最新記事

(02/25)札幌雪祭りに行ってきました。

(02/19)旭山動物園に行ってきました。

(02/13)流氷が来た!

(02/10)国内旅行傷害保険の考え方

(02/07)mineoの昼休みピークタイムはがっつり遅いとの評判だが果たして実際は?(mineo定点観測2017年2月号)

(02/05)0simを契約して1年が経ちました。本当に無料!初期手数料3150円しか発生していませんが、運用には難ありすぎ!

(02/01)年間6日間だけ!白川郷ライトアップに行ってきました。

(01/27)クレジットカード付帯の海外旅行保険を活用した格安の海外旅行保険の入り方!

(01/26)冬の不快な静電気対策が楽しくなるグッズ

(01/24)ソニーEマウント用タムロン18-200mm F/3.5-6.3 Di V VC(modelB011)をファストハイブリッドAF対応にアップデートする

(01/23)mineoにMNPする前に確認しておいた方がいい話。

(01/22)海外でwi-fiスポットを使うなら出国前にVPNを装備しておきましょう

(01/21)フランスでも使える?!simフリールーターとthreeのsimで悪戦苦闘した話

(01/17)auからMNP転出で引き留めポイントだけじゃない、あの会社で使える意外なクーポン獲得!

(11/28)JCBカードの臨時増枠を使ってみました。

(10/16)XperiaZ3でスワイプしても設定画面が出てこなくなってしまった話

(07/29)MDR-NW750NはウォークマンNW-F880シリーズ、XperiaZ3、XperiaZ4では効果なし。

(07/27)今さら引っ張り出してきたNW-Z1060にamazonミュージックアプリを入れると・・・

(07/26)MediaGoからの転送、変換を制御する

(07/20)amazonで文字入力がうまくできないトラブルに出会ったら

プロフィール
いえねこFPさんの画像
いえねこFP
生活能力がいえねこ並みのFPです。 wi-fiのないところでは能力が半減します。 スーパーインドア派ですが、ボーナスで買ったミラーレス一眼カメラを首にぶら下げて旅行に出かけます。
記事ランキング
  1. 1. amazon primeミュージックの音質ってどうなの?プレイヤーの使い勝手は?
  2. 2. au版のXperiaZ3(SOL26)をsimロック解除して遊んでみよう
  3. 3. amazonプライムミュージックは複数のデバイスで同時使用できるのか?
  4. 4. DESS-HXはストリーミング再生(標準のミュージックアプリ以外)にも適用することができるのか?
  5. 5. 無線LANのデュアルチャネル機能ってどれぐらい効果あるの?
  6. 6. MediaGoからの転送、変換を制御する
  7. 7. Flacのすすめ
  8. 8. MDR-NW750NはウォークマンNW-F880シリーズ、XperiaZ3、XperiaZ4では効果なし。
  9. 9. Spybot - Search & Destory が無理やり再インストールされる場合に削除する方法
  10. 10. Fire タブレット 8GB 4980円は買いなのか?(総集編)+2016年6月のアップデート

2017年02月25日

札幌雪祭りに行ってきました。

DSC06442s.jpg

DSC06446s.jpg

DSC06483.jpg

PPAPは大人気!
DSC06453.jpg

朝に再び訪れてわかったのですが、会場内にはいたるところにくぼみや段差があり、滑り止めの簡易スパイク無しでは転倒していた可能性があります。皆様も雪まつりに行く際には、雪像に気を取られて、足元を取られないように注意しましょう。
DSC06518.jpg

2017年02月19日

旭山動物園に行ってきました。


2017-02-19-01ss.jpg
2017-02-19-02ss.jpg
2017-02-19-03ss.jpg
2017-02-19-04ss.jpg

園内は基本的にスパイク無しでも歩けるようになっているので、滑り止めは外していきました。
なお室内はスパイク禁止です。
室内、室外問わずフラッシュは禁止です。

スリに注意の看板がありましたので、動物に気を取られて財布を盗られることのないように気を付けましょう。

2017年02月13日

流氷が来た!

