2020年03月17日

急遽帰国できなくなりました。

今回のコロナショックにより飛行機の運行状況が厳しいのは理解できます。
ただ、いきなり変更になってしまい、帰国できなくなりました。

もともと帰ってくる予定はもうちょっと先でしたが、なんと領事メールが到着した日が最終フライトの日。

これが日曜日だったので、エアラインの連絡先に連絡してもお休みで対応してもらえません。
仕方ないので、最後の手段として空港にそのまま向かわせました。

しかし、空港でもそれを知った人たちでごった返しており空席ゼロでした。

結果、帰国できず現在モロッコの実家にいる状態です。

領事メール、もっと早く出してほしかったです。もしかした前日の飛行機に間に合ったかもしれなかったので。

2020年3月13日の情報
-----


1 モロッコースペイン間の全ての航空便と旅客海上交通の運航停止
 モロッコとスペイン間の全ての航空便と旅客海上交通は運航停止されます。モロッコは,スペイン当局との協議により,スペインから及びスペインへの航空便及び旅客海上交通を運行停止にすることを決定しました。モハメッド6世国王とスペインのフェリペ6世国王は,両国の首脳,内務大臣及び外務大臣との間で行われた意見交換に続いて,この問題に同意しました。モロッコ航空,イベリア航空,Ryanair,Binter等の航空会社,FRS社,Balearia,Transmediterranea,Inter Shipping等の海上交通会社が,モロッコースペイン間の運航停止を余儀なくされる(当館注:モロッコ航空は3月13日からモロッコースペイン間の航空便の運行停止を発表し,FRS社も同日から両国間のフェリーの運航停止を発表した)。

2 モロッコーアルジェリア間の全ての航空便の運航停止
 モロッコ当局は,アルジェリア間の航空便を運航停止することを決定しました。この決定は,事前にアルジェリア当局通知された上でなされたものです。

3 モロッコーフランス間の全ての航空便と旅客海上交通の運行停止
 モロッコとフランス間の全ての航空便と旅客海上交通は運航停止されます。モハメッド6世国王とマクロン大統領は,両国政府当局間で行われた議論の後,この問題に同意しました。

4 上記停止措置の適用時期については本3月13日午後現在の時点では定かではないため,航空会社,旅行会社等に問い合わせるなどして最新の情報の入手に努めてください。
--------

非常に状況は悪かったんですが、実はエミレーツだったのでドバイ経由。
ですから、多少楽観視していたのが悪かったのです。


2020年3月15日の情報
-------
 3月14日(土),保健省は,モロッコで新型コロナウイルス感染症の新たな9名の症例が確認(計17症例)されたと発表しました。
 また,同日,外務・アフリカ協力・在外モロッコ人省は,モロッコ政府が,モロッコとオーストリア,デンマーク,ギリシャ,スイス,スウェーデン,ノルウェー,トルコ,レバノン,エジプト,バーレーン,アラブ首長国連邦,オマーン,ヨルダン,チュニジア,セネガル,モーリタニア,ニジェール,マリ,チャド,カナダ,ブラジル間の航空便の運航を停止することを決定した旨を発表しました。本停止措置の適用時期については,本3月14日(土)21時時点では定かではないため,皆様におかれても航空会社,旅行会社等に問い合わせ最新の情報の入手に努めてください。
------

2020年3月16日の情報
------
 3月15日(日),外務・アフリカ協力・在外モロッコ人省は,モロッコ政府が,全ての国際旅客便の運航を停止することを決定した旨を発表しました。本停止措置の適用時期については,本3月15日(日)15時時点では定かではないため,皆様におかれても航空会社,旅行会社等に問い合わせ最新の情報の入手に努めてください。

モロッコにお住まいの皆様及び旅行者の皆様

1 3月15日(土),外務・アフリカ協力・在外モロッコ人省は,モロッコ政府が,新型コロナウイルス拡散防止策として,追って通知があるまで,モロッコを往復する全ての国際旅客便の運航を停止することを決定した旨を発表しました。本停止措置の適用時期については,本3月15日(日)15時時点では定かではないため,皆様におかれても航空会社,旅行会社等に問い合わせ最新の情報の入手に努めてください。
-----

これでとどめを刺されたかとおもいつつ、なんとカタール航空は飛んでいたのです。
空港に行ったときに、急遽カタール航空のチケットを押さえたんですが、21日の分しか抑えることができませんでした。

ここまで持ってくれればいいんですが、これが厳しいとなると、空港再開になるまでどうにもならないですね。

正しい情報が得られないため、なかなか厳しい状況です。
こんなこと書いておきながらパリ便が飛んでいたりする国なので、本当のところ、どこまで空港が機能していないのかすら理解できずなんです。

とほほ・・・


2019年06月27日

飛行機のチケット・手荷物許容量

モロッコから日本に来るためには必ず飛行機に乗っていると思いますが、飛行機のチケット購入に際して、荷物許容量をぜひとも確認してください。

チケット代も当然に重要ですが、結婚前提に来日する場合には、荷物がとても多くなります。
ちょっとした金額の違いであれば、荷物のこと(超過手荷物手数料)も含めて検討する必要があります。


一般的に利用すると思われる航空会社別の重量です。エコノミークラスで比較します。

各社比較重量


エールフランス 35kg

https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/guidevoyageur/pratique/bagages-soute-airfrance.htm

エコノミークラス 23kg*1個
手荷物 12kg*1個
合計 35kg

荷物許容量・エールフランス.JPG荷物許容量・エールフランス2.JPG



エティハド航空 52kg

https://www.etihad.com/ja-jp/before-you-fly/baggage-information/allowances/
エコノミークラス 40kg
手荷物 7kg + 5kg
合計 52kg

荷物許容量・エティハド航空.JPG荷物許容量・エティハド航空2.JPG



エミレーツ航空 53kg

https://www.emirates.com/jp/japanese/before-you-fly/baggage/checked-baggage.aspx

エコミノークラス 23kg*2個
※Special、Saver、Flex、およびFlex Plusの運賃にて適用。アフリカ発に限定。
手荷物 7kg
合計 53kg

荷物許容量・エミレーツ.JPG荷物許容量・エミレーツ2.JPG



どこがいいのかは一概に言えませんが、エティハドかエミレーツあたりがよろしいかと思います。
エールフランスはあまりにも少なすぎます。

エールフランス利用なら、エリートプラスも検討材料


なお、日程などの関係からエールフランスを利用する場合には、スカイチーム「エリートプラス」の条件があると荷物がたくさん入れられますので、検討する余地もあるかもしれません。
こちらは、金で解決できる上級会員資格となっているため、超過手荷物手数料を支払うくらいなら、エリートプラスになってしまったほうが安いかもしれません。

この場合には、追加で20kg入れられます。

https://www.skyteam.com/ja/about/press-releases/press-releases-2011/skyteam-aligns-extra-baggage-allowance-for-elite-members/

荷物許容量・エリートプラス.JPG


超過手荷物は、1個目100米ドル、2個目以降200米ドル/個で預けられられます。

https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/common/resainfovol/services/achat_franchise_bagages.htm


荷物許容量・エールフランス・超過手数料.JPG
ファン
検索
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
さんの画像

2014年12月。韓国に行きました。すべてはそこから始まりました。 そこから海外旅行に嫌というほど、びっくりするほど行くようになりました。パスポート1冊、4年で使い切りました。現在増補したページを消化中です。 2019年GW、モロッコにも行くことにしました。 そこでモロッコ人彼女を作り、結婚することになりました。 ここからいろいろなことが始まります。 結婚するだけでも書類手続きが日本人同士の結婚の比ではないこと、そして、その情報がとにかく手に入らない。 ネット検索しまくってもレアなパターンすぎて出てこないんです。 大使館に聞き、ビザの手続きを専門にやっている行政書士に聞き、本を読み・・・どんどん知識をつけていくしかありませんでした。 こういう苦労をしないためにも、情報を共有していきます。 と言っても、モロッコ人女性と結婚する男性で、かつ、日本に結婚後も住むというパターンは極めて少ないので、だれのためになるのかなんてわかりません。 まあそれはそれでいいんです。 とりあえず、手続きに関する情報だけでもまとめられたらと思って作成したブログです。 記事更新がなくても、何か質問などがあれば親身になって相談に応じるつもりです。
プロフィール
日別アーカイブ