2015年07月21日

LEXUS LX570!

LEXUSから8月に発売されるLX570、海外メディアでの画像リークですがこの通りの仕様で日本でも発売するようですね。
15-06-15-lexus-lx-2016-hero-image.jpg

時折お問い合わせをいただくこともあるのですが、自分自身、SUV系はさっぱりわかりません。
とりあえず予想スペック的には以下のような感じでしょうか。まさにLSとのSUV版という感じ?

意外にもRXより先行導入される機能が多いようなので、新型RXを検討されている方は、LXを見ておくと参考になるかもしれませんね。

<推定装備>
・V8 5.7Lエンジン(3UR-FE)最大トルクは3200回転で534N/m程度
  *アイドリングストップ機構はなしと思われる
・8速AT (8Super ECT…非SPDS)
・4WD&マルチテレインセレクト(車高調整機能あり)
・ボディーカラー7色 新色はRXと同様、「ディープブルーマイカ」(8X5)
・インテリアカラー5色 新色は「サンフレアブラウン」 
・オーナメントパネルは2種類(ウォールナット、縞杢)
・グレードは1つのみか?(F SPORTやver.Lはなし?)
・3眼フルLEDヘッドランプ採用
・シーケンシャルターンシグナルランプ(流れるウィンカー)*RXより先行採用
・LEDコーナリングランプ&LEDコーナリングフォグランプ
・センタークラスターパネル ピアノブラック仕上げ *レクサス初
・アナログクロック(GPS連動)
・12.3インチ 新世代ナビゲーションシステム *RXより先行採用
・大型フルカラーヘッドアップディスプレイ *RXより先行採用
・ドアトリムアンビエントイルミネーション
・LEXUS Safety System+(PCS+LDA+AHS+ACC)*LDAは振動機能付き
・BSM+RCTA
・クロールコントロール
・ギヤ比可変ステアリング(VGRS)
・ドライブモードセレクト カスタムモード搭載 *レクサス初
・マルチテレインモニター(4カメラ)
・レクサスクライメイトコンシェルジュ
・4席独立温度調整エアコン
・セカンドシートヒーターコントロールパネル
・コンフォータブルエアシート(セカンドシート対応)
・【MOP】リヤシートエンターテインメントシステム(11.6インチ、HDMI端子装備)
・【MOP】マークレビンソンリファレンスサラウンドシステム(19スピーカー)

海外サイトのスクープ写真ですが、日本仕様もほぼ同等で、目新しさはあまりありませんが、質感の高さは伝わりますね。
th_15-07-06-lexus-lx-2016-center-stack.jpg

装備面(マクレビリファレンスやピアノブラック仕上げのオーディオパネル、VGRS、豪華ドアトリム・ダッシュボードの造り、セカンドシートのコンフォータブルエアシート採用など)では、LEXUS GSを超えており、LSのSUV版にふさわしいスペックで、相当高額なモデルになりそうです。グレード体系が不明ですが、単一グレードだとすると、価格的にはLS460を超えて1,000万円を越してくるのでしょう。(北米でも83,000ドル〜ですし…)
また、幅も198cm程度あるようで、展示車・試乗車を配置できる店舗も駐車スペースも限られるかもしれません。

この車が発売されると、いよいよセダン系が主流だったレクサスの流れが変わる感じですね。
新型RXとも車格が1ランクあがり、GSに近くなったイメージですし、NX、RX、LXという魅力あるモデル構成で、これで、NXの下にもうひとつ300万円代後半のスモールタイプのSUVモデルがあれば、日本でも「レクサス=SUV」という時代が来るのかも?

2015年07月19日

RCF カーボンリヤスポイラー装着とトムス製品

LEXUS RCFも発売から9ヶ月が経過し、昨年の今頃はおおよその価格が判明していてドキドキしていたころですね。懐かしいなぁ、と思いつつ、TRD製リヤスポイラーの発売を待ちきれずに、純正カーボンリヤスポイラーを装着していまいました。
ほんの僅かですが、軽量化にも効果があります。…といっても、もともとのリヤスポイラーの重量は2.4kgしかないので、軽量化にはほとんど貢献してません。(カーボンリヤスポイラーは、2kg弱なので、約500gの軽量化…)

視覚的には、白ボディにカーボンだとワンポイントとなっていい感じです。思ったよりリヤスポの面積が広く、裏側もカーボンのマーブル模様(カーボンボンネット裏と同じ)なのがいいですねぇ。
当然純正ユニットはそのまま使用しますが、再使用不可パーツ(定価で約1.8万円程度)があるので、取り付けにはちょっとコストがかかります。TRD製はどんな感じで取り付けるのでしょうね。
th_IMG_0001.jpg

さて、大手パーツメーカーの「トムス」からもRCFの製品が続々発売されているようです。
近年は大手メーカーより、専門的にパーツを開発しているメーカーのほうが魅力的な製品を発売されていたので全然チェックしていませんでしたが、GT500でRCF参戦しているということもあり、トムス社はこれからも多数の製品をリリースしていくようですね。

必要かどうかは別として、「リミッターカット」トムスからも発売されていて、ネット通販だと安いところで17.4万円程度ですが、やっぱり高いですね。外観はアイコードのものと似てますね。(OEM?)
カプラー接続なので手軽なのは嬉しいですが、サーキットモードをいちいち選択しなくてよいのは

TOM'S 【トムス】 スピードリミッターカットLEXUS RC F USC10 8AT 14.10〜

価格:173,016円
(2015/7/19 00:20時点)
感想(0件)




実物を見てみたいのが、フェンダー周りのカーボンシート。クオリティはどんな感じなのでしょうか?
ハセプロ社のマジカルカーボンぐらいのクオリティがあればいいのですが、カーボン調シートなので、質感が気になるところです。3Mのダイノックレベルだと耐候性も含め、外装にはちょっと厳しい感じがします。

トムス TOMS 【 カーボンシート ≪ フロントフェンダー用 ≫】 レクサス RC-F 型式 USC10 ≪ カーボン調ステッカー ※リアルカーボンではありません※ カッティング済 左右セット 貼るだけでOK ≫【品番】 08231-TUC10-02

価格:17,496円
(2015/7/19 00:18時点)
感想(0件)




ヘッドランプとクリアランスランプの隙間は、RC系の場合はそれほど気になりませんが、このカーボン調シートだと、ヘッドライトが一体化して見えるので、意外にいいかもしれません。

トムス TOMS 【 カーボンシート ≪ ヘッドライト用 ≫】 レクサス RC-F 型式 USC10 ≪ カーボン調ステッカー ※リアルカーボンではありません※ カッティング済 左右セット 貼るだけでOK ≫【品番】 08231-TUC10-01

価格:8,748円
(2015/7/19 00:28時点)
感想(0件)




リヤは好みが分かれそうです。

トムス TOMS 【 カーボンシート ≪ リアバンパー部ダクト用 ≫】 レクサス RC-F 型式 USC10 ≪ カーボン調ステッカー ※リアルカーボンではありません※ カッティング済 左右セット 貼るだけでOK ≫【品番】 08231-TUC10-03

価格:7,776円
(2015/7/19 00:26時点)
感想(0件)



2015年07月16日

レクサス2016年モデル ボディカラーは入れ替え多し?

