|
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
|
カテゴリーアーカイブ


プライバシーポリシー
<当サイトに掲載されている広告について>
 当サイトでは,第三者配信の広告サービス,Googleアドセンスを利用しています。 このような広告配信事業者はユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため,当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名,住所,メール アドレス,電話番号は含まれません)を使用することがあります。またGoogleアドセンスに関して,このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。


<当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて>
 当サイトでは,Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており,個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますのでお使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して詳しくはこちら,またはこちらクリックしてください。

2020年06月12日

ポータブル電源SUAOKI-S670とJackery700の比較レビュー

SUAOKI-S670とJackery700の比較 (3).jpg

1.はじめに
 今の自宅を建てる際に,ソーラー発電設備導入に対する補助金があったり,電力会社の買い取り価格もかなり良い単価だったので,設置を検討したのだが,とりあえず相応の予算が必要なわけで,どうしても必要と思うようになったら後付けしたらいいと,屋根の形状は単純な切り妻にしておいた


2.屋根ソーラー発電は断念
 住んでる地域は,沖縄なんかに比べればたいしたこと無いが,たまに台風が来て停電することが過去にも何度かあった,そういう意味でソーラー発電が有れば大助かりだろうが,このソーラー発電というシステムを有効活用するには,蓄電設備がないとあまり使い勝手がよくないということが解った

 蓄電設備などを装備したシステムになると,金銭的な負担がかなり大きくなり,台風とかの非常時用としては過剰投資になる,とりあえず2〜3日の停電に耐えられる最低限の電源確保ができれば良いと言うことで,最近はやりのリチウムイオン電池を利用したポータブル電源を購入することにした

 アマゾンなんかで探すと,いろんな製品がヒットする,ほとんど外国製であるが,JVCなんかの日本製が無いこともない,しかしこういう分野に関して,日本はけっこう得意だろうに,まして最近は自然災害が多くて,需要が高まってるのに,なんで日本の企業は積極的な製品提供をしてないんだろう


3.SUAOKIかJackeryか
 当初は,メーカーの直営ショップのレビューや諸先輩方のブログ等を参考に,SUAOKIのS370程度でいいかなと思っていたのだが,どうせ購入するなら,少々お値段は高くなるが,より充電容量の大きいものが良いだろうということで,純正弦波で定格AC500W出力のものを購入することにした

 ネットでいろいろな情報が手に入るが,とりあえずSUAOKIかJackeryの製品から選ぶ事にした,どちらも似たような仕様の製品がある,SUAOKIはS670という製品,Jackeryは700という製品なんだが,SUAOKI-S670の方は後発品だけに,Jackery700をかなり意識しているような製品である

 
4.SUAOKI-S670とJackery700どちらも購入
 SUAOKI-S670が後発品だし,性能的にヨサゲなので,ほとんどこちらに決めかけていたが,ネットで実際に使ってる人のブログとか見ると,Jackery700もなかなか捨てがたい,しばらくどちらにするか悩んだのだが,10万円の給付金ももらったことだし,思い切って両方とも購入してみた

 この両者,SUAOKIもJackeryも,ヤフーショッピングに出店してるので,その店舗で購入したのだが,どちらも競争意識丸出しというか,クーポンや○%割引とか頻繁にやっている,SUAOKI-S670は10%引きで,Jackery700は20%引きで購入できた,購入のタイミングには注意が必要である


5.注文してから3日後に到着

 注文から3日後に商品が届いた,どちらも化粧箱を一回り大きな段ボール箱で覆って頑丈に梱包してある,また,どちらの箱にも外側に張ってある伝票らしきものに,「MADE IN CHINA」の記載があるから,どちらも中国工場で作られた製品のようである,Jackery700の方が箱は若干小さめである

 とりあえず箱から出す,ネットで写真等は見ていたからスタイル等は解っているんだが,SUAOKI-S670は実際かっこいい,松本零時氏の描くメカメカ漫画とかが大好き男子などには大受けだろう,中国メーカーだけど,このデザインはスゴイ,完璧と言ってもいいくらいのデザインセンスである


