2019年05月24日

ネイルサロンを経営して分かった事。



これはネイルサロンあるあるだと思います。


「雇っていたネイリストが全員いきなり辞めた」



私のお店でもありました。




中心人物のネイリストが他のネイリストを口説いていきなり全員辞めちゃったんです。


続きを読む...
posted by nailnail at 12:34 | ネイルサロン求人

2019年04月09日

優秀なネイリストを雇う方法



ネイルサロン経営って、

自分一人でのんびりとやっていくなら何の問題もなく、

それなりに運営し続ける事が出来ます。



しかし、それではほとんど利益が残りません。



ですので生活が豊かになる事もありません。



続きを読む...
posted by nailnail at 15:00 | ネイルサロン求人

2016年02月04日

ネイリストの求人広告を出す

何人でネイルサロンを始めますか?

本当に1人で始める方が安全なのですが

稼げる額が

全く違ってきます。

オーナー1人でどんなに頑張っても

売上なんて知れています。

まあ、その分経費が掛からないのですけどね。


もしネイリストを雇うなら

ネイリスト募集の求人広告を出す必要があります。


ネイリストの募集なら


・とらばーゆ

・リジョブ

・美プロ


などが有名でしょうか?


もちろん

掲載費は掛かります。

まあ、そこそこの額が必要です。


求人を掲載したからと言って

ネイリストが集まるとは限りませんが・・・


正直、今、個人店のネイルサロンには

ネイリストは集まりません。


なぜか?


それはもちろん

待遇面です。


やはり

大手のネイルサロンのほうが

待遇が確実に良いのです。


また、個人店の場合

初めの給料設置が安いのでかなり躊躇してしまうとの事です。

難しいですよね。

いきなり

ネイリストに20万円も給料を払うのは。

それ以上に稼いでくれたらよいのですが

なかなかそんなにうまくはいきません・・・


う〜ん。

実に難しい。


正直

まずは

自分のネイルサロン専用の

SNSやブログ、ホームページ等に

求人募集の記事を載せて様子を見ましょう。

お金も掛からないので

とりあえずはそこから始めてみましょう。

もちろん

反応をよくする為に


募集要項は

しっかりと

丁寧に

気になる感じで書いていきましょうね。





ネイルサロンの開業資金を金融機関から借り入れする為に必要な事業計画書があります。

⇒ネイルサロン開業〜事業計画書サンプルフォーマット
bandicam 2016-01-27 00-37-32-761.jpg

¥990



2016年01月24日

ネイリストの求人方法

高いお金を掛けて

ネイリストの求人広告を

出しても

応募してくるのは

結局

行くあてのないネイルスクール卒業したての人ばかり・・・



ネイルサロンが求めている人材は

経験者。

1からネイリストを育てる余裕なんて

ありません。

個人のネイルサロンには。


今はネイルサロン同士の

競争が激化しているので

即戦力になる

ネイリストが欲しいのです。


しかし

現実は・・・


ネイリストを本気で求めているなら

やはり

給与額を上げる事です。

一番手っ取り早いです。


他のサロンよりも

少しだけ給与額を上げると

驚く程

応募が増えます。


(自分もそうだったな〜。求人誌などを見る時、まずは給与額だったな〜。)




結局

お金で選びます。

本当に

「出来るネイリスト」 は。


あまり「出来ないネイリスト」は

お店の雰囲気や

技術を学べそうだったので〜

と言いますよ〜。







まあ普通に考えてそうですよね。

給料が高いほうに行きます。





あの〜

ほうれい線が凄い事に

なっていますが・・・・

b9edbe432093f31631946b755d24852c_s.jpg


2015年04月01日

ネイルサロンでの求人方法〜ネイリストが集まらない!




「ネイリストが集まらない!」


いま、求人誌に募集をかけてもネイリストは集まらない!と言う声をよく聞きます。



そりゃ〜、そうですよね。


ネイリスト求人の内容があれでは誰も来ません!と言いたいですね。



給料経験者18万円〜

交通費5000円まで

売り上げにより昇給あり

月6日の休み

保険加入希望者は加入できます!



こんな感じ。


これでは、その辺のアルバイトより酷い。


むしろ、アルバイトのほうが給料面では良い。


アルバイトの場合、残業したらその分貰えるから。



しかし、ネイルサロンの場合、名ばかり社員と言う感じ。



数年前までは、募集をかければネイリストは集まりました。



しかし、ここ数年で状況は一変しました。




ネイリストを集めるには、どうすればいいのか?



まずは、待遇改善から〜

■基本給アップ

■昇給の条件を明確にする

■交通費は全額(あまりにも遠方の方は無理ですが)



とりあえず、お金です。


まわりのネイルサロンより基本給を高めに設定。


そもそも基準が低いので、多少あげてもそれほどきつくはならないはずです。


まずは、給与面で選んで貰う。



自分がネイリストだったら?と考えてみると、やっぱり最初は給料の良いネイルサロンから!って感じになります。



その次に、休みや休憩時間、交通費、などの事を考えます。





サロン技術のホームエステ脱毛【ドクターエルミスゼロ】

■ネイルサロン創業計画書 500万円の借入

b5e391aa0c37bca515bd4d04b057f5b0.jpg

【Keiko】
image1.png
ネイルサロン経営は、大変ですが毎日充実しています。

やっぱりネイルの仕事って楽しいです。
最新記事
検索
プロフィール
ケイさんの画像
ケイ
一時期のネイルサロン出店ブームに乗って、自分のお店を開業しました。 いや〜、色々と大変ですが、 一生雇われネイリストでいるよりはマシかな。 だって、自分の頑張り次第でどうにかなりますからね〜。 まあ、大変な事も多いですが。 そんなネイルサロンを経営している、 私の経験談をブログに書いています。
プロフィール
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
*「ネイルサロン開業〜閉店。私はこうやって失敗しました。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 

好きなサイト



・オラティクチャンネル