新型コロナウイルスとボウリングについて

新型コロナウイルスがまだまだ感染拡大しそうな昨今ですが、
ここはボウリングのブログなので、コロナとボウリングについて考えてみました。



スポーツの世界も各種イベントも軒並み中止や延期になり、とにかくコロナウイルスを封じ込めようと
世界中が頑張っています。

たくさんの死者や重症者を出している脅威のウイルスですが、ワクチンや特効薬はまだまだ
これからのようですので、とにかくうがい手洗いやアルコール消毒をするようにして、
感染しないようにすること。

また、軽症者や無症状でもウイルスを出してしまうことがあることを考慮して、
無用な外出を控えるとか、人と話すときは距離を撮る、咳エチケットに気を付けるなど、
感染させないことも意識して、とにかくみんなでこのウイルスに打ち勝ちましょう。



ボウリング界も、KUWATA CUP がいち早く中止を決めてたと思いますが、様々な大会が中止となり、
コロナ対策をしていますが、そういう大きな大会ばかりがボウリングではないですよね

センター大会もあるし、リーグや練習会、友達同士で投げることもあります。

本当は、ボウリング場にも行かないことが一番の予防になると思うんですが、
われわれボウラーはなかなかそれを我慢できないものですよね

ですので、基本的には、投げに行くことを我慢してくださいね! ……なんですが、
どうしても投げないといけない人のために、せめてどうすればコロナ対策をしながら
ボウリングの練習ができるかを考えてみようかと。



まずは、ボウリング場におけるコロナウイルス感染リスクはどんなものか。

@ハイタッチの習慣
 
A広いけれど密閉された空間

B音がうるさいので、話すときの距離が近い

C(レジャーボウラー=ハウスボール)はみんなが共通の道具を使う

だいたいこんなところでしょうか。



それでは引き続き、対策編。

@ハイタッチ  → みんなが意識してハイタッチしないようにする。スタッフが注意喚起する。

A密閉空間   → 換気する。

B話す距離   → 話さない。

Cハウスボール → スタッフがハウスボールを清掃するときに、指穴まで丁寧にアルコールで消毒する。


……どうですか
普段の生活と変わらないぐらいのリスクまでもっていけてますでしょうか



やはり私としては、いずれ収束するものですから、
今はボウリングも我慢することをオススメしたいと思います

現在の投げ方の感覚

というわけで、現在どんな感じで投げているかなど。


そもそも結婚してから、引っ越しでちょっとセンターが遠くなったり、
時間も取れなくてほとんど投げられてないです

最後に投げたのは、2ヶ月ぐらい前だし、投げる間隔も数ヶ月って感じなので、
まじめに練習するって感じでもなくて、嫁さんと一緒にレジャー感覚なんですよね

まあでも、以前のように続けて投げられない分、もっと回転を!とかもっと速く!とか言って、
そこそこ出来ているのを壊す必要性も感じなくなっていて、逆に淡々と投げられているのが良い方向に
出ているのか、いい感じなんですよね

以前と比べて、「出来ている」と感じる部分は、

・前傾姿勢で前を見て投げられているので、スピードを出しやすい。

・タイミングの見直し(【手遅れ】過ぎて、助走のスピードをボールに乗せられなかったのを修正。

・肘を曲げて無理やりカップリストをつくることで、逆にスピードを出しやすくなった。

……なんか全部スピードのことばっかですね

たしかに以前はスピードを出したくて出せなくて、それのために他の部分までわけわからなくなって、
袋小路に入り込んでたのかもしれませんね

あと、以前は良くやっていた、「プロボウラーの投げ方を真似する」というのも、まったく意識しなくなりましたね

投げるゲーム数が少なくなったのもあって、そういうことをやっている暇がないんです(笑)

嫁さんに教えながらだし、自分もその前に投げた時の確認をしながら、アジャストに集中しているんで。

……自分では良い傾向だと思っています。



そんなこんなで、今現在の私とボウリングの関係性でした

それではまた

ヘルニア手術したら……

さて、前のエントリーでヘルニア手術したことを書いたんですが、
その内容をちょっと細かく書いてみようかと思います。

もともと腰痛持ちではあったので、いずれそうなるのかなあとは思っていたんですが。

ある朝起きたら、左足が動かなくなっていました

足首から先がほとんど持ち上がらないんです。

とりあえず仕事を休んで、整形外科に行ったら、診た瞬間に、

「紹介状書くので、総合病院に行ってください」

と言われまして……

んで次の朝、総合病院に行こうと準備していたら、特に何かしたわけでもないのに腰に激痛が

少しでも痛みの和らぐ体勢を探して七転八倒しても、どんな体勢でもダメで。

もう痛くて痛くて呼吸もゼエハアゼエハア言いながら、なんとか家族のもとへ行きまして、
父親に車で総合病院に乗せて行ってもらいました。

病院の待ち時間がまたツラくて

まあいろいろ検査して、CTやMRIも撮って、一週間後の手術が決まり、次の日から入院となりました。

病院のベッドはリクライニングや足の方が高くなったりするので、家より少し楽でした。

手術は麻酔で寝ているうちに終わったので、あっさりしたもんでしたけど、
その夜がツラかったですねえ

寝返りをうってはいけないんですけど、麻酔で何時間も寝ちゃってるんで眠れないんです。

どうしても我慢できないときは看護師さんにお願いして寝返りさせてもらって、

ベッドの柵と背中の間に布団を詰められて、動けないようにするんですけど、

30分ぐらいでしんどくなって、でもさっき寝返りさせてもらったばかりだから

2時間ぐらい我慢して、もう一度お願いして……

まあそのあとは動かない足を装具でカバーしながら、リハビリやらなんやらをして、

半年ぐらい仕事も休んで、ボウリングを再開したのはその半年後ぐらいですかねえ

あれから4年ぐらいは経ってるんですが、足の方はまだ完ぺきではないです。

ヘルニアで傷ついた神経がなかなか戻らなくて、まだ脛の筋肉が一箇所動きません。

なので、バランスが悪く、ちゃんとまっすぐは歩けてないので、

アプローチがダメダメで、最後の左足のステップが狙った板目と違うとこに降りてしまうので、

もともと無かったコントロールがさらにダメになっちゃいました

まあでも投げられてはいるので、不幸中の幸いと言っていいんじゃないですかね


次は以前と今の投げ方の違いなんかについて、書いてみようかと思います。

こっそり……

チラッ|д゚)









復活するかもです

お休みしていた(やめてた)間に、まあホントにいろいろありまして、

ヘルニア手術したり、ちょっと左足にマヒが残ってたり(あ、手術が原因ではないです、マヒしたから手術したんで)、結婚したり、んで何かと忙しくて、今はほとんどボウリング出来てません
前みたいに動画で海外のボウリングをチェックもそんなに出来てないし、復活してもあんまり語れることが
無いかもしれないんですよね

でもまあ、まったく投げてないわけではないし、当時よりも出来ていることや出来なくなったことなど、
今の自分なりの情報発信などしてみようかなと思っています

不定期かも知れませんけど、よろしくお願いします


まさかと思ったらやっぱり違った。

エボナイトのニューボールの話ですが、


ソース : エボナイト






























ソースという名前を聞いて、すぐに「は!もしやあのボールの再販か!」と思ったのがこちら。


ザ・ソース : ハンマー(2008年発売)




























メーカーは違うけどつながりの深いエボナイトとハンマーだし……、とか考えてたら、何よりスペルが違うのでまったく関係無かったようです(笑)



ストレートボールの投げ方




ストレートボールがどうしても投げられないという、わたしのボウリング仲間のために、貼り付けておきます。

英語はわからないかもしれませんが、わたしもわからないので、雰囲気で察してください(笑)


日本人男子の動画




わたし個人的としては、好きな感じのフォームの選手ほど下位になるという残念な試合です(笑)

いや、上位の選手がダメなのではなくて、わたしが好きなフォームが一発勝負で必ず勝てるわけではないという、まったくもって当たり前のことが言いたいだけです。



シューズの話。

昨日投げているときに、雑談で話題になったので、今日はシューズについてお話したいと思います。



わたしが現在使用しているシューズは、ハイスポーツ社の「リパップパイソン」というシューズで、今の「リパップパイソンS」の前のモデルですね。

この「リパップパイソン」はわたしにとって、全部で3足購入したシューズのうちの2足目です。

一番最初に買ったのが、ABSの一番安いシューズでした。

安いシューズはやはり安いだけに、すぐ壊れました(笑)

右足のソール部分がめくれました。

ペローンと。

まあ数ヶ月……半年ぐらいかな?経ってたので、ちょうどステップアップしていい頃でもあり、「リパップパイソン」を購入しました。

何が良いのかもよくわからないままだったと思いますが、なんだかすごくいいぞ!(笑)とか考えながら使っていたと思います。

で、しばらくして、仲の良いプロの一言「やっぱりデクスターいいっすよ」を聞いてから、なんとなくデクスターが気になり始め、ちょうど通販でセールしていたSST−4を購入(笑)

浮気性なのかとりあえず試してみたかったのか。

デクスターのシューズは同じモデルナンバーでもいろいろ種類がありますが、SST−4の確かジャパンリミテッドか何かで、真っ白なモデルでした。

しばらく気に入って使っていましたが、今はなんとなくリパップを使っています。



で、高級なシューズなんか必要なの?という人がたぶんこのブログの読者の方にもいると思います。

たぶん一番安いシューズで満足している方に。

わたし的には無理に買えと勧める気はまったく無くて、安いシューズで十分と思っている人は、壊れるまで使うべきだと思います。

壊れたとき、またはデザインや使用感に飽きたとき、購入を検討するならそのメーカーで一番高級なシューズを買うべきではないかと、わたしは考えています。

中級クラス(という表現でいいかわかりませんが)のシューズは、高級クラスと比べてどこかで安価にしているわけですから、ソールやヒールの張替え機能以外では、靴としての作りの部分が違ってくると思うのです。

となると、素材だったり縫製だったり通気性だったりが高級シューズよりも劣ると考えられます。

安い分は壊れやすさや疲れやすさにつながるかもしれません。



正直、たった3足のサンプルでの話ですので信憑性は今ひとつですが、とりあえずわたしはこのように考えていますよということです。

お金に余裕のある方は、もっとたくさん使用してみて、自分にぴったり合う一足を探してみては?

わたしはそろそろリパップにも飽きてきたので、レジェンドのシューズか、エトニックがどこかに残ってないかなあとか考えてます(笑)



超速報!!

え〜、本日わたくし、眠くて体も満足に動かない中、毎週恒例の仲間内のボウリングに行ってきたのですが。

なんとなんと。

わたくしボウリング人生初の!

ビッグ4をメイクしてしまいました!!!!

ワードンドンパフパフ

いや〜、大興奮です(笑)

一応、どうやって取ったんだ?とか、取り方を教えろ!とかいう需要があるかもしれないので、どのようにメイクしたかを書いておきますが……

……ありゃ、運です(笑)

まあ、ビッグ4やセブンテンが残ったときはとにかく目一杯ボールをぶつける、というのがわたしの方法論ですので、今回もそれで行ったら取れちゃったという感じで。

どこにぶつけるとかはあまり関係無いと思います。

今回はEの左側でしたが、どっち道キックバックは運次第なので。

本日は、スプリットが残ると超燃えるわたしが、唯一取っていなかった、ビッグ4を取ってしまって、ぐっすり眠れそうだな〜というお話でした(笑)



スピードを落とすのは簡単だ……というのは嘘かもしれない。

タイトルの通りなんですが、なぜそう思ったのかを書いていきたいと思います。

まず、わたしの現状ですが、スペックは測ってないので目測ですが、以前とは回転が同じぐらいでスピードは上がったので、外からレーンを攻略することが出来るようになった、というのはこれまで書いてきた通りです。

さて、わたしの普段投げているセンターなんですが、実はあまりアプローチの状態が良くありません。

気にしない人は気にしないようですが、一投ごとにソールの埃を取ってやらないと滑ってしまって、わたしにとっては非常に投げずらいアプローチです。

ある日のことです。

いつものようにソールの埃を取りながら投げても、どうにもちょうど良い滑り具合にならず、思うように投げることが出来ません。

色々と苦労した結果、ソールだけでなくヒールの埃も取ってやらないといけないということがわかって、ヒールの滑り具合(というか止まり具合)がいかに大切かがわかったので、良い収穫になったのですが、もう一つわかったことがあったのです。

それは、球速を上げるために助走スピードを上げたわたしは、その助走が出来ないと本当にヘナチョコなボールしか投げられなくなっているということです。



しっかり助走して投げるフォームは、「しっかり投げている感(笑)」があって我ながら好きなんですが、それだけではアベレージは上がってこないこともわかっています。

最終的には、もっと楽に投げるフォームにしないと、再現性に大いに不安があるわけです。

なので、滑り具合が調整出来なかったその日、練習するチャンスだと開き直り、「楽なフォーム」を模索してみました。

そして未だに「楽なフォーム」は発見出来ていません。

まあ「楽なフォーム」で、且つ満足できる球速と回転で投げられるフォームを求めているわけですから、難しいのはわかっているんですけどね。

ただ単純に今のフォームの動きを遅くして投げると、タイミングが完全に狂ってしまって、全く投げられなくなってしまうということはわかったので、これからは別な方法で、「楽なフォーム」を研究していくことになると思います。

「楽なフォーム」を発見するか、はたまた「今のフォームでも楽に投げられる体」を手に入れるかってとこでしょうか。



    >>次へ
プロスカー