6.SUAOKI-S670について
 SUAOKI-S670に関しては,最近販売された人気商品のため,すでに多くの方々が,各機能の使い勝手や充電性能等について,詳細な報告をアップしてるので,簡単に感想を書いておく,とにかく前述したがデザインはダントツである,現在手に入るポータブル電源では文句なしのデザインだろう

 性能的な面でも,特に問題は無い,各方式による充電時間もそこそこ短縮されてるし,ソーラー充電も効率の良いMPPT方式が採用されている,操作性に関しても,従来のポータブル電源の操作方式を踏襲しているので,違和感はないし,説明書を読まなくても,操作に戸惑うこともない

SUAOKI-S670とJackery700の比較 (2).jpg

 ただ,個人的にはちょっと改善して欲しいという点がある,それは何かというと「液晶表示」に関してである,上の画像の液晶表示は充電時とか出力時に常時点灯しないのである,しばらくは点灯してるのだが10数秒したら表示画面が消えてしまう,これは私にとってはすごいマイナス要因である


7.Jackery700について
 SUAOKI-S670の角張ったデザインに対して,こちらは角丸仕立てでちょっと柔らかな雰囲気になっている,色遣いは個人的には好みとは言えない,持った感じは,SUAOKI-S670の重厚なずっしり感に比べて,ちょっと重いかなくらいでやや軽く感じられる,サイズ的にも多少コンパクトである

 性能や機能的な面で,特にSUAOKI-S670に劣るような点は無い,またソーラー充電に関しては,以前の製品はPWM方式だったのだが,最近効率の良いMPPT方式に変更されている,ただし,この辺に関しては,実際にソーラーパネルを接続して検証してみないと,性能的な優劣は判断できない

SUAOKI-S670とJackery700の比.jpg

 Jackery700の液晶表示は,充電時でも出力時でも,上の画像のようにデジタル時計の液晶みたいな表示方式だが,とにかく使用中は情報が表示され続ける仕様になっている,またバックライトも点灯可能で夜間の確認も容易である,さらにバッテリーの残量表示が%で表示されるのも使い勝手が良い


8.両者を使い分けることにする
 ということで,SUAOKI-S670は突然電源が落ちても支障の無いような,テレビとか扇風機などの電源として使用することにして,常に電源容量が確認可能なJackery700は,自室のメインのデスクトップパソコン用として使用することにした,パソコンの突然の電源断はトラブルの元である

 しかしSUAOKIもJackeryも楽天やヤフーショッピングに店舗展開してるが,どちらもいろんなキャンペーンや割引きクーポンの発行を随時やっているので,購入を検討してる人は,時々チェック入れてた方がいい,5%とか10%オフとかは言うに及ばず,大奮発20%割引きクーポンとかあったりする


9.その他
 Jackery700にはケーブル類を収納するポーチが付いている,これは意外と親切である,SUAOKI-S670にはそういうものが付属してないので,100円ショップで購入したキャリーボックスに整理している,ちなみにSUAOKI-S670のACアダプターは,かなり大きくて,それなりに重量もある

 SUAOKI-S670にはソーラーパネルと接続するためのケーブルが付属しているが,この接続ケーブルは別途に購入するとなると,そこそこの出費が必要になるので,この配慮はありがたい,ただし,このケーブル,他社製ソーラーパネルとの接続にはそのまま使えない場合があるので注意が必要である

 性能とかにはまったく関係ないがSUAOKI-S670は充電中に側面の「SUAOKI」の赤いロゴが,蛍みたいに「ぼわ〜ん,ぼわ〜ん」と明滅するんである,こういう遊び心は良いと思う,また,Jackeryの方は,最近Jackery超大容量1000という製品を出してきたが,SUAOKIも追随するかも


10.おわりに
 災害時の停電用だから,実際の出番はない方がいいのだが,もともと自然災害が多い日本とはいえ,最近は50年に1度とか,100年に1度というような大災害が頻繁に起こるようになってきている,備えあれば憂い無しである,次はソーラーパネルの購入を検討してるのだが,まずは予算確保・・・



