2016年12月10日

LC500/LC500h 新カラーや重量なども判明!

本日はレクサスディーラー合同開催のレクサスコンサートへ行ってきます。
隙あらば次期LSの話なんかも聞けたらいいなぁと・・・やはり新テクノロジー満載と思われるフラッグシップカーは気になりますね!

次期LS・・・かなりかっこいい予感。期待できそうです。エアサスペンション採用っぽいですね。

16-12-08-lexus-ls-next-gen-full.jpg

さて、LCについてはスペインでの試乗レポートが一気に解禁。
だいたい予想通りのコメントが多いようで、メーカー主催なのであまり悪いことは言えないのでしょう、オブラートに包んだ表現がほとんどと思います。なお、私は断然「LC500h」のマルチステージハイブリッドに惹かれます。エンジン音と新鮮なモーター音がなかなかいい感じに思います。LC500ならばRCFがありますので・・・

さて、レクサスエンスーなど海外サイトの情報を元にLCに関する新たな新情報をまとめてみました。
https://lexusenthusiast.com/2016/12/08/2018-lexus-lc-500-lc-500h-preview/

■日本に設定のないボデーカラーについて

今までのレクサス車では基本的に日本仕様がボデーカラーと内装カラーの選択肢が一番多かったですが、LCでは海外専用カラーがあるようです。

カラーコード<8Y0>「ストラクチャルブルー」(日本名:不明)
th_スクリーンショット 2016-12-10 1.30.05.jpg

「ネープルスイエロー」(海外名:フレアイエロー)と並ぶ新色のようです。
LC500hが今年の春に公開された際のイメージカラーのブルーのようですが、日本では今のところ設定がない模様。なぜでしょうね? ヒートブルーコントラストレイヤリングとはまた違った透明感のある、綺麗な色とのことなのでみてみたいものです。

16-12-08-lexus-lc-available-colors.jpg

なお、内装カラーは日本と北米では共通。呼び名はブラック以外、以下の通り違うようです。
LSやRCF・GSFなどでも日本が一番内装色のバリエーションが多かったのでちょっと残念な感じも。

オーカー     → ミッドブラウン(MID BROWN)
ダークローズ   → リオハ・レッド (RIOJA RED)
ブラック     → ブラック (BRACK)
ブリージーブルー → ビスポークホワイト (BESPORK WHITE)


■リヤブレーキ

リヤブレーキの詳細についても公開。
フロント6pod、2ピースディスク。リヤは4pod、1ピースのディスク。
LS460/LS600hの「F SPORT」と同様の構成っぽいですね。記載されてないですがブレンボ製でしょうか。
16-12-08-lexus-lc-brakes.jpg

■サスペンションのAVS機能

LCではサスペンションの減衰力調整の有無が不明でしたが、ドライブモードセレクトの一覧表が公開され、可変式であることが判明。
16-12-08-lexus-drive-mode-select.jpg

■標準ホイール

日本では、20インチ鍛造ホイール&ランフラットタイヤが標準ですが、北米では20インチ鋳造ノイズリダクションホイール+ランフラットタイヤが標準設定されるようです。このホイールは薄く見えてなかなかかっこいいですね。
なお、タイヤはミシュランだけでなく、ブリヂストンのランフラットタイヤも設定されるようです。
16-12-08-lexus-lc-20-forged-wheels.jpg

■重量
謎のベールに包まれていた車両重量ですが、広報資料?でついに重量が公表されたもよう。
LC500のモード燃費が「7.6km/L」ということから、RCFやGSFの「8.2km/L」より悪化しているため、確実に重いことが推定されましたがラグジュアリークーペということでやはり重いですね〜
カーボン、アルミ素材で相当な軽量化をしての結果ですから、それらの素材の仕様は必然だったのでしょうね。

LC500  1,935kg〜1,970kg
LC500h  1,985kg〜2,020kg

幅があるのはホイール、マクレビ、パノラマガラスルーフの有無による増減と思われます。
LC500については、TVDが装着されているGSFやRCFより約100kg重いってところ。
LC500hについてはLC500から50kgの増加にとどまっているのは軽量化されたリチウムイオン電池が効いているようです。
th_スクリーンショット 2016-12-10 1.10.03.jpg

2016年12月09日

LC500 first drive これから次々と?

LC500の海外レポートが徐々に出始めてきているようです。



上記動画では、LCで新設定の新カラー「ネープルスイエロー」が目立ってますね。
なかなか素敵なカラーですが、日本ではMOP設定ということのようで、選択率は低そうです。

th_スクリーンショット 2016-12-08 23.38.30.jpg



まずはヘッドライト。もう見慣れた3眼LEDヘッドライトですが、新型LX、RX、GSなどで採用されているアダプティブ方式のヘッドライトでないのが本当に残念・・・
なお、内側のコーナリングランプが見えますね。しかし、縦長のウインカーなので流れないのが残念。
th_スクリーンショット 2016-12-08 23.34.16.jpg

21インチ鍛造ホイール。ポリッシュ加工+ブラック塗装の仕上げ。
日本ではSパッケージ用装備ですが、その他のグレードでもMOP設定があるようです。
なお、キャリパー&ローターは「F SPORT」譲りで「RCF/GSF」とは差別化されているようです。
th_スクリーンショット 2016-12-08 23.39.12.jpg

こちらはLパッケージにオプション設定される20インチノイズリダクションホイール。
切削光輝加工がラグジュアリーですね。
th_スクリーンショット 2016-12-08 23.42.14.jpg

テールランプはハーフミラーの虚像発光が本当にカッコいい・・・これは実物を早くみてみたいです!
th_スクリーンショット 2016-12-08 23.35.55.jpg

内装ではダークローズのアルカンターラが新鮮です。アルカンターラってスーパーカー以外では「黒」しか設定がないイメージだったのですが、LCではダークローズやオーカー、ブリージーブルーなど様々なカラーがあるのが新鮮です。
なお、海外仕様でも助手席のシートポジションメモリは設定がないので確定の模様・・・。
th_スクリーンショット 2016-12-08 23.36.41.jpg

ナビ画面ですが、10.3インチって知るととたんに小さく見えます。ううむ。やはり縦方向のサイズが合わなかったという感じでしょうか?

th_スクリーンショット 2016-12-08 23.32.41.jpg

これから具体的なインプレッションが(外国語だと思いますが)次々と出てくるので週末が楽しみです!
th_スクリーンショット 2016-12-08 23.38.51.jpg

2016年12月07日

LC500トランクの広さのイメージが判明?

LC500/LC500h、いくつかの動画がアップされ始めてきましたね!

まずは気になる「LC500」のトランクの大きさが分かる動画・・・
といいつつ室内や空ぶかしの場面もあり見どころ多いです。(スピードメーターの動作ギミックがLFAライクでカッコいい。エンジンサウンドもいいし、LC500が欲しくなりますね・・・。)




th_スクリーンショット 2016-12-07 21.11.13.jpg



LC500のトランクサイズは以下の通りと推測されます。容量的には厳しいですが、動画を見る限りなんとかなる?
ゴルフバックは横置き1個分が確保されています。

横幅(手前側) 約 138cm
横幅(奥側)  約  82cm
奥行き     約  92cm
高さ      約  34cm
容量      約 197リットル
(500hは、奥行きが約27センチほど短縮するので相当狭いかと・・・)

もうひとつは、まさかのボデーカラー、「アンバークリスタルシャイン」<4X2>
まさかこの色が見れるとは・・・。

th_スクリーンショット 2016-12-07 21.18.40.jpg


内装色、「オーカー」とは似合うボデーカラーだと思いました。まさに、ラグジュアリーブラウン!
なんかドリフトやってますが、ノーコメントでw



2016年12月06日

LC500/LC500h レクサス初装備っぽいものは?

LEXUS LC500/LC500hの試乗レポートの解禁が待ち遠しい今日このごろ。

th_IMG_5203.jpg

既報の通り、LCはあまり目立った新装備がないように思いますが、その中でもレクサス初装備と推定されるものを列挙してみたいと思います。細かいものを入れると結構ありますね。

(すべて推定)

<パワートレーン>
・10速AT
・マルチステージハイブリッドシステム
・LDH(トルセンLSD制御付)
・リチウムイオンバッテリー採用

<ボディ>
・セルフピアッシングリベット(アルミとスチールの接合技術)
・20/21インチ鍛造アルミホイール
・ブラックカラー ホイールナット
・全車ランフラットタイヤ
・ドア・フロントフェンダーのアルミ化
・排気バルブシステム(LC500のみ)
・ポップアップ式ドアハンドル
・虚像発光式リヤコンビネーションランプ

<安全装備>
・4点式ポップアップフード

<内装>
・マグネシウム素材採用(ドアトリム助手席グリップブラケット、パドルシフト)
・カーボン(CFRP)採用(スカッフプレート、インナードアパネル、ラゲージドアパネル)
・発光式 助手席前オーナメントパネル
・ベゼルレス インサイドドアハンドル

<快適装備>
・助手席サイドグリップ(マグネシウム製)
・新意匠電子キー
・電動オープン式 グローブボックス
・タッチパッド サブファンクションスイッチ

<マルチメディア>
・ハイレゾ音源再生対応(WAV、FLAC、ALAC、OGG Vorbis)
・16cmボックスウーファー
・カーナビゲーション スマホ連動機能搭載
・カーナビゲーション 避難所マップ搭載


・・・LSのために出し惜しみされている装備がまだまだありそう?

