|
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
|
カテゴリーアーカイブ


プライバシーポリシー
<当サイトに掲載されている広告について>
 当サイトでは,第三者配信の広告サービス,Googleアドセンスを利用しています。 このような広告配信事業者はユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため,当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報「Cookie」(氏名,住所,メール アドレス,電話番号は含まれません)を使用することがあります。またGoogleアドセンスに関して,このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法についてはこちらをクリックしてください。


<当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて>
 当サイトでは,Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており,個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますのでお使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して詳しくはこちら,またはこちらクリックしてください。

2020年02月29日

ヨドバシ(www.yodobashi.com)にアクセス・ログインする方法

トイレットペーパー買い占め (1).jpg

1.はじめに
 たぶんトイレットペーパーの争奪戦でアクセスが集中してるのだろう,上記のような表示で,ログインどころかトップページさえ表示されない,当然だが買い物ができない状態が続いているようだが,ちゃんとアクセスして商品ページを表示する方法があるので紹介する


2.お気に入りの商品からアクセスする
 私は日常的に無水アルコールを使用するので,いつもドラッグストアで購入してるのだが,今回のコロナ騒ぎで,まったく店頭から無くなってしまった,そのうちヨドバシに入荷するんじゃないかと,商品ページをお気に入りに入れてある,これをクリックすると下の図のように商品が表示される

トイレットペーパー買い占め (3).jpg

 このように直接商品ページに行けば,通常の画面が表示されるので,ここで上部の検索窓に必要な語句を入力して,目当ての商品を探せばいい,ちなみに「トイレットペーパー」はほぼ在庫無しである,特に今日は土曜日だし勤めている人でも在宅の割合が高いから,アクセスも多いのだろう


3.商品をグーグルで検索する
 お気に入りになにも商品を登録してない場合は,グーグルで「マスク ヨドバシ」等の検索を行うといい,その結果の中に下の図のように,あたまに「ヨドバシ.com」が付いてるものをクリックすれば上記のお気に入りからの方法と同じことが可能になる

トイレットペーパー買い占め (2).jpg

 どちらの方法でも商品検索して,必要なものをカートに入れて購入手続きを進めることができる所までは確認したが,最後の「注文を確定する」ボタンは押してないので,確実に購入できるかは保証の限りではない,たぶん大丈夫とは思うが,トイレットペーパー目的の人はモノ自体が無いです


4.おわりに
 このトイレットペーパー騒ぎ,どこかから出てきた「デマ」らしいが,ほんとに昨日(2/28)昼過ぎにお酒を買いにスーパーに行ったら,ものの見事にトイレットペーパーやティッシュの棚がすっからかんになっていて驚いてしまった,一種のパニックである,ちょっと怖い気もする



2020年02月27日

マスクの入手方法・購入方法(とにかく手に入れたい,購入したい)

マスクが買えない・購入方法 (2).jpg

1.はじめに
 中国の新型肺炎の報道が出始めた頃に,中国人の観光客の方々が郵便局から大量にマスクを発送するのを見たとき,こりゃ国内のマスクが無くなるかもと思っていたら,田舎のドラッグストアやホームセンターなどでも,ことごとくマスクが消えてしまった,私は花粉症の気があるので困りものである


2.マスクの自宅在庫が無いのに購入できない
 当初は,50枚とか100枚などの箱入りは無理だが,10枚入りとか5枚入りとかで,ちょっと値の張る商品は午前中に行けばなんとか購入できた,でも最近はそういう高額製品でさえ購入できなくなってしまった,去年の買い置きしていたマスクも,そろそろ在庫が無くなりそうでピンチである

 もうネットでも通常価格で買えるところは皆無,Amazonなんか100枚980円なんてのをクリックしても,送料が15,000円とかむちゃくちゃ,政府は増産されてると言うんだが,そのマスクはいったいどこに行ってるんだろう,あちこちで開店前から並んでも買えないとか悲鳴が上がってるけど