2019年06月12日

東芝扇風機「F-DLR50」のリモコンの不具合

東芝扇風機リモコン不具合・故障 (3).jpg

1.はじめに
 東芝の扇風機「F-DLR50」が,リモコンのボタンをどれを押しても反応しなくなった,まだ購入してから4年くらいしかたってないのだが,まあ,リモコンの電池切れだろうと,買い置きしてあるボタン電池,使用期限が過ぎていたが,CR2025を入れ替えたらちゃんと動いた


2.電池の寿命切れではなかった
 単なるリモコンの電池切れだったんだなと,しばらく使っていたんだが,またどのボタンを押しても反応しなくなった,これは使用期限がかなり過ぎた電池だったので,電池自体が消耗していたんだろうと気を取り直して,ケーズ電器まで出かけてCR2025電池を1個購入する,200円弱なり

 電池を入れ替えてリモコンを操作するが,何も反応せず動かない,扇風機本体の操作ボタンを押せば全てちゃんと機能する,これは新品電池でもダメということは,リモコン自体が壊れてしまったということになる,密閉タイプのリモコンなので,ちょっと開けて接点回復とかもできそうにない


3.リモコンの買い換えを決意
 扇風機なんてイチキュッパでも有るんだから,いっそ扇風機を購入しようかとも思ったが,この扇風機,先にも書いたようにまだ4年くらいしか使用してない,そんなに古いしろものでもないし,また安い製品ならあきらめもつくが,低消費電力のDCモーターに惹かれて12000円で購入した物である

 ということでこれはもうリモコンを買い換えるしかないと判断,ここでリモコンの型番を調べようとするんだが,これが解らないんである,リモコンの本体には「TOSHIBA 扇風機用リモコン送信機 DC3V」という記載しかない,取扱説明書を見ても,なにもリモコンの型番に関する記載が無い

 これはちょっと不親切である,パナソニックなんかリモコンは言うに及ばず,羽や羽を固定する部品なども個別に販売してるのに,東芝の方はリモコンの型番さえ解らないのである,しょうがないので扇風機本体の型番「F-DLR50」でイロイロ検索していったら,やっと見つけることができた


4.ヨドバシ.comにリモコンを発注
 東芝の扇風機「F-DLR50」に適合するリモコンは,「TOSHIBA 41070955 [リビング扇風機用 リモコン]」というものらしい,とりあえずAmazonで調べたら,2980円〜3980円である。こりゃ高すぎである,メーカーを問わなければそこそこのリモコン扇風機が買えてしまう価格である

 昨年自室用に2980円で購入したU-ingの扇風機なんて,DCモーターでは無い点を除けば,機能的にはこの東芝の扇風機より優れてるといってもいいくらいである,リモコンだけにそんなお金を出すのはイヤである,最終的にはヨドバシ.comに注文,価格は1400円,送料無料である


5.壊れたと思ったリモコンで動作した
 リビングの扇風機は置いてる場所がテーブルやソファから離れているため,リモコンが無いと不便なので,自室のリモコン扇風機をリビングに置いて,当の東芝扇風機は自室で使用することにした,自室に持ってきて,やっぱダメかな?とリモコン操作したら,なんとちゃんと動くんである

 なんなんだろう,どのボタンも正常に機能するんで,訳がわからない,ヨドバシ.comに注文したリモコンは無駄になってしまった,注文したリモコンはまだ届いてもいないのに,ヤフオク行きが決定である,本体側になんか接触不良でもあったんだろうか,それが移動の衝撃で直ったとか?