LEXUSの2016年モデルのボディーカラーは定番カラーの入れ替え、新色の設定拡大など今までにない変更があり、ちょっとおもしろいことになっています。

1)人気カラーと思われた、「スターライトブラックガラスフレーク」(217)」の一部車種での消滅。
かなり人気のあるカラーとおもわれ、街中でもよく見かけるだけに不思議です。
順次、「グラファイトブラックガラスフレーク」(223)に変更される模様。(LX除く)
*2016年モデルのISでは継続採用されました。
まだ実車のグラファイトブラックを見たことがないので、スターライトとどれだけ違うんでしょうか?
th_DSC02867.jpg

2)「ブラック」(212)の一部廃止。
新型GSFでは定番カラーのソリッドのブラックが設定されません。(新型RX、LXでは採用)
ブラック212は、2006年発売のレクサスLSで初設定された定番カラーで、若干赤みが入っている大変美しいブラックですが、果たしてどうなるのでしょうか?
DSC00508_R.jpg

3)「マダーレッド」(3T2)設定車種の拡大
ソリッドのレッドはCT200hのみの採用でしたが、7月23日発表のIS200tで設定。
欧州車ではソリッドのレッドは珍しくありませんが、LEXUSでも、スポーツタイプのモデルを中心に赤色系の採用拡大ということでしょうか。
15-06-26-lexus-is-200t-announcement.jpg

4)「ヒートブルーコントラストレイヤリング」(8X1)の設定車種拡大
RC系専用カラーでしたが、いよいよIS200t発売を機にIS系にも設定されます。
ISにはもともと「エクシートブルーメタリック」(8U1)の設定があっただけに、「15万円+税」の高価なMOP価格がセダン系のISでどれだけ普及するかも楽しみです。
DSC00572_R.JPG

5)ソニッククォーツ(085)に設定車種拡大
NX専用カラーとしてデビューしたソニッククォーツは、新型RXでも採用となります。
一方、2006年のLEXUS LSから設定されているホワイトパールクリスタルシャイン(077)は未設定。
SUV系にはホワイトパールは未設定となるのでしょうか。(そういえば、「LX」ではどうなんでしょう?)
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_09.jpg

5)孤高のカラー、「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」(3T5)
ラディアントレッドは塗料の問題で納期がかかるカラーとして知られていますが、2016年モデルにおいても引き続きRC系専用カラーとなるようです。個人的にはその美しさも含め、イチオシカラー。今ならこのカラーを選びたいです。
DSC06474_R.jpg

あとはマイナーチェンジ版の「GS」についてはなかなか姿が見えてきません。
スペックや価格も気になりますが、設定カラーがどうなるか。
あまり知られていないと思われますが、GS専用カラー「クリムゾンクリスタルシャインガラスフレーク」(3S8)がどうなるかにも注目です。(メテオブルーマイカ(8W3)は廃止なんでしょうね〜)
063_o.jpg

2015年07月12日

RCF 後席アクセサリーソケット、BOX内照明の増設

本日は任天堂 岩田社長の急逝という非常に大きな訃報がありました・・・ご冥福をお祈りいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏季休暇で北海道に行く予定なので、昨日は酷暑の中、しばらく保留していたDIY作業を実施。
先週のシルバーカーボンステアリングスイッチパネルの換装に続き・・・
DSC08607.JPG

1つ目は、センターコンソールボックスへのLED化照明の設置。
th_DSC08624.jpg

RC系のボックスは意外に容量があるにもかかわらず、New-ISベースなので照明がないのでかなり暗いんですよねぇ。そこで、お友達のブログ等を参考に、エーモン製の「開閉連動スイッチ」(マグネットスイッチ)を利用して、開けた際にのみ点灯するようにしました。

エーモン 1588 開閉連動スイッチ

新品価格
¥456から
(2015/7/12 23:58時点)



マグネットスイッチは、センターコンソールボックスの蓋の部分のカバーを外した先頭部分に設置します。
DSC08609.JPG

薄い樹脂でも磁力が通るのでこの場所であれば問題ありません。
th_DSC08612.jpg

ボックス内のこの変に穴を開けます。(クラフトリーマ使用)
th_IMG_3889.jpg

穴を開けた場所に、エーモン社製白色LED照明(1825 フラットLED 白)をインストール。
配線は完全に隠せます。
エーモン社のフラットLEDは、安価でかつカバー付きなので、見た目もそれほど悪くなくおすすめです。

エーモン 1825フラットLED(白)

価格:349円
(2015/7/13 22:23時点)
感想(5件)




2つ目は、後席にアクセサリーソケットの追加。(写真ではぷらんぷらんしている感じですが、リヤシート内部で配線をしっかり固定していますので、意外にしっかりしています)本当はどこかに穴あけして固定したかったのですが、そこまでの技術がないため断念。
th_IMG_3963.jpg
前車のA7の際に、リヤシート前およびラゲージにアクセサリーソケットがあり、非常に便利でした。
レクサスでも一部車種にはリヤ席近辺にはアクセサリーソケットがついていますが、ISやRC系には装備されていません。
ロングドライブの際は、ペルチェ素子を利用した車載用クーラーバックがとても便利と感じており、アクセサリーソケットを増設しました。それ以外にも、SHARP製のプラズマクラスター発生装置や、車載用空気清浄機を設置する際にも配線の露出が最小限に済むのでリヤ席近辺へのアクセサリーソケットの増設は結構便利ではと思います。

配線は、助手席下のヒューズボックスから、イグニッションオン電源を取り出し、スカッフプレート内を配線し、リヤシートを分解して、配線を隠しました。リヤシートは真上に引っ張るだけですが、狭い室内での作業は腰に来ますね・・・
th_IMG_3961.jpg

ついでに、リヤシート下には、エーモン社の「ロードノイズ低減マット」(L)を設置。
RC系のリヤシートには、Lサイズが切らずにちょうど設置できます。(部分的に折り曲げたりする必要あり)

エーモン工業 静音計画 2661 ロードノイズ低減マット(L)【トランク/ラゲッジルーム用大判1枚入り】

価格:1,520円
(2015/7/13 22:11時点)
感想(50件)



レクサス車は全般的に静かなので、あまり体感できなそうですが、リヤシート下の構造を見ると、少なからず効果はありそうです。ただでさえ重いRCFが更に重量増に・・・前後重量配分の改善に貢献?

2015年07月10日

LEXUS LF-C2 日本初お披露目?

INTERSECT BY LEXUS – TOKYO にいきなりLEXUS LF-C2コンセプトが登場!
今のところまだ商標登録はされていませんが、2016年-2017年に登場が期待されている、レクサスRCのカブリオレモデル。27日まで展示しているようです。
th_スクリーンショット 2015-07-10 22.09.05.jpg
さすがに発売する気がないモデルの展示はないでしょうから、発売はほぼ確実でしょうか?
内装はかなり現実的で、RCをベースにツインモニターになったり、評判の悪い(笑)リモートタッチパッド(RTI)が進化しています。この色使いも綺麗ですよねぇ〜
th_スクリーンショット 2015-07-10 22.09.16.jpg

インターセクトは、食事も美味しい(日時によってはかなり待つので予約必須!)ので、ご興味のある方はぜひご覧になってはいかがでしょうか。
そのあとは、13日まで展示のレクサス青山インターナショナルギャラリーでLF-LCを・・・
th_DSC08578.jpg

2015年07月09日

RCF カーボンリヤスポイラー発注!

次車に向けた貯金をスタートさせたので、あまりいぢらない予定のRCFですが、あとほんの少しだけ・・・
「カーボンリヤスポイラー」の単品発注が開始されているので、先月末にパーツを発注しています。
受注生産なので、3週間ほどかかります。
DSC06065_R.JPG
TRDからも別途発売されるとは思いますが、かなりお高いと思うので、お手頃価格のカーボンエクステリアパッケージの純正品で・・・(といってもリヤスポイラー自体はTRDで製造しているそうですが)

ちなみに純正カーボンリヤスポイラーの価格は
144,000円(税抜き)

ボンネットは
577,000円(税抜き) です。

炭素繊維の価格は上昇しているようなので、将来的には価格改定もあるかもしれませんね。
取り付けは単純にポン付けとはいかず、(純正スチールとは若干厚みが違う模様)また、高速度域でかなりの風圧がかかるので、一定の調整が必要なようです。
なお、当然のことですが交換するとこの部分に関するメーカー保証は消失されますね。

今冬発売の「GSF」には、アクティブリヤスポイラーの設定はなく、固定式のカーボンリヤスポイラーのみですので、レクサスでは、RCFならではの装備となりますね。(LFAを除く)

しかし、ホンダS660のディーラーオプションでも可動式のリヤスポイラーがあるのには驚きました・・・
日本車ではまだ珍しい装備ですが、今後は増えてくるかもしれないですね。

2015年07月05日

LEXUS 新型 IS200t 価格はどうでしょう?

