広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年01月13日

The Bentway - 「8」の字スケートリンク

トロントで「スケートをしたい、けどスケート靴がない! 高いレンタル代も払いたくない!」という方にお勧めなのが、The Bentway Skate Trailです。

職場のランチ休憩中の雑談で教えてもらったのですが、昨年の1月に公開されたばかりのスケートリンクで、Bathurst Quay近くのGardiner Expresswayの下にあります。

当初は“Who would want to hang out under an expressway?"という声もあったようですが、この疑問への答えは"Lots of Torontonians!"だったようです。

リンクが「8」の字をしているので、"Figure 8 skate trail"とも呼ばれています。ただし8の字と言っても真ん中でクロスしている訳ではなく、衝突の心配はありません。

ここではスケート靴のレンタルもしています。
通常は2時間10ドル(子供は5ドル)のレンタル代金ですが、毎週木曜日夕方に"Free Skate Thursdays"と銘打ったサービスが提供されていて、無料でレンタル靴を使用することができます。

さらに、The West Toronto Skating Clubの協力で、無料のスケート教室も開かれています。
木曜夕方6時から7時が子供向け(6-12歳)、7時から8時が12歳以上から大人向けのレッスンです。

通常のオープン時間は下記の通りですが、トロントの公立学校が休みになるPA Days (1月18日と2月15日)には正午から夜10時まで開かれています。

月曜から木曜: 夕方5時から夜9時
金曜: 夕方5時から夜10時
土曜: 正午から夜10時
日曜: 正午から夜9時

飲み物や軽食のスタンドもあり、何度か通っている同僚のMによると定期的にメニューが変わって飽きないようになっているとのことです。

興味がおありの方はThe Bentway公式サイトをどうぞ。
http://www.thebentway.ca/visit/

また元祖「8」の字リンクとして有名なColonel Samuel Smith Skating Trailはちょっと遠いですが、Etobicokeにあります。

City of Torontoの公式サイトはこちらです。
https://www.toronto.ca/data/parks/prd/facilities/complex/466/index.html

20180111ColonelSamuelSmithPark.jpg元祖「8」の字リンクColonel Samuel Smith Skating Trailを紹介するCity of Torontoのサイト:
https://www.toronto.ca/data/parks/prd/facilities/complex/466/index.html
こんなスケート場を無料で利用できるのもトロントの良いところです。



この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへのフィードバックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


海外ロングステイランキング
posted by 霧ヶ峰 at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケート

2018年12月28日

トロントでスケートに挑戦!

関東出身の私たちにはスケートは身近な存在ではありませんでしたが、カナダでは"must"ということで遂にスケートに挑戦しました。

トロントのスケートリンクと言うと、City Hall前のNathan Phillips Squareにあるスケートリンクが有名ですが、いつもすごい混雑です。とてもスケート未経験の子供二人を連れて行く気にはなれません。
で、調べてみると市営のスケートリンクが他にもあちこちに数多くあることがわかりました。

自宅からバスで10分ほどのところにも市営のリンクがありました。
さっそくスケート靴を持っていくと、冬休みということもあり、親子連れで賑わっていました。と言っても、Nathan Phillips Squareのような芋洗い状態ではありません。みんな伸び伸びと滑っています。

更衣所も用意されており、ベンチに腰かけてスケート靴に履き替え、子供にはヘルメットをかぶらせます。
関東のスケート場ではほぼ例外なくレンタルのスケート靴が用意されていましたが、こちらではNathan Phillips Squareのようなところを除いてレンタル靴は置いていないようです。わが家の子供たちも"マイ・スケート靴"を持って行きました。

準備が整ったらレッツゴーです。

最初は氷の上に立つのも難しいですが、初心者用の「押し車」のようなものがあり、これを押して氷に慣れることができます。
PublicSkatingRink.jpg公営のスケートリンクでは無料で滑ることができます。
初心者の子供たちはこの写真のように赤い「押し車」のようなものを持って滑っています。

こうして30分ほど遊んでいると、子供たちはいつのまにか氷上で立てるようになり、少しずつ滑れるようになっていました。

すぐ帰りたいと言うのでは、と心配していましたが杞憂だったようです。寧ろブレーキのかけ方を早く教えないと、と慌ててYouTubeで教え方を検索した次第です。

こんなことならスケート教室に申し込んでおくべきだったなぁ、とちょっと後悔。

トロントの公営スケートリンクは下記のサイトで調べることができます。

屋外リンクのリスト
https://www.toronto.ca/data/parks/prd/facilities/outdoor-rinks/index.html

地図上で見たい方はこちら
https://www.toronto.ca/data/parks/maps/rinks/index.html
OutdoorRinksToronto.jpgGoogle Map上でリンクを探すことができます。




この記事が少しでも参考になれば幸いです。よろしければ下記バナーへの応援をお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


海外ロングステイランキング
posted by 霧ヶ峰 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | スケート




カテゴリーアーカイブ
最新記事
Amazon.ca
息子用に買ったスケート用のヘルメット
レッスンを受けるのに必須です
スケート靴のブレードカバーはあると便利です

<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 子育てブログへ


カナダ(海外生活・情報)ランキング
検索
プロフィール
霧ヶ峰さんの画像
霧ヶ峰
2018年春カナダ東部トロントに移住しました。現地企業の直接採用で夫婦と子供二人で何もわからないところからのスタートでした。同じような経験をする方に少しでもお役に立てれば幸いです。
プロフィール

クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
ファン
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。