広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年10月09日

仮想通貨リスクの将来性に期待した

IMG_3019.JPG

仮想通貨LISK(リスク)の将来性に期待して新たに購入しました。不安になりそうな通貨名ですが、可能性を秘めている。と勝手に思っています。

ポイントは、アップデートとリブランディングとSDK。

近々アップデートされる

リスクは、今年の12月にアップデートを予定しています。本当は9月の予定でしたが延期されました。おかげで価格が下落している。

いままでのアップデートは0.◯◯というものでしたが今回は1.0。勝手なイメージですが、大幅に機能がアップされるのではないかと。スマホだってシリーズの数字が変わるときはガラリと変わるわけで、より良い機能へとなるはず。

来年にはリブランディング

リブランディングとはいまのブランドを再構築して、より効果的なブランドを立ち上げることだそうです。これによって、きっといまよりも良い通貨へと変化してくれるはずです。

SDKが配布される

SDKとは、ソフトウェアの開発キットことなんですが、リスクにはサイドチェーンという他の仮想通貨にはない特徴があります。サイドチェーンを利用することで新しい仮想通貨を発行したり、リスクに結びついた機能やサービスを開発できるのです。どんどんチェーンが伸びていくように追加できる。それらを開発するためのツールであるSDKが年末頃に配布されます。

そして、リスクの開発言語は、多くのプログラムミングで使われているJavaScript です。すなわち開発がしやすい。開発がしやすいということは発展しやすい。


どうでしょうか?期待できませんか?仮想通貨はまだまだ発展途中で実際に使われているものってまだ少ないわけですよね。使用によって需要が拡大するのはまだ先のこと。なので、いまの段階ではこういうイベントがあるときこそ値が大きく動くのではないかと思って購入しました。

ただ、値が上がるのか下がるのかはわからない。仮想通貨の購入は自己責任で。


最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【このカテゴリーの最新記事】

2017年10月05日

9月の仮想通貨取引「大きな利益はないけど損はしなかった」

IMG_3016.JPG

仮想通貨への投資を始めて10日程がたちました。まだまだ始めたばかりですが、月も替わったことですのでどうだったのかな?というのを書いておきたいと思います。

9月の状況

21日に記念すべき初購入。まずは、イーサリアム、リップル、ネムを買う。しかし、翌日から仮想通貨のほとんどが軒並み値を下げ始める。購入のタイミングが悪かったのか。いきなり不安になる。ですが、下がったときこそチャンスと捉えてビットコインを購入。

その後、41万代で購入したビットコインが49万代まで上昇。イーサリアム、リップル、ネムも購入した金額位まで値を戻す。ビットコインの値上がりのおかげでなんとか含み益が出ました。ですが、コインチェックに入金したときの手数料を考えるとほとんど利益はなし。損はしなかったので良しとして10月に期待します。

コムサトークンを買いました

持っていたビットコインのほとんどを使ってコムサトークンを購入しました。早期ボーナスを狙って初日に購入手続きを開始。なかなかログインできなかったり、コインチェックから送金してコムサで着金されるまでに15時間位かかったりと、早期ボーナス期間中には購入できないのではないかと不安になりましたが、無事に14%のボーナスをゲットして購入できました。

でもね、コムサトークンセールに合わせて値が上がると予想して購入していたネムがまったく上がらない。むしろ値下がりしている。どうした?ネム!残念です。



最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年10月02日

ビットコインはいくらから買えるのか

IMG_3019.JPG

1BTCが40万円とか50万円とか話題になっています。メディアで取り上げられることも多くなってきたので知名度も上がりました。

そんなこんなで、ちょっと興味はあるけどそんなに資金を準備できないよ。そもそもそんな大金を仮想通貨に使えるか。という人もいるかと思います。でも大丈夫、少額から投資できます。

数百円からOK

コインチェックなら0.001BTCから購入できます。例えばその時のレートが50万円だったとしても500円で購入できるのです。結構お手軽な金額ですよね。「まぁ、話のネタに持っておくか」という動機でも買える値段です。コインチェックにしか登録していないので、他の取引所はいくらからなのかわかりません。

他のアルトコインもOK

コインチェックの取り扱い通貨はビットコインだけではありません。他のアルトコインが欲しいという場合もあると思いますが大丈夫です。どれも少額から購入できます。


なので、お小遣いの範囲でやってみることも可能です。わたしが仮想通貨の投資に使ったお金はいまのところわずか数万円です。投資の世界でいったらかなり少ない方だと思いますが、いまはこれが限界。増えればいいなとゲーム感覚で楽しんでいます。

