最新記事
カテゴリーアーカイブ
検索
プロフィール
ファン
blogramで人気ブログを分析

2017年01月19日

東京タラレバ娘のドラマを観たら、皆が見たくなる感想を書ければ

あ〜ちゃんがレバ役の声優で出演するというので観たら

案外ドラマも面白くて、こんなことなら原作マンガを読んでれば

もっと楽しめたのにと思いましたよ。

あ〜ちゃんの声優も違和感なく自然でしたね。

見逃してしまったよという人がいたら

TVer(民放公式ポータル)無料で見れば

http://tver.jp/



キャストにダンス経験者いるので、

ドラマのエンディングでタラレバダンスがあったら

SNSが祭りになるかもと期待していましたが、

残念ながらありませんでしたね。

もし実際にタラレバダンスをやってれば

恋ダンスの二番煎じと言われかねないので、

無かったのは正解かもしれません。


ドラマを見る前はタラレバが登場するシーンだけが

CGで表現されるのかなと思っていたら

主人公の倫子(吉高由里子)に矢が刺さったり、

氷に覆われ固まるシーンも

CGが散りばめられていて楽しめましたよ。

贅沢を言えばレバちゃんが登場するシーンがもっとあれば

文句なしでしたが。

ビールの肴に、タラの白子と、レバ刺しを並べる倫子が

プリン体の摂り過ぎで、痛風にならないか心配になりましたけど。

結婚できず、一生独身になる心配をするよりも、

食生活を心配しろよとツっ込みたくなりましたよ。

でも、あ〜ちゃんの登場シーンを増やすためにも、

この際、痛風ぐらいは我慢してもらいましょう。(笑)



原作マンガを描いている東村アキコさんの

「東京タラレバ娘」は現在7巻まで発売されているので、

皆さんもドラマを観て興味を持ったら、買ってみれば

Tarareba.jpg

日本テレビのドラマホームページをのぞいている時に、

レバちゃんのグッズが売られているコーナーを見つけたら

欲しくなっちゃいましたよ。


Reflector.jpg

Perfumeリュックに付ければ

出かけるのが楽しくなりそう。


Socks.jpg

柄物靴下は、ご当地靴下っぽくて、

あ〜ちゃんの妹ちゃあぽんが見たら

買っちゃいそうですね。


お金に余裕があれば

アスマート(Amuse通販サイト)でもタラレバグッズを売っているので、

そちらもチェックした方がよさそうです。


KEY.jpg

キャラクターは可愛いんだけど、

お値段の方がちょっと可愛くな (略


ここまで書いてきてお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、

本日のブログは文末に、いつもより余計に

タラレバ成分を多めに盛り込んでみたら

どうなるかと書いてみました。

途中、タラレバの使い方が強引なのは否めませんが(汗)

読んだ人が面白がってくれれば

しめしめです。


タラレバ成分を多めにしましたなんて書いてると、

プリン体が多そうですね、痛風が気になりだしたら

水分を多く摂取したり、運動をすれば

痛風になりにくいそうです。(←倫子へのアドバイス)


そろそろタラレバ縛りでブログを書くには

限界を通り越しているので、

ブログ感想コメントを書いてくれたら

嬉しいですよー!という言葉で締めくくれば

上手くまとまったかな。

posted by キツネ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2017年01月17日

TOKYO GIRLのジャケット写真公開

新曲「TOKYO GIRL」のジャケット写真が公開されました。

初回限定盤のジャケット写真です。
TOKYOGIRL2.jpg

通常盤のジャケット写真です。
TOKYOGIRL3.jpg

元旦に公開されたアーティスト写真では上半身だけでしたが、

全身が見られる写真となっております。

透明な箱は東京のビル群に見立ててあるとのこと。

日本テレビのドラマ「東京タラレバ娘」の主題歌に決まっており、

ドラマの放送を間近に控え、番宣で流れるのを目にする機会が増えてきましたね。

ドラマも面白そうなので、相乗効果でヒット曲になるといいな。

2017-2-15(水)発売予定の「TOKYO GIRL」の、

予約購入特典(景品未定)は初回限定盤と通常版

どちらにも付くそうなので、みなさんご予約はお早めに。

なんでも初回盤には「Perfume View」という

メンバー同士が撮り合ったMVメイキング映像が含まれるとのこと。

これはもう初回限定盤は、是非とも手に入れるしかないですね。

もちろん私は両方買う!
「Perfume View」って何?

「Perfume View」は、以前「STAR TRAIN」の初回限定盤にもありましたね。

昔からPerfumeの映像を手掛けていて気心の知れた関和亮監督でも

撮ることができないリラックスした3人の表情が見どころです。

撮影が深夜まで及んでも、笑顔の絶えない和やかな雰囲気の

現場を垣間見ることができて貴重ですよ。

かしゆか、あ〜ちゃん、のっち、それぞれがビデオカメラを片手に

お互いを撮り合うのですが、撮り方にも個性が出ていて面白い。

自分も写り込むように撮る人もいれば、

これでもかとメンバーの顔に接写して撮る人もいる。

のっちだけ目線がちょっとだけ違う気がする。

構図が男の子目線なんですよね。(笑)

さすが誰よりもPerfumeファンだと自認するだけのことがある。

CEツアーではファンと張り合ってたこともあったし。(笑)

雑誌の撮影でかしゆかとあ〜ちゃんが顔を寄せ合う

ポーズをとった時は、誰よりも興奮して、

はしゃいでましたよね。自分のスマホで撮ってたりしてましたし。

そんなのっちさんに言ってあげたい。

「いいぞ!もっとやれ。」

(おっといけない、心の声が出てしまった。(^^;) )


よく中田ヤスタカさんが書く歌詞は、

「なんであんなに女子の気持ちが分かるの?」と

Perfumeが揶揄するくらい女子力が高いと言われますが、

のっちの場合は中身が男の子なんじゃないかというくらい

男子力が高いと思います。

(本人はそんなこと言われても嬉しくないと思いますけど。)