2016年12月05日

LEXUS LC500h パワー&燃費は?

さて、2016年もいよいよ12月となりました。
ディーラーによってはクリスマスイベントなども企画されるのでしょうね!(東京エリアでは毎年複数のディーラーが合同開催している、東京藝大コンサートが今週末に開催されますね。)

スクリーンショット 2016-12-04 2.50.47.png

さて、LEXUS LCのティザーサイトも公開され、LEXUS販売店研修が今週〜来週にかけて富士スピードウェイのレクサスカレッジで実施される模様。LEXUSオーナー以外からの問い合わせも増えているようで、やはりそのスタイリングは相当人気を集めているようです。
また、海外での試乗会レポートが12月9日に解禁ということで週末はちょっとした「LC祭り」になるかもしれません。

なお、既に一部販売店では「見積書」の作成が可能となっているようです。
価格は・・・おおむね妄想通りでしょうか?
あまり目新しい装備はありませんが、ベース&Lパッケージをコミコミ「1500万以内」に抑えているのは価格訴求力があるかもしれません。(とはいえ購入できる方は本当に羨ましい〜!)

さて、先に3月16日前後にデビュー予定の「LC500h」については 世界初の「マルチステージハイブリッド」を搭載。
いったいどのようなフィーリングとパフォーマンスを発揮してくれるのか、本当に楽しみです。

ご存知の方も多いとは思いますが、ざっくりと「LC500h」についておさらい。

「LC500h」のネーミングどおり、ハイブリッドシステムにより排気量5000cc相当のパワーを発揮。
組み合わされるのは、新開発の「8GR-FXS」。
GS450hなどで使用している2GR系の集大成として開発されたもので、それにレクサス初の「リチウムイオン電池」を組み合わせています。

GS450hのハイブリッドシステムとのスペック上の違いは以下のとおりです。

[エンジン]
LC500h・・・8GR-FXS 出力220kw(299PS)/6,600rpm トルク 356N・m(36.3kgf・m)/5,100rpm
GS450h・・・2GR-FXE 出力217kw(295PS)/6,000rpm トルク 356N・m(36.3kgf・m)/4,500rpm

まずエンジンの最高回転数が6600rpmに引き上げられており、若干ですがエンジン出力が向上。
反面、最大トルクは変更なしですが、5100回転で引き出され、GS450hよりスポーティな味付けになっているようです。
また、従来のHVシステムではエンジン最高出力は時速120km/hを超えないと発揮できなかったようですがLC500hでは時速60km/hから対応可能となっている模様。

lc-hybrid-reveal-set-02-006-1920x1080_tcm-3065-631051.jpg


[モーター]
LC500h・・・132kw(180PS) 300N・m(30.6kgf・m) システム最高出力264kw(359PS)
GS450h・・・147kw(200PS) 275N・m(28.0kgf・m) システム最高出力256kw(348PS)

LC500hのモーターに関しては、従来のニッケルバッテリーより約20%程度の小型を図り、重量では34kgもの軽量化を果たしているようです。しかし、スペック的にはパワーはGSより下でトルクが上回るという仕様になっているようです。(なんでかはわかりません・・・)
LC500hには、EVモードスイッチも備わっていますがどれぐらいの距離をEVモードで走行できるのでしょうか?

[システム出力]
LC500h・・・ システム最高出力264kw(359PS)
GS450h・・・ システム最高出力256kw(348PS)

公式アナウンスではLC500hの「0→100km/h」加速タイムでは5秒未満とされており、約「4.9秒」と推測されます。一方、GS450hでは、約「5.6秒」であることから、システム出力以上の差がありそうです。
なお、時速45km/hぐらいまでであれば「LS600h」をも上回る駆動力が発揮されるようで、LC500hは街乗りや実用域での走行フィーリングはかなり良いものと思われます。

[燃費]
LC500h・・・ 15.8km/L
GS450h・・・ 18.0km/L〜18.2km/L

前述のとおりパワー/トルク等も若干異なりますし、車重も異なるため差があるのだと思いますが、省燃費っていう感じではありませんね。
レクサス系ハイブリッドは概ねモード燃費の7割程度が実際の燃費数値になる場合が多いようなので、リッター12km/Lぐらいでしょうか?
とは言え、スポーティーカーで、大都市間(東京近郊〜大阪間など)を無給油で余裕に走りきることができるのはとても安心できますね。
新プリウスもそうでしたが、最新のハイブリッドシステムであればある程度の速度域でもモーターアシストが発揮されるはずなので好燃費が期待できるかもしれません。踏んだときはスポーティに、クルーズコントロール等の低負荷時は好燃費が発揮されるような仕様であれば更に魅力が増すと思います。

なお、LC500hに関しては、以下の装備は備わらない模様。どれも魅力的な装備ですよねぇ・・・。

・トルセンLSD
・サウンドジェネレーター
・排気バルブシステム

2016年11月30日

LEXUS LC500/LC500h スペックを妄想してみた!(5)

LC500/LC500hの 「主要装備一覧表」(妄想編)を公開されている情報や画像等を元に作成してみました。

このクルマを検討・購入されるお忙しい方のほんの少しでもお役に立てば・・・
(とはいいつつ内容はまったくの妄想なのでまったく保証できませんのでご了承ください)

※このブログは3分で読めますが、制作には2時間ぐらいかかっています(笑)

CydLjMkWgAA-u6v.jpg-large.jpeg


左から 標準、Lパッケージ、Sパッケージ。
「◯」=標準装備 「△」=MOP装備 「ー」=設定なし

標準 L S
◯ / ◯ / ◯ … サウンドジェネレーター
◯ / ◯ / ◯ … マフラー可変バルブシステム
△ / △ / ◯ … トルセンLSD
ー / ー / ◯ … ギヤ比可変ステアリング(VGRS)
ー / ー / ◯ … レクサスダイナミックハンドリングシステム[LDH]
◯ / ◯ / ◯ … 前後マルチリンク式サスペンション
ー / ー / ◯ … アクティブリヤウィング
◯ / ◯ / ◯ … フロント対向6podキャリパー
△ / △ / ◯ … 21インチ鍛造アルミホイール(F:245/40R21、R:275/35R21)
◯ / ◯ / ー … 20インチ鍛造アルミホイール
ー / △ / ー … 20インチ鋳造ノイズリダクションホイール
◯ / ◯ / ◯ … ランフラットタイヤ(ミシュラン製 Pilot Super Sport ZP)


◯ / ◯ / ◯ … 電動パーキングブレーキ
◯ / ◯ / ◯ … ヒルスタートアシストコントロール
◯ / ◯ / ◯ … ブレーキホールド
◯ / ◯ / ◯ … 電動チルト&テレスコピックステアリング

              【Lexus Safety System+】
◯ / ◯ / ◯ … プリクラッシュセーフティシステム[PCS](歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
◯ / ◯ / ◯ … レーダークルーズコントロールシステム[ACC](全車速追従機能付)
◯ / ◯ / ◯ … レーンキーピングアシスト[LKA]
◯ / ◯ / ◯ … オートマチックハイビームシステム[AHB]

◯ / ◯ / ◯ … ブラインドスポットモニター[BSM]
◯ / ◯ / ◯ … リヤクロストラフィックアラート[RCTA]
◯ / ◯ / ◯ … バックガイドモニター
◯ / ◯ / ◯ … クリアランスソナー&バックソナー
◯ / ◯ / ◯ … VDIM
ー / ー / ◯ … VDIM[アクティブステアリング統合制御付]
◯ / ◯ / ◯ … ドライブスタートコントロール/緊急ブレーキシグナル
◯ / ◯ / ◯ … タイヤ空気圧警報表示
◯ / ◯ / ◯ … SRSエアバックシステム

◯ / ◯ / ◯ … 3眼フルLEDヘッドランプ
◯ / ◯ / ◯ … フルLEDリヤコンビネーションランプ
◯ / ◯ / ◯ … LEDコーナリングランプ
◯ / ◯ / ◯ … LEDクリアランスランプ

◯ / ◯ / ◯ … オート電動格納式ドアミラー
◯ / ◯ / ◯ … イルミネーテッドエントリーシステム(アンビエントイルミネーション付)
◯ / ◯ / ◯ … スマートエントリー&スタートシステム

◯ / ◯ / ◯ … 自動防眩インナーミラー(フレームレス)
◯ / ◯ / ◯ … タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
◯ / ◯ / ◯ … ドアトリム アンビエントイルミネーションシステム
◯ / ◯ / ◯ … 助手席前インテリアパネル
◯ / ◯ / ◯ … リモートタッチパッド
◯ / ◯ / ◯ … ドライブモードセレクトスイッチ

ー / ◯ / ー … パノラマガラスルーフ
◯ / ー / ◯ … カーボン(CFRP)ルーフ
◯ / ー / ◯ … カーボン製(CFRP)スカッフプレート
ー / ◯ / ー … ステンレス製スカッフプレート

◯ / ー / ◯ … アルカンターラメーターフード
◯ / ◯ / ◯ … 大口径可動式センターメーター(液晶表示切替式)
△ / △ / △ … カラーヘッドアップディスプレイ