北海道へ飛びました。

網走から観光砕氷船オーロラ号に乗り、流氷ドラフト(青い地ビール、分類は発泡酒)を飲みながら流氷を眺め、
2017-02-13-03s.jpg

流氷の上には天然記念物のオオワシ!
2017-02-13-02s.jpg

流氷がこの時期来ているのは珍しいそうです。

ちなみに流氷が来すぎても出港できないのでダメなんだそうで。

2017年02月10日

国内旅行傷害保険の考え方

国内旅行傷害保険の存在意義についてFPの立場から吟味してみたいと思います。

1.国内旅行傷害保険の構成

2017-02-05-01.jpg

国内旅行傷害保険は通常、下記のような構成の保険となっています。

保険期間 4日(3泊4日)までの場合

補償例(2017年2月現在、国内大手社のホームページより抜粋)
死亡・後遺障害保険金 3,414万円
入院日額 12,000円
通院日額 7,000円
賠償責任保険 3,000万円
携行品 40万円
救援者等費用 150万円
航空機欠航・着陸地変更費用 1万円

2.不足している補償を買うという考え方に立つと

賠償責任保険については、3000万円では少しもの足りません。また旅行中に限った補償である必要はないので、普段から保険金額無制限の保険に入っておくのをお勧めします。自動車保険や傷害保険に特約でプラスすることで加入できますが、同居の家族を保険金額無制限で補償して月170円(2017年2月現在国内大手社の場合)程度です。
このため、普段から無制限で入っている人については国内旅行傷害保険で加える必要はありません。

死亡後遺障害保険については、死亡と後遺障害を分けて考えられたら良いのですが、通常は、死亡保険額と後遺障害保険金額は連動するので、後遺障害のみ入るということができません。
死亡保険金については、死ぬ理由が旅行だろうが交通事故だろうが病気だろうが、ローンが残っている、子供の教育資金等・・・必要な金額は変わらないはずなので、旅行の時だけ上乗せする必要はなく、必要な額を定期保険などを契約して常時効かせるべきです。
後遺障害保険金については、普段、傷害保険に加入していない方が、スキーやスノーボード等で後遺障害が残るような怪我をしたら怖いと思う場合につけるぐらいでしょうか。金額が中途半端で大した助けになりません。

携行品については、普段、家から持ち出さない高額な道具にかける保険で、デジタルカメラやスノーボードの破損が対象となります。ただし、1個1組の補償の金額は10万円程度が上限となっており、自己負担が3000円〜5000円あるケースがほとんどです。
対象外となる物も多いので、パンフレットで内容を確認しておきましょう。

救援者費用等は、旅先で病気や怪我をして入院した場合で、家族が駆けつける費用と遭難捜索費用の組み合わせです。
家族の駆けつける費用はあまり必要性を感じませんが遭難捜索費用として遭難した場合の捜索費用が出るのは心強いです。スキーやスノーボードで山に行く方は加入しておいてよろしいのではないかと思います。
なお、アイゼン、ピッケル等を使う山岳登坂については国内旅行傷害保険では対象外となってます。
保険会社の窓口で頼み込んでも、割り増し保険料を払うと言っても、個人として引き受けてくれるところはまずありません。
そのような登山をする方は、登山用品を扱うモンベル等が募集している山岳保険や、山岳救助会に加入するのが良いでしょう。

航空機欠航・着陸地変更費用は、そもそも保険金額が1万円だったりするので、あまり必要性を感じません。
例えば吹雪で新千歳空港で缶詰になったとして、1万円もらったところでなんの対処もできません。
諦めるか陸路を伝ってでも東京に帰る方法を模索するわけですが、そのような事に対処できる保険はありません。

3.観光地に行くだけなら国内旅行傷害保険は不要

まとめると、国内旅行傷害保険にはあまりつけておいた方が良い補償がありません。
海外旅行保険については、旅行代理店が加入の有無を確認してくるほど治療費用の必須度が高いものですが、国内旅行傷害保険についてはそうではありません。

