広告

posted by fanblog

2020年07月01日

なぜか、涙がこぼれたこんな歌。

子供たちの歌に心打たれて


5c3a9be91ed885b7695c13526925437c.jpg


午前中、小学校に寄った時のこと。

ねぇね がいるはずの教室から、たくさんの小学生たちの歌声が。

青空に、突き抜けるるような、爽やかな合唱だったのですが。

なぜか、戦争前の広島の海の風景が浮かんできて、心がギューッとなりました。

とは言え、私が、戦争前の広島の海など分かるはずもないのですが。

大叔母の話から、頭の中にその想像の風景が焼き付いているんだと思います。


帰りに、小学生が歌っていた歌を口ずさんだら、ボロボロと涙がこぼれました。

この歌を歌って、涙が流れてしまうのは、私だけでしょうか。

その歌とは、


スポンサーリンク




「われは海の子」


われは海の子


我は海の子 白浪の
さわぐいそべの 松原に
煙たなびく とまやこそ
我がなつかしき 住家なれ。

生れてしおに ゆあみして
浪を子守の 歌と聞き
千里寄せくる 海の気を
吸いてわらべと なりにけり

高く鼻つく いその香に
不断の花の かおりあり
なぎさの松に 吹く風を
いみじき楽と 我は聞く



歌は、昔も変わらなかったはずです。
同じような年の子供たちが、繰り返し歌ってきた歌。

どんなに年をとっても、幼い頃に見た海の色や飲んだラムネの色は忘れないはず。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ご縁に感謝して。。。

スポンサーリンク






posted by hanako at 11:00 | TrackBack(0) | 【日々のこと】

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7886610

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
我が家のお兄ちゃんも毎日楽しんでいますぴかぴか(新しい)子供向けオンライン英会話ぴかぴか(新しい)
ファン
クラウドソーシング「ランサーズ」
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。