◯ / ◯ / ◯ … ディンプル本革ステアリング(本革パッド/ヒーター)
△ / △ / △ … ステアリングヒーター
◯ / ◯ / ◯ … マグネシウム製パドルシフト
◯ / ◯ / ◯ … 本革シフトノブ
◯ / ◯ / ◯ … アルミ製スポーツペダル&フットレスト
◯ / ◯ / ◯ … LEDアナログクロック(GPS時刻補正式)

ー / ー / ◯ … アルカンターラルーフ/バイザー/ピラー/パッケージトレイ
◯ / ー / ◯ … アルカンターラ&本革シート(運転席ポジションメモリー)
ー / ◯ / ー … セミアニリン本革シート(運転席ポジションメモリー)
◯ / ◯ / ◯ … シートヒーター&ベンチレーション機能
◯ / ー / ◯ … 8wayパワーシート
ー / ◯ / ー … 10wayパワーシート
◯ / ◯ / ◯ … ワンタッチウォークインシート
ー / ◯ / ー … 上下電動調整式ヘッドレスト
◯ / ー / ◯ … 後席アルカンターラ&本革シート
ー / ◯ / ー … 後席L-texシート
ー / △ / ー … ブリージーブルー内装
◯ / ◯ / ◯ … 助手席サイドネットポケット

◯ / ◯ / ◯ … レクサスクライメイトコンシェルジュ
◯ / ◯ / ◯ … クリーンエアフィルター

◯ / ◯ / ◯ … LCプレミアムサラウンドシステム(12sp)
△ / △ / △ … マークレビンソンリファレンスサラウンドシステム(13sp)
◯ / ◯ / ◯ … ブルーレイディスク再生機能
◯ / ◯ / ◯ … ハイレゾ音源再生機能
◯ / ◯ / ◯ … 10.3インチワイドディスプレイ
◯ / ◯ / ◯ … マップオンデマンド/3D市街地地図表示機能
◯ / ◯ / ◯ … 地上デジタルTVチューナー/ワイドFM対応
◯ / ◯ / ◯ … USB(2)/AUX
◯ / ◯ / ◯ … ETC2.0ユニット
◯ / ◯ / ◯ … イモビライザー/侵入センサー付オートアラーム/セキュリティランプ

※内容は全くの妄想で実際の装備とは異なります。

2016年11月28日

LEXUS LC500/500h 装備面のなぜ??

レクサス待望の新型車「LC500/LC500h」について 商品概要が徐々に明らかになってきているようですね。

CyQV4m4WgAAxXtE.jpg-large.jpeg


本日(11/28)には、日本国内でも公式のティザーサイトもオープンするなど、従来のモデルにはない特別なPRが実施されています。
http://lexus.jp/models/lc/

推定価格が1300万円〜のLC500/LC500h。
クーペスタイル、190cmを超えるボディ幅、200Lを下回る狭いトランクスペースなど価格のみならず、所有するにはハードルがなかなか高いモデルですが、1月下旬には公募制の「プロトタイプ内覧会」の実施などレクサス新世代のモデルとしてメーカーも相当な力を入れているようです。

そのデザインと動力性能には納得が行くところですが、装備面に関しては私的には「なぜ?」と思うところがいくつかありますので、ざっと書き出してみたいと思います。



【安全装備面】
・「アダプティブハイビームシステム」(AHS)が備わらず、単なるオートマチックハイビームシステム(AHB)なのはなぜ?
・ヘッドライトのAFS機能がないのはなぜ?(※コーナリングランプはあり)
・プリクラッシュセーフティシステムが「LS」のようなステレオカメラフュージョン方式でないのはなぜ?

【快適装備】
・助手席シートポジションメモリシステムが無いのはなぜ? (*現行LSは標準)
・助手席シート前の空間だけがなぜインテリアパネルなの?(新たな画像あり!ツヤツヤで結構質感高そう)

スクリーンショット 2016-11-28 21.15.36.png


・ナビゲーションサイズはなぜ「12.3」インチではなく「10.3」インチなの?
・アンドロイドオート&アップルカープレイには対応しないの?
・なぜL-packageのリヤシートの素材がL-texなのか。
・なぜS-packageだけルーフ、バイザー、ピラー、パッケージトレイがアルカンターラ化されているのか。

【動力性能】
・LC500のモード燃費が「約7.6km/L」とRCF・GSFよりも悪化しているのはなぜ?
 (トルクは若干向上しているが、やはり車重の問題か?それとも新開発の10ATの問題?)
・VGRS(ギア比可変ステアリング)がS-Packageだけの設定なのはなぜ? (*現行LSは全車標準)
・ブレーキキャリパーのカラード設定がないのはなぜ?


その他【現時点で有無が不明な装備】

・サスペンションのAVS(減衰力調整)機能
・空調ナノイーイオン
・コンフォータブルエアシート、IRマトリクスセンサー
・後席センターアームレスト&カップホルダー
・運転席・助手席パワーイージーアクセスシステム
・ドア&トランクイージークローザー
・スピードリミッター

今のところの私的な印象では、LCは室内の各パーツの質感は非常に高いですが、装備的にはLSより結構落ちるような印象があります。(今年夏発売のLSとでは更に格差が広まるのでは?)
特に、LSS+のシステムに追加装備がないということと、先進性の高いヘッドライトに「AHS」機能も「AFS」機能も備わっていないというのはラグジュアリークーペとしては疑問です。(軽量化を優先しているのかもしれませんが・・・)

まだまだ詳細装備が不明な点は多いですが、装備面を重視される方は今夏の新型「LS」発売後、来年の最初の年次改良まで待つというのもアリな感じがします。(最初の1年目、2年目はLSに準じ、結構改良がほどこされるような予感がします。)

なお、現時点ではハイブリッドモデルの「LC500h」の方が先行で発売される模様です。(複数のディーラー情報から3月16日説が濃厚?)


2016年11月26日

次期LEXUS LSにも注目です!

1月のデトロイト モーターショーで公開されるとされる、次期レクサス LS。
本日発売されるニューモデルマガジンX(2017年1月号)を購入してみました。
表紙に「LS500」って書かれると読まざるを得ませんね。

16-11-14-lexus-ls-prototype-front.jpg


▼楽天

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2017年 01月号 [雑誌]

価格:650円
(2016/11/26 21:57時点)
感想(0件)





▼amazon

ニューモデルマガジンX 2017年 01 月号 [雑誌]

新品価格
¥650から
(2016/11/26 21:58時点)





「ターボモデル」の命名規則が変わるというのは、予想はしていましたが本当にそうなるとは・・・
日本国内では「LS500」、「LS500h」、「LS350」で商標登録されているので、LS500h以外がツインターボモデルということでしょう。NAエンジンモデルとの区別が益々難しくなりそうです。
(RX200t、NX200t、IS200t、RC200tのネーミングはどうなるんでしょ?)

よって、LSに関しては既に噂通り「V8」エンジンモデルが廃止となるのは間違い無さそうです。
社用車ニーズとしてのLSとは決別、社用車需要はあらたに発売される新型センチュリーにシフトし、若きリーダーに選ばれるようなスタイリッシュなLSになるという話も聞こえて来ますし、驚きの「ロング」仕様のみという噂も?
なお、動力性能に関しては当面、LC500とRCF・GSFがトップで、次いでLS500、LC500h、LS500h…という感じでしょうか?

また、マガジンXには、さり気なくページの欄外に LCのスタッフマニュアルに記載されていると思われる「LC」の燃費数値も記載されているなど、ページ数は少ないながらも読みごたえがありました。(コレ、見事に合ってますね・・・。)

その他、「C-HR」のグレード別価格やメーカーオプション価格なども出てますね。
ただ、C-HRに関しては、「ワンダー速報」さんが一番詳しいですね。
http://drumsyos.blog.fc2.com/blog-entry-1360.html


「LC」に関してはスタイル、内装ともに非常に素晴らしいのですが、基本設計が古いのか、先進装備や安全装備のアップデートが少なく物足りなさを感じる部分があります。次期LSでは一気にMercedesを追い越す先進の安全装備・快適装備や世界初の技術が取り入れられていることに期待します!
はたしてどんな隠し玉が?

CyDKYyPUoAAVaz1.jpg-large.jpeg

LC500/500h トランクはやはり狭い?複数車所有が前提?