7月23日発表のLEXUSのダウンサイジングターボエンジン搭載の FR車、IS200t。(ASE30)
ベースグレードの価格が「4,544,000円」(税込み)に確定している模様。
従来のIS250のベースグレードの税込み価格が「4,382,000円」ですので、単純比較すると、「16.2万円」のアップとなっています。
2016-lexus-is-200t-european-spec_100516503_h.jpg
しかし、旧IS250とは、装備はかなり変更が入っています。
まず、標準アルミホイール&タイヤが17インチとなっている模様。
2015年モデルまででは、16インチでしたし、17インチのMOP価格はもともと「45,360円」でしたから、実質的な差額は「116,640円」となります。
あとは、アイドリングストップ装置の追加(約4万円程度)、ブレーキキャリパーが4pod化、ブレーキローター経が334mm、リヤが310mmに大口径化、(推定価格不明)そして、フロントにパフォーマンスダンパーの追加(5万円程度)などの動力系の強化が図られることで実質的にはIS250より安い価格に設定されていると言えるでしょう。エンジンがV6から直4になるので当然といえるのでしょうが・・・。

また、ISで75%近いシェアを誇るといわれる「IS300h」ですが価格は約499万円ですので、それと比べれば44万円程度安い価格に設定されています。
これまでは「IS300h」への人気が集中していましたが、ISは200tは、IS300hより動力性能・制動力が向上しておりかつアイドリングストップ装置や直4ターボによる燃費の向上を両立。(エンジンフィーリングはわかりませんが・・・)
また、取得税の結果を見ると、「エコカー減税」の一部適用(取得税の40%減か?)の対応となっている模様で、IS250より実質的な価格はダウンしており、IS300hとの実質的な価格差が広がっていると言えます。
IS200tでは、オプションを最小限に抑えれば、諸費用+フロアマットで500万円を切る価格となっているため、輸入車勢も意識している「500万円の壁」を下回ることになり、IS200tベースグレードの人気が出るものと思われます。

F-SPORTは 54,8万円高の 「5,092,000円」となります。
旧モデルではベースグレードとの差は58.8万円だったので、その差は少し縮小しています。(アルミホイールの差か?)

RCと違い、F SPORTとなってもブレーキキャリパーにはレクサスロゴが入らないようですし、L字型3連LEDも不採用、基本的な性能はFスポーツもベースグレードも変わらないので、価格差を考えると今回はベースグレードが良いのではと思います。(F SPORTの本革シートセットがもっと安ければ・・・いっそのことRCみたいに標準化してくれれば。)
ただ、魅力的な可動式TFT液晶スピードメーターや本革シート(+シートベンチレーション)が欲しい場合はF SPORTを選ぶしかないのは従来どおりですね。

なお、メーカーオプション・ディーラーオプションについては、ほぼ従来と同じ模様。
既報どおり、新型LX、RX、GS/GSFから採用される「レクサスセーフティシステム+」は採用されませんので、安全装備が必要な方は個別に組み合わせる必要があります。

<主要MOP予想>
・プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール 64,800円
・ブラインドスポットモニター 54,000円
・オートマチックハイビーム&レーンディパーチャーアラート 54,000円
・クリアランスソナー 43,200円
・ステアリングヒーター 10,800円
・ステアリングヒーター+シートヒーター 27,000円
・LEDヘッドランプ 145,800円
・ムーンルーフ 108,000円
・マークレビンソン 240,840円
・F SPORT専用本革セット 372,600円(本革+BSM+後席AB+シートベンチレーション等)

ここでのポイントは、ISのMOPは基本的に従来と性能は変わらず、価格も据え置きというところです。
レクサスの弱点は、一度設定されたオプションはなかなか仕様・価格変更されないという点で、一番残念なのが、LEDヘッドランプの価格が据え置きであるということ。ここ1,2年で既にコンパクトカーでもLED化ヘッドランプの採用が進み、製造コストは低減、輝度やデザインが飛躍的に進化している中、税込みで14万円を超える価格は残念です。これを装備するとIS300hとの価格差が30万円程度まで一気に縮まるのも難点。
これが、NXのやRCFのようにフロントウィンカーがLED化になったり、3眼L字タイプであれば良いのですが、従来と変わりありません。ただ、IS200tはあくまで「追加モデル」であり、このあたりの改善はマイナーチェンジで対応がなされるのでしょう。

また、レーダークルーズコントロールは全車速追従型でないタイプ、LDAは警告のみ、オートマチックハイビームの機能もon/offの切り替えのみの一般的なタイプであり、これで54000円は今となっては高価です。ブラインドスポットモニターも旧タイプで、RCや新型RXで採用されている検知範囲の広いものではなく、また、RCTA機能もありません。
また、Fスポーツの本革シートセットが未だにセットOPで価格も高価(約37.3万)というのも次回マイナーチェンジまで待たねばなりません。

来年ISはマイナーチェンジを迎えると思われ、その際は レクサスセーフティ・システム+が採用されるはずなので、安全装備もアップデートされ、安全装備の価格も車両本体に組み込まれ、実質的なリセールバリューの向上も期待できそうですし、今すぐに買い換える必要がないのであれば、マイナーチェンジまでもう1年〜1年半程度待つという手もあるかと思います。

2015年07月04日

新型LEXUS RX とNXの装備の相違点予想。

レクサスIS200tの見積が一部ディーラーで開始されているようですね。
発売は7月23日に確定とのことで、初期納車希望の方はそろそろディーラーを訪問されるのがよいでしょうね。

さて、久しぶりのLEXUS 新型 RX について、未だに大人気の LEXUS NXにはない装備の予想一覧をリストアップしてみました。
NXはとても先進的で内外装ともに魅力的で素晴らしい車と思いますが、装備的に物足りなさを感じる方もいらっしゃると思います。RXではそのような不満を埋めるべく、装備が強化されていると思われます。


<外装>
・LEDシーケンシャルターンシグナルランプ(前後)
・セレクタブルカラートリムホイール
・純正20インチホイール
・タッチレスパワーバックドア
・サウンドジェネレーター
・電動アクティブスタビライザー


<内装>
・ドアトリム/助手席前アンビエントイルミネーション
・F SPORT専用TFT液晶スピードメーター
・インテリアパネル(レーザーカット本杢、本アルミ、ウォールナット)
・12.3インチワイドディスプレイ
・アルミ削り出しオーディオノブ
・セミアニリン本革シート(ブラック、ダークローズ、ホワイト)
・10way運転席・助手席パワーシート
・助手席ポジションメモリー
・リヤシートヒーター
・レクサスクライメイトコンシェルジュ
・リヤエンターテイメントシステム
・リヤドアサンシェード(手動)
・パノラマルーフ(チルト&スライド式)*NXは固定式
・ドアスカッフプレート*NXはDOP

<安全装備>
・VDIM
・Lexus Safety System+
 ・レーンキーピングアシスト(LKA)
 ・アダプティブハイビームシステム[LED点消灯式](AHS)
・高輝度LED化コーナリングランプ
・インテリジェントクリランスソナー
・リアクロストラフィックアラート(RCTA)
・リアクロストラフィックアラートブレーキ(RCTAB)
・ITS Connect
・パノラミックビューモニター(シースルービュー機能)*NXにはシースルー機能なし


<レクサス初>
・ワイドサイズフルカラーヘッドアップディスプレイ
・ワイドサイズナビゲーション表示
・ロック/ノブレスドアオープナー
・タッチレスパワーバックドア
・インテリジェントクリランスソナー
・高輝度LED化コーナリングランプ
・ITS Connect
・リアクロストラフィックアラートブレーキ(RCTAB)
・パノラマルーフ(チルト&スライド式)
・パノラミックビューモニター(シースルービュー機能)

