブルブラウン」、 乳白色系の「リッチクリーム」をver.Lに設定。
  なお、セミアニリン本革はver.L専用となり、差別化が図られている。
  Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_0e.jpg

6)F-SPORTの内装カラーに「ホワイト」を新設定。定番のブラック、ダークローズとあわせ3種類。
イメージ443.jpg

7)オーナメントパネルなんと6種類!注目は、「レーザーカット本杢」!(ver.LとF)
  Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_10.jpg

8)流れるウィンカーを初設定 (シーケンシャルターンシグナルランプ)
イメージ434.jpg

9)ホイールは全5種類。(写真はFスポ用)なお、ver.LにはノイズリダクションホイールもOP設定。
イメージ452.jpg

10)リヤウィンカーも待望のLED化&シーケンシャルターンシグナルランプ採用
イメージ459.jpg

11)最大サイズフルカラー ヘッドアップディスプレイ(HUD)
  ほぼ全車に標準装備。大きさはヨコ24cm、縦9cmの大型サイズ。
イメージ468.jpg

12)新世代 ナビゲーションシステム(12.3インチ)
  ワイド地図画面表示が可能な、現時点でレクサス最新のSDナビゲーションシステムを採用。
  Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_12.jpg

13)電動アクテイブスタビライザー(450h−F専用)
  消滅が噂されていた電動アクティブスタビを継続採用。

14)タッチレスパワーバックドア を標準採用
  日本車では初ですかね? この種の装備は欧州車では「足」で動作させるタイプですが、レクサスは手のひらをかざす方式。両手がふさがっている時に欲しい装備なので、あまり意味がないような?
  イメージ407.jpg

15)レクサスセーフティシステム+ を標準装備
  (PCS+LKA+AHB+ACC) 
レーンキーピングアシスト、全車速追従型レーダークルーズコンントロールシステムをRXとしては初設定。
オートマチックハイビームは単機能タイプで、アダプティブ化は別途OP。
ニュースリリース通り、「ブラインドスポットモニター」(BSM)は別系統として統合システムには含まれない。

16)ITSコネクト をトヨタ初採用。(全車OP)
  DSSSの進化型。東京都と愛知県にしか設置されていないシステム。普及しないでしょうね。

17)電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド 
  2016年のハイグレード車としては当然採用。

18)リヤクロストラフィックアラート(RCTA)にオートブレーキ機能 
  誤作動しそうで怖いですが、確かに便利そう。

19)リヤシートヒーター&リヤパワーシート (ver.L標準、Fにop)
イメージ450.jpg

20)リヤエンターテインメントシステム (ver.Lにop)
 11.6インチという超巨大サイズ。ver.L専用のため、Fスポ人気が分散されそうです。
Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_14.jpg

21)パノラマルーフ ついに可動式に!
 うらやましいです。セダンにも設定して欲しいです。(できれば樹脂で軽量化して・・・)

22)パノラミックビューモニター&シースルービュー (ver.L標準、Fにop)
 SUV系やミニバン系には定番装備になりつつありますね。

23)新意匠のステアリング、インナードアハンドル(ドアロックノブレス)、ドアベゼル、メッキ加飾付パワーウィンドウスイッチ、昇降式カップホルダーなど第3世代(?)レクサスの内装を採用。
イメージ444.jpg

24)レクサスクライメイトコンシェルジュ
空調やコンフォータブルエアシートの採用など、地味ながら非常に快適な装備。
従来ならこれはGS以上の装備のハズですが・・・RXに採用とは驚きました。

びっくりするような進化はありませんが、トヨタ車の利便性や機能も惜しまず取り入れ、最新の安全装備や快適装備を導入するなど、NXの存在があるがゆえに、ワンランク上の装備の高級車に正常進化したという印象で、旧RXからの進化具合が非常に大きいと感じます。

また、価格については、想定以上に「標準装備」が多いので結構アップしそうです。NXとの価格差が接近してきたので、+40〜50万円程度は上乗せしてくるのではないでしょうか。
現行RXとの違いは時間ががあればアップしてみようと思います。
(詳細は「ワンダー速報」さんが詳細にアップしてくださると思います!)

次回はGSFについてでしょうか?