唯一必要なのは賠償責任保険ですが、これは通年で旅行に限らずで入っておくべきものです。

4.(ご参考)クレジットカード付帯の国内旅行傷害保険

さて、ここまで必要性が薄いと断じてきた国内旅行傷害保険ですが、参考までにクレジットカード付帯の国内旅行傷害保険の話をしたいと思います。

国内旅行傷害保険のついたクレジットカードは非常に少ないですが存在しています。


UCカード プライズ(ゴールド)
クレジットカード利用付帯
傷害死亡・後遺障害5,000万円
入院5,000円(1日あたり)
通院2,000円(1日あたり)
ただし7日以内の入院、通院は対象外

このケースでは、死亡後遺障害と入院通院に補償が限られており、また、入院通院に関しては8日以上の場合のみとなっています。

クレジットカード利用付帯ですので、旅行代金をカードで支払う事で保険料の負担は発生しませんが、国内旅行傷害保険のつくクレジットカードはポイントの効率がよくない事が多いので、よりポイントの良いクレジットカードを持っている場合には、その差額(旅行代金の1パーセント程度に相当)が実質的には保険料であると認識すべきでしょう。

携行品や受託物、救援者等費用などがつくわけではないので、積極的に利用していくことは考えにくいと言えます。

保有するクレジットカードを選ぶのに国内旅行傷害保険の有無を検討するのはナンセンスと言えます。

5.何は無くとも個人賠償責任保険を

繰り返しになりますが、旅行に限らず、日常生活全般に効く個人賠償責任保険への加入がオススメです。
旅行に限らないで日常生活全般に効く個人賠償責任保険に入っておけば、旅行中のスキーやスノーボードによる事故の相手への賠償や、自転車で通勤通学、買い物中の事故等まで補償できます。
いずれの事故も相手が後遺障害を負う可能性を考えれば保険金額は無制限一択です。賠償責任1億円と無制限の保険料の違いは月あたり10円程度です。医学部の学生を植物状態にしてしまった場合の金額を準備するのに必要な差額が月10円なのです。あえて保険金額の低い補償に変更する理由はありません。

加入をしていない人が、スキーやスノーボード中の事故に備え、一時しのぎとして国内旅行傷害保険に賠責をつけると言うのはあり得ますが、国内旅行傷害保険の申し込みをしている時間があったら、加入している自動車保険の会社に「個人賠償責任保険をつけたいのですが」と電話すれば済む話です。

6.国内旅行傷害保険ではなく通年の保険の検討を

通年の保険でいうと、会社や商工会の団体傷害保険がオススメです。
割引が効いた上で、個人では入りにくい受託物の補償も含めて、傷害保険、個人賠償責任保険、携行品、受託物に加入する事ができます。
そうすると、唯一カバーできないのが救援者費用、捜索費用です。
その部分だけを入れる保険会社は見当たりませんでした。
ので、救援者等費用があり、かつ、ネットで入れる格安の保険となると、au損保またはエイチ・エス損保の国内旅行傷害保険に絞られてきます。
また、上で記載しました通り、アイゼン、ピッケル等を使用した山岳登坂は通常の保険では対象外となるため、山岳保険や山岳救助会への加入を、スカイダイビングなどの危険性の高い運動はそもそも保険が効かないので、それを承知してチャレンジするようにしてください。

※上記記事の保険の説明は一般的なものです。補償の内容、加入条件等は実際に保険に加入する際の保険会社の約款・パンフレット・保険証券でご確認ください。

2017年02月07日

mineoの昼休みピークタイムはがっつり遅いとの評判だが果たして実際は?(mineo定点観測2017年2月号)

2月6日(月)の昼休み、一番混雑するという時間帯である12時46分に測定を行いました。

下り測定
2017-02-06-03.jpg

上り測定
2017-02-06-04.jpg

測定結果
2017-02-06-05.jpg

アップロードが若干立ち上がりにもたついているように見える以外は、上下ともに1Mbpsを超えており、特に支障はないということが言えます。

mineoのピークタイムについては定期的にチェックしていきたいと思います。


キーワード
マイネオ、スピードテスト