広告

posted by fanblog

2019年03月25日

【速報】除染及び公共コンサルファンドに関する状況報告 トラストレンディング

question8.jpg


エーアイトラストから意外なメール

来ました。

平成31年3月25日
お客様各位
エーアイトラスト株式会社

除染及び公共コンサルファンドに関する状況報告

この度、当社は、除染事業ファンド(債権担保付ローンファンド139号〜146号,155号〜158号)および公共コンサルファンド(債権担保付ローンファンド147号〜154号)の貸付先より、関係会社が所有する不動産(土地)を追加担保として差入れる旨の申出を受けました。当社はこれを受諾し、当該不動産に対して第一順位の根抵当権を設定致しましたのでご報告致しますとともに、下記に概要をご説明いたします。

            記

1.背景
除染事業ファンドおよび公共コンサルファンドは、当社から貸付先に対して出資金合計8.6億円を貸付け、貸付先がそれぞれ事業統括会社および依頼元事業者に対して有する予定であった債権を担保としておりました。当社はこの債権について譲渡担保登記を完了しておりますが、対象事業が行われていない現状において、譲渡をうけた債権担保は実質的に無価値となっているのが実態です。
2.目的
貸付先から返還されるべき資金に対する保全のため
3.追加担保の内容
  ・種別 : 不動産(土地)
  ・想定価格 : 1 約17〜18億円 ・・・ 宅地を前提とした場合の参考価格
   2 約4〜5億円  ・・・ 宅地を前提としない条件での参考価格
  *上記情報は1TAS-MAP及び2不動産鑑定士による机上調査の結果であり、不動産鑑定評価額では
ありません。また、上記金額で売却されることを約束するものではありません。
4.経緯
当社は、専門家の支援のもと、貸付先を被告とした民事訴訟提起と並行して資金の回収と返還のために取り得る対策を網羅的に検討して、その時々で最も有効と判断した対策を実施しております。その一環として、本件ファンドの対象事業を仲介した元取締役の山本幸雄氏に対して、貸付先が当社に対する資金の返還を完遂できるよう、あらゆる手立てを講じるよう迫って参りました。その一つの結果として、同氏より、貸付先の関係会社が所有する不動産(土地)を売却する際の売却益を、資金の返還にあてる計画がある旨の連絡を受けたため、当社としてはいち早く当該不動産に対する保全を講じるべく売却前に根抵当権の設定を申入れて実行した次第です。

なお、現在、貸付先と山本幸雄元取締役は、当該不動産の売却益にて資金の返還を実現するべく、より好条件での売却を目指して活動中です。売却の見通し等に関する新たな情報が確認できしだい改めてご報告させて頂きます。
以 上

出典:エーアイトラスト社メール


まずは一番のポイントですが

>当社はこれを受諾し、当該不動産に
 対して第一順位の根抵当権を設定

と記載があります。


そして担保物件の想定価格の

記載があります。


ここで疑問なのは宅地を前提とした場合と

前提としない場合にこれ程の開きが

あるのでしょうか?

想定価格
1 約17〜18億円
2 約4〜5億円 

あくまで想定価格なのでどうなるかは

わかりませんが。


また驚きなのはこの記載です。

同氏より、貸付先の関係会社が所有する不動産(土地)を売却する際の売却益を、資金の返還にあてる計画がある旨の連絡を受けた


詐欺的行為をは働いた元取締役の

山本幸雄
が連絡をしてきたと言うのです。

この辺はちょっと不可解な流れですね。


とにかくエーアイトラスト社には高値で

担保不動産を売却
して頂きたいです。

SBIソーシャルレンディング



【初代】神8はこの事業者だ!!

【空家】FANTAS Fundingが熱い!!

【検証】利回り8%はなぜなのか? FANTAS Funding

【募集】上場予定?があるFANTAS technologyから新規案件募集

【最強】ソシャレン四天王

【警鐘】本物の一流ソシャレン事業者を知らない愚かな投資家よ




>>ソーシャルレンディング事業者(サービスサイト)別記事一覧<<

お知らせ


ソーシャルレンディング(ソシャレン)
を始めてみたいと思った人の為に
書いた記事です。

ゼロから始めるソーシャルレンディング

【好評】ここが凄いぞSBISL(SBIソーシャルレンディング)!!