2015年05月24日

New Lexus RX 公式動画〜インテリアが素敵

(5/25画像一部追加
RXのインテリアを中心とした公式動画がYoutubeにアップロードされていますが、内外装ともとても素敵な仕上がりですね。
The All-New Lexus RX - Insights from the chief designer
イメージ473.jpg

RX 「F SPORT」専用のインフォメーションディスプレイ。 F SPORTロゴがカッコイイですね。
イメージ474.jpg

フルカラー式のワイド型ヘッドアップディスプレイがやたらとPRされているので、もしかすると標準装備の可能性ありますね。(おそらく標準装備)現在のRXやHSのHUDと比べると隔世の感があります。

ナビゲーションは、大刷新されていて、新型GS以降が第2世代とすると、ついに第3世代へ突入。
画面サイズは明らかにされていない(と思う)のですが、BMWのようなワイド型で12.3インチよりは小さく、10インチ程度でしょうか?
⇒訂正 12.3インチで確定です。
(北米標準は8インチ、ナビゲーションパッケージを選択すると12.3インチとなる模様)
イメージ470.jpg

ずいぶんグラフィカルになっていて、ボタン配置なども含めワイド画面が前提のレイアウトになっており、今までのレクサスナビゲーションとは明らかに異なります。
イメージ469.jpg

インテリアの質感がいいですね。アナログクロックの光り方も凝っていますね。(オーディオノブと、ドライブセレクトモードスイッチは今一つのように感じますが)
イメージ476.jpg

ミラーはRCで採用されたフレームレスタイプとなっています。もちろん、ルーム照明はタッチセンサー式。
イメージ479.jpg

Ver.L仕様は、運転席のシート長さ(前後)が変更できるようです。これ、かなり便利なんですよね!
F-SPORTとの差別化を図っているようです。
イメージ480.jpg

ver.L仕様?のホイールのカラー式オーナメントパネルも面白い。ホイールに違う素材を組み合わせるのは、先代GS450hでもありましたね。
イメージ475.jpg

新型RXはサイドからの眺めに関して、のびやかでずんぐりむっくり感がなく、とてもスタイリッシュなSUVと思います。
イメージ471.jpg


2015年04月21日

レクサスES発表! 同期時の新型「RX」との違いを見てみる

中国のモーターショーでレクサスESが発表されましたね。
今秋発売とされる、「GS」と同様、マイナーチェンジ扱いと思われるので劇的な変化はありませんが、見た目はずいぶん評価が分かれそうです。

新型ESについて、同時期に発売される「RX」との違いに注目してみました。
Lexus-ES_2016_1024x768_wallpaper_0b.jpg

まずは、ステアリング。
こちらは「RX」と同様、新デザインになっています。「GSF」はNXやRC系と同じデザインでしたが、ESやRXは新デザインになっていますね。つまり、ステアリングについては「セダン系」・「SUV系」の使い分けはされないということですね。

■ポジションメモリー
ESは上級グレードの場合、助手席側にもメモリースイッチが装着されていることから、LS、GS、ESはアッパークラスとして位置づけられているようです。
助手席のシート内側には運転席からも操作できるスイッチもありますね。

■リモートタッチ
GSF、RXと同様、サイドに決定(ENTER)ボタンが採用されています。

■シフトノブ
IS、RC、RXと同様のシフトノブを採用。スポーティになりました。


一方、不採用なものは・・・
■電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド
 →やはり「トヨタ」ということもあり、フルモデルチェンジ以外での「機構変更」を伴う改良はありませんね…ISやRCで電動パーキングブレーキ&ブレーキホールドが採用されるのはずっと先になりそうです。

■インサイドドアハンドル&ドアベゼル
 →旧タイプを継続採用。ただし、GSタイプではなく、IS,NX.RCタイプを採用。

■ナビゲーション(8インチ)
 →一見大画面っぽいですが、従来通り8インチを継続。やはりレクサスの場合は、フルモデルチェンジ以外での機構変更を伴う改良はありませんね。

外装に関しては・・・
Lexus-ES_2016_1024x768_wallpaper_01.jpg
・ドアハンドル
・ドアミラー
が、旧タイプのまま。これは「GSF」も同様でしたが、フルモデルチェンジを待たないと外装パーツを変更しないということなのでしょう。なお、ドアミラーに関しては、「RC」が旧タイプのままということもあり、SUV系の[NX」「RX」が新ドアミラー、セダン系は旧ドアミラーを継続、ということも考えられます。
(つまり、セダン系とSUV系でドアミラーのデザインが異なる)