LC500系はとにかくカッコいいですが冷静に考えると、実用的かつゴージャスな前席に比べ後席の狭さ、そしてトランクスペースの狭さは問題となるかもしれません。
後席の狭さはクーペなのでやむを得ませんが、RC/RCFよりさらに狭い印象。
特に「高さ」の面では不利と思われます。(高さは約35〜40cm程度)

lexus-lc500h_010.jpg


トランクスペースの画像は(おそらく)公開されていませんがとにかく狭いことが想定されます。
どれぐらい狭いかというと、指標によく使用されるゴルフで例えると、ゴルフバックが「1セット」しか搭載できないものと考えられます。

よって、2人乗車でゴルフなどに行かれる方はそもそも選択肢から外れてしまいます。
ポルシェなどのスポーツカーと異なり、レクサスを選択される方は実用性にも惹かれて選択される方が多いと思いますが、LCはそのスタイルを実現するためにトランクスペースが犠牲になっていることは注目すべきポイントと思います。
容量でいうと、LC500のトランクスペースは「約190L前後」と想定されます。(参考:RCF=366L)
th_スクリーンショット 2016-11-25 23.42.29.jpg


また、ハイブリッド仕様のLC500hはバッテリーのスペースがありますので、さらに20L〜30L程度はスペースを専有するものと考えられますので、トランクスペースは「170L」程度ではないでしょうか。
最近のレクサスモデルと違い、大容量のリチウムイオンバッテリーが床下ではなく、結構な場所にあるんですよね・・

lc-hybrid-reveal-set-02-006-1920x1080_tcm-3065-631051.jpg


初代「GS450h」はデビュー当時トランクスペースの狭さが話題になりました。(確か290L程度だったかと)
セダンなのにゴルフクラブが2セットしか詰めないのでクラウンやセルシオから乗り換えできなかった方も多いとか?
LC500hはさらに初代GS450hの半分程度のスペースしか無いと考えたほうが良さそうです。

その他、LC500/500hはレクサス初の標準装備がランフラットタイヤとなります。20インチまたは21インチのランフラットタイヤがどれ位の乗り味、快適性を保っているのかも興味深いところです。

まとめると(あくまで妄想ですが)

・トランクスペースはとにかく狭く、オープンカー並?(買い物好きな方や長期間の旅行は厳しい?)
・2人でゴルフに行く方は選択肢から外れる?
・大口径のランフラットタイヤは好みが分かれる?

という感じで、LC1台のみ所有ということですといろいろ制限が出てきそうな印象。
もっとも、このクラスのクルマを購入される方は複数所有の方がほとんどと思いますが・・・

さて、明日(本日か?)26日は、ニューモデル マガジンXの発売日!
気になるのは表紙にも記載されている、レクサス「LS500」の421Ps仕様? 
日本仕様のLC500は477Psですが、ここからデチューンされているのか?これは記事をチェックせざるを得ませんね。
なお、日本で導入される新型LSについてはロング仕様しか存在しないという噂も?

▼楽天

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2017年 01月号 [雑誌]

価格:650円
(2016/11/26 00:04時点)
感想(0件)




▼amazon

ニューモデルマガジンX 2017年 01 月号 [雑誌]

新品価格
¥650から
(2016/11/26 00:09時点)


2016年11月24日

LEXUS LC500/LC500h スペックを妄想してみた!(4)

LC500/LC500h 妄想編 第4弾はボディカラーについて。
既に多くの画像が公開されていますが、LCではどのようなカラーが設定されるか想像してみたいと思います。
LCでは新色を含む、約11種類のボディカラーがラインナップされると予想されます。

■ホワイトノーヴァガラスフレーク <083>
 LC500hのイメージカラーであるホワイト。個人的に期待していた、新しいホワイト系のカラーは採用されなそうです。
 LCは「F SPORT」が基本ベースになっていると思われるので、既存のレクサス車の標準グレードや「version.L」に設定される、「クォーツホワイト」の設定はない模様。
 ちなみに写真の画像の車両のホイールは「ブラックエディション」のホイールと推定されます。(ディーラーオプション)

20161013-10253288-carview-000-3-view.jpg


ラディアントレッドコントラストレイヤリング (メーカーオプション) <3T5>
 LC500のイメージカラーといえばこの色!クーペ専用カラーという位置づけですね。15万円+taxのお値段です。
23.jpg

■ネープルスイエロー(メーカーオプション)<5C1>
 待望の新色! スポーティなクルマには似合いますね!おしゃれな方に乗りこなしていただきたいですね。
16-11-01-lexus-lc-yellow-sema-1.jpg


■グラファイトブラックガラスフレーク <223>
 人気のあるブラック系+ガラスフレークの組み合わせの人気カラー。それにしても、スターライトブラックGFがなぜ廃止されたのでしょうか・・・。
16-08-19-lexus-lc-500-engine-boost-2.jpg


■ブラック<212>
お手入れは大変ですがソリッドのブラックもラインナップされるでしょう。こちらも人気間違いなしでしょうね〜
16-10-03-lexus-lc-black-italy-3.jpg


■ダークグレーマイカ〈1G0〉
 GS、GSFに続き復活した「ダークグレーマイカ」がLC系でも登場予定です。
16-04-29-gallery-lexus-lc-dark-gray-3-2.jpg

■ソニックシルバー〈1J2〉
 プレミアムクラスに設定されているシルバー系はLC系でも当然設定されるでしょう。金属感ある塗装はレクサスならでは。
16-05-03-lexus-lc-500h-silver.jpg

■ソニックチタニウム〈1J7〉
美しいボディ造形のLCではには陰影がはっきりわかるこのカラーがおそらく設定されるでしょう!
16-03-01-gallery-lexus-lc-500h-atomic-silver-3.jpg


■ディープブルーマイカ〈8X5〉
ブルー系といえばISやNXでも採用が拡大されている「ヒートブルーコントラストレイヤリング」ですが、どうやらLCでは採用されない模様。なぜでしょうか? しかしこの「ディープブルーM」は透明感かつ深みのある素敵なカラーです。(実物見ると相当いいカラーです)
 lexus-lc500h_003.jpg

■ガーネットレッドマイカ〈3S0〉
既存のレッドマイカクリスタルシャインではなく、以前RXで設定されていたカラーが復活予定。
 おとなしめのシックなカラーですが日本で売れるかなぁ?
スクリーンショット 2016-11-23 22.18.17.png

■アンバークリスタルシャイン<4X2>
 いわゆる「茶色」で、スポーティ系のクルマでは設定されないですが、LCではこのカラーが設定される模様。
レアカラーとなると思われますが、こちらもオシャレに乗りこなすとかっこよさそう。
スクリーンショット 2016-11-23 22.40.37.png

LC500/LC500hはカーボンルーフが標準グレード、S packageに採用されるものと思われますので、その組み合わせも考えるとボディカラーの選択は悩ましいですね〜

なお、ドアミラーウインカーも意匠が変更され、レクサス初の「端から端まで」ウィンカーがあるタイプ(BMWのM3/M4みたいな感じ?)に変更されます。
ドアミラーの上部は全グレードブラック系となるのもセダン/クーペタイプでは初の試み。カッコいいです。
082_o.jpg

2016年11月23日

LEXUS LC500/LC500h スペックを妄想してみた!(3)

LC500/500h 妄想 第3弾

ナビ/オーディオ/快適装備関係

なかなか各種メディアでも触れられなかった部分ですが概ね以下のとおりとなっていると予想。

■ナビゲーションモニター
 モニターですが、当初はMercedes S・Eクラスのような「ツインモニターか?」という噂もありましたが、結局のところはシングルモニターで確定の模様。で、画面サイズですが定番の12.3インチかと思いきや、新型ISで採用された「10.3インチ」のようです。これはちょっと意外・・・
クーペボディのため、おそらく「縦部分」のサイズが足りないのかと思いますが、今後発売されるLSは12.3インチのみにとどまらないと思われるため、画面サイズの大きさは先進性にもつながりますので残念な印象。
また助手席前パネルは残念ながら「オーナメントパネル」で確定の模様。(マイナーチェンジでは変更されそうですね・・・)なお、アナログ時計の右側の「波状のライン」はイルミネーションとして機能することが海外動画から明らかになっています。
LC-image-009-1920x1080_tcm-3065-599270-2.jpg

■リモートタッチパネル(RTI)
NX・RC系で採用されたものですが、「戻る」ボタンの追加など利便性が向上。
ソフトウェア自体がアップデートされていると思われるため、多少もっさりとしていた動作はスマホライクなキビキビしたものになると期待しましよう。

また、LCはRTIのパームレストがありますが、そこは開閉式(開閉ボタンと思われるものが存在)となっており、スマートフォンを収納できると考えられます。「RX」のそれはiPhone6/7などの大型スマホに非対応でしたがLCは改善されていることを期待しましょう。

また、本画像は貴重な?右ハンドル仕様ですが、RTI上部のオーディオ等の操作ノブのすぐ近くにシングルのカップホルダー(リッド付き)があることが確認できます。これはコーヒーカップやミニタンブラーなどのサイズに合わせたもののようです。小物入れが少ないLCにとってはドリンクホルダーは貴重な位置。しかし、ここは助手席の方は「壁」があって取りづらい?
(なお、「500mlペットボトル」は、ドアトリムに1つづつ収納できる見込み。また、助手席側足元には「ネット」が装備されており、そちらにも一応入るみたいです)
th_スクリーンショット 2016-11-23 9.18.46.jpg

■オーディオ関係

オーディオ関係では「新世代」にアップデートされることがアナウンスされていますので、ついに「ハイレゾ音源」がサポートされると思われます。なお、標準オーディオでは狭い室内ながら12スピーカーを設定。
マークレビンソン仕様になると13スピーカーになると予想されます。
なお、LS・LXでは「リファレンスサラウンドサウンドシステム」の名称がついていますが、LCも同様の模様。
ただし、LSは・LXでは19スピーカーに増強されていましたがLCでは13スピーカーで同等の世界観を実現している模様。
なお、USB端子は2つが備わっている模様。(ここにハイレゾ音源を入れたUSB機器を接続?)
もしくはハイレゾ音源をダウンロードしたハイレゾ対応ウォークマン等を接続すると使えるのならばiPhoneやiPodからのシフトされる方も増えそう。


■ヘッドアップディスプレイ
 フルカラーの大型のものを搭載。(LXと同サイズか?) 
 LCでは全グレードにメーカーオプションと推測されます(約8万円+tax)、標準装備してほしかったところですが。
 新型LSではどう進化するか気になるところですが、現時点では先進性の高い装備ですね。
 img_color_head_up_display_01.jpg

現時点では世界が驚くような新装備(電子ドアミラーや自動防眩フロントウィンドシールド等)はない模様。ここは「LS」への配慮か、そもそも「LC」の基本設計がずいぶん以前に完了しているためでしょうか?