【相違】ソシャレンと不動産投資型クラウドファンディング

【最強】ソシャレン四天王

【予言】ソシャレン界の頂点に立つのはSBISL(SBIソーシャルレンディング)

【警鐘】本物の一流ソシャレン事業者を知らない愚かな投資家よ

【疑問】オーナーズブックの審査能力はどうなのか?

【堅実】ここが凄いぞオーナーズブック(OwnersBook)!!


投資家主体による情報共有掲示板です
被弾された方は是非ご覧下さい

※レンダータウン
https://render-town.com/


ソーシャルレンディング事業者には
必ず読んでいただきたい

【激怒】恥を知れ!! ソーシャルレンディング事業者よ!!

【信頼】岩野社長インタビュー オーナーズブック

【声明】全ソーシャルレンディング事業者に告ぐ


コメントに関して

【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して


みんクレ事件を風化させない

みんクレの白石元代表のXデーを見たい

みんクレ被害者用まとめリンク


このブログはこういう配慮?をしてます。

このブログについて知ってもらいたい事


使って頂けると嬉しいです。

maneoファミリー便利帳

ソーシャルレンディング便利帳

【詳細】ソーシャルレンディング口座&分配辞典


maneoファミリーを知ろう

maneoファミリー擬人化計画


【今日のお笑い投資劇場のコーナー】
ただのファンド.jpg

お笑い投資劇場を楽しめた人
記事が「いいね」だった人
ランキングバナーをクリック☆
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


>>【免責事項】<<


<<公認スポンサー>>

SBIグループによる運営です
SBIソーシャルレンディング
433万円投資中
SBIソーシャルレンディング

上場企業による運営
オーナーズブック
132万円投資中
OwnersBook

Funds(ファンズ) 詳細記事
Funds

ポケットファンディング


クラウドバンク
クラウドバンク

クリアル(CREAL) 詳細記事
CREAL

クラウドクレジット




top1.giftop2.giftop4.giftop3.giftop5.png



運用額 2月末時点

[ソーシャルレンディング]

SBIソーシャルレンディング 433万円
オーナーズブック 132万円
クラウドクレジット 24万円
トラストレンディング 120万円
ポケットファンディング 31万円
クラウドバンク 73万円
LENDEX 19万円
Funds 12万円

[不動産投資型クラウドファンディング]

FANTAS Funding 31万円
CREAL 3万円

[maneoファミリー]

maneo 165万円
LCレンディング433万円
ガイアファンディング 83万円
クラウドリース 21万円
スマートレンド32万円
アメリカンファンディング 7万円
グリーンインフラレンディング126万円
サクラソーシャルレンディング 17万円
キャッシュフローファイナンス 10万円
プレリートファンド 25万円

総運用額 1737万円



[プロフィール]

2018年3月に会社を辞めました。
パーフェクト無職です。

現在はソーシャルレンディングの
分配金のみで生活をしています。
毎月の分配金は約12万円前後です。

ソーシャルレンディングブログ界の
お笑い担当です。
投資とお笑いの融合を目指しています。

当ブログは安心、安全の妄想記事を
ご提供させていただいておりますが
ご愛読は自己責任でお願いします。

KOKIAと金麦を
こよなく愛するユウノシンより

【ユウノシン】

・ソーシャルレンディング作家
・SL祭りをなくす会実行委員長

<<保有資格>>

日本妄想協会(JDA)認定資格
・2級ソーシャルレンディング診断士
・ソーシャルレンディングアドバイザー
・特級被弾鑑定士



I would like to let you know a terrible situation in Japanese Social Lending like Peer-to-peer lending. We have a company called maneo market Inc. which provides maneo family such as maneo Inc., Gaia Funding, Inc. Green Infra Lending, Inc. with platform for Social Lending. We have had a lot of Crazy Festivals since June 2018. Investors were forced to take part in the Festivals with entry fee(capital). The main event in the Festival is that maneo market lets us know that the loan became immediately due and payable. Unfortunately, a lot of loans became immediately due and payable. The amount is estimated to be 20 Billion yen. Investors may lose a lot of money due to the terrible Festivals. Even though we have a hard time, maneo market Inc. doesn’t deal with the problem immediately. Shame on you!