今日の空き時間は、センターコンソール照明のギミックを作ってました(笑)
RC系は照明が少ないので夜間は本当に暗いんですよねぇ。
とくに、実用的にもセンターコンソール照明はマイナーチェンジでぜひ装備して欲しいものです。
仕組みは、みんカラのお友達の整備手帳をそのまま実践しただけですが、こんなところにマグネットスイッチを仕込むことで、開けた時だけLED照明が点灯する仕組みが構築できます。
th_DSC08609.jpg

パーツを一部外して、マグネットスイッチ(長方形のマグネット)を仕込みます。
DSC08612.JPG

開閉のノブ部分をアルカンターラ近似素材(ラムース)を貼り付け。隠れるので端っこの処理は適当でok。
DSC08613.JPG

あとは車両に取り付けるだけです。

2015年07月03日

RCF シルバーカーボン化2 ステアリング編

室内のカーボン化その2はステアリング。
もともとシルバー調塗装なので、シルバーカーボンでも違和感ありません。
th_DSC08607.jpg

ついでに、納車当初から、ステアリングスイッチ周りの樹脂部分の質感がどうも気になったので、アルカンターラ近似素材(東レ:エクセーヌ 700W)でラッピングしました。
片側30分ほどかけて、じっくり施工したので、細かいところまでクオリティはバッチリ仕上がりました。
毎回手を触れるところなので、手触りがいいと嬉しいです。
また、スイッチとスイッチの間の「小さな棒」のようなところにも、こまかく切断したダイノックフィルムのシルバーっぽい素材を貼り付けて見た目のクオリティアップを施しました。
th_DSC08608.jpg

エクセーヌの入手先のお問い合せいただくこともあるのですが、私は浅草ゆうらぶというショップで購入しています。ここは施工が楽になるシール素材加工ができるので、とてもおすすめです。
エクセーヌ700wは厚さが0.5mmですし、伸びるのでとても施工しやすいです。

東レ エクセーヌ 700W-W89 【シールタイプ】 生地 スエード ブラック

価格:8,316円
(2015/7/3 22:34時点)
感想(7件)



最近は、東レから、ウルトラスエードなるものも発売されたそうです。ただ、厚さが1mmとのことで、内装部品のラッピングには不向きかもしれません。

カーボン化第3弾は外装の予定です。

2015年06月28日

RCF シルバーカーボン化加速中〜LF-LCチラ見!

今回は久々のRCFの内装カスタマイズ。
外装=「白」、内装=「ブラック*アクセントオレンジ」のRCFがかなり多いようなので、内装は個性を出そうと思い、シルバースターリングファイバー(いわゆるシルバーカーボン)の部位を増やしてセンターコンソールパネルを加工業者に発注し、本日取り付けが完了しました。
th_IMG_3909.jpg
意外なことに、ブラックカーボンより、シルバーカーボンの方が価格が高いんですよね。(レクサスの部品単価でも実はシルバーカーボンの方がブラックカーボンより若干高い・・・)
著名な加工業者さんなのですが、シルバーはやはり施工難易度が高く、若干の歪みでもブラックより目立ってしまいます。カップホルダーとリモートタッチの近辺は特にスペースも狭いので加工も難しいと思われます。
レクサスが純正でカーボンのセンターコンソールを準備しなかったのも頷けるような・・・
ただ、質感は確実にアップしますし、アラさがししなければ十分なクオリティですし、メーカーもぜひマイナーチェンジなどでセンターコンソールの質感はアップさせてほしいですね。

RCFのインテリアパネルではブラックカーボンが人気のようですが、シルバーカーボンもとてもかっこいです。
GSFにはシルバーカーボンの設定はありませんので、RCF専用という意味でも存在意義はあると思います。(ブラックカーボンと、フォージドコンポジットカーボンはGSFにMOP設定されています)
th_IMG_3906.jpg
シルバーカーボンの部位ですが、もう少し増やす予定です。

時間がなく駆け足でしか見れませんでしたが、先日から展示されている、LF-LC(Blue)も見てきました。
以前は、INTERSECT BY LEXUS での展示でしたが、スペースの広い青山ギャラリーの方がよく見えますね。
DSC08568.JPG

内装は実際は変わると思いますが、とても斬新でため息が出ます。最近のレクサスの内装の質感の優位性は年々低下していると思うので、LCでは驚かせてほしいです。
DSC08570.JPG

時間がなくあまり写真が取れなかったので、高画質画像はぜひ「ワンダー速報」で!


あ、あと初めてRCFの「ソニックシルバー」を見ました。
ソニックシルバーのRCFは展示車・試乗車でも全国的にかなり少ないようですが、実に美しいカラーです。
ソニックシルバーはLS,GS,RCFの3車種にしか設定されていない独特のキメの細かい粒子の金属調塗装でとても高級感がありますね。MOPのホイールデザインも含め、大人の香りのするRCFでした。
th_DSC08585.jpg

2015年06月25日

マガジンX 8月号 LEXUS CT そしてついにIS200tが!

マガジンX 8月号が本日発売!
今回はLEXUS車が表紙で「新型CT」?スモールSUVになるともかいうお話も!
それほどボリュームもありませんが、新型RXやLXの概要、LSやLCの話題なども。
欄外にもIS200t、RC200t、GSFなどの情報もちらほら!
なお、新型プリウス発売から1年半後にCTというのは確かに現実味がありそうです。

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2015年 08月号 [雑誌]

価格:668円
(2015/6/26 00:03時点)
感想(0件)




LEXUSエンスーには、いよいよ IS200tの話題が!
https://lexusenthusiast.com/forums/threads/lexus-announces-is-200t-with-2-0l-turbo-engine.743/
おそらくCTと同じと思われる、ソリッドカラーの「マダーレッド」が新設定された、IS200t。
15-06-26-lexus-is-200t-announcement.jpg

IS200tは、最高出力はNX200tの235馬力を上回る245馬力前後となる見込みとのこと。また、最大トルクは同じターボエンジンのため、350N/mとNXと200tと同水準となるとか。
出力向上に伴いブレーキキャリパーが4pod化し、IS350と同じサイズに。
また、ブレーキローターもIS350と同じ大きさとなり、十分な制動力を誇る模様です。
RC200t F−SPORTではブレーキキャリパーにLEXUSロゴが入り、オレンジカラーが選択可能となるようですが、2016年モデルのISはブラックの無地キャリパーの模様です。
また、RC200tにはトルセンLSDが装備されますが、IS200tにはトルセンLSDの設定はない模様。
見た目や走りの先進装備はRCに集約され、「ISクーペ」とはいわれないような差別化が進むようですね。
2016-lexus-is-200t-european-spec_100516503_h.jpg

2015年06月24日

再びLEXUS LF-LC(blue)が青山に登場!

本日から「GSF」か「新型RX」の展示開始?と予想していたのですが、朝も公式webページが更新されず、午後になっても更新されず、結局、見事に外れまして、久々の「LF-LC」が本日からLEXUS青山インターナショナルギャラリーで展示開始です。
lflc.jpg
以前展示された時にたくさん写真は撮影したのですが、やっぱりかっこいいですねぇ。週末にもう一度見に行こうかなぁ・・・しかし、これがあと1年半後にはLC500、LCD500hとしてリリースされることを想像すると楽しみでなりません!
しかし、そろそろGSFは日本でも見せて欲しいですよねぇ・・・
Lexus-GS_F_2016_1024x768_wallpaper_2f.jpg


さて、本日はオートバックスセブンの株主総会(2015年)があったのでお土産をget。
th_DSC08551.jpg
今年のは、プライベートブランドで揃えられていました。
結構実用的な
・ウェットティッシュ
・マイクロファイバータオル(Mサイズ)
・消臭スプレー
・シート下消臭剤

となかなか使える消耗品が中心でした。
あんまり業績は良くないですが、NISAのおかげか直近の株価は1株あたり1900〜2000円前後で高値安定、1〜2年ぐらい前から所有している方でも結構なお小遣いになっているのでは?
配当金に加え、半期に1度の3000ポイントサービスも魅力的ですし、自動車好きなら持っておいて損はないとあらためて思います。