TeamPerfumeがいろんな視点で、

Perfumeというグループを俯瞰できることが

絶妙なバランスを保っている秘訣なのかもしれませんね。

なにはともあれ、Perfume今年初のシングルCD「TOKYO GIRL」

初回限定版の「Perfume View」は必見ですよ。

2017年01月14日

新アーティスト写真公開

うぅ寒いよー。この冬一番の寒波が来てますね。

冬将軍めー、手加減というものを知らんのかい。

こんな時「ヒートテック」や、

グッズの「首あっためるや〜つ」を

持っていると重宝しますね。

それでも長時間、外に出ると心身ともに冷えます。

冷えた心を暖めてくれるのは、

やっぱりPerfumeでしょということで、

新年早々公開されたアーティスト写真について

触れてまいります。

Perfume170101.jpg

ファンの皆さんがOfficialページに殺到したらしく、

AMUSEのサーバーがダウンしてました。

PTA.jpg

ファンの皆さんが会員サイトからPerfumeに、

あけおめメッセージでも送ってたのかな。

録画しておいた紅白歌合戦を見返したりしていたら、

いつの間にかホームページが見られるようになってましたよ。

既出情報かもしれませんが、トップページよりも

BIOGRAPHYページの方が若干写真が大きいのでお勧めです。


昨年は「COSMIC EXPLORER」ということで、

宇宙服をイメージしたグレー基調の衣装が

記憶に新しいですが、新しいアー写は

鮮やかなミントグリーンが目を引きますね。

個人的にドレス部分は、マダカスカル島やコスタリカなどの

誰も見たことがないような新種の花みたいと思いましたよ。

さしずめ私は、花に吸い寄せられる虫ですな。(笑)


帽子の形も特徴的です。

酉年だから鳥のくちばしっぽい形なのかな。

帽子を被っているというより、

ピンで留めて載せているだけみたいなので、

ダンスの時はどうするのでしょう。

ターンしたら飛んでっちゃいそうです。

バンドで固定されてるヒールをふっ飛ばす人がいるくらいですから(笑)、

ダンス用に動きやすい衣装に作り直すのかな。

新曲「TOKYO GIRL」のダンス衣装がどうなるのか楽しみです。

コスプレしている人は、さっそく生地を探して

作り始めているのでしょうね。



帽子を被った姿といえば、

「ねぇ」のジャケット写真を思い出します。

初回限定版

Nee1.jpg

通常版

Nee2.jpg

どちらかというと私の中では通常版のイメージが強い。

今見返して気付きましたけど、

初回版の方が帽子の飾りが豪華だったんですね。


帽子を小道具に使ったダンスが見られるのは、

Perfume Second Tour 2009「直角二等辺三角形TOUR」で披露した

「Kiss and Music」ぐらいでしょうか。

そういえば最近ライブでやってくれないですね。

大人っぽい雰囲気の曲なので、セットリストの

どこにいれるか迷うのかな。

すっかり大人になった今のPerfumeが披露する

「Kiss and Music」を観てみたいものです。

2017年01月11日

あ〜ちゃん声優に挑戦

Tarareba3.jpg

2017年1月18日(水)より放送される日本テレビドラマ

「東京タラレバ娘」の主役倫子にだけ見える生き物

「レバ」役で声優を務めることになったと

ニュースが飛び込んできました。

Tarareba2.jpg

左が「タラの白子」

右が「レバテキ」

ドラマ内ではこのキャラクターCGで表現されるとのこと。

ドラマ主題歌の方は、既にPerfumeの「TOKYO GIRL」に

決定していますし、まさかドラマの内容にまで

かかわるとは驚きましたよ。

どんな感じになるのか楽しみですね。

あ〜ちゃんのことだから、

ドラマが佳境になって感情が高まってくると、

思わず広島弁が飛び出したりしないかな。

(余計な心配)

忘れないうちに録画予約しておかないと。

Perfumeが声優をするなんて、

日産自動車のCMで、Perfumeカンガルーを

演じた時以来ですね。



私のおぼろげな記憶では、

吉高由里子さんとあ〜ちゃんは同い年で、

Amuseの寮で一緒だったので仲が良いと

何かで見た気がするけど、情報ソースを忘れちゃった。

吉高さんが朝ドラ「花子とアン」きっかけで、

紅白歌合戦の司会をしたときに、

お互いが女優として、アーティストとして紅白で

共演できて嬉しいとかいう内容だったと思うけど。

いろんな物を観たり、読み漁っているので

私の記憶が、とっ散らかっております。(^^;)

今度はドラマで共演実現できましたね。



「タラ」役の声優さんは、加藤諒さんとのこと。

加藤諒さんは「きゃりーぱみゅぱみゅ」のファンで

フリコピがキレキレでダンスが巧いイメージがあります。

きっとPerfumeのこともファンになるんじゃないかなと思いますね。

あ〜ちゃんとの掛け合いは、面白いものになりそうで期待が高まります。


声優にダンスが巧い人を、わざわざ並べるなんて

こりゃタラレバダンスのフラグが立ちましたね。

ドラマ収録スタジオに足を運んで、

吉高さんと3ショットを撮ったのは番宣に見せかけて、

俳優陣とタラレバダンスのレッスンをしたのではないかなと

妄想を膨らませております。

Perfumeの新年あいさつムービーで、

新曲「TOKYO GIRL」に話題が及ぶと、

3人が両手を使ってTの字を作るポーズをしていましたので、

ダンスの振り付けはもう出来ているのでしょう。

昨年は恋ダンスが流行りましたので、

今年はタラレバダンスがあるかもしれません。


posted by キツネ at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ

2017年01月06日

第67回紅白歌合戦を勝手気ままに振り返る(後編)

