広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

ローダウン投法・メモ2

何が言いたいか?
リリースの瞬間に絞ってみる。
ストローカーの場合だと・・・

矢印の方向に、ボールをかき上げるのが普通。
親指が自然に抜け、写真のように、残っているフィンガーで上に引っ掛けるのがストローカーの場合。

では、ローダウンの場合は?

ローダウンはリリースの直前も大事なので、リリースの直前も見てみる。
この写真はちょっとお大げさかもしれないが、フィンガーがボールの下に入っている。
具体的には白丸の位置にある。
写真を見ればわかるが、手首はストローカーと比べて内側を向いているのがわかるだろう。(手首が入っている)
この形を”カップリスト”という。
この状態から・・・


手首を返し(ブロークンリスト)、親指を抜く。自分の意志で抜くのである。
手首を返す動作により、自然と矢印の方向にボールが回転するのがわかるだろう。
これが高速回転を生み出している秘密なのである。

何といえばいいんだろう。矢印を見ても分かる通り、回転の量に大きく差が出ている。
ローダウンがリリースまでが大事と言われるのはこの部分から来ているのだろう。

では、どうやってカップリストを作ればいいのか?
この300T(14ポンド)を3ヶ月以上投げているが、怪我一つなく、毎回2時間の投げ放題をこなせている。
14ポンドといえば、約6.4kgもあるわけだが、手首の力を使ってカップリストを作ろうと思ったら絶対にできないはずだ。
そこで、肘の使い方が重要になってくるのだが、ファイルアップロードの容量制限もあるため、これはまた今度にしたいと思う。

ローダウン投法・メモ1

まず、回転が掛かる仕組みを書き記しておきます。。



これは、ボウリングボールの300Tというものですが、穴のあいてないボールということにして。
(この画像のように2秒ぐらい持っているだけでもキツい・・・僕の手首はそんなに強くないです)
サッカーボールでも、バレーボールでも。。。
普通はこれを転がすときには・・・



このように、手のひらからゆびの先にボールが移動する。
この時に既に回転が始まっているのに気づく。

だから、ボールは回りながら転がる・・・。
ということになる。

ボウリングのボールですと家で練習しづらかったり重かったりする・・・
だから感覚を身につけるにはこれを使った。



(なぜか右手で持ってますが・・・僕は左利きです)
こいつをコロコロと転がす感覚をつける・・・。

アップロードのファイル制限に引っかかりそうなのでこの記事はここまで。。。
とりあえず、この感覚を身につける。
この先ローダウンをやるときには非常に重要になるからだ。

沖縄から・・・ローダウン投法

このカテゴリの記事は自分の記録用として。一応人に見せられるように極力わかりやすく書きます。

はて、僕は小学6年から2年間ほどボウリングをしていました。
コーチ(父親)が病気をしたので、それ以来投げていなかったのですが、同級生にRound1に誘われ、マイキャンボール12ポンドをドリルすることに。


スコアは散々でしたが、ボウリングの楽しさを思い出した僕はしばらくマイキャンボールで練習していました。
それから、リサイクルショップで発見した350円のピンナビ12ポンドをプラグしてもらい、投げ始めました。

「そういえば、昔はウレタンとかポリエステルボールが主流だったよなぁ。今はリアクティブ・・・?」
練習こそしていましたが、最近のボウリング事情については疎くなっていたこともあり、Youtubeでボウリング関連の動画をあさりました。

すると、あるアマチュアボウラーの動画が目に留まりました。
ハイバックスイングで、スピードもあり、かなり回転している・・・。そして鋭いバックエンド。

僕は彼の動画を何度も見ました。彼と僕には明らかに違う点がある・・・。

・バックスイングが高い
・アプローチを斜めに歩いている
・力が入っているように”見える”
・従来の投法のように、手のひらが横を向いていない

でした。これを調べていくと、どうやら”ローダウン”スタイル。というものが存在するようでした。
従来の投法で放たれるボール、お手本通りのフォームもカッコイイけど、こっちはもっとカッコイイ・・・。
と言うことで、ローダウンを練習するようになりました。

調べていくうちにさらに、
・ローダウンは正しく投げれば故障率が低い
・ストライク率が上がる
・女性や子供など、成人男性に比べて非力な人でも実践できる

こともわかりました。
ただ、難易度は従来の投法(めんどくさいのでストローカーと呼びます)より高いことが分かりました。
・・・果たして、そんなに運動能力も高くない僕にローダウンはマスターできるんだろうか。

その時頼りになったのは、小学校時代にストローカーだった頃のフォーム・感触だけでした・・・。


ですが、その”頼っていたもの”もローダウンではほとんど当てにならないと後で判明しますので、今からローダウンをしようと思っている方は、今までの概念は全部捨てたほうがいいかと思います。