6.またまたリモコン動作はできなくなった
 しかし次の日には,またリモコンでの操作はできなくなってしまった,こうなるとおかしいのがリモコンなのか扇風機本体なのかの判断が必要である,リモコンの送信部をスマホのカメラで見ると,下の写真のように紫色の光がピカピカ点滅してるのが解ったので,赤外線の信号は出てるようである

東芝扇風機リモコン不具合・故障 (2).jpg

 ということは本体側の問題と言うことになる,本体のボタン操作では動作するので,リモコンの信号を受け取る受光部がおかしくなったのだろうか,ネットで検索したら同様の状況で,本体のリード線の接触不良だった,という書き込みを見かけたが,本体を分解するような勇気はない


7.自室用で使用したら新たな展開
 ということで,リモコンでは動かすことはできないんだとあきらめて,自室の机の横に置いて,扇風機本体に付いてるボタンを,行儀が悪いが足で操作することにした,ただ,この機種,本体に付いてる操作ボタンは小さいうえに,お互いの間隔が狭くて足指での操作は少々慣れが必要である

 そうこうしてるうちに,ヨドバシ.comに注文したリモコンが届いた,下がその届いた商品である,この箱にはちゃんと部品コード「410-70-955」が記載されてる,この情報,電器店の修理担当の部署とかは,すぐに調べられるんだろうが,このネット時代,一般の人にも情報提供すべきだと思う

東芝扇風機リモコン不具合・故障 (4).jpg

 とりあえず届いた新品リモコンは,不要のようなのでそのままヤフオクに「未開封・新品」で出品しようと思っていたのだが,ひょっとしたらと思い,箱からリモコンを取り出してボタン電池を入れて,リモコン操作を行ったら,なんとちゃんと本体が正常に反応してまともに動くではないか

 いったいどういうことなんだろう,つまり本体は信号の受信部を含めて壊れていなかったということになる,古いリモコンの方も信号はちゃんと出ているのは確認できたのだが,出てる信号自体がおかしくなってるということなのだろうか,どうにもこうにも腑に落ちない出来事である


8.おわりに
 このようなリモコンでの操作ができなくなった場合は,ほとんどの場合がリモコンの故障が疑われるので,その手の質問に対しては,まずリモコンの故障か本体の故障か切り分けるためリモコンの発信部をスマホ等のカメラで覗いて信号が出ているか確認すべしというようなアドバイス多い

 そこで,リモコンから信号が発信されてるのを確認できても,リモコンが壊れているという状況が起こりうるってことである,いやはや,いい勉強になりました,ちなみに新しいリモコンに変わってからは特にトラブル起きてないし,ちゃんとリモコンで各機能操作できている



2018年12月04日

REGZA 32S22で「自動削除設定」の設定が変更できない

REGZA自動削除設定の変更 (3).JPG

1.はじめに
 先日購入した東芝製のテレビ,REGZA 32S22について,私の勘違いからインターネットに繋がらないとかアタフタしてしまったのだが,今回,またまたトラブルに見舞われてしまった,まあこれがトラブルと言えるかどうかは微妙だが,同じ状況に陥った人のために状況をまとめておく


2.自動削除設定の設定に関する警告表示
 テレビを購入してから,数日後に録画用のHDDも購入した,IOデータのHDCZ-UTL3Kという製品なのだが,早速イロイロ録画することにする,私の場合ほとんど,番組表を表示してから,目的の番組を選択して録画設定するという使い方で,連ドラ設定とかは全く使用することはない

REGZA自動削除設定の変更 (4).jpg

 その録画予約するとき,毎回必ず上の写真の「予約を設定しました,自動削除設定が「削除しない」に設定されているため,ハードディスク残量が足りないと録画が失敗する場合があります,録画開始までにハードディスクの残量を確認してください」の警告が表示されるんだが,これが実に鬱陶しい


3.自動削除設定の設定を変更する
 容量が足りないようなら,古い録画から削除してもらって結構なのだが,そのためには設定を変更しなくていけないようである,リモコンをアチコチ押してもラチがあかないので,説明書を見る,索引のページで自動削除設定を探すと64ページを見なさいとの指示,その64ページが下の写真である

REGZA自動削除設定の変更 (1).jpg

 ここに「サブメニュー」を押して設定を変更しなさいって書いて有るので,リモコンのサブメニューを押すと,下の写真のメニューが出てくるが自動削除に関する項目は無い,実にわかりにくいのだが,64ページのトップタイトルは「不要な録画番組を消す/謝って消さないように保護する」である