3.ヤフオクで比較的低価格の出品物を探す
 実店舗での入荷はあてにならないし,ネット通販のぼったくり価格を購入するのもイヤだし,なんとか安く購入できないか,あちこち見てたら,先日ヤフオクで100枚2,800円(送料込み)を見つけた,つまり1枚28円である,もともとは1枚10円くらいの製品だと思うが,今の状況では良心的価格

 ふだんならこの価格でも「高い!」と思うんだろうが,とにかく必要なので落札する,個数制限が無かったので,3個(300枚)落札した,で,本日届いたのが下の画像である,ヤフオクもぼったくりの価格設定が多いが,中には比較的良心的な出品者もいるので,マメにチェックしたらいいと思う

マスクが買えない・購入方法 (1).jpg

 オークションやってる人でないと使えない方法だが,オークションアラートに「マスク,50枚」とか「マスク,100枚」とかを登録しておけばいい,「マスク,60枚」の言葉も忘れないように,50枚や100枚にくらべ60枚で検索する人が少ないんだろうか,多少競争率が低いように思われる

 いろいろウォッチしてると,入札で競り合いになるとけっこう高額になる場合が多いようなので,即決価格の出品物を優先的に探した方がいいと思う,相応の価格で出品されているものが発見できる,妥当な即決価格と判断したら,即座に入札・落札した方がいい,10個あっても数分でゼロになる


4.外国の通販サイトを利用する
 最近はファッション関係や雑貨等を個人輸入している人も多いようだが,マスクだって海外から個人で輸入することができる,探せばそういうサイトがいっぱい見つかるが,使い勝手と安心感からお勧めするのは,アメリカのAmazonだろう,URLは→ https://www.amazon.com/である

 サイン-インが必要なので,アカウントの無い人は取得する必要が有る,英語表記だが,日本のAmazonと構成やシステムはほぼ同等なので,大して違和感はないだろう,検索語は「Mask」で検索すると美容用のマスクが沢山ヒットするので「sanitary mask」等の語句で検索した方がいい

 価格は10枚送料込みで2ドルちょっととか,50枚50〜60ドル+送料8ドル前後というような,日本のユニチャームが販売してるような高級品までいろいろそろっている,あちらは日常的にマスクをする習慣がないからだろうか,インフルエンザが流行っていると聞くが,在庫有るものが多い

 まれに日本へは発送できませんという商品があるので,その点は注意したほうがいい,なお,まったく英語がダメという人は,グーグル翻訳で翻訳すれば,それほど難しい単語や言い回しは使われていないので,ほとんど正確に翻訳される,英語が堪能な人に頼むという手もある,お礼はマスクとか

 さらにアメリカのAmazonでの購入方法に関して,手順等を紹介しているブログも有る,例えば「アメリカ amazon 購入」等の語句で検索すれば,いくつもヒットする,個人輸入と聞くと敷居が高そうだが,購入手続きや注意点などについて懇切丁寧に解説してあるので,参考にしたらいい


5.おわりに
 このマスク不足,いつになったら解消するんだろう,皆が不安感から買い溜めするから,しばらくは解消しないだろうが,政府も「価格は需要と供給で決まる」なんてノー天気なこと言ってないで,ある意味非常事態なんだから,高額な転売等を規制するとか,有効な対策を講じて欲しいものである



2020年02月03日

中国人の方々が大量にマスクを発送(転売?)してる場に遭遇

新型肺炎の影響でマスクが品薄状態・売り切れ状態 (2).jpg

1.はじめに
 私が住んでる市は,面積的にも大きくないし総人口も4万人ほどである,特に気の利いた観光資源は無いのだが,良質の温泉を売りにしたちょっとした観光ホテル街がある,有名どころの温泉地ではなく,普通とは違う穴場の温泉観光地として,外国の方々もそこそこ訪れているようだった