今回は紅白歌合戦の中で特に目を引いた

椎名林檎さんや、Perfumeの演出について

あれやこれやと個人的な感想を書き連ねていきますよ。


私の場合は、紅白の本編を観るだけではなく、

副音声でバナナマンさんがMCを務めていたウラトーク、

ネット中継で渡辺直美さんがMCを務めている楽屋トークまでは、

チェックしましたが、紅白のラジオ放送までは聴いてないです。

目で見ても何が起こっているのか分からないくらい

凄い演出を、ラジオではどのように言葉のみで説明していたのか

興味はありますね。

機会があれば聞いてみたいものです。
見どころ紹介番組より

「Road to 紅白」という紅白歌合戦の見どころを

紹介する番組が本編直前に放送されていました。

RoadtoRW1231A.jpg

ほんのちょっとだけMIKIKO先生や、ライゾマリサーチの真鍋さんが

今回のPerfume演出について語っていましたので紹介します。

RoadtoRW1231B.jpg


真鍋さん「今年はカメラの位置に応じて映像を変化させることで、

3次元空間の中にPerfumeがいるように見えるような演出を

トライしてみました。

撮影しているカメラの位置を認識するためのカメラが

50台以上天井に吊ってあります。

色々なセンサーを使うことによって、

より不思議にダイナミックに映像が変化して、

テレビで見ている人だけしか楽しめない演出もあるので

ぜひチェックして見てほしいと思います。」

RoadtoRW1231C.jpg

RoadtoRW1231D.jpg

RoadtoRW1231E.jpg

RoadtoRW1231F.jpg

RoadtoRW1231G.jpg

RoadtoRW1231H.jpg

(私が思うに、それだけ高性能なカメラがあれば、紅白の勝敗を決める際に

野鳥研究部が双眼鏡片手に数えなくても、

カメラの画像解析で、瞬時に会場の投票数を割り出せそうですね。

まぁ紅白の風物詩なので、そんなことにはならないだろうけど。)




MIKIKO先生「音と映像はバッチリはまっているので、

3人のダンスがちょっとでもズレられないという難しさはあると思います。

3人のキレキレなシンクロしたダンスと、

今回の演出の効果がバッチリはまって

すごいことになるのではないかと私も期待しています。」

RoadtoRW1231I.jpg

RoadtoRW1231J.jpg

RoadtoRW1231K.jpg

RoadtoRW1231L.jpg


あ〜ちゃん「今年はFLASHという楽曲をやるんですけど、

この曲をダイナミックVRと言って、

浮いとったり出とるように見える

説明すると難しいんですけど見ててビックリするような

不思議な感覚になるような演出とともに

パフォーマンスをします。皆さまぜひ見て下さい。」

RoadtoRW1231M.jpg

RoadtoRW1231N.jpg

RoadtoRW1231O.jpg


VTRの後、NHKホールと中継がつながると、

出演を控えている歌手達が、ステージに通じる廊下にわんさか居ます。

出演陣がたまっている所が映し出されると、

ついついPerfumeが居ないか目で追ってしまいますね。

Perfumeは、紅組の先頭から2組目の登場でしたので、

3人がスタンバイしている様子がチラっと映ってました。

画面左端に3人の姿が確認できます。

RoadtoRW1231P.jpg

のっちは後ろを向いていて顔が見えない。

RoadtoRW1231Q.jpg

あ〜ちゃんとかしゆかはリラックスした様子で、

カメラの方を見ています。

RoadtoRW1231R.jpg

かしゆかの足元を見ると、靴下履いてサンダルなのかな。

ヒールを履いていない姿はレアですね。

衣装の上にコートを羽織っていましたが、

紅白にちなんで赤と白のみでデザインされた衣装を着ていましたね。

RW1231OP.jpg

いざ本編が始まるとすぐに、特定班が衣装のブランドを割り出していて、

さすが仕事が早い。

FENDIの2017年プレ・スプリング・コレクションとのこと。

「FLASH」を披露するときは、赤一色の衣装に着替えていましたが、

他の共演者とステージに上がる際は、FENDIの衣装を着ていましたね。

この紅白の衣装を着た人が映り込んでいないか探すことを、

大晦日にPerfumeファンがこぞってやっていたかと思うと、

なんだか楽しくなりますね。

まるで「ウォーリーを探せ」みたい。(笑)
椎名林檎さんのステージは圧巻

椎名林檎さんが「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016- 」を

披露しましたが群を抜いて素晴らしかったですね。

アナログとテクノロジーを融合させた理想形に思えましたよ。

映像がNHKホールから東京都庁前の都民広場に切り替わった瞬間から、

独自の世界観で空気を一変させてました。

RW1231A.jpg

いつも林檎さんのバンクダンサーを務めているAyaBambiが

都庁をバックに舞い降りてくるシーンは、

ビル風があるからあんな綺麗には降りてこられないので、

CG合成でしょうね。

RW1231B.jpg

事前に撮影した映像を効果的に差し込むことで、

まるでPVを観ているような完成度になっていて驚きました。

林檎さんの紅白演出監督は、児玉裕一さんらしいと聞いて納得です。

RW1231C.jpg

このカットだけバックショットだったのは、

正面から撮っていると、通行人のエキストラが映り込むと

映像の整合性が取れなくなるのを回避するためでしょう。

RW1231D.jpg

RW1231E.jpg

歌詞とリンクさせて、時間が止まったかのように

通行人がマネキンチャレンジするという

トレンドもしっかり取り入れてました。

RW1231F.jpg

プロジェクションマッピングを担当したのは、

どこなんでしょうね?