当然ですが、投資金額が少なければリターンも少ないです。いくら投資するかは人それぞれですが、無理なく例え0円になったとしても生活に影響しない金額でやりましょうね。

購入するかしないかは自己責任で。


最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年10月01日

購入を検討した仮想通貨

IMG_3476.JPG

取引方法もわかったのでいざ購入へ。コインチェックで取り扱いしている仮想通貨は12種類。いったいどれを購入したらいいのか?ということで調べてみました。

ビットコイン

仮想通貨の代名詞ビットコイン。販売所での取引だけではなく、ビックカメラなど決済できるところが増えてきました。最近では旅行代理店のHISがビットコイン決済を始めました。

2020年の東京オリンピックに向けて更に増えることで需要の拡大が予想されています。メディアで取り上げられることも増えてきたので知名度も上がってきています。

しかし、ビットコインの価値は誕生したときと比べて既に何十万倍にもなっています。ここから更に何十倍、何百倍は難しいのではないかと?仮に100万円になったとしても現在の価格の2.5倍程度です。

ただ、価格の上がり下がりが大きいのと、取引所を利用すればいまなら手数料がかからずに取引できるので、下がったら買い、上がったら売る、を繰り返せばコツコツ増やせるかもしれない。

ですが、購入しようとしたきの価格が高かったので一旦保留。

イーサリアム

ビットコインに次ぐ時価総額。そしてイーサリアムのスマートコントラクトという技術に世界中の名だたる企業が注目している。あのマイクロソフトとも業務提携しているようです。そして近くアップデートの予定がある。中国の規制の影響なのか下落していたのでとりあえず買い。

リップル

国際送金を仲介するハブ通貨として期待されています。既に試験的な送金も行われており、世界の主要な銀行が採用するという。日本では新送金システム連合にゆうちょ銀行や大手銀行など国内の8割の銀行が参加している。

問題はいつ頃に実用化されるのかがわからない。
いまのところ金額も安いので買い。

ネム

日本初ICOのCOMSA(コムサ)。知る人ぞ知る案件で話題となっています。この案件で使用される仮想通貨がネム、イーサリアム、ビットコイン。案件の盛り上がりと共に値段が上がるのではないかという予想から買い。


イーサリアム、リップル、ネムを購入しました。しばらくは売却せずに寝かせておくつもりです。ビットコインはタイミングをみて購入予定。


仮想通貨初心者のど素人が調べた内容で、購入を決めたのはいわば勘というやつです。値段が上がる保証は全くありません。同じものを購入して利益がでなかったとしても責任は負えませんので、もし購入する際はご自身で調べて納得したものを無理のない金額で購入してくださいね。


最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年09月30日

仮想通貨の販売所と取引所の違い

IMG_3017.JPG

さあ入金も済んだのでいよいよ取引を始めようということで、メニューを開くと「取引所」「コインを買う」「コインを売る」の項目があります。この項目を使って売買するのですが、今回はこの違いについて。コインチェックの場合です。

販売所とは

読んで字のごとく仮想通貨の販売をしているとこです。「コインを買う」「コインを売る」の項目を使うということは、コインチェックから買う、コインチェックへ売る、ということになります。

当然ですが、レートの金額で売買することはできません。取引所の手数料(利益)として、買うときには数%が上乗せされて、売るときには数%が値引きされます。その時点のレートよりも高く買って安く売ることになります。

例えば、レート1000円の仮想通貨があったとして、上乗せ値引きの率は詳しくわかりせんが、買う場合の金額は1050円、売る場合の金額は950円という感じです。

なので小幅なレートの動きのときに売買をしても利益にならないばかりか手数料で損をしてしまうことがある。レートを参考にして実際の買値と売値をよく確認しないと思っていたより買値が高かったり、売値が安かったりしますからね。大きく値段が動くまで待ちです。

販売所には確実に売買できるというメリットがあります。

ちなみに、ビットコイン以外のアルトコインは販売所でしか売買できません。

取引所とは

ビットコインしか売買できないのですが、売買したい人達を仲介しているところです。板といわれる画面には買いたい人と売りたい人の情報が続々と表示されています。

レートを参考に希望の金額と数量を入力して注文すると条件に合う人がいれば売買が成立します。いまのところコインチェックでは手数料がかからないので、レートに近い金額で売買ができます。

ただ、レートが急騰もしくは急落していて買い注文や売り注文に偏っている場合には売買が成立しない場合があるというデメリットがあります。

みんなが買いたいような良い状況のときには売りたい人は少ないわけで、みんなが売りたいような悪い状況のときには買いたい人は少ないわけです。買いたい人と売りたい人がいないと取引が成立しない。