ヘッドライトは大きく印象が異なりますが、残念ながら3眼LEDヘッドランプやLEDウィンカーは不採用の模様。GSFではフルLEDランプになっている感じでしたが・・・
Lexus-ES_2016_1024x768_wallpaper_0f.jpg

リヤビューですが、テールランプは「RC」ライクでもあり、光りかたも含めなかなかかっこいいと思いました。なお、ライトの意匠変更があったにもかかわらず、残念ながら「リヤウィンカー」は電球のままのようで手が入っていません。
Lexus-ES_2016_1024x768_wallpaper_05.jpg

さて、公開された数点の写真からは、新型レクサスRX (RX450h、RX350、RX200t)に関しては、レクサスNXからさらに進化した、第3世代のレクサスモデルとなっているようです。

勝手に「第3世代」の装備を私的に定義づけると・・・

・前後フルLEDランプ&前後LEDウィンカー
・Lexus Safety System +
・全車速追従型レーダークルーズコントロール
・フルカラー式ヘッドアップディスプレイ(HUD)
・電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド
・ブラインドスポットモニター(BSM)&リヤクロストラフィックアラート(RCTA)
・F-SPORT系に大型液晶メーター
・新デザインのアウタードアハンドル&アウトサイドドアハンドル照明
・タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
・リモートタッチ(リターンボタン&サイドENTERボタン)
・ナビ画面サイズはワイドサイズで10インチ以上
・新デザインのインナードアハンドル&ドアベゼル
・新デザインのドアロックノブ
・パワーウィンドゥスイッチにメッキ加飾

という感じでしょうか?

ESの日本導入はまだまだ先かもしれませんが、新型RXでは最新のレクサステクノロジーに触れることができそうで、楽しみです。

2015年04月12日

LEXUS  新型 RX 流れるウィンカー!& 内装その2

日本では10月頃発売予定の新型 レクサス RXですが、ニューヨークショーの動画サイトでの投稿動画などから詳細な情報がいくつかわかりました。
イメージ454.jpg

まずは、日本車初といわれる、流れるウィンカーですが、やはり搭載されていました。
根元部分から外側に向けて光ります。(右側が明るいですね)
イメージ434.jpg

そして、そのあと左側に流れていきます。シームレスでとてもきれいです。
イメージ433.jpg

リヤウィンカーも流れます。(リヤはツブツブのLEDで、フロントとは感じが違いますが・・・)
イメージ456.jpg

イメージ459.jpg

イメージ458.jpg
ウィンカーの特徴ですが、RCやNXのようなツブツブ感の強いウィンカーではなく、レクサスLSやアウディの最新車のようにライン状でシームレスに発光しているようにみえ、とてもきれいです。
イメージ436.jpg
興味のある方はぜひ動画サイトで確認されてはいかがでしょうか。




内装面では嬉しい点も。
第2世代のレクサスでは内装のコストダウンが目立ち、特にドアトリムの下部に関しては、あのレクサスGSですらコダワリの開閉式ドアポケットが廃止となり、ドアトリム一体成型のハード樹脂となり、質感が乏しくなっていましたが、RXでは引き続き大型の引き出し式のドアポケットを採用。また、シルバー調のスピーカーリングも備えています。
イメージ443.jpg

似たカットですが、スカッフプレートも。NXと同じで室内側にステンレスプレートが配置されています。
個人的には違和感がありますが・・・(ドアを閉めても見えるので)
なお、ステップ側にはNXでは廃止された、樹脂のプレートが設置されています。(でもここはステンレスが欲しいなあ・・・)
イメージ441.jpg

運転席側ドアトリム上部は上質な仕上がりです。
スピーカーリングのメッキ加飾にくわえ、レクサス初の新型ドアロックノブ&ドアハンドル。
ポジションメモリースイッチが運転席側にしかないのは残念ですが、北米ってそうなんですかねぇ。
パワーウィンドゥスイッチパネルがないのも斬新です。
イメージ444.jpg