REGZA自動削除設定の変更 (5).jpg

 その下に,上記の操作を行う場合は「録画リスト」の表示中に操作をしなさいっていう記載がある,つまり64ページ内の各操作は,録画リストボタンを押してから操作しないといけないのだが,これがもう超絶わかりにくい,各項目の説明に「録画リストボタンを押してから」の記載を入れたほうがいい


4.自動削除設定を有効にする方法
 ということで,この自動削除設定を有効にするには,まずリモコンの「録画リスト」ボタンを押してから,その後「サブメニュー」ボタンを押す,現れたリストの上から5番目の自動削除設定を選択すると,削除を「する」「しない」の選択画面が現れるから,ココで「削除する」を選択すればいい

REGZA自動削除設定の変更 (6).jpg
    
REGZA自動削除設定の変更(7) (Custom).jpg


5.REGZAは機能の設定等が解りにくい
 自動削除設定の有効や無効の切り替え方法は理解できたのだが,しかしなんでこの機能を録画リストのメニューに入れてるんだろう,素直にサブメニューや設定の外部機器設定のメニューに入れとけばいいのに,その前にサブメニューと録画リスト内のサブメニューの機能分けも非常にわかりにくい 

REGZA自動削除設定の変更 (2).jpg

 また,録画リスト画面では,録画リストを「すべて」「未視聴」「曜日別」とかに切り替えることができ,その操作は「 >> 」や「 << 」のボタンで選択できるらしいが,リモコンにはそんなボタンが無いんである,と思ったけど,よく探したらあった(上の写真),兼用ボタンの上に表示が小さすぎ!


6.おわりに
 最近の家電品の取扱説明書はわかりにくい,説明書などは読む側にストレス与えないように作成されるべきだと思うのだが,前のページに書いて有るんだから解るだろう,読むだろうなんて思ってたら大間違い,目的のページしか見ないし,そもそも取扱説明書さえ読まない人の方が多いんだから







2018年12月01日

古いREGZAがインターネットに繋がらない/対応策は?

regzaインターネットに繋がらない (2).jpg

1.はじめに
 最近,東芝の32型テレビ(REGZA 32S22)を購入したのだが,私の大いなる勘違いで,この製品がインターネットに繋がらないと,右往左往してしまった,(その詳細は→こちら),そのとき機能比較のために,リビングで使用してるREGZA 47Z1のインターネット機能についても確認してみた


2.REGZA 47Z1がインターネットが繋がらない
 このREGZA 47Z1は2010年に購入したものである,購入当初はインターネットの機能も使っていたのだが,パソコンのネット環境が整ってからは,テレビの方はLANケーブルは外していた,今回REGZA 32S22と比較してみようと,ケーブルを繋いでみたらネットが利用できない

 年数を経ている古い機種とはいえ,テレビ機能には特に問題がある訳でもなく,基本的な部分が壊れているとも思えないので,リモコンの設定メニューを押して,初期設定 → 通信設定 → 接続テストと確認すると,下のように「接続を確認しました」と表示され,ネットには繋がってるようである

regzaインターネットに繋がらない (1).jpg

 しかし,メニューからヤフーに接続しようとすると,下のように「接続できません,tcpで読み込みエラーが発生しました」と表示されて,ブラウジングができない,ヤフーのホームページのURL「https://www.yahoo.co.jp/」を直接入力してみても,結果は同じエラーが返って来るだけである

regzaインターネットに繋がらない (4).jpg

 ネット接続は正常に確立してるのに,なぜインターネットのサービスが利用できないのか,訳がわからずルーターの設定なんかも見直すがラチがあかない,が,ここでふとひらめく,接続は正常なのに「tcpで読み込みエラーが発生しました」というのは,DNS要求が正常に処理できてないんだろう


3.なぜREGZA 47Z1がインターネットに繋がらないのか
 この辺の話になると,ちょっとややこしいというか,専門的な話になるので私はうまく説明できないのだが,どうもホームページのセキュリティ機能の強化が影響してるらしい,URLの先頭が「https://」となっているホームページは,表示できなくなったといえばわかりやすいかもしれない