2.中国人観光客の増加
 外国の方々の訪問が多い温泉地のトップ10に入るようになってから,そういう情報が知れ渡ったのだろうか,特に最近,中国人観光客の方々がぞろぞろと歩く姿がよく見られるようになった,駅やバスターミナルから近いから,みなさんキャリーをゴロゴロ引いてホテル街まで歩いてる

 空港も中国からの直行便が3ルートあるし,県もインバウンド大歓迎で,ウエルカム,ウエルカムだし,中国の方々の訪問が増えるのは当然なんだが,ここにきて中国で発生した新型肺炎である,1月中旬くらいの状況では,直接的な影響は無いと思っていたのだが,ちょっと認識不足だった


3.中国人観光客の大量マスク購入
 中国の春節が始まると中国からの観光客が増えるだろうけど,そもそもそういう方々が滞在するホテルや温泉などに行くわけでもないし,そういう観光客の方々と接する機会は無いだろうと思っていたのだが,オークションの品を発送しようと出向いた郵便局で中国人観光客の方々に遭遇したのである

 日時は1月20日の午前10時頃,時々利用してる小さな郵便局の前に大きなレンタカーのバンが違法駐車状態である,なにこれ?って思いながら,発送用の荷物を持って局内に入ったら,5名の中国人の観光客だろうか,マスクの発送をしてるんである,その発送してる量がハンパ無いことに驚愕


4.中国人観光客の方々で郵便局混乱
 マスクの絵が描いてあって全て同じメーカー製の製品のようだったが,下の画像のような大きさの段ボール箱でかなりの枚数が入ってると思われた,その大きな箱が,ぱっと見で6〜7個,奥のストックヤードにも同様の箱が見えたから,たぶん全部で10箱くらいじゃなかっただろうか

新型肺炎の影響でマスクが品薄状態・売り切れ状態 (1).jpg

 それを国際郵便で発送しようとしてるわけ,中国の方々は5名全員が郵便窓口に押しかけていて,中国語や片言の英語や日本語で怒鳴ってるのである,たぶんカード払いにして欲しいって,各人が自分のカードだして,どれか使えるカードはないのかと言ってたんだと思う(郵便局はカード使えない)


5.中国人観光客の方々と濃厚接触状態
 そういう状況に私はオークションの荷物を持って入ってしまったのである,一瞬「うわっ」って思ったが,逃げる訳にもいかないし,いつものお姉さんが気を利かして,ヨコから「どうぞ」って声をかけてくれたんで,荷物を渡したんだが,中国の方々が「こっちが先だろ!」てな感じで怒鳴る

 しょうがないので,イスに座って待つことにする,すると5名でわいわいやってた中の男性一人が,私の座ってるイスの一つ席を空けた隣に座る,ええ〜っ,これって濃厚接触の距離じゃないですかと,マジで逃げ出したくなる,しかもその男性の奥さんだろうか,振り向いて男性に大声で話しかける


6.中国人観光客の方々から飛沫感染しそう
 ぎょえ〜,飛沫感染するんじゃないかいな,みなさんも私もマスクしてないし,もう最悪,やっと手続きが終わって,私の順番になる,いつもの窓口のお姉さんが「お待たせしてすいません」と申し訳なさそうに受付してくれたけど,その間も,中国の皆様は,局内でワイワイ・ガヤガヤやっている

 記念切手とかが珍しいのだろうか,皆さんああでもないこうでもない的に大声で話してる,なんであんなに大声で話すんだろう,小さな郵便局だし,そんなに広くないし,新型肺炎ウイルス持ってる人がいたら,全員アウトだろう,郵便局の職員の方々も,こういうのは想定外だったかもねぇ


7.中国人観光客の方々は意外なところに現れる
 私だって,郵便局で中国の方々に濃厚接触とか想像だにしてなかった,近所のツアーバスがよく立ち寄る,家具,衣料品,日用品,レジャー用品,食品等々,なんでもありの超大型スーパーや観光地やホテル街なんかに近づかなければ,大して関係ないと思っていたのだが,郵便局は盲点だった