なぜなら、そのフォームが果たす要素がすべて違うからです。
ストローカーでは、ボールに勢いをつけるためにスイングをしています(振り子運動)。

ローダウンでは、振り子運動という概念ではありません。
ボウラーによって違うかもしれませんが、僕のスイングは、ボールのコースを決めてあげるものだと思っています。けっしてスイングで勢いをつけているわけではないのです。

では、なぜあんなに肩を開いて高いスイングをするのか。これは別の側面がありました。
このまま延々と書くといつまでも終わらないので、続きは次回・・・。


わかりにくい部分は写真も入れながら記録していきたいと思います。

IG-Gスポーツ44のドロハン化計画


さて・・・
クロスバイクIG-Gスポーツ44を購入して、半年がたちました。


今までやってきたのは・・・

ブレーキのグレードアップ
ビンディングペダル装着
タイヤ28C→23Cに交換
ステムの反転


など、簡単なものでした。

乗るのも最近減ってきているので、何か大きいことをしたいということで、
夢だった、ドロップハンドル化に手を出してみたいと思います。

いろいろ調べていますが、一番腑に落ちないのがディレイラーの型番です。
本体を見てみると。SRAM VIA(3x8s)だそうで・・・。

SRAM Xシリーズは聞いたことありますが。
一応公式ページにVIAというグレードのページがあるので、存在はするんでしょう・・・。
一切のデータがないのでどうしたらよいのかわかりません。
ただ、SRAM Via24というページの中にSRAM X.0の記述があるので、もしかしたら、X.0と近似的な要素があるかもしれません。

このRDがSTIで引けたら一番うれしいなぁ。あ、ちなみに3×8sのSTIレバーを持っています。使えないかなぁ。

FDは、STIでは引けない可能性がかなり高いことがわかったので、”シフトメイト”を入れてみるか。ロード用FDを入れるか・・・・。

いろいろ部品が届いたら試してみたいですね。



というか、ロードバイクを買うかもしれないので、失敗を恐れずに改造したいと思います。
改造をしたいだけなので^^;

Crucial M4には不具合があった

さて・・・
ついこの間知ったのですが・・・

M4が通電5184時間超で無反応になる不具合

というものがあるそうで。
基本的に、PCの電源は入れっぱなしにしている私なので、ちょっと気になりました。

えっと、10月末に購入したので・・・約1900時間経過しているわけですか。


ということは、あと5ヶ月もしないうちにM4が、

無反応に!
無反応に!
無反応に!

なるということですか!!

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工
それはあかん!

と思っていた矢先
新しいファームウェアが出ました。
Firmwareダウンロードページ(FW 0009までのファームウェアがアップデート対象)

こちらを適用すれば、もう大丈夫なようですね。

上記サイトを見ると、
"This firmware update is STRONGLY RECOMMENDED for drives in the field. "
「対象のドライブのファームウェアアップデートを強くお勧めします。」(意訳)
ということなので、M4をお使いの皆様は、アップデートをお忘れなく。

気が向いたら、アップデート方法の記事でも書いてみます。

Crucial M4 64GBモデルの実力

前回、M4の記事を書きました。
SSDって (・∀・)イイネ!!

今回は、こちらに書いたとおり、ベンチマークテストの結果を見てみたいと思います。

まず、M4の公称値ですが

【書込みスペック】シーケンシャルライト:95 MB/s
【読出しスペック】シーケンシャルリード:415 MB/s
(SATA-3 6Gbps 接続時)


となっております。
なんだ・・・。爆速と言われていたが、この程度か・・・。


と思ってはいけません!

実際にベンチを取ってみます。
通常のテスト。


お次は0Fillテスト。


あれ?前より速くなってる・・・・
ここで・・・

4K QD32とは?・・・検索してみると、NCQ(Native Command Queuing)の性能をチェックするためのものらしいです
NCQとは、複数あるデータの読み書き命令の順番を上手く調整して速度を向上させる仕組みで、QD32は32個もの読み書き命令を同時に実行させている状態とのこと

0Fillテストとは・・・計測時に使用するデータを、0で満たしたものを使う。
という、実使用とはかなりかけ離れたテストとなっております。
M4は、通常のテストでもほとんど変わらない結果となっており、実使用でも、その速度を発揮できます。


では何故、公称値との差が、こんなにもあるのか・・・。
その秘密は、ファームウェアにありました。
ネットのほうでは、かなり有名な話ですが、M4のファームウェアを更新(FW 0009へ)すると、速度が向上するようです。
ファームウェア更新だけで、Readが100MB/s以上違いますね。

64GBですらこの速さですから、経済的に余裕のある方は、128GBモデルに手を出してみてもよいかと思います。上位のモデルはもうちょっと速いみたいです。

SSDって (・∀・)イイネ!!