【重要】コメント欄の書き込みエラーに関して
この記事へのコメント
げんちゃん様

その件に関しては把握しております。
記事をアップするタイミングを逃して
しましました。
なるべく早く記事をアップしたいと
思います。
Posted by ユウノシン at 2019年04月02日 18:40
昨日トラストレンディングから新たなメールが届きました。内容は3月末償還分の元本が貸出先に待ってほしいといわれたため返却できないとのことでした。
この案件は俗に言う山本以外の案件ですので、ひじょうにきな臭い感じがします。
またこの件についてブログではとりあげないのでしょうか?
Posted by げんちゃん at 2019年04月02日 14:10
tk様

おっしゃる通りこの担保で勘弁してくれ
という感じはありますよね。
しかもわざわざ、胡散臭い評価額まで記載
してますし。
ほんと疲れます(>_<)
Posted by ユウノシン at 2019年03月26日 06:12
正直嘘くさいなあという印象です。
トラストレンディングはラキバンの伝家の宝刀である債権譲渡で終幕が使えませんからね。あまり価値のない不動産担保を差し入れてこれを幾らかで売却して手仕舞いしようとしてるかもしれませんし...
それでも信じるしか出来ないのが今の状況ですし、事態が少しでも好転することを祈ります
Posted by tk at 2019年03月26日 00:01
マサバ様

もう心も身体もボロボロです(>_<)
他の事業者もそうですが、メールは
送ってくるけれど、決定的な進展がないのが
現状です。
お知らせの度にストレスが溜まります。
Posted by ユウノシン at 2019年03月25日 20:50
デフォルト仙人様

非常に深い考察をありがとうございます。
考えてみるとそうですよね。
これはまさに訴訟対策と言っても過言では
ないかもしれませんね。
エーアイトラストは他の事業者の訴訟の進展
なども考慮して今回の発表となったのかも
しれませんね。
おっしゃる通り刑事訴訟まで行かないと投資家を
食いものにする事業者はなくなりませんね。
Posted by ユウノシン at 2019年03月25日 20:49
私も 本件には力を入れて投資してますが
皆さんも疑心暗鬼になられてるようで
心も病んでしまわれてるようです。

おかわいそうに お気の毒です。
どうか ご自愛ください。
Posted by マサバ at 2019年03月25日 20:14
訴訟対策では。
こんなやりとりが出来ること自体が、エーアイトラスト事件が、出来レースではないのかと勘ぐってしまいますね。アイデアは、グリフラとマネオが、供託金預かりで、半年以上引っ張った所からこの担保で半年引っ張るんじゃないですかね。ラッキーバンクは、みんクレから学び、JCとマネオもみんクレから学び、エーアイトラストは、みんクレとマネオ、JCから学んでいる感じがしますね。悪人達はお互いにスキルを高め合うんでしょうね。
常識で考えれば分かる事ですが、こんなメールより、松本社長の事件の説明会開催メールを送ってくるのがまともな企業ですね。それどころか松本社長は、絶対に顔を知られたくないぐらいの気持ちでいるんじゃないですか? 是非今後刑事訴訟迄発展してほしいと思っています。
Posted by デフォルト仙人 at 2019年03月25日 20:10
かもじゅう様

今までのクソ事業者のように期待させるだけの
お知らせをして時間稼ぎをするつもりなのかも
しれませんね。

TAS評価まで持ち出してこんなにも開きを
つけるのは投資家を舐めているとしか
言えません。

何もかもが怪しいお知らせですね。
Posted by ユウノシン at 2019年03月25日 20:01
名無しさん様

本当に抵当権が設定されているなら
少しは前進ですが、まだ10%ぐらいしか
信じられないですね。
詐欺師山本がなぜこんな真似をするのかは
不可解ですよね。
何か裏がありそうです。
Posted by ユウノシン at 2019年03月25日 20:00
こいつらのニュースリリースは実体とは状況が違うってことがマネオマーケット、JC、ラキバンでいつも味わっていますので、すべての内容が信じられません。

信じられない内容がどこなのかを探るゲームを仕掛けられてるようにしか思えません。


抵当を打てたことは悪いことではなさそうですが、価格表示を2重にしているってことは、最低の価格になる可能性が高いってことでしょう。

行政処分の発表を信じれば、山本がエーアートラストに連絡してくるはずがなく、連絡したら今回記載されているような適当なことを言っていた、程度でしょう。
Posted by かもじゅう at 2019年03月25日 19:49
少しは光が見えてきたのか?と思いたいですが、これまでラキバン、マネマには裏切られっぱなしなので、過度な期待は禁物ですね。これだけ鮮やかに金をだまし取った詐欺師が土地を差し出し、返済意志を見せるとは確かに不可解です・・。
Posted by 名無しさん at 2019年03月25日 19:34
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

2017年分配金 2018年分配金 2019年分配金
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。