広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年09月20日

トロント周辺で頻発する銃乱射事件とTrudeau首相

アメリカでは日常茶飯事に生じている拳銃乱射事件ですが、このところトロント周辺でも頻繁に事件が起きています。

先週末はトロントのすぐ西側のMississaugaで17歳の少年が射殺され、他に5人もの方が怪我を負うという痛ましい事件がありました。しかも報道によると、射殺された少年はラップのパフォーマンスの撮影を見に来ただけで、撃たれる理由など何もなかったとのことです。

何だかトロントも銃の事件に関してはどんどんアメリカ化しているようで少々怖く感じています。

昨年のグリークタウンでの痛ましい事件もまだ記憶に新しい中、選挙を控えたTrudeau首相が本日その地を訪れて銃器規制についての方針を発表しました。

Trudeau首相は自動小銃(assault rifles)を全面的に禁止することを誓うのに加え、自治体単位で拳銃(handguns)所持を禁止することを認める、と表明したようです。

しかし、この内容にはGreek Town事件の遺族をはじめ、多くのトロント市民から落胆の声が出ています。何でカナダの国単位で拳銃所持を禁止しないのか、と。昨年の銃乱射事件で用いられたのもhandgunで、以前サスカチュワン州で盗難に遭ったものでした。

トロント市長のJohn Toryも、Trudeauの発表は正しい方向への一歩だとしながらも、“We will not stop continuing to advocate, as overwhelmingly endorsed by Toronto city council, for a national handgun ban”と連邦単位でのhandgunの禁止を求めています。

私が思うにTrudeauさんは強い信念で進めなければならない重大事項についてcommitmentが足りないのですよね。中途半端という感じが否めません。
posted by 霧ヶ峰 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題




カテゴリーアーカイブ
最新記事
Amazon.ca
息子用に買ったスケート用のヘルメット
レッスンを受けるのに必須です
スケート靴のブレードカバーはあると便利です

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 子育てブログへ


カナダ(海外生活・情報)ランキング
検索
プロフィール
霧ヶ峰さんの画像
霧ヶ峰
2018年春カナダ東部トロントに移住しました。現地企業の直接採用で夫婦と子供二人で何もわからないところからのスタートでした。同じような経験をする方に少しでもお役に立てれば幸いです。
プロフィール

クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
ファン
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。