水道料金3〜5年で見直し!! 厚労省さん、値上げ拡大へ!!

水道事業の基盤強化に向け、厚生労働省は27日までに、自治体などの事業者に対し、将来需要を考慮して設定した料金を、3〜5年ごとに検証した上で見直すよう求める方針を固めた。26日に開いた水道事業の維持・向上に関する専門委員会でおおむね了承された。意見公募(パブリックコメント)を実施し、その結果を踏まえ、6月にも決定する。料金値上げが広がる可能がある。

料金の見直しに当たっては、住民の理解を得るため、情報提供することを求めているが、既に、事業を行う地方公共団体の3分の1が給水費用を料金収入で賄えない「原価割れ」を起こしている。

このニュースを受けてネットでは、

「都市部は人口密度が高いから、水道事業の維持はあまり問題にならないだろう。地方でも県庁所在地であれば、人口もそこそこあるので大きな問題にはならないが、周辺の過疎地域が問題となる。自分の親戚は周辺の住宅から約100b離れた「ポツンと一軒家」に住んでおり井戸水を使用しており問題は無かったが、数年前に水が濁り初めて水道水に変えようとしたという。しかし、家の近くまで上水道の配管はなく、市の水道局より「100万円を負担してもらわないと上水道の設置はできない」といわれて同額を負担したという。こんな訳で人口減少の日本は上水道や道路などの社会インフラ維持の為に古代ギリシャのポリス国家みたいに、将来はコンパクトな市町村が点在する「ポリス都市」国家を目指すべきと思う。」

「水道事業は新たな給水管の敷設よりも、古い配管の更新工事の方にコストがかかっていて、それで原価割れを起こしているのが現状だ。ちょっと痛いけど、負担増は避けられないように思う。水は必要だしね。」

「分かっていたこと、景気のいいときも、地元の土建に仕事をまわすため、農道をアスファルトにするとかやらずに対策費にあててればよかった。」

「日本人は水道と道路と電線が、無料だと勘違いしてるからな。人口密度低い地方都市は、ユニバーサルサービスの理念は捨ててコンパクトシティを強力に実施すべき。」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by mudanoday32 at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

[速報] 今期純利益予想 1.1%減・・・


上場企業の2019年3月期(前期)決算発表が本格化している。時事通信社が27日集計したところ、20年3月期(今期)純利益予想は、前期比1.1%の小幅減益となった。米中貿易摩擦の激化で前期から続く中国経済減速の影響をめぐり、好不調の二極化が目立つ内容となっている。

東証1部上場で、これまで19年3月期連結決算を開示した243社(金融を除く)を対象に集計した。集計対象全体の18%、時価総額で36%に当たる。
 

このニュースを受けてネットでは、

「業績予想なぞアテにならんよ。大抵は堅い予想ばかりだもん。下方修正を出すくらいなら、最初から堅めの予想を出しておいた方がいいもんね。学生時代、テスト前に「全然勉強してないわ〜、ヤバいわ〜」って言うのと一緒だよ。」

「全体として年末前後に回復と予想される」

「脱中国化に向けた過渡期と考えるのが妥当かと。誰も沈みゆく船には乗りたくないものです。」

「求人も買手市場に逆戻り (季語なし」

など、多くのコメントが書き込まれている。
posted by mudanoday32 at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済

本当にお得で厚待遇なパートは? ホールスタッフ、コンビニ店員は?

新年度が始まり、子供の進級・進学を機に、「そろそろパートに出ようかな」と考えている人は多いだろう。そんな主婦に朗報がある。この4月1日、「働き方改革関連法」が施行され、パート労働者の働き方が大きく変わるからだ。

関連法の原則である「同一労働、同一賃金」により、正社員と同じ仕事をしていれば、パートでも同等の待遇になるという。人手不足を背景にパートの需要は高まっており、関連法は、それを見据えた改正。今後、給料や有給休暇などの待遇は改善され、パート主婦にはまたとない追い風が吹いているのだ。

実際、パートの求人件数は増加している。求人サイト「バイトル」を運営するディップの川上由加里さんが話す。

「バイトルでの求人件数は、2015年には約8.8万件だったのが2019年には26.7万件と3倍以上に伸びています。また、以前は週5日勤務のフルタイムの求人が多かったのが、人が集まらないため週3日、1日3時間でもいいと、企業側が条件を緩和する傾向にあります」

パートの有効求人倍率も年々上昇傾向にあり、平均時給もこの2年弱で約40円上がっている。

「特に、介護や外食関連は引く手あまたの状態です。求人件数・平均時給ともに上昇しています」(川上さん)

ハナマルキャリア総合研究所代表の上田晶美さんが話す。

「主婦は実はいろいろなスキルを持っており、ニーズは意外に高い。まず、『コミュニケーション力』。年齢差のあるさまざまな人とうまくコミュニケーションする力があります。次に『段取り力』。家族全員のスケジュールを管理して、物事を進める段取り力に優れています。最後に、これまでの『経験』。これは若者にないアドバンテージです」

今の売り手市場を最大限に活用しない手はない。せっかくなら、待遇がよいだけでなく、“お得”で、“楽”なパートを選びたいもの。

本誌は、「これまで経験した中でもっとも“お得”“厚待遇”と感じたパート」について、読者アンケートを実施。800人が回答し、その内訳は1位「飲食店ホールスタッフ」、2位「コンビニ・スーパーの店員」、3位「イベントスタッフ」となった(以下、企業などの事務員、家庭教師・塾講師、データ入力、受付と続く)。

飲食店のホールスタッフは「残り物をもらえるのでおかずを作る手間が省ける」という声や、スーパーの店員は「商品を2〜3割引きで買えたり、生命保険も団体割引で安く加入できる」などの声があがった。

別掲の表は、ジョブズリサーチセンターの「2019年3月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査」をもとに作成した職種別・募集時の平均時給リストだ。これらも参考に、自分に合ったパートを探してほしい。

参照URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190427-00000003-moneypost-bus_all


このニュースを受けてネットでは、

「パートは扶養内だと税金が安くなるだけ、福利厚生に関しては会社次第だと思うわ。うちの会社の社員は昇給賞与に有給もあるけどパートの昇給望めず、さらに有給取得しようものなら「なんで?」と嫌な顔して結局パートに有給取得させないらしい。パートだからどれだけ頑張っても所詮社員より下なんだなと思った、他にも嫌な事があったから転職しようか悩んでる。」

「飲食店は賄い無料ならあり。後は働きやすい人間関係が築けるか。」

「コールセンタースタッフの時給がすごい!」

など、多くのコメントが書き込まれている。
最新記事
カードローンで幸せ生活!!
年収200万円upの転職ノウハウとは?! 令和時代は借金するのは当たり前!!
おすすめクレカ!!JCB?VISA?