2017年12月14日

プロのネイリスト仕様のネイル用品と材料の仕入れは大体、4社ですね。

34347_AT-0248P_4.jpg


ネイル設備を安く揃える


ネイルサロンを開業するうえで最もお金が掛かるのが、ネイル設備を揃える事です。




・ソファー



・スツール



・ネイルテーブル



・フットバス



・集塵機



・UVライト



等ですね。







設備類は最初に揃えてしまえば、あとはお金はほとんど掛かりません。





でも・・・








やっぱりネイル設備を揃えるとなるとそれなりにお金が掛かります。





ですので、可能な限り安くて良い商品を探す必要があるんです。





私も、ネイルサロン開業前にインターネットで血眼になって探しました。






















7620b3212e463e6133652e66b914e0f0_s.jpg


ネイルサロンオーナーになると、材料費に厳しくなる理由


雇われて普通のネイリストとして働いている時には、あまり気にしませんがネイルサロンオーナーになると材料費ってかなり気になるようになりました。


材料費をケチる訳ではないのですが、やはり出来るだけ安い卸し業者で仕入れたいですよね。


今思えば、雇われネイリストの頃はオーナーの気持ちなんて少しも分かりませんでした。


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-DI_IMG_5697-thumb-1000xauto-17805.jpg


いつも、 「そんなケチケチしなくても。」 と思っていましたね〜。


しかし、







いざ、自分がサロンオーナーになると材料の仕入れ額は凄く気になります。


ブランドジェルの値段は高すぎる!


以前働いていたネイルサロンでは、BioGel(バイオジェル)を使っていたので、オーナーは使用量にシビアになっていました。


オーナーが常に減った量をチェックしていましたね。





ちなみに・・・


スタッフ同士でネイルのやりあいっこをする際は、絶対にバイオジェルは使ってはいけませんでした。


値段が安い、EKONAILやメルティジェルなら自由に使って良いという決まりでしたね〜。




あ〜あ、懐かしい。




今考えれば、バイオジェルなんて、あの量で、あの価格ですもん。


新品のバイオジェルクリア20gをこぼした時なんて、ネイルサロンオーナーは、



かなり機嫌が悪くなったりもしました。





バイオジェル20g入りだと、大体、¥16000ぐらいでしょうか。


まあ、確かに高額です。


自分の店でスタッフにそんな事をされたら、さすがに不機嫌になっちゃいますよねー。


ラインストーンは丁寧に扱って欲しいものです。


スワロフスキーのラインストーンにしても、作業中にネイリスト(雇っているスタッフ)は構わずどんどん床に落とします。


小さいからしょうがないのかもしれませんが、あれも気になってしまいますよね〜。


私のお店の場合、落ちたスワロフスキーは拾ってネイルサンプルとして使用しています。





毎日掃除機をかけるのですが、毎日大量にストーンが落ちています。


これも、ネイルサロンオーナーになってから気になり始めた事です。


立場が違うと見える景色も違うのですね。







皆がみんなそうではないと思うのですが。


ちょっとケチケチし過ぎたかな〜。


反省です。





本当は、そんな細かい事は気にしないほうが良いとおもうのですがね・・・


そんな事よりも集客にもっと力を入れるべきでしたね〜。 今更ですが・・・


40007_AS-1341P_2.jpg


おすすめのプロ仕様ネイル用品の仕入れ先 【BEST4】


東京でネイルサロンを経営しているのですが、ネイル用品の仕入れ先は大体4社ですね。


◆TAT


◆グルービーネイル


◆ネイルサプライ


◆フェムネイル


です。


上記のネイル卸問屋さんは、ほとんどのサロンが使っているのではないでしょうか。


美容ディーラーに注文するよりも、安い価格で買えますからね〜。


美容ディーラーは、中抜きで儲けているのでその分、価格が高く設定されていますから。




シャイニージェルも意外と使いやすくて安いです


シャイニージェルを使う場合ですと、専門店が良いですね。


特にLEDのUVライトを使う予定があるならおすすめです。


ユーザー登録は早めにしておいたほうが良いですよー。


どのネイル卸し業者さんも、対応が良く、すぐに商品が届くので安心です。


業者によっては、取引審査があります。


ネイルサロンを開業するなら、早めに取引申請を出したほうがいいですね。


ネイリスト資格のコピー、または、サロンで働いている証明書があれば大丈夫だと思います。


35472_AS-1294P_1.jpg





おすすめネイル用品の卸問屋さん〜まとめ









■ネイル用品なら


>>TAT


>>グルービーネイル


>>ネイルサプライ


>>フェムネイル


>>シャイニージェル






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス: 必須項目

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3950510

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
サロン技術のホームエステ脱毛【ドクターエルミスゼロ】

■ネイルサロン創業計画書 500万円の借入

b5e391aa0c37bca515bd4d04b057f5b0.jpg

【Keiko】
image1.png
ネイルサロン経営は、大変ですが毎日充実しています。

やっぱりネイルの仕事って楽しいです。
最新記事
検索
プロフィール
ケイさんの画像
ケイ
一時期のネイルサロン出店ブームに乗って、自分のお店を開業しました。 いや〜、色々と大変ですが、 一生雇われネイリストでいるよりはマシかな。 だって、自分の頑張り次第でどうにかなりますからね〜。 まあ、大変な事も多いですが。 そんなネイルサロンを経営している、 私の経験談をブログに書いています。
プロフィール
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
*「ネイルサロン開業〜閉店。私はこうやって失敗しました。」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 

好きなサイト



・オラティクチャンネル