・・・妄想は更に次回に続きます。

2016年11月21日

LEXUS LC500/LC500h スペックを妄想してみた!(2)

LC500/500h 妄想 第2弾

今回、多くの方が疑問に思うであろう、「標準」と「L Package」(以下、「L」」と表記)との違いです。
仮に「標準」と「Lpakage」が「同価格」としてなぜそうなるか?
今まで「version.L」と「F SPORT」が同価格というのはよくありましたが、標準グレードと「L」が同価格というのはありませんでしたね。

lc-hybrid-reveal-004-1920x1080_tcm-3065-630925.jpg



【標準グレードにあり、「L」にない主な装備(予想)】
・カーボンルーフ
・アルカンタラーメーターフード(除く:ブリージー内装)
・カーボンスカッフプレート
・前席アルカンターラスポーツシート
・後席アルカンターラシート
・メモリー機能付き8wayパワーシート
 など

【「L」にあり、標準グレードにない主な装備(予想)】
・前席セミアニリン本革シート
・後席L-tex(合成皮革)シート
・10wayパワーシート
・サイド部可動ヘッドレスト
・鋳造ノイズリダクションホイール+20インチタイヤ(MOP)
・内装素材一部変更
 など

というように、「L」に関しては、目に見える部分での高価な「カーボンパーツ」と内装素材の「アルカンターラ」等を廃止し、そのかわり前席にセミアニリン本革シートや高機能パワーシート等を装備し、「前席重視」という仕組みとなる模様。

しかし悩ましいのは・・・次の2点!

1)人気が予想される「ブリージー内装」(メーカーオプション?)は「L」専用装備の可能性が高いです。
  つまり、この内装に惹かれた方は自動的に「L」を選択せざるを得ません。
  ※また、ブリージー内装は一部のボデーカラーとの組み合わせができません。

16-05-13-lexus-lc-interior-2.jpg

2)開放感のあるパノラマルーフは「L」専用装備となると思われます。
  (単体のMOPは存在しないと思われます)

th_DSC05465.jpg

逆に言えば、「カーボンルーフが欲しい」方は自動的に「L」の選択肢が外れます。

・スポーティな内外装を味わいたい方
 →「標準」または「S」

・快適さ、ラグジュアリーさ、本革シートが大好きな方
 →「L」を選択

・アクティブリヤウイングや後輪操舵の統合制御「LHD」が必須な方
 →「S」を選択

なお、今回はレクサス初、ファブリック系の「アルカンターラシート」にもシートベンチレーション機能が装着されるものと思われます。本革シートはちょっと苦手・・・でもシートベンチレーションのためにやむなく本革を選択していた方は「標準」を選択することができそうです。
LC-image-004-1920x1080_tcm-3065-599273.jpg

・・・その(3)に続きます。

2016年11月20日

LEXUS LC500/LC500h スペックを妄想してみた!(1)

紅葉シーズンも真っ只中ですね。
新型ISも発表されはや1ヶ月。納車が待ち遠しい方も多いでしょうね〜 私もそのうち試乗して「進化」具合を体感してみたいです。さて、次なるレクサスの新型車は・・・満を持していよいよ登場、LEXUS LC。2016年公式カレンダーでも表紙&1月、2月を飾り、クルマ好きの方においては、2017年最大の注目車といっても過言ではないでしょう。

さて、そろそろ「LC」について本格的な妄想をしてみたいと思います!
海外サイトでの動画・静止画や日本での目撃情報・タレコミ情報を総合して、「第1弾」として妄想してみたいと思います。(※すべて「妄想」ですので当然正確ではありません。よってメーカー、ディーラーへの問い合わせや「転載」はご遠慮ください)

th_DSC05458.jpg



【グレード】
グレード構成は3グレードか?
従来のLEXUS車と違い、グレード体系が異なっている模様。
「F SPORT」がない。また、「バージョン●●」ではなく、「●パッケージ」と呼称されており、「標準グレード」は廉価バージョンではないようです。

・標準
・L Package
・S Package


【標準装備】
・カーボンルーフ(CFRP) <L除く>
・アルカンターラスポーツシート<L除く>
・アルカンターラリヤシート <L除く>
・8wayパワーシート<L除く>
・アルカンターラメーターフード <L除く>
・シートベンチレーション&ヒーター
・カーボンスカッフプレート <L除く>
・20インチ鍛造ホイール<S除く>
・マグネシウム製パドルシフト
・10.3インチモニター (←(注)妄想です)
・助手席前オーナメントパネル (←(注)妄想です)
・ハイレゾ音源再生
・12スピーカー
・サウンドジェネレーター&可変排気バルブ
・新意匠LEXUSキー
ほか


【標準装備 安全装備系】
・前後フルLEDヘッドランプ&フロントコーナリングLEDランプ
・Lexus Safety System+  (LKA装備)
・ブラインドスポットモニター(BSM)
・クリアランスソナー
など

【S専用装備】
th_DSC05444.jpg

・LEXUS Dynamic Handling System (LDH) 
・アクティブリヤスポイラー
・トルセンLSD
・21インチ鍛造ホイール
・アルカンターラルーフ、ピラー、サンバイザー等
など


【ボデーカラー】
・全11種類
・新色 ネープルスイエロー(5層コート メーカーオプション)
16-11-01-lexus-lc-yellow-sema-1.jpg
・「ラヴァオレンジ」、「ヒートブルーCL」は未設定

【内装色】
・全4色
・新色 オーカー 
27-4.jpg

・新色 ブリージー (セミアニリン本革専用 ?MOP?)
11-4.jpg

・ダークローズ
16-07-04-lexus-lc-caviar-gallery-4-2.jpg

あとはブラック。


【主要メーカーオプション】
・特別色ボディカラー(ネープルスイエロー、ラディアントレッドCL)
・ブリージー内装
・フルカラーヘッドアップディスプレイ
・LSD<標準、L専用>
・21インチ鍛造ホイール<標準、L専用>
・20インチ鋳造ノイズリダクションホイール <L専用>
・”マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム

【予想価格帯】
LC500は1300万円〜 <Sは+100万円、標準と「L」は同価格> 
LC500hは1350万円〜 <Sは+100万円、標準と「L」は同価格>

すべて妄想ですが、次回に続きます。

2016年11月17日

マイナーチェンジしたIS発売後、RC系との違いは?

LEXUS IS がマイナーチェンジしましたが、予定通り「RC/RCF」は約1年間は現行仕様となる見込み。
ISとRCはかなり似ているので(特に内装)ナビゲーションサイズの拡大やLSS+の採用など大きく進化したISに比べ、RCが見劣りする部分は確かにあるといわざるを得ません。

しかし、ここで今一度ISとRCの違いを見つめ直してみたいと思います。
(根本的な内外装デザインやボディ構造・剛性、動力性能、リモートタッチの構造は除きます)

RC系とIS系の違いをざっと洗い出してみました。

1)アウトサイドドアハンドルLEDイルミネーション
  ISは従来通りのドアミラー下おもてなしライトですが、RC系はドアハンドル下と上部のスリットが光りムーディかつ実用性も向上しています。

img_19.jpg


2)ドアトリムに「本アルミ」採用&ドアトリムに「アンビエントライト」採用
  ISには採用されていない、本アルミが採用されていて質感が向上しています。
  また、ドアトリム自体が長く、アームレストとしての機能性もアップしています。
  ISには採用されていない、グラデーション式のアンビエントライトが備わっており、夜間はきれいです。
  GSやLX、新型RXにも装備されていますが、RCはグラデーション式でとてもキレイです。

DSC07088.JPG

img_illumination.jpg

3)フットレストがアルミ式 
F SPORTグレードには、フットレストがアルミ式となり、スポーティです。(2015年モデルからはすべり止めの意匠も変更となりました)
th_DSC01582.jpg

4)助手席にも快適なセンターアームレスト&固定ノブのあるカップホルダー
  センターコンソールの配置が見直され、ISで欠点とされた助手席側のセンターアームレストやドリンクホルダーの使い勝手が大きく向上しています。
55.jpg

5)ドアスピーカーリングの追加
  スピーカーの周りには専用の樹脂製リングが付いて質感が向上しています。(非マクレビは樹脂製)
th_DSC08542.jpg

7)タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
  先進性の高い、タッチセンサー付きのLEDスポットランプとルームランプを装備。
  img_20.jpg


8)フレームレスインナールームミラー
  スタイリッシュなフレームレスを採用。以外にも採用車種は広がりませんね。(LEDスポットライト機能がついていればなお良いのですが・・・)
  143.jpg


9)LSD、専用オレンジブレーキキャリパーの設定
  ISにはない、スポーティな装備が選択可能です。
th_th_DSC09418.jpg


10)フルオープントランクリッド
   カタログにも書いていない隠し装備。RC系はトランクボタンを押すだけで自動的にトランクがフルオープンになります。一見電動ライクでホテルやゴルフクラブで優越感?(閉めるとき手動なのでバレますがw)
076.jpg

あまりPRされていませんが意外に差がありますね。
「LSS+」については、現状のRC系でもほぼ同等の装備がメーカーオプションで準備されていますので、やはり大きな差は「フルLEDテールランプ」と「10.3インチワイドディスプレイ」という感じでしょうか?
RC系のマイナーチェンジはIS系に準じるのは明らかなので今後1年間のRC系のセールス状態がどうなるか?見守りたいと思います。(そういう意味ではRCFに減衰力可変サスペンションを採用したのはタイミング的に「アリ」な感じがします)

2016年11月15日

スーパーGT LEXUS RCF が有終の美を飾る!