 以前はホームページのURLの頭は「http://」が普通だったが,近年悪質なアクセスというか,サイバー攻撃等を防ぐために,ホームページのセキュリティ強化がなされてきている,そういうホームページは,URLの頭部分の表記に「s」の文字が追加された「https://」が一般的である

 ちなみにこの「s」は,「Secure」の頭文字の「s」である,つまり,古いREGZAは,このセキュリティが強化されたホームページに対応できていないため,そのようなホームページにアクセスしようとすると,セキュリティ機能を処理できずに,「tcpで読み込みエラー」が返って来てしまうんである


4.REGZA 47Z1でもセキュリティ対策してないページはOK
 逆に言えば「s」無しの「http://」のホームページはアクセス可能ということである,ちなみに「s」無しのホームページを探したら,意外にも自治体のホームページは「http://」のままで,セキュリティ強化されて無いところが多い,自治体などはセキュリティは大事だと思うのだが,なんでだろう

 地方のサイバー攻撃などとは無縁の自治体ならいざ知らず,北海道庁,東京都庁,大阪府庁,福岡県庁などの大都市の行政府でも,ホームページはセキュリティ強化された「https://」を使用してない,ちなみに下の画面は東京都庁のホームページなのだが,私のREGZA 47Z1でも表示できる

regzaインターネットに繋がらない (3).jpg

5.古いREGZAでもインターネット接続を可能にする
 この「https://」の「s」が付いてる,セキュリテイ強化されたホームページを表示するためには,それぞれのテレビの基本的な制御プログラム(ソフトウェア)を更新しなければならない,東芝はこのソフトウェアの更新をサーバーダウンロードと言っているので,なんか紛らわしい

 ソフトウェアの更新方法やダウンロード方法は東芝のホームページに機種別に掲載されてるので,そちらを参照すればいい,「REGZA,ファームウェア,更新」等の用語でググれば,たいてい一番上に表示されるはずである,比較的新しい機種は上記の対応で,インターネットが利用できるようになる


6.古いREGZAはインターネット接続はあきらめる
 ただ,ちょっと古い機種,例えば我が家の,8年前に購入した,REGZA 47Z1などは,こういう更新するソフトウェアは提供されていないようである,ファームウェアをちょいちょいっと書き換えれば良いだけだろうに,なんでちょっと古い機種は対応するソフトウェアを提供してないんだろう

 なんか,うがった見方をすると,古い機種については,ちょうど4K放送も始まったことだし,買い換えたほうがいいかな,な〜んて思うように東芝が販売戦略として,仕掛けてるんじゃないかと勘ぐってしまう,まあ制御チップ等の基本的な部分が古くて,物理的に対応できないならしょうがないけど


7.更新ソフトウェアが提供されていないREGZA
 東芝製液晶テレビのREGZAで,このインターネットに繋がらなくなった現象が起きたら,上で書いたように比較的新しい機種なら,ソフトウェアの更新で対応できるのだが,ちょっと古い機種は更新するべきソフトウェアが提供されてない,その悲しい見捨てられた機種・型番を以下に記載しておく

 (1) インターネット利用の対応策がないREGZAの機種・型番
  S7/G5/G5S/HB2/RE2/R3/RB2/X2/XE2/X3/XS5/ZT3/ZP3/Z3/ZP2/
  ZG2/Z2/X1/H1/HE1/R1/RE1/F1/Z1/Z1S/ZS1/ZG1/ZH8000/Z8000/
  ZX8000/Z9000/Z9500/ZX9000/ZV500/ZH500/Z7000/ZH7000/
  Z3500/Z2000/Z1000/DZ100/LH100シリーズ

 (2) インターネット利用の対応策がないREGZAサーバーの機種・型番
  DBR-M180/M190


8.おわりに
 こういう日新月歩のインターネットというか,IT世界の製品は数年で仕様が陳腐化していくのは仕方ない面があるが,テレビのような更新サイクルがある程度長い製品に関しては,いろいろな将来の変化に対して柔軟に対応できるような製品を作ってもらいたいモノである







2018年11月26日

REGZA「32S22」がインターネットに繋がらない?