後席には、手動のサンブラインドも装備。GSクラスみたいですね〜
イメージ448.jpg

電動可倒シートのスイッチは後席シート下部に。実用的ですね。
イメージ450.jpg

F-SPORTでも「リヤシートヒーター」が装備されるのは嬉しいです。
何気にレクサス車ではリヤシートヒーター設定車種が少ないですよね。
後席エアコンパネル周辺の質感が乏しいのはGSクラスとの差別化か。
(version.Lではこのパネルに、リアエンタテイメント関係のシステムが装備される模様)
イメージ449.jpg

NX、RCに続きタッチセンサー式のフルLEDルームランプ。
RXで備わっていた、「シフトレバー照明」は廃止されちゃいましたね。
イメージ447.jpg

外観ではブレーキ周りは従来通りでした。
このあたりは輸入車勢が見栄えの点で立派なキャリパーやローターを備えていますが、今回のRXでは変化ないようです。ホイールが20インチなだけにブレーキ周りが弱く見えてしまいます。
イメージ452.jpg




最後はリヤアンダーですが、なんと、樹脂パネルが定番なところが、ガンメタ塗装されています。
塗装されているのはGS、LS、RCFといった車種のみでしたが、ついにRXにも・・・
これは結構手間をかけてきていますね。
イメージ453.jpg

全体的に、ボディの複雑なプレスラインやフ前後フルLEDヘッドランプの採用、外装の未塗装樹脂部分がかなり少ない(あえてのフェンダーぐらい?)など、外装の仕上がりがとてもいいですね。
うーん、これは従来のRXより価格が結構アップしそうな感じです。(例のごとく、北米ではあまり変わらず、日本では30万〜40万程度のアップか?)

しかし、RXならではの装備が今のところあまりありませんね。

〇透過式カメラ(シースルービュー)
〇LEXUS Safety System+ 
〇リヤエンタテイメントシステム
〇モーションセンサー

ぐらい?

日本での発売グレードと装備についても気になりますね〜
6月頃には全容判明でしょうか。


2015年04月03日

LEXUS 新型 RX 内装を中心に見てみた

新型レクサスRX、次は内装を中心に気になった点をレポートしてみます。

レクサスRXでは、長年全車共通だった、インナードアハンドル&ドアベゼルの意匠が変更されるようです。
新型GSやNX,RCでは樹脂に金属調塗装をしていたものを採用していましたが、あまり評判がよくないのかメッキに戻っていますね。
また、「ポジションメモリースイッチ」も変更されましたね。(NXではスイッチの位置がシート部分に変更されましたが、RXではまたこの場所に。まだまだレクサスブランドで統一がとれていませんね〜)
そして、今までの車種よりパワーウィンドウスイッチパネルが極めて小さな面積になっており、L-Texと思われる合成皮革部分が増えているのが目立ちます。
なお、助手席側ポジションメモリーはどうやら無いようで、非常に残念です。
イメージ430.jpg

ステアリングは新意匠ですが、スイッチが横長になっていて数自体も増えています。
また、パドルシフトも備わっています。
イメージ408.jpg

ヘッドアップディスプレイは、GSから採用されたフルカラー型を採用。
イメージ411.jpg


メーター内のインフォメーションディスプレイはトヨタ/レクサスでおなじみとなったTFT液晶の4.3インチタイプの模様。
BSMやLKAのオンオフも画面で切替できるようです。(物理的なスイッチもステアリングにあり)
イメージ409.jpg

アナログクロック周辺のパネルは如何にも「樹脂」という感じで、私的には残念な仕上がりです。RCで革調のシボが入っていて結構頑張っていたのですが・・・一方、時計自体はメッキリングとあわせ、なかなかいい感じ!また、時刻調整はGPS連動になっているようですね。
また、NXで不評だったオーディオノブは一定のクオリティが確保されましたね。
エアコンのダイヤル調整がパネルに埋め込まれたのはレクサス初ですかね。前ブログでコメントいただきましたが、全体的なデザインはちょっとレトロな感じがしますし、プラスチッキー感が目立っているのが惜しい。
イメージ412.jpg

ナビゲーションはBMWのようについにワイド表示ができるようになりました。
ナビシステム自体も次世代にバージョンしているものと思われます。
lexus-rx_050.jpg


センターコンソールボックス内にはUSB端子が2つとアクセサリーソケットが1つ。
イメージ429.jpg


パワーシートですが、助手席側はごく普通の8Wayタイプのようです。ただ、助手席側にもランバーサポート機能があるようですね。さすがにここはGS・LSクラスとは差がついていますね。
イメージ414.jpg

