2019年04月07日

【相違】同じ現物不動産に投資はするが・・・。

fantasy.jpg

同じ不動産でも考え方が違う


皆さま、今日も元気にぶっ込まれて

いますでしょうか?


本日の記事は

ソーシャルレンディング

不動産投資型クラウドファンディング

における不動産の考え方の違い

関してです。


皆さまよくご存じのとおり

ソーシャルレンディングにおいて

我々の資金は借手に貸付けられます。


それに対して

不動産投資型クラウドファンディングでは

我々の資金は現物不動産に投資されます。


ソーシャルレンディングの借手が

我々の資金を現物不動産に投資を

した場合
、一見すると

不動産投資型クラウドファンディング

と同じ感じになるのではないかと

思う方がいるのではないでしょうか?


しかし、二つのサービスの間には大きな

違い
があるのです。

順を追って説明しましょう。

ソーシャルレンディング


価格が8000万円のビル一棟が

あるとします。


借手はこのビルを購入するために

ソーシャルレンディングを利用して

融資を受けます。

投資家

営業者

借手

ビル1棟に投資


投資家の資金は借手に融資されて

最終的に現物不動産に投資
されます。

不動産投資型クラウドファンディング


価格が8000万円のビル一棟が

あるとします。


営業者はこのビルを購入するために

不動産投資型クラウドファンディング

サービスを利用します。

投資家

営業者

ビル1棟に投資


おわかり頂けましたでしょうか?


不動産投資型クラウドファンディングでは

営業者がビル1棟に投資するのですが

ソーシャルレンディングでは

営業者ではなく借手がビル1棟に

投資
するのです。

担保は存在しない


ソーシャルレンディングでは

融資に対して不動産を担保とする事が

ほとんどです。


しかし

不動産投資型クラウドファンディングでは

担保は存在しません。

なぜなら融資ではなく購入だからです。


イメージとしては営業者を通じて

運用期間中の間、我々が現物不動産の

オーナーになる
という感じです。

売却額に対する考え方が違う


どちらのサービスでも元本の返還が

前提となります。


ソーシャルレンディングの場合では

物件の売却をして借手は借入金の

返済
をするケースがほとんどかと

思います。


もし返済が不能となれば任意売却や

競売、債権譲渡
となります。


ここで通常なら物件がなるべく高値で

売却されるように営業者も尽力するかと

思います。


しかし、営業者の中には売却価格等

に関してはあまりにも無関心な態度

と思われる営業者が見られました。


こうした態度となる理由の一つは

融資された資金が我々の資金であり

営業者の資金では無い
という強い認識が

営業者にあるからではないでしょうか?


延滞が起きようが貸倒れが起きようが

また回収額がいくらになろうが

自分達は損をする事はない
という考えを

持っている営業者がいるかと思います。


そういう考えの営業者が果たして

真剣に売却額を気にするでしょうか?


それに対して

FANTAS FundingCREALといった

不動産投資型クラウドファンディングの

営業者は劣後出資者として

我々と同じく物件に出資
をしています。


つまり物件が総出資額より低い売却額

だった場合、営業者も損害が発生する

のです。


逆に高値で売れた場合は売却額から

元本や配当金、経費等を引いた残りは

営業者の利益となるのです。


その為に営業者は物件をより高く売却

しようとするハズです。

FANTAS funding



【驚異】早高守の三拍子揃っているFANTAS Funding

【空家】FANTAS Fundingが熱い!!

【検証】利回り8%はなぜなのか? FANTAS Funding

【募集】上場予定?があるFANTAS technologyから新規案件募集

【解説】FANTAS(ファンタス) funding がサービス開始 不動産投資型クラウドファンディング

【真相】空き家再生案件は架空なのか?FANTAS Funding

【初代】神8はこの事業者だ!!

【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!

【最強】ソシャレン四天王

【警鐘】本物の一流ソシャレン事業者を知らない愚かな投資家よ




>>ソーシャルレンディング事業者(サービスサイト)別記事一覧<<

お知らせ


ソーシャルレンディング(ソシャレン)
を始めてみたいと思った人の為に
書いた記事です。

ゼロから始めるソーシャルレンディング

【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!