わたしは、販売所でしか取引できないアルトコインは値段が大きく上がるまで放置、値段が下がったときに少しづつ買い足し。取引所でビットコインをコツコツ売買するつもりです。


最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年09月29日

コインチェックにコンビニから入金してみた

IMG_3439.JPG

コインチェックへの登録も終わりいよいよ取引開始となるわけですが、まずは入金しないことには仮想通貨を買うことができないです。

入金方法はいくつかあるのですが、今回やってみたのは「コンビニ入金」

理由は、一番手軽そうだったから

簡単でした

入金したい金額やどこのコンビニを使うかなどの必要事項を入力して申請すると番号が発行されます。その番号をメモしてコンビニへGO!

そしてコンビニにある端末機にメモした番号を入力するとレシートが発行されるのでそれを持ってレジで支払いを済ます。

5分とかからずにコインチェックへ反映されました。簡単です。

ちなみに端末機というのはローソンでいえばロッピー、ファミマでいえばファミポート。レジャー施設のチケットやtotoやbigが購入できるコピー機の近くに置いてあるあの機械です。

対応しているコンビニは、ローソン、ファミマ、ミニストップ、セイコーマートです。店舗数の多いセブンイレブンが未対応なのは残念です。

コンビニ入金のいいところは24時間入金できて反映が早いこと。

手数料がかかります

銀行からの入金の場合は振込手数料以外の手数料はかからないようですが、コンビニからの入金の場合は手数料がかかります。

3万円未満なら756円、3万円以上は1000円。50万円以上の場合はそれ以上です。例えば3万円を入金した場合の支払総額は3万千円になります。結構高いですよね。手数料が気にならないくらいに利益が出ればいいのですが。

コンビニ入金をした感想は

「簡単で早いけどでも手数料が高い」です。手軽な方法ですが、頻繁にコンビニから入金するのは避けたほうがいいかもしれません。計画的に!


最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年09月28日

コインチェックの登録は本当に簡単だった

IMG_3019.JPG

話題のビットコインどこで買えるのか?コンビニ?家電量販店?それすらもわかりませんでした。少し前までは。

でもいまは知っています。仮想通貨取引所です。とりあえず、取り扱い通貨の一番多いコインチェックに登録しました。キャッチコピーもW日本で一番簡単にビットコインが買える取引所W初心者向きかなと思いまして。

登録は簡単

登録方法については紹介されているサイトやブログがたくさんあるので割愛します。興味のあるひとは「コインチェック 登録」で調べてみてください。まずはアカウントを作成することになるのですが、スマホとメアドがあれば大丈夫。難しいことはなく10分もかからずにアカウントを作成できました。

その後は各項目の登録となります。ちょっと面倒だなと感じたのは本人確認。免許証などの本人確認書類を写真で送くるだけなのですが、できれば省略したい。

少額の取引なら省略可能?

1日に50000円までの取引なら本人確認なしでもできるという情報もあったので、本人確認はしないつもりでした。お小遣いの範囲でやるつもりなので、そんなに高額の投資はしない。後で必要になったときにやればいいかなと。

ですが、実際は本人確認をしないと取引できないですよ。入金することもできません。前はできたのかもしれないけど、いまは必須のようです。

ハガキがくるよ

本人確認書類を送付してコインチェックの確認が終わればすぐに入金や取引ができるようになります。書類を送付してから確認が終わるまでは30分もかからなかったです。即日取引可能。

ですが、それで完了ではなく、後に自宅に住所確認のハガキが簡易書留で送られてきます。このハガキを受け取ることで手続きが完了します。

もし家族には秘密で取引したい、というひとには厄介なハガキですね。でも大丈夫、配達状況がわかるように「発送しました」とか「近くの郵便局に到着しました」とか「間もなく配達されます」といったメールが送られてくるという親切さ。タイミングを合わせれば知られずに受け取れるかもしれませんよ。


他の取引所に登録したことがないので、他と比べてどうなのかはわかりませんが、スムーズに登録できたと思います。ハガキを受け取るまでにかかった日数は4日間。入金や取引は即日できるようになりました。

まずは仮想通貨取引所に登録しないと、なにも始まらない。


最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年09月27日

仮想通貨を買うことにしました

IMG_3016.JPG

もし2009年1月に戻れるとしたら何を買いますか?わたし今なら間違いなくビットコインを千円分買います。

良くも悪くも話題となっているビットコインですが、誕生したのは2009年1月です。当時0円以下のほとんど無価値だったビットコインは2017年8月には50万円代になりました。その後は中国の規制もあり暴落しましたが、それでも持ち直していまは40万円代です。

千円のビットコインを2009年に買って持ち続けていたら・・・いま億万長者ですよ。10年足らずの期間にこんなに価値を上げたもの他にありますか?