後席エアコン吹き出し口周辺などはかなりあっさりとした造り。
リヤシートヒーターと思われるスイッチがありますね!
イメージ415.jpg

NXに続き、後席電動リクライニングシートスイッチを採用。
イメージ416.jpg

さて、最後に外装を少々。
NXと同様、フォグランプだけでなく、LEDコーナリングランプらしきものも確認できます。
デザイン的にも機能的にもNXで採用されたものはすべて備えているという印象です。
イメージ419.jpg

リヤビューはなかなかカッコイイと思います。
ISやNXのような奇抜なデザインのライトではなく、オーソドックスな形状で安心感がありますが、目新しさはあまりありませんね。BMWやアウディなどでもありそうなデザインですね。
イメージ426.jpg

公開されている画像や動画を見る限り、装備自体はレクサスやトヨタの最新のものが取り入れられているようですが、内装の質感の面ではGSやLSクラスとはやはり差があるのがわかりますね。その点は「LX」などに期待でしょうか?
内装の面では、GSやRCで採用されたアンビエントイルミネーションも見受けられませんし、RXならではの新装備などは現時点では見受けられないようです。(現時点では、モーションセンサーでのラゲージオープン機能ぐらいでしょうか?)
しかし、NXで改善が望まれている点がクオリティアップしているなど、まさに「兄貴分」という印象があります。
走行面のクオリティや、ハイブリッドモデルに継続採用される「電動アクティブスタビライザー」の進化具合など、今後の情報公開が待ち遠しいですね。

2015年04月01日

登場!LEXUS 新型RX! NXに似てる?

新型レクサスRXが発表されましたね!日本発売は本年秋とアナウンス。
北米では350、450h。日本では4気筒ターボのRX200tも発表されると思われます。
しかし、外観はかなりNXにていますね。とはいえ、他ブランドでも似たようなものですが・・・(BMW X3,X5 アウディQ3,Q5など)
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_0b.jpg
第一印象は、旧型ハリアーやRXのようなゴツさがなく、スタイリッシュ。しかし、BMW X6みたないクーペライクでもなく。サイドビューやブラックアウトして浮遊感のあるクォーターピラを含むリヤビューはNXよりかっこいいと思います。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_09.jpg

外観のトピックスとしては、リヤウィンカーがついにLED化されました。
「流れるウィンカー」の日本車初採用の可能性がますます高まりました。
イメージ407.jpg

ヘッドライトはL字のポジションライトが独立しているタイプではなく、ヘッドライトと一体になり、新型GSに似ていますね。
イメージ387.jpg

フォグランプ周りはなかなか奇抜なデザインですね。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_17.jpg

外車のマネといわれようと、やはり便利な「モーションジェスチャー」機能を装備。エンブレムに手をかざすとラゲージがオープンするようです。
イメージ405.jpg

内装はかなり変わりました。当然ながら「電動パーキングブレーキ」&「ブレーキホールド」の採用。
新しい意匠のパネルは、アウディのエクスクルーシブ仕様に似てカッコイイです。(これはパクリといわれてもしょうがない?)綺麗にカーブを描いているのが美しいです。
そして、噂通り、NX・RCで評判の良くないタッチパッド式のリモートタッチ(RTI)は不採用。
RXはスペースがあるからという理由もありますが。
そしてリモートタッチのサイド部分には新型GSと同様ENTERボタンが復活。素直に喜びたいですが、結局初代HS・RX・CTのころのリモートタッチが「一番使いやすかった」ということの証明にもなりますね。
(「戻る」ボタンもあるので便利そう!)
Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_10.jpg

後席もずいぶんエンターテイメント性がアップ。高価そうなオプションです。
Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_14.jpg

F-SPORTのスピードメーターはNXで採用されなかったIS/RCに準じたのもの。
ただ、メーター自体は可動式ではなく固定式なので、どちらかといえばRCFに近いかも。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_10.jpg

運転席。ステアリングがまたまた新意匠に!最近は、コロコロかわりますね〜
ヘッドアップディスプレイ(HUD)が継続採用されていて安心!
Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_0d.jpg


ナビ画面は12.3インチ?ちょっと小さいような気もしますが・・・10インチ程度のワイド型にも見えます。
これで RX,GS,LSがアッパークラスという位置づけでしょうか。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_12.jpg

