|
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
|
カテゴリーアーカイブ


プライバシーポリシー
<当サイトに掲載されている広告について>
 当サイトでは,第三者配信の広告サービス,Googleアドセンスを利用しています。 このような広告配信事業者はユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため,当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名,住所,メール アドレス,電話番号は含まれません)を使用することがあります。またGoogleアドセンスに関して,このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。


<当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて>
 当サイトでは,Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており,個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますのでお使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して詳しくはこちら,またはこちらクリックしてください。

2018年02月03日

名前を連呼してる選挙カーって意味があるんだろうか?

選挙カー.jpg

1.はじめに
 2月4日に市長選挙と市議会議員選挙が有るんだが,市長は対抗馬が出てるとは言え,大した争いにはなってないようだし現職が続投だろう,対抗馬の新人さんの施策があまりにも貧弱だし,市長選はそういう状況だが,市議会議員選挙が過熱気味で選挙カーがうるさいこと,うるさいこと


2.市議会議員選挙の選挙カーがうるさい
 その市議会議員選挙であるが,20数名の議員定数に対して,なぜか今回は30名以上立候補してて,選挙合戦がいつになく加熱してる,田舎なので騒音規制とか何にもないんだろか,近くの団地内なんかでもものすごい音量で選挙カーが走る回ってる

 団地のコンクリート壁に反響してうるさいのなんのって,で,言ってることは「◇◇をヨロシクお願いします」「◆◆です,最後の最後までヨロシクお願いします」とかなんとか,ほとんどが候補者の名前を連呼しながら,行ったり来たりしてるだけ


3.田舎の議員さんの当落は親類縁者の数次第
 田舎の議員さんの当落とか,親戚縁者とその関係者の数で決まるようなもんだから,その名前連呼の作業ってあんまり意味無いような気がするんだが,まあ,選挙事務所開いたり車で走り回ったりとかして人や物が動けば,多少は地域経済の活性化にはつながるだろうけど


4.田舎の選挙はスゴイよ
 私の市よりもっと小さい町村なんかになると,選挙参謀の予想獲得票と実際の得票数との誤差が2〜3票とかって言うんだからスゴイ,以前は学校の先生とか,県の出先機関とかに勤めてる人の浮動票があるから誤差が大きかったらしいが,最近は大きな市に住んで通勤する人が多いからね

 以前,田舎に住んでたことがあるが,選挙で誰に投票したらいいのか解らないから,名簿の一番前に書いてある人を書いてたりしてたが,ある時「あいつが当選するはずは無いのに,候補者名の一番最初に載ってたからなぁ」って言ってた人がいたが,浮動票が多い地域ではそういうことも起こる

 その田舎暮らししてた時にあった,とある選挙で「えっ!なにそれ?」って言う状況を経験したこともある,その辺も含めて田舎暮らしの体験談は別記事にまとめてある(詳細は→こちら),田舎に住む場合はそのカオス状態を楽しめるくらいの余裕が必要である


5.おわりに
 ということで,選挙カーで走り回って騒音まき散らすような運動に精力使うより,各候補者がお金出し合って,各人のプロフィールや施策等を詳細にまとめた,有権者が候補者を客観的に把握・理解できるような冊子とかを各家庭に配布した方がよほどいいと思うんだが

 まあそういうパンフレットとか広報誌が無いわけではないが,ペラペラで情報量が少ない上に,おまけに届いたのが本日(2月3日)である,明日(2月4日)が投票日なのに,もう少し早めに配布すべきだし,事前に期日前投票に行った人には,あんまり意味がない

スポンサーリンク




2017年08月25日

最近の異常気象はいったいどうなってんだろう

キャプチャ (Custom).JPG

1.連日の暑さにぐったり
 連日,日中の部屋の気温は33℃〜34℃である,先日は35.6℃までなった,外の駐車場のコンクリートの上なんか40℃を超えちゃってるし,猛暑,猛暑で気象情報は熱中症に「注意」じゃなくて「危険」って表現使うくらい,もう暑さがハンパ無い

2.昔はエアコンなんて無かったのに
 私が小さい頃は気温30℃と言ったら「今日は暑いねぇ」だったのに,今じゃ夕方になって30℃近くになると「おっ,だいぶ涼しくなったな」って思うからね,昔はエアコンとか無かったのに,今ほど「暑い」「暑い」って言って無かったように思うんだが

 最近はエアコンで室温下げるのは当たり前になってるけど,考えてみると以前は30℃位からエアコン使ってたけど,今は34℃にならないとエアコン使わないからね,暑さに対して体の方が耐性を付けたんだろうか,まあ,エアコンも適切に使わないと熱中症になったら元も子もないが


