2018年08月30日

げん玉のおばけハウスで4位になりました!

2018_08_30_16.35.22.png

げん玉のおばけハウスで久しぶりに4位に入賞しました!
最後の残りが12マスだったので焦りましたが、ろうそくの出目の2倍多く進める「職人のちょうちん」で6が出て12進めたのが勝因でした(笑)
4位なので1000ポイント=100円ゲットです。

おばけハウスで上位を狙うには3回目に16時ぴったりに参加してでゴールを狙う必要があります。
理由は残り10マスの人がいると10マス進める「妖精の粉」を使われてゴールされる可能性があるからです!
同じく15マス進める「賢者の石」がありますが、15マス目は「戻る」コマンドなので脅威はそこまでではありません。
戻るが無効になる「神社のお守り」がありますが神社のお守りを使われたとしても、サイコロを5個振れる「黄金のランプ」を振れる回数が1回分減ってしまうので30マス進めたとしても15マス目にたどり着ける可能性はありません。

なので15マス目は気にしなくて大丈夫ですが妖精の粉が使える10マス目には気を付けましょう。
2回目の時に10マス目に止まっている人がいたら、その人が妖精の粉を持っていないことを祈るしかないです(笑)

げん玉おばけハウスで1位になるにはカードだけでなく時間も必要になります。
なので、家にいて時間の調整が出来る専業主婦、自営業、ニートなどが有利になって来ます。
会社勤めの人や学校に通っている学生の方には少し厳しいですがチャンスがないわけではないので1位を狙いたい人はぜひチャレンジしてみて下さい!

ミニゲームのおかげで黄金のランプを手に入れるのも難しくなくなって来たので1位を狙える確立は増えて来ました。
1位になれたら1万円分のポイントをゲットすることが出来ます!
1万円の報酬は魅力的なのでやる気がある方はぜひおばけハウスに参加して下さい!!
ゴールできたら一気に稼げるチャンスです!






初心者・お小遣い稼ぎランキング

クラウドワークスで身分証明書を求められたら?

クラウドワークスで案件に応募した時にクライアントから身分証明書を求められることがありますが、身分証明書をよく分からない相手に見せたりしたら悪用されないか不安という方もいますよね?
身分証明書はクライアント側も提示した場合は提出しても問題ないと思います。
クライアントも身分証明書を提出しているので悪用したら、すぐに通報されて終わりです!
そんな危険な橋はまともな人ならまず渡らないでしょう(笑)

逆にこちらにだけ身分証明書の提出を求めて来るクライアントは危険なので身分証明書を求められても安易に渡さないようにしましょう。
仕事の内容が簡単だったり、報酬がいいからと釣られて提出してしまうと身分証明書だけをパクられて悪用されかねません。

そんな目に合わないようにする為にも身分証明書を求められた場合はクライアントの様子を見てから決めるようにするのが大事です。
クラウドワークスも仕事なので身分証明書で身元を確かめてから依頼したいというクライアントの気持ちも分かりますが、ネットビジネスは詐欺が多いのでワーカー(受注者)側が警戒するのも仕方ないですよね。

それらのことを考えながら仕事を依頼したり、応募する必要があるので此処までなら大丈夫という線引きは大事です。
線引きをしておかないと情報を持ち逃げされてしまうということもありえます。

クラウドワークスは主婦や学生、ニートでも気軽に仕事を始めることが出来るサイトです。
当然、中にはいい加減なワーカーもいるのでクライアントも警戒しているというわけですね。
誰だっていい加減な人に仕事を任せたくありませんよね?
なので、身分証明書を求めるクライアントがいるのも頷けますが一方的に身分証明書を求められるのはフェアではありません。
可笑しいと感じられましたら、その時点で仕事を受けるのを断っても大丈夫です。
契約さえしていなかったら問題ありませんので少しでも怪しいと感じた時は辞退しましょう。

報酬よりも自分の身が安全です!
安全に副業をする為にも自分の身を守ることを優先しましょう!
稼ぐのを優先するあまりに詐欺に引っ掛かって報酬がもらえないなんて本末転倒もいい所です。

CrowdWorks



初心者・お小遣い稼ぎランキング
ファン
検索
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
赤沢菜々美さんの画像
赤沢菜々美
インターネットが趣味のただの暇人です。 いつもネットばかり弄っているので「ネットでお金を稼いじゃえ!」と思ったのがブログ開発のきっかけです。
プロフィール
リンク集