2015年06月22日

RCF 超簡易デッドニング&ブラックメッキスピーカーリング

先週末は天気も良かったのでドアトリムを外してRCFの「簡易デッドニング」を行いました。
簡易というのは、スピーカー裏+アルファのみの施工だからです。
マークレビンソン・オーディオ非装着車の場合は、フロントドア内のスピーカー周辺にとまっている4箇所のビスを外すと簡単にドア内部にアクセスできます。
th_DSC08539.jpg

前回A7から愛用している、「レアルシルト」 と「レアルシルトディフュージョン」を使用。
レアルシルトは、積水化学製の軽量の制振シートで、はさみでもきれますし、比較的軽量で作業がし易いです。
(ドアの中は結構スペースがあるので、手を伸ばせばかなり奥まで貼れます)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/22 22:15時点)
感想(21件)




中央には、レアルシルトディフュージョンも。これも貼るだけ!
スピーカー裏に貼るだけなので、1枚で左右ドア分を貼ることができます。

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/22 22:17時点)
感想(17件)




ペタペタ貼って、ローラーか内張り剥がしなどの大きめのヘラで圧着して出来上がり。
サウンドはやはりしまった感じになりますね。また、ドアを閉めた時の音がちょっと良くなります(笑)
th_DSC08541.jpg
その他の場所にも叩いて響く箇所にレアルシルトを貼っておきました。
軽量のレアルシルトとはいえ、貼りすぎると、ただでさえ大きくて思いRCFドアが更に重くなるので注意です。

そして、非マクレビ仕様の悩みのタネである、無骨な樹脂製スピーカーリングも「ブラックメッキ」に換装。(少し薄めで加工依頼) これは、メッキ加工ではなんどもお世話になっている、神村真空メッキ工業さんに依頼。

下地処理を依頼したのでピカピカですが、マットな感じにしたい場合は下地処理なしでもokだと思います。
下地処理をすると値段が倍になるので、悩みどころですね。
th_DSC08542.jpg
まだまだやりたいことはたくさんあるのですが、暑さ的にしんどい時期になってきましたね。
しかし、本当にお金かけてないカスタマイズです(笑)

暗いところで見てもスピーカーリングがうっすら主張するのでかなり質感はあがりました。
th_DSC08544.jpg

2015年06月21日

Lexus Safety System + 複数のタイプあり?

新型RXから順次採用される、レクサスセーフティシステムプラス。(Lexus Safety System +)
いよいよ重い腰を上げたトヨタが、標準装備してくる安全装備の統合パッケージですが、当初期待していたものとは少し違うことが判明しつつあります。

Lexus Safety System + は次の4つの予防安全システムをパッケージ化したものです。

・プリクラッシュセーフティシステム(PCS・・・歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
・レーンディパーチャーアラート(LDA)
・オートマチックハイビーム(AHB)
・レーダークルーズコントロール(ACC・・・全車速追従機能)

数カ月前の事前のニュースリリースでは、LDAがLKA、AHBがAHSとの記述があったように思いますが、結局は標準装備とされるものは、グレードダウンされたようです。

つまり、標準機能は
・レーンキーピングアシスト(LKA)ではなく、レーンディパーチャーアラート(LDA)
・オートアダプティブハイビームシステム(AHS)ではなく、オートマックハイビームシステム(AHB)

他のメーカーは、安全装備のパッケージを何種類も準備することはないようですが、さすが巨大企業のトヨタでは、レクサス車の安全装備でも、画一的な装備を準備するのではなく、トヨタでいう上位版の「P」をベースに、車種により機能を「拡張」させる仕組みになっているようです。

なお、新型RXでは

・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
・レーンキーピングアシスト(LKA)
・オートマチックハイビーム(AHS)*MOPでアダプティブハイビームシステム(AHS)装着可能
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能)

となっており、MOPで「AHS」、そしてブラインドスポットモニター(BSM)を選択すれば、ほぼ完成形となります。

一方、 秋に新設定されるGSFでは

・プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
・レーンディパーチャーアラート(LDA)*ステアリング制御付き
・アダプティブハイビームシステム(AHS)
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能)

となり、旧GSで設定されていた、レーンキーピングアシスト(LKA)がありません。
これは「F」モデルなので、そもそもこのような機能は不要と判断されたのか、それとも5Lのハイパワーを受け止めるだけの制御プログラムを構築することを省いたのか?(*通常の新型GSでは、LKAとなる見込み)

また、予想どおりとはいえ、「ナイトビュー」の設定がGSFでは確認できないことです。
もともと装着率は低いと思われるMOPでしたが、欧州車のラグジュアリークラスのセダンには設定されているので、ちょっと残念です。
また、ブラインドスポットモニター(BSM)は標準装備ではありませんし、歩行者検知機能も時速10km以上でしか作動しませんし、欧州車の同クラスでは、スポーツモデルでも「全部入り」が当たり前の時代の中、特段優れているところがないのが残念です。
2015年後半になって、ようやく1〜2年前の他社のスペックに追いついた、という感じでしょうか。
とはいえ、安価に、そして標準装備化されるのは嬉しいニュースでもあります。
(当然車両価格には上乗せされるハズですが・・・)




2015年06月20日

LEXUS 新型 RX F SPORTの魅力は?

LEXUSの新型RXでもやはりF SPORTの人気は高いと思われます。
特に、NXやRCでは大多数の方がF SPORTのようにも思えます。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_0b.jpg
今回はRXでのF SPORT専用装備を予想してみたいと思います。

・F SPORT専用アルミホイール(20インチ・ダークメタリック塗装)
・F SPORT専用TFT液晶メーター
・F SPORT専用ディンプル本革ステアリング&シフトノブ
・F SPORT専用オーナメントパネル(本アルミ)
・F SPORT専用スピンドルグリル&フロントロアバンパーモール
・F SPORT専用リヤロアバンパーモール(200tのみ)
・F SPORT専用エンブレム(ステアリング、フェンダー
・専用ブラック塗装ドアミラー
・専用表皮発泡一体型スポーツシート(ダークローズ、ホワイト、ブラック)
・アルミペダル&フットレスト
・スカッフプレート(ステンレス製LEXUSブラックロゴ)
・タイヤ空気圧ウォーニング(マルチインフォメーションディスプレイ表示)
・ボディーカラー ホワイトノーヴァガラスフレーク

さらに、450hの場合は
・「電動アクティブスタビライザー」が追加
・サウンドジェネレーター
が追加されます。


なお、F SPORTには、NXと同様多数のメーカーオプションが準備されており、ver.Lに近い装備にすることが可能と思われます。

ver.Lで標準装備されているものの中で、F SPORTのメーカーオプション予想
・リヤシートヒーター
・リヤパワーシート
・RCTA&RCTAB(リヤクロストラフィックアラート&オートブレーキ)
・BSM(ブラインドスポットモニター)
・パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付き)

NXと同様、RXもF SPORTを選択すると外観が結構変わりますので人気が集まりそうですが、他モデルと同様、前後バンパーの換装などでコストをかければ外観変更も可能と思われます。
換装が困難なのは専用の「TFT液晶メーター」、「スポーツシート」450の場合は「電動アクティブスタビライザー」というところでしょうか。
ただ、スポーツシートは乗り込み時に座面の端が盛り上がっているので、腰を浮かせるようにしないとすぐシートが傷やシワだらけになってしまうなど難点もあります。

450F SPORTは電動アクティブスタビライザーが標準装備となり、このグレードについては他モデルより30万円程度高い設定となると思われますが、どれほどの効果があるのかも楽しみです。

イメージ474.jpg

2015年06月18日

新型LEXUS RX ver.L or F−sport?