3.いつからこんなに暑くなったんだろう
 この夏の暑さは,いつ頃からこんな状態になったのかちょっと調べてみたんだけど,下のグラフは暑さで有名な熊谷での猛暑日の発生日数を示してる,これ見ると1980年代からどんどん増えてきてるんだよね,このデータ2010年までだけど,今はさらに増えてると思われる,ど〜んどん暑くなってるわけだ

埼玉暑さデータ熊谷猛暑日.jpg

 また,下のグラフは世界の年平均気温の平年値との差であるが,これも1980年代からどんどん気温が上がってるのが解る,1980年代って言ったら,日本は世の中全体が浮かれていたバブルの時代である,経済活動が盛んになって,みんな車を買いまくって,経済活動でも二酸化炭素出しまくって,今そのツケが出てきてるんだろうか

3キャプチャ.JPG


4.台風の動きだって異常だし
 最近は台風の動きも変である,昔は東から西に進んで来て沖縄付近でターンしながら本土に近づくというパターがメインだったのに,最近は西から東に進んだり,ジグザグやクルクル回ったり,なんか変な迷走台風が多くなってきてる
 
 気象庁も予報が難しいだろう,おまけに海水温が高いから台風自体が巨大化しちゃうし,昔は台風って言えば沖縄や九州が被害を受けることが多かったのに,最近は四国や近畿・東海辺りが被害を受けることが多くなってる点も変わってきてるし


5.雨の降り方だって異常だ
 最近は雨の降り方だって異常になってる,昔は梅雨の時期の雨は「しとしと」の表現を使うような優しい雨だったのに,最近の梅雨はまとまって「ドバーッ」とか「ドカドカ」と表現されるような,むちゃくちゃな雨に変わってきてる

 日本は昔から雨が多いところだったから,雨で崖崩れしたり川があふれるような所は,これまでの積み重ねの中で,相応の対策をしたり,あるいはそういう場所にはもともと家建てたりしないという対応が取られてたはずなのに,最近の局所的な大雨には対応できなくて,毎年のように被害が出てる


6.おわりに
 日本ってホント狭い国土の中に,活火山もたくさん有るうえに地震も多いし,台風や大雨等の自然災害も日常茶飯事だし,その上,最近の異常気象を見てると,もうこの気象状況は異常ではなくて,これが今の日本のごく普通の気象状況だと認識して生きていった方がいいのかも,住む土地とか建てる家とかも,こういう点を考慮して決めた方がいいね

スポンサーリンク




2017年08月21日

中国人観光客のレンタカーによる交通事故が増加

3キャプチャ.JPG

1.はじめに
 海外からの観光客が増えて,恩恵にあやかってる観光地も多いみたいだが,最近はありきたりの観光名所巡りじゃなくて,個人でレンタカー借りて,ガイドブックたよりに,あちこち回るスタイルも多いらしい,で,問題になってるのがレンタカーでの交通事故

 ネットの情報で中国からの観光客が多くなってるんで,必然的に中国の方々の交通事故が多くなってるとかの記事があったが,まあ,あちらは車は右側通行の左ハンドルだしね,それが逆になってる日本では事故起こす可能性は高いだろう


2.中国はジュネーブ条約に非加盟
 と思ってたら,なんと中国は「ジュネーブ条約」に加入していないんで国際運転免許は発給されないんだそうな,「ジュネーブ条約」に加入している国同士や,2国間で協定を結んでいる国,例えばドイツやフランスや台湾などに関しては,相互に免許証が有効なんだけど,中国の免許証については無効ということ,つまり無免許運転ということになるんだが・・・


3.なんで中国の方々がレンタカーが借りられるのか
 じゃなんでレンタカーが借りられるかというと,「ジュネーブ条約」に加入している,フィリピンやイギリス統治時代からの継続措置で有効になっている香港の免許を購入するらしい,免許を取得するんじゃなくて「購入」するってトコがすごいというかなんというか

 しかも驚いたことにこういう(違法な)免許が中国ではネットで買えるってんだから恐れ入る,なんかこういう裏の面はすごい進んでるんだと改めて関心してしまった,別なトコの書き込みに「中国では普通のサラリーマンでさえ免許証は買うんだよ」「だから運転は出来ても交通道徳などまるで理解してないし,運転上の常識なんてハナから無い」だそうな


4.変な運転するレンタカーが増えた
 まあ有り得る話である,私の市はそこその名の知れた観光地が有るんだが,JRはあるけど本数少ないし,となりの県庁所在地まで新幹線で来て,そこからレンタカーという観光客が多い,最近レンタカーでなんか変な走りしたり,無理な割り込みしたり,通常の日本人的感覚じゃ考えられないような強引な運転するレンタカーが増えたように思ってたけど,こういうことなのかもね