調べてみたけど分からなかったよ。

RW1231G.jpg

歌詞にシンクロしてプロジェクションマッピングが

停止するところがカッコいい。

RW1231H.jpg

ウラトークを聴いてみると、バナナマンや橋本菜穂子アナウンサーも

演出に関する台本は渡されてなかったらしく、

初見で驚いていましたね。

RW1231I.jpg

RW1231J.jpg

最後は林檎さんと、AyaBambiが何処かへ消えてしまう。

終始、凛とした空気感に圧倒されました。


私なりに演出を分析すると、途中で差し込まれる空撮のビル群夜景は、

事前に撮影されたものでしょう。

NHKだからか、事前に撮影された映像を差し込むたびに、

「新宿・東京都庁から生中継」というテロップを

律儀に消していましたね。

同様に都民広場で演奏を披露したTOKIOの時は、

映像の差し込みがなかった為か、

ずっとテロップが表示されています。

見比べてみると面白いかもしれませんね。

紅白を録画している方は、もう一度ご覧ください。

生中継ではないところはテロップを消すなんて

NHKは真面目ですね。

その割にはゴジラが渋谷に登場した時は、

中継というテロップを入れてましたけど。(笑)

そんな真面目なNHKさん、好きですよ。
Perfumeの演出はダイナミックVR

RW1231P1.jpg

赤一色の衣装に着替えてる。

RW1231P2.jpg

RW1231P3.jpg

Perfumeが立つ床面は一面LEDスクリーン、

壁面は3つに分かれる可動式LEDスクリーン、

さらに天井から降りてくる緞帳(どんちょう)サイズの巨大LEDスクリーン。

(見たところ巨大スクリーンは、バンドやバックダンサーを必要としない

Perfumeと嵐しか使っていなかったと思う。

見落としているアーティストが居たらすいません。)

RW1231P4.jpg

RW1231P5.jpg

RW1231P6.jpg

RW1231P7.jpg

パフォーマンスをしている本人たちは、目がおかしくならないのかな。

トリックアートの中でも、平衡感覚を失わないように動けと言っているようなものです。

3人は涼しい顔で、さらりとこなしているから、

どれだけ凄いことをしているのか分からないですけど、

Perfume以外無理なんじゃないかな。

RW1231P8.jpg

ライトセーバーを持っているかのように見えるCGもある。

そういえば「FLASH」のPVでも同じようなシーンがありましたね。
FLASH1.jpg

Perfume「FLASH」PVも御覧ください。


良く見ると柄がなく全体が発光しているので、

ライトセーバーというより棍術とか棒術に近いのでしょう。

これは推測ですが、PV制作段階ではライブでFLASHを披露するときに

発光する棍を使った演出も念頭にあったのかもしれませんね。

最終的にはPerfumeの動きだけで、

満足のいく躍動感が表現できたのでやめたのかな。

もしかしたら、その時の伏線を紅白という舞台で回収したと

考えるのは深読みし過ぎですかね。(^^;)


RW1231P9.jpg

RW1231P10.jpg

RW1231P11.jpg

RW1231P12.jpg

RW1231P13.jpg

途中で、移動式壁面スクリーンが左右に割れて、

背後の実体ステージと一体化して見える演出がありましたが、

これはクロマキー(ブルーバックとかグリーンバックのアレね)の前で

踊ってCG合成しているような安っぽい技術じゃないですよと

証明するために、あえてスクリーンを移動させて見せたのでしょう。

RW1231P14.jpg

RW1231P15.jpg

後ろの実体ステージが、スケルトンにワイヤーフレームで描かれてる!

