<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
写真ギャラリー
ファン
最新記事
カテゴリーアーカイブ

−アリスーwelcomeキーホルダー

2017年10月18日

生活保護の減額伝えた市職員を鉄パイプで脅す



1 のっぺらー ★ :2017/10/18(水) 21:38:23.02

生活保護費の減額を伝えるために自宅を訪れた加古川市職員を鉄パイプで脅したとして、
兵庫県警加古川署は18日、暴力行為処罰法違反の疑いで、
同県加古川市平岡町高畑、無職の男(73)を現行犯逮捕した。
容疑を認めている。

逮捕容疑は同日午後2時35分ごろ、生活保護費の減額を通知するため
自宅を訪れた同市職員の男性(23)に対し、鉄パイプを振りかざした上で
「帰れ。やったろうか」などと脅したとしている。

男性からの110番で駆けつけた同署員が男を逮捕した。

以下ソース:産経west 2017.10.18 21:02
http://www.sankei.com/west/news/171018/wst1710180068-n1.html







posted by 美紗 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

【生活】ジンギスカン、あなたは後づけ派?漬け込み派?



1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/18(水) 18:31:59.65

北海道の「ジンギスカン」には大きく分けるとふたつの味がある。

肉をそのまま焼き、つけダレの味で食べる後づけ系と、肉をあらかじめ甘辛いタレに漬ける漬け込み系の2系統だ。

道央の札幌から道南にかけて普及した後づけ系の聖地は、札幌市豊平区。種羊場のあった月寒(つきさむ)はその昔、「ツキサップ」と呼ばれていた。

生系(後づけ系)ジンギスカンの祖と言われる「ツキサップじんぎすかんクラブ」の名前などにその名残を見ることができる。

豊平区には文字通り「羊ケ丘」という地名もあり、この名前もめん羊事業に由来する。「羊ケ丘」は1944(昭和19)年の地名変更で生まれた、まだ比較的新しい名前なのだ。

さて、肉に話を戻すと札幌から道南にかけては後づけ系が多い。

北海道の地形は札幌から南西へ100キロほど行った、長万部町あたりでキュッとしたくびれが発生し、そこから南へ80キロほどで道南の函館に到達する。

肉に味をつけずに焼き、後からタレにつけるというシンプルさに加えて、地勢上からもほぼ一本道で情報が曲がらずに伝わりやすかったと考えられる。

一方、札幌から北東に数十キロ離れた滝川で生まれた漬け込み系ジンギスカンはそこからさまざまな形で道北、道東方面に拡散していく。

例えば道北の名寄(なよろ)周辺には「煮込みジンギスカン」という様式がある。この地域のジンギスカンは漬け込みダレの量が多く、タレごと煮込む食べ方が多かったという。

通常、ジンギスカンは中央が盛り上がった半球状のスリット入りの専用鍋を使うが、タレの多い「煮込みジンギスカン」には一般の家庭にあるような普通の鍋やフライパンが使われる。
家庭料理として伝えられてきたからこそのスタイルだと言えよう。

近年、名寄市ではこの「煮込みジンギスカン」をご当地グルメとしてプロモーションに活*施策を打ち出し、現在では市内の飲食店でも口にすることができるようになっている。

滝川で生まれた漬け込み系は、道内でも極寒の地域で、より汁気の多い形に進化したのだ。
一方、道東の十勝には、また違うスタイルが伝わっていた。 =続く

■松浦達也(まつうら・たつや) 編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「大人の肉ドリル」に続く新著「新しい卵ドリル」が好評発売中。

http://news.livedoor.com/article/detail/13765518/
2017年10月18日 17時6分 ZAKZAK(夕刊フジ)


(出典 image.news.livedoor.com)


(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


(出典 tblg.k-img.com)


(出典 tblg.k-img.com)







posted by 美紗 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活

【生活】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ



1 砂漠のマスカレード ★ :2017/10/18(水) 20:50:50.96

毎日の暮らしに欠かせない睡眠。1日の疲れをとる大切な時間ですが、寝ている間にからだが凝ってしまう「寝コリ」に悩んでいる人、意外と多いのでは?
朝起きたら体がバキバキ...これだと目覚めもスッキリしませんよね。

そんな人におすすめなのが、ニトリで販売されている枕「あたまも支える抱きまくら ポリヌード(P型タイプ)」です。
お値段は1690円とリーズナブルですが、SNS上では「中毒性が高すぎる...」「愛おしすぎる」とハマる人が続出しているんです。

「これ人をダメにするわ...笑」
ニトリの「あたまも支える抱きまくら」はアルファベット「P」のような形をした、少し変わった見た目の抱き枕。
通常の抱き枕は腕や脚を絡めるだけのものがほとんどですが、「あたまも支える抱きまくら」はその名の通り、
出っ張った部分に頭をのせることができるので、首や肩への負担が軽減されるそう。

以前からSNS上でもじわじわと話題になっており、

「Pの頭の部分が頭を肩の高さで支えてくれるから、肩も首もバキバキにならない!最高!」
「お値段以上すぎる件」
「ニトリであたまも支える抱きまくら買ってきたんだけど尋常じゃなく良い。愛おしすぎるんだが」
「ヤバい 『ニトリのあたまも支える抱きまくら』を買ってもらえたのだがそれの中毒性が高すぎる...」
「これ人をダメにするわ...笑」
などと高く評価する声がいくつも投稿されています。

また、抱いて眠るだけでなく、筒状のところに背中を預け、出っ張り部分に肘をのせるという使い方をしている人も。

枕カバーは別売りで、肌触りの良さが特徴の「ダークターコイズブルー」「ネイビー」「ローズ」と、吸湿発熱効果がある「ブラウン」のカバーが販売されています。季節や部屋の雰囲気に合わせて変えるのも◎。

1690円で夢心地が手に入るニトリの「抱き枕」。試してみる価値はありそうです。

ちなみにニトリでは他にも"人をダメにするクッション"(※)や"起きるのがつらくなる枕"(※)など、
自宅の快適度を高めるアイテムがSNSで話題になっているので、合わせてチェックを!

http://news.livedoor.com/article/detail/13764479/
2017年10月18日 12時10分 東京バーゲンマニア


(出典 cdn.bg-mania.jp)


(出典 image.rakuten.co.jp)


(出典 image.rakuten.co.jp)


(出典 pbs.twimg.com)

h
(出典 wing-auctions.c.yimg.jp)


(出典 thumbnail.image.rakuten.co.jp)


(出典 image.rakuten.co.jp)







posted by 美紗 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活
検索
プロフィール
リンク集
最新コメント
タグクラウド