検索
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリアーカイブ
ファン
リンク集:カスタマイザー
リンク集:パーツメーカー
シマノ公式HPへ
logos-Ritchey代理店HPhe
Tioga公式HPへ
alexlims公式HPへ
grunge公式HPへ
TOPEAK公式HPへ
KINLIN公式HPへ
TranzX公式HPへ
KENDA Japan公式HPへ
シンコー公式HPへ
wellgo公式HPへ
ERGON公式HPへ


■■■

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年08月08日

福岡のおすすめスポット:オテル グレージュ / ラ・ギャルリー

今回は福岡の東、宗像のスポットの紹介です。
宗像は日本書紀にその由来が記されるほどの歴史のある「宗像大社」があるところで、近年この宗像大社の一宮「沖ノ島」が世界遺産への国内推薦を得て、暫定世界遺産候補になったことで話題を集めました。福岡県の中の位置づけとしては東の北九州市、西の福岡市の中間に位置し、美しい玄界灘の海と豊かな自然に育まれた魚や野菜が魅力の地です。

宗像の付近にはサイクリングロードが多く、サイクリストにとってはとてもうれしい環境が整っています。特に宗像〜芦屋間のサイクリングロードは海浜のすぐそばに整備されていて、約40kmにわたって海のそばを走ることのできる素晴らしい環境になっています。福岡からは少し距離があるので輪行することが一般的ですが、現地各所にレンタサイクルの施設があり、自転車を借りて走ることもできます。

hotelgreges01.jpghotelgreges02.jpg
HOTEL GREGES 公式HPお店の場所 Google map
宗像で最近人気を集めているのが「オテル グレージュ」。青い空と青い海に映える真っ白な建物が印象的な、かなりハイクラスのホテルで、12歳未満の入場が不可、レストランはドレスコード有りと結構敷居は高め。ですが、ホテル内グランドフロアにある「ラ・ギャルリー」は普段着でも立ち寄れるカフェ・バーになっています(とはいっても、サイクルウェアでは入りにくいので、もし自転車で行かれる場合はカペルミュールの様なウェアが無難です)。


続きを読む...

2016年08月03日

3-4-1. ハンドル部分の交換:ハンドルバー

3-4-1. ハンドルバー:ハンドルバーの着脱

自転車のハンドルにはいろいろな形があります。マイパラスM-650のノーマルのハンドルは一般に「フラットバー」と呼ばれるハンドルですが、ロードバイクで使われる「ドロップ」や、トライアスロンやピストで使われる「ブルホーン」などもあります。それぞれ使えるブレーキレバーやシフトレバー・グリップが異なり、そこまで一度に網羅しようとすると量が多すぎるので、今回はフラットバーの脱着を中心に書きます。

mypallas-m-650handle01.jpgmypallas-m-650handle05.jpg
マイパラスM-650のハンドルはスチール製で400gほどある重たいもの。アルミのフラットバーなら200g台のものが沢山あるので、150-200g程度なら簡単に軽量化できるパーツでもあります。ハンドルの交換だけなら特殊な工具も必要なく、またハンドルの幅(両手の幅)も自分でハンドルをカットすれば自由にポジション調整が可能です。

続きを読む...

2016年07月28日

MyPallas M-650がリファイン、「Type3」が新登場

ふとマイパラス公式ページを見てみると、なんとマイパラスM-650がリファインして「Type3」となっていました。Type2が発売されてから結構な年月が経ちましたが、細部の見直しがされて今回のType3に移行したようです。逆に言えばリファインする価値があるくらい人気があるということなのでしょう。実際、マイパラスM-650を街中で見かけることが何度かあり、女性のライダーの方も数人おられたので、いろいろな意味でユーザーのニーズに適した部分があるんだろうな、と思っていました。

mypallas-m-650-3-01.jpgmypallas-m-650-2-01.jpg
MyPallas M-650 Type3MyPallas M-650 Type2

フレームなどの根幹にかかわる重要な部分は大きくは変更はないため、パッと見はほとんど変わりないように見えますが、いくつか重要な変更があったようです。Type3の実車を見ていませんので細かいところで分からない部分はあると思いますが、Type2との比較検証をしてみたいと思います。

※注:当ブログ掲載の公式商品画像は全て株式会社マイパラス様より写真及び掲載情報の使用許可を得て掲載しております。

続きを読む...

2016年07月25日

マイパラス改造リスト比較-3

現在のMyPallas M-650育成状況 2016.7.25

mypallas-m-650cus1104-02.jpgmypallas-m-650cus1104-03.jpg
こつこつと改造してきたマイパラスM-650。
現在は目指していたところまでの改造を終えて、細かな調整や長期的な使用感などを確かめながら、サイクリングを楽しんでいます。実際のところ、ノーマルで残っている部分はフレームとリアサスペンションアームだけで、他は全て交換・改造してあるので、ある意味原型はとどめていません。それでもまだステッカーだけは最初のころのまま。「Stylish bicycle」のロゴが未だにまばゆいところはノーマルと同じです。

改造テクニックの紹介のほうが全然間に合っていませんが、それは徐々に書き加えていくことでお許しいただくとして、まずは前回の状態からどこまで改造が進んだかを比較してみたいと思います。

続きを読む...