こりゃNHKからライゾマへステージのCADデータ(設計図)が渡ってますね。

たぶん門外不出であろうステージ構成の設計図を渡してもらえるなんて、

NHK全面協力じゃないですか。信頼されている証ですね。

ライゾマさんは、リオオリンピック閉会式の引継式の演出をしていますし、

プロフェッショナルという番組で真鍋さんを取り上げたこともあるので、

NHK側に何か面白いことをやってくれるだろうという全幅の信頼があるのでしょう。

おそらくステージの見取り図は、全アーティストに渡されるでしょうけど

3次元のCADデータまで受け取っているアーティストは、

チームPerfumeぐらいでしょうね。

私はそれを見たとき、「うひゃぁ!そこまでやるか」と

テレビの前で興奮していましたよ。

RW1231P16.jpg

RW1231P17.jpg

RW1231P18.jpg

RW1231P19.jpg

RW1231P20.jpg

RW1231P21.jpg

地上の移動式スクリーンが再び一つになる。

RW1231P22.jpg

RW1231P23.jpg

3人の手の動きを追尾して、光の曲線が描かれるのも綺麗でした。

どのぐらいまでなら振りを間違えても、光の動きを補正できるんでしょうね。

PTA-TVで放送してくれないかな。

RW1231P24.jpg

RW1231P25.jpg

RW1231P26.jpg

RW1231P27.jpg

RW1231P28.jpg

RW1231P29.jpg

一度見ただけでは、何が起こっているのか分からなくて

何度も見返しましたよ。

Perfumeは、ダイナミックVRをやると事前に知っていても、

この程度なので、普段Perfumeを見てない人に

どのくらい凄さが伝わったか心配です。

カメラワークについて

カメラワークのせいかテレビの前で見ている限り、

空間の中にPerfumeが浮かんでいるという

浮遊感に関してはいまいち伝わってきませんでした。

できれば引きの正面固定カメラの映像を見たかったなぁ。

でも真鍋さんが言うことにゃ

「テレビで見ている人だけしか楽しめない演出もある」

と言っていましたが、NHKホールで観ていたバナナマンの

ウラトークを聴いてみると、「浮いているように見える」と

驚きの声を上げていました。

運良くNHKホールで観ることが出来た方は羨ましいな。

リハーサルで記者が観た感想では、

驚きの声が上がったと書かれていたので、

会場では迫力の映像だったのでしょう。

やっぱりPerfumeはライブ会場で観るものなのかもしれませんね。

紅白歌合戦の観覧は、抽選倍率が900倍と高いので、

見に行ける気がしませんが、ライブ会場なら行けますもんね。

Perfumeのカメラアングルについては永遠のテーマです。

DVD「Fan service bitter」の頃からずっと言われてますからね。

1人1人の表情も見たいし、3人のダンスが揃った動きも見たい、

今回のようにダイナミックVRも見たいとなると、

全てを満足させることは、とうてい無理です。

リハーサルを重ねた上で決定したカメラワークなので、やむをえない。

地上波放送は従来通りのカメラワークで構わないので、

以前のように、BSハイビジョンでも紅白を中継してくれないかな。

例えば、BS1は正面固定カメラで映すだけにして、

BS2はアーティストのアップを専用に追いかけるとか、

紅白に力を入れるなら、そういう方向に力を注いで欲しいなぁ。

視聴率を地上波に集中させる必要があるなら、

後日に、紅白歌合戦の別アングルVerを放送してくれると、

録画する側としては嬉しいんだけど。

映像素材はあるのでお金もかからず、

技術的にはそんな難しいことじゃないと

思いますがどうなんでしょう。

切り口を変えるだけで、付加価値を見いだせるので悪い話じゃないはず。

それなら受信料を払ってでも見たいという視聴者が出てくることでしょう。

(↑ゲス顔で、ささやくように)

NHKさん、ご検討願えませんかね。


posted by キツネ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ

2017年01月04日

第67回紅白歌合戦を勝手気ままに振り返る(前編)

明けましておめでとうございます。

元旦に新年の挨拶を載せるべきところ

出遅れてしまいました。

Perfumeに関する話題に事欠かないのに、

ブログの更新が途絶えたので、

「キツネの奴ぁ餅でも喉に詰まらせて倒れたか」と

お思いの方もいたかもしれませんが、

こうして元気にしておりますよ。

さぁて、今年の仕事始めならぬブログ始めです。

昨年同様にPerfume周辺の事柄について書いて参りますので、

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

紅白歌合戦の感想(ぼやき)

NHKが局を挙げ総力戦で番宣をしていましたね。

勢い余って番宣という名のネタばれをして

いるのも散見されましたけど、

あれは興味を引く為の狙いなのかな。

朝、昼、晩といろんな番組で紅白の紹介をしていたので、

番組欄に紅白と書いてあるものを片っ端から録画して、

一通り目を通すだけでも大変でしたよ。

Perfume Officialサイトで紹介されていない番組に、

ひょっとしたら関連情報が出るかもしれない恐れが

あったのでね。

実際、MIKIKO先生や、ライゾマの真鍋さんがインタビューで、

Perfumeの演出について喋ってたし。気が抜けないなぁ。

そちらも踏まえた上で、感想を書いていこうと思います。


それにしても紅白歌合戦のカオスっぷりは

何から取り上げればいいのやらと迷いますね。

2016年に流行ったものを全部盛り込んでくるとは、さすがNHKです。

PPAP、シンゴジラ、君の名は、リオオリンピック、逃げ恥、とと姉ちゃん、

真田丸、ブラタモリ、etc・・・

あまりに盛りすぎてて、アミューズの大里会長が紅白を観ていたら、

「カツ丼を2杯食べさせるつもりかっ!」

と説教されそうですね。(笑)

それくらい今回の紅白は、消化不良になるくらい

盛り盛りでしたもんね。

民放では、とうてい出来ない(やらない?)演出の連続でした。


どうせならポケモンGOも演出に取り入れちゃえば良かったのに。

ライゾマさんに頼めば、Perfumeライブのデータを

使いまわしできたことでしょう。

NHKキャラクター「どーもくん」をモンスターボールで捕まえようとして、

うっかり「ゴジラ」を捕まえちゃえば良かったのにね。(笑)


最後に、紅組、白組が投票で勝敗を決するところは、

白組圧勝と見せかけておいて、紅組が勝つというシナリオは

EU離脱投票や、アメリカ大統領選まで取り入れた感がありますね。

ゲスト審査員票の一票の格差がエグい。

いやぁ、報道のNHKらしい実にどん欲な演出でした。

(私はPerfumeに視聴者投票していたので紅組を応援していたけど、

勝ってもあれっ!?という感じで釈然としませんでしたね。)


視聴者としては、星野源さんが踊る恋ダンスのステージにもっと

紅白出演者を登場させて欲しかったという人が多かったんじゃないかと思います。

新垣結衣さんがゲスト審査員として会場にいるというので、

当然期待しちゃいますよね。

RedWhite2016-12-31A.jpg

すぐ隣まで近付くことが出来るはずなのに、

なんでしょうこの微妙な距離感の2人。

望んでいた形としては、星野さんとガッキーが並んで

恋ダンスを踊るシーンを生で見たかったけど、

星野さんとイレブンプレイが一緒に踊るPV同様の

本来の形となりました。

RedWhite2016-12-31B.jpg

これももちろん良いシーンでしたよ。

私たちが勝手に期待を膨らませて、

てっきり一緒に踊ってくれるものだと、

早とちりしてしまっただけでした。うーん残念。

ステージと繋がっているゲスト審査員席という構造だったので、

乱入しやすいのかなと思っていましたけれど、

ガッキーはグイグイ前へ出るタイプじゃないので、

始めからサプライズゲストとしてオファーした方が

登場し易かったと思う。

出来ることなら、直前にバックダンサーにまぎれてガッキーふんする、

みくりが突然現れた方がインパクトがあったのではと思います。

ドラマ「逃げ恥」で「真田丸」のパロディをしたくらいなので、

NHKもそれくらい攻めてもよかったのに。

でも、「逃げ恥」でゆるふわな感じで踊るガッキーの

恋ダンスが好評だったわけで、イレブンプレイと一緒に

キレキレな恋ダンスを踊る、みくりだとイメージが違う。

ドラマの世界観を壊さないように配慮したのかもしれませんね。

RedWhite2016-12-31C.jpg

照れながら控え目に恋ダンスを踊るガッキーが可愛いかったから、

なんにせよ良かった。

(結局、何をやってもガッキーは可愛いという結論に落ち着くのか)