モータースポーツで人気のスーパーGT。
そのGT500車両にトヨタ(LEXUS)がベース車両として供給している「RCF」についてはデビュー以来なかなか勝利に恵まれませんでしたが、ついに今年度はシリーズを制覇しました!
http://lexus.jp/brand/amazing_in_motion/motorsport/index.html

昨年はGT-R、一昨年もGT-Rがチャンピオンでしたので、LEXUS陣営は3年ぶりの勝利のようです。(2013年はLEXUS SC430がチャンピオン)
このままチャンピオンにならないまま、RCFはLC500にバトンタッチするかとも思われましたが・・・!
02-3.JPG

さて、まだまだ詳細スペックが判然としない「LC500」、「LC500h」ですが、少しずつ情報開示がされている模様。
LC500については、先行発売したFモデルである「RCF」、「GSF」との違いが特に気になるところですが、決定的に違うのが、「RCF」にオプション、」「GSF」に標準装備されている「TVD」(トルクベクタリングディファレンシャル)の有無。

35.jpg

LC500については、TVDが非装備であることが判明しており、そのかわりスポーツグレード仕様には「LDH」(レクサスダイナミックハンドリングシステム)が装備されることが想定されます。

LDHとTVDの違いは乗り比べるとその違いがわかりますが、コーナリング中にアクセルを踏み込み、アンダーステアを解消気味に走行される方はTVDの挙動が好みの方も多いのではないでしょうか?
TVDはLDHと違い、スイッチ一つで効き具合を常時3段階で調整できるのも良いですね。

年明け1月に開催されるデトロイト・モーターショーでは来年秋頃発売と予想される、新型LSのお披露目が予想されていますので、LSとLCとの類似点ももうそろそろ判明しそうです。
公道テストも本格的に開始され、あと1ヶ月もすればティザー画像が出回るのでしょうね!

Lexus-LS-Erlkoenig-fotoshowBig-6e597548-989379.jpg

2016年11月13日

auひかり から ソフトバンク光に 変更してみた。で速度は?

たまにはクルマのこと以外でも書こうかなぁ・・・自分自身ちょっと困ったので役に立てばと。
今まで「auひかり」を2年半ほど使用していたのですが、スマートフォンの割引が行われる、「スマートバリュー」の割引が2年以降縮小するのと、iPhone7発売を機に電話品質が乏しかったauからソフトバンクへMNPするため。光回線もソフトバンク光(いわゆる、フレッツ光のコラボレーション)に変更しました。

ソフトバンク光についてはインターネット上でもさんざんな批判を受けている記事を見かけますが、その多くは申込みが集中した2015年春〜夏頃のものが多いようです。当方は2016年10月の開通ですので、最近の事例として参考になれば・・・
まず開通から約1ヶ月、トラブルは2点発生しました。

■1点目
回線速度が遅いこと。 (通信速度50Mbps未満)
しかし、これは後ほど、当方の接続の問題で劇的に回復します。

■2点目
不要なオプションがついていた。具体的には、契約時に申し込んでいなかった、「無線LAN(N)」(月額324円)が勝手に付帯されていた。


まず1点目の「回線速度が遅い」問題については、当方の接続の問題で無事解決しました。
最近の分譲マンションの場合は、あらかじめ「光回線」が引き込まれている場合が多いと思います。
当方の場合もそうで、基本的には専有部分のクローゼットや納戸などに、LAN関係の配線がまとまって配置されており、そこに光ケーブルが予め配線されていることが多いです。

ソフトバンク光を申し込むと、まず、コラボレーション提供元のNTTからは「ルーター内臓のONU」(当方はNECのPR-NE400)が届きます。
そして別便でソフトバンクから「光BBユニット」が届きます。

説明書には一般的な戸建住宅やごく一般的なマンションの例しか記載されていません。
最初から光回線が導入され、各部屋にあらかじめLAN回線が施設されているケースが記載されていなかったので、従来のau光のONUを単純にNTTのONUに置き換えるように、当初は以下の感じで接続していました。

■従来(auひかり)
「配線盤」ー光ケーブルー「auひかりのONU」ー各部屋のLAN配線ー「社外ルーター」

■当初(ソフトバンク光)
「配線盤」ー光ケーブルー「NTTフレッツ光のONU」ー各部屋のLAN配線ー「社外ルーター」

ということで、ソフトバンクから別便で届いていた、「光BBユニット」は接続していませんでした。
BBフォンは使いませんし、光BBユニットを接続しなくても問題なく通信が出来ているので、接続する必要性を感じていませんでした。

しかし、4K動画等をストリーミング受信していると、「どうも遅い・・・」という事に気が付き、光回線速度を計測すると、空いている時間帯で「80Mbps」、常用する夜間の混み合う時間帯では50Mbps未満の「30Mbps」程度しか出ていませんでした。
今まではauひかりで常時「150-200Mbps」ぐらいは出ていたので明らかな速度低下を感じました。


■解決策
とあるインターネットのブログ記事で、「光BBユニット」を接続すると、「IPv6接続になり、速度が改善された」との記事がありました。

しかし、そもそもIPv6ってなんなのかさっぱりわかりません(笑)
調べてみると、とにかく速度が早くなる、ソフトバンク光はIPv6に対応しているということがすぐわかりました。(ソフトバンク光のホームページにもあまり目立たないところに書いてある)

そこで、使用していなかった「光BBユニット」を接続しました。(写真の白いユニット)
th_IMG_6211.jpg


結果的に以下の配線となりました。

「配線盤」ー光ケーブルー「NTTフレッツ光のONU」ー「光BBユニット」ー各部屋のLAN配線ー「社外ルーター」

で結果的にこのようにすべてキレイに配電盤に収まりました。
th_IMG_6216.jpg


驚いたのは、光BBユニットを接続して数時間すると、ソフトバンクから、「IPv6開始のお知らせ」なるSMSが届いたこと。光BBユニットを接続するだけで、ソフトバンクに連絡がいき、こちらにその連絡メールが来るとは・・・よくわかりませんが凄い仕組みですねぇ。
th_IMG_6217.jpg

この時点で「Ipv6測定サイト」で調べたところ、まだIpv4でしか接続出来ていませんでしたが、さらに数時間後には無事Ipv6で接続されました。
<測定サイト>
https://www.plala.or.jp/ipv6/access/result/

ちなみに、ソフトバンク光のサイトでは、NTTのONUで「IPv6パケットフィルタ」の設定をしておいたほうが良い旨の記述がありましたので設定しておきました。
th_IMG_6218.jpg

回線速度は 空いている時間は「300-400Mbps」、混み合う時間帯でも「250-300Mbps」は安定して出るようになりましたので大変満足できます。
なお、当方の環境では若干ではありますが、光BBユニットの無線LAN機能より既存の無線LANルーター(NEC Aterm
WG1800HP2)の方がアップロード速度が早いので、光BBユニットの無線LANは実質上使用していません。

さて、もう一つの料金明細書にいきなり記載があって驚いた「無線LAN(N)」ですが、これは完全に業者のミスのようで、毎月「324円」かかります。とはいえ、年間でいうと年間で3,888円、2年では8,000円近くかかるわけで使いもしないのに明らかに無駄です。
これはソフトバンク光のサポートデスクに電話するとすぐ解約の手続きをおこなってくれ、1週間後にはNTTから無線LANカードの返却手続きの書類が届きました。
初月については手続き上、324円の料金がかかりますが、翌月差し引きしてくれるそうです。

そもそも、光BBユニットには「無線LAN機能」が搭載されていますし、その他にも自宅でもともと使用していた無線LANルーターもありますし、そこにNTTの無線LANカードなんてそもそも不要(全部で3つも無線LAN機器があることになる・・・)なわけで、そもそもなぜこのような組み合わせで手続きがなされるのか一切不明です。
ちなみに、そもそもソフトバンク光を申し込む際には、NTTの無線LANカードの存在すらどこにも出てこないんですよね。

----------------------------------------------------------------------------

インターネット上では「ソフトバンク光が遅い!」などの記事をよく見かけますが、私と同様、光BBユニットを接続されていないケースもしばしば見かけます。その場合は、光BBユニットをユニットを接続し、Ipv6対応にするだけで一気に速度が改善されるケースも多いのではと思います。

しかし問題はこのことが、たびたび届く「書面」や同梱されるマニュアルにはほとんど書いてないことなんですよね。

というわけで現在は問題なく、回線速度も従来のauひかりより向上しています。
また当方の居住環境ではソフトバンクの方が電話の通信品質が良いのも良かったです。

月額料金はauひかりもソフトバンク光もほとんどかわりませんが、「おうち割」でのスマートフォンの割引と、ソフトバンク光の場合は株主優待で光回線の利用料金が毎月1000円程度安くなるので、光回線とスマートフォンをソフトバンクで揃える場合はずいぶん料金を抑えることが出来ます。
格安SIMでの運用も手ですが、通話料込みやテザリングオプション、スマホ端末種類の豊富さを考慮すると大手キャリアを継続するメリットはあると思います。

2016年11月11日

LEXUS LX570 かなり売れてるようですね!