regza 32S22はインターネットは繋がらない (1).jpg

1.はじめに
 先日,自室用に東芝製の液晶テレビ,REGZA 32S22を購入した,テレビとしては特に不満は無いのだが,こいつがネットには繋がってるのに,いわゆるインターネットの本来の使い方ができないのである,なんでだろうと訳がわからなかったのだが,これは大いなる自分のミスというか勘違いだった


2.REGZA 32S22のインターネット機能
 購入したREGZA 32S22そのものの使用感などは,別記事にまとめてあるので,そちらを参照してほしい,(詳細は→こちら),この32S22のインターネットに関連する機能について,今後のためというか,私のように勘違いする人が出ないように,その状況をとりあえずまとめておこう 


3.REGZA 32S22がインターネットに繋がらない
 購入後,32S22のインターネット機能も試してみようと,LANケーブルを刺してネットに繋ぐ,設定 → 初期設定 → 通信設定 → 接続テストの項目があるから,これを確認すると「インターネットに接続できました」との記述が現れる,これでインターネットに繋がったことが確認できた

 早速使って見ようといろいろ探すんだが,どうもネット接続やブラウザ等を連想させるような項目がリモコンのボタンや入力切り替えの画面なんかに見あたらない,居間のだいぶ前に買ったレグザのリモコンには「ブロードバンド」というボタンがあって,ここからネット利用ができたのだが


4.REGZA 32S22でできるインターネット機能
 なんでだろう,という訳でここで改めて取扱説明書の「インターネットに接続する」の項目を見ることにする,ろくに説明書を見ない私もたいがいであるが,で,その取扱説明書の該当するページに「インターネットに接続してできること」という項目がある,とりあえずその部分を読む

 読んでみて驚愕,できることの内容が「データ放送の双方向サービスを利用して,クイズ番組に参加したり,ショッピング番組で買い物したりすることができます」だって,それだけしかできないのである,なにそれ?,つまりYoutube見たり,ヤフーで検索したりとかの機能はなにも無いんである


5.REGZA 32S22ではネットサーフィン等はできない
 だいぶ前(2010年)に購入した居間に置いてるレグザ(47Z1)は,ブラウジングできるし,見たページをお気に入りに入れたり,履歴から呼び出したりとかできたから,こいつもインターネットに繋がるんだから,当然そういう機能が付いてるものだと思っていたんだが,まったくの勘違いである

regza 32S22はインターネットは繋がらない (2).jpg

 しかしこの程度の機能しかないのに,取扱説明書に「インターネットを利用するための接続をする」なんて表現を使うのはいかがなものか(上の写真),インターネットを利用するって聞けば,普通の感覚ではいろいろなホームページを見て回ったり,検索して情報を得たりってことを連想するだろう


6.32S22より32V31が人気があるわけ
 ここで32S22を購入した時の疑問が解けた,32V31は32S22より古い機種である,おまけに32V31は視野角も狭く横から見たら白っぽい画面である,それなのに32S22より販売価格は高く人気ランクも上位である,よく売れてるのは,こういう理由だったんだ,ちょっと調査不足であった

regza 32S22はインターネットは繋がらない (3).jpg

 私は上の写真のようにパソコンの横において使うからネット機能は不要と言えば不要なんだが,最近の若い人はパソコンを持って無い人も多いから,テレビでインターネットができれば便利だろうと,間違ってこの機種を買う人もいるかもしれない,そういう観点からこの機種を買ったら悲惨である


7.おわりに
 念のため再度書いておこう,REGZA 32S22のインターネット機能は,WEBページの閲覧機能等は無く,一般的にいうところのネット利用は,まったくできない,いわゆるインターネットを利用したいのであれば,東芝製の32型なら,REGZA 32V31を選択したほうがいい

 これって,32型に限らず他の画面サイズでも,同様のことが想定されるから,東芝製のテレビを購入してインターネットも利用しようと思ってる人は,「インターネットに接続できます」的な表現に惑わされることなく,そのインターネット接続で,何ができるのかしっかりと確認した方がいい