2016年07月23日

3-3. 根本的なパーツの変更& 6-1.タイヤ回りの変更 - タイヤの交換(その2)

3-3.&6-1.タイヤの交換(その2)

自転車のタイヤは目的や車種・規格ごとに非常に多種多様です。ここですべての規格のタイヤを紹介すると、このブログはタイヤブログに変身してしまうので、私が扱ったタイヤを中心にお書きしたいと思います。

mypallas-m-650tire17.jpgmypallas-m-650tire16.jpg
タイヤ選びには実はかなり逡巡して、無駄に買ってしまったところがあります。それは乗り心地やバランスは突き詰めていくと、「実際に乗って、走ってみないとわからない」という部分がかなりあるからです。その意味ではタイヤは他の方のインプレッションやレビューがとても参考になるパーツです。

ただもし機会があるなら、他の方が実際に履いているタイヤを試乗させてもらうのが一番だと思います。仲のいい仲間内で同サイズのホイールであるならタイヤを借りて自分の自転車に履かせてみるのもひとつの手だと思います。それほどにタイヤは「逡巡」します。

続きを読む...

2016年07月21日

3-3. 根本的なパーツの変更& 6-1.タイヤ回りの変更 - タイヤの交換(その1)

3-3.&6-1.タイヤの交換(その1)

一般に街乗り程度であるとタイヤがよほどすり減ったり、ひび割れてしまったときぐらいしかタイヤを交換することは無いかもしれません。しかしこと改造を考える場合には見た目にも性能的にもとても重要で、しかも変化をとても体感しやすいのがタイヤの変更です。

自転車からタイヤホイールを外せさえすればタイヤの交換は簡単にできます。ただタイヤによっては着脱に力が必要なものもあるため、右下のような「タイヤレバー」を用意しておくと困ることが少なくなります。今回はタイヤの着脱とタイヤの種類や特性について書いてみたいと思います。

mypallas-m-650tire01.jpgmypallas-m-650tire02.jpg
■外した後輪タイヤ■タイヤレバー
続きを読む...

2016年07月19日

福岡のおすすめスポット:パームビーチガーデンズ

休日にはよく糸島に行きます。
昔は本当にド田舎で、父に連れられて釣りに行くか、夏に泳ぎに行くところくらいのイメージでしたが、最近は雰囲気が一変しました。若い人が多くなり、人気のドライブコース&サーファーやバイカーが集う活気ある場所になりつつあります。

糸島への移住者が増え、糸島市の行政も積極的に子育て世代を誘致すべくさまざまな施策を行っています。とにかく自然に恵まれている上に、最近は商業施設なども十分整備され、都心までも車なら1時間足らず。そんな糸島のスポットのひとつで私がよく行く「パームビーチガーデンズ」を少しご紹介。
palmbeach01.jpgpalmbeach01.jpg
PALM BEACH GARDENS 公式HPお店の場所 Google map
糸島半島の西側、夫婦岩に渡したしめ縄が有名な二見が浦のお店です。
中にはコーヒーショップやサーフ雑貨、波佐見焼のお店、糸島産食材のお店などが入っており、また同じ敷地内にカフェレストランとイカ料理の店が隣接しています。

まぁ何といっても見どころはロケーション。
海が目の前で、ちょうど半島の西向きであるため、とにかく夕日がきれい。海に光る夕日が描き出すパノラマは福岡の中でも特に美しい景色のひとつだと思います。パームビーチのコーヒーショップやカフェは全て海に向いているので、夕方の時間には一面のオレンジに包まれた景色とともにコーヒーを傾けることができます。

続きを読む...

2016年07月17日

3. 根本的なパーツの変更 -2 スタンドの交換

3-2.スタンドの交換

mypallas-m-650stand01.jpg■自転車スタンドの交換
M-650のノーマルのスタンドは1本足の一般的なもの。ママチャリでも普通に使われているスタンドで、機能的には問題ないし、またとても頑丈で重い車重にも耐えられるのが特徴。ただ見た目には何となく垢抜けないのも確かで、頑丈に作られている分、とても重いのが難点。

ロードバイクやクロスバイクではスタンドを付けないものも多くありますが、街乗りを考えるとスタンドがないのはとても不便です。あまり目立たず、かつ軽量のものに交換すれば見た目もスッキリ、車重もスッキリで案外よい改造になります。
続きを読む...

2015年11月05日

マイパラス改造リスト比較-2

現在のMyPallas M-650育成状況 2015.11.4

mypallas-m-650cus1104-01.jpgmypallas-m-650cus1104-02.jpg
9~10月と仕事が多忙を極めていました。
ちょうど毎年、この時期は仕事に追い込まれることが多く、今年も疲労で立ち上がれないほどの激務でしたが、何とか生還。滞りまくっているブログもゆっくりですが再開したいと思います。

実はマイパラの改造自体は仕事の合間合間にやっていました。少し乗ることができた時間もあったので、写真も少しずつ撮っておいたものをちょこちょこ公開していきます。
では現在のマイパラの改造状況を過去と比較してみたいと思います。

続きを読む...

2015年08月29日

3. 根本的なパーツの変更 -1 サドルの交換

3-1. サドルの交換

mypallas-m-650seat01.jpgmypallas-m-650seat02.jpg
■m-650のノーマルシート(横)■m-650のノーマルシート(後)

自転車に乗っていて乗り心地をもっとも左右するパーツであるサドル。サドルを交換することで、乗り心地やこぎやすさを変えることができます。
一方でサドルの選び方はとても難しいことのひとつです。それは乗る人の体や体重は千差万別で、すべての人にとっての「ベストなサドル」というものは存在しないと言って過言ではないからです。

そのためサドル選びはよく「(サドル選びの)旅に出る」とまで言われます。
一発で理想のサドルに出会うことはなかなかなく、いろいろ迷うことも多いようです。

続きを読む...
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。