昨年8月20日に発表され、9月から販売が開始された、フラッグシップSUV、「レクサス LX570」。
LX570が発売されてから1年あまりが経過しました。あまり広告宣伝活動もされていないですが、果たしてその売れ行きは?

81.jpg

「LX570」はなにげに「LEXUS Safety System+」の初採用車。
そしてLEXUS初の3列シート車、ナビゲーションソフトも刷新されるなど意外に手が入っています。
そして、流れるウィンカー(シーケンシャルターンシグナルランプ)も初採用。
室内の質感は旗艦車のLSに準じており、非常に高品質。
そして、価格は「1100万円」という非常に高額!!(自動車税も年額88,000円!)
全長が5メートルを超え、全幅は2メートルに迫るその巨大なボディは駐車・保管環境も選びますし、まさに限られた人のためのクルマ。
12-2.jpg


さて、LX570の日本国内における月販目標台数は「50台」とSUVのシリーズの中では控えめな数値です。
しかし、昨年以降、本年9月までの販売台数グラフ(当方調べ)は以下の通り!

th_スクリーンショット 2016-11-11 21.17.27.jpg
多少ばらつきはあるものの、安定的なセールスを続けており、目標台数を大きく超える台数が販売されており、数値の大きな落ち込みもみられません。

LX570はデビュー当時から控えめな宣伝活動にかかわらず、発売時期から1ヶ月間の初期受注は「2,000台」と大ヒットを記録したのは記憶に新しいところです。(LEXUSの小規模販売のクルマの初期受注はだいたい目標台数の15−20倍を記録することが多いですが・・・)

初期受注の2,000台は概ね本年4月までには解消したと思われ、その後も概ね200台前後で推移し、2016年9月までの販売台数は「3,270台」です。
(うちディーラーでの試乗車・展示車は100台弱と推測)

ちなみに、昨年11月デビューのLEXUS GSFはほぼ同価格ですが、2016年9月までの販売台数が「876台」ですので、LX570のセールスの好調さがわかります。
私自身、都市部や観光地でもLX570に出会う機会が結構あり、その存在感に驚くとともに、これだけ高額なクルマがこれだけ売れていることに驚きです

2016年11月09日

納車2周年メンテナンス(OIL添加剤、ウィンドウコート)


先日、2年目の点検を終え、タイヤ・ブレーキパッドともにまだまだ問題なし。(走行距離約16,000km)
レクサスケアが3年間付帯されているので、エンジンオイル交換(鉱物油ですが・・・)、オイルフィルター交換、エアコンフィルター交換、ワイパーゴム交換、その他法定点検の費用の追加負担はありませんので、LEXUS RCF はメンテナンス費用はほとんどかかりませんね。

前回の点検時は、差額を支払い、化学合成油の「モービル1」を選択しましたが、大食らいの5Lエンジンということでオイル消費量が8.2Lということと、ディーラーなので価格が高い!(約14500円)これじゃ、カー用品店で自腹で交換するのと変わりませんね。

ということで、今回は他のエンジンオイルも検討・・・とその前に、自分の中では定番の呉、「デュアルブ」(DUALUB)を再び投入しました。
th_IMG_6173.jpg

モービル1ほどではありませんが、投入後はアイドリング時のエンジン音と振動が減少します。静粛性も若干ですがアップしている印象があります。
また、アクセル踏み始めのもっさり感が改善する感覚も同様。
トヨタ純正の鉱物油(キャッスルオイル)との相性は結構良いのではと思います。
価格はネット通販だと3000円程度、カー量販店では4500円程度なので、比較的コストパフォーマンスは良いかと。

ただ、モービル1のようなエンジンの回転のなめらかさはないですね〜。
純正オイルからの変化は感じられますが、いつものことですが何回か車に乗ると体感できなくなります。
オイル添加剤についてはその功罪がはっきりしていませんので、投入の際は自己責任ですね。ただ、個人的にはいままで使用してきたオイル添加剤の中ではわりと効果が体感できるので気に入っています。

2120【税込】 呉工業 オイルシステム デュアルブ 200ml×2本 KURE F-2120-13J [2120KURE]【返品種別A】【RCP】

価格:2,980円
(2016/11/9 23:15時点)
感想(0件)





もうひとつ、ウィンドウガラスのコーティングも実施。
やはり1年に1度はメンテナンスしないとウィンドウのコート剤も効果がなくなってきますね・・・
今回は、口コミでも評判が良さそうな、洗車の達人の「ウィンドウクリスタル」を施工。

th_IMG_6172.jpg

古いコート剤をこのようなコンパウンドで剥がしてから、施工します。
th_IMG_6171.jpg

施工自体は、ビンの液体を専用のスポンジにまぶしてフロントウィンドウにむらが出ないようにヌリヌリするだけなので、比較的簡単ですが、マンション住まいの場合は、「水」の確保など、施工場所が問題ですね。

「ウィンドゥクリスタル」の価格は3000円弱と、カー用品店でよく見る「ガラコ」などの汎用品の2倍の価格なので効果に期待!
施工後、雨天走行していないので、どれほどの効果があるのかはまたレポートしたいと思います。
このようなカーケアはカー用品店やディーラーでのおまかせ施工も楽で良いですが、自分でDIYメンテナンスをするのもじっくりマイペースでできるので楽しいです。

▼楽天

撥水ガラスコーティング剤 撥水コーティング剤 撥水ガラス 撥水ガラスコーティング 撥水コーティング ガラスコーティング剤 撥水剤 ウィンドウクリスタル50ml ガラスコーティング 洗車用品 コーティング剤 コーティング 洗車 フロントガラス 撥水コート剤 ウィンドウガラス

価格:2,674円
(2016/11/9 23:22時点)
感想(1323件)




▼amazon

洗車の王国 撥水ガラスコーティング剤 撥水コーティング剤 自動車ガラスコート剤 ウィンドウコーティング剤 洗車用品 ウィンドウクリスタル 50ml セット 899

新品価格
¥2,674から
(2016/11/9 23:26時点)




トランプショックもあり、当面クルマの買い替えは出来なそうです(汗

2016年11月08日

レクサスマガジン 第9号なかなか見どころあり!

レクサスマガジン(BEYOND)がオーナーの方には届いていると思いますが、今回はクルマの話題も多く見どころが多かったですね。

th_IMG_6195.jpg

まずはやはり「LC500」!
結構なページ数を割いて特集されています。ドアトリムなどの内装写真は既にネット上に公開されているものですが、印刷物で見るとまた印象が違いますね。また、あいかわらず重量こそ書かれていませんが、0-100km到達速度など、ある程度のスペックが記載されているのも注目。

さて、「LC500」のサウンドに関しては、先般公式動画もアップされていますね。
RCF・GSFとは違う少し乾いた感じのサウンドは好みです。LC500hのも聴かせて欲しい?



あとはレクサスISの「ドリンクホルダー」のどこが改善されたのかようやく判明。
まさか、スマートフォン置き場のためにドリンクホルダーをつなげたとは(笑)
でもスマホ置いたらドリンクおけないじゃん!それより助手席の肘置きをなんとかしたほうがよいでは・・・。
th_IMG_6106.jpg

その他新型GS350やCT200h、新型RXも登場するなどレクサス車がところどころ登場していますね。

また、関西エリアにお住まいの方は、ウィーン国立歌劇場特別協力「2017 LEXUS Concert Evening」(レクサスコンサート)の案内があるのをお忘れなく!(大阪市中之島のフェスティバルホール)
オーナーズページから簡単に応募できますのでとりあえず応募しておくのが良いでしょう。
(※東京、大阪と交互に開催されてますね。昨年は東京 オペラシティで開催されました)
当方が大阪に住んでいたときはまだフェスティバルホールは建設中だったのでぜひ行ってみたいなぁ。


2016年11月05日

来年は「LC500/LC500h」で始まる!