10月に発売される、新型RXでは、NXでの反省?を生かし、ver.Lと Fスポーツの差別化がなされている模様。
ここ最近のレクサス車は、ver.Lならではの特徴があまり目立たず、Fスポーツにメーカーオプションを選択してver.Lと同等以上のスペックになることが多かったですが、新型RXは迷いそうです。
Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_17.jpg

ver.L専用装備(予想)

・セミアニリン本革シート
・オーナメントパネル(縞杢、バンブー、ウォールナット)
・助手席シートポジションメモリー
・運転席・助手席10wayパワーシート
・イルミネーション付ドアスカッフプレート(DOPありの模様)
・リヤシートエンターテインメントシステム(メーカーオプション)
・ノイズリダクションホイール(20インチ)(メーカーオプション)
・駆動方式(前輪駆動 FF)*AWDも選択可能

上記の装備は、メーカーオプションでもF−SPORTには装着不可能です。
(スカッフイルミはディーラーオプションがあるようです。)
特に、セミアニリン本革シート、助手席シートポジションメモリー、リヤシートエンタテイントシステムの存在は大きいですね。
なお、今回のRX専用内装色である、ノーブルブラウン、リッチクリームはver.Lでしか選べないようです。
また、F−SPORTは全車AWDですが、ver.Lは前輪駆動(FF)も選択可能の模様です。

なお、目標燃費値はRX450では17.6km/h前後、RX200tでは11.2km/h(AWD=11.0km/h)となっており、こちらは若干期待値を下回るという印象です。
ただ、450hに関しては、エンジンが刷新され、動力性能がアップしているにもかかわらず燃費が向上している点については喜ばしいことなのだと思います。

一方、RX200tと同型のエンジンを搭載する、NX200tでは、12.8km/h(AWD=12.4km/h)ですから、結構違いますね。

2015年06月15日

レクサス GSF! 国内仕様はこうなる?

新設定される、LEXUS GSF 国内仕様の妄想です。

1)エンジン、パワートレーンなどすべてRCFと同一。(モード燃費、重量もTVD付のRCFとほぼ同一。)
  まさに、RCFの4ドア版。そして、待望の「ISF」後継ともいえます。
  
2)サスペンションは減衰力固定式(RCFと同じ)

3)トルクベクタリングディファレンシャル(TVD)標準装備

4)グレードはワングレード。 (カーボンエクステリアパッケージの設定なし)

5)ステアリング、シフトノブ、パドルシフト、スピードメーター、パワーシートの操作系の機能はすべてRCFと同等。
Lexus-GS_F_2016_1024x768_wallpaper_23.jpg

6)スポーツシートは全5種類。アルカンターラシートが標準で、セミアニリン本革シートがop
  (RCFと同一。ただし、ブラック&アクセントオレンジは配色パターンが逆となる)
Lexus-GS_F_2016_1024x768_wallpaper_1f.jpg

7)アルミペダルは新意匠 (写真のタイプ)
image.jpg

8)ブレーキキャリパーはブラックが標準、オレンジはop
  ロゴは「F」で統一。 今度、なお、セダン系FスポーツにはLEXUSロゴがあしらわれる。
Lexus-GS_F_2016_1024x768_wallpaper_2e.jpg


9)アクティブサウンドコントロール(ASC)の進化
  RCFと異なり、リヤスピーカーからも「排気サウンド」が鳴動するように進化。
  また、SPORTモードでも鳴動するようになる。(個人的には不要ではないかと思いますが)


10)内装インテリアパネルは3種類
   標準が本アルミ(なぐり調)で斬新。
   カーボン、フォージドコンポジットカーボンがop。
   Lexus-GS_F_2016_1024x768_wallpaper_24.jpg

11)ホイールは2種類。RCFと同様、BBS製鍛造ホイール。 ポリッシュ仕上げはop。

12)ボディカラーは全8種類。残念ながらGSF専用カラーはなし。
   RCFと異なり、グラファイトブラックGF、ソニックチタニウム、レッドマイカをラインナップ。
   逆に、ラディアントレッドが選択不可能。

13)後席装備は、GSのver.Lに相当する豪華装備。
   シートヒーター、大型アームレスト、ドリンクホルダー、電動リヤサンシェード、空調等コントロールパネルを備える。

14)フルカラー式ヘッドアップディスプレイはop。
 ただし、RXのものよりは小さい。(従来のGSと同サイズと推定)
 エンジン回転数、シフトポジションが表示できるのでかなり便利。(RCFにも欲しい!)


15)前後とも待望のフルLEDランプ。(ウィンカー、バックランプもLED)
   ただし、RXとは違いウィンカーは流れない模様
イメージ497.jpg

16)ドアミラー、センターピラー、アルミホイールは 色調をあわせた「艶金属調ダーク塗装」
イメージ489.jpg

17)レクサスセーフティシステム+ を標準装備。
   (PCS+LDA+AHS+ACC)
   GSFはなぜか、レーキキーピングアシスト(LKA)ではなく、簡易タイプのLDAとなる。
   ただし、LDAはステアリング制御が備わる、NXと同様の新型を装備。

   AHSは、LSやクラウンを上回る「LED点消灯式AHS」を採用。先行する、マツダの方式と類似と推測される。

18)ブラインドスポットモニター(BSM)はop、またRCTAは備わらない。
   RCTAが非装備なのは、レクサスセオリーどおり、基本的に「以前から備わるものは改良されない」ためと思われる。

19)ダッシュボードはアルカンターラ仕上げ+LFAロックボルト留め


20)寒冷地仕様なし?(ヘッドランプクリーナーは標準装備)

21)カーボンリヤスポイラー、カーボンフロントロアを標準装備
b32i8076-edit.jpg

22)推定主要mop

   ・ポリッシュ仕上げ鍛造ホイール
   ・ヒートブルーコントラストレイヤリング
   ・F専用オレンジキャリパー
   ・ムーンルーフ
   ・パワートランクリッド
   ・クリアランスソナー
   ・カラー式HUD
   ・セミアニリン本革シート&シートベンチレーション
   ・カーボン or フォージドコンポジットカーボンパネル
   ・マークレビンソンオーディオ

(残念な点)
・シートはRCFをほぼ流用のため、多機能だったパワーシートがシンプルな機能に(16way→8way)
・助手席シートポジションメモリの存在は不明。(現時点ではない可能性あり)
・ナビゲーションシステムは「新型RX」と違い、旧タイプ(2012年〜2015年タイプ)と推定。
・通常のGSもそうだが、基本的に内装にはあまり改良が施されていない。
・今回も設定されなかった、オートドアクローザー。

2015年06月14日

解禁?新型 LEXUS RX (RX450h・RX200t)

6月12日以降、販売店に新型車の情報が届いており、ついに日本における新型 レクサス RXの情報が明らかになった模様です。SUV系はもともとあまり詳しくありませんので、あくまで妄想ということで。

Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_09.jpg

1)発売は10月20日前後。(10/22)

2)ラインナップはRX450h、RX200t。 (RX350は日本では未設定)
  450hのエンジンは新開発された、「2GR-FXS」に進化。燃費、パワー共に向上。

3)グレードは、ベース、ver.L、F-SPORTの3グレード。エアサスペンションモデルは消滅の模様。

4)ボディカラーは全10色。 
  現時点のRX専用カラーとして、ディープブルーマイカ(8X5)を新設定。

5)内装カラー、黒茶系「ノーブルブラウン」、 乳白色系の「リッチクリーム」をver.Lに設定。
  なお、セミアニリン本革はver.L専用となり、差別化が図られている。
  Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_0e.jpg

6)F-SPORTの内装カラーに「ホワイト」を新設定。定番のブラック、ダークローズとあわせ3種類。
イメージ443.jpg

7)オーナメントパネルなんと6種類!注目は、「レーザーカット本杢」!(ver.LとF)
  Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_10.jpg