あと紅白で惜しまれる点としては、

豪華な素材を使っているのに

盛りつけに失敗しちゃったおせち料理みたいに

なってしまったことですね。

紅白出場歌手のタイムスケジュールが事前に発表されていたので、

お目当ての歌手が何時に出演するのか分かるようになってました。

私の場合は、椎名林檎さんとPerfume、星野源さんのところは

生で観たいなと、その時間帯だけ待機しておりましたよ。

ところどころ見逃しながら1回目に紅白を見た時は

タモリさんと、マツコデラックスが

何をしようとしているのか分からなかったので、

後で見返してみたらブラタモリみたいなことを

したかったのかなと解釈しました。

ゴジラを登場させるには差し迫る緊迫感が、

リアリティを持たせる上で大切と思いますが、

同時進行の企画で、ブラタモリの徒歩で各所を巡り歩く、

ゆったりとした時間の流れが、真逆を行き過ぎていて、

同じ番組内で共存させるには少々無理があったと思いますね。

緊張と緩和を狙ったのかもしれないけど、

さすがに4時間半の長丁場をずっと見ていられる人は少なくて、

私のようにつまむように見ている人が多かったと思います。

そんな人には、緊張と緩和の効果が限定的になってしまうので、

紅白全体を通したストーリーが伝わらなかったのだと思うのですよ。

もったいないなぁ。

タモリさんにはライゾマの仕事場をブラタモリして欲しかったな。

ゴジラについては「プロフェッショナル」で取り上げて、

豪華な俳優陣でスピンオフドラマを流してくれたら良かったのに。

まぁ、あれこれ好き勝手に注文を付ける方は簡単ですが、

準備に奔走した方が居ることを思うと、

大変な苦労の連続だったろうなとお察しします。


なんといっても、やはりSMAP出演辞退の穴は大きかったか。

NHKが持つSMAPの秘蔵映像を用意していたんだろうなというのは、

容易に想像がつきます。最高の舞台でグループの解散を飾るつもりが、

辞退されたことで空いてしまった時間を、他の企画で埋めるくらいなら

繰上げ当選で誰か他に出てもらう訳にはいかなかったのかな。

大人の事情で難しいだろうけど・・・

金爆だったら快く出てくれたと思うんだけどな。

きっと紅白を盛り上げてくれたことでしょう。

繰上げ当選しても自虐的な笑いに変える力を持ってそうだし。

金爆ファンの人も喜んでくれたと思うなぁ。

ネタ振りもままならない中、一発ギャグをやらされる

お笑い芸人さんよりかは面白くしてくれそう。

それにしても、そんなに視聴率を気にしなきゃいけないのかなと疑問ですね。

民放の場合は、スポンサーを気にして視聴率に

配慮しなきゃならないのは分かるんだけど、

NHKの場合は、視聴率気にしなくても良いと思うんですよ。

やっぱり受信料を払っている視聴者に配慮してるのかな。

そうなると幅広い年齢層の多種多様な人を惹きつけるような

要素を盛り込まざるを得なかったのでしょう。

このままの調子だと次回あたり、有働アナウンサーがNHKホール目指して

100kmマラソンを走り始めるんじゃないかな。

話題作りに汲々としているNHKの姿勢を見ていると、

あながち冗談と笑い飛ばせないところが怖い。(笑)


おぉっと、ぼやきが長くなりました。

それだけ紅白に期待していたことの裏返しと思ってくだされ。

私が個人的に気になった紅白関連番組を紹介します。

2016年12月29日に放送された「紅白メシ」では、裏方さんの話が聞けました。

番組の内容を要約すると、

・紅白歌合戦の観覧応募は99万通の中から、たった1,075名しか当選しないとのこと。

・客席の上にルーフステージを作るのは初めての試みとのこと。

紅白メシ2016-12-29A.jpg

・今回のステージのイメージは「かまくら」とのこと。

紅白メシ2016-12-29B.jpg

・なんでも美術スタッフは10月からセットの打ち合わせをしているとのこと。

・紅白のセット制作期間は2週間とのこと。

・NHKホールにセットが運び込まれるのは2016年12月19日でした。

なんて話をされてました。

紅白メシ2016-12-29D.jpg

セットは模型で見ると分かりやすいですね。

あさイチ2016-12-28A.jpg

具現化するとこのようなセットになるわけかぁ。



今回の紅白出場者発表は2016年11月24日でしたので、

発表されてから衣装を作り始めるのかな。

そこのところは分からず仕舞いです。

そうこうしているうちに文章が長くなってしまったので、

肝心のPerfume出演部分については、次回取り上げますね。

まだ本題に入ってなかったよ。

posted by キツネ at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ

2016年12月31日

Perfumeと皆様にとって良い年になりますように

今年も残りわずかです。

紅白歌合戦は紅組勝利で無事終了しました。

もちろん私は、視聴者投票をPerfumeに投票しましたよ。

PerfumeのダイナミックVR演出は、目がチカチカするくらい凄かったですね。

今週はWOWOW放送で観たPerfumeの掟など、いろいろと演出の見所があって、

後でブログにまとめたいと思います。


今年の4月からブログを始めて、今日まで続いております。

ブログを読んで頂き有難うございました。


Perfumeと皆様にとって、2017年も良い年となりますように。

2016年12月30日

LEGOコマ撮りムービーメイキング(かけっこ編)

例のPerfumeアーティスト写真のパロディです。

CE-Planet.jpg

特に意味はありません。(^ ^;)


LEGOを使って4コママンガを作るつもりが

違うものが出来ちゃったシリーズ。(←いつのまにかシリーズ化された)

今回は、Perfume COSMIC EXPLORER 第1章アリーナ公演に、

参戦した方はご存じだと思いますが、

例の抜きつ、抜かれつのかけっこをして、

3人がただただ戯れるコーナーをテーマにしました。

選んだ理由は単純に、あのコーナーが好きだからです。

果たして台本があるのか、それともアドリブで遊んでいるだけなのか

知る由もありませんが、なんだか楽屋でもあんな楽しい掛け合いを

やってそうじゃないですか。

その日によって展開が異なるし、セリフも変わるし、

口ずさむメロディも異なるし(ドリフと、クシコスの郵便馬車)、

アドリブっぽいと感じましたが、実際のところはどうなんでしょうね。

ストーリーと言うほどの大げさなものは無いのですけれど、(失礼)