LEXUS ISマイナーチェンジモデルも発表され、街なかではちらほらイルミネーションが点灯し始め年末に近づいてきた感がありますね。また、レクサスディーラーではオーナー向けの来年のカレンダーの配布等が開始されています。(表紙はLC500!)
さて、2017年上期のレクサスの新型車は「LC500/LC500h」となります。
下期は約10年ぶりの旗艦車「LS」のフルモデルチェンジが控えており、とても注目すべき1年となりそうです。

SEMAショーではまだ未発売のLCのカスタマイズカーがお披露目されるなど、日本での情報公開の違いに驚き。
さすが販売の7割以上は北米とされていますのでやむを得ませんが、ちょっとさみしいですね。

Cwfmvo_WIAEGENr.jpg-large.jpeg

LC系については、来年3月〜4月頃の発売に向け、11月中には首都圏某所でGM層を集めてのお披露目、12月にはセールスコンサルタント向けの研修が行われる予定とのことで、そのころにはスタッフマニュアルの配布等が行われると思われますが、LSのときのように電子版となる可能性もありそうです。

さて、LC系については日本の公道走行がしばしば目撃されたり、GT500のベース車両に採用されるなどかなり注目されていますが、なんといっても注目なのはその価格でしょうね。
当方のもとにも数名の方から価格情報が寄せられており、入手時期やソースが若干異なるようですが、下限が1200万円、上限が1550万円程度に収まるのではと思われます。
開発陣がベンチマーク車としてあげていた、BMWの650iあたりをイメージしておけばよいと思います。
「RCFやGSFとの違い」や謎の多い内装、先進装備の有無などについて早く詳細が知りたいところです!


今年最後のレクサスカレンダーは2種類ともLS系。(左はLS600h、右はLF-FC)
th_IMG_6187.jpg

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1013(014535-3370) DCP1013

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:11時点)

デンソー(DENSO) カーエアコン用フィルター クリーンエアフィルタープレミアム DCP1009(014535-3360) DCP1009

新品価格
¥2,970から
(2016/10/17 22:14時点)

CG (カーグラフィック) 2016年 12月号 [雑誌]

価格:1,239円
(2016/11/1 23:27時点)
感想(0件)

クルマはかくして作られる5 レクサスLSに見る高級車の設計と生産 (CG MOOK)

新品価格
¥3,024から
(2016/6/4 16:10時点)

京商 1/18 レクサス IS350 F Sport (ソニックチタニウム) SAMURAIシリーズ KSR18010GR

新品価格
¥13,740から
(2016/9/3 13:48時点)

KYOSHOオリジナル samurai 1/18 Lexus IS350 F Sport (ホワイトノーヴァガラスフレーク)

新品価格
¥13,740から
(2016/9/3 13:51時点)

ボディードクター ザ・シート メッシュ ブラック BD517

新品価格
¥4,480から
(2016/8/28 19:23時点)

ボディードクター カークッション ザ・シート メッシュ オレンジ

新品価格
¥4,536から
(2016/9/3 13:52時点)

KYOSHOオリジナル samurai 1/18 レクサス RC F (ヒートブルーCL)[京商]《発売済・在庫品》

価格:12,920円
(2016/8/17 23:19時点)
感想(0件)

1/18scale 京商 KYOSHO Lexus RC F Orange トヨタ レクサス samuraiシリーズ

価格:12,798円
(2016/8/17 23:21時点)
感想(0件)

【まとめ買いセット】 コムテック 超高感度GPSレーダー探知機 ZERO 701V OBD2アダプターOBD2-R2セットモデル ZERO701VR

新品価格
¥21,800から
(2016/9/3 13:56時点)

ユピテル(Yupiteru) 静電パネル式 一体型 レーダー探知機 GWR203sd

新品価格
¥22,858から
(2016/9/3 13:58時点)

ワンタッチウインカー 3回点滅用 配線切断不要 ネコポス送料無料!! オートパーツ工房

価格:2,800円
(2016/6/14 22:30時点)
感想(1件)

NEW MODEL MAGAZINE X (ニューモデルマガジン X) 2016年 12月号 [雑誌]

価格:650円
(2016/11/3 14:17時点)
感想(1件)

セルスター(CELLSTAR) 日本製ドライブレコーダー 2.4インチ液晶 HDR パーキングモード搭載 セパレートモデル CSD-610FHR

新品価格
¥23,540から
(2016/8/13 00:27時点)

BESTEK ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 13600mAh 出力5V/12V/19V

新品価格
¥6,580から
(2016/5/30 23:10時点)

【ケンウッド】【DRV-610】ドライブレコーダー (フルハイビジョン録画)

価格:21,770円
(2016/5/31 22:05時点)
感想(16件)

【只今 セール中/送料無料/即納!】レザーカーインテリオケアキット 150ml /Car Interior Care(カーインテリオケア)【smtb-ms】 【RCP】【sale5】 fs04gm

価格:5,335円
(2014/11/23 20:40時点)
感想(4件)

【送料無料!】デンソー PCDNT-A(イオンブルー)(044780-174) 車載用プラズマクラスターイオン発生機カップタイプ DENSO

価格:8,700円
(2016/8/17 23:04時点)
感想(0件)

ドライブレコーダー S-1080sα ドライブマン 1080sα セキュリティ機能付き シンプルセット 安心の日本製 車載3芯電源ケーブル採用 ショックセンサー内蔵 GPS別売 ドライブレコーダ 日本製 小型 常時録画 高画質 広角 05P05Sep15 【0815楽天カード分割】

価格:23,760円
(2015/9/9 20:56時点)
感想(21件)

♪【Aesop】イソップレバレンスハンドウォッシュ 500ml<ハンドウォッシュ><AESOP・aesop>

価格:5,573円
(2016/4/4 22:39時点)
感想(0件)

レクサスGS Fのすべて (三栄モーターファン別冊)

新品価格
¥700から
(2015/12/30 18:43時点)

レクサスRXのすべて

価格:699円
(2015/12/1 23:41時点)
感想(0件)

ニューモデル速報 No.498レクサスNXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥700から
(2015/12/26 10:14時点)

【シンプルセット】ドライブマン 1080GS GPS内臓+セキュリティ機能付ドライブレコーダー(本体、電源ケーブル、可変ブラケットの3点セット)予約品ドライブレコーダ 日本製電源 広角 高画質 常時録画

価格:25,920円
(2014/12/12 00:01時点)
感想(23件)

積水化学工業 レアルシルト RSDB 4枚セット デッドニング用超・制振シート【REAL SCHILD 30cm×40cm/厚さ1.9mm・バラ売り4枚セット】

価格:5,430円
(2015/6/21 00:05時点)
感想(20件)

TOM'S 【トムス】 スピードリミッターカットLEXUS RC F USC10 8AT 14.10〜

価格:173,016円
(2015/7/22 00:05時点)
感想(0件)

TOM'S 【トムス】 アッパーパフォーマンスロッド「フロント」LEXUS RC F (USC10)

価格:29,052円
(2015/9/9 21:03時点)
感想(0件)

TOM'S 【トムス】 アッパーパフォーマンスロッド「リア」LEXUS RC F (USC10)

価格:17,604円
(2015/9/9 21:02時点)
感想(0件)

トムス TOMS 【 カーボンシート ≪ フロントフェンダー用 ≫】 レクサス RC-F 型式 USC10 ≪ カーボン調ステッカー ※リアルカーボンではありません※ カッティング済 左右セット 貼るだけでOK ≫【品番】 08231-TUC10-02

価格:17,496円
(2015/9/9 21:08時点)
感想(0件)

トムス TOMS 【 カーボンシート ≪ リアバンパー部ダクト用 ≫】 レクサス RC-F 型式 USC10 ≪ カーボン調ステッカー ※リアルカーボンではありません※ カッティング済 左右セット 貼るだけでOK ≫【品番】 08231-TUC10-03

価格:7,776円
(2015/9/9 21:07時点)
感想(0件)

積水化学工業 REALSCHILD レアルシルト・ディフュージョンESDB デッドニング用拡散シート1枚バラ売り【14cm×42cm/厚さ1.2cm】

価格:1,290円
(2015/6/21 00:07時点)
感想(17件)

KURE オイルシステム デュアルブ 200ml×2本【楽天24】[KURE(クレ) ボディケア用品 車用]

価格:3,387円
(2016/8/17 23:09時点)
感想(1件)

BELLOF ( ベロフ ) Sirius ボールド・レイ バックランプ用 LEDバルブ T16タイプ 6500K DBA1321

新品価格
¥7,480から
(2016/5/24 23:13時点)

クリスタルガード・ホイールアーマー【正規品】(変色防止・簡単洗浄ホイールコーティング)

価格:2,600円
(2014/11/23 20:38時点)
感想(20件)

BELLOF ベロフ DBA1332 シリウスボールド・レイLEDウインカーバルブ【T20タイプ/新発想“ディフュージョンミラー”採用による理想的な配光と明るさ!!】

価格:9,150円
(2015/4/26 22:58時点)
感想(3件)

LEXUS完全ガイド

価格:950円
(2015/1/1 23:59時点)
感想(0件)

名車アーカイブ レクサスのすべて

価格:1,049円
(2014/11/13 23:05時点)
感想(1件)

レクサス星が丘の奇跡

新品価格
¥1,512から
(2014/9/25 21:30時点)

<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ファン
プロフィール
なまっくすさんの画像
なまっくす
LEXUS車の話題を中心になるべく独自の視点でのんびり気ままにコメントしております。(車のメカニズム等の知識は全然ありませんのでご容赦願います)
ブログ
プロフィール
Flag Counter
QRコード