【相違】ソシャレンと不動産投資型クラウドファンディング

【最強】ソシャレン四天王

【予言】ソシャレン界の頂点に立つのはSBISL(SBIソーシャルレンディング)

【警鐘】本物の一流ソシャレン事業者を知らない愚かな投資家よ

【疑問】オーナーズブックの審査能力はどうなのか?

【堅実】ここが凄いぞオーナーズブック(OwnersBook)!!


投資家主体による情報共有掲示板です
被弾された方は是非ご覧下さい

※レンダータウン
https://render-town.com/


ソーシャルレンディング事業者には
必ず読んでいただきたい

【激怒】恥を知れ!! ソーシャルレンディング事業者よ!!

【信頼】岩野社長インタビュー オーナーズブック

【声明】全ソーシャルレンディング事業者に告ぐ


コメントに関して

【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して


みんクレ事件を風化させない

みんクレの白石元代表のXデーを見たい

みんクレ被害者用まとめリンク


このブログはこういう配慮?をしてます。

このブログについて知ってもらいたい事


使って頂けると嬉しいです。

maneoファミリー便利帳

ソーシャルレンディング便利帳

【詳細】ソーシャルレンディング口座&分配辞典


maneoファミリーを知ろう

maneoファミリー擬人化計画


【今日のお笑い投資劇場のコーナー】
time-invest.jpg

お笑い投資劇場を楽しめた人
記事が「いいね」だった人
ランキングバナーをクリック☆
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


>>【免責事項】<<


<<公認スポンサー>>

SBIグループによる運営です
SBIソーシャルレンディング
433万円投資中
SBIソーシャルレンディング

上場企業による運営
オーナーズブック
132万円投資中
OwnersBook

Funds(ファンズ) 詳細記事
Funds

ポケットファンディング


クラウドバンク
クラウドバンク

クリアル(CREAL) 詳細記事
CREAL

クラウドクレジット




top1.giftop2.giftop4.giftop3.giftop5.png



運用額 2月末時点

[ソーシャルレンディング]

SBIソーシャルレンディング 433万円
オーナーズブック 132万円
クラウドクレジット 24万円
トラストレンディング 120万円
ポケットファンディング 31万円
クラウドバンク 73万円
LENDEX 19万円
Funds 12万円

[不動産投資型クラウドファンディング]

FANTAS Funding 31万円
CREAL 3万円

[maneoファミリー]

maneo 165万円
LCレンディング433万円
ガイアファンディング 83万円
クラウドリース 21万円
スマートレンド32万円
アメリカンファンディング 7万円
グリーンインフラレンディング126万円
サクラソーシャルレンディング 17万円
キャッシュフローファイナンス 10万円
プレリートファンド 25万円

総運用額 1737万円



[プロフィール]

2018年3月に会社を辞めました。
パーフェクト無職です。

現在はソーシャルレンディングの
分配金のみで生活をしています。
毎月の分配金は約12万円前後です。

ソーシャルレンディングブログ界の
お笑い担当です。
投資とお笑いの融合を目指しています。

当ブログは安心、安全の妄想記事を
ご提供させていただいておりますが
ご愛読は自己責任でお願いします。

KOKIAと金麦を
こよなく愛するユウノシンより

【ユウノシン】

・ソーシャルレンディング作家
・SL祭りをなくす会実行委員長

<<保有資格>>

日本妄想協会(JDA)認定資格
・2級ソーシャルレンディング診断士
・ソーシャルレンディングアドバイザー
・特級被弾鑑定士



I would like to let you know a terrible situation in Japanese Social Lending like Peer-to-peer lending. We have a company called maneo market Inc. which provides maneo family such as maneo Inc., Gaia Funding, Inc. Green Infra Lending, Inc. with platform for Social Lending. We have had a lot of Crazy Festivals since June 2018. Investors were forced to take part in the Festivals with entry fee(capital). The main event in the Festival is that maneo market lets us know that the loan became immediately due and payable. Unfortunately, a lot of loans became immediately due and payable. The amount is estimated to be 20 Billion yen. Investors may lose a lot of money due to the terrible Festivals. Even though we have a hard time, maneo market Inc. doesn’t deal with the problem immediately. Shame on you!



【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して

posted by ユウノシン at 05:45| Comment(0) | 雑学
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

2017年分配金 2018年分配金 2019年分配金