8)流れるウィンカーを初設定 (シーケンシャルターンシグナルランプ)
イメージ434.jpg

9)ホイールは全5種類。(写真はFスポ用)なお、ver.LにはノイズリダクションホイールもOP設定。
イメージ452.jpg

10)リヤウィンカーも待望のLED化&シーケンシャルターンシグナルランプ採用
イメージ459.jpg

11)最大サイズフルカラー ヘッドアップディスプレイ(HUD)
  ほぼ全車に標準装備。大きさはヨコ24cm、縦9cmの大型サイズ。
イメージ468.jpg

12)新世代 ナビゲーションシステム(12.3インチ)
  ワイド地図画面表示が可能な、現時点でレクサス最新のSDナビゲーションシステムを採用。
  Lexus-RX_350_F_Sport_2016_1024x768_wallpaper_12.jpg

13)電動アクテイブスタビライザー(450h−F専用)
  消滅が噂されていた電動アクティブスタビを継続採用。

14)タッチレスパワーバックドア を標準採用
  日本車では初ですかね? この種の装備は欧州車では「足」で動作させるタイプですが、レクサスは手のひらをかざす方式。両手がふさがっている時に欲しい装備なので、あまり意味がないような?
  イメージ407.jpg

15)レクサスセーフティシステム+ を標準装備
  (PCS+LKA+AHB+ACC) 
レーンキーピングアシスト、全車速追従型レーダークルーズコンントロールシステムをRXとしては初設定。
オートマチックハイビームは単機能タイプで、アダプティブ化は別途OP。
ニュースリリース通り、「ブラインドスポットモニター」(BSM)は別系統として統合システムには含まれない。

16)ITSコネクト をトヨタ初採用。(全車OP)
  DSSSの進化型。東京都と愛知県にしか設置されていないシステム。普及しないでしょうね。

17)電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド 
  2016年のハイグレード車としては当然採用。

18)リヤクロストラフィックアラート(RCTA)にオートブレーキ機能 
  誤作動しそうで怖いですが、確かに便利そう。

19)リヤシートヒーター&リヤパワーシート (ver.L標準、Fにop)
イメージ450.jpg

20)リヤエンターテインメントシステム (ver.Lにop)
 11.6インチという超巨大サイズ。ver.L専用のため、Fスポ人気が分散されそうです。
Lexus-RX_450h_2016_1024x768_wallpaper_14.jpg

21)パノラマルーフ ついに可動式に!
 うらやましいです。セダンにも設定して欲しいです。(できれば樹脂で軽量化して・・・)

22)パノラミックビューモニター&シースルービュー (ver.L標準、Fにop)
 SUV系やミニバン系には定番装備になりつつありますね。

23)新意匠のステアリング、インナードアハンドル(ドアロックノブレス)、ドアベゼル、メッキ加飾付パワーウィンドウスイッチ、昇降式カップホルダーなど第3世代(?)レクサスの内装を採用。
イメージ444.jpg

24)レクサスクライメイトコンシェルジュ
空調やコンフォータブルエアシートの採用など、地味ながら非常に快適な装備。
従来ならこれはGS以上の装備のハズですが・・・RXに採用とは驚きました。

びっくりするような進化はありませんが、トヨタ車の利便性や機能も惜しまず取り入れ、最新の安全装備や快適装備を導入するなど、NXの存在があるがゆえに、ワンランク上の装備の高級車に正常進化したという印象で、旧RXからの進化具合が非常に大きいと感じます。

また、価格については、想定以上に「標準装備」が多いので結構アップしそうです。NXとの価格差が接近してきたので、+40〜50万円程度は上乗せしてくるのではないでしょうか。
現行RXとの違いは時間ががあればアップしてみようと思います。
(詳細は「ワンダー速報」さんが詳細にアップしてくださると思います!)

次回はGSFについてでしょうか?

2015年06月12日

レクサス LC500 LC500h が来年末発売?

少し遅くなりましたが、中日新聞が、レクサスLF−LCの発売を2016年末と報じたという話。
(これが2016年12月なのか、2017年3月なのかでも少し違いますが・・・)
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015060802000063.html
愛知県エリアの地方紙はトヨタ系の新車情報の精度が高いので、ほぼ間違いないというところなのでしょう。
l11.jpg
LF−LCは日本ではLC500、LC500h というネーミングで発売されることが商標登録状況から明らかになっていますが、それに加え、新型プリウスから採用される新プラットフォーム(TNGA)のFRレイアウト第1弾とされています。
従来のレクサス車ではボンネットや一部のパーツにしかアルミニウムは使用されておらず、ボディ剛性等を高める為重量がかさんでしまいRCFは約1800kg前後という重さ、GSFも1840kg前後という重さになっていますが、TNGA採用車種では、アルミニウムの積極使用や一部にはカーボン(CFRP)も使用するなど軽量化が期待できる反面、コストがかなり高くなりそうです。
それなのにレクサスLS460やRCFを少し上回る程度の、1,000万円前後から、というのは少し意外な感じです。
なんとか手が届きそうな価格帯で発売されるのも嬉しいことですが、反面内装の質感や重量の面でスペックダウンしないか気がかりです。
珍しく内外装デザインともに絶賛されている車種ですので、誰もが憧れを抱くようなすばらしい質感とデザインを兼ね備えた車を作り上げて欲しいものです。
価格的には、LS600h(非ロング)を若干上回る程度の価格であれば訴求力は高いように思います。

10速オートマチック、ドアミラーレス、21インチタイヤ&ホイール、新型リモートタッチデバイス、大型サンルーフ、など初物が次々投入されるとのことですが、発売があと1年半以内とは実に楽しみです!

2015年06月09日

画像で妄想 レクサス IS200t !

待望のIS200t、あくまで妄想ですが・・・こちらも現実になると嬉しい改良ですね!

改良点1 FR用
img_engine_01.jpg

改良点2 8速AT
carlineup_crownathlete_performance_engine_05_pc.jpg

改良点3 i-stop
033_o.jpg

改良点4 4pod+ローター大型
DSC00151_R.JPG

改良点5 Pダンパー
img_carousel_f_01.jpg

(おまけ) AWD追加
01.jpg

ただ、これが実現すると、IS250よりずいぶんアップされることが予想されます。
NXのように、ターボモデルはハイブリッドより50万円以上安いということはないでしょうね。

残すはRC200t、RC350。こちらはIS系との差別化(動力性能系)が一層図られるとか?楽しみですねぇ。
スポンサーリンク

コムテック ドライブレコーダー HDR752G 200万画素 Full HD ノイズ対策 LED信号対応 画像補正 専用microSD(32GB)付 駐車監視機能 日本製&3年保証 GPS レーダー探知機連携 COMTEC

新品価格
¥23,582から
(2019/10/14 18:24時点)

【10/15限定!楽天カード利用でP19倍相当確定(5%キャッシュレス還元分含む)/要エントリー】《セール価格》GPSレーザー&レーダー探知機 ユピテル A350α (WEB限定 / 取説ダウンロード版) 【日本製】 【3年保証】業界初!光オービス(レーザー式移動オービス)受信対応

価格:30,580円
(2019/10/14 18:30時点)
感想(33件)

【Amazon.co.jp 限定】ユピテル レーザー対応 レーダー探知機 WR70 オービス受信対応 2019年 最上位モデル マップ表示対応

新品価格
¥32,800から
(2019/4/1 22:19時点)

【ドドーン!!と全品ポイント増量中】LS300 ユピテル レーザー&レーダー探知機 GPSアンテナ内臓 レーザー式移動オービス対応 3.6インチ液晶搭載 Yupiteru SuperCat(※GS103同等品)【DM】

価格:34,800円
(2019/10/14 18:29時点)
感想(0件)

ユピテル レーダー探知機オプション OBD12-M III OBD12M3[OBD12M3]

価格:5,540円
(2019/5/18 10:16時点)
感想(1件)

【送料無料】【2個セット】[TV紹介商品] リレーアタックガードポーチ2 カーボン【2個セット】リレーアタック対策 リレーアタック対策グッズ 盗難防止 電波遮断 電波遮断ポーチ スマートキー リレーアタックポーチ セキュリティ リレーアタック エムズスピード

価格:2,200円
(2019/10/14 18:19時点)
感想(0件)