 で,今日(2/3)は,前述の出来事から2週間経ったわけだが,マスクが売り切れの報道の影響もあるだろうが,この田舎でもドラッグストアやホームセンターからマスクがほとんど消えてしまった,これは新型肺炎対策と言うより,花粉症の季節だから無くなる前に確保しておこうということだろう


8.初期に情報を入手した方々だろうか?
 それにしても,まだ状況がそれほど深刻でないような報道の段階で,早々に日本まで来てマスクをかなり大量に購入して,そこそこ送料もかかるだろうに,自国に送付するなんて,この人達はその段階で都市封鎖や交通遮断等の情報を得ることができていた,それなりの方々なのかもしれない

 そういう点を考慮すると,今回のこの新型肺炎騒ぎ,だいぶ前から「ヤバイ」ってレベルだと,中国国内の上級国民の方々は知り得てたのかもしれない,あの郵便局で必死に早く手続きしてくれとか,一生懸命懇願してた方々を見ると,いま(2/3)の中国の状況の悲惨さが想像できて,怖い


9.おわりに
 ネット通販やオークションなどでは,マスクの価格が高騰してるようだが,日本で感染者がそこそこ広がったら,どういうことになるんだろう,都市部の人口過密地帯の公共交通機関なんか,武漢みたいに止めるわけにもいかないだろうし,想像するだに恐ろしい,杞憂に終わることを祈るのみである



2019年07月16日

韓国の方々は日本の官僚の怖さを理解してないと思う

日本対韓国.jpg

1.はじめに
 ここ最近のニュース等で,日本が韓国に対するフッ化水素等の輸出管理に関する優遇措置を撤廃するとの対応に,韓国側が撤廃要求やアメリカへの仲裁要請,はたまたWTO等の国際機関への提訴等を持ち出して,日本側の翻意を促してるようだが,これは根本的に不可能な要求である


2.役人の本質
 そもそも霞ヶ関の官僚に限らず,役人というのは現状を変えるのを極端に嫌うっていうことを理解してたほうがいい,施策や方向性を変えると言うことは,その施策や方向性が間違ってたということにもなるわけで,そんなことはお役所は絶対に認めない,お役所はミスしないという前提で動いてる

 なにか施策等を替えるとなると,関係する法律,条例,規則などなど,変えることによる影響をつぶさに検証する必要が有り,現状が問題なく動いていれば,それでヨシとするのがお役所である,ただし自分の方には間違いがないが,他の要因で方向性とか変えなくてはいけない場合はその限りではない

 つまり,自分たちの施策や方向性は間違ってないのだが,他の要因においてその施策を変更する必要が出てきた,変えるべき要因は外部にあるというスタンスをとる,これなら自分たちには責任は無いことになる,今回の輸出管理に関する優遇措置を撤廃する件に関しては,まさにコレである


3.徹底的に影響を検証する
 で,大事なのはこういう施策転換を行う場合,担当部署は徹底的にその影響を検証する,どういう不利益が生じるか,どういう反対意見がでるか,関係する相手方の出方等を全て徹底的に検証して,その全てに対応策や答えを準備するという作業を行う,それが100%完璧になるまで検証を行う

 ということで,経産省が輸出管理に関する優遇措置を撤廃するとか,ホワイト国からはずとか言ってるということは,韓国や関係国等の反応に対して,全て完璧に対応できるという結論が出たということである,つまりいくら要望があろうが,撤回するのは不可能なレベルになったと言うことである


4.決めた方針を撤回することは無い
 外部からの圧力で撤回なんてことはできなのである,それを認めたら経産省の決定は間違ってたことになるわけで,そんなこと経産省が認めるわけがない,たぶんホワイト国はずしも既定路線だろう,韓国の関係の方々は,日本の役人の怖さを認識した方がいい,ましてや今回は霞ヶ関の官僚達である 