5.中国では運転マナーの欠如がひどい
 しかし,あちらの国の車を運転するときの,自分本位,譲らない(譲ったら負けみたいな感覚)やルール無視の感覚は,列に並ばずスキあらば割り込んじゃうって感覚と一緒なんだろう,年がら年中あちこちで事故だらけじゃないんだろうか,下の写真は6車線ある道路だけど,駐車車両や道路の真ん中で停まってるバスや降車客を迎えに来た車なんかで,実質中央寄りの1車線しか機能してない

1キャプチャ.JPG

 また,下の写真は中国の信号のない交差点の風景ということだが,もうなんか組木細工のパズルのような状態,我先に我先にで譲り合い精神ゼロ,むちゃくちゃである,信号付ければいいのにねぇって,中国に居たことある知人に話したら,「信号あっても守らない人多いし」って言われた

2キャプチャ.JPG


6.おわりに
 まあ,ここらへんのレベルを根本的に上げていかないと,いくら経済的な面で強くなろうが,軍事力が大きくなろうが,永久に先進国の仲間入りは無理だろう,そういう国が国連の常任理事国で,相応の発言力もってるてんだから,世界平和はなかなかだよ

 車の運転マナーから世界平和に話題が飛んでしまったが,本当に強い国を作っていくってのは,根本的にそういう基本的な部分を修正改善しながら,一つ一つ積み重ねていくことだと思うよ,割とマジで



2017年07月20日

◆高齢者の交通事故対策には抜本的な解決策はないのか?

キャプチャ.JPG

◆はじめに
 最近やたら高齢者の交通事故のニュースが多いように思うけど,単に報道される例が多くなっただけだろうか,しかし今後高齢者の比率はドンドン高くなるわけで,それに伴って高齢者の事故件数も比率としては増えるだろうが・・・


◆高齢者は自分は運転がウマイって思ってる
 上のグラフを見て欲しい,これによると高齢者は自分の運転テクニックに自信を持ってることがわかる,その自信を元に運転してるわけだが,実際は身体的な運動機能や視覚や聴覚等の認知機能なんかは年齢相応に衰えてるわけで,若い頃とのギャップをちゃんと理解して無いと,変な自信を持ったまま運転しちゃうから,当然のごとく事故を起こしちゃう


◆お年寄りを大切にしようの弊害
 それに今時分の高齢者の方々は,お年寄りを大事にしよう,お年寄りには親切にしようって社会で生きてきてるから,なんか変な優先意識がある,ちょっとくらいならイイでしょとか,年寄りなんだからこれくらい許されるでしょってな考えの人がすごく多いように思う,スーパーなんかの入り口近くの駐車区画の無いところに車停めたりとか,ルールに対しての甘えがある


◆高齢者の事故例(その1)
6a377e50cbb7f5ffdda0016300df1de9_s.jpg

 最近2件も事故に遭遇した,一件は団地内の交差道路で左から来たトヨタのボクシーの側面に軽自動車がドッカーン,ボクシーは横転して塀に激突,運転手のおばさんと子供一人が救急搬送,軽自動車の男性ご老人(70歳台前半くらい?)は軽い打撲のみ,軽自動車は前部大破で走行不能だったけど,ボクシーを横転させるとか,団地内の道路でどんだけスピード出してたんだろう

 私が思うに「あっ,ヤバイ」と思った瞬間ブレーキをグイッと踏んだつもりで,アクセル踏んじゃったんじゃないかな,頭の中では交差点だからブレーキね,って思ってた所に,左に車が見えてパニックになって,脳にはブレーキの命令が行ってるけど,足はまだアクセルの上,脳内の意識としては足はブレーキにあるから,やばいってんでブレーキ(実際はアクセル)ベタ踏み,ということじゃないかと思う,典型的なお年寄りに多いブレーキ,アクセルの操作ミスじゃないだろうか


◆高齢者の事故例(その2)
 もう一件は,狭いT字地交差点で右折するワゴンRの左後部に,左から来た直進のクラウンがぶつかって,ワゴンRが数メートル吹っ飛んで,ガードレールにぶつかってた,ワゴンRは左後部と右側面が大破,クラウンは右前部がへこんでただけで,たいして壊れてなかった

 この事故はどっちもお年寄りだったけど,二人ともたいした怪我もなく,大丈夫だったようだが,お年寄りは変に優先意識の強い方が多いからねぇ,この交差点,狭いんだけどどっちにも止まれの表示がないのも問題,以前は停止線だけはあったんだけど,かすれてしまって,無いに等しい状況なんだよなぁ,こういう場所は安全確認が大事だね

◆ファミマで見かけたヤバイ高齢者ドライバー
キャプチャ.JPG

 先日ファミマに行ったとき,レジで高齢な男性がお金払ってんだけど,レジのカウンターに両腕を置いて倒れ込んだ状態で,財布からお金取り出してるの,かなりヨボヨボでまともに立ってられない状態なわけ,レジから離れるときもヨロヨロと倒れそうなの