世の中には将来性を信じてなのか偶然なのか、ビットコインを買っていた人達がいるわけですよね。すごいなぁと思います。

それに引き換えわたしは、当時ビットコインの存在さえも知らなかった。知ったのは話題になってからなのでつい最近です。知らないって損ですよね、買うかどうかの判断すらできない。あの頃、毎日ネットで何をみていたのか・・・

でもWいまは知っているW

ビットコインを筆頭にアルトコインと呼ばれる仮想通貨がたくさんあることを。

ということで、可能性を信じて取引所コインチェックに登録しました。多少のリスクを覚悟しないと手に入らないものがある。

初めての投資ということで、どうなるかはわからないけど、小遣いの範囲で無理せずに試してみることにしました。

もっか仮想通貨について情報収集しながら猛勉強中です。情報を制するものが仮想通貨を制する?
最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年09月18日

非常時にお湯を沸かすことができる防災グッズ

IMG_3399.JPG

お湯さえあれば温かい食事が食べらる。電気もガスも止まってしまう非常時には”お湯を沸かす”という日頃当たり前のようなことがいきなり難しくなります。

まずお湯を沸かすということは火を起こさなければならないわけですが、ライター、マッチはどこ?そして何を燃やす?常に薪があるという家は少ないでしょう。新聞紙などの紙類でお湯が沸くほどの火力を得るのはなかなか大変です。

最近の非常食には、水で調理ができたり常温で食べられるものも多いですが「温かい食事が食べたい」となるとお湯は必要不可欠です。

そこで今回は火や電気を使わずにお湯が沸かせる防災グッツ「湯沸しボックス」について紹介します。

湯沸しボックスとは

発熱剤を使ってお湯を沸かすもので、約20分で80℃のお湯を500ml沸かすことができます。このときに必要なものは水だけという手軽さ。火を使うことがないので火災の心配がない。

お湯があればできること

お茶やコーヒーが飲める。非常時だってホッとひと息つきたい。アルファ米やマジックパスなどを調理できる。水でも調理はできるがお湯の方が早いし美味しくできる。レトルトのおかずを温められる。常温よりもやっぱり温かいほうがいい。麺類だって食べたいよね。

お湯があるかないかで食事が変わる。
お湯いりませんか?

湯沸しボックス[フルセット]2回分(湯沸かしBOX/湯沸しBOX/湯沸かし/湯わかし)

価格:2,116円
(2017/9/18 10:42時点)
感想(19件)



最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2017年09月14日

25年も保存できるフリーズドライの非常食

IMG_3398.JPG

非常食の保存期限をもうしばらく心配しなくても大丈夫。だって保存期間が25年だから!昨日の出来事・・・というか、さっき会った人の名前すら忘れます。なので非常食をいつ買ったかなんて憶えていられない。

25年後に会いましょう

保存期間が5年位の非常食が多いなかで、こちらは25年も保存できる。頻繁に買い替えの心配をする必要がない。

他の非常食と比べると単価が高いですが、頻繁に買い替るコストを考えるとトータルでは安くなるかもしれません。

官公庁や自治体、学校や企業など多くで採用されています。そして、「月に向かう宇宙飛行士にレストランで食べるのと変わらないメニューを味わってもらいたい」ということでNASAにも宇宙食として採用されています。

調理方法は、蓋を付属の缶切りで開けて容器に移してお湯または水で戻すだけ。フリーズドライ食品なのでそのまま食べることもできます。シチュー、パスタ、雑炊、クラッカーと多くの種類があるので好みに合わせて選ぶことができる。


なにより25年保存できるのは凄いと思います。仮に子供が生まれたときに買っておいたら二十歳の誕生日に食べることができますからね。「これはお前が生まれた年のシチューだ」なんてワインのようなイベントも楽しめる。

とりあえず非常食を備蓄しておきたいけど買い替えの心配をしたくない。しばらく放っておきたいというひとにいいかも。

非常食サバイバルフーズチキンシチュー(大缶1号缶=約538g)[約10食分]【賞味期限2041年3月】(クリームシチュー)

価格:8,100円
(2017/9/13 22:02時点)
感想(7件)



最後まで読んでいただきありがとうございます
ブログランキングに参加しています
応援よろしくお願いします


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ
最新コメント
プロフィール
ファン
RSS取得
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。