広告

posted by fanblog

2020年03月27日

Self-isolation, Day 9: Service Canada閉鎖 / Bank of Canada緊急利下げと今後の景気

 今日はService Canadaという、カナダ連邦政府による住民サービスを担う窓口が全国で閉まってしまいました。
どうやら、窓口に出る人たちが"right to refuse dangerous work"を主張したとのことです。
先週だけで全国で百万人近い人たちが失業保険を一斉に申請したとのことですので、確かに窓口では不特定多数の人と接することになりますよね…。
さらに"They often lie about their recent travel abroad."と相互不信感も露わにしている人がいました。(ニュースで見ただけですが。)

 ただしカナダはIT化が日本よりも進んでいるので、onlineで様々な申請ができ、その事務処理は引き続き進められるとのことです。このような状況なので手続きの遅れは避けられないでしょうが・・・。

 イギリスからのニュースではJohnson首相までもがCOVID-19に感染してしまったようです…。
 カナダのTrudeau首相は奥さんが感染して濃厚接触者のはずですが、国家元首感染者第1号になりたくなかったのか、検査を受けることなくself-isolationを続けています。

 その他のニュースでは、Bank of Canadaが緊急利下げを行い、policy interest rateを0.25%に下げると伝わってきました。今月だけで3回目の利下げで、先月は1.75%だった金利がほぼゼロ金利になってしまいました。中央銀行の危機感が伝わってくるとともに、これからの景気の冷え込みを覚悟せざるを得ないことを改めて実感しました。

BankofCanada_InterestRate20200327.jpgBank of Canadaのpolicy interest rateの推移。
つい先月まで1.75%だったものが、今月だけで3回もの利下げがあり、ついに0.25%まで下がりました。
景気の冷え込みに対して先手を打った形かもしれませんが、否が応でも今後の景気の冷え込みを覚悟する必要があります。


 いまから日本からカナダに不安定な雇用(例えばワーホリ)で来ようと考えている方は、考え直した方が良いと思います。
 現状では入国許可も下りないでしょうが、例え入国できるようになっても、です。

 新型コロナウイルス問題の解決が見通せない中、多くの民間サービス業種が雇用を減らしている状況です。目に見えない感染症への恐怖は人々のマインドに大きな影を落としています。少なくとも日本から聞こえてくる楽観的な声とこちらで感じる危機感との間には大きなギャップがあります。例え政府が"social distancing"を緩めたとしても、いったん落ち込んだ人々の「景気」はなかなか戻らないのではないしょうか?

 外食デリバリーはまだ需要があるようですが、これとて仕事を失ったCanadian citizenとの競合になる可能性があり、この環境の中、日本からいきなり来て自力で暮らしていくのは大変だと思います。

 まあ、見えない先を見ても仕方ないので、私はとりあえずは来週水曜日までのself-isolationが終わるのを楽しみに待つことにします。
 さあ、狭い室内でラジオ体操でもしようかな、とwww
posted by 霧ヶ峰 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | COVID-19
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9735557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




カテゴリーアーカイブ
最新記事
Amazon.ca
息子用に買ったスケート用のヘルメット
レッスンを受けるのに必須です
スケート靴のブレードカバーはあると便利です

<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 子育てブログへ


カナダ(海外生活・情報)ランキング
検索
プロフィール
霧ヶ峰さんの画像
霧ヶ峰
2018年春カナダ東部トロントに移住しました。現地企業の直接採用で夫婦と子供二人で何もわからないところからのスタートでした。同じような経験をする方に少しでもお役に立てれば幸いです。
プロフィール

クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】
ファン
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。