あ〜ちゃんとかしゆかだけが仲良くかけっこをして、

のっちをほったらかしにするというのが王道パターンです。

まれに、のっちも仲間に入れてもらえるのですが、

あ〜ちゃんとかしゆかから交互にかけっこをさせられて、

本編と関係ないところで、ひたすら体力を削られていき

のっちの息が上がるという(笑)、どちらにしろ

のっちがイジられるというのがほとんどでしたね。

それに対する、のっちのツッコミも冴えわたっていました。

ある時は、仲間に入れてもらえなくて拗ねたり、

またある時は、3万人で慰めてぇ〜と泣いてみたり、

そうそう、カメラさんに撮影角度のダメ出しをしたこともありました。

残念ながらステージの構造上アリーナ公演でしか披露されなかったし、

時間がだいぶ経ち記憶もおぼろげになってきましたので、

もう一度、いや何度でも見たいなぁとの思いから、作ってみました。

なお、クオリティについては保障しませんよ。

内容については、どこかの公演を忠実に再現したものではなく、

いろんな箇所の公演で出た名言をミックスしています。

コマ撮りメイキング

スクリーンが埋め込まれた床の再現はLEGOでは難しかったので、

記憶を頼りにCGで、それっぽいのを自作してみました。

StageLED.jpg

確かこんな感じでしたよね。

このCGとLEGOを合成します。

ところが正面からだと、この企画の肝ともいえる位置関係が分かりにくいし、

横からだとLEGOミニフィグの表情が捉えられない。

それならばと斜め上からの俯瞰で撮影することで落ち着きました。

Stage.jpg

iPad Proみたいな大きなタブレットを持っていれば、

その上にLEGOを配置して撮影すればよいのですが、

私は、あいにくと持ってないので、

ここは力技で、PC用液晶モニターの上にLEGOを載せて撮影を決行しました。

ステージとなるLEGOプレートを液晶モニターに固定できなくて

ミニフィグを動かすたびにステージがブレてしまうのが難点です。

ステージをがっちり固定できればミニフィグだけが

動いているように見えたと思うので、

そこの反省点を次回へ生かしたいところですね。

(↑いったいお前は、何処を目指しているのか?)

出来上がった動画を、このブログに貼りつけようと思ったのですが、

やり方がよく分からない。

動画投稿サイトにアップしたものにリンクをさせるしかないのかな。

私はTwitterのアカウントがあるので、そちらに動画を載せてみましたので、

興味を持たれた方はご覧いただければ幸いです。

◆私のTwitterアカウント

Kitsune@LEGO_de_Perfume

◆動画のURL(当ブログ側の仕様でTwitterリンクできないみたい?)

https://twitter.com/LEGO_de_Perfume/status/814484910190641152


今回も4コママンガに納まりきらずに、コマ数が増えてしまったぁ。

最初に作り始めた時は、静止画だと動きが分かりにくかったので、

動画にしちゃえと思いつきでの制作となりました。


もし願いが叶うことなら、CEツアーDVD化の際は是非ともアリーナ公演でやった

全かけっこコーナーのシーンを特典映像として収録して欲しいなぁ。


posted by キツネ at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | マンガ

2016年12月27日

紅白演出のヒントをチラリと

紅白演出のヒント

先日12月24日にNHKで放送された「バナナ♪ゼロミュージック」に、

Perfumeがコメント出演してました。

今年の紅白演出のヒントが、あ〜ちゃんの口から語られていました。

Banana1.jpg

ダイナミックVRを駆使して映像による目の錯覚を利用した表現と言っていましたので、

Banana2.jpg

以前「MUSIC STATION」でやったオプティカルイリュージョンのようなものを、

イメージすればよいのかな。

正直なところ、「ダイナミックVR」と「オプティカルイリュージョン」が

同じものなのか、どこが違うのか私にはさっぱり分かりません。(^^;)

あ〜ちゃんも言葉では説明するのが難しかったらしく、

とにかく「ビックリする」ものらしいです。(笑)

Banana3.jpg

ライゾマスタッフの人じゃないと説明は難しいでしょうね。

ところでダイナミックVRを採用しても視聴者は、

あのゴーグルみたいなの頭に付けなくても見られるんですよね・・・。

そう遠くない将来。そんな世界が訪れるのでしょうけど。

多分Mステで披露したものをブラッシュアップしたものになるのでしょう。

紅白放送前に演出のネタばれを明かしたということは、

多少演出について喋ったところで、視聴者の想像の斜め上をいくという

自信の表れとみて良いと思います。

ただMステを見てた限り、壁面と床面に大きなスクリーンを設置するという

大掛かりなセットの中でPerfumeがパフォーマンスをしていたので、

NHKホールでセットを組めるのかなという不安があります。

別スタジオにセットを組めると楽なんでしょうけど、

おそらく他の出演者の合間に速攻で場面転換して

NHKホールで披露するのでしょうからスタッフさんの苦労が目に浮かびます。

あらかじめ作成しておいた映像をスクリーンに投影して、

その前でPerfumeが踊るのかな?

