広告

posted by fanblog

2015年10月21日

Windows10のソフトウェアキーボード

最近Accessでデータベースを作る仕事を振られたけど
Access使ったことない。
家で勉強しようと思ったけど
初代surface proにはAccess入ってないことに気付く。
どうしても覚えたい、、、

ということで深夜にamazonでダウンロード版を買ってしまった。
2016年版も出てたけど、初代surface proに入っていたofficeに合わせて
2013年版を購入。



さらに通勤にsurface proを持って行き
通勤時間に勉強することにした。
そして電車に乗るとあることに気付く。

ん、、、ソフトウェアキーボードがなぜか手書き表示になる。

image.jpg

右下のアイコンから使用するソフトウェアキーボードの種類が選べるが、
毎回手書き表示からキーボード表示に直さないと文字が打てない、、、

そうか、Windows10のせいか!
Windows10にアップデートしてからしばらく経つが
外に持ち出したのは今回が初めてだ。
Windows10にしてから初めてタッチペンを使ったからだ。

image.jpg

調べてみると、タッチペンでタスクバーのアイコンを一度でもクリックすると
以降は手書き表示で立ち上がり続けるらしい。。。なんて不便なんだ。

ひたすら調べてみたが、解決方法はなさそう。。
microsoftのタブレットPCでmicrosoftのOSのversionを上げただけで
こんな不具合。。ひどすぎる。

下記はmicrosoftのホームページの投稿。

>[Windows 10] タッチキーボードを起動するたびに、手書きモードになってしまう。
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-other_settings/windows-10/2adac38b-38bb-4b8a-bfdd-200d5ff6d13e

しかたないので、
投稿の中に記載されている別のスクリーンキーボード
(windowsの簡単操作のスクリーンキーボード)とやらを
使ってみることにする。

スクリーンキーボード.jpg

ソフトウェアキーボード.jpg

うーん。
やっぱり使いづらい。
・ひらがなと英数字の切り替えはタスクバーの時計のとなりの
 ちっちゃい「あ」とか「A」をクリックしないと切り替えれない。
でもこの方法しかなさそうだ。


ちなみにこの記事を書くときに気付いたWindows10のもうひとつの変更点。
画面キャプチャのフリーソフトが上手く動かない?

windowsXPのときはWinshotというフリーソフトを使っていた。
>Winshot
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/winshot/
画面上で矩形選択したところをキャプチャできるので
会社に入社したときから書類作成の際に頻繁に使っていた。

初代surface proを購入したとき、windows8ではwinshotでキャプチャしようとすると
画面がズームされてしまって画面の左上1/4くらいしかキャプチャできない。
そこで代わりにGreenshotというソフトを見つけて使うようになった。
>Greenshot
http://greenshot.softonic.jp/

それがwindows10だとGreenshotでも同じような現象が起きて
上手くキャプチャできない。
(HPにもGreenshot is not compatible with Windows10と書かれている。。)

どうやら、Windows10には
アクセサリにSnapping Toolという画面キャプチャアプリが標準で搭載されているので
それを使えば問題ないみたい!

Snapping Tool.jpg

Snapping Toolを立ち上げると、ちっちゃなメニューバーが表示される。
新規作成をクリックすると、カーソルが表示されるので
矩形にドラッグして選択すると、クリップボードに選択範囲の画像がコピーされる。

image.jpg

直後に選択範囲の画像が真ん中に表示された小さなwindowが表示されるが
無視して閉じる。
あとはいつも通り以下のようにペイントなりエクセルなりワードに貼って使えばよい。

image.jpg

画面キャプチャはなんとかなってよかった、よかった。








posted by iyoder at 21:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | surface
この記事へのコメント
ちなみに、windows 10ではAndroidのように、画面外のWindowsマークを押しながら音量下の操作をすることで一発でスクリーンショットが可能です。
Posted by カイル at 2017年06月30日 21:08
まあwindows 10はいろいろと使いにくい点もあるのですが、キーボードに関しては不具合というよりも仕様でしょうね。もし不具合ならば、すぐに修正されるでしょうから、意図的にやっているものと思われます。

ちなみに私は今までこの現象に見舞われたことがなかったのですが、それは私の私物のタブレットがペン入力を持っておらず、ずっと手だけで使用してきたため気づかなかったようですね。機能としては実装されていたようです。

ちなみにこの機能は、一度でもタッチペンを使ったが最後、その後は常に手書き入力が起動する、というわけでもないです。なかなか凝ったことをしていて、「タッチペンでキーボードを起動したときのみ」自動的に手書き入力に切り替わります。要するにキーボードを起動する際に手を使用すれば、キーボード状態が維持されます。
Office同様、お節介機能と言われればそれまでですけどね。
Posted by カイル at 2017年06月30日 21:06
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4316982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリーアーカイブ
ファン
プロフィール
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。