 地方自治体でさえ役人は決まってる施策や方向性を変更するのは極端にいやがるのに,霞ヶ関の官僚がこれをやったということは,相応の覚悟でやってるわけで,日本の官僚の怖さを認識した方がいいと思う,絶対に負けない環境を構築してるんだから,はなからゲームオーバーなんである


5.落ちぶれてもGDP世界3位の日本
 考えてみればわかるが,ちょっと落ちぶれたとはいえ,一応世界第3位のGDPを誇る日本の経産省である,その施策の方向性や進め方は,すくなからず世界経済への影響もあるわけで,だからこそなにか施策等を変える場合は慎重になるから,対応が遅いとかの批判を受けたりすることもある

 そういう部署がこういう輸出管理に関する優遇措置を撤廃するとか,はたまた相手国をホワイトリストから外すなんてことは,よほどのことである,韓国はマジで政府も国民も一丸となって真摯に態度を改めないと,今回の措置だけで,韓国の半導体関連産業は衰退どころではなく消滅しかねない


6.規則通り書類を提出するのも大変
 この経産省の対応,輸出規制でもなんでもなくて,優遇措置を止めるから,こんどから規則通り書類整えて申請してくださいねってことなんだけど,この「規則通り」というのが怖いんである,この手の書類は,量も多いし誤字脱字や数字間違いなどを全く無い状態で作成するのは結構難しい

 普通は間違ってたところを修正して再提出すればいいんだが,お役所が「こいつはお灸が必要だ」と思ったら,ワープロの誤変換等のささいなミスを見つけて「提出された書類に不備があるようなので全て作成しなおして再提出してください」と言って書類を突っ返す,なにが間違ってるかは教えない

 おまけに「明日の午前中に再提出してください」と言うわけだ,数百枚に及ぶ申請書や仕様書や関連の予算書,またその積算根拠等の添付書類を手分けして徹夜で修正して再提出するんだが,またまた突っ返される,これを何度も何度もやられる,これでウツ病になって入院しちゃった人を知ってる


7.おわりに
 ここまできても,韓国の方々は相変わらず日本や経産省に対してけんか腰の態度で対応したり,民間レベルでも日本製品不買運動とかやってるけど,このままじゃ,国の存亡に関わるような大変なことになりかねないのだが,その辺どう考えてるんだろう,たぶんもう手遅れかもしれないが・・・



2019年03月13日

モスバーガーは食べにくい:不人気の原因の1つ

モスバーガーの衰退.JPG

1.はじめに
 国産野菜へのこだわりや,品質管理や衛生管理等のレベルの高さをうたい文句に,お値段はちょっと高めだけど,そういう点を評価する消費者層が存在し,それなりに人気があり経営的にも成り立っていたモスバーガーが,最近経営不振という記事を目にしたのだが,どうしたんだろう 


2.私はマクドナルドよりモスバーガー派
 私の住んでるところは,ごくごく普通の田舎の市だが,とりあえずマクドナルドの店舗もモスバーガーの店舗もあった,マクドナルドは混雑してることが多いので,多少金銭的には高くなるが,ゆっくりできる点も考慮して,ハンバーガーを食べたくなったら,ほとんどモスバーガーに行っていた

 最近,ネットなんかで,モスバーガーが経営的に苦しいとかなんとかの記事を見て,マクドナルドとは,客層が若干違うし,そこそこ大丈夫なんじゃないの,なんて思っていたら,我が町のモスバーガーの店舗が突然閉鎖して,建物は撤去され跡地は畑になってしまった,えっ,なんで?