いや、ライゾマさんのことだからリアルタイムに立ち位置を演算して

映像を動かしてきそうだな。

Perfumeの動きに合わせてその場で映像を変化させるとしたら、

最適なカメラ角度調整やら、スクリーンやセンサー制御する

ケーブルの取り回しが大変そうですね。

あの目まぐるしく出演者が入れ替わり、変形するステージで

繊細なセットが準備できるのかが気がかりです。

素人目に見ても、紅白の舞台裏は修羅場と化していると

容易に想像がつくので、機材を準備して運営する人大変そう。

なんとなくですが徹夜で調整に追われてるんじゃないかな。(勝手な妄想ですけど)

まぁなんだかんだで本番には間に合わせてくることでしょうけどね。

これぞプロの技という作品が見られると思うので見逃せません。

美術手帖もう読みましたか

美術手帖2017年1月号で「Rhizomatiks」特集を組んでいたので読んでみました。

BITE.jpg

真鍋さんや、MIKIKO先生がどのような思いを持って、

表現に取り組んでいるのかといったことが書かれていて興味深く読みましたよ。

真鍋さんがPerfumeについて語っている部分もありますし、

MIKIKO先生が最先端のテクノロジーと、どのようなスタンスで

距離をとっているかについてもインタビューに答えていました。

ちょっぴり紹介すると、Perfumeもイレブンプレイもテクノロジーも、

根底には人が表現しているものとして同列に扱っていて、

その凄みを伝えたいんだなぁと思いました。

詳細については、皆さんも手に取ってご覧ください。

美術手帖は1冊で1,728円とちょっと値が張りますが、全200頁ぐらいの半分くらいが

Rhizomatiks関連の特集なので読みごたえは十分ですよ。


Perfumeの方は今年で9回目の出場ということですけど、

やっぱり緊張するんですかね。

紅白は他の音楽番組と違うのかなぁ。

錯視を利用した演出となると、

立ち位置をシビアに守らなきゃいけなさそうですね。

北米ツアーで思い通りのステージが組めないなどの、

さまざまなトラブルを乗り越えてきた今のPerfumeなら

余裕でこなしてくれると思います。


ライゾマの持つテクノロジーと、Perfumeの表現力が

ぶつかり合い融合する、プロ同士のせめぎ合いが見られそうですね。

posted by キツネ at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ

2016年12月26日

Perfumeからのクリスマスプレゼント

ふと立ち寄ったおもちゃ屋の店頭でLEGOを見つけて

衝動買いをしてしまいました。

LEGO75136.png

なんとなくロケットの噴出口がCOSMIC EXPLORER号

に似ていたというだけです。はい。

パッケージ写真では噴出口が4つ有るんですけど、

1つ外して3つにしてみました。

Rocket.png

LEGOのミニフィグと一緒に記念撮影。

えぇ、特に意味はありませんよ。


さて、UNIQLOに行ってヒートテックも買ったことだし、

今年はもうPerfume関連商品は買い物納めです。

今年は衝動買いが多かったなぁ。

自分へのご褒美です。(←ご褒美が多過ぎないか。)

よーし決めた。

これからは必要な物しか買わないぞ!

声高らかに「もう衝動買いはしない」と今ここに宣言します!

何人たりとも、この私の鉄の意志を打ち砕くことなど出来ないのだぁ。

後は、来年の新曲まで何もないなぁと

そんな油断しきった私の手元で

スマホの着信ランプが明滅しています。

おやぁ何かな。

「Perfumeからメリークリスマス!」とな。

3人からのムービーが届きました。

Perfume.jpg

皆さんもすでにご覧になっていることでしょう。

あ〜ちゃん「Perfumeからクリスマスプレゼントがありまーす!」

なっ何ィ!Perfumeからのプレゼントだとっ!

てっきりサイン入りグッズでも放出するのかと思いきや

自分で買うスタイルとは斬新ですね。

なんでも香水が、ついにグッズに登場ですと。

その名も「PERFUME OF PERFUME」

PoP.png

今までなかったのが不思議なくらい。

GAMEツアーの時は、アトマイザー(香水を入れる容器)はグッズ化されていましたが、

ついにというか、やっとというか満を持しての発売です。

香水そのものはPerfume初ですね。(書いててややこしいな。笑)

ムービーを見終わることには、欲しくなってソワソワしだしましたよ。

熱心なPerfumeファンが殺到して瞬殺で売り切れそう。

でも、お高いんでしょう?

売り切れてたら諦めようと思いながら、Asmartをのぞいてみたら売ってる。

Asmart.png

しかも3,000円という手頃な値段じゃないですか。

5,000円以上買えば送料無料かぁ。

カレンダーやパンフレットは、ちょうど2,000円だから

一緒に買えば送料無料か。もう持ってるんだよなぁ。

後からサイトを見たら皆さん同じ考えだったらしく、

香水と、カレンダーやパンフレットが早々に在庫確認中となっていましたね。

ファンの皆さんの財布は底なしですね。

私はというともちろん「カートに入れる」ボタンの引力に負けてポチりましたよ。

Cart.png

(そういえばPerfumeの曲に「引力」ってありましたね。一度生で聞いてみたいな)

この香水の売れ行きが好調なら、伊勢丹さんとコラボありそうですね。

いろんな香がシリーズ化されて売り出されそうだなぁ。(おぉ怖い怖い)


それにしても素敵なクリスマスプレゼントでしたね。

んっ!?そういえばさっき何か声高らかに宣言したような気がするけど、

何だっけ?忘れちゃったなぁ。たいしたことじゃないな。きっとそうだ。

この分だときっと年明けには「Perfumeからのお年玉」と称したムービーが届いて、

おせち料理セットでも売り出しそうですね。(←ないない)

あ〜ちゃんはお好み焼や、味噌煮込みに餅をトッピングするくらい餅好きなので雑煮かな。

かしゆかは、野菜嫌いを克服してきているので、かしゆかが食べられる野菜サラダセットとか。

のっちは、大本家のカレーレシピを忠実に再現したレトルトカレーでも商品化して欲しいな。

(おせち料理関係なくなってきてるし)

こうなったらPerfumeふりかけが商品化されても、私は条件反射で買ってしまう自信がありますよ。

(何の自信だよ。笑)

もし「衝動買いを止められる方法」という本があれば、

是非とも衝動買いしたいものです。(←オイ)


posted by キツネ at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | グッズ