協和興材 マイクロロン ガストリート【smtb-s】

価格:3,492円
(2019/5/18 10:15時点)
感想(0件)

■ES300h AXZH10 H30.11〜 レクサス純正・標準装備SDナビ対応■走行中 テレビが見れるテレビキット ナビ操作ができるナビキット(TVキット)【TV-088】■ケーズシステム社製 ハーネスキット

価格:9,936円
(2018/12/4 22:19時点)
感想(0件)

ニューモデル速報 第579弾 レクサスUXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2019/1/10 21:14時点)

ニューモデル速報 第578弾 レクサスESのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥780から
(2018/12/9 23:33時点)

Anker Roav ジャンプスターター Pro (6.0Lまでのガソリンエンジン車・3Lまでのディーゼル車に対応)【 最大電流 800A / モバイルバッテリー機能/安全保護システム / コンパス機能/LEDフラッシュライト搭載 / 専用ケース付属】

新品価格
¥6,999から
(2018/10/26 22:53時点)

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2019年 11月号 [雑誌]

価格:689円
(2019/10/14 18:20時点)
感想(1件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【海外×】【ポイント10倍/在庫有】【12/17】【あす楽】

価格:5,400円
(2018/12/4 22:16時点)
感想(11件)

KARCHER(ケルヒャー) モバイルクリーナー OC 3 1.680-009.0 マルチクリーナー

新品価格
¥15,345から
(2019/10/14 18:31時点)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500h (ホワイト)【KSR18024W】 京商

価格:14,580円
(2018/8/6 22:26時点)
感想(0件)

【エントリーでP5倍 8/9 1:59迄】1/18 LEXUS LC500(レッド)【KSR18024R】 京商

価格:13,980円
(2018/8/6 22:27時点)
感想(0件)

ユピテル 超広画角174°夜間特化ドライブレコーダー SN-SV70c GPS 衝撃センサー WiFi HDR SN-SV70c

新品価格
¥22,471から
(2018/10/26 23:05時点)

Wicked Chili by ドイツ/シガーソケットチャージャー 4800mA ターボID機能搭載 車載用シガーソケット デュアル USBカーチャージャー Apple iPhone X/8/8 Plus 7/7 Plus/6S/6S/Plus 6/6Plus/SE/5S/5 iPad iPod Air Touch (24W 4.8A アップル用に最適化)

新品価格
¥4,299から
(2018/5/27 02:09時点)

ブルーバナナ99 SNTC-M18 ■ ナビコントローラー / ナビ キャンセラー ■ LC500h LC500 LS500H NX300 NX300hH29/9

価格:31,104円
(2018/1/12 23:51時点)
感想(0件)

スイッチ押し太朗【オートブレーキホールド用汎用接続タイプ】『オートブレーキを常時スタンバイ!!』 オートパーツ工房

価格:3,150円
(2017/8/21 00:19時点)
感想(0件)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

BLITZ ブリッツ 15810 ブレーキホールドジャンパー レクサス URZ100 LC500 / GWZ100 LC500h エンジン始動と同時にブレーキホールド機能を作動!!

価格:14,570円
(2018/8/6 22:30時点)
感想(0件)

[BLITZ] ブリッツ スピードジャンパー レクサス LC500 URZ100 17/07〜 2UR-GSE 競技専用品

価格:149,686円
(2018/2/6 23:54時点)
感想(0件)

【送料無料&クロス付き】ホイールブラシ ムートン 洗車ブラシ ピカピカレイン リムも洗える 100%羊毛【送料無料】[TOP-BRUSH]

価格:1,980円
(2018/1/2 11:14時点)
感想(2件)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

寺岡製作所:TERAOKA 導電性アルミ箔粘着テープNO.8303 10mmX20M 8303 10X20 型式:8303 10X20

新品価格
¥1,158から
(2018/1/12 23:57時点)

【お一人様1個限り】LED T20ダブル SMD24連 レッド/赤 T20シングル T20ピンチ部違いにも使用可能 【無極性】 テールランプ ストップランプ 等 12V-24V車 【T20ウェッジ球】 高品質3チップSMD【孫市屋】●(LM24-R)

価格:2,039円
(2017/9/12 00:54時点)
感想(21件)

マイクロロン(Microlon) ガストリート -

新品価格
¥2,763から
(2019/10/14 18:27時点)

BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V

新品価格
¥6,580から
(2016/5/30 23:10時点)

CG 2019年11月号[雑誌]

新品価格
¥1,300から
(2019/10/14 18:34時点)

ニューカー速報プラス 第49弾 LEXUS LC 500/500h (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/5/10 20:48時点)

レクサスLCのすべて (モータファン別冊ニューモデル速報 Vol.552)

新品価格
¥780から
(2017/5/9 20:20時点)

THE PRIDE LEXUS LC500/LC500h

新品価格
¥3,996から
(2017/4/21 23:14時点)

レクサスLSのテクノロジー (モーターファン別冊 Motor Fan illustrate)

新品価格
¥1,728から
(2018/1/10 19:33時点)

歴代セルシオ/レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥1,080から
(2018/1/2 17:06時点)

ニューモデル速報 No.562レクサスLSのすべて (モーターファン別冊)

新品価格
¥780から
(2017/12/4 22:06時点)

ニューカー速報プラス 第56弾 レクサス 新型LS 500h/500 (CARTOPMOOK)

新品価格
¥980から
(2017/12/4 22:16時点)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・ホワイト)[オートアート]【送料無料】《取り寄せ※暫定》

価格:17,650円
(2018/8/6 22:22時点)
感想(0件)

1/18 レクサス LC500 (メタリック・レッド)[オートアート]【送料無料】《発売済・在庫品》

価格:18,450円
(2018/8/6 22:23時点)
感想(1件)

オートアート 78847 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (メタリック・イエロー ※インテリア・カラー/ブラック) ミニカー(ZM29895)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:20時点)
感想(0件)

オートアート 78849 1/18 コンポジットダイキャストモデル レクサス LC500 (ブラック ※インテリア・カラー/タン) ミニカー(ZM29897)

価格:17,680円
(2018/8/6 22:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマットセットLS500/500h アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:62,640円
(2017/5/8 00:16時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 (H29年4月〜) フロアマット トランクマット(ラゲッジマット)LS500/ハイブリッド車専用 アルティジャーノ フロアマット カーマット フロアカーペット LEXUS

価格:15,120円
(2017/5/8 00:18時点)
感想(0件)

レクサス LC 100系 ラゲッジマット (プレミアム)

価格:11,980円
(2017/7/1 21:47時点)
感想(0件)

コムテック GPSレーダー探知機 ZERO 803V OBDII接続対応 無線LAN自動データ更新無料 4.0インチ液晶 モーションセンサー 超速CPU G ジャイロ 搭載 ドライブレコーダー相互通信対応

価格:29,781円
(2017/6/11 00:00時点)
感想(0件)

ACDelco [ エーシーデルコ ] 輸入車バッテリー [ Premium EN ] LN3

新品価格
¥12,754から
(2019/10/14 18:36時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

ボディードクター ザ・シート メッシュ ブラック BD517

新品価格
¥4,480から
(2016/8/28 19:23時点)

スティ・ブライトキット/Car Interior Care(カーインテリオケア)【送料無料】【s10】【海外×】【在庫有】【あす楽】

価格:4,860円
(2017/7/1 21:57時点)
感想(10件)

AESOP/イソップ レバレンス ハンドウォッシュ 500ml (B500BT17)

価格:4,428円
(2018/5/27 02:12時点)
感想(1件)

イソップ Aesop リンスフリーハンドウォッシュ 50ml [003024]

価格:1,020円
(2018/5/27 02:14時点)
感想(2件)

KURE オイルシステム デュアルブ 200ml×2本【楽天24】[KURE(クレ) ボディケア用品 車用]

価格:3,387円
(2016/8/17 23:09時点)
感想(1件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

レクサス星が丘の奇跡

新品価格
¥1,512から
(2014/9/25 21:30時点)

<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
検索
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
プロフィール
QRコード