3.ばあちゃんとモスバーガーの店舗へ
 人口が減少してる地方の市だし,撤退したのは需要が減少したんだろう,なんて思っていた,で,最近実家方面に出向いたとき,ばあちゃんと一緒に昼食をとることになった,ばあちゃんが久しぶりにハンバーガーが食べたいって言うんで,この町にはモスバーガーが有るんで,そちらに出かけた

 ちなみに,このばあちゃん,90歳を超えてるんだけど,ハイカラなばあちゃんで,ハンバーガーとかピザなんかも大好き,ハンバーガーに関してはマクドナルド派なんだけど,今回は健康にいい材料使ってるんだよ,とかなんとか言って,私の好みのモスバーガーで食べることにした


4.モスバーガーでハンバーガーを食べる
 ばあちゃんはハンバーガーとポテトとアイスコーヒーをオーダー,私は野菜バーガーとチリドックとアイスコーヒーである,支払いはばあちゃんにしてもらう,90歳を超えてるお年寄りにタカるのもなんだが,ばあちゃんはそこそこのというか,かなりのお金持ちなので,とりあえずはヨシとしよう

 テイクアウトしてもよかったのだが,持ち帰る間にパンが湿気てしまうのはイヤだし,ばあちゃんにモスバーガーの雰囲気やおいしさを経験してもらおうと店内で食べたのだが,ばあちゃんがハンバーガーを食べるのに手こずっている,ケチャップとタマネギがこぼれて食べにくいって言うわけ


5.モスバーガーのハンバーガーは食べにくい
 私もモスバーガーのハンバーガー,特に「モスバーガー」などは,ソースがたれたりして食べにくいとは思うが,だからマクドナルドに行くというほどではない,今回は,ばあちゃんいわく「このハンバーガーは食べにくいから嫌い」「私はマクドナルドのほうがいいわ」ってなってしまった

 ハンバーガーではなくソースたっぷりで厚みにある「モスバーガー」の方だと,もっと悲惨なことになってたかもしれない,新しい食体験をしてもらおうと気をつかったつもりだったが,逆効果になってしまった,ばあちゃんは,今後もマクドナルド一択,モスバーガーを利用することはないだろう


6.食べにくいという視点を改めて認識
 ということで,なんでモスバーガーは衰退したのかということだが,イロイロな内部要因,外部要因があると思うが,このメインで提供してる「食べもの」が,老人などには食べにいう点は,大きな問題だと思う,たしかに食べにくいが,ばあちゃんはとてもとても食べにくく感じたようである

 今回は,私のばあちゃんの例であるが,小さな子供のいるファミリー層とか口周りが汚れるのを避けたい女性とか,同様の意見が出てくるのではなかろうか,こういうファストフードなどは,価格や品揃えなんかに目が行きがちであるが,食べにくいから避けられているというのも事実のようである


7.高齢者等でも食べやすい商品の提供が必要
 今後高齢化社会がますます加速するが,お年寄りが敬遠するようなサービスは,衰退するしかないだろう,モスバーガーは,少々価格が高くても,安心・安全を売りに成功してきたと思うが,消費者が貧しくなって,高くても品質が良い物を購入する層がどんどん減っているのも事実だろう

 特に子育て真っ盛りの世代にとって価格は重要な要素である,同じような商品なら安いがいいに決まってる,子供達だってモスバーガーのハンガーバー1個(220円)より,マクドナルドのハンバーガー2個(200円)を選択するだろう,こういう情勢変化に対応できていない点が問題じゃないだろうか


8.モスバーガーへの期待
 これから高齢者の仲間入りする人たちは,若い時からファストフードに親しんでる層だが,健康志向は非常に強く,できるだけ安心・安全なものを食したいと思ってる人は多いだろう,また子育て真っ最中の若い方々も,子供には安心・安全な食材を与えたいと思ってる人は多いだろう

 だから基本路線として安心・安全は間違ってはいない,そういう安心感を中心に据えて,高齢者やファミリー層などに支持されるような商品開発や販売戦略を構築すべきだと思う,ただそれがマクドナルドと互角に戦えるような価格設定でないと,消費者はモスバーガーに戻って来ないだろう


9.おわりに
 一時,経営的にヤバイと言われていたマクドナルドが復活したのに対して,客足が遠のいてるモスバーガー,取り急ぎ,食べにくいと言われている商品の食べにくさの改善と,低価格で満足感が得られるメニューなど,お年寄りや小さな子供などにも配慮した商品展開を推し進めたらどうだろう