 普通はレジのおねえちゃん「ありがとうございましたぁ,またおいでくださいませぇ」って言うところを「だいじょうぶですかぁ?」って,声かけしてんの,で,驚いたことに,そのおじいちゃん車で来てるのよ,まともに立ってられないような人が,車を運転してんのかいな,と,驚愕

 後日,またこのおじいちゃんに遭遇したんだが,なんとその時は,レジのおねえちゃんが,車のとこまで体を支えてあげてんの,介護職員みたいにさ,ほかに客がいなかったから見かねたのか,あるいは商品棚につかみかかって,倒されたらヤバイと思ったのか,おねえちゃんも大変だ


◆高齢化社会に向けて
 田舎は公共交通機関が発達してないから車が必要なのは理解するけど,こういう体力的にというか身体能力が著しく低下した高齢者の運転はなんらかの規制というか,抜本的な対策が必要だと思う,今後の超高齢社会,こういう高齢ドライバーがド〜ンドン増えていくのに,対応策としては高齢者講習とか免許証の自主返納を呼びかけとかが実施されてるくらいだけど,果たして効果あがってるんだろうか,こんだけ技術が進歩して車も自動運転が可能とか言う時代なんだから,なんかもっと効果的な対応策がありそうなもんだけどねぇ
スポンサーリンク




2017年06月17日

【若者の車離れ】若者はなぜ車に乗らなくなったのか?

6bf3b0167b730cb1b648178ee534e893_s (Custom).jpg

◆はじめに
 昔の若者(ここでは男性の若者を意味してる)は,金が無くてもローン組んででも,車を所有するのが夢だった,男子たるもの車を所有しないで何をするかってのが70年代〜80年代だった,最近の若者が車を所有しないのは所得が云々という話もあるけれど,ここではお金があっても車を所有しない若者についてちょっと考えてみた


◆若者が都会に行ってしまった
 そもそも若者はみんな都会に出て行ってしまってるから,公共交通機関の発達した都市部では,車自体が不要である,多くの若者は都会に住んでて車が不要の生活になっちゃってるわけである,そもそもそういう便利な都会に住んでると,車の所有どころか車は運転しないから免許さえいらないってのが最近の若者気質である


◆デートカーの需要が無くなった
 以前は男性にとっては,車ってのはデートの際の必須アイテムだったのだが,その男性達が恋人いらない,結婚したくない,一人がいい,その方がコスパがいいって言ってんだから,若者が車を購入する際の大きな動機だった,デートカーという需要自体が消滅してしまった,昔は車の所有自体が多少のステータスにもなってたけど,いまはそんな時代じゃ無いしね


◆車がおもしろい対象ではなくなった
 昔の車はイロイロいじれて楽しかった,手を加えて自分らしさをアピールすることができたんだけど,昨今の車はそういういじれる部分がほとんど無くなってしまった,最近の車はコンピュータ制御の走る電子装置になってしまって,素人が手を加えるなんて不可能,絶対的にゼロでは無いが,自分が関われる部分が大幅に減ってしまい,つまらなくなってしまった


◆車自体がつまらなくなった
 昔の車は例えそれが中古車であっても手に入れたら,所有する喜びってなものがあったけど,最近の車は単なるモノになってしまって,車買っても大して感動も無い,車自体がワクワク感の感じられないモノになってしまってる,若者に訴求するなら車自体に物欲刺激するワクワク感がなきゃだめだろう


◆作る側がおもしろがってない
 これは当方の想像だが,作る側がおもしろがって作ってないんじゃないのか,単に金儲けの手段として車を提供してるだけ,トップはとにかく金が稼げれば,車でなくても家電品でも銀行業務でも保険でも,なんでもいいと思ってる,こういう状況で楽しいファンタスティクな車が出てくるわけがない


◆デザインがつまらない
 なんだか燃費至上主義になって空力特性とかをコンピューターなんかで計算してデザインしてるのだろうか,金太郎アメみたいな車ばかりで全然楽しく無い,もう何十年も前の車だけどイスズの117クーペとかトヨタの2000GTとか,いまそのままのデザインで発表しても,大人気になると思うけど,そういう個性的なデザインの車が無い,男性から見て乗りたいって思うようなセクシーな車が無いんだよ


◆暇つぶしの道具でなくなった
 昔は車庫の前で延々と洗車してワックスかけて,さらに磨き上げて,な〜んて一生懸命やってる若者を見かけたけど,最近はそういう若者はマレ,いないワケじゃないが,ほぼ絶滅危惧種,昔は車いじりが娯楽というか趣味というか時間つぶしというかね,で,ぴかぴかの車でドライブしたりするのが楽しかったんだけど,今はスマホさえ有ればいくらでも時間つぶしができる時代だからねぇ,車なんてイラネーの世界になってるわけですなぁ
スポンサーリンク