さて、すっかり寒くなりましたね。
冬といえばSSDですね!(←意味が分からない)

ついに、我が家の自作PCにSSDが入りました。
つい1週間前までは「HDDでいいや」って思ってましたが、換装してみてその差は歴然。
もうHDDのシステムドライブには戻れません。

そんなSSDの中で紹介したいモデルがあります。

Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 128GB CT128M4SSD2

新品価格
¥15,450から
(2012/1/5 04:12時点)




クルーシャルさんのM4ですよ。ファームウェアが最新であればRead500MB/s超えも夢ではありません。

起動を高速化したい人には特にオススメしたいです。

今度64GB版のベンチマークテスト結果を公開しますので乞うご期待!

運動不足!

>り寒くなりましたねぇ。
去年まで高校生だった僕は、運動しまくってたんですが、卒業した今年はもう大忙し・・・。

そのせいもあって、運動はほとんどせず・・・
大学へ通学で9Km程度クロスバイクに乗るぐらいです。

体重は+10Kg(一応BMIはぎりぎり標準)という悲惨な状況に。


運動しないとなぁ。と最近はキャッチボールなんかしてます。
で、肩があったまってきたら、ちょっと速い球にしたりとか。もう楽しすぎますよ。

ノーコン球に付き合っていただいているNさん、ありがとうございます(切実


僕はサウスポーなんですが、実はキャッチャー大好きだったりします。
投げるよりとるほうが好きです。
キャッチャーミットほしいんですがねぇ・・・。
左用ってまったくないですからね。困ったもんですw

KAWASE 軟式キャッチャーミット

新品価格
¥2,480から
(2011/12/16 04:22時点)




趣味用と割り切って、安いコレでも買って右で練習しようかな・・・。とか思ったot3323でした。

PC自作プロジェクト・突然の終わり

更新間隔が広くなってきました。
あまりよくない傾向ですね。気をつけます。

・・・で、かねてより計画してきたPC自作プロジェクトに突然の終わりが!
不本意ながら、このプロジェクトは終わってしまいました。


何のことか?といいますと・・・。
PC自作プロジェクト・その1

このPCにすることを目標に、
これが現実・・・
のPCを強化していくというプロジェクトでした。

では、なぜ終わってしまったか・・・。
それは、


もう組んでしまったからです!!!

1ヶ月に1回ペースで新しいパーツを取り付けていく予定だったのですが、我慢できなくなってしまいましたw
だから、このPC自作プロジェクトという連載まがいのものは終了せざるを得なかったのです。

今は生まれ変わったPCで記事を書いています。いいですねーSandyBridgeは。

で、どういう構成になったかといいますと。
理想のPC
を元にして、

CPU:Corei5-2500K 3.3GHz(SandyBridge,4C4T,L3 6MB,LGA1155)
M/B:ASRock Z68 ATX Z68 Pro3
RAM:DDR3-1333 4GB*2 8GB
HDD:ついこないだ買ったSegate 2TB(SATAIII/6Gbps)
CDD:手持ちのDVDスーパーマルチ
GPU:MSI R5770 hawk(ATI Radeon5770) 1GB TwinFrozer
POWER:KEIAN GAIA 800W
ディスプレイ:BenQ G2420HD
ケース:手持ち


となりました!
PC自作プロジェクト・その2で予定していた、水冷クーラー(Corsair H5O)も購入し、快適です。
一応、5.1GHzまでOCして遊んでいました。BSoD出たのでやめましたが。

組み立てたときの写真、OCしたときの記録など、追々投稿していきたいと思います。
では大学にいってきますね〜ノシ

PC自作プロジェクト・その1

さて、PC自作プロジェクト・ステップ1!
まあ、いきなり言われても何のことか分からないと思うので・・・

前に、こんな記事を書きました。
これが現実・・・

このPCを理想のPCに近づけるように、毎月1個ずつパーツを買い足していくというプロジェクトです。


その中から、今回は液晶ディスプレイを購入することに。

BENQ JAPAN 24型LCDワイドモニタ(グロッシーブラック) G2420HD

新品価格
¥13,939から
(2011/8/23 19:30時点)



安くね!?ww
24インチ、HDMI搭載、フルHD液晶でコレですよ!(ただし非光沢液晶・スピーカ無しです)
さらに、円高の影響か知りませんが微妙に価格が下がり続けています。
私が買ったときは14,021円でした。

こいつを、DVI接続して使っています。
HDMIでつなぐメリットも見当たりませんし。


15インチからのアップグレードという補正も助け、このレベルでも十分満足です。

安くでフルHD、HDMI対応液晶を探している方はどうでしょうか?



次回は、PC自作プロジェクト・その2 CPU水冷クーラーです。
    >>次へ
プロフィール

ot3323
しがない大学生かもしれない
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。