まず注目したいのは、ドアトリム上部のドアロックノブのピン? メルセデスベンツ?
あとは、センターコンソールサイドの樹脂部分の「切れ目」も注目。ここに切れ目が入っているということは?
Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_0e.jpg

後席のドアトリムの仕上がりもいい感じ。NXのようにスピーカーリングも加飾されていますね。
後席パワーウィンドウスイッチ周りの処理が今までのレクサスとは異なります。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_0e.jpg

先進装備・安全装備では、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の正式採用がアナウンスされました。
先日のトヨタ版とは違い、レーンディパーチャーアラート(LDA)は、レーンキーピングアシスト(LKA)に格上げ。そしてレーダークルーズコントロール(ACC)もパッケージングされ「全車速追従型」となることが正式発表。

なお、前方の車両光源を検出し、ヘッドランプの配光を先行車両や対抗車両に直接ハイビームを当てないよう最適な状態に切り替える「アダプティブハイビームシステム」(AHS)はオプション採用となり、新型RXでは、ついにレクサスLSとそん色ない先進装備・安全装備が設定されることになる模様です。イメージ395.jpg

2015年03月21日

まもなく登場!All-new LEXUS RX

4月公開の新型LEXUS「RX」のティザーサイトがいきなり登場!
http://www.lexus-int.com/jp/motorshow/2015-new-york.html
ついに流れるLEDウィンカー採用との噂ですが、テールランプのデザインが今時のレクサス風になっていますね。
また、今までのLEXUSにないリヤサイドガラスの意匠にも注目です。
また、ドアハンドル(おそらくドアミラーも)NX以降の新意匠ですし、従来のRXとはずいぶんイメージが異なる印象。
弟分のNXの登場により、長年いわれている、「ハリアー」からの呪縛も解かれますし、期待できますね。
15-03-20-lexus-rx-next-generation-teaser.jpg

装備面では、NX,RCで採用されたタッチパッド式リモートタッチ(RTI)が元のリモートタッチに戻かも?という噂もちらほら・・・
そして、安全装備の 予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の採用モデル第1弾とも言われています。(トヨタブランドでは、新型カローラに新搭載)
また、リヤウィンカーがLED採用とのことで、いよいよLEXUS量販モデルでの前後フルLED化も期待されますし、北米での最量販モデルということもあり、相当な商品力の強化が期待できます。
写真を見る限り、公開されるのはコンセプトモデルではなく、いきなり市販仕様と思われますので、4月1日のニューヨークオートショーが待ち遠しいですね〜 来週には追加の画像等も出てくるのでしょうね。

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

KYOSHOオリジナル samurai 1/18 Lexus IS350 F Sport (ホワイトノーヴァガラスフレーク)[京商]《07月仮予約》

価格:13,740円
(2016/7/18 18:05時点)
感想(0件)

KYOSHOオリジナル samurai 1/18 Lexus IS350 F Sport (ソニックチタニウム)[京商]《07月仮予約》

価格:13,740円
(2016/7/18 18:07時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2016年 08月号 [雑誌]

価格:650円
(2016/6/29 19:47時点)
感想(0件)

セルスター セパレート型ドライブレコーダーCSD-610FHR選べる特典2つ 【コンビニ受取対応商品】csd610fhr

価格:26,480円
(2016/6/14 22:36時点)
感想(0件)

BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V

新品価格
¥6,580から
(2016/5/30 23:10時点)

【ケンウッド】【DRV-610】ドライブレコーダー (フルハイビジョン録画)

価格:21,770円
(2016/5/31 22:05時点)
感想(16件)

CG (カーグラフィック) 2016年 08月号 [雑誌]

価格:1,239円
(2016/6/30 22:26時点)
感想(0件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

シャープ IG-HC15-W(ホワイト) プラズマクラスターイオン発生機 車載タイプ

価格:9,894円
(2016/6/30 22:29時点)
感想(0件)

ドライブレコーダー S-1080sα ドライブマン 1080sα セキュリティ機能付き シンプルセット 安心の日本製 車載3芯電源ケーブル採用 ショックセンサー内蔵 GPS別売 ドライブレコーダ 日本製 小型 常時録画 高画質 広角 05P05Sep15 【0815楽天カード分割】

価格:23,760円
(2015/9/9 20:56時点)
感想(21件)

♪【Aesop】イソップレバレンスハンドウォッシュ 500ml<ハンドウォッシュ><AESOP・aesop>

価格:5,573円
(2016/4/4 22:39時点)
感想(0件)

レクサスGS Fのすべて (三栄モーターファン別冊)

新品価格
¥700から
(2015/12/30 18:43時点)

レクサスRXのすべて

価格:699円
(2015/12/1 23:41時点)
感想(0件)

レクサスRC/RC-

価格:779円
(2014/11/28 21:00時点)
感想(0件)

ニューモデル速報 No.498レクサスNXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥700から
(2015/12/26 10:14時点)

ユピテル GWR203sd OBDII接続対応 ダッシュボード取付 3.6inch一体型 GPSレーダー探知機 【静電式タッチパネル/無線LAN搭載】

価格:25,490円
(2016/6/14 22:38時点)
感想(0件)

京商 KSR18006OR 1/18 samurai レクサス RC F (ラヴァオレンジCS) ミニカー(ZM05321)

価格:12,600円
(2016/4/11 21:54時点)
感想(0件)

【シンプルセット】ドライブマン 1080GS GPS内臓+セキュリティ機能付ドライブレコーダー(本体、電源ケーブル、可変ブラケットの3点セット)予約品ドライブレコーダ 日本製電源 広角 高画質 常時録画

価格:25,920円
(2014/12/12 00:01時点)
感想(23件)

【本商品ポイント7倍!最大15倍!&クーポン!】コムテック ZERO 800V OBDII接続対応 4inch TFT液晶一体型GPSレーダー探知機 【最新データ無料更新/ドライブレコーダー接続対応】

価格:21,180円
(2015/12/31 17:04時点)
感想(8件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

TOM'S 【トムス】 スピードリミッターカットLEXUS RC F USC10 8AT 14.10〜

価格:173,016円
(2015/7/22 00:05時点)
感想(0件)

TOM'S 【トムス】 アッパーパフォーマンスロッド「フロント」LEXUS RC F (USC10)

価格:29,052円
(2015/9/9 21:03時点)
感想(0件)

TOM'S 【トムス】 アッパーパフォーマンスロッド「リア」LEXUS RC F (USC10)

価格:17,604円
(2015/9/9 21:02時点)
感想(0件)

トムス TOMS 【 カーボンシート ≪ フロントフェンダー用 ≫】 レクサス RC-F 型式 USC10 ≪ カーボン調ステッカー ※リアルカーボンではありません※ カッティング済 左右セット 貼るだけでOK ≫【品番】 08231-TUC10-02

価格:17,496円
(2015/9/9 21:08時点)
感想(0件)

トムス TOMS 【 カーボンシート ≪ リアバンパー部ダクト用 ≫】 レクサス RC-F 型式 USC10 ≪ カーボン調ステッカー ※リアルカーボンではありません※ カッティング済 左右セット 貼るだけでOK ≫【品番】 08231-TUC10-03

価格:7,776円
(2015/9/9 21:07時点)
感想(0件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

KURE オイルシステム デュアルブ 200ml×2本【楽天24】[KURE(クレ) ボディケア用品 車用]

価格:3,610円
(2016/5/24 23:09時点)
感想(1件)

BELLOF ( ベロフ ) Sirius ボールド・レイ バックランプ用 LEDバルブ T16タイプ 6500K DBA1321

新品価格
¥7,480から
(2016/5/24 23:13時点)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

1/18 レクサス RC F (ヒートブルーCL)【KSR18006BL】 【税込】 京商 [KSR18006BL レクサス RC F ヒートブルーCL]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:12,960円
(2016/6/30 22:32時点)
感想(0件)

BELLOF ベロフ DBA1332 シリウスボールド・レイLEDウインカーバルブ【T20タイプ/新発想“ディフュージョンミラー”採用による理想的な配光と明るさ!!】

価格:9,150円
(2015/4/26 22:58時点)
感想(3件)

LEXUS完全ガイド

価格:950円
(2015/1/1 23:59時点)
感想(0件)

名車アーカイブ レクサスのすべて

価格:1,049円
(2014/11/13 23:05時点)
感想(1件)

レクサス星が丘の奇跡

新品価格
¥1,512から
(2014/9/25 21:30時点)

<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
検索
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
ブログ
プロフィール
Flag Counter
QRコード