最新記事
カテゴリーアーカイブ
検索
プロフィール
キツネさんの画像
キツネ
プロフィール
ファン
blogramで人気ブログを分析
日別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2016年12月27日

紅白演出のヒントをチラリと

紅白演出のヒント

先日12月24日にNHKで放送された「バナナ♪ゼロミュージック」に、

Perfumeがコメント出演してました。

今年の紅白演出のヒントが、あ〜ちゃんの口から語られていました。

Banana1.jpg

ダイナミックVRを駆使して映像による目の錯覚を利用した表現と言っていましたので、

Banana2.jpg

以前「MUSIC STATION」でやったオプティカルイリュージョンのようなものを、

イメージすればよいのかな。

正直なところ、「ダイナミックVR」と「オプティカルイリュージョン」が

同じものなのか、どこが違うのか私にはさっぱり分かりません。(^^;)

あ〜ちゃんも言葉では説明するのが難しかったらしく、

とにかく「ビックリする」ものらしいです。(笑)

Banana3.jpg

ライゾマスタッフの人じゃないと説明は難しいでしょうね。

ところでダイナミックVRを採用しても視聴者は、

あのゴーグルみたいなの頭に付けなくても見られるんですよね・・・。

そう遠くない将来。そんな世界が訪れるのでしょうけど。

多分Mステで披露したものをブラッシュアップしたものになるのでしょう。

紅白放送前に演出のネタばれを明かしたということは、

多少演出について喋ったところで、視聴者の想像の斜め上をいくという

自信の表れとみて良いと思います。

ただMステを見てた限り、壁面と床面に大きなスクリーンを設置するという

大掛かりなセットの中でPerfumeがパフォーマンスをしていたので、

NHKホールでセットを組めるのかなという不安があります。

別スタジオにセットを組めると楽なんでしょうけど、

おそらく他の出演者の合間に速攻で場面転換して

NHKホールで披露するのでしょうからスタッフさんの苦労が目に浮かびます。

あらかじめ作成しておいた映像をスクリーンに投影して、

その前でPerfumeが踊るのかな?

いや、ライゾマさんのことだからリアルタイムに立ち位置を演算して

映像を動かしてきそうだな。

Perfumeの動きに合わせてその場で映像を変化させるとしたら、

最適なカメラ角度調整やら、スクリーンやセンサー制御する

ケーブルの取り回しが大変そうですね。

あの目まぐるしく出演者が入れ替わり、変形するステージで

繊細なセットが準備できるのかが気がかりです。

素人目に見ても、紅白の舞台裏は修羅場と化していると

容易に想像がつくので、機材を準備して運営する人大変そう。

なんとなくですが徹夜で調整に追われてるんじゃないかな。(勝手な妄想ですけど)

まぁなんだかんだで本番には間に合わせてくることでしょうけどね。

これぞプロの技という作品が見られると思うので見逃せません。

美術手帖もう読みましたか

美術手帖2017年1月号で「Rhizomatiks」特集を組んでいたので読んでみました。

BITE.jpg

真鍋さんや、MIKIKO先生がどのような思いを持って、

表現に取り組んでいるのかといったことが書かれていて興味深く読みましたよ。

真鍋さんがPerfumeについて語っている部分もありますし、

MIKIKO先生が最先端のテクノロジーと、どのようなスタンスで

距離をとっているかについてもインタビューに答えていました。

ちょっぴり紹介すると、Perfumeもイレブンプレイもテクノロジーも、

根底には人が表現しているものとして同列に扱っていて、

その凄みを伝えたいんだなぁと思いました。

詳細については、皆さんも手に取ってご覧ください。

美術手帖は1冊で1,728円とちょっと値が張りますが、全200頁ぐらいの半分くらいが

Rhizomatiks関連の特集なので読みごたえは十分ですよ。


Perfumeの方は今年で9回目の出場ということですけど、

やっぱり緊張するんですかね。

紅白は他の音楽番組と違うのかなぁ。

錯視を利用した演出となると、

立ち位置をシビアに守らなきゃいけなさそうですね。

北米ツアーで思い通りのステージが組めないなどの、

さまざまなトラブルを乗り越えてきた今のPerfumeなら

余裕でこなしてくれると思います。


ライゾマの持つテクノロジーと、Perfumeの表現力が

ぶつかり合い融合する、プロ同士のせめぎ合いが見られそうですね。

posted by キツネ at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ
この記事へのコメント
こんばんは、さやまからありまさん。

確かにテクノロジーを駆使した演出が、Perfumeの代名詞になってきてますね。
アナログ感が満載の「VOICE」PVみたいのも、そろそろ見たいなぁ。
もしくは極力演出を排して、ダンスを見せることに徹した「GLITTER」などもいいですね。
Posted by キツネ at 2017年01月02日 00:08
こんばんは、さやまからありまです。

私もこの番組見ました。「ダイナミックVR」は錯視、つまり目の錯覚を利用した立体映像のことだと思います。
昨年の紅白やMステスーパーライブでやったものをFLASHでやるんですね。
ライゾマさんのことだから凄いのをやるんでしょうけど、最近、Perfume3人よりライゾマさん演出が主になっているのが若干、気になります。
否定はしませんが、Perfume3人のパフォーマンスの高さを生かしてほしいなと考えています。
Posted by さやまからありま at 2016年12